魂のワークブック

何だろう?私と世界にプレゼントしたいもの♪

 
 瞑想 (カテゴリー) のほとんどの記事は、福田高規治療院 で 毎月 第1・3
日曜日 10時~12時 に行われる瞑想会のメモを基にしています。
 参加費 ¥ 500- 予約の必要はありません。




CA399853_convert_20140602080530.jpg















 瞑想会の朝、所沢駅で電車を待つのに時間がありました。

 僕は恥ずかしくてボードを持ってのフリー・ハグは出来ません (日本では)。
日本人にはハグの習慣ないしね・・・

 でも替わりに皆さんを心の中でハグし、祝福を送ります。

 一人ひとりでは面倒です。皆さんまとめて!笑








面白がるのが人生

人生は 自分と出会う体験

自分は素晴らしい存在だから

とんでもない事が起こっても

しめしめと思う

よし! やってやるぞ!

するとパワフルになる

さあ大変だ! どうしよう・・・ となると  

パワーが落ちてしまう

自分という存在は素晴らしい・・・

って 自分をいつも感じる

パワフルになるから病気にならない






元気の出ない人は 祝福する習慣がない

祝福を体験しない選択をしている

神を祝福する

宇宙を祝福する

人々を 植物を ワンちゃんを 猫ちゃんを 飲んでいるお茶を祝福する

何を祝福しても 祝福の体験としての異差はない

そして そのままの自分を祝福する

自分自身にかっこつけても しょうがないもの

わたしは 80年以上一緒にいる自分を祝福するのが楽かなぁ

ふくだ たかのりぃ 素っっっ晴らしい存在!

ほら わたしの格好 見てください

(目を瞑って顎を上げ、両手を百合の花びらのように胸に置き、天にささげるように首のあたりから顔の前へ持ってくる。)

ふくだ たかのり の “存在” が素晴らしいんですよ

わたしの松果体はどんな感じかな・・・

って 松果体を触っているんですよ

エドガー・ケイシーも100年も前に 松果体を刺激すると若返るって言っています

最近話題になる第三脳室 松果体をふくみます

海馬もやるといい

(海馬は記憶に関係しています。)

わたし 海馬の存在を忘れていましたね~

で 人の名前が出てこないんですねぇ・・・

海馬の先端が鼻腔のところに出ています

呼吸をすると 海馬を通して松果体が刺激されます






存在の自分には声がない

だから ひたすら静かにする

その時は カメラのレンズで被写体を見るように見るんですよ

それが瞑想状態

自分と一つになっちゃう

瞑想は絶対してくださいとは言わないけど

祈りはしてくださいね

わたしは此処にいます が祈りです

素晴らしい存在として・・・

凄い能力を持った自分として・・・

わたし

ここに

います

これで全てOKです

瞑想中 目は瞑ったまま 斜め上を見ています

脳下垂体を見ています

魂は 一瞬も休まずに信号を送ってくる

脳下垂体を見てあげる

魂のほうから 脳下垂体を通して 甲状腺刺激ホルモンを出してくれる

甲状腺は全ての腺をコントロールしています

(甲状腺のホルモンは喜びのホルモンです。) 

わたしを通して 愛いっぱい 溢れている

尾骨から 宇宙に満ちている愛をいっぱい吸い上げる

魂がわたし達を生かすとき

呼吸で生かしている

だから 呼吸を意識する

自分の呼吸って どんな感じかな・・・

静けさですよ

終わったら 感謝する

感謝すると アイディア 工夫 チャンスがやって来ます

お茶を飲んだり ワインを飲んだり

いい香りがするでしょ

香りを嗅いでいる “自分を観じるんですよ”

人生の最終的なコツですよ









 瞑想会が終わってお腹が空いて、インド・ネパール?料理屋さんへ!

 瞑想会で一緒だったKさんがいて楽しくお話ができました。

 このお店 (名前も覚えてない!海馬の刺激が足らんなぁ・・・)、多分ネパール?の青年と西欧人の彼女?の二人でやっていて、ネパールの子ども達に
小さくなったエンピツとか集めて支援しています。

 あまり人が入っていないみたいで、最近応援しています。こんどお店の名前が分かったらUpしますね!



CA399854_convert_20140602080429.jpg















 5月の瞑想会の日に咲いていた子。名前が知りたくて・・・


CA399856_convert_20140602080616.jpg















 聞いたお花屋さんが、カリフォルニア・ライラックの名札を付けてくれたみたい!

 嬉しいです・・・







コメントを投稿する
::この記事へのコメント::
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
::この記事へのトラックバック::