魂のワークブック

何だろう?私と世界にプレゼントしたいもの♪

 
CA390064_convert_20140630072110.jpg















 上まで写っていませんが、田んぼのすぐ近くに大きな柳の木があって、、

 その柳の木の根元には、田んぼに水を引いている川が流れています。


 
CA390063_convert_20140630072015.jpg















 田植えの後、子ども達は川に遊びに行きました。



CA390061_convert_20140630071814.jpg















 今朝まで雨が降っていたのでかなりの水かさ。

 親が見ているから大丈夫ですが、小さい子だと流される水量ですね。



CA390070_convert_20140630070333.jpg















 みんなでちょっと早めのお昼。

 食べ終わった由羽と心は、梅林で走り回っていました。

 僕らが子どもの頃は、子どもだけで遊んでいるのは普通でしたね~

 家の玄関も鍵なんて掛けなかった・・・

 豊かでした。

 “豊かさ” は “信頼” のことでしたね。



CA390072_convert_20140630070443.jpg















 Tさんご夫妻と、娘たちと別れて、畑にやって来ました。

 空と、空に浮かぶ雲が、とっても綺麗・・・



CA390073_convert_20140630070513.jpg















 でも! 午後2時前の畑はクラクラするような光で・・・

 この熱さの中、働いたら死ぬんじゃないか・・・ って思って、、



CA390076_convert_20140630072801.jpg















 で、やって来たのは都幾川の産直センター。

 クーラー効いていて一息つけました。



CA390074_convert_20140630070621.jpg















 菜種油。

 これで天麩羅すると美味しいんだ! ^ ^

 一升瓶で ¥1154- って、安くないですか?



CA390075_convert_20140630070824.jpg















 “ときがわばあばのドクダミ茶” ってネーミング上手!


 
CA390080_convert_20140630070952.jpg















 ちょっと足を伸ばして、オカラをいただいている渡辺とうふ工房さんへやって
来ました。

 師匠のTさんの、古代米や黒米がありました。

 無農薬の表示がありません。

 無農薬のラベルを貼るのには、結構お金がかかる仕組みがあるんです。

 許可出したり、検査したりで、かなり入金するようで、行政と業者の繋がりは
疑えば切りがありません。

 無農薬や減農薬の表示だからといって安心は出来ません。

 よく聞くと無農薬や減農薬の表示があっても、色々と抜け道があるんですね・・・

 個人的に知っている信頼できる方から購入するのが安全です。

 農薬使ってないのに無農薬のラベル貼れないなら!

 『絶滅危惧種のイチョウ浮草と、生きた化石ホウネンエビの泳ぐ田んぼで、
愛情を肥料に育てた古代米です。』

 って売っていたら、マニアならヨダレ出ちゃうんじゃないかなぁ・・・ 笑



CA390077_convert_20140630070902.jpg















 渡辺とうふ工房さんへやって来たのは、これが目当て。

 豆乳ソフトクリーム。 これが旨いんだ! 笑

 食べ始めたら、車に戻れない凄い土砂降り!!

 梅雨の豪雨の間隙を突いた、今日の田植えでした。。





 
CA390040_convert_20140630064925.jpg















 今朝の雨がうそのように上がり、晴天の空の下、、

 田植え最終日に来てくれた娘ファミリー。



CA390041_convert_20140630065441.jpg















 恐る・・・

 恐る・・・

 入ります。



CA390045_convert_20140630065557.jpg















 田植え、初体験!

 僕の初体験も半月前でした。

 残っていた田んぼは、猫のひたい程でしたが、、

 主食のお米を自分で植えてみる。

 この体験を体で覚えておくことは大切だと思いました。

 2畝 (10m × 20m位) で一人が食べる一年分が取れるそうです。



CA390051_convert_20140630065801.jpg















 文字通り、手取り足取り!

 由羽も、心も、稲を踏むこともなく上手に植えていました。

 今日、植えているのはモチ米。

 田んぼで転んで泥だらけ! (息子が小さい頃は水場に連れてくると必ず
ずぶ濡れだったので・・・) を期待していましたが!

 これは期待外れでしたね! 笑



CA390054_convert_20140630065905_20140630072503b19.jpg















 11時頃から始めて余裕のお昼前、最後の一本を植えています。

 30分ほどの田植えでした。



CA390067_convert_20140630070205.jpg















 ありがとう!

 楽しかったね~ ^ ^

 小さい田んぼも終わりました。

 6月中に田植え完了! 万歳です。



CA390055_convert_20140630073636.jpg















 6月15日に植えた苗。

 植えたときは、1本か2本だったのが・・・

 元気に育っています。



CA390057_convert_20140630070024.jpg















 先週に引き続き、混んでいる苗を間引きしているYちゃん。



CA390059_convert_20140630070109.jpg















 梅雨の田んぼに夏空が映っていました。






 
CA390031_convert_20140629060513.jpg















 真ん中と左のビンが梅ジュース。

 右のが梅干。 梅酢がしっかり上がって、梅雨明けのビン干しを待っています。

 梅ジュースも梅干も追加して、2.5Kずつ、合計5Kの梅の実を使いました。

 真ん中の梅ジュースはもう飲めます。



CA390033_convert_20140629060546.jpg















 昨夜漬けた梅ジュースも、梅のエキスが上がってきていますね・・・



CA390038_convert_20140629060705.jpg















 砂糖が溶けて梅の実が沈んで、空洞が出来ています。



CA390036_convert_20140629060642.jpg















 美味しい梅ジュースの完成!

 甘酸っぱく、爽やかな味。





 お酢の代わりにポッカレモンで作ったパリパリ梅も出来上がり。。

 本当は赤紫蘇を入れて出来上がりなのですが、その前になくなりそうな勢い。 ^ ^;

 整体のお客さまにお出ししたら、美味しかったみたい!

 帰りに寄った実家で、青梅をもらったとかで、、

 「作り方を教えて!」 ってメールが入り、、

 レシピを写メールしました。





 さて今日は最後の田植えの日。

 明け方も雨の音が聞こえていましたが、

 今、外を見ましたら・・・

 上がっていました。 良かったぁ!笑






 

 
 
 田んぼで働くつもりはなかったのです・・・

 N君が、飼っている魚の餌を捕りに来たいというので、面白そうなので同行
しました。


CA399962_convert_20140627090342.jpg















 お愛想で、5本くらい植えてくれたN君。 ^ ^;



CA399944_convert_20140627063359.jpg















 捕獲はさすがに上手で!



CA399947_convert_20140625074218_20140627085344f87.jpg















 僕らでは、動きが速く捕まえるのが難しかったホウネンエビ君を、、



CA399948_convert_20140627085622.jpg















 すぐに捕獲。



CA399966_convert_20140627063945.jpg















 田んぼの蛙や、、



CA399969_convert_20140627064123.jpg















 用水路のお魚をゲット、、

 この子はハヤだそうです。



CA399973_convert_20140627085940.jpg















 「蛙は田んぼで働いてくれるので、駄目だよ。」

 って、Tさんに言われて、田んぼに帰していました。



CA399964_convert_20140627063846.jpg















 ホウネンエビ情報をスマホで検索しているN君。

 Tさんも、ホウネンエビ、面白かったようです。



CA399972.jpg















 みんなでお昼しながら、色々ホウネンエビのお話をしました。

 Tさんも、どうするか分からないけど、、

 「水槽で飼ってみようかな・・・」 って言ってました。





 ナマズの話になって、、

 休耕田でナマズの養殖のお話!

 日本人は鰻が大好きだけど、あれはコピーライターでもあった平賀源内さんの名コピー 『夏バテ防止に、土用の丑の日は 鰻を食べよう!』 で始まったもの (が有力)。

 それまでは日本人はナマズだったんだって。

 田舎の爺ちゃんも 「ナマズの方が旨い!」 って言ってたし・・・

 先行きの暗~~い鰻より、これからはナマズ。

 ナマズは日本の救世主かもよ~~!笑

 「上にある休耕田をため池にすれば、不足しがちな水は溜められるし・・・ 
暖かい水になるし・・・」

 Tさん、ちょっと乗り気になってきました。

 ナマズを飼って越生をナマズの里にしましょう!

 田んぼビューのカフェレストランで、ナマズの蒲焼丼も出しましょう!

 ナマズの蒲焼、美味しいお店に行って食べてみたくなりました。

 いやー! 食べたことないんです。 ^ ^





 
CA399951_convert_20140627063432.jpg















 田んぼに油が浮いていました。

 上流から入ったものではなさそう・・・

 雑草とオカラを鋤きこんだので、どちらかが発酵する過程で油が出来て浮いてきたようです。



CA399958_convert_20140627063710.jpg















 Tさんから、稲が混みすぎていると指摘がありました。

 間隔を寄せすぎると、病気の原因になるそうです。



CA399960_convert_20140627063737.jpg















 間隔の狭いところを間引いています。

 ここいらは、10cm間隔になっちゃってますよね。



CA399975_convert_20140627064326.jpg















 Tさん、田植えの終わった田んぼに何か撒いています?



CA399976_convert_20140627064413.jpg















 オカラでした。

 追肥にもなるし、すぐに解けてトロトロの薄い皮膜になって、田んぼの水漏れを防ぐ効果もあるのだそうです。



CA399952_convert_20140627063508.jpg















 取水口のある用水路の水量もそこそこあります。

 鮎くらいの大きさのお魚が泳いでいました。



CA399955_convert_20140627063538.jpg















 流れの中に直接!木が根を伸ばしていて!



CA399956_convert_20140627063631.jpg















 少し前、綿毛を飛ばしていた柳の大木がすぐ側にあります。

 その根が伸びてきているようです。



CA399974_convert_20140627064044.jpg















 お昼の後にいただいた、桑の実の酵素ジュース。

 酸味に梅のジュースも少し入れたって・・・

 美味し~~いっ!! ^ ^

 冷たく、甘酸っぱく、暑い日の喉を潤してくれます。



CA399979_convert_20140627064612.jpg















 畑にはタアサイを定植。

 美味しく育ってね!



CA399977_convert_20140627064530.jpg















 枯れてきた雑草を鋤きこんでいます。

 ジャガイモに被さってきた草を刈ると、消えてしまったと思っていた青ジソが
出てきました。

 赤と緑が混色していた赤ジソも、ちり緬ジソらしくなってきました。

 あ、トマトと、トウモロコシに、ネットをかけるのか聞くの忘れた!

 今日はほぼ遊びに来たんだけど、田んぼも少しやってしまい、、

 田植えも終了寸前。

 今度の日曜日、雨が降らなければ、娘が孫達を連れて田植えに来てくれます。

 田植え、少~~し残してあります。^ ^




 
CA399990_convert_20140625070647.jpg















 わ~~~い!

 サンシャイン水族館にもないアクアリウムが完成。笑



CA399943_convert_20140625074110.jpg















 昨日の田んぼの風景。

 またYちゃんの治療師仲間のN君 (前回手伝っていただいたのはNさん)。



CA399947_convert_20140625074218.jpg















 N君は水棲動物マニア。

 アロアナとか、アリゲーターなんたらとか、お住まいにワンサといるようです。

 田んぼのお手伝いではなく、あくまで自分の趣味の延長です。



CA399970.jpg















 さすがに捕獲の腕もプロ級で。。

 瞬く間にホウネンエビちゃんが、こんなに獲れました!

 僕は彼の獲ったのを分けてもらいました。

 そして昨夜アクアリウムを作ってエビちゃんを入れたのです。



CA390002_convert_20140625070519.jpg















 今朝、灯りをつけてみると・・・

 ちゃんと動いていました!

 生きてる!! 嬉しい・・・

 時々田んぼの泥をかき回すので、容器の中は濁っています。



CA390016_convert_20140625070550.jpg















 N君もホウネンエビは初体験らしく、、

 感動してすぐに携帯で調べていました。





 飼育は熱帯魚の温度でOK。

 親は卵を残して去り、残された卵は土中で越冬し、田んぼに水を引いたときに幼生が発生します。

 越冬を待たない卵は、産卵後一日で発生するそうです。

 上手に増やせば、魚のご飯の問題は解決らしい・・・

 金魚を買ってきたり、オタマを獲ったりしなくてもいいようです。





 僕も帰って調べると、卵はすぐに孵化することはなく、土中で卵の状態のまま休眠し冬季の低温に耐える。乾燥保存しても孵化する。 ともあります?

 生きた化石で、農薬を使わない田んぼとかに田植えの後、ごく限られた期間
いるんだって。

 背中を下にして足をせわしなく動かして泳ぎます。

 まあガラ携での撮影はこんなところです。

 カンブリア期に繁栄したアノマロカリスにとても似ているなあ・・・

 もっともアノマロカリスは1mにも達したようですが。

 良かった~ ホウネンエビ君そんなに大きくなくって!

 のん気に田植えなんかしてたら、食われてしまうよ。 ^ ^;





 
CA399932_convert_20140623091530.jpg















 茄子?ジャガイモ? の花?

 “ワルナスビ” の花だそうです。

 悪なんだって! 凄いトゲですね。

 綺麗なお花ですよ。休耕田に繁茂していました。

 最悪の帰化植物と呼ばれているそうです。



CA399936_convert_20140623091611.jpg















 ティーブレイクは5時半。

 もう、やぶ蚊が寄ってきてね~

 血液型、蚊が好きな順に、O型 → A型 → B型 なんて話しながら・・・

 Tさんと奥さんがO型、僕がA型、Yちゃんが B型。

 Tさんと奥さんが、ちゃんと一番刺されていました。笑

 僕とYちゃんだけの時、僕が刺される役。泣;



CA399940_convert_20140623091754.jpg















 お二人にご挨拶して畑へ・・・

 インゲンが結構採れました。



CA399939_convert_20140623091722.jpg















 青いけど、トマトの実も付いています。

 赤くなったら、カラスに食べられちゃうかな?

 苗にかぶさる雑草を刈ります。

 二回目の田植えは、一回目に比べると、殆んど疲れてないくらい。

 草刈して立ち上がると、立ち眩みしますが。

 ちゃんと立ってられます!

 進化してるなぁ~ ^ ^


 
CA399938_convert_20140623091643.jpg















 お風呂に入れるミントも持ちました。



CA399941_convert_20140623091822.jpg















 畑を離れたときは7時を回っていまして、、

 もう日は沈んで、夕焼けがちょっぴり残っていました。

 帰ってご飯作る気にはなれず、ベルクでお弁当と風呂上りのココナツミルクを買って家路に・・・

 田んぼ付きリゾート体験、気に入ってます。






 
 朝は小雨、、

 予報では午後に向けて空は上がっていく模様。

 家を出たのはお昼ころ・・・


CA399893_convert_20140623070049.jpg















 ところが出発したら土砂降りになりました。

 ちょうど、Tさんが田んぼから帰ってきたところで会えました!

 「黒米は45cm間隔、1本植えで植えてください。」



CA399898_convert_20140623071431.jpg















 苗代の奥、黒っぽいのが黒米の苗。



CA399899_convert_20140623070130.jpg















 随分伸びています。

 黒米は苗代に直播きなので、苗取りしなければなりません。



CA399903_convert_20140623071709.jpg















 苗取りした苗を田んぼに運んで、、

 黒米もトレイに蒔けると苗取りしなくていいし、運ぶのもそのまま運べて楽なのですが・・・

 忘れましたが、何か駄目な理由があるのです。。



CA399906_convert_20140623070205.jpg















 植える準備して、田植え開始!

 45cm間隔なので、どんどん進みます。笑

 Tさんに途中で会えて良かった!会えてなかったら何cm間隔で植えていいか分からなかった。

 ふたりとも呑気で先のことあまり考えていません。

 全ては一番いいタイミングで起きる!

 結果はいつもオーライだと思っているので、大体そうなります。



CA399915_convert_20140623070249.jpg















 2時半には黒米を植えるのは終了!

 これで大きな奥の田んぼが終わりました。

 奥のが先週植えた稲、背が低いし間隔が狭いでしょう。

 手前のひょろ長いのが今日植えた黒米。

 Yちゃんは浮き草を取っています。



CA399916_convert_20140623070629.jpg















 Yちゃん浮き草取りが楽しいらしく、はまってずっと取ってました。

 お金の掛からない田んぼプレーです。 ^ ^


 
CA399908_convert_20140623120554.jpg















 雨も上がり、余裕もあり、、

 手前の小さな田んぼも少し植えることに・・・



CA399931_convert_20140623071151.jpg















 こちらは普通の稲です。

 植えたの、小さい田んぼの4分の1くらい。

 はまった浮き草取り・・・ が、続きます。笑



CA399935_convert_20140623071255.jpg















 苗代から次回の分の苗床を運んできて、来週の準備完了です。



CA399925_convert_20140623070850.jpg















 ホウネンエビ君、ゲット出来ました!

 でも残念ながら、家で全員お星様になってしまいました。

 気の毒なことをしました。

 明日、再チャレンジしてみます。



CA399942_convert_20140623075117.jpg















 代わりに、貴重な絶滅危惧種が手に入りました!

 “イチョウ浮き草 (又はイチョウウキゴケ)”。

 農薬にとても弱くて、もう殆んどの田んぼでは見れなくなったそうです。

 ちょっと色の濃い、扇形の子です。






 

 
 
 今日は朝から雨ですが、田んぼ行きます。

 まあ、行けば田植えもします。

 今回はちょっと楽しみがあります! ^ ^



CA399911_convert_20140616070023.jpg
















 前回の田植えの時、田んぼの中で小さなお魚たちが結構泳いでいたのです。

 Tさんが見てくれて、、

 「ホウネンエビ・・・ ですね。」

 老眼の僕ですが、良く見ると・・・ (良く見えないんだけどね、笑)

 足らしいものが・・・ せわしなく動いていました!

 さっき調べてみたら・・・




 ●K-mal's HP >小さな世界を覗いてみよう >観察例目次  ホウネンエビの
観察例



honen.jpg














 可愛い・・・

 英名は Fairy Shrimp (妖精エビ) と言うらしい・・・

 海老ではなく、ミジンコの仲間なんですか・・・

 もう! ホウネンエビちゃん飼う気満々です!笑





 
 
CA399903_convert_20140530082329_20140621213419211.jpg















 中国野菜、タアサイ。

 5月30日撮影、双葉ちゃんが出てきていました。



CA399894_convert_20140621213101.jpg















 6月20日撮影。



CA399896_convert_20140621213200.jpg















 だいぶ食べられてしまいました。

 黒っぽい芋虫君、20匹くらいいました。

 タアサイは虫達にもご馳走なんですね~



CA399893_convert_20140621213037.jpg















 ニンジン以外、畑で収穫したものです。



CA399900_convert_20140621213230.jpg















 野菜の煮付けと、素麺と、鯖缶でお昼 (昨日の)。

 素麺で、つるつるッ! がいい季節になりました。

 明日は二回目の田植えなんですが、お天気はどうかな・・・





 
ana-11.jpg











 触れたものが凍らないようにしていた手袋。

 その秘密が知られた今、必要のなくなった手袋を捨て。



ana-12.jpg










 自分を守っていたマントを捨て。



ana-13.jpg











 自分を縛っていた過去を見つめるエルサ。



ana-14.jpg













 ティアラは自分のリミッター。

 人生の “今” と “此処” に・・・

 エルサの “選択” と “決意” が!



ana-15.jpg













 「 Let It Go! 」


  
ana-16.jpg











 進むだけ・・・



ana-17.jpg












 投げ捨てたティアラと反対の方向を向いています。



ana-18.jpg











 髪を解き、、



ana-19.jpg












 ありのままの自分と一つになるエルサ。




 心の中の変化が外側に現れるエルサ・・・

 その微妙な表情の変化、その表現に本当に息を止めて見ていました。

 ディズニーの映像スタッフの腕の凄さに舌を巻きました!!



 
 少し前の記事で 「フリー・ハグ」 を扱いました。

 僕が、「エコストーブ」 の作り方を知りたくて訪れたブログの青年です。

  「リミッターを外すこと」 を高校生に伝えようとしている、彼の記事の紹介なんです。

 高校生に限らず、もと高校生だった皆さんにも読んでいただきたくてUp しました。





 
CA399960_convert_20140619035137.jpg















 生ゴミにEM菌ボカシを混ぜて、リサイクルの肥料を作っています。

 これで20日くらいなので、約1ヶ月で一杯になりますね。

 これを始めてから捨てていた生ゴミが愛おしい有機物になりました!



CA399964_convert_20140619035232.jpg















 始めのころは、発酵しているのか?腐っているのか?よく分からなかったのでボカシの量を増やしました。

 今ではぬか漬けのような匂いで、蓋を外しておいても悪臭はありません。

 生ゴミを入れないとゴミ箱も臭わなくていいですね!

 生ゴミ以外に仏さんのお花や、植物の枝や葉っぱも入れますので、たまるのは速いかな・・・



CA399961_convert_20140619035207.jpg















 これが中身、、
 
 オガクズみたいですよ。



CA399966_convert_20140619035254.jpg















 これはバリの友達に教えてもらった BOKASHI-OIL。

 筋肉疲労等に大変効いてくれます!

 農作業を頑張った後にも大活躍しています。 笑



CA397384_convert_20140619035428.jpg















 最初はこのボカシから抽出したオイルだと思っていました (バリのコーヒー園で)。

 まあこの植物 (レモングラスの一種のようですが・・・) も使うのでしょうが、
クローブも入っているようです?

 体に塗ると薬くさいエキゾチックな香りに包まれます。

 結構強い香りですが、今まで使った方で嫌われた方はいませんでした。



CA399967_convert_20140619035314.jpg















 そして何と BOKASHI-OIL は日本のEM菌ボカシの技術が使われているんだって!



 記事の一部のご紹介です。



 ・・・ 「ボカシオイル」を作ったオレス博士は、日本に留学して「EM技術」を学びました。

 EMとはEffective Microorganisms : 安全で有用な微生物を80余種共生させた液状の微生物資材のことで、農薬などで汚染されたり、腐敗した土壌を蘇生させる力を持っています。

 EM技術はアジアだけではなく欧米でも認められています。

 いまや世界中で環境問題が深刻なテーマですから、環境浄化や産業、農業の品質改善や向上、様々な分野で大活躍しています。

 「ボカシ」とは農業用語で「発酵する」という意味で、200種以上の香草とココナッツオイルなどを発酵させたオイルと、EM技術を加えたものが「ボカシオイル」 。 ・・・





 バリ島の BOKASHI-OIL に日本のEM技術が使われていたとはね!

 元々バリには民間の伝統医薬 「ジャムゥ」 があります。

 インドネシアの人々は 「ジャムゥ」 の本来の意味 「祈り」 をもって、風邪から、肥満、糖尿、癌にいたるまで、マッサージや飲み薬という形で日常に使っています。

 全て自然の原料で作られています。

 前回、面白半分に、バストアップと育成、それに回春の 「ジャムゥ」 を持ち帰ってみました。

 どちらもその効果は驚くべきものでした!! ^ ^;

 “BOKASHI-OIL” はインドネシアの伝統医薬 「ジャムゥ」 と、日本の 「EM技術」 を併せ持った傑作だと思っています。






 
 
ana-07.jpg















 いつも出遅れなんですが、昨晩 『アナと雪の女王』 観てきました。

 評判通り、とてもいい映画で!

 何度も観る方が多いのも納得できる作品でした。

 ミュージカルになっているのもその理由かも・・・



ana-06.jpg















 触れたものを全て凍らせる・・・

 生まれ持った自分の魔力を隠さなければならなかったアナの姉エルサ。

 直接触れないようにしていた手袋を脱ぎ捨てて、自分に変わることを許す
雪の女王。

 周りに見せないように隠してきたのは、ありのままの感情。



ana-03.jpg















 エルサの手の平から湧き上がる光は、全ての人に与えられています。

 僕たち治療師はこの光を意識的に使います。

 肉体とほぼ同じ形のライトボディー (と言うことにしておきます・・・)、このライトボディーを通して力が働きやすくなるように、自らのリミッターを外すのです。

 エルサはマントを外し、女王の印しのティアラを投げ捨て、髪を解いて、眠らせていた力を解放させていきます。



ana-04.jpg















 エルサが開放したエネルギーで空中に創り上げる氷の階段。



ana-02.jpg















 その階段を駆け上がるシーンが好き!

 エルサが自分自身を信じていることを示しているからです・・・






 『アナと雪の女王』 は、創立90周年を迎えたディズニーが、アンデルセンの
傑作 『雪の女王』 にインスピレーションを得て作られたそうです。

 凍った世界を溶かすものは?

 ふたりの心を、ひとつにするものは?


 


 観たのは日本語吹き替え版。

 アナ/神田沙也加、 雪の女王・エルサ/松たか子 の歌を聴けたのも良かったです。

 「 Let It Go 」 はエンディングの方が好きですが、これは松たか子Ver。

輝いていたい もう決めたの

それでいいの 自分を好きになって

それでいいの 自分を信じて

光浴びながら 歩き出そう

少しも寒くないわ!


  一応日本語字幕版も、こちらの方がより直接的で過激かも。 

過去に扉を閉ざすのよ

もう気にしない 何を言われても

自分の道を行く

私のパワーが 大地と気に満ちる

氷の図形のように 私の魂が広がる

結晶となって 想いが形づくられる

二度と戻らない 過去はもう過ぎたこと

これでいいの 新しい夜明け

理想の娘はもういない

私の道を行く 輝く光を受けて

寒さなど平気よ!







 

 
CA399940_convert_20140617093501.jpg















 昨晩の僕の夜遊びの跡です。

 載っているのを除けると・・・



CA399941_convert_20140617093527.jpg















 なんだ?コリャ!











































CA399942_convert_20140617093549.jpg















 ビニールの袋の中には、、

 梅です! 笑

 鳩が出ると思われた方、残念でしたね。(誰が思うか!)



CA399946_convert_20140617093630.jpg















 焼酎を振りかけて、自然塩をまぶして、重しをしておくと・・・

 梅酢が出てきます。

 袋を持ち上げてみると、ビニールの下が濡れていました。

 漏れてますね~

 僕たちの田んぼと同じだわ! ^ ^;



CA399947_convert_20140617093659.jpg















 仕方がないので土鍋に移して、お塩を少~~し振りました。



CA399948_convert_20140617094741.jpg















 やまざき春のパンまつりのお皿がピッタリ!



CA399953_convert_20140617093803.jpg















 ほこりが入らないように、レジぶくろで包み、重しを置きます。

 やれやれ・・・



CA399954_convert_20140617093833.jpg















 残った梅が500程あったので、梅ジュースのビンに投入。

 お砂糖が多かったのでOKでしょう。

 今回は昨夜から梅の実も冷凍しておきました。

 失敗は成功の素です。 ^ ^v



CA399959_convert_20140617094020.jpg















 実は、越生のお師匠さんからお借りした本です。



CA399958_convert_20140617093939.jpg















 楽しいこと!

 美味しいこと!

 梅を使った、食べてみたいお料理など色々なレシピが・・・



CA399955_convert_20140617093905.jpg















 その中にあったのが “びん干し梅干”。

 厄介なザルに広げての天日干しを、びんの中でやってしまう荒業でした!

 これなら僕にもできるかな~ って思えて・・・

 梅干ほしいしね!

 それも手作りオーガニックだよ~~ん。






 
CA399929_convert_20140616071112.jpg















 畑に定植するために持ってきた落花生の苗。



CA399924_convert_20140616070845.jpg















 今日は夏のような日差し、3時過ぎたとは言え、苗たちを植えるのは気の毒で、

 ちょっと涼しくなるまで休憩することに・・・



CA399926_convert_20140616070916.jpg















 栗の木の下にはキノコちゃん。

 食べるとヤバイのが多い系統の子。



CA399927_convert_20140616071001.jpg















 旧道を500mも行くとベルクがあります。

 田んぼから出てるのに、歩くと足が泥の中のように重い・・・

 カウンターで陣取って、アイスとお茶で寛いでいると眠くなりました。

 ベルクの中は涼しく、体は安らいでいて、動きたくない・・・

 結局、4時40分までダラダラしてました。


 
CA399928_convert_20140616071043.jpg















 畑に戻ったのは5時少し前。

 吹く風もだいぶ涼しくなっていました。



CA399935_convert_20140616071220.jpg















 ピーナッツを植えている間、僕は邪魔になっている草刈をしていましたが、
立ち上がるとひどい立ち眩みで、、

 僕、立ち眩みはちょっと気を失うっぽい感じが好きなんですが、、

 本当に体と意識が別々になりそうで、とても立っていられません。



CA399931_convert_20140616071143.jpg















 雑草をベッドに横になると、、

 雑草の向こう側には空しかなく、今だかつて見たことがない輝きでグレースがキラキラキラキラしていて・・・

 しばらく地べたにグラウンディングしていました・・・



CA399938_convert_20140616071410.jpg















 作業が終了したのが5時40分ころ。

 畑に差し込む斜めの光が凄~~く綺麗で、、

 光の国にいるみたい・・・



CA399937_convert_20140616071339.jpg















 この子たちに挨拶して畑を離れました。



CA399939_convert_20140616071438.jpg















 日没は6時30分。

 飯能の入間川の橋の上からの眺めです。





 
CA399909_convert_20140616065803.jpg















 今日はいよいよ田植えですが、田んぼの水が抜けて泥が見えています。

 代掻きがちゃんと出来ていないようです。

 でもまぁ、水を足しながら今年はこのままやってみます。


 
CA399910_convert_20140616065831.jpg















 Tさんから、苗の植え方を教えてもらっています。

 指の第二関節より深くは植えない。

 苗と苗の間隔は30cmくらい。

 1ヶ所に苗は1本~2本植える。

 1ヶ所に3本植えが普通のようですが、1本でも分けつして同じ20本くらいに
なるそうです。



CA399911_convert_20140616070023.jpg















 田植えし易いように苗を束にして、田んぼに撒きます。



CA399912_convert_20140616070103.jpg















 Yちゃんの仕事仲間、鍼灸師のNさんが、昭島から来てくださいました。

 助っ人! 嬉しい! ありがとうございました。



CA399923_convert_20140616070715.jpg















 この機械植えのトレー5枚分植えました。

 トレーで苗を育てて正解でした。

 苗取りの手間が省けて、運ぶのにも便利!



CA399919_convert_20140616070333.jpg















 田んぼの横、梅林のランチタイム。

 簡単なテーブルと椅子、頭上には日よけ (雨よけ)。

 段々と進化してますね~

 いずれ田んぼビューの小さなカフェレストランが出来たらいいな・・・



CA399920_convert_20140616070408.jpg















 田植え、今日の分は3時には終了。 お疲れさまあ~!

 無理せずにのつもりでしたが、結構、腰と膝に来ました。



CA399921.jpg




















 田植えの後って、苗がラインダンサーのように並んでいるのですが、、

 いい加減なもんです。

 苗の間隔は30cmくらいと教わりましたが、、

 狭いところで10cm、広いところは40cmくらい。

 Tさん終わった田んぼを見て、一言も発言はありませんでした。

 出きたお師匠さんです。

 30cmの所もちゃんとありますし・・・

 広かったり、狭かったりの所は気のせいという事でお願いします! ^ ^;



CA399922_convert_20140616070616.jpg















 今日一日で、全体の半分くらいが終わりました。



CA399918_convert_20140616070134.jpg















 畔に並んでいた仲良しカップル!

 トノサマガエルかな・・・

 「可愛いね!」

 「写真撮らせてね!動かないでてね!」

 接写モードで15cmほどに近づきましたが、ジッと動かないでいてくれました。

 カメラ目線なのが嬉しい。笑





 
 昨日作業を終えた醗酵梅ジュースですが、Yちゃんから、、

 「漬ける前に梅の実、冷凍した?」

 「冷凍しないと、なかなか果汁が出てこないよ!」、と指摘がありました。

 前に聞いていたんだけど、忘れました。 ^ ^

 「もう此処までやっちゃったし、このままやってみるよ。」 

 そしてその積もりだったのですが、夜中に潜在意識くんから、、

 「出来るよ!今からでも遅くないから、やんなよ!」、と言われて、、

 そしたらもう、寝ていられなくて・・・



CA399902_convert_20140613071553.jpg















 中身を土鍋にあけながら、梅の実を拾いだします。

 そして、梅の実は・・・



CA399900_convert_20140613071531.jpg















 器に入れて冷凍庫へ・・・

 早朝4時半ころのお話です。

 10時くらいになったら、またお砂糖と一緒にビンに戻そうと思います。



CA399903_convert_20140613071620.jpg















 冷蔵庫で冷やした割梅は・・・

 美味しそう!! ^ ^

 実の部分は柔らかいけど、皮はパリパリしていました!

 お酢の代わりにポッカレモンを使いましたが大丈夫。。

 甘酸っぱく爽やかな味と香り!

 副産物のシロップも冷たい水で割って飲んだら旨いだろうな! ^ ^

 青梅には青酸があるので、もっと置いておかないと食べるのは危険?

 と思うでしょ。

 僕、子どものころ (小学低学年か・・・) 青梅かじっていました。

 青酸という致死性の毒があるの知っていましたが、種を噛まなければ大丈夫
と慎重に食べました。

 で、今も生きているのですが、親は男の子がしてる事なんて知らないに限り
ます。

 真似しないでね! 死んでも責任取らないからね。 笑;







 
CA399893_convert_20140612003253.jpg















 梅雨から夏のだるさを乗り切るのに、頼りになるのが梅力!!

 梅林のランチで、食後に頂いたパリパリ梅が甘酸っぱくて美味しくて、熱中症にも効いてくれたようです。

 奥さんに教えていただいたレシピです。



CA399891_convert_20140612003209.jpg















 割梅。

 実に切れ目を入れて板にはさんでトンカチとかで叩くと割れるそうですが、割るには少し固さが足りませんでした。

 収穫して3日めだったので柔らかくなってしまったようですね~

 お砂糖 (上白使ったの久しぶり・・・) かけて、酢がないのでポッカレモンで。。

 パリパリにはならないかな・・・?



CA399894_convert_20140612003319.jpg















 農薬を使ってないので見てくれはこんな感じ。



CA399896_convert_20140612003342.jpg















 お砂糖と残っていた氷砂糖を梅の実の上にのせます。



CA399898_convert_20140612003404.jpg















 種はゆめゆめ捨てないで・・・と書いてあり、、

 市販のお酢に入れると “上等酢” になるそうです。

 今BIG - A に買いに行ってきました。

 完成しました。






 あ・・・

 醗酵梅ジュースは砂糖に漬ける前に、海水くらいの塩水に浸すんだった!

 ま・・・ いいかぁ・・・

 来年か、気力があれば今年、もう一度挑戦ですね。笑

 飲めるとは思うけど、どんなのが出来るかな~





 





 
CA399929_convert_20140611072014.jpg















 ランチにかこつけて、Hくんを畑に連れてきてしまいました。



 
CA399933_convert_20140611072147.jpg















 お昼まで少し時間があったのです。

 畑で先生のTさんともお会いできて、Hくん毎年自分で梅干を漬けるそうで、
午後再びここに来て梅採りをすることになりました。



CA399936_convert_20140611072223.jpg















 具縛 (ぐばく) さんは日高市のはずれ、毛呂山 (モロヤマ、ケロヤマではありません!) を抜けるとすぐ。

 
 お店の前の田んぼは田植えが終わっていました。

 多分オーナーさんの田んぼでしょう。4反お持ちだと伺いました。



CA399940_convert_20140611072528.jpg















 普段はギャラリーです。



CA399937_convert_20140611072442.jpg















 毎月10日まで、ランチの予約を取ってレストランになります。

 数えなかったのですが、40席近くあるかな?満席でした。



CA399948_convert_20140611072802.jpg















 お肉は使わないオーガニックのお料理。

 毎月メニューが変わるようです。

 ステキなデザインはオーナーさん自らだと思います。



CA399942_convert_20140611072718.jpg















 運んで下さるのもありますが、基本的にはバイキング。



CA399939_convert_20140611072504.jpg















 新人参とオレンジのサラダ、おから蒟蒻の唐揚げ、新玉ねぎのキッシュ。

 右奥のは白胡麻絹豆腐山椒添え。

 どれも凄く美味しい!

 おから蒟蒻の唐揚げは言われなければ、お肉としか思えません。



CA399949_convert_20140611072829.jpg















 初夏の野菜のスープパスタも美味しかった~

 アーティストの創造するお料理は色彩が綺麗!!



CA399950_convert_20140611072852.jpg















 最後にトマトのシャーベットと、レモンと生姜の酵素ジュース寒天寄せ。

 蕎麦サラダも、いんげん豆の黒糖煮も、カブの甘酢漬けも、ジャムとジャガイモのバジルパテを乗せる玄米パンも・・・

 なんて美味しいんでしょ!! ^ ^



CA399951_convert_20140611074225.jpg















 ごちそうさまでしたぁ~~

 ご飯は食べられませんでした。お腹いっぱいでぇ・・・






 天国のランチタイムを終えて、三人で近くの高麗神社にお参り。

 川越で三者面談があるYちゃんを駅まで送り、Hくんと僕はまた越生に向かいます。



CA399956_convert_20140611073114.jpg















 田んぼの横の梅林には梅の実がたわわに実っていて!

 完全に無農薬なので、見てくれには少し難があります。



CA399954_convert_20140611073013.jpg















 Tさんに、梅干用、梅酒用、梅ジュースに適した梅の木に案内してもらっています。



CA399963_convert_20140611073503.jpg















 「何で薬をまかないのに虫がこんなに居ないのだろう・・・」

 と不思議がるHくん。

 自分で梅採りをすると ¥400- / 1K です。

 梅の実採り、楽しかったですよ~~笑



CA399961_convert_20140611073420.jpg















 梅林の前の代掻きの終わった田んぼ。



CA399966_convert_20140611073534.jpg















 その上の空の雲間から陽光が降り注ぎ・・・



CA399962_convert_20140611073300.jpg















 田んぼの水に手のひらをあてると、生ぬるい・・・

 そして田んぼの水は柔らかい波動でした。

 今週末が田植えです。

 急がずに何度かに分けて、6月中に終われば万歳です。





P.S.
 三者面談が終わったYちゃんと合流して、夕食は狭山のガッテン食堂。

 こういう、何の気兼ねもなく食べられるところも好きですよ!

 栃木で2町歩の田んぼを手伝っているHくんに、田んぼの持ち主から連絡が入って、今夜は泊まれなくなりました。

 また遊びにきてくださいね~ ^ ^






 
CA399928.jpg















 ベランダ蓮の葉がこんなに大きくなりました。



 昨日はNせんせいのお弟子さんのH君が来てくれて、お話したり、治療をしたり、お話したり、治療してもらったり・・・

 






 今朝は夢とも妄想ともつかない楽しい目覚めでした!

 神さまがね、

 泥で作った姿に息を吹き込んで、

 僕たちを創りました。

 僕たちには同じ力が宿っています。

 だから僕たちも魔法使い!

 思いっきり楽しい物語を作って、

 そこに息を吹き込むんだ! 笑






 治療師の仕事も同じかな~

 なんて、今Hくんとお話していたところ。

 これからYちゃんが来て、三人で田んぼと畑を見に行きます。

 Hくんも田んぼのお手伝いしてるんだって!

 今日のランチは 具縛(ぐばく) さんに予約してあります。

 Hくん夢の中で、お爺さんが出てきて、小さな子牛をプレゼントされたそうです。

 お爺さん、何んにも言わないで手渡すんだって。

 Hくんの両腕に乗るくらいの小さな、小さな、 子牛・・・

 その子牛は命の無垢そのもので、あまりにも無垢なので、

 汚れた自分には相応しくないと思って、

 お爺さんにお返ししたそうです。

 また違う形かもしれないけど、きっとプレゼントはあるでしょうから、

 今度は食べてください。

 本来、子牛と自分という二つの命はありません。

 唯一つの命があります。

 無垢と一つになってね~




CA399920.jpg















 今朝、玄関の外で一生懸命に歩いていたオーム・・・





 
 
CA399875_convert_20140609093807.jpg















 苗代のゆりかごでスクスクと育つお米の赤ちゃんたち!

 確かに中心部よりも、周りのほうが成長が早いですね・・・



CA399876_convert_20140609093955.jpg















 命が生き生きと輝いています!

 奥右側の少し色が濃い緑は黒米ちゃん。

 バリで食べたデザートのように、甘く煮てココナツをかけて食べようという魂胆です。 ^ ^



CA399878_convert_20140609094052.jpg















 畑に行ってみると、此方も恵みの雨でスクスクと育っていました。

 ちょっと混みすぎですね~



CA399879_convert_20140609094154.jpg















 茄子のお花さん! 綺麗だね~~!



CA399880_convert_20140609094228.jpg















 雨も上がって、南瓜の葉にはベニシジミさんでしょうか?

 色んな種類があるので、はっきりとは分かりません。



CA399885_convert_20140609094545.jpg















 教わっているのは自然農です。

 夏さんの畑を見て、これは老人向きだと思いました。^ ^

 基本、草は取らない、耕さない (植物の根が耕すんだと!)、肥料は雑草
(必要によって少し)、農薬はまかない。

 で、、 畑は草ぼうぼう!!



CA399882_convert_20140609094328.jpg















 これはキャベツ畑。

 一度収穫したあとです。 雑草とギリギリの共生。

 雑草の方が成長が速いので、光が取れるくらいに周りの草を取り、苗のマルチに使う。

 マルチはそのまま肥料になります。

 キャベツこのままで、また収穫するそうです。



CA399884_convert_20140609094507.jpg















 キャベツの間にはレタスが・・・

 青虫とかはレタスが嫌いだそうで、ほって置いたらアッと言うまに穴だらけに
なるけど・・

 少し食べられるくらいで済むそうです。

 虫達にも分けてあげる、という心遣いが感じられます。



CA399881_convert_20140609094256.jpg















 隣りの都幾川は、6月の2ヶ月ぶんが降ったそうです。

 越生も山伝いのお隣さん。

 綺麗に草を取ってある隣の畑は悲惨な状態!



CA399886_convert_20140609094610.jpg















 畑の土が流されて、川が出来ています。

 左の畑には被害なし!、

 Tさん曰く、「雨と風でどれだけ土がなくなるか・・・」

 それに雑草があると畑が乾かないそうです。



CA399883_convert_20140609094423.jpg















 可愛いキャベツのお花さん!

 隣りでは、お腹に入るところがふくらみ始めています。






 
 今日は曇りになると思っていたのですが、昨日からの雨が降り止みません。

 雨でも出来る格好で出かけました。

 作業するかどうか空模様を見ながら決めあぐねていましたが・・・

 そうこうしているうちに、霧雨になり田んぼへ向いました。


CA399860_convert_20140609070547.jpg















 降った雨で田んぼの中は水溜り状態・・・

 畔のシートの横を鍬でならしながら、、



CA399859_convert_20140609070507.jpg















 踏み固めて、、

 シートの下から水が抜けないようにしています。



CA399861_convert_20140609070631.jpg















 この作業を終えているTさんの田んぼが左側、、

 降った雨が抜けないで、こんなに貯まっています。

 水路から溢れた水でシートがめくれていますね・・・



CA399864_convert_20140609070702.jpg















 チョロチョロしか流れていなかったのが嘘のよう・・・

 水の溢れている取水口!



CA399865_convert_20140609070732.jpg

















 勢いよい水の流れを使ってさらに水路の底にたまった土を流し、手で石を拾い出して、、

 いよいよ田んぼへの分岐路を開きました。



CA399866_convert_20140609070819.jpg















 田んぼに水が入って来ました!



CA399870_convert_20140609070854.jpg

















 雨でお昼ご飯は車の中。

 BGMはカエルの合唱団の生演奏♪ 笑













CA399872_convert_20140609070922.jpg















 お昼を食べて午後、代掻き本番。

 代掻きは2回。



CA399873_convert_20140609071007.jpg















 これは2回目。

 1回目は低速で、2回目は高速で泥を撹拌していきます。



CA399874_convert_20140609071047.jpg















 雨は止んだり、降ったり、手前の田んぼの代掻きを残すのみ・・・ 

 ちょっと強く降り出しましたが、手前の田んぼも無事終了しました。

 水をはって初めて解りましたが、田んぼの泥って本当に細かいですね!

 この細かい泥が水が抜けるのを防いでくれるんですね~

 Tさんが、「水は大切にしましょう。」 って。

 「一度水を張ったら、抜かない、出来るだけ入れない。」

 すると田んぼの水温を高く保つことができ、病気が発生しにくくなるそうです。

 当然、成長や収穫にも影響してくるのでしょうね。

 ど素人の僕たちがここまで来れました。

 Tさん、ありがとうございます。

 「まだ分からないですよ。お天気しだいだから。笑」 って。




 梅雨の田んぼは冷えるかな?と思いホカロンをお腹に貼ってきましたが、、

 田んぼの長靴もあって、全然冷えません。

 外からは雨!中からは汗! でグショグショ!!

 以外に気持ちい~~

 体力はつくし、シェイプアップは出来るし! ^ ^v







 
 
CA399914_convert_20140605112837.jpg















 一面に生えているシダが綺麗です。

 日陰でも丈夫ですもんね。

 

CA399913_convert_20140605112805.jpg















 針葉樹だけだとやはり暗い感じ、葉の色も黒っぽいし・・・

 広葉樹の緑、明るいでしょ!



CA399916_convert_20140605112919.jpg















 クヌギ?の大木の根元には、ドングリの赤ちゃんが光に向って伸びていました。



CA399917_convert_20140605115419.jpg















 HOT・POT さんは、こちらへ下りていきます。

 一ヶ月ぶりの山歩きですが、足腰はへ垂れていませんでした。

 田んぼ用の長靴、履きやすいです。

 足の下に石とかがあると気になります。基本裸足に近い。

 裸足の外側を緩衝材で包んだ感じ。

 足首のまわりを軽くつかまれているようで、踵が安定します。



CA399894_convert_20140605112024.jpg















 雨が降ったとき道がえぐられないように、谷へ流れるように溝が切ってありますね。

 田んぼを始めてから、水の流れが気になります。

 川からバケツで水を汲んで使うように、安価で小さな発電装置で川からエネルギーをバケツに汲み上げて使えたらいいですね・・・ ^ ^ 



CA399920_convert_20140605113022.jpg















 保安林・・・

 森林、今は荒れ果てて厄介者のように言われていますが、エネルギー的に見れば宝の山です。

 丘陵を歩きながら、食料の自給とエネルギーの自給に夢を馳せていました。



CA399924_convert_20140605113056.jpg















 あ!道に落ちていたお花!

 甘~~い いい香り・・・

 調べてみたら “テイカカズラ” でした。



CA399928_convert_20140605113153.jpg















 お花の写真を撮って振り向くと・・・

 なんとガマさん!

 雨の香りに “カエル合戦” の水溜りへ向うところのようです。

 でも道の真ん中で踏まれたら “カエル合戦” どころではありません。笑

 踏まれないところへ移動してもらいました。



CA399930_convert_20140605113229.jpg















 HOT・POT さん・・・



CA399934_convert_20140605113401.jpg















 準備中でした。

 スティック・セニョール と言うブロッコリーが野菜売り場にありました。

 お買い上げ!


 
CA399932_convert_20140605113330.jpg















 露草の露。

 つゆは梅雨とも書きますね。

 田んぼに水が入るのも直ぐです!



CA399936_convert_20140605113426.jpg















 カインズ、10時~かと思っていたら9時半オープンでした。

 買い物を済ませて、一口茶屋へ。

 此方はオープン前で・・・

 小倉クリームチーズがマイブームなんです!

 まだ小倉しか出来てないってか。

 「暑くなると前日から仕込めることが減ちゃって・・・」

 まあいいっか! (たい焼きですよ。) 笑

 冬は暖かいだろうけど、これからは我慢大会ですね・・・

 朝、野菜ジュースしか飲んでないので、お腹空いたの!

 大した濡れずに今日のお散歩は終了しました。





P.S.
 今、3時半、降ってなかったんだけど雨の音が・・・

 窓開けてみたら・・・

 降ってる! 降ってる! ^ ^





 
CA399883_convert_20140605111837.jpg















 8時10分くらい、 加治丘陵の上にはもう雨雲の先遣隊がやってきています。

 埼玉の午前中の降水確率は80~90%でしたが、雨雲のレーダー予想を見ると大雨になる前に登れそうでした。



CA399885_convert_20140605111907.jpg















 加治丘陵、前回来たのが5月1日。

 農作業が忙しくて、一ヶ月も来れなかったんだぁ。

 カインズホームで買い物もありましたし、この田んぼ用の長靴の履き心地も
試してみたかったのです。

 上下、軽いレインウエアで来ました。



CA399887_convert_20140605111937.jpg















 山道に入ると、可愛いお花が沢山落ちていました。

 何だろう・・・?



CA399891_convert_20140605112137.jpg















 ドングリたちの芽吹きもだいぶ伸びて、野菜なら畑に植えごろだな~



CA399899_convert_20140605112312.jpg















 ムーミン公園へ下りる階段は、今日も通行止めでした。

 阿須の運動公園はよく見えない・・・

 遠くないところに巣があるのか、オオスズメバチのスクランブル!

 多分女王蜂、50cm以下まで緊急接近の羽音はやはりビビル!!

 子どものころ2度3度、刺されています。次刺されたらまず死ぬ。

 刺さないでねぇ・・・^ ^;



CA399897_convert_20140605112232.jpg















 この子の下も薄暗い感じ。



CA399895_convert_20140605112207.jpg















 阿須山も木の葉の茂みに隠れています。



CA399902_convert_20140605112556.jpg















 雨がポチっと来ました!

 阿須山の頂上まで行ったら帰ろう。

 僕がさっきいた歩道を、元気な声で歩いていく小学生たち!



CA399904_convert_20140605112525.jpg















 山頂の三角点。

 この辺にはヒノキが多く植えられています。



CA399905_convert_20140605112628.jpg















 間伐し、下草が刈り取られ、綺麗に片付けられています。

 ご苦労さま・・・



CA399907_convert_20140605112701.jpg















 皮を剥がされたヒノキ、鼻を近づけるといい~~香り・・・



CA399919_convert_20140605112952.jpg















 ポチっ ポチっ ポチっ! 

 降ってきました。





 
 さあ!今日は畔のシート張りです。

 田んぼに行く前に、途中にある畑を見に行きました。

CA399865_convert_20140604075730.jpg















 前回は咲いていなかった栗の花が満開でした。



CA399863_convert_20140604075656.jpg















 野菜たちは大体順調に育っています。

 茄子の可愛い実!

 トマトもだいぶ伸びました。

 P-マンも生っていて、少し前に降った雨で、直播した大豆がいっぱい伸びて
いました。

 
CA399860_convert_20140604075628.jpg















 Tさんが 「鶏小屋の奥のユスラウメが美味しいですよ!」 って。

 これがユスラウメって言うんだ・・・

 フルーティーで甘酸っぱく柔らかな、美味しいユスラウメさんでした。



CA399867_convert_20140604075956.jpg















 隣り、Tさんの田んぼのお手本のシート。

 畔から水が抜けないように、畔の泥塗りの代わりになります。



CA399866_convert_20140604075935.jpg















 水の取り入れ口のところ。

 シートを奥に入れ込んで土と棒で押さえてあります。

 これで水量が急に増えたときも、シートが捲くれたりしないそうです。



CA399868_convert_20140604080103.jpg















 僕らの借りている田んぼですが、畔の横の耕し方が浅くて、もう一度耕運機で深く掘り起こす作業から始まりました。

 写真は既に掘り起こして泥上げを終え、シートを広げながら棒を差して固定
しています。

 棒の間隔は80cmくらい。



CA399869_convert_20140604090943.jpg















 また軽い熱中症になり、畔にペットボトルを置いて、一周耕すごとに飲んで
いました。^ ^;

 梅雨明けころには、体も暑さにも慣れるでしょう。



CA399870_convert_20140604080140.jpg















 シートを張ったあとに土をかぶせていきます。

 向こうに梅林があります。奥さんが収穫しています。

 来週には僕たちも梅を収穫させていただいて、発酵ウメジュースを作ります。

 無消毒、無農薬、オーガニックの梅の実は中々手に入りません。

 これで暑さと疲れを乗り切るのだ!



CA399874_convert_20140604082305.jpg















 食べごろの桑の実を冷たいお茶で!

 シート張りも目途がつき、3時ならぬ5時のおやつ。

 あんず色に色づいた小梅をそのままいただきます。

 すっぱいですがプラムの香りが口いっぱいに広がります・・・

 今日は畔を跨ぐところで、耕運機を横倒しにしてしまいましたが、Tさんから
一言も非難、小言はありませんでした。

 奥さんが 「この人は、起きたことはみんな忘れてしまうのよ・・・」 って。

 そう言うTさん大好きです。

 みんな過去にさいなまれて生きていますもんね・・・

 なんていい先生と出逢えたんだろ!!

 農楽里の夏さんに感謝です・・・



CA399875_convert_20140604080310.jpg















 このカーブのところが難しい。



CA399877_convert_20140604080345.jpg















 6時近くになりましたが、7畝の田んぼのシート張りが終わりました。

 Tさんから、「水路の整備から田んぼのシート張りが一番大変な作業ですよ。」 と。

 これでいよいよ水を入れて代掻き!

 雨が降ればねぇ・・・



CA399878_convert_20140604080413.jpg















 水の取り入れ口を見に行きました。

 水量はほんとに微量ですが、堰には一定量が貯まっていました。

 農作業を始めて、つくづく雨のありがたさを感じています・・・

 もうじき梅雨です。








P.S.
CA399880_convert_20140604101545.jpg















 帰り道、毛呂 (もろ) のカインズで田植え用の長靴を購入。

 サイズの合う最後の一つ。

 田植えのときには売り切れているそうです。

 ああ、どこで売っているか? 聞いてみてよかった~ ^ ^





 
 瞑想 (カテゴリー) のほとんどの記事は、福田高規治療院 で 毎月 第1・3
日曜日 10時~12時 に行われる瞑想会のメモを基にしています。
 参加費 ¥ 500- 予約の必要はありません。




CA399853_convert_20140602080530.jpg















 瞑想会の朝、所沢駅で電車を待つのに時間がありました。

 僕は恥ずかしくてボードを持ってのフリー・ハグは出来ません (日本では)。
日本人にはハグの習慣ないしね・・・

 でも替わりに皆さんを心の中でハグし、祝福を送ります。

 一人ひとりでは面倒です。皆さんまとめて!笑








面白がるのが人生

人生は 自分と出会う体験

自分は素晴らしい存在だから

とんでもない事が起こっても

しめしめと思う

よし! やってやるぞ!

するとパワフルになる

さあ大変だ! どうしよう・・・ となると  

パワーが落ちてしまう

自分という存在は素晴らしい・・・

って 自分をいつも感じる

パワフルになるから病気にならない






元気の出ない人は 祝福する習慣がない

祝福を体験しない選択をしている

神を祝福する

宇宙を祝福する

人々を 植物を ワンちゃんを 猫ちゃんを 飲んでいるお茶を祝福する

何を祝福しても 祝福の体験としての異差はない

そして そのままの自分を祝福する

自分自身にかっこつけても しょうがないもの

わたしは 80年以上一緒にいる自分を祝福するのが楽かなぁ

ふくだ たかのりぃ 素っっっ晴らしい存在!

ほら わたしの格好 見てください

(目を瞑って顎を上げ、両手を百合の花びらのように胸に置き、天にささげるように首のあたりから顔の前へ持ってくる。)

ふくだ たかのり の “存在” が素晴らしいんですよ

わたしの松果体はどんな感じかな・・・

って 松果体を触っているんですよ

エドガー・ケイシーも100年も前に 松果体を刺激すると若返るって言っています

最近話題になる第三脳室 松果体をふくみます

海馬もやるといい

(海馬は記憶に関係しています。)

わたし 海馬の存在を忘れていましたね~

で 人の名前が出てこないんですねぇ・・・

海馬の先端が鼻腔のところに出ています

呼吸をすると 海馬を通して松果体が刺激されます






存在の自分には声がない

だから ひたすら静かにする

その時は カメラのレンズで被写体を見るように見るんですよ

それが瞑想状態

自分と一つになっちゃう

瞑想は絶対してくださいとは言わないけど

祈りはしてくださいね

わたしは此処にいます が祈りです

素晴らしい存在として・・・

凄い能力を持った自分として・・・

わたし

ここに

います

これで全てOKです

瞑想中 目は瞑ったまま 斜め上を見ています

脳下垂体を見ています

魂は 一瞬も休まずに信号を送ってくる

脳下垂体を見てあげる

魂のほうから 脳下垂体を通して 甲状腺刺激ホルモンを出してくれる

甲状腺は全ての腺をコントロールしています

(甲状腺のホルモンは喜びのホルモンです。) 

わたしを通して 愛いっぱい 溢れている

尾骨から 宇宙に満ちている愛をいっぱい吸い上げる

魂がわたし達を生かすとき

呼吸で生かしている

だから 呼吸を意識する

自分の呼吸って どんな感じかな・・・

静けさですよ

終わったら 感謝する

感謝すると アイディア 工夫 チャンスがやって来ます

お茶を飲んだり ワインを飲んだり

いい香りがするでしょ

香りを嗅いでいる “自分を観じるんですよ”

人生の最終的なコツですよ









 瞑想会が終わってお腹が空いて、インド・ネパール?料理屋さんへ!

 瞑想会で一緒だったKさんがいて楽しくお話ができました。

 このお店 (名前も覚えてない!海馬の刺激が足らんなぁ・・・)、多分ネパール?の青年と西欧人の彼女?の二人でやっていて、ネパールの子ども達に
小さくなったエンピツとか集めて支援しています。

 あまり人が入っていないみたいで、最近応援しています。こんどお店の名前が分かったらUpしますね!



CA399854_convert_20140602080429.jpg















 5月の瞑想会の日に咲いていた子。名前が知りたくて・・・


CA399856_convert_20140602080616.jpg















 聞いたお花屋さんが、カリフォルニア・ライラックの名札を付けてくれたみたい!

 嬉しいです・・・