魂のワークブック

何だろう?私と世界にプレゼントしたいもの♪

 
CA399857_convert_20140424093107.jpg















 ケチで強欲なお婆さんを導いたといわれる牛さん。

 まあ、お婆さんの中にあったケチと強欲が善光寺さんへ導くのですが・・・

 ケチも強欲も、今その人の人生では大切な働きをしていますので、いっこうに構いません。

 もっともそんな人の側にいるのはゴメンコウムリますね。

 農楽里ファームさんへ伺うのに結構頑張って早く出ました。

 善光寺さん、時間が出来たので行ってみました。

 僕は初めて、Yちゃんもクリスチャンだったのでちゃんとお参りするのは始めてでした。

 

CA399852_convert_20140424092953.jpg















 途中にある仁王様のおられる山門。



CA399854_convert_20140424093020.jpg















 仁王様や狛犬さんは、仏さまや神さまをお守りしていると一般には思われて
いますが、仏さまや神さまは守る必要はありません。



CA399855_convert_20140424093044.jpg















 怒りに代表される感情をここでしっかりと感じて燃焼させて、清めて神仏に
向かいましょうということ。



CA399858_convert_20140424093145.jpg















 古い歴史と優しい落ち着きを感じました。

 本当に大勢の方がお参りされたんだなあ・・・



CA399861_convert_20140424093207.jpg















 内陣の右奥に話しに聞いていた。真っ暗なトンネルがありました。

 “お戒壇めぐり” って言うんですね。ご本尊の阿弥陀如来の真下をめぐる回廊になっていました。

 真の暗闇!本当に真っ暗!!横の壁を触れながら進みます・・・

 その中に鍵が下がっているのか、これを運良く探し当てられた人は “極楽の錠前” が開くのだそうです。

 人間はほんと!こう言うのが好きですね。^ ^

 合格した人だけに宝は与えられると思っていますが、

 鍵はもう各自の手の中にあります。

 “極楽の錠前” を開くか開かないかは本人の意志で決めます。

 創造主は、何かが足りないように僕たちを創っていません。

 暗闇の中を歩くのは瞑想のようです。いろんな想いの先に彷徨い出なければ、眼前の光が現れてきます。そこへ向って進むか?進まないか?

 それだけじゃないかな・・・


 
CA399862_convert_20140424093252.jpg















 長野は春で、再びお花見ができました。

 このあとルート19で信州新町方面へ走るのですが、犀川の両岸の新緑と桜はちょうど今が見ごろでした。





コメントを投稿する
::この記事へのコメント::
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2014/04/27(日) 00:50:33 | | #[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
::この記事へのトラックバック::