魂のワークブック

何だろう?私と世界にプレゼントしたいもの♪

 
 瞑想 (カテゴリー) のほとんどの記事は、福田高規治療院 で 毎月 第1・3
日曜日 10時~12時 に行われる瞑想会のメモを基にしています。
 参加費 ¥ 500- 予約の必要はありません。





 かつて 生きてきた人々

 今 生きている人々

 これから 生まれてくる人々

 皆さんに ご挨拶いたします

 すべて あなたのことですよ

 おはようございます!





CA398579_convert_20130707232835.jpg


















 福田高規は 素晴らしい存在

 皆さんも 素晴らしい存在

 わたし達は素晴らしい存在だから 素晴らしさを歌い上げたほうが楽かな

 可愛そうだから 何とかしてあげたい

 と言うのは その人を 非難、否定している

 可愛そうな人なんて 何処にもいない

 こんな大変な状況を生きていてくれて わたし嬉しいわ

 と言ってくれないと

 あなたは駄目で こうしたほうがいいよ と言わない

 みんな自分の状況は自分で選択していて そうだから

 みんな頑張ってくれていて 嬉しい

 大丈夫だよ! と祝福する




 あなたが グズグズしているから!

 お母さんが 子どもの手を引っぱっている

 手を引かれながら 子どもの顔はあっちの方を向いている

 其のうち 子どもに反逆される

 大丈夫よ お母さん付いていくから

 遅れても 大丈夫よ!




 絶望と希望は 別々のものではない

 絶望を知らない人は 希望も分からない

 希望を知っているから 絶望がある

 絶望と希望は 一つのものの裏と表

 絶望は責任がみんな無くなる 希望は責任が発生する




 逃げない 皆さんすぐに物語を作ってしまう

 (あの人が悪い、運が無いから出来ない、社会がなっていない、周りは悪い奴ばかりだから、育てられかたが悪い、自分には能力がない。)

 皆さん持ってる

 持っているものを差し上げる 差し上げる 差し上げる

 自分にも差し上げる

 (差し上げる姿勢 ・ この時は座った状態で、両の手の平を上に向けて天に
差し出す。差し上げる時、骨盤が少し上がる。)

 自分から出ている祝福を 全身で感じる

 アゴを上げると感じられる

 人は うなだれると考えてしまう

 アゴを上げて考えるのは 難しい

 逃げている人は 物語を多く作る

 次々に作って 次々にその物語を体験する

 物語を作らないで 現実に即して生きましょうよ

 立って 行動しましょうよ

 前へ 前へ 前へ

 喜んで 一生を終わる

 物語を作っているヒマなど 無い




 一体感は ひとつしか無い

 何とひとつになっても 同じ

 わたしを通して 愛がいっぱい溢れている

 溢れている愛を 体中で感じる




 エドガー・ケイシーは 急がないようにと言ってる




CA398580_convert_20130707232856.jpg



















  
コメントを投稿する
::この記事へのコメント::
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
::この記事へのトラックバック::