魂のワークブック

何だろう?私と世界にプレゼントしたいもの♪

 
 今日は曇りになると思っていたのですが、昨日からの雨が降り止みません。

 雨でも出来る格好で出かけました。

 作業するかどうか空模様を見ながら決めあぐねていましたが・・・

 そうこうしているうちに、霧雨になり田んぼへ向いました。


CA399860_convert_20140609070547.jpg















 降った雨で田んぼの中は水溜り状態・・・

 畔のシートの横を鍬でならしながら、、



CA399859_convert_20140609070507.jpg















 踏み固めて、、

 シートの下から水が抜けないようにしています。



CA399861_convert_20140609070631.jpg















 この作業を終えているTさんの田んぼが左側、、

 降った雨が抜けないで、こんなに貯まっています。

 水路から溢れた水でシートがめくれていますね・・・



CA399864_convert_20140609070702.jpg















 チョロチョロしか流れていなかったのが嘘のよう・・・

 水の溢れている取水口!



CA399865_convert_20140609070732.jpg

















 勢いよい水の流れを使ってさらに水路の底にたまった土を流し、手で石を拾い出して、、

 いよいよ田んぼへの分岐路を開きました。



CA399866_convert_20140609070819.jpg















 田んぼに水が入って来ました!



CA399870_convert_20140609070854.jpg

















 雨でお昼ご飯は車の中。

 BGMはカエルの合唱団の生演奏♪ 笑













CA399872_convert_20140609070922.jpg















 お昼を食べて午後、代掻き本番。

 代掻きは2回。



CA399873_convert_20140609071007.jpg















 これは2回目。

 1回目は低速で、2回目は高速で泥を撹拌していきます。



CA399874_convert_20140609071047.jpg















 雨は止んだり、降ったり、手前の田んぼの代掻きを残すのみ・・・ 

 ちょっと強く降り出しましたが、手前の田んぼも無事終了しました。

 水をはって初めて解りましたが、田んぼの泥って本当に細かいですね!

 この細かい泥が水が抜けるのを防いでくれるんですね~

 Tさんが、「水は大切にしましょう。」 って。

 「一度水を張ったら、抜かない、出来るだけ入れない。」

 すると田んぼの水温を高く保つことができ、病気が発生しにくくなるそうです。

 当然、成長や収穫にも影響してくるのでしょうね。

 ど素人の僕たちがここまで来れました。

 Tさん、ありがとうございます。

 「まだ分からないですよ。お天気しだいだから。笑」 って。




 梅雨の田んぼは冷えるかな?と思いホカロンをお腹に貼ってきましたが、、

 田んぼの長靴もあって、全然冷えません。

 外からは雨!中からは汗! でグショグショ!!

 以外に気持ちい~~

 体力はつくし、シェイプアップは出来るし! ^ ^v







 
コメントを投稿する
::この記事へのコメント::
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
::この記事へのトラックバック::