魂のワークブック

何だろう?私と世界にプレゼントしたいもの♪

 
CA399201_convert_20131204083640.jpg















 能仁寺では・・・


 
CA399203_convert_20131204083722.jpg















 紅葉はまだ見ごろで、午後の光を浴びて紅色に、黄金 (こがね) 色に輝いて
いました!



CA399205_convert_20131204083759.jpg















 能仁寺の裏山ともいえる天覧山、登山道には羅漢さんたちが、、

 なんて!優しいお顔でしょう・・・

 となりのお不動様も眉毛をちょっと上げて、怒ってるふり?

 「お不動様ぁ・・・怒ってないでしょ?」



CA399207_convert_20131204083827.jpg















 200mに満たない山ですが、最後の登りは息の切れたロッククライマーでした!笑



CA399209_convert_20131204083857.jpg















 此処から先へは行ったことがありません。

 いま多峯主山 (とうのすやま) から歩いてきたという方に聞いて行ってみることにしました。

 暗くなる前になんとか帰ってこれるでしょう。



CA399214_convert_20131204083945.jpg



















 右側の男坂を行くと最後はクサリがありました。

 クサリは両手で掴むと危ないって?

 「腐りカモよ~」 大丈夫!腐っていませんでした。^ ^;



CA399215_convert_20131204084022.jpg















 ハーハー言って頂上 (271m) にたどり着くと、ちょうど陽が沈むところで・・・

 夕陽から普通の光ではない、瑞光 (ずいこう) が出ていました。

 瑞光は調べてみたら “吉兆を示すめでたい光” だそうです。今はじめて知りました!

 目で見るのですが、ピントを少しずらして、グレースを見るときと同じかな?
目ではなくもっと奥のほうで見る?観じる? すると見えます。

 眺望が素晴らしいです・・・ 低いけど周りがグルッと見える山で知られているんだって!



CA399220.jpg















 山頂にはお墓のような物があります。これはお墓ではなく明和2年 (1765年) の年号が刻まれた供養塔なのだそうです。

 そして下には経文を記した川原石が12000個も埋蔵されています。

 「十戒が埋められているのよ~」 マサカね~

 多峯主山の道標は、僕にはどうしても十字架に見えてしまいます。

 百合の花も手向けられているし・・・

 クリスチャンだったYちゃんに多峯主・TONOSU と言う人物が居なかったか
聞いてみます。

 「そんな人は居ないわね・・・」 と。

 しばらくして、「トマス・TOMASU なら居るわ!」

 Mt.TOMASU かも知れませんね・・・

 Yちゃんに言わせるとキリストが掛けられた十字架はこのような形 (Tの字に近い) だったそうです。

 暗くなる前に駐車場に着きました。

 2時間近く歩きましたが、きつくはなかった!

 体が、筋肉が、変化してきましたね~ 笑




P.S.
 帰ってから、Yちゃんは前からしてみたかったコロニクス (洗腸) に初挑戦!

 体温より少し温かい2Lのお湯に塩と重曹を小さじ軽く1杯づつ。お塩がちょっと多めかな。2L×3で3回分。

 1回目で、出口付近から途中までの比較的固い部分を。

 2回目で、大腸の奥のほうまで。

 3回目で、グライコサイモリンを少し足して洗ってスッキリした感じにします。

 初めての彼女は3回目で詰まっている感じのした盲腸あたりが通ったそうです。触ってみてもヤワヤワですねぇ~

 「お腹の中が軽くて、風が吹いてる!」

 良かったです。お肌がピカピカ!綺麗になるよ! 笑

 盲腸はケイシーでは憎悪のひしめく場所です。悪感情の溜まるところ!

 「毒がなくなった・・・わたしでは無いわ。」

 これでは毒が吐けないと笑っていました。

 大丈夫!また溜まるから。^ ^v







コメントを投稿する
::この記事へのコメント::
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
::この記事へのトラックバック::