魂のワークブック

何だろう?私と世界にプレゼントしたいもの♪

 
 この夜、アルマの野外ステージでの演目は チャロナラン

 下の写真は去年のもの。門の前にエネルギー体のようなものが写りこんでいる。

 バリヒンドゥでは善も、悪も、神の生んだ半分半分。それが世界のバランスとされています。

 チャロナランは善の象徴・神獣バロンと悪の象徴・魔女ランダの永遠の戦いを描いたもの。

 観光客向けのもの はいいとして、本物が演じられている時は世界の存亡が
そのたび掛かるのだそうです。

 本物を演じるときの魔女ランダのお面は本当に怖いですよ!

 

CA397491_201402112005266eb.jpg


















 どんな踊りでもお坊さまのお祈りとお清めから始まります。

CA399426_convert_20140211201401.jpg















 バロンが登場して幕が開きます。



CA399427_20140211204111fc6.jpg















 物語が始まる前に、お猿さんが登場してコミカルなコントが行われるようです。

 どんどん暗くなるので僕の携帯では撮影が限界!

 それが意識の海に沈んでいくようで、シャープに撮れてないのも好きです。



CA399430.jpg















 ストーリー(すいません超訳です)、はしょりますよ~

 ランダの部下が登場。



CA399431.jpg















 バロンの味方の色っぽいお姉さんが登場。



CA399432.jpg















 ランダの部下双方を垂らし込んで、三角関係に持ち込む。

 こうなるともう どっちが善で、どっちが悪か、分かりません。

 鬼が島に攻め込んだ桃太郎は侵略軍だったみたいな・・・



CA399433.jpg















 ランダが不甲斐ない部下を叱り、バロンも現れて、善と悪の壮絶な戦いが始まる。



CA399436.jpg















 しかしながら善と悪は同じ大きさのエネルギーなので、勝負はつかない・・・

 そこでバロンは味方の戦士を呼びます。



CA399438.jpg















 戦士たちはよく戦うが、ランダの魔法 (これは皆さんにも掛かっています・・・) によりランダに対する怒りを自分に向けてしまう。

 ランダに向けたクリス(剣)を自らの胸に突き刺す戦士たち。



CA399439.jpg















 自らを傷つける味方を見て バロンはその魔法を解き、お坊さまの聖水が戦士たちをトランスから目覚めさせます。

 バロンとランダの戦いは終わりのないもの、と言うことで幕が下りる。


 
CA399441.jpg















 その後、晩ご飯に行きました。

 フレッシュ・グアバジュース!最高の味でした!エナッ!



CA399435.jpg



















 アルマの野外ステージでは、頭上の渦、木々を揺らす風が気になっていました。

 その時に撮ったものです。

 とっても好きな写真です。





コメントを投稿する
::この記事へのコメント::
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
::この記事へのトラックバック::