魂のワークブック

何だろう?私と世界にプレゼントしたいもの♪

 
 今日ププタンを調べるのに 「バリ島物語」 を持ってきて、開くと・・・!!

痛みは、セクシュアルなエネルギーに対する

防衛かもしれない


 ありゃ~違う本だよ。てか 「バリ島物語」 は誰かに貸してあるんだっけ!

 こうゆうのって、偶然じゃないんだと思っています。

 つづきも読んでみましょう!




 私たちは、自分のセクシュアルなエネルギーを恥ずかしいものと感じている
ようです。

 それは過去にそのエネルギーの使い方がわからなかったり、自分のセクシュアリティに罪の意識を感じてきたからです。




 私たちは注目されることにうまく対処できず、ことわり方がわからないような
気がしているのです。

 たしかに犬や猫や馬まで含めて、異性がみんな家についてきてしまったと
したら大パニックです。

 けれども自分のエネルギーを感じることは、豊かな癒しの経験です。

 それはあなたを若返らせ、パートナーへの贈り物にもなります。




 あなたの意識が進化するにつれて、セクシュアルなエネルギーも広がって
いきます。

 それが大きくなるほど、より高次の意識の領域に入れるようにあなたを力づけてくれます。

 セクシュアルなエネルギーは、成長と進化のための燃料なのです。




今日は、セクシュアルなエネルギーを積極的に感じて、

痛みを簡単に抜けてしまいましょう。

 このエネルギーは、一緒に愛を与えることによって安全なものにすることが
できます。

 すべてのよろこびは、こんなふうに刺激的でワクワクさせるエネルギーを含ん
でいるのです。



「傷つくならば、それは 『愛』 ではない」 チャック・スペザーノ著 発行ヴォイス



CA399522.jpg
















「引かれ合う心」 アブドゥル・アジズ ネカ美術館





コメントを投稿する
::この記事へのコメント::
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
::この記事へのトラックバック::