魂のワークブック

何だろう?私と世界にプレゼントしたいもの♪

 
 心の道具・1   【想像力】イマジネーション


◆ エクササイズ4

 ピクチャー型イマジネーションを発達させることも大切です。このエクササイズはその手助けになるでしょう。

 これは目をつぶるか、または何も書かれていない壁などを見ながら行います。

 野原に生えた一本の木を思い浮かべ、詳細を好きなだけ盛り込んで下さい。

 気に入ったイメージがはっきり見えてきたら、それをただちに変更します。

 例えば木から枝を切り落とす。

 別の場所に植え替える。

 葉の色を変える。

 芝生を長めに育てる。

 花を咲かせたり摘んだりする。

 まわりに人や動物がいなかったら書き加え、いたら消します。

 どんな変更も思いのままになるまで練習を続けて下さい。

 驚いたことには、こうしたイメージの変更を難しく思う人がずいぶんいるのです。

 それはたぶん、頭の中の画像を意識的にコントロールするのに慣れていないせいでしょう。このエクササイズはそういう人たちのためのものです。


kazu-05_20080419215630.jpg
ベルナー 絵 「数の悪魔」より 晶文社 。





◆ エクササイズ5

 「イメージを使って考えることはしない」とか、「頭の中でも外でも絵は描けない」という人に時々出会います。

 しかし私がその方法を伝授できなかった人は、これまでにいません。

 「イメージ作りは誰にでもできる。できないという人は理由を見つけ、できないことを習慣にしている」と私が主張するのはそのためです。

 夢を思い出すことから入るのが初心者には一番効果的でした。

 次に子供時代の経験を思い出させ、色鮮やかに描写してもらいます。

 前述の四つのエクササイズができるようにします。もしこれがあなたにあてはまるなら、この線にそった独自の練習方法を作るといいでしょう。


kazu-17.jpg
ベルナー 絵 「数の悪魔」より 晶文社 。





「癒しのイメージ・トレーニング」 サージ・キング著 春秋社より














 ◆ フナの七原則

funa-01_20080323010418.jpg


 フナの全ての技術は、これらの七原則の応用です。

 自己啓発にフナが非常に役に立つのは、技術ではなく原則に基盤を置いているからで、目標を達成するのに最も簡単な技術を常に探します。

 一旦原則を知ったら全ての技術の働きが分かり、あなたも自分自身で技術を生み出したり出来ます。

 自己啓発はあなた自身の内の働きですから、この本はあなたが自己を発展させる道具の一つです。





 【申し遅れましたが、この本は サージ・カヒリ・キング著 「The Road to Self-Mastery ”Mastering Your Hidden Self: A Guide to the Huna Way”」「隠れた自己を習得する・フナ道案内(仮邦題)」です。まだ(2008年当時)邦訳はありません。】





コメントを投稿する
::この記事へのコメント::
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
::この記事へのトラックバック::