魂のワークブック

何だろう?私と世界にプレゼントしたいもの♪

 
CA399847_convert_20140415162119.jpg















 フリーエネルギーによるペットボトル空気活性機・手作り工作会が、芝公園の東京元気アップショップでありました。



CA399838.jpg















 意識に全てが服従する (意識によって全てをコントロールしている) そうです。

 意識 〓 エネルギー 〓 空 〓 0

 物質 ⇔ 空 このギャップがエネルギーを生む。

 ギャップを中和しようとしてエネルギーが発生する。

 物は、高いところから低いところへ流れる。

 見えないエネルギーは、低いところから高いところへ流れる。そうです。


  
CA399850.jpg



















 原理としては、ペットボトルに水を入れて、ポンプで空気を入れて内圧を高め
ます。

 その高い内圧のところにエネルギーが集まってきて、それが空気が出て行くチューブから排出されると考えてもいいし、ペットボトル自体のエネルギーが
高まり、周りの場を活性化していくと考えても良いそうです。

 高気圧のとき、体の内圧が高まり、体の調子は良くなりますよね。

 呼吸で体内の圧 (肉体 & 意識の圧) を高めることも、気の操作には大切なことです。



CA399844_convert_20140415162058.jpg















 作業はすぐに終わりましたが、この作業が夏休みの工作の宿題みたいで、
とっても楽しい時間でした!



CA399839_convert_20140415161929.jpg















 面白かったのが、焼き塩作り。

 ペットボトルの中に焼き塩を溶いたお水を入れると、エネルギーがよりUpするとのこと。

 どの位高いエネルギーを発生するかは、空気活性機を作る人の意識、使う人の意識にも関わってくるようです。

 セミナー会場のボトルの中にはセラミックが入っていました。



CA399836_convert_20140415161851.jpg















 お塩に無水アルコールをたらして、火を点けます。


 
CA399840_convert_20140415161954.jpg















 立ち昇る炎がセレモニーのようです・・・



CA399843.jpg















 焼き塩の完成です。2度焼きました。

 1リットルの水に対して、1グラムより少し多目のお塩で作った塩水を入れます。

 キパワーソルトでは駄目だそうです。

 キパワーソルトは高温で焼いてありますが、フライパンで火を通した言わば
塩の炭であり、、

 炎で焼いて、塩を灰にする焼き塩でないといけないと説明がありました。

 

CA399853_convert_20140415180930.jpg















 家に帰って早速セットしてみました。お水の中にはセラミックではなく、クリスタルを入れてみました。

 ポンプは熱帯魚用です。

 チューブの先はそのままでもOKですが、これもお魚用のブクブクを発生させるのが付けてあります。

 飯島さん、自社からも同じ製品を販売してるのに、こんな安価で出来るのが
出回っていいの・・・?

 “原理が多くの人々に知られること” が大切なんだそうです。

 人々に良いものが出来ると、何とかそれを高額で売りたい人が多いのですが・・・

 こんな儲ける気のない、飯島さんが大好きです!!






 
コメントを投稿する
::この記事へのコメント::
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
::この記事へのトラックバック::