魂のワークブック

何だろう?私と世界にプレゼントしたいもの♪

 
 心の道具・2   【動機づけ】エモーション





 感情を使いこなす

sato-05.jpg




 エクササイズ

 ◇ エクササイズ 4

 エモチベーションの最後のエクササイズは、「心の盾(マインドシールド)」と私が呼んでいるものを作ることです。これはマイム型イマジネーションを使って自分のまわりを光の盾で完全防備することです。

 これにはバリエーションがいろいろありますが、ここでは頭の上に光の輪があり、その縁から太陽の光のようなきれいな光の束がこぼれ落ち、あなたの体全体を包んでいると想像して下さい。

 どんな色を使ってもかまいませんが、一緒にこのエクササイズをやった人たちのほとんどが金かピンクがベストだと言っています。

 最初の二、三回は、エクササイズ・1を初めにやってからこのエクササイズに取り掛かるのが効果的です。

 リラックスした状態で光の盾を想像して、こんなふうに言ってみて下さい。

 「この盾は、望ましくないすべての影響から私を守り、私のためになるものだけを迎え入れます。」

 その後は息を深く吸い込んで

 「守れ(シールド)」

 と言い、盾がそこにあることを想像すればよいのです。
 この想像の盾の目的は、あなたを他人の「感情の場」の影響から緊急的に保護することです。

 考えとイメージは感情と行為に影響を及ぼすため、この盾について考え、そのイメージを想像することは、あなたの感情的・肉体的反応に影響し、他人の感情から影響を受けにくくするでしょう。

 いくらか練習をしたあとは、突然わけもない不安や望ましくない感情に襲われたときには、いつもこの盾を使うことをお勧めします。

 また、いきなり説明のつかない痛みに襲われたときにも使って下さい。

 そういう感情が他人の問題の影響にすぎないなら、それは盾を構えた途端に弱まるか消滅するはずです。

 練習をしばらくやっても盾がうまく働かなかったら、それは感情の源を自分の内面に探さなければいけないことの証拠です。

 心の盾で自分を守ることに慣れていない方にはうれしい驚きが待ち受けていると思います。

 それはいつも感情を逆撫でするような人と接しているときに、きっと現れるはずです。

 




 「癒しのイメージ・トレーニング」 サージ・キング著 春秋社より




sato-06.jpg













 ◆ フナ  

 ホ・オポノポノ(Ho'oponopono)


 要するに、私が向上すると、私の読者も向上するということだ。

 すでに売られて外に出ている本についてはどうなんですか?と私はたずねた。

 「それらの本は外にあるのではないよ。」 と彼は述べた。

 彼が持つ神秘の知恵に私はとても驚いた。「それらの本は未だにあなたの中にあるんだ」

 つまり、外なんてないということだ ! !

 この高度な技術を、それが値する深さとともに説明しようとしたら、
本が一冊書けるだろう。

 あえて言うなら、あなたがあなたの人生の中のどんなものでも改善したいのなら、見るべき場所はただひとつ、あなたの中である、ということだ。

 "When you look, do it with love."

 「あなたが見る時は、愛をもって見るように」




 追補につづく


sato-04.jpg


 

 
 


コメントを投稿する
::この記事へのコメント::
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
::この記事へのトラックバック::