魂のワークブック

何だろう?私と世界にプレゼントしたいもの♪

 
ana-07.jpg















 いつも出遅れなんですが、昨晩 『アナと雪の女王』 観てきました。

 評判通り、とてもいい映画で!

 何度も観る方が多いのも納得できる作品でした。

 ミュージカルになっているのもその理由かも・・・



ana-06.jpg















 触れたものを全て凍らせる・・・

 生まれ持った自分の魔力を隠さなければならなかったアナの姉エルサ。

 直接触れないようにしていた手袋を脱ぎ捨てて、自分に変わることを許す
雪の女王。

 周りに見せないように隠してきたのは、ありのままの感情。



ana-03.jpg















 エルサの手の平から湧き上がる光は、全ての人に与えられています。

 僕たち治療師はこの光を意識的に使います。

 肉体とほぼ同じ形のライトボディー (と言うことにしておきます・・・)、このライトボディーを通して力が働きやすくなるように、自らのリミッターを外すのです。

 エルサはマントを外し、女王の印しのティアラを投げ捨て、髪を解いて、眠らせていた力を解放させていきます。



ana-04.jpg















 エルサが開放したエネルギーで空中に創り上げる氷の階段。



ana-02.jpg















 その階段を駆け上がるシーンが好き!

 エルサが自分自身を信じていることを示しているからです・・・






 『アナと雪の女王』 は、創立90周年を迎えたディズニーが、アンデルセンの
傑作 『雪の女王』 にインスピレーションを得て作られたそうです。

 凍った世界を溶かすものは?

 ふたりの心を、ひとつにするものは?


 


 観たのは日本語吹き替え版。

 アナ/神田沙也加、 雪の女王・エルサ/松たか子 の歌を聴けたのも良かったです。

 「 Let It Go 」 はエンディングの方が好きですが、これは松たか子Ver。

輝いていたい もう決めたの

それでいいの 自分を好きになって

それでいいの 自分を信じて

光浴びながら 歩き出そう

少しも寒くないわ!


  一応日本語字幕版も、こちらの方がより直接的で過激かも。 

過去に扉を閉ざすのよ

もう気にしない 何を言われても

自分の道を行く

私のパワーが 大地と気に満ちる

氷の図形のように 私の魂が広がる

結晶となって 想いが形づくられる

二度と戻らない 過去はもう過ぎたこと

これでいいの 新しい夜明け

理想の娘はもういない

私の道を行く 輝く光を受けて

寒さなど平気よ!







 

コメントを投稿する
::この記事へのコメント::
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
::この記事へのトラックバック::