魂のワークブック

何だろう?私と世界にプレゼントしたいもの♪

 
 今さっき、ヤクルトのオネエサンがヤクルトを届けに来てくれました。 ありがとね~

 彼女、「雪が降らなくて良かったですねえ!」 って・・・

 僕も外回りの仕事をしていたので大変さは分かります。

 彼女のためにも降らなくて良かったです! ^ ^



CA397360.jpg















 これは数日前の写真。道路に残っている雪はアイスバーンのようになっています。




 同じ日のことです。この写真でイメージしてください。

 車の前方左に、背中をこちらに向けて楽しそうにおしゃべりしながら歩く、学校帰りの中学?女子二人。

 雪で転んだりしたら大変なので、車は当然大きく右へハンドルを切ります。

 そのとき対向車が見えます。

 ちゅうちょしてブレーキを踏み、車を左へ移動、二人の歩くスピードで二人の後ろを徐行します。

 すると対向車は止まって待ってくれています。

 僕の車は二人を迂回して追い越し、待っていてくれた方に 「ありがとう!」 の合図

 対向車を運転されていたのは、お爺ちゃんでした!

 こういうの嬉しいですね!愛という目に見えないものを、目に見える形で体験しました・・・




 運転していると、1台でも前に行こうとする車の多いのに気づきます。急いでいるときは仕方ないですね。僕もそんな運転のときあります。^ ^;

 列に割り込みの車のあるとき、1台でも前に行こうとする車と、無理に入ろうとする車で緊張がおきます。

 小さな戦争ですね。

 運転しているときは “入ってこようとする車は入れてあげよう” と決めているといいですね。

 同じ状態になったとき、ちょっとブレーキを踏んで待ってあげる。

 自分の前の場所をその方に差し上げる。

 譲ってもらった方は嬉しいでしょうし、譲ったこちらも気持ちがいい!

 同じ状態が、戦いの場になるか?温かさを共有する場になるか? ほんの小さな心の持ち方で分かれます。

 人に差し上げることを始めると、それだけで自分の中に豊かさを感じますが、実際の生活の中でも、例えば運転しているとき、優しく順番を譲ってもらえる体験が多くなります。

 この世界は不思議です!・・・




コメントを投稿する
::この記事へのコメント::
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
::この記事へのトラックバック::