魂のワークブック

何だろう?私と世界にプレゼントしたいもの♪

 
GRP_0008.jpg















 猫は自分が主人。(そして自分に従う者を必要としない)

 犬は従、主人あっての自分。(ボス以外は)

 主人に対しては無条件の愛を示す存在。

 人間でも母親と子どもの関係は特に密です。

 具合の悪い子どもの母親にヒマシユの湿布をすると、お子さんも元気になります。

 些細なことが心配でいつも子どものことが頭から離れないと、その間子どもは安心して自分を解放できません。

 愛しているつもりが、距離が近すぎて、縛っていることに気づけません。

 お母さん自身が自分の楽しみを見つけて、喜んで生きられるようになることが、一番お子さんが楽になることです。

 ワンちゃんの飼い主さんも、自分の心身の健康状態がそのままワンちゃんの
症状になることを知ると、共に心身の波動を上げていくことが出来ます。

 運命共同体と言うか、無条件の愛で知らせてくれています。

 僕は自主的に生きてくれるニャンの方が楽かな・・・

 友達でいられるから。

 昔、家族にワンがいました。

 ワンの目を見るのはちょっと辛い。

 でもあの目で見つめられるのは! タマンナイよなぁ・・・






コメントを投稿する
::この記事へのコメント::
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
::この記事へのトラックバック::