魂のワークブック

何だろう?私と世界にプレゼントしたいもの♪

 
CA397633.jpg















 バリ絵画スクールは、このオープン・ステージの左奥、カフェ 「ワルン・コピ」 のとなりで行われました。 




CA397629_20130404212140.jpg















 案内のスタッフさんについて行きます・・・

 先生はこの方のお父さんでした!




P2122197_20130404212147.jpg















 ウダン(帽子)を被っているのがお父さん。ワヤン先生です。

 大きなバレだなあ・・・何に使うんだろう? って思っていた所!

 ここがスクールになるんだあ!!




P2122198_20130404212149.jpg















 定刻を過ぎること20分位? 女性が登場!

 さらに遅れること15分位? 男性が登場!

 二人とも悪びれることもなく、ごく自然に始めます・・・

 先生を親しげに「ワヤン」 「ワヤン」と呼びます。

 先生もまったく気にしていない様子。

 儒教の国では考えられないことですが、この感じがとても好きです




P2122199_20130404212151.jpg















 各自選んだワヤン先生の描いた絵のお手本を、写していきます。

 線画から陰影を付けるところまで、終了の時刻を1時間は過ぎていましたね!

 色差しの前までの、バリ絵画の最も重要な部分です。

 僕は前回、アルマのオーナーのアグン・ライさんの亡きお兄さん、アグン・ラカ
さんのミュージーアムでペインターさんに色差しを教わりました。

 15cm四方程の小さな絵でしたが、2日かけても完成しませんでした。

 時間を忘れて没頭します・・・ 絵やはり好きですね!!

 




GRP_0117_20130404212424.jpg












 アルマ発行のバリ絵画、終了証書!

 僕は人をレッテルでは評価しません。

 でも頂いたこのレッテルは、とてもお気に入りです!!^ ^;




コメントを投稿する
::この記事へのコメント::
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
::この記事へのトラックバック::