魂のワークブック

何だろう?私と世界にプレゼントしたいもの♪

 
CA391933_convert_20150830161105.jpg















 ひと夏かけて、葛のつるが木々を飲み込んでいった。



CA391934_convert_20150830161128.jpg















 此処のところ、愚図ついた天気がつづいている。

 秋雨前線かなぁ ・・・



CA391935_convert_20150830161151.jpg















 この日も降ったり、降ったり、止んだり、降ったりで・・・

 霧雨が止んで、さっきまで霞んで見えなかったトトロの森の山並みが遠くに
見えます。



CA391936_convert_20150830161226.jpg















 空の雲は一日こんな感じでした。



CA391937_convert_20150830161255.jpg















 6時少し過ぎ、、

 規定の14人、無事仕事が終わりました。

 体は大丈夫みたい!^ ^

 日がずいぶん短くなっていました。






 
 病院でメモった綴りがあります。

 天井に浮いていた訳ではないけど、今地面に足を着けている僕には恥ずか
しい内容です。

 老人の独り言だと思っていただければ幸いです。


CA391859_convert_20150826230710.jpg


















 


 麻酔をかけられ、身体を固定され、自発呼吸を止められ、チューブを差し込まれ、食事をとめられ・・・

 命を制限されることで、命をより強く感じている。

 僕は受身でいることが多い。

 その僕がこのまま受け止めていると、この世を去ることになる現実に、生きる
という選択をした。

 行者の行き倒れというのがあるが、この仕事について20年近くになる。

 命のことは命に任せるのがいいのは分かっているけれど、

 つい自分で治そう、治してあげたいと思う。

 その分、受けてしまう。

 昔だったら、数年後に行き倒れていたに違いない。

 生きることを選んだら、自分は何がしたいのかを知ることが大切になる。

 ただ何となく生きることも出来るけど、もったいないと思う。

 病院の体験を通して、自分のしたいことをより積極的に行動するようになった
と思う。

 自分で出来ないときは、人にやってもらってでも・・・

 入院前は、自分のことで人に頼むのはとっても苦手でした。

 なんで変わったのかは言葉に出来ない。(よく分からない。笑)

 ただ命がず~っと一緒にいてくれるのを感じていた。

 愛がわたしを通して働いているのを、積極的に感じていた。

 集中治療室で、痛い!痛い!と泣き叫んでいる女性。

 でもそれも、命が歌っていると思えるときがある。

 誰でも、ある限界を持つ、身体と、心、を持って生まれてくる。

 この制限性があって初めて、自由も、選択肢も、意味を持つことになる。

 病院の体験は、この制限性の中で自分は何を選ぶのか? を突きつけられることになった。

 嫌なこと、痛いこと、から出来るだけ逃げていた僕に変化が起きた。

 嫌なことは嫌だけど、嫌なことから逃げないという体験を短期間ですることになった。

 そしてそれは、一緒にいる命によって導かれていったと思います。

 命との一体感の中にあるときは、どこにでも、自分の見るもの、触れるもの、
耳にする音、コミックの言葉の中にさえ等しく命があり、

 それを見出すたびに、嬉しくて、涙があふれてきます。

 で、今、その状態になれるか?と言うと全く出来ません。

 でも体験というのは、忘れていても、消えることはないと思っています。







CA391841_convert_20150826230012.jpg















 入院中に誕生日を迎えました。

 手紙と手作りのフォトスタンドを貰いました。

 由羽と、心、の絵とお手紙もね!

 ありがと~ね♪


 

 
 
 どのくらい体力が回復してるか?

 ちょっと加治丘陵を歩いてみることに・・・


CA391924_convert_20150825203736.jpg















 スタート、12時40分です。

 山から下りたら “HOT・POT” さんでランチするんだ~ ^ ^



CA391913_convert_20150825203455.jpg















 最初の登りがきつい!

 空気はもう、秋のよう・・・

 半そででは寒く、薄い風よけを羽織りました。



CA391914_convert_20150825203523.jpg















 秋と思ったのは、きのこ達も同じようです。

 食べられるのもありましたが、今日はパス・・・


 
CA391915_convert_20150825203542.jpg















 しばらく登ると、平坦な尾根道になります。

 入院中、階段の上り下りを結構してたので、あまり息は切れなかった!^ ^



CA391916_convert_20150825203606.jpg















 木々が茂っていて、阿須山は良く見えません。



CA391918_convert_20150825203629.jpg















 途中、2度グラッと来ました。

 足腰か? 脳か?

 僕の木までは歩こう! と、決めて・・・

 久しぶりのハグ♪



CA391919_convert_20150825203651.jpg















 今日は小手調べなので、遠くまで行かず、ここでUターンです。



CA391920_convert_20150825203714.jpg















 ドングリと、蝉の抜け殻が、並んで落ちていました。

 夏のような、、秋のような、、








 
CA391925_convert_20150825203756.jpg















 歩いていたのは30分ほど。



CA391926_convert_20150825203817.jpg















 胃腸に優しい、和風雑炊に・・・



CA391930_convert_20150825203838.jpg















 改装していた、庭と木立の見える窓際は満席でした。

 次は座れるかな~

 さあ! 明日から仕事再開です。





 
 
 退院翌日、軽い作業を条件に越生に付いて行きました。

 体を生活のリズムに戻したかったし、田んぼの様子も見たかったし、

 10日以上室内から出れなかったので、外の空気が吸いたいと思いました。


CA391883_convert_20150825153549.jpg















 2週間ぶりの田んぼです・・・

 もう稲穂が出ていました!

 手前がコシヒカリ、奥の少し高く見えるところが黒米。

 うまい具合に曇りで、風が吹くと涼しくて気持ちがいい天気でした。

 僕が田んぼで、Yちゃんが畑の作業を分担。



CA391882_convert_20150825153421.jpg















 黒米も穂が出てきました。



CA391876_convert_20150825153308.jpg















 僕の作業は、畔の枝豆が電気柵に触れないようにすること。

 葉が触れると、漏電して電気柵が働かなくなってしまうからです。

 

CA391887_convert_20150825153650.jpg















 まず横に伸びている葉を落とします。

 ついでに花の付いた枝先を摘心します。

 これが一番大変でしたね。



CA391891_convert_20150825153949.jpg















 後は、枝豆の根元に棒を立てて、棒と棒を糸で繋いでいって・・・

 これで基本的には、枝豆は糸の外側には倒れなくなります。



CA391888.jpg















 黒米のところはもう1本糸を増やして、3本に・・・

 背の高い黒米は穂が出ると、周りに倒れてくるので、これも電気柵に触れ
やすいのです。



CA391910_convert_20150825154705.jpg















 作業完了!

 これで電気柵との間が広がり、人が歩ける位になりましたね。



CA391909_convert_20150825154632_20150825174456459.jpg















 可愛い、枝豆(大豆)のお花・・・

 収穫したその日に茹でた枝豆は、最高に美味しいですよ!



CA391892_convert_20150825154039.jpg















 コシヒカリのお花。



CA391894_convert_20150825154233.jpg















 こちらは黒米のお花。



CA391897_convert_20150825154140.jpg















CA391903_convert_20150825154331.jpg















 ミツバチたちの羽音がブンブンブンブン・・・

 久しぶりに聴きました・・・

 ハッチたち、見回すと近くに10匹はいます。

 田んぼ全体だと相当の数・・・ 

 それが合わさってブンブンブンブン・・・

 ジェゴグの4音階が5番目の音とうなりを創り出すような・・・ 音のうねり・・・



CA391907_convert_20150825154507.jpg














 立川のTさんの田んぼも稲穂が出ていました。

 

CA391908_convert_20150825154550.jpg















 代掻きが上手だったSさんの田んぼは、、

 田植え1週間の差がこの違いです。






 
 入院が12日。

 手術が14日。

 退院が23日でした。

 退院の予定は順調にいって24日と医師から告げられていましたが、21日に、

 「明日でも、明後日でも、ご家族の都合の良い日に退院していいですよ。」
って・・・

 肉体のある方、肉体のない方に、づぅぅぅ ・・・・・・・・・・ っと 守られていました。

 ありがとうございました!


CA391812_convert_20150824062138.jpg















 16号線沿いにある石心会、、

 空いていれば、家から車で5分、、

 いつも見てる交差点も視点が違うと、新鮮です。



CA391860_convert_20150824062305.jpg















 入院したときは4人部屋でしたが、ナースステーション横の個室が空くのをキャッチ、移動に成功!!

 普段ならそんな贅沢は出来ないのですが、入院なんて、めったにないチャンスです。

 願望の到来!(こういう時、わたしは素早いですよ~^ ^v)

 あこがれの ❤個室入院!

 「アフラック & 高額医療免除申請」 は、つおーい味方。笑

 個室は何かと、 と~~~っても良かったですね。



CA391815_convert_20150824062205.jpg















 手術の翌日、午後にはICUから個室に戻れました。

 「とみえ先生、癌の治療、お上手ですよ~。」 と福田せんせいに言われている とみえ先生が旦那さまとお見えになりました。

 術後の順調な回復、そのためのヒーリングをしに来てくださったのです。

 ありがたいですね~^ ^

 枕元でしていただいた、“不思議な踊り” のお陰で、HP大幅回復!!

 順調にいって術後10日が・・・ 

 8日でお許しが出たのですから!



CA391816_convert_20150824062340.jpg



















 「石心会は、切った翌日からガンガン歩かされるよ~」

 僕もその積もりだったのですが、麻酔が少し残っているらしく、起き上がると
気持ち悪く吐いてしまい歩けません。

 2日後からは、点滴などのチューブをつけて、ポチ連れて歩きましたよ~

 3Fの廊下を50周が目標。

 40周は、まぁ出来るんですが、50周達成は一度だけでした。

 後で聞いたんですが、5周で1500mだそうで、毎日12Kmは歩いていたん
ですね~

 健康時よりよっぽど動いてたんだ・・・笑



CA391867_convert_20150824062444.jpg















 これは退院の一日前だったかな・・・

 「ワッショイ!ワッショイ!」 の声に下を見ると、お神輿が通っていました。

 諏訪神社さんのお祭りなんですって!






 福田せんせいから、「素っ晴らしい体験をなさいます。」

 とみえ先生からも、「最高に祝福された一日になります。」 って・・・

 え~~? どんな体験だろう・・・

 天井から手術されてる自分を見るのかな~ 笑

 なんて思いましたが、それは無し。

 でも、とってもステキな体験をしました。

 それは後日にUpしますね!





 
 
 今日は8月23日。

 12日前なんですね~ 入院準備とかでUpできなかったぶんです。

 この日は、イノシシ避けの電気柵を張る日でした。


CA391771_convert_20150823154458.jpg















 この日も・・・



CA391773_convert_20150823154522.jpg















 蓮さん、、

 綺麗に咲いていました。



CA391775_convert_20150823154634.jpg















 「稲わらの腐ったのとか、イノシシが好きなので、撤去してください!」

 張り方を教わっています・・・

 「地面から25cmの高さに下の電線を張って、その25cm上にまた電線を
張ります。」



CA391776_convert_20150823154702.jpg















 稲わらを退けたところ・・・



CA391778_convert_20150823155524.jpg















 まだ緩んでいますが、ピンと張ります。

 左の方が土地を使うので、畔の中心に設置しなければなりません。

 やさしいTさん、、ちょっとずらして枝豆を守ってくれました。

 「外に倒れないように、棒を立てて、ロープで押さえてください。」

 刈り取らないで、粘って、良かったです!!^ ^;


 
CA390387_convert_20150823154431.jpg















 これは去年の写真ですが、電源は太陽光パネル。

 暗くなって、イノシシが出没するころから、電気が自動的に流れる仕組みです。



CA391774_convert_20150823154543.jpg















 黒米、手前はもち米、田んぼの様子です。



CA391777_convert_20150823154734.jpg















 Tさんの田んぼでは、稲穂が出始めました。

 自然農では一斉には出ず、少しずつ時間をずらして穂が出るそうです。













CA391788_convert_20150823155705.jpg















 また “ゆうパークおごせ” に行きました。笑



CA391790_convert_20150823155834.jpg















 漫画のつづき、、「JIN」、読みましたよ!

 この日はラストオーダーすれすれで夕食も食べて帰りました。

 帰って楽チンでした。^ ^






 
CA391768_convert_20150809163707.jpg















 暑中見舞いが届きました。

 雲は見る人の意識によって、さまざまな姿を現してくれますね。

 僕は小さいころ、雲をボォ~~~っと見るのが好きでした。

 真っ青な夏の空に浮かぶ入道雲を見ると、僕は少年だった夏の日に戻され
ます。

 そんな少年Gの記憶を、お返事にしたためました。






 嫌なことがあって・・・

 そのことに拘って、心が氷のように固まってしまった少年に、、

 雲は何も言わず、空に浮かんでいました。

 雲は、山の上で、空の上で、ゆっくり・・・ ゆっくり・・・ 動いていきます・・・

 雲は一瞬も固まることなく形を変え続けて、、

 それを見ていた少年の心も、いつしか、こだわりが溶けていました。





 僕たちは生まれたときは、みんな世界と一体です。

 客観的に物事を見れるようになると(大人の言うことを受け入れ始めると)、
世界や他人との分裂が始まります。

 より深いところにいる自分との分離も始まります。

 今、見える、見ているように思っている世界が当たり前だと考えていますが、
実は本来の世界との一体感は失われています。

 でも小さいころは、より容易に一体感を体験しているものです。




 
CA391653_convert_20150809163833.jpg















 雲の一部が伸びて・・・



CA391654_convert_20150723073217_convert_20150809163909.jpg















 千切れて・・・

 消えます。



CA391655_convert_20150809163933.jpg















 また伸びて、、千切れて・・・

 同じ雲の時間を追った3枚。





 拘りのない人はいないと思います。

 拘り(こだわり)

 拘束(こうそく)

 人は自分自身に拘束された囚われびとです。

 一体感の中にあると、拘りが溶けていく体験をします。

 でもそれは、もう人ではないのかも知れません。

 光がブラックホールから抜け出せないように、拘りの強い人は自分の拘りを
手放せません。

 人を許せず、憎み、その拘りに入り込み、絶対にそこから出て行かないと決意
すると精神障害のレベルになります。

 別にいいんですよ。体験ですから。

 この拘りの体験と、拘りから開放される一体感の両方を体験するのが、人生だそうです。

 どちらか片方だけでは、私たちは満足できないようです。





 
CA391726_convert_20150806104018.jpg















 この日は早く起きて、田んぼに7時半には到着していました。



CA391731_convert_20150806104117.jpg
















CA391733_convert_20150806104139.jpg















 去年、株分けした蓮ちゃん。。

 時々しか行けないのに、とうとう咲いている姿を見せてくれました!

 感動・・・

 ありがとう!!

 き れ い ・・・



CA391736_convert_20150806104227.jpg















 夕立とか降っていたのか、思いのほか、畔の横の水路には水が流れています。



CA391737_convert_20150806104258.jpg















 取り入れ口の水が一番冷たいので、移植しておいたクレソン・・・



CA391730_convert_20150806104355.jpg















 ずいぶん増えました。

 サラダに、そうめんの薬味に、美味しいですよね!^ ^



CA391734_convert_20150806104500.jpg















 畔の枝豆もこんなに育ちました!

 しかし、この畔を電気柵が通ることになり(誤算)・・・

 枝豆は刈り取らなければなりません。

 せっかく、ここまで大きくなったのに、ゴメンネ・・・



CA391727_convert_20150806104040.jpg















 3週間も草取り出来なかったので、、

 コナギが元気だな~~ 笑



CA391738_convert_20150806104422.jpg















 それでも10時には草取りが全部終わりました。

 一人だったら心が折れます。パートナーがいるのは本当に心強いです。

 しかしながら、僕は軽い熱中症になって!(何度かやって慣れています。^ ^;)



CA391458_convert_20150701222924_20150806200812cda.jpg















 すぐ横の小川へ避難!



CA391751_convert_20150806104809.jpg















 小川は竹林の中を流れていて、大きな柳の枝葉が夏の日差しを遮ってくれます。



CA391743_convert_20150806105326.jpg















 はだしになって、冷たい流れに足を入れます。

 き も ち ィ~~~!

 手も入れます。

 顔も洗って、汗だらけのTシャツも洗って着ると体に溜まった熱が出ていきます。



CA391759_convert_20150806104554.jpg















 Tさんや、Sさんが心配して声をかけてくださいました。

 立川のTさんには、クーラーボックスの氷をわざわざ持ってきて頂き。。

 ありがとうございます。

 わたしは幸せ者です!^ ^;



CA391758_convert_20150806104633.jpg















 さかな君たちが、ご挨拶に集まってくれました。笑

 盛んにかじっています!

 美味しいのかな~?

 わたしは、、 コソバイ!!




 この日はこれでリタイヤ・・・

 近くの温泉施設 “ゆうパークおごせ” でゆっくりすることにしました。

 いろんなお風呂に入って、お昼を食べて、岩盤浴にも入って、フランスベッド社のコインベッドを2回もやって、のんびり寛いで、置いてあったコミックを読んで、(これが面白いんですよ!つづき読みにきっと行きます。)

  “ゆうパークおごせ” 気に入りました。

 森林に囲まれていてリゾート感たっぷり!そのうえ安くて空いています。寝っころがれる広いスペースもあります。

 外ではバーベQも出来、オートキャンプ場や、泊まれるバンガロウもあります。

 結局、6時間もゆっくりしてしまいました。

 ああ・・・ 極楽! ごくらく! 笑







 
 
 瞑想 (カテゴリー) のほとんどの記事は、福田高規治療院 で 毎月 第1・3
日曜日 10時~12時 に行われる瞑想会のメモを基にしています。
 参加費 ¥ 500- 予約の必要はありません。




CA391721_convert_20150802181847.jpg















 瞑想会当日の朝、、

 所沢で、池袋線から新宿線に乗り換えます。



CA391720_convert_20150802181827.jpg















 電車を待っていると、必ず池袋線に横浜中華街行が入ってきます。

 光って、行き先が読みずらいですね~

 瞑想会サボって中華街へ・・・ いつも一瞬、心に過ぎります。笑






 かつて生きてきた 全ての人々

 いま生きている 全ての人々

 これから生まれてくる 全ての人々にご挨拶いたします

 よろしくお願いします




 サプリメントばかり摂っている人がいますが

 自然のものを摂ったほうが いいと思いますよ

 自然・・・   変わったね~

 都会の近くにある山・・・

 昆虫がいない

 川には貝がいない

 カエルやオタマジャクシがいない

 蛇なんて(餌がなので) こんなに痩せちゃって 

 昔 川から霧が立っていた

 霧の中に 命がいっぱいいた

 それが いないね~

 霧が立ち登らなくなった

 コンクリートで固めてしまったから・・・




 嫌だったら 嫌だっていうことを表現する

 上手くいかない人は 嫌だって言えない人

 立ち向かう

 逃げている人は 上手くいかない




 神と一緒にいる 静か・・・

 ニコニコしているだけでは駄目で

 強さがいるかな

 転んでも起きて 自分で自分を治す力が必要かな

 自分で 自分を守る




 完璧にリラックスしていると 人間関係が上手くいきます

 全て 力を抜いたとき

 一体感になる

 心配を剥ぎ取ってくれる

 瞑想はその訓練
 
 考えるのを全て止めるんですよ

 自分の人生の目的をハッキリさせるのが いい生き方

 そして 行動する

 ・・・アッという間に82歳になっちゃうの




 体を意識するのが 祈り

 その時 考えは浮かばない 

 “主の祈り” はいいですよ

 “主の祈り” はチャクラを意識すること

 チャクラの順番は どうでもいいです

 目的をハッキリさせたら 後は体を感じるかね

 肉体を持っているって 体を感じるんですよ

 宇宙のエネルギー 一度頭に集めます

 丁度ここです (アジナー、脳下垂体)

 そして全部 頭を通して 差し上げるんです

 目的を決めたとたん

 向こうからエネルギーがやって来る


 
僕用の “主の祈り” です。

 内なる光よ (アジナー 脳下垂体)

 あなたを称えます (クラウン 松果体)

 あなたは世界そのものです (ノド 甲状腺)

 光は地上に溢れています (ノドより下の身体)

 天上の如くにです (ノドより上の頭部)

 今日も日々の糧をありがとうございます (ベース 性腺)

 私たちをお許しください、私たちが全ての人を受け入れ許すようにです (丹田 太陽神経叢、前方から後方を意識)

 そして誘惑に導かれることなく (マニプラ 副腎)

 命への絶対的な信頼の中で、災難からも救い出されますように (アナハタ 胸腺)

 あなたは、この世界であり (ノド 甲状腺)

 この力であり (クラウン 松果体)

 この光であり、いつまでも、いつまでも、在り続けるからです (アジナー 脳下垂体)




 癌の治療器の、LEDライトと緑色のガラス板を、福田せんせいに見て欲しくて持参していました。

 ケイシーのリーディングに緑色の直進する光線(癌だけでなく健康全般に効果があるそうです。) があるんですが、福田せんせいが光源にLEDを使っても同じ効果があるのを、超意識で確認していたものです。

 瞑想会が終わって、こっそり見てもらう積もりでしたが、もう皆さんに僕のことはバレていて!笑

 皆さんの前でご披露することに・・・


 
CA391725_convert_20150802181950.jpg















 これはLEDのビームライトを緑色のガラス板を通してみた状態。

 ライトは1000ルーメンの電球色です。

 緑色のガラス板を通して見たとき、蛍光色よりも電球色のほうが断然綺麗だったので、これは超意識に聞かずに決めました。

 光の強さ?、適したガラスの緑色?(自分で選んだ3枚から)、そのガラスを何枚重ねるか?(1枚だと光量は多いけど緑色が薄い、何枚も重ねると緑色は濃くなるけど暗くなる。)など、一番良い組み合わせを超意識で確認しました。



CA391723_convert_20150802181909.jpg















 とみえ先生の、「バイオレット・レイも組み合わせると更に効果が上がります。」 の発言に、、

 バイオレット・レイ(高電圧、低アンペアで放電させるとジジジジィ・・・という音と
紫色の光が発生する) を持ってきて、自分の顔に使ってみんなに示している
福田せんせい。

 この後、僕の患部に緑のガラスを当てて、その上からバイオレット・レイを掛けるデモになりました。

 皆さんの前でお腹を出して、、照れましたよ~^ ^;

 瞑想会に参加の皆さまだと、癌くらいでは会場が重く暗い感じにはならず、
助かりました!



CA391724_convert_20150802181929.jpg















 瞑想会、終わってランチ!

 カレー屋さんで楽しくお話して、、

 仏子に帰ってきたのは日が傾き、5時ころでした。