魂のワークブック

何だろう?私と世界にプレゼントしたいもの♪

 
 整理がついてきたと言っても、まだ途中ですが・・・

 フリーエネルギーは、フナの原則にとっても似ているなと思います。


funa-01_20080323010418_201308211012316a3.jpg




















 特に・・・

③ エネルギーは意識が向かう方に流れる。
 意識が向かう方に、宇宙エネルギーと同様に生体エネルギーも流れる。

⑥ 全ての力は内から出る。
 神または宇宙の力は人生においてあなたの内から出ますから、あなたの外には力はありません。

 あなたが神または宇宙の力が働き出る通り道なので、あなたの選択と決定によってこれらの力を方向づけられます。




 自分の内圧を高める。意識の圧を高めることが大事。

 意識の圧とは命の輝きのことです。自他を愛するエネルギーのことです。

 この圧は、自ら高めようとしない限り高まることはありません。そして自分の圧を高めることしか出来ません。

 僕は治療師なので、相手の心身を健康に導くために意識の圧を高く保つ必要に迫られます。仕事を通して自分を高められます。ありがたいことです。

 この高まった圧を意識した所に振り向けて生活するのが、フリーエネルギー
と共に生きることだと思います。




 「霊性の時代の夜明け」 でカフェのマスターがおっしゃっているのですが、
愛のエネルギー は高いところから低いところへ流れます。

 批判、非難、否定がいけないと言うのは、非難すると非難した相手より非難した人の愛のレベルが低くなり、それで相手からエネルギーを奪えることになるそうです。

 このように愛エネルギーは、常に高いところから低いところに流れているんですね。

 非難したほうも、非難されたほうにも、愛のレベルの低下が起こり、双方がエネルギー低下のスパイラルに陥ります。戦いの続くところで憎しみあいが長く続くのは、こんな理由からなのですね。




 あと、瞑想会の福田先生がいつもおっしゃるのですが、

 「福田 高規! 素っ晴らしい~~存在! わたしを通して愛があふれている!
凄っごいね~~」

 「あげる あげる 差しあげる。少しではなく、皆さんにい~~っぱい差しあげます。」

 「皆さん神社とかで何か貰ってこようとしますが、わたしは神社では差しあげてきます。お寺では仏さまには慈悲を、教会ではイエスに愛を差しあげてきます。」

 意識の圧を上げる秘訣はこれだと思います。

 圧を高くしないと自分から溢れださせることはできず、溢れださせることで圧がさらに高まるからです。

 「自分のことを素晴らしいなんて、とても言えない。」 って言われる方が多いですが、魂は無条件に輝いています。もったいないですよ!

 


 フリーエネルギーは圧を高めたところに、さらにエネルギーを呼び込むことを
基本に行われるようです。

 えっ!高くすると低いところへ流れ出るんじゃないの?

 お財布の中身も使うと減りますよね!

 ところが、愛のお財布は使えば使うほど、中身がどんどん増えます。

 強い意識の圧で行うフリーエネルギーも、使うだけ神よりエネルギーが与えられます。

 神って自分の外側にいませんよ。

 自分の意識の最奥の わ た し が神ですよ。

 そこからいつでも力は取り出せるんですよ。

 自分で自らに制限を与えない限りはね・・・

 自分の意識以上でもない、意識以下でもない、意識そのままを世界として体験させているのが わ た し なのだと思っています。




 同じお料理が二つあったとします。

 一つは工場のラインで (人手が加わったとしても) 機械的に製造されたもの。

 もう一つは、食べる人の幸せを想って心を込めて作られたもの。

 どちらのお料理のエネルギーが高いのでしょうか?

 高いエネルギーを持ったものが人を健康にしていきます。

 食べる人の健康や幸せを願ってお料理をしている人は、知らずしらずのうちにフリーエネルギーを使っている方と言えると思います!




 そして、

④ 今が力の時である。
 あなたの外には、いかなる力もありません。なぜなら神は、あなたの内に居るのです。

 制限された考え方を変え、あなたが選ぶ未来の種を蒔くのが可能です。

 意識を変えると経験が変わります。




 力を使うときは今しかありません。

 するか、しないか、この二つがあります。

 誰もが、どちらを選んでも自由です。

 するか、しないか、今、行う行動の違いが未来の体験の違いです。




CA398729.jpg























コメントを投稿する
::この記事へのコメント::
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
::この記事へのトラックバック::