魂のワークブック

何だろう?私と世界にプレゼントしたいもの♪

 
tynk-02.jpg








 「わたし達はもともと、愛でできているの。愛を通して世界を見るとき、あなたの見つめる場所は輝いて見えるわ」

 「あなたが制限をもって世界を見つめたとき、それは、あなたの不安を通して世界を見ているとき。そのとき世界はヘビになって、あなたに襲いかかるでしょう」

 「ほんとうは、あなたは同じものを見ているのよ。わたしも、ヘビも同じものなの・・・」

 「あなた自身の心にあるものなの」

 「ほんとうは、心の内と外はないのよ。あなたが心の外に追い出したと思った敵も、心の内なの。その敵を攻撃したとき、あなたの心は、自分が知らない深いところで傷ついているのよ」

 「頭で判断しようとすると、ただちに制限は起こるわ。ただ愛は溢れているの・・・」

 「ティンクだね?」

 「そうよ!わたしはいつも、あなたと一緒にいるわ。呼びかけてさえくれれば、いつでも応えるわ!」


 2008/02/18 10AMころ
 
コメントを投稿する
::この記事へのコメント::
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
::この記事へのトラックバック::