魂のワークブック

何だろう?私と世界にプレゼントしたいもの♪

 
 暑いけど気持ちのいい夏空!! 

 今日は7月の最終日曜日です。


CA390794_convert_20160731140349.jpg
















 清流の青空マーケットの日です。

 今月だけは夕方からで、星空マーケットになります。




CA390786_convert_20160731140323.jpg
















 温室でくつろいでいましたが、、

 暗くなっての開店は何かと大変なので、明るいうちに準備しようと、テーブル
などの備品を会場に運ぶことにしました。

 いい考えでしょ!

 


CA390789_convert_20160731141639.jpg
















 会場につくと、駐車場は混んでいるし、、けっこうの人出で、、

 みんな考えることは同じだね!って空いてるスペースにテーブルのセットを
始めました。




CA390790_convert_20160731141718.jpg
















 また知り合いのファミリーに会って、ご挨拶などしてましたが、、

 でも何か雰囲気が違っていて・・・

 主催者のKさんの顔が見えたので、

 「今日は星空マーケットですよね~」 って尋ねたところ、、

 「星空マーケットは8月ですよ。」 ってお返事が・・・

 あらぁ~~ また有名人度が ⇗ してしまうわ!!




CA390792_convert_20160731141759.jpg
















 よく見ると、みなさん、準備ではなく、撤収なさっておられます。。。




CA390793_convert_20160731141839.jpg
















 気が付いて、良かったな~

 僕らも撤収!




CA390797_convert_20160731140429.jpg
















 家に帰って、頭をかいております。笑

 あ~~ 出すはずだった飲食品、作らなくって良かったね~ ^ ^;




CA390800_convert_20160731140459.jpg
















 地面に打ち水をして、またもやお家リゾート。

 甘くて冷た~いスイカが、、美味しいっ!

 何に使ってもよい時間(何かに使わなくていい時間とも・・・)をいただきました。

 まさしく時間をはずした日 (13の月の暦では7/25、大晦日)。

 贅沢な時です・・・

 彼女はこれから、チェロ持って夕方まで練習なんだって!

 夕飯は青空マーケットで出品予定だった、生春巻に決定ですな。 笑

 途中で上がってくる予定にしてたようですが、ゆっくり練習してきてください。






 
CA390743+(2)_convert_20160731082030.jpg
















 山梨県内から、雨がけっこう降り続きました。

 何もない、静かな、八ヶ岳山麓、、

 夜も雨音が聞こえていました・・・

 こちらも雨がず~~っと降らなかったんですって。

 となりの牧場の牧草も枯れている部分が目立ちます。




CA390741+(2)_convert_20160731081920.jpg
















 自然の家の入口の “ホタルブクロ” には、昨夜の雨のしずく・・・




CA390742+(2)_convert_20160731082004.jpg
















 夕ご飯、食べすぎて・・・

 朝食までに、ジョギングでお腹を減らそうという魂胆です。笑

 お部屋は座卓とお布団があるだけです。

 トイレはありません。

 タオル、歯ブラシなどアメニティは持参になります。

 ストーブやお湯をいれるポットは借りられます。

 ホームページでは確認できなかったお風呂(共同) は、、ありました。^ ^

 関西からのファミリー(小さい兄弟が網でチョウチョを追いかけて可愛かった
な~ ^ ^) と二組だけで、貸し切り状態でした。

 お値段が安い! 宿泊 + 夕食 + 朝食 = ¥3700-(1名)

 そして何よりも気に入ったのは、ほっておいてくれる事!

 志木市の自然の家さん、LOVE!

 9月末は燃える紅葉一色になるそうです。

 アジロンもその頃にはボトル詰めが終わってるでしょうから、また来よう
かなぁ・・・




CA390751_convert_20160731082957.jpg
















 自然の家さん、から1Km地点。

 ダートコースですよ!




CA390747+(2)_convert_20160731082111.jpg
















 「カーブになってて、白樺の木が2本生えてますから分かりますよ。」

 ここが八ヶ岳も、富士山も、あと何だっけな?

 全部が一度に見える、一番の絶景ポイントだって帰りぎわに教えていただき
ました。




CA390749+(1)_convert_20160731082149.jpg
















 残念ながら、八ヶ岳もここまで・・・

 また今度ね~!




CA390760_convert_20160731082514.jpg
















 野辺山駅まで下りてきました。

 有名な標高最高地点の駅!

 1.345mです。

 もうすっかり晴れて暑くなりました。




CA390756_convert_20160731082255.jpg
















 これも自然の家の職員さんに教えていただいたんですが・・・

 野辺山の駅ちかくの、あの冷蔵倉庫のまん前、、

 ヤツレンのソフトクリーム。(後ピンだわ!)

 ここいらで、ヤツレンのソフトクリームを超えるのは無いそうです。

 評判通り、新鮮なミルクの味が口いっぱいに広がりました!

 旨っっっっ まぁ~!!

 ありがとうございます!^ ^

 パートナーの 「野辺山のあたりを歩いてみたい。」 という望み通りになりました。

 駅前の南牧村美術民俗資料館では 田代由子展 『山の呼吸』 が開かれていてエネルギーに圧倒されました。

 常設も熱意がかんじられます。

 この辺りは長い地球の歴史のなかでもずーーーっと陸地だったんだ・・・

 のちの人類になった最初の宇宙人がUFOで着陸した?瑞牆(ミズガキ)山も
結構近くにあるんですよ。

 天孫降臨のことですが、降臨した宇宙人は肉体を持たなかったと思います。

 脱線して怪しいお話しになりました・・・



CA390754+(2)_convert_20160731082337.jpg
















 南牧村美術民俗資料館となりには “銀河公園(だったかな?)” という公園があって、SLが展示されていました。

 僕が夢の中で手で掴んだのは、まさにこの機関車の機関部です。

 今もそのフォースが僕の中で燃焼しています。

 この蒸気機関と一緒に銀河の旅はつづきます・・・






 
  自分で野菜を収穫してみると分かるのですが、新鮮な葉物も家に着いた
ころにはシンナリしてしまいます。

 流通しているものは冷やして運ぶので、スーパーで買うときもシャキッっと
している事は知っていましたが・・・

 野辺山で目の当たりにして納得しました。

 野辺山が近づくと、モンスターのようなトレーラーが国道141号線を走って
います。



5aa3f1c5cb1a77ab2b7e9b0d6dad0aca.jpg















http://blog.goo.ne.jp/shirojii_5050/e/6a151c7611c5871d18068e95db2a39a9

 そのトレーラーの後ろにはコンテナが・・・




e2af51f2d6138706b70841d0f0ad4d21.jpg















http://blog.goo.ne.jp/shirojii_5050/e/6a151c7611c5871d18068e95db2a39a9

 トレーラーが畑に入り、レタスやキャベツをコンテナに積むのですね。




nk16.jpg















http://seisyun18.la.coocan.jp/starthp/nobeyama.html

 で、畑からそのまま、国道を走って。

 いやあ~ ビックリしますよ!

 タイヤが人の背丈ほどもあります。




o0800060013435715509.jpg















http://ameblo.jp/saku5400/entry-12077249029.html

 そのまま走って・・・

 向かう先は?




o0800060013435715524.jpg















http://ameblo.jp/saku5400/entry-12077249029.html

 トレーラーが次々と入っていきます。

 野辺山駅近くの冷蔵倉庫です。

 トラクターでそのまま畑から倉庫へ搬入して冷やしちゃう!

 これならシャキッとした野菜がスーパーに並ぶわけです。

 まあ、この先の輸送システムもですが、僕らとは出だしから違うんだわ!



 

 もともと日本人はレタスを食べる習慣はありませんでした。

 朝鮮戦争のとき、米軍が食事に必要なレタスを川上村に大量に委託したのが始まりだといわれています。

 種を与えて栽培方法を教えてくれたんですって。

 レタスやキャベツの収穫は、朝2時から始まるって本当でしょうか?

 もの凄~~~く大変で、日本人のアルバイトは朝になるといなくなっていると、川上村の方から聞いたことがあります。

 簡単には帰れない、中国やフィリピンの方に負っていることが多のですね~

 このトラクター、一台で家一軒買える値段だそうです!

 機械、種、肥料、農薬、このローンを返すために農業を続けなければなら
なくなるようです。

 そのうえTPPが!!

 富はどこに流れていくのでしょう?

 本当に富を握っている数少ない人たちは、人間を二種類に分けているのではないかな?

 自分たちと、自分たち以外の大勢。

 自分たち以外の大勢は牧場で飼われている牛のようなもので、利益を上げ、自分たちのより良い生活のための物。

 アメリカさえ良ければいいという候補が大統領選に名乗りを上げておられますが、それがテロを生んでいるのを知らないんでしょうね・・・

 (今回の写真は皆さまのに頼らせていただきました。アイスイマセン!) 





 
 まぁ、渋い?のがお好みな通の方には物足りないかも?

 お子ちゃまな僕らにはブドウジュースのようなアジロンはたまりません。


CA390782_20160730002947a76.jpg





















 勝沼を下りて、10分もかからないです。

 “ほったらかし温泉” への途中にあります。

 しかしながら “大雅園” さんに到着してみると随分前に売り切れになっていま
した。

 アジロンは地元の人が昔から食べていた品種で、熟すとポロポロ実が落ちるので流通には向かないそうです。

 アジロンなんてブドウ知りませんでした。

 「こんなんでワインを作るのは邪道!」

 だと言われたそうですが、作ってみると大人気の銘柄になったんですって!

 「まだちょっと若いけど食べられるかな?」



CA390724_convert_20160730003928.jpg

















 って、ご主人が雨降りの中、高いブドウ棚から一房取ってくださいました。

 ありがとうございます!




CA390725_convert_20160730003954.jpg

















 いただきました。大きな房でしょ!(ピンボケ・・・)

 収穫にはもう少し、だそうです。

 絞って、発酵がすすみ、瓶詰めして・・・

 商品が店頭に出るのは9月末~10月なんだって。

 ボトルのアジロンを楽しみに “大雅園” さんを後にしました。

 車の中に、甘~~いブドウの香りがあふれます!

 自然のフレグランス、家に帰るまで、その香りは続きました・・・







P.S.
 アジロンちゃん、家に帰っていただきました。

 実が落ちるくらいの完熟!

 ご主人、食べられる房を選んでくださったのですね・・・

 『薫り高く、香水とも言える位!!昔懐かしい味ともよく言われます。』

 その通りの美味しさでした。

 もったいないので少しづつ食べてます。笑




P.S.2
 タグが長野になっていますが、 “大雅園” さんは山梨県です。




P.S.3(しつこい、って!)
 手作りワインの作り方 がありました!

 興味のある方、ご覧くださいませ。








 
 13ヶ月と時間を外した1日を1年とする(28×13+1=365) 「13の月の暦」。

 7月26日からが新年でした。

 今年は青いスペクトルの嵐の年。

 今年も嬉しいことをいっぱいするつもりです!

 二人の予定がここしか取れなかったのですが、奇しくも旅立ちの日が元日。

 圏央道から中央道、勝沼でいったん下りてワインと温泉、甲府昭和で中央道に戻って、須玉で下りて清里を通って八ヶ岳へのルートを計画していました。

 ところが八王子JCT手前からいきなりの渋滞!

 6K先に事故車ありの表示。

 う~~~ん 6K渋滞かあ・・・

 

CA390720_convert_20160729204057.jpg
















 車も少しづつ動き始めたころ、となり車線のトラックに気づきました。

 よく分かりませんよね~




CA390721_convert_20160729204123.jpg
















 トンネルの中は暗いのでなかなか・・・

 ハエ??




CA390722_convert_20160729204142_20160729222641cdc.jpg

















 ハエ製作所、ですって!

 トラックのドアに hatikou-seisakujyo の文字。

 普通だったら八高製作所とかだと思うんですが、“ハエ”には意図を感じます。

 たぶんお客様からは 「ハエさん!ハエさん!」 って呼ばれているんでしょうね。

 ハエ製作所です・・・

 「ハエさん、大至急ハエ150匹お願いね~」

 「かしこまりました!当社のハエは高等教育をうけております。」

 「月養鶏所さんも当社のハエをご用達なのですが、この養鶏所さんのとなりには食品工場があります。」

 「南陽水産さんハエには随分気を使っていますが、ま、ときどき工場内をハエが飛んでいることがございます。」

 「すると月養鶏所さんにすぐに電話が入るそうなんです。」

 「お前んとこのハエが来てるぞ!何とかしろ!」

 「すると月養鶏所さん、まったく慌てずに、、」

 「うちのハエは教育してあるんで、『月養鶏に帰れ!』 って言っていただければすぐに帰ってきますよ。言っても聞かないのは他の家のハエだね~」

 本当のお話しなんですよ!え!どこまでだって~? それは・・・内緒!笑

 ハエ製作所、いい仕事してるな~ ^ ^;

 なんて笑っているうちに、渋滞を抜けていました。








 
 望みが叶えられました!

 それは “炭” と “マタタビ” 。

 女影の田んぼの水質を改善するのに “炭” が欲しかったのです。


CA390709_convert_20160729093816.jpg

















 田んぼの水路にいれる炭をとりに、巾着田に行こうと思っていました。

 夏休みに入って巾着田の河原はテント村状態。

 BBQのあとには炭が残っています。

 さすがに土日は混んでいるので、旅行から帰ったらと・・・


 


 ところが宿泊した自然の家に、あったんですよ!

 ちゃんとBBQの設備があって、職員の方がお掃除するので宝の山になって
おりました。^ ^


CA390746+(2)_convert_20160729094803.jpg
















 袋はいただけるし、スコップはあるし、車まで運ぶ一輪車はあるし、至れり
尽くせり!!

 後ろからのUpですが、嬉しくて笑いが止められない彼女でした。

 今度くるときは軽トラですかね~ 笑











 “マタタビ” は数年前から探していました。

 この時期、葉に白い斑が入るので見つけるのは簡単なのですが・・・


 img_9959.jpg













http://midori36.blog.eonet.jp/default/2015/07/post-28eb.html




 たいてい他の木にからまって繁茂していて、とても根元には入れない状態です。

 欲しいのは小さな実生なんですよ~

 翌日、八ヶ岳から軽井沢に抜けたんですが、軽井沢、マタタビが多いですね!

 道路に覆いかぶさるように生えていた大株のしたに、可愛いいの、何本も生えていました。

 マタタビちゃん、土質は選ばないのですが、水はけのよい、あまり栄養のない土が好き。

 枯葉が降り積もって、まさに土に還る少し前って感じ。

 フカフカ~って・・・

 畑もこんなになったらなぁ~ ・・・




CA390768_convert_20160729102448.jpg
















 キウイも同じマタタビ科なんですよ、でもマタタビは雄株と、雌株と、両性株、
とがあって?

 ふ~~ん、5~6本はあるけど実はつくでしょうか?




CA390769_convert_20160729102512.jpg

















 鳥のくちばしみたいなツルンとしたのが普通の実で、薄い色のゴツゴツしたのが虫瘤(むしこぶ) といわれる実。

 虫瘤のが薬効は高い。

 リウマチや、冷え性、痛み、安眠、精力増進、老化遅延、などにいいんですね。

 実は、マタタビの蔓をつかって作りたいものがあるんです。



 願いは叶います。

 欲しいものは、「欲しい!」 と言葉にしましょう!

 願わないものは実体化しません。

 欲しいものは “欲しいと言った者” の勝ちです。^ ^v






 
 
CA390684_convert_20160721090145.jpg















 久しぶりに女影に行ってみました。

 草原のなかに薄緑色の糸状に見えるのは、稲の苗です。

 水不足の越生とちがって、ここは湿地帯で、水路を作って水を抜かなければ
ならない位です。




CA390683_convert_20160721090115.jpg















 同じく雑草のなかで育っている大豆。




CA390688_convert_20160721090325.jpg















 水路に自生しているオモダカ。




CA390686_convert_20160721090251.jpg















 一株移植しました。

 オモダカを改良したクワイの可能性も?

 ないか!^ ^




CA390693_convert_20160721090451.jpg















 「古事記」の時代、日本は豊葦原の瑞穂の国 (トヨアシハラノミズホノクニ)
《稲が豊かに実り、栄える国の意》

 とよばれるくらいアシが生い茂っていたんですかね~

 今は水辺が埋め立てられ少なくなりましたが、大切な命のゆりかごなんです。

 元々はアシだったけど、今はアシ(悪し)ではなくヨシ(善し?)と呼ばれることが多いようです。

 ここに流れ込む川の上流にはゴルフ場があって、農薬のため水はどんよりと輝きがなく、水生生物の姿はありません。

 田んぼに入る前に山からの伏流水が流れ込んで、カワニナやカエルなどの
生き物が見れるようになります。

 ヨシには水の自然浄化作用があるのですが、残念ながら田んぼの下流に生い茂っています。

 取水口に炭と砂を入れて、良い水を取り入れようと思っています。




618aba91a60695a1e02a5b8d360d207b.jpg















http://blog.goo.ne.jp/sera411/e/30ca0b24919d27ea71acd36a9061d18e
 
 背丈が2~6mにもなります。

 よく目にするヨシズの材料です。

 中が中空なので笛にもなり、オーボエやファゴット、クラリネットやサクソフォーンなどの「リード」としても使われているそうです。




世界遺産・ミジケンダのカヤの聖なる森林群-720x477













http://worldheritagesite.xyz/mijikenda/

 これは萱(カヤ)ぶき屋根。

 だいぶ少なくなりましたが、日本にもありますよね。

 カヤとススキは同じなんですね!

 初めて知りました。

 ヨシよりだいぶ低い植物です。

 ススキ集めて、こんな家創ってみたいな~




CA390685_convert_20160721090217.jpg
















 これ数珠草だと思うんだけど、、どうかな~

 パートナーがハトムギを作りたがっているのですが、種がなかなか手に入ら
ないそうなんです。

 数珠草ってハトムギなんです。

 子供の頃あっちこっちで見たんですが、最近見なくなりました。

 実験農園にあったなんて!

 いや、これ、そうだったらいいな~ 笑



 
CA390689_convert_20160721090358.jpg















 あと田んぼの横にゼンマイが生えていました。

 お榊(サカキ)もあります。家のまわりには生えていないので買っていました。ラッキー!^ ^

 パートナーのお気に入りのワレモコウも見つけました。 水気があるところが
好きなんだ!

 トグサに似ている(トグサの節のないみたいな・・・)ヒュ~~っと伸びてる細い草もありました。

 調べたら、あんなに細いのにフトイという名前でえ~

 笑うしかなかった~ 笑

 生け花に使うんですね!

 いろいろあって楽しい実験農園でした。







 
 田植えのころ、株間をすご~~~っく広く取って植え付けている田んぼが
ありました!

 走っている車から見えたんですが、、それが謎でして、、

 そこを通るたびに見ていました。

 育っていくと、すごく大きいんですよ~

 あ・・ 僕一人で運転してるときなんですが。

 彼女もその田んぼには感心があったようで、今日の話のなかに出てきました。

 じゃあ見に行ってみない? ってことになって・・・



CA390696_convert_20160720232840.jpg















 こうやって写真にすると、別にふつうの田んぼに見えるかな~




CA390697_convert_20160720232904.jpg















 でも、ちょっと離れると、なんか違うのわかりますか?




CA390695_convert_20160720232750.jpg















 人と比べると大きさが分かります。

 株間は1.5mはあります!

 ネットで随分調べたんですが分からなくって・・・

 さっきやっと似た写真がでてきて、不思議な植物の名前はマコモタケでした。

 謎が解けてスッキリです。 ^ ^

 中華料理などに使うんですよね~

 早速、苗を注文しました。

 栽培環境はありますからね。

 いまから植えても遅いのですが、丈夫な大きさまで育てて、、

 マコモタケくん、来年の楽しみにしたいと思っています。







 
 
CA390675_convert_20160719191149.jpg















 今日は畔の草刈り、、




CA390676_convert_20160719191228.jpg















 と、田の草取り。




CA390670_convert_20160719191007.jpg















 ところが、最近は田んぼにつくと、いつもカモ達が遊んでいます。

 ↑ どちらもピンボケなのですが、↓




CA390671_convert_20160719191037.jpg















 20羽はいないけど、10数羽は来ています。




CA390679_convert_20160719191301.jpg















 黒米の苗が足りなくて、このすき間がちょうど遊べる水場になったんですね~

 一度苗を植えたんですが駄目で、、だいたい残っているのは先生のTさんからいただいた大き目の苗。




CA390672_convert_20160719191115.jpg















 昨日も三度めの黒米の苗を植えたんですが、、みんな水没してます。。

 棒を立てて、糸も張ってみたのですが、まったく無駄でした。笑

 まあ~ 田の雑草を食べてくれるので、しょうがないか~

 生き残った苗を収穫することにして、カモちゃんの遊ぶ田んぼということで
いきますか!




CA390682_convert_20160719191334.jpg















 畑ではアマランサスがすくすくと育っています。

 葉っぱを見る限り、弱々しいかんじなんだけど強健です。

 梅雨明けしたような、田んぼと畑・・・

 お昼まで頑張って上がりにしました。

 山田うどんでお昼。

 あとはこれと言ってやることもなく、帰ってお昼寝しましたよ~ 笑

 起きたら暑くって、またマンディー!

 のんびり読書の昼下がり・・・

 突然のセミの声、、 

 耳元、窓のすぐ外、柿の木かな?

 ニイニイゼミ、 この瞬間・・・ 

 夏がやってきました!

 ミンミンゼン、ツクツクホーシも負けじと鳴きはじめて・・・

 セミの声、聞きながら、また寝てしまいました。 ^ ^






 
 木曜日に登場したチェロ。


CA390650+(3)_convert_20160715221812.jpg
















 昨夜、チューニングをしたり、音合わせしたり・・・

 え! 同じなの 笑

 便利ですね~ iPadで出来ちゃうんですね!




CA390648+(2)_convert_20160715221721.jpg
















 以前チェロを弾いていたと話は聞いていましたが、見るのは初めてです。

 もう10年ぶりだそうで、ドレミ・・・♪ から始まりました。

 30分もすると深みのある音に変わってきました。

 秋の演奏会にあわせての練習なんですって。

 この曲 を生で聴けるのが夢です。

 そのうち ・ ・ ・

 待ってるね! ^ ^











 
 今朝、庭にでてみたら・・・

CA390662+(2)_convert_20160716104353.jpg















 咲いてました!




CA390663+(2)_convert_20160716104416.jpg















 う ~ ~ ~ ん

 鼻を近づけると、、

 いい ~ ~ ~ い 香り ・・・

 熱エネルギーも出てますね~!








CA390665_convert_20160716105217.jpg
















 そのあと柿の木に見慣れぬ鳥がきて、毛づくろいを始めました。

 グル~グル~ ってかわいい声で・・・

 この写真じゃわからないので、 ↓ リンクしてみてください。

 そのあと鳴き出してガビチョウだとわかりました。

 見たの初めて!こんな近くで!

 外来鳥で、ウグイスなどとテリトリーが重なり “侵略的外来種ワースト100” に
されています。

 中国人には美しいさえずりに聞こえても、声が大きいので日本人には騒音に聞こえてしまい、輸入した業者が売れなくて大量に放鳥した結果、日常的に鳴き声が聞こえるようになったようです。

 僕はメロディアスな声、ボリューム大ですが好き!イントネーションは中国人がお喋りしているようにも聞こえます。笑

 ガビチョウに罪はないんですがね~

 問題を起こすのはいつも人間たちです。





 
 
 今朝、夢を見ました。

 頭を撃ち抜かれる夢です。

 実はこの夢、少し前にも見ました。 全く同じ内容・・・

 忘れていました。

 とても大切なことなので、潜在意識のヒカル君が巻き戻して再体験させて
くれたようです。

 いつもありがとうね!! ^ ^




 僕は昔の武士になっています。

 城を開け渡す場面・・・

 一度見ていますので、次がどうなるか、夢の中でもわかっています。

 低い鴨居をくぐって頭を上げた瞬間、眉間のわずか上を撃ち抜かれます。

 今朝は、撃ち抜かれる直前に目覚めました。




 いい夢ですよ!

 まず、死ぬ夢は自分が新たに再生される意味があります。

 文字通り、古い自分が死ぬのです。

 頭を撃ち抜かれたということは、考えることをやめなさいということ。

 弾丸が貫通した場所から、脳下垂体と、松果体を、意識するように言われて
います。




CA390666_convert_20160716094322.jpg




















 起きてきて机の上を片付けると、、

 シュタイナー・セミナーの島田先生からいただいた封筒が出てきました。

 開封すると・・・



 世界の光に強く引き寄せられ

 私の自己は今まさに私から逃げ去ろうとしている。

 だからこそ私の予感よ

 思考の力に代わって現れ

 おまえの正しい力を発揮せよ。

 自然界の輝きのなかで

 いま思考は、みずからを失おうとしているのだから。

    シュタイナーによる 「魂のこよみ」 より  (鳥山雅代訳)






 何 た る ・・・

 チア!!!






 
 
 越生の田んぼはどうかなぁ~

 日高でバケツをひっくり返すように降っても、越生は降らないことが多いん
です。

 かなり降ったので、田んぼ見に行きたくなりました。^ ^


 
CA390635_convert_20160715200900.jpg















 今日は畑の収穫だけで仕事はしないということで、仕事道具を積んでいない
僕の車できました。




CA390636_convert_20160715200932.jpg















 嬉しいことに、しっかり溜っていました!

 左、立川のTさんの、右、僕らの田んぼ・・・

 両方、ひびが入っていた田んぼです。




CA390637_convert_20160715201001.jpg















 「みんなで平和に使えるくらいだよ!」

 って雨さんにお願いしていました。

 ありがとうね!! ^ ^

 一安心して畑に向かいます・・・




CA390640_convert_20160715201036.jpg















 これ、ウガンダのウイニーの畑。 僕らのお隣さん。

 どうやらアフリカのトウモロコシらしい。

 高さが半端じゃない!

 キウリや、ヒマワリと比べるとわかります。

 ウイニー 、「あげるよ!」 って。。

 どんな味なんだろ?? 楽しみです。




CA390641_convert_20160715201118.jpg















 これ僕らの畑。 

 他では、もう掘り起こしの終わっているジャガイモ。

 今、お花が咲いていて・・・

 去年、掘り起こすの忘れていたのが勝手に生えてきました。

 種類もごちゃ混ぜ! ^ ^; 

 枯れてから掘る?

 なんてしてたら忘れて、来年また同じ景色を見ることになります。




CA390643_convert_20160715201148.jpg















 雨が降り続いています。

 サックリ収穫して帰るつもり。




CA390645_convert_20160715201213.jpg















 だったのですが、、

 雑草、一本ぬいたら駄目!

 抜きまくりになりました。笑




CA390647_convert_20160715201250.jpg















 帰りにオカラをいただいている渡辺豆腐工房さんへ、

 久しぶりの豆乳ソフト! 美味しかったな~






 
 追い詰められた僕は、世界の存在に尋ねることにしました。

 「どうしたら、僕の癌は治る?」

 そしたら、答えが来ました。

 「あなたが光になれば、消えます。」



CA390632_convert_20160715112103.jpg















絵は「光の手」(下巻)より




 【光になる】 でググッてみると、これといったものはなく、、

 【光になる呼吸】 にありました!

 “ 光の龍の呼吸法 ”

 呼吸すると、体内にエネルギーと熱を感じます。

 地球のコアから光の龍を呼び出して呼吸するんですが、詳しく知りたい方は
リンクしてくださいね。





 次に、“ 癒しの光 ”(上下) と “ 光の手 ”(上下) が目に留まり・・・

 今、4巻が手元にあります。

CA390631_convert_20160715112153.jpg
















 力のあるヒーラーは地球のコアとつながり、そのエネルギーを使うという部分が出てきました。

 “ 光の龍の呼吸法 ” とほぼ同じですね!



 何よりも・・・

 個々の人間はエネルギーから構成されている。

 「自分は物質的肉体である」 という考えを 「自分は光である」 という考えととりかえることで、ずっと容易に自分をかえられる。同様に体もかえられる。

 それは光からできているからだ。



 著者のバーバラ・アン・ブレナンはアメリカの有名なヒーラーであり、NASAに勤めていた科学者であり、内容は宗教的でも、オカルト的でもなく、この本が
ヒーラーたちのバイブルになっているのは大変納得のいくものでした。

 具体的な内容は省きますが、肉体を超える治癒を目指し自分の感性を主な
導きとして施療をしていた僕にとって、願ってもみない教科書がとどきました。

 まだ全部を読んだわけではありませんが、人の健康や機能を回復するお仕
事の方、スピリチュアルな世界を求めている方、心と健康に関心のある方、美と健康に関心のある方、一緒に暮らしている猫ちゃんやワンちゃんを元気にしたい方、自分自身が元気になりたい方、人のお役に立ちたい方、より良い人生を生きたい方、この世界そのものに興味をおもちの方。

 みなさんにとって、、う~~~ん、何て表現したらいいのかな~

 必読の書になるかもしれないし、お役に立たないかもしれません。

 世界のコアにあるエネルギーと如何にしてつながるのか、、

 その創造エネルギーをどのように、自分の中を流すのか、、

 どうしてそのエネルギーが流れないのか、、

 自分のなにがそのエネルギーをブロックしているのか、、

 興味の尽きない世界があります。








 
 
CA390623_convert_20160713132917.jpg















 雨だ! 雨だ!

 梅雨らしい雨です。

 始めは濡れない温室で、差し芽や、植え替えをしていたのですが、、

 なんかノリノリで、庭の植物のことや、畑の草むしりや、だいぶ伸びたスイカの植え付けなど、止めれなくなってしまいました。




CA390622_convert_20160713132633.jpg















 ふと見ると、バケツ栽培の蓮のつぼみが、、

 4つも(下のほうにもう1つあります)伸びていて・・・

 咲くのが楽しみです♪




CA390626_convert_20160713132745.jpg















 けっこう濡れたので、シャワーを浴びてさっぱりして、、

 ハーブティーを入れたところ・・・




CA390628_convert_20160713132823.jpg















 差し芽ででたステビア、、

 それにレモングラス、スウィートフェンネル、アップルミント。

 いい~ 香り ・ ・ ・

 これから軽く食べて、仕事にでます。

 残りは冷やしておいて、帰ったら飲みます。

 雨さん、越生でもお願いね!

 みんなで平和に使えるくらいだよ。 ^ ^






 
 田植えからほぼ一ヶ月。

 順調に生育しているといえます。


CA390602_convert_20160712161512.jpg















 でも下の田んぼは水不足でひびが入っています。

 昨日、彼女が熱中症で結構寝ていたので、、

 今日は、午前中だけで上がる予定です。

 途中、道沿いの田んぼも、ほとんど干上がっていました。




CA390604_convert_20160712161640.jpg















 上の田んぼには水が・・・

 今朝はここも干上がっていたそうですが、先生のTさんが堰の水漏れを丁寧にふさいで、水を引いてくださいました。

 でも下流の田んぼの方が? 堰を何度も壊しにくるようで、イタチごっこ・・・

 Tさんも夜、堰を見に行ったりと、水不足は深刻です。

 来年からは水が豊富でも不足しても、どちらにも切り替えられる稲作をする
ことにしました。




CA390605_convert_20160712161746.jpg















 これ、たまたま見つけました。

 田んぼの横の梅林で、、日本アカネです。

 茎から十字に葉っぱがでる特徴があります。




CA390608+(2)_convert_20160712162048.jpg















 畑に寄って収穫してきました。

 嬉しいですね~ ^ ^




CA390619+(2)_convert_20160712163747.jpg















 田んぼの水草も収穫? してきました。

 庭に水道がないので水をためて使っているのですが、ボウフラが発生します。

 メダカがボウフラを食べてくれるのですが、、

 ボウフラ全滅で、メダカたちお腹を空かしています。

 この浮草の根っこが、メダカたちのご飯になるのですよ。




CA390618+(2)_convert_20160712163539.jpg















 室内の水槽には、田んぼの雑草のコナギを植えてみました。

 薄紫色のお花が咲いたら素敵なんですよ~

 しかし金魚たち美味しいらしく、パクパク食べて、お花は無理かな~?




CA390611_convert_20160712162117.jpg















 とりあえずの用事をすませて、お風呂でマンディーをしました。

 今日も彼女、軽い熱中症で・・・

 あ、マンディーってバリの人たちが、川で水浴びしたり、体を洗ったりする、
アレです。

 冷たくも温くもない程度のお水に体をつけて、のんびりと・・・

 お香を焚いて、網戸からは気持ちい風が・・・

 体の芯の熱が取れました!

 彼女、初マンディーでしたが、大変気に入ったようです。




CA390612_convert_20160712162140.jpg















 マンディーのあとの体には、家の中を吹き抜ける風が、、

 とても、心地よく、、

 冷えたスイカで、またお家リゾートしています。







 
CA390594_convert_20160711171355.jpg















 温室の壁を囲んでいたシートを開けました。

 風がよく通ります。




CA390593_convert_20160711171328.jpg















 入口のドアも、夏っぽくなったでしょ!




CA390599_convert_20160711171456.jpg















 ラティスは、畑仕事のいろいろをしまう小屋のためのものです。

 見晴らしもとても良くなりましたが、、

 中が丸見えって感じも・・・




CA390597_convert_20160711171430.jpg















 でも、ここでお昼。

 気持ちがいいからね~

 トウモロコシと、バナナと豆乳のミックスドリンク。

 甘味にメイプルシロップを少々。






 
 検査の日、、今日は一番です。 9時から・・・

 結果はすぐに出ます。


CA390600+(2)_convert_20160711152353.jpg
















 自分では、癌が消えてマーカーも正常値?か、それに近い?だろうと思って
いました。

 なんと!! 83を超えてるじゃん!!

 手術前の一番高いときでも45くらい・・・

 それが手術して5以下の正常値になってホッとしてたら、、

 9になって、33になって、83だって。 ^ ^;

 アニータが 「癌は医療的な病ではない。」 って言ってたけど、、

 種はあるけど発芽しない。という状態なんですね~

 主治医は外科の先生なんですが、形の無いものは切ることができません。

 「Gさん、またペットやりますか?」

 「いや~ 僕元気だし、癌は消えたと思ってるので、9月の検査の結果を見て、また考えましょう。」

 「じゃあ、そうしましょうか。」

 って、自分で決めてきてしまいました。




 僕の中にカルシファーが住み込んだのかな~

 実際、体の中からエネルギーがあふれるような感じが時々します。

 ま~ 切らなきゃならないんだったら、切るけどねえ。

 平穏無事なだけの人生なんて、面白くも幸せを感じることもないんだよ。

 今はそれをすごく実感してます。

 畑や、仕事の重なり具合のせいで、最近は彼女と旅行に行ってないなぁ・・・

 ということで今月末に計画しました。

 「野辺山に行ってみたい!」 、、

 志木市の自然の家 ってのが八ヶ岳にあるのを見つけて予約しました。

 予約してから気づいた!

 あ! 風呂ねえや!

 近辺の温泉を探しましたが、これと言ったのがない・・・ 

 そうだ、宿舎につく前に中央道降りて、ほったらかし温泉 にちょっと寄り道
して・・・

 ああ、あそこ勝沼のブドウ園、大雅園 さんのアジロンって超絶ワインあるんだっけ!

 そうすりゃ、夜ワイン呑んで、いい夢見れるよね~★″

 翌日のお昼は、もう1年は行ってない中軽井沢の かぎもとや さんでお蕎麦・・・

 夕食には、おぎの屋 さんの峠の釜めしを買って帰る!

 旅のレシピ完成です。

 世俗的でしょ!

 生きるには、体も心も楽しまなきゃね~




CA396757.jpg
















 かぎもとや さんのお蕎麦、調べてみたら前回は2012の11月・・・

 時は速いよ~ まごまごしてるとお迎えきちゃうから。笑

 天ぷら蕎麦といきたいけど、皮膚炎出るから、とろろ蕎麦だにゃ~






 
CA390573_convert_20160706082902.jpg















 窓辺の この子が・・・




CA390578_convert_20160706083031.jpg















 初めて、可愛いお花をつけました。




CA390575+(1)_convert_20160706082929.jpg















 ペニーロイヤルさんも・・・




CA390576+(1)_convert_20160706083001.jpg















 か わ い い ・・・






 
 自分の体験した、痛みや傷・・・

 僕たちはそれをちゃんと感じないで、痛くなかったふりをしたり、痛みを再体験することが嫌なので自分を鈍くしたり、潜在意識の下に怒りやストレス本体を隠して蓋をする習慣があります。

 そうすると意識の上では無かったことになったり、僕は平気さーって感じになったりしますが、蓋の下の意識下では闇の力を吸い込んで怒りやストレスはどんどん重く大きく膨らんでいきます。

 ローヤーセルフの自分自身は 「こんなに苦しんで訴えているのに知らんぷり
するなんて、お前はひどい奴だ!」 って潜在意識がへそを曲げると、ローヤー
セルフは人生のいろいろな場面で邪魔をするようになります。

 昨日の瞑想会で大切なのは、“感じている自分自身を感じる。存在の自分と
つながる。” でした。

 同じことがまた、今読んだ本の中に書いてあって・・・ 面白いな~






「癒しの光」 p22~23
 習慣になってしまった防衛システム

 私の経験では、自己のHEF(ヒューマンエネルギーフィールド)を習慣的な防衛システムへと歪めることこそ、ほかのいかなる原因にもましてひどい苦痛と病気を自分の中にもたらす。

 あとの章でHEFについてとりあげる際に、この習慣的防衛がどのようにHEFの機能を阻害し、身体に病気を創り出すかを説明する。

 習慣的防衛パターンはHEF中の「防衛システム」とみることができる。エネルギーレベルの防衛システムは習慣的なHEFの歪みという形をとり、人は繰り返しここへと退却する。

 これは仮面の自己と関係している。
 
 この防衛システムによって苦痛と怒りを抑え込むことに成功すればするほど、ポジティブな感情も同時に抑え込まれることになり、鈍感になる。

 人生は望んでいたようにゆかず、ありきたりで退屈なものになる。エロスは死に絶える。習慣になってしまった悪循環に捕えられ、人生に望んでいたものを
作りだすことができなくなる。

 これは身体にも大きな犠牲を強い、そして人生に対する信頼が失われ始める。

 痛みを塗り込めるという習慣はまた、自己の奥深くにあるコア(存在の核)をも塗り込めることになる。

 そしてコアがどんなふうに感じられるのかさえ忘れてしまう。

 自己の本質、エッセンスを忘れてしまう。自分の本当の姿さえ忘れてしまう。
自分の人生を創りだす本質的なエネルギーとの接触を失ってしまう。

 これはまるで、自分の思いどおりの人生を創りあげようとする時にそもそも
「自分」 の姿を知らないようなものではないか。





CA390543.jpg















 田んぼの浮草ちゃん。 光と、見えない水面下の水と養分で育ちます。

 潜在意識はこの水面下を指します。







 
 寝ぼけて朝が昼になってのブランチでした。 ^ ^


CA390558_convert_20160704121616.jpg















 ふれあいマルシェで売っていた “ルバーブ” 。

 名前は聞いていましたが、リアルさんとは初めての出会い。

 お店の方がジャムにする。 って・・・

 してみました。(してくれました。笑)




CA390561_convert_20160704121647.jpg















 パン・・・ というか、、クズの新芽から採取した酵素で発酵させたパン?
 (下のマフィンは買ってきたもの。)

 美味しいですが、いわゆるフックラしたパンではありません。

 ナイフでやっと切れます!笑

 エルフがフロドたちの旅に持たせたレンバス?(だったかな~)

 一枚で相当もちます!




CA390563_convert_20160704121712.jpg















 バターが駄目なのでクリームチーズをぬって、、

 ルバーブのジャム乗っけて、、

 けっこう酸味があって美味しい、、

 甘味は甜菜糖です。夏向きのジャムですね~




CA390564_convert_20160704121735.jpg















 完食!!

 横の畑の野菜たち、収穫できるようになってきました・・・

 キウリ、トマト、サラダ菜各種、人参、オクラ、大葉、バジル、

 もうすぐ取れるのが、茄子、インゲン、おかワカメ、ラディッシュ、空芯菜
など・・・

 嬉しいな!






 
CA390557.jpg















 家に帰って初めてエアコンを使いました。午後4時、39℃に近づいています。



 瞑想 (カテゴリー) のほとんどの記事は、福田高規治療院 で 毎月 第1・3
日曜日 10時~12時 に行われる瞑想会のメモを基にしています。
 参加費 ¥ 500- 予約の必要はありません。




 上手くいかなかったら 神といっしょに大笑いする

 自分のしたことを ああだこうだ といつまでも引きずらない

 自分のしたことを振り返って ああここが悪かったんだなぁ って思ったら

 それで終わり

 わたしは上手くいかなかった人に 「 残念だったね 」 とだけ言います

 そして新しい選択をする

 宣言する

 「 神さま やるぞーー!! 」

 さっき大笑いするって言ったけど ほんとは喜ぶんだよ

 全部体験しちゃったら終わりだよ

 失敗して喜べないのは 神といっしょじゃないからだよ

 おしまいになったら (おしまいにして) 次に行く

 10年も前のこと 覚えていて言う人がいる

 夜 寝るときには その一日をおしまいにする

 朝 目覚めたとき 新しい人生をスタートさせる

 次に行く その繰り返しが人生ですよ

 嫌な人がいたら それをちゃんと感じている

 嫌な感じは 重い感じ

 その重さを感じている 感じている自分を感じている 神とともに感じている

 神が わたしを通して 重さを感じている

 重さを感じたらおしまい

 それを こまめに こまめに こまめに やっていると病気しないよ

 そうすると 自分の人生 軽いよ~

 嫌な人を何とかしようとか 変えようとかしない

 その重い人を目的にして (目的にしたら忘れる ・ そして) 自分を感じる

 感じたらおしまいにして 喜ぶ

 そしたら その人が変わる

 それが愛ですよ

 繰り返し 繰り返し 繰り返しするんですよ 習慣になるまでね

 細かいものを全部やる

 神といっしょに体験したよ

 いっしょに仕事したことを喜ぶ

 わたしは 一歩ごとに 自分を感じています

 一歩ごとに 神さまといっしょ 神さまといっしょ って

 すると 世界に自分以外のものはなくなる

 もう怖いものはなくなる それまではとても怖がりでした

 みなさん本気で生きてない

 言葉 体 感情 いつも いつも感じていたらどう

 肉体がなきゃできないよ~

 せっかくこっちに来たんだから

 いつも神とともに (自分を) 感じていたらどう





 
CA390549_convert_20160703052832.jpg















CA390550+(2)_convert_20160703052931.jpg















 今朝の朝日です・・・





 わたしを通して 光があふれている。

 わたしを通して 周りの人たちみんなが光にあふれている。

 わたしを通して 世界中の人たちから光があふれている。

 わたしを通して 世界は光で輝いている。

 さあ~ 今日は瞑想会だ!





 
 月が代わりましたね・・・

 朝ご飯まだなんです。

 いま、ケ・サラ聴いていたところです。

 ちょっとホロッときてました。笑

 実は、この歌、子供たちの通っていた学校で歌い継がれてきた歌です。

 校歌も校章もなかったんですが、、校歌代わりのケ・サラをいろいろな場面でみんなで歌った思い出がよみがえりました。

 子供だった僕が、父親としてスタートできた学園です。





子供たちのケ・サラ見つかりました。よろしかったらドウゾ。

CA390548 (2)


















 体育館の壇上です。入園式も、卒園式もここでなんですが、壇上にいるのが
子供たち、先生や父兄は下の床なんですよ~

 最初に体験したときの嬉しい衝撃を今でも覚えています。

 僕の体験では、壇上はいつも先生たちでしたから・・・

 この壇上、この映像には映っていませんが、コーラス裏で遊んでいる子たちが数名いるのが普通でした。 ^ ^;

 テクニックとか、みんな同じにではなく、それぞれが気持ちよく声を出す・・・

 気持ちを合わせて歌いたい子たちは、思いっきり合わせて・・・

 生き生きしてて、おおらかなところで、大好きでした♪

 葉子さんありがとう! ^ ^/

 ささやかですがプレゼントがあります。 応援してます!!

 やっぱしこれかな!!