魂のワークブック

何だろう?私と世界にプレゼントしたいもの♪

 
 3日前の日曜日、友人の開催した東北から避難されている皆さまへのマッサージ支援に行ってきました。

 彼女のブログ載せておきます。

 今までも東北に足を運び、僕たちも南三陸に連れていってくれ、埼玉に避難された被災者の方々に化粧品支援やアロマ支援を続けてきた彼女。

 皆さんの体に触れると、ハンドだけではなく全身の癒しが必要だと思い、今回のマッサージ支援にいたったそうです。

 知らないで伺いましたが、第1回だったんですね。

 声をかけていただいて嬉しかったです!



CA399258_convert_20131208225818.jpg















 場所はさいたま新都心から歩いて10分くらい。

 このピラミッドを透して見える With youさいたま で行われました。

 実は9月16日に開催予定だったのです。 その日は台風で中止になり武蔵
浦和で引き返しました。


 主催者側のメンバーも含めて20人くらい。集まったのは今も放射能の影響が続く地域、浪江町など福島の方々でした。

 13時~17時まで、僕は3人の方を1時間づつ、あとロルフィングをされる2人の若い先生方は、1人で5~6名は施療されていたのでは・・・

 集まっていただいた福島の方は僕くらいや、もっと高齢の方が殆んどでした。

 ご夫婦でお見えの方 お父さんが3名か4名・・・ あと女性の皆さんは大きな
声で、明るく、楽しく、づ~~~っと話しておられました。

 お話しが面白くて、僕は笑いながら施療を続けていました。



CA399261_convert_20131208225842.jpg















 施療時の写真がないので、いきなり打ち上げの中華屋さんへ向う写真になります。



CA399265_convert_20131208225914.jpg















 新都心の駅のすぐ近くのお店。吞んで食べて楽しく話して¥2000-!

 注文すると出てくるのが超速い!名前忘れましたが、中国人のマスターも気持ちの良い楽しい方でした。

 皆さん、ありがとうございました!


 
CA399266.jpg
















 浪江のお父さんがアルバムを持ってきて見せてくださいました。

 そこには郷土の美しい自然や、お祭りなどの生活が写されていました。



CA399267.jpg















 「こんなにキレイに蛍が飛ぶんだよ。」

 「でももう駄目だ・・・みんな壊れてしまった。」

 お父さん、あきらめ声でおっしゃいました。

 避難したり今も放射能に苦しみ分断された生活を続ける人々のことより、原発が使えずに高すぎる原油を買って発電していることが声高に語られています。

 経済はもちろん大切ですよ。

 経済って一部の人や一部の国が富むことではありません。体の隅々まで血液がうまく流れるシステムのことです。

 持っている人が持っていない人に使ってくださいと差し出せば、この世界はうまく行くんですよ。

 今はその反対なんですよね・・・

 惑星の愛のレベルよりも、科学のレベルを発展させた星は滅ぶんですよ。

 これが反対の星だけが、宇宙に出て行き友人と交流できます。

 頭でわかっているだけでは意味がないんですよ。

 行動してくださいね・・・






コメントを投稿する
::この記事へのコメント::
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
::この記事へのトラックバック::