魂のワークブック

何だろう?私と世界にプレゼントしたいもの♪

 
 昨夜、南国の友達から郵送品がありました。

 開封してみると、なにやらアルファベットのチラシ・・・

 綺麗な熱帯スイレンの絵手紙・・・

 その下から出てきたのは・・・

 晩白柚(ばんぺいゆ)と、スイートスプリングというお蜜柑!

 わっ!おっき~~!!

CA390842_convert_20150130084902.jpg



















 なかなか食べられない晩白柚!

 美味しくなるまで1ヶ月もおいておくのにもビックリ!

 ありがとうね!とっても嬉しいです!

 近くのスーパーで見つけた、この時期しか食べられないスイーティー、

 そのほかこんなに盛りだくさん・・・

 僕は今、柑橘類大王です。笑




 
 瞑想 (カテゴリー) のほとんどの記事は、福田高規治療院 で 毎月 第1・3
日曜日 10時~12時 に行われる瞑想会のメモを基にしています。
 参加費 ¥ 500- 予約の必要はありません。




 母の葬儀があり、久里浜に長逗留していました。

 久里浜から瞑想会へ行くのは初めてのことです。

 途中、福田せんせいが通っていた学校のある追浜も通過します。

CA390795_convert_20150126221203.jpg



















 かつて生きてきた 全ての人々

 いま生きている 全ての人々

 これから生まれてくる 全ての人々にご挨拶します

 明けましておめでとうございます




takatori.jpg














 せんせいが登った岩山とはここ・・・

 神武寺から山を越えて学校のある追浜まで歩いたそうですが、途中にある
岩山とはこの鷹取山です。

 今では勝手に登るのは禁止されています。




 岩山 登って 下りる

 砂岩で出来ていて こんな (垂直) なんです

 それを素足で登ったんです

 登ったら もう下りるしかない・・・

 下りるときは下が見えない 足のうらの感覚だけが頼りです

 若いときは無謀でした よく下りてこれた・・・

 下りられて 自分が守られているのが分かったかな

 大きな力が わたしを使っている

 その力に任せると 楽に生きられる

 今わたしの足しびれ始めている(瞑想で座っているので) そう意識が言ってる

 しびれているって どんな感じかな・・・

 その “しびれ” を目的にする

 すると意識が言ってる

 「前に行きなさいよ」 (上体を前に出す、倒すこと) 

 意識に任せる

 それが (大きな力に) 任せておくという選択かな

 しびれは取れました




 わたし達は 二つの自分を生きている

 考える自分 と 存在している自分

 存在している自分があるから 考える自分がある

 存在している自分は今にいるけど

 考える自分は今にはいない 過去や未来にいる

 “存在している自分があるから考える” のが分かってしまったら人生楽かな

 素晴らしい自分を感じると 健康になる

 困っている自分を認めてしまえば 困っているけど 困ったままで楽に生きられる

 存在している自分は 何でも知っている

 何でも知っているのは福田高規ではない

 高規は存在している自分に聞くから どんなことでも分かる

 “人生は上手くいかないことを楽しむ”

 それが わたし がたどり着いた結論かな

 治療なんて 上手くいかなかったら面白いよぅ~

 「よしっ! やってやる!」 ってなるね わたしは




 目的をはっきりさせる

 “素晴らしい瞑想をしたい” って決めればいいかな

 自分から来るメールを待っている感じかな

 とにかく楽しむかな

 メールはいつも来ている

 それを開くか 開かないか




 考える自分は 物語を作りたがる

 存在する自分は 素晴らしい自分です

 だから “素晴らしい自分をやってるんだ” という物語にすればいい

 自分自身に抵抗しないで 面白がる

 嫌な人がいたら 嫌な人を面白がる

 嫌な人だねぇ~ って面白がる

 こんなことが起きてるけど どうする? って言うとメールが来る

 それが全託かな

 自分でこうする!って決めてしまうとメールは来ない

 しっちゃか めっちゃかの人生を喜ぶんだね~

 うっれしいねぇ~

 せっかく心配があるのに 心配から逃げる

 心配しちゃったらどう~

 素晴らしい体験をしてるんだ! うっれしいねぇ~ 

 “自分は素晴らしい” のをちゃんと感じるのが治療

 するとメールが来る

 それをする (メールの中身を実行する) と治療になる

 いかに自分は幸福で素晴らしい体験をしているんだろう

 うれしいな!







 10年以上も瞑想会に来ていて分からなかった。

 座っていたら左膝の内側が痛くなって・・・

 左膝の痛みを目的にして。

 自分ってどんな感じかな・・・

 確かにメールが何通も来ている。

 超意識にも聞きながら体を動かしてみたら、左膝の痛みが消えてしまった。

 自分以外の人の体の痛みを目的にしても同じだって、福田せんせい。

 へ~~ぇ 治療って不思議だぁ・・・




CA390785_convert_20150126221915.jpg














○  
 帰り道、風は冷たかったけど日差しには春の力を感じました。



CA390793_convert_20150126222002.jpg















 久里浜へ帰る電車の中・・・

 「なるようになる」 とは、

 あきらめてしまうことではなく、

 想像した自分に近づくこと。

 私たちは、自分の中で思い描いた人生を今その通りに生きています。

 無理だとあきらめてしまうのも、何かに挑戦しようと動き出すのも、どちらも心のどこかに思い描いた自分です。

 「なるようになる」 という言葉の意味は、なんとかなると投げ出してしまうこと
ではなく、なると思ったものになるということ。

 想像した自分に近づくこと。

 あなた自身が持っているその 「想像する力」 で、夢や憧れを自分のものにしてください。




 出合うものって自分なんだなぁ・・・




 
 
 
CA390773_convert_20150113110942.jpg















 冬の窓辺には寒さに弱い子たちが集まっています。



CA390774_convert_20150113111000.jpg















 あれっ!

 テーブル椰子に・・・

 ・ ? ・ ? ・ ? 



CA390775_convert_20150113111018.jpg















 これは葉っぱじゃないよね~

 可愛いなぁ・・・

 お花を咲かせようとしているようです。^ ^





 
 きのう小原田さんの講演会が、とみえ治療院でありました。

 うさん臭いと思っていた気功、それが歩けないほどの人が30秒の気功でピョンピョン跳ねるのを見て、生きる方向が大きく変わられたそうです。

 中川雅仁という世界的な気功家の先生と一緒に、チェルノブイリや、ホピの
聖地など世界中を回った10年あまりが今の小原田さんに大きな影響を与えた
ようです。

 小原田さんはご本を書かれている作家さんです。

 奇跡のリンゴの木村さんの本や(木村さんとはお友だちでUFOの話のほうが面白いらしい。)、ホピの予言と日本の原爆・原発の本や、木や犬とお話ができる本や、イルカからのメッセージの本(御蔵島や小笠原へのイルカと遊ぶ旅の
企画もなさっています。)などの出版、重度心身障害を持つ子どもさんの絵や
詩の紹介、さらにその親子を支える活動などをされておられます。

 沢山の有名な方が知り合いだったり、友達だったりには驚きました。とっても
多くの人脈をお持ちなんですね。




渡された資料から 〓 「ロードプラン」 と呼ばれるホピの岩絵

CA390772.jpg
















 創造主(一番下)の手から世界が造られている。

 道は上下二つに分かれている。

 世界の殆んどの人は上の道を行く。自分の事しか考えなく物質文明を信じる人たちの進む道はジグザグにアップダウンをくり返し、やがて消えていく。

 下の道は創造主と共にトウモロコシを植え、収穫して暮らす人々の道。

 下の道には浄化の〇が三つ。前の二つは二回の世界大戦と言われている。
三つめの〇は戦いも含めた浄化。今はこの時期を迎えていると言われている。

 今、下の道に下りて、浄化を終えた人々道の先には豊作が示されている。

 創造主の右側のウチワのような〇は、平和がつづくことを表すようです。

 その先の+印は、やがて白人がキリスト教を持ってやって来て物質文明を
もたらすんですね・・・

 

CA390867_convert_20150112065340.jpg















 十数名の集いでした。

 このくらいの人数がいいなあ・・・

 講習会を終えてみんなで乾杯!


 
CA390868_convert_20150112065406.jpg















 懇談会ではお酒も入り、思い思いにお話ができました。


 
CA390869_convert_20150112065429.jpg















 健康に気遣った大皿が10枚ほど並びました。



CA390872_convert_20150112065542.jpg
















 とみえ先生いつも手作りの美味しいお料理を、ありがとうございます。

 野菜が殆んどで、一品一品にも数種類が入り、皮をむいたり、刻んだりが大変だったでしょう!

 とみえ先生に持ってきたらって言われて持参した、ブブール・インジン(黒米のお粥)も好評で嬉しかったです。

 小原田さんとも色々とお話が出来ました。

 小原田さんも過疎の村の自立を真面目に考えていて、僕らが越生で田んぼや
畑を始めていることに興味をもっていただけたようです。

 その田んぼで収穫した黒米で作ったブブール・インジンがまた良かったみたい!

 地図で田んぼの場所まで確認されて、遊びに行きたいっておっしゃってました。

 「協力できる知り合いがいるので紹介しますよ。」って、嬉しいですね~

 「障害を持った子どもたちも、田植え出来たらいいなあ。」って!
 
 「僕は田んぼの横で焼きソバ作る!」 ところまで話は進んで・・・笑

 「頭打ちのうなぎに代わりナマズを休耕田で飼うという案もあるんですよ。」

 すると、「佐藤初女さんと川越のうなぎ屋さんに行ったらナマズがあって淡白で美味しかった。」 と、、

 そのお店を聞かなきゃ!是非食べてみたいなぁ!

 “待ち人・来る・驚くことあり” 初詣のおみくじはこの事だったのか???

 講演会参加の友人Nさんも越生に住む気で、今度町の空き家バンクに登録ですね!

 とみえ先生も、耕作地を見たいし農作業のとき誘ってねって。

 出来ることは目の前の小さなこと一つひとつですが、越生が行き詰った世界を越えていく一つの起点になればいいなあと思います。

 そういった起点が世界にいっぱい出来たらいいんです。

 自分たちの力で世界と調和しながら、食料とエネルギーを出来るだけ自給していく。

 それがホピの人たちの示している道だと思うんです。

 越生って越えて生きる土地ってことですよね~






 

 
 
 今日は施設での(僕個人の)仕事始めでした。

 快晴なのですが、冷たい風がピューピューと鳴っている朝・・・



CA390865_convert_20150110222011.jpg















 真っ白な富士山がよく見えました。

 インフルが発生していて、デイケアは施療できるものの、フロアーによっては
隔離状態で、指示により個室への訪問施療になりました。



CA390862_convert_20150110221946.jpg















 最初のお婆ちゃん、「あ!起きなくっていいよ~」

 お正月の挨拶をすると、、

 「顔に硬い小さいツブツブのが出来て痒くって痒くって・・・ それに・・・ 毎晩
死ぬのが不安で仕方ないんだよ・・・」

 「僕も体験あるけど、痒いの本当に辛いよね・・・」

 まぁ色々お話しながら、話していいのか?どうなのか?話できるタイミングは
来るのか?来ないのか?その瞬間を待ちます。





 「Fさんもう90を越えたんだよね~ 今は痒いけど90年も健康でいてくれた体にありがとう!って言うんだよぉ。」

 「そうだね・・・ありがとう!って言わなきゃね~」

 「Fさんは初めて体験すると思って戸惑っているけど、本当はもう何度も何度も、何十回も、何百回も死んだことあるんだよ・・・」

 「そしてね、又こっちに来るんだよ。それをくり返し、くり返し、しているんだよ。」

 「僕は若いとき交通事故で死んでいるんだ。少しの間だけどね・・・」

 「だから死ぬのは不安じゃない。でも痛みには弱い・・・怖い・・・」

 「洋服も長く着ていると、穴が開いたりボロくなったりして、もう着れなくなったら新しいのと取り替えるでしょ。」

 「体もそれとおんなじように考えると解かりやすいよ。」

 「こっちに帰ってくるときは、また元気いっぱいで生きられるように、新しい体で生まれてくるんだ。」

 「こちらを去るときは死ぬというけど、あちらの世界に生まれるんだよ。」

 「体は無くなっちゃうけど、あっちの方が楽だよ~ こっちでは何処かに行くのに足で歩いたり車に乗ったりしないと行けないけど、あっちでは思った瞬間に行きたい所に着いてるからね。」

 「ただね・・・体がないと美味しいものが食べられないのがちょっとつまんない!今のうちに好きなの食べておくのがいいよぉ。」

 「ず~~~~っと支えてくれてた体にありがとう!って言って、出会った人たちにもありがとう!って言って・・・」

 「もう何度も、何度も、行ってる所だから心配しなくていいけど、明るいところを目指して進めば大丈夫だから。」

 「そんで、それで終わりじゃないからね。」

 「Fさんと僕は又どこかできっと会うよ!楽しみにしててね!^ ^」

 Fさんの表情がだいぶ明るくなりました。

 「また来るからね、元気にしててね!」

 (実際にはFさんとはもっと、30分位お話しています。)





 もう一人の施療が終わって廊下に出ると、Fさん車椅子に乗って自分で動いていました。





P.S.
 誰かにハッキリと未来のビジョンを言ってもらうと、それがその人の未来になったりするんですよ。

 あ・・・ 僕の言ったことが正しいかどうかは分かりませんよ~

 それに、こんな事を言うのが正しいか?間違っているかもね?


   
CA390866_convert_20150110222029.jpg















 午後のデイケアを終えると、もう予定の方は隔離ゾーンにしかおられず、
施設を後にしたのは3時45分。

 こんなに明るい時間に帰れるなんて!

 お年玉をいただいたのかな~?





 今日は施設の仕事始めでしたが、13の月の暦でも今日から共振の月という
新しい月に入りました。

 第1週は、創始

 今日は、赤い銀河の地球

 明日は小原田さんの会ですね。

 明日は、白い太陽の鏡

 実は、僕の生まれた日も、白い太陽の鏡なんです・・・





 
 年末にはタイミングが合わなくて、田んぼや畑のことを教えていただいている
Tさんに地代や諸費用を渡せないでいました。

 「今日は一日いますよ。」



CA390856_convert_20150109070019.jpg















 11時過ぎにうかがったのですが話に花が咲いて、結局、奥さんにお昼を
作ってもらって頂いてしまいました。^ ^;

 お雑煮、黒豆、大根の柿皮漬、八幡巻き、キャベツのサラダ、田づくり、
柚子の砂糖漬・・・

 「みんな残り物で・・・悪いわね~」

 いや~とっても美味しかったです。ご馳走さまでした!




 食後も話が続き・・・

 「近くに空き家があるので見てみませんか?」

 ということになり、さら地も含めて見てまわったのが5件。

 山すその竹林横のさら地には心惹かれましたが、畑のすぐ側の平屋がいいなぁって思いました。

 すぐに住めて現実的ですもんね。



CA390861_convert_20150109070205.jpg















 右から二軒目の平屋。

 南側は田んぼと休耕地が開けています。



CA390857_convert_20150109070043.jpg















 これ反対側。

 3年ほど前から空いているとのこと、持ち主不明で借りられるかも分からないのですが、Tさんが調べてみますよって!

 ありがたいですねぇ・・・



CA390860_convert_20150109070120.jpg















 この小川沿いに下ると、畑まで1分。

 田んぼまでも、徒歩3分といった好条件。

 勿論、持ち主が見つかって、条件が合えばということになりますが、実際に
物件を見て歩いたということで越生への移住は現実味を帯びてきましたね。





 
CA390823_convert_20150105225225.jpg















 二日は天気がよくて・・・



CA390828_convert_20150105225304.jpg















 途中、お買い物と思われる渋滞が何ヶ所かありましたが・・・



CA390835_convert_20150105225355.jpg















 横浜横須賀道路の流れはスムーズでした。



CA390837_convert_20150105225653.jpg















 弟の用意してくれた明治冷凍のおせち、美味しいんです。

 さんざん頂きました。 いつもありがとうね!

 お酒も久々に入って、男三人で色んな話をしました。

 殆んど、過去のお話です。

 でもお爺ちゃんはもう一度、みんなで何処かに泊まりに行きたいんだね。

 なんとか実現してあげたいな・・・



CA390847_convert_20150105225938.jpg















 翌日は三人でリンガーハットへ行って、野比の海岸で車を止めて・・・



CA390849_convert_20150105225838.jpg















 風が無いと、さすがに三浦半島は暖かい!

 濃密な水仙の香りが、鼻腔から脳へ入っていきます・・・



CA390844_convert_20150105230213.jpg















 前回と同じような内容になっていますねぇ~^ ^;

 この後、実家を後にしました。

 Uターンラッシュの影響もありましたが、3時間半くらいで帰ってこれました。

 ふ~~ぅ・・・

 自分にお疲れさまぁ!






 
CA390853_convert_20150105215735.jpg















 仕事が終わって撮りました。

CA390853.jpg















 窓の外には満月が・・・

 仕事が終わったのは17時15分くらい。

 まだほんのり外が明るかったんです。

 日が伸びてきたな~

 10分くらいして外を見たら、東の空に昇っていました。





 次の日曜に小原田さんという方の講演会が 「とみえ治療院」 であるんです。

 小原田さんのブログに僕の夢が乗っていました。

 数は少ないんですが、こういう人が確実に増えてきたように思うんです。

 初めてお会いするんですが、楽しみにしています。^ ^




 
 明けましておめでとうございます。

 尋ねてくださっている皆さま、今年もよろしくお願いいたします。

 年内いっぱい仕事になってしまい、年末のご挨拶が出来ませんでした。



CA390805_convert_20150101210947.jpg















 初詣に近場の高麗神社に行ってきました。

 高麗川の橋を渡る手前で渋滞、第2駐車場に車を止めて、その先は歩き
です。

 今朝は雪が降っていて、雪は上がったものの人出は少ないと思っていましたが予想は外れでした。


 
CA390808_convert_20150101211020.jpg















 境内に足を踏み入れると、屋台から美味しそうな匂いが漂ってきて・・・

 奈良時代からあるこの神社には高句麗から渡来した王、高麗王若光が祀られていて、トッポキなどコリアン系の屋台が何台も出ていました。



CA390809_convert_20150101211200.jpg















 かなり先の拝殿まで長い行列。

 元日の初詣は10年以上前に鶴岡八幡宮にお参りして以来。

 さすがに混んでいました。



CA390811_convert_20150101211356.jpg















 30分ばかり並びましたが、次は階段を上れそうです。


 
CA390815_convert_20150101211502.jpg















 寒かったけど来て良かったです。



CA390812_convert_20150101211423.jpg















 冬至を過ぎたとは言え、日はあっという間に暮れます。

 来た時はまだ明るかった空、今は雲の縁がピンクに色づいていますね・・・

 ↓ の写真がこの杉の木の根元です。



CA390819_convert_20150101211635.jpg















 ちょっと休んで、おみくじを引いて・・・

 冷えたので温かいものの屋台を探します。

 甘酒屋さん発見!笑


CA390821_convert_20150101211708.jpg















 お店には木炭の燃えているコンロがあり、その前で甘酒を飲んで、車までも
歩きながらいただいて・・・

 行きには灯ってなかった橋の電灯。

 この後、温かいラーメンと餃子でさらに体を暖めて家に帰りました。