魂のワークブック

何だろう?私と世界にプレゼントしたいもの♪

 
 今朝、 浅い夢の中、 小さな不思議な鳴き声を聞いている・・・

 あ・・・ 夢から出てきても、、

 鳴いてる!!

 すぐ窓の外のベランダだ。

 小動物の声・・・ シャガレ声・・・ 落ち着いてる・・・

 鳴いて・・・ 鳴き止み・・・ また鳴いてる・・・

 多分ヤモリだと思う。

 アパートの壁で何度か見ている。

 でも日本のヤモリ、鳴くのかな? 今は寒いしね・・・

 バリのヤモリ、チチャックはよく鳴く。

 鳴き声は違うけどね!

 ヤモリがバリへ誘 (いざな) ってくれてる・・・



ti.jpg
















お借りしました。ありがとうございます。


 「ヤモリが鳴いた」





 
 離婚して更に恋に破れたリズは、全てを捨てイタリアへ、インドに、そして
バリへと旅をする・・・



ba-03.jpg













 リズは老人クトゥと再会する。

 神だけでも、煩悩だけでも駄目、

 人生が混乱してパワーを失ってしまう。

 クトゥはリズに優しく語りかける・・・



ba-01.jpg













 顔で微笑むのは勿論、

 心でも微笑む。

 それから肝臓でも微笑む。



ba-06.jpg













 ワヤンという治療師に診てもらうといい。

 ワヤンは離婚したバリの女性。

 まあ、、 魔女。

 彼女が処方するのが、ジャムウ。



ba-05.jpg













 傷は癒えていない、、

 まだ、心を開くのを恐れている・・・

 何故ならば、また傷つくのが怖いからだ。

 傷を癒すのは、やはり信頼だ。

 でもいいんだよ、、

 傷つくのは努力したからこそだ。



ba-04.jpg













 愛のために調和が崩れるのは、調和のある生き方の一部でもあるんだ。



ba-02.jpg













 そして何よりも、自分の受け入れがたい欠点と正面から向き合い、それを
許せば、、

 真実は必ず見えてくる。




 以前観たのですが、バリへ行く前にまた観たくなったのです。

 離婚し、恋人とも別れた女性のナンてことのない風景なのですが、スピリチュアルです。

 昔 (この映画はもう昔なのかな・・・?) は無かったよね、こういうの・・・

 「インドネシアのアーユルヴェーダ・JAMU」 を取り寄せた伏線かも知れませんね。

 明日の夜、バリへ向います。








 
jya.jpg
















 「ジャムウ




 友人のブログにあった・・・


 「ジャムウの魅力がたっぷり解かるこの一冊!

 かなりオススメです^^ 」




 きのう発注しました。

 上手くいけば明日 (1/30) に届くんだけど・・・





 
CA399426_convert_20140127203928.jpg















 昨日は天気予報通りで、昼過ぎたら北風が吹き荒れました。

 夕方、仕事を終えて、青梅のユニクロへ!



CA399427.jpg















 圏央道の横で撮ったもの。

 車外は身を切るような寒風、立っているのもやっと・・・

 地上は強風で巻き上げられた ↑ 畑の土・・・ 目を開けていられません!


 
CA399433_convert_20140127204034.jpg















 青梅の山に陽が沈んだころお店に到着。

 いい色の毛足の長いフリース¥990-があったのですが、さすがに女性用で
Sサイズしかなく断念。



CA399436_convert_20140127204149.jpg















 やはりバーゲン品で色もこれだけのSサイズ、ウルトラ・ライト・ダウン。

 これは着てみるとピッタリなので買うことにしました。

 うわさに違わず軽くて暖かいです!



CA399434_convert_20140127204100.jpg















 4~5年前に買った青いダウンはゴッツくて、バッグの中で場所を取ります。



CA399435_convert_20140127204125.jpg















 行きの羽田までと、帰りの成田から、それと機内でも役にたつかも?

 意外と機内は寒いから・・・

 あちらでは無用の長物なんですがね~ ^ ^






P.S.
 歯の痛みは無理に噛まなければ大丈夫みたいで、手持ちの痛み止めで対応することにしました。








 
 先日近くの回転寿司にお昼にいきました。


 h-03.jpg
















 Yちゃんの頼んだ “漬マグロ”

 タッチパネルからアナウンスがあります。

 「もうじき到着しますので 、おとり忘れのないように・・・」 と。

 ですが流れて来ません・・・

 その後頼んだ “鯖の押し寿司” も流れてきませんでした??

 よく見ると3人前に座っている人が食べています。

 年配の職人さんの親方風・・・

 同僚とおぼしき人と楽しそうにお話しています。

 僕の頼んだ “アジ” も “合鴨の燻製” もその親方のところで無くなってしまい
ました。



h-04.jpg















 注文したのは “ご注文品の台” に載って流れてきます。

 “一貫もののハマチ” 流れてくるかな・・・

 どうなるか観察していると、

 ああっ!これで5皿め!!

 親方は全くちゅうちょせずに手元に取ってしまいます。

 さすがに5皿めともなると腹が立ってきます。

 言いに行こうとすると、

 「止めなさいよ。」 と隣りから。

 よく止めてくれました。

 こういう場合、本人に言うか、お店の人に間に入ってもらって伝えるか、になります。

 でも言うと、大抵はもっと嫌な想いをすることになりますね~ 泣;




 まあ多分、親方は注文して食べるマニュアルを知らず、流れているのはどれ
でも食べてもよいと思っているのでしょう。

 高々一皿¥94-の回転寿司5皿のことです。

 自分でも小ちぇーーーっ!て恥ます。

 この時はお店が空いていたので、再度注文しても程なく次のが来ました。

 これが凄く混んでいて、頼んでも中々流れてこなかったら、この状況で皆さんはどのような感情を味わうと思いますか?




 僕は普段は穏やかなほうですが、本来は “戦士” です。

 ですからここぞっ!って時は DNA が戦いのスイッチを押してしまいます。

 そして永い永い戦いの経験で、それが嫌~~な潜在意識の記憶に繋がって
いるのです。ろくな結果にならない・・・

 そんなことから足を洗おうとしているのが、今の僕だと思います。




 アニータの言っている 「ありのままの自分を認める」 からだと、回転寿司5皿に拘って腹を立てている自分を許さなければなりません。

 嫌な人や、嫌な体験に出会ったら、出来るだけ受け流すのが結果的にはいいようです。

 関わるともっとひどい結果になります。

 あと早く忘れられる人になることかな。

 それと此方からプレゼントしたことに出来ること。

 “気” でも “お金” でも奪われると強いダメージを受けます。

 同じだけの “気” や “お金” を此方から差し上げたと出来るか?出来ないか?

 しかしよく5皿も好きな品物が重なりました!

 親方も、「ありのままの自分を認める」 という扉の前の番人さんかな・・・

 もう少しでこの扉が開くと感じています。

 このもう少しがね~~

 振り返ると1000年かかったりします。

 もう少し苦しみそうです・・・



ha-01.jpg















写真は3枚ともネットからお借りしました。ありがとうございます。



P.S.
 子どものころに読んだ、 「ああ無常」 だったかな? 本の題は怪しい・・・

 「こちらの教会のものを盗んだ犯人です。」 と警察官がやってきます。

 牧師さんは、「私がこの方に差し上げたものです。」 と言います。

 50年も前の記憶が蘇りました・・・






 
 旅行の前に歯の治療が終わったと思いました・・・



 長年の癖は抜けないもので、右側が治ってもまだ左で噛んでしまいます。

 ヨシッ!右側でも噛むぞ! 

 って噛んでみると・・・

 軽く噛むぶんには大丈夫なのに、強く噛むと痛い!

 って言うか、痛くて強く噛めない・・・(1/24)



 前日強く噛んだせいか今日 (1/25) から上手く食べられなくなりました。

 大丈夫な左で噛んでも、右歯が合わさって痛いのです。

 もう神経抜いたのに、どうして痛いのでしょうね・・・

 

 昨夜はロキソニンで対応したのですが、3時くらいに目が覚めてしまい明け方まで眠れなかった。

 月曜にもう一度行って、旅行の間の痛み止めを処方してもらわないと・・・




CA399425.jpg















以前処方してもらったもの。





 
 
CA399390_convert_20140123155256.jpg















 ムーミン公園に下りる階段の上辺りの眺めが一番よいかも。

 入間川にかかる3つの橋が近くに見えます。



CA399394_convert_20140123154641.jpg















 階段は急です。振り返って撮ったものです。

 下りるならまだしも、登るのは比較的楽な道を知った今、ここを登る気には
なれな~い!^ ^



CA399402_convert_20140123154809.jpg















 階段ってこの谷間 (断崖) を登るんですよ!



CA399399_convert_20140123154729.jpg
















 ほどなく下りてくると、森の家が見えてきます。



CA399405_convert_20140123154858.jpg















 休憩ーーーっ!



CA399406_convert_20140123154933.jpg















 お や つ 笑



CA399409_convert_20140123155051.jpg















 樹の上の冒険小屋。

 こんな立派じゃないけど、子どものころ作りましたよ~!



CA399410_convert_20140123155125.jpg















 上り下りは落ちないように・・・

 子どもの頃のように又身軽になれるかなぁ??



CA399411_convert_20140123155212.jpg















 数日前にUp した “ムーミン公園に突き出た絶景ポイント” がこれだと思います。

 崖がえぐれてオーバーハングなのが分かりますでしょうか?

 薄っぺらな突き出しで裏側も崖なんですよ。



CA399412_convert_20140123155554.jpg















 あけぼの杉は、すっかり落葉しました。



CA399419_convert_20140123155459.jpg















 泥水が流れ込んでいますが、学生が上流をホウキで綺麗にしていました。

 飯能の某中学校の 「社会体験チャレンジ・職場体験」 の実技中でした。

 自然が好きならこんな場所で働くのもいいですね~





 
 歯医者さん長く通いましたが、本日で 「もう来なくていいよ!」 って言われました。

 目出度し!めでたし!



CA399376_convert_20140123163352.jpg















 加治丘陵は風がなく、とても暖かかったです。

 お散歩の方が多かったですね。上の周回コースは舗装されていて、マウンテンバイクも走っていました。



CA399374_convert_20140123153917.jpg















 尾根道をふと見ると・・・



CA399375_convert_20140123153948.jpg















 ドングリの芽吹きです!

 春には周りの殻が取れて、双葉の小さな赤ちゃんになるんですね・・・



CA399380_convert_20140123154127.jpg















 この子の立っているところは分岐点。 仏子方面、桜山展望台方面、ムーミン
公園方面。

 今日はムーミン公園に下りてみることにしました。



CA399383_convert_20140123154212.jpg















 途中の大木の力強い根元。

 ドングリの赤ちゃんがこうなったんだ・・・



CA399386_convert_20140123154353.jpg















 樹に絡まっている藤蔓。

 まだ細いけど4~5年は経っていると思います。



CA399384_convert_20140123154250.jpg















 側に立派な蔓がありました。親木かもしれません。



CA399387_convert_20140123154422.jpg



















 根元付近はこれ・・・

 周囲、60Cmはありますよ!



CA399388_convert_20140123154503.jpg















 こんな小さな種から始まるんですね・・・



CA399385_convert_20140123154315.jpg















 グラウンディングします。(今は撮影中ですが両手でします。)

 地面が暖かい・・・

 ガイアの脈動を両手で感じています・・・





P.S.
 グラウンディング、僕は手でするのが好きですが、皆さんは足の裏でするのが普通だと思います。

 寝転んでも気持ちよいな~






 
 昨日はシュタイナーの勉強会がありました。

 始まるときに、明かりが少しのあいだ灯されます。

 明かりの横には、いつもお花が置かれていて癒されます。



CA397930_convert_20140120075000.jpg














CA399525_convert_20140120071740.jpg















 昨日はそのお花をいただきました。ありがとうございます!




 人は7年を区切りに変化をすることが、お話の中に出てきました。

 7歳、14歳、21歳・・・

 例えば21歳、大人になるときに何処にいたか?

 それが日本にいたか、アメリカにいたかで、その環境、文化的な背景の違いが大きな影響を与えるそうです。

 ぁ・・・ 僕が事故を起こしたのは幾つだったっけ・・・

 数えてみたら21の時に臨死体験をしたんだ・・・

 そんな話をしていたら、隣にいたYちゃんから 「喜びから人生を生きる」 を渡されて、アニータの本を紹介することになりました。

 去年、長野で行われた福田せんせいのセミナーを切っ掛けに、自分の身体、
施療の方法、意識の在りかたに変化が起きていますが、アニータの本からも
確実に影響を受けています。

 ちょうどよい部分がありますので書き写しますね。



 
 私は “宇宙エネルギー” という言葉を使っていますが、それは、“チー” “プラーナ” “気” と同じものです。

 これらの言葉は、それぞれ中国語、ヒンドゥー語、日本語で、“生命エネルギー” という同じ意味です。

 これは太極拳や気功で言う “チー” であり、レイキの “気” です。

 ひとことで言えば、それは生命の源で、あらゆる生き物の中を流れています。全宇宙を満たしているので、宇宙と切り離せない関係にあります。

 “気” は、判断せず、分け隔てもしません。

 それは高貴な指導者にもナマコにも、同じように流れています。

 “源” “神” “クリシュナ” “仏陀” のような難しい言葉でこのエネルギーを表せば、名前に気をとられてしまい、理解が難しくなるでしょう。

 これらの用語は、人によって解釈が異なり、無限の存在に無理やり形を与えているようにも思えます。

 それぞれのラベルには特定の期待が隠れていて、その多くは、私たちを二次元性の中に閉じ込めてしまいます。

 それゆえ、このエネルギーを自分とは別のものだと見てしまうのです。でも宇宙エネルギーは、私たちの純粋な意識のように、無限で形のない状態のままでなければいけません。

 その状態でのみ、宇宙エネルギーは私たちと一つになり、ヒーリングや魔法や奇跡を生み出せるのです。




 このアニータの言う宇宙エネルギーは僕の中でとても受け入れやすいのです。

 “気” は、判断せず、分け隔てもしないというのも凄くいい。

 相手の身体の固まっている部分を、ココと思ったら、“ココで流れてね・・・” 
ってエネルギーに指示します。

 僕は “ココ” に左手を置いてエネルギーの流れを感じています。

 エネルギーは自分自身なので意識したとおりに働いてくれます。

 “働いてくれてありがとう!” 自分とエネルギーにお礼を忘れずに。

 そしてココで働いてくれているエネルギーを “どんな感じかな・・・” って感じているとココが柔らかく変化します。

 同じことをしても、相手の受け入れてくれる度合いによって変化は違います。

 “気” は、判断せず、分け隔てもしないのですが、判断と分け隔ての強い方ではうまく流れないようです。

 それは相手の責任。そこは福田流。笑




 そんな話を昨夜Yちゃんとしていたら、、

 Yちゃんは、それを “ I AM ” を意識してやるといいました。

 面白い!具体的にどうするのか? “ I AM ” という言葉を使うのか?身体のどの部分を意識するのか?など質問してみました。

 「 “ I AM ” と意識したとき、身体は仙骨と脊柱をカチッと合せる感じ。」 だそうです。

  “ I AM ” 僕はハートチャクラに意識の中心があるかな・・・

 でも今度、エネルギーに指示を与えるときに “ I AM ” もやってみよう!



CA399523_convert_20140120072213.jpg















 スイセンがとってもスイセンの香り・・・

 スイセンの白と黄色。ビオラの紫色と黄色。柔らかい若草色・・・

 調和とコントラストにウットリです・・・






  
 
f-12_convert_20140117083526.jpg















 “フラガール” 観ました。



f-08_convert_20140117083916.jpg















 「HOT・POT」 のママが言っていたように・・・



f_convert_20140117083817.jpg















 蒼井ちゃん可愛いし踊り上手です!



f-02_convert_20140117083841.jpg















 女優さん (俳優さん) って凄いなぁ・・・って思いました。

 短い間にプロのダンサーになれるんですね~!!



f-10_convert_20140117084039.jpg















 映画としても何度も泣かされました。

 古くなっても色あせない映画ですね。



f-11_convert_20140117084135.jpg















 ママの言っていた、トロッコのシーン。



f-05_convert_20140117083946.jpg















 もう少し周りの建物が映っているシーンは (断定は出来ませんが) いつも見ている風景にとても似ていて、何故か嬉しくなってしまいました。^ ^



f-06_convert_20140117084105.jpg















 撮影協力の左下のほうに、「日豊工業株式会社」 の字が見れます。



f-07_convert_20140117083602.jpg















 “フラガール” のお話は、オイルの輸入による炭鉱の閉山という時代の流れを、思いもつかない発想で乗り越えた例です。

 3.11の震災と原発事故のときも、彼女たちは復興の先頭に立っていました。

 大きな時代の転換点の今、学べる発想は多いと思います。

 「常磐ハワイアン・センター」 は、現在の 「スパ・リゾート・ハワイアンズ」 に
繋がっています。

 映画とは言え、その貴重な原点を見せていただきました。

 今、選択することが、未来の体験になります。





 
CA399525_convert_20140116182428.jpg















 今日も散歩のあと 「HOT・POT」 さんでランチにしました。

 お隣の鉱山 「日豊鉱業」 さんのことを聞いてみました。

 いったい細々と掘っている石炭を、何処が使っているのか知りたかったの
です。

 結果から言うと石炭ではなく、亜炭を掘っているそうです。

 スイマセン! 炭鉱ではありませんでした。

 亜炭って石炭になる前のものらしく、肥料になるんだって!





CA399375_convert_20131230143854.jpg















 確かに “亜炭” って書いてあるです。

 今は叔父さん達3人くらいで掘っているって!!

 「それより映画のほうで頑張っている。」 ってどう言うことよ?

 坑道へ行くトロッコが引いてあって、撮影に使うんだって!

 そう言うとこ東京近郊には無いんだそうです。

 “フラガール” とか “仮面ライダー” とか、あと有名な映画何本か言ってた
(忘れたけど)。

 娘さんもエキストラで参加したことがあったって!

 撮影用のロケベン作りの苦労話も楽しかったです。笑

 “フラガール” 帰りに 「tsutaya」 で借りてきてしまいました。^ ^





 
CA399493_convert_20140116170329.jpg















 崖への尾根道の真下はムーミン公園。

 管理棟や、森の家、水浴び小屋、ムーミン屋敷が見えます。



CA399502_convert_20140116170400.jpg















 ムーミン屋敷は落葉したこの時期にしか見えません。

 親子連れが手前を歩いています。

 手の届くような感じに見えますが、真下なんです。



CA399511_convert_20140116170741.jpg















 ムーミン公園に突き出た絶景ポイントへ行ってみます。

 一度行ったことがありますが、かなり怖いです。

 尾根の先端が亀の甲羅のようになっていて道は空中に消えています。右下 (写真では) がオッポのように垂れ下がっています。

 こちら側は切り立っているだけですが、尾根の先端と向こう側はえぐれてオーバーハングです。



CA399518_convert_20140116171330.jpg















 こちらの尾根から絶壁の上の道が続いていて・・・



CA399517_convert_20140116171301.jpg















 これ、オッポの辺から振り返って撮影!

 かなりビビリながら撮っています。



CA399514_convert_20140116171224.jpg















 少し戻って、この先が亀の甲羅。

 今撮影で立っているところが、亀さんの首の部分、甲羅の回りは断崖・・・



CA399508_convert_20140116170520.jpg















 上手く撮れていませんが、僕の立っている地面の下はえぐれていて、何もない空間になっています。



CA399509_convert_20140116170809.jpg















 ここからも飯能の街が一望できます。



CA399506_convert_20140116170447.jpg















 この天空の崖、春先にピンクパープルの綺麗な花が咲いているのが下から
見えたんです!

 その花が見たくて登ってみました。

 アカギツツジでした。

 今度の春、バスケットを持ってランチに来たいなあ・・・

 アカギツツジに山桜、桃源郷です!!

 アルコールは樹に縛ってもらわないと厳禁です。







 
 
 今日は歯医者さんが空いていて11時に終わりました。

 12時までは食べられないので、また加治丘陵を歩くことにしました。



CA399479_convert_20140116153333.jpg















 昨日は雪の降るような寒さでしたが、今日は風が無くてポカポカ陽気でした。



CA399523_convert_20140116155536.jpg















 あの崖の上に行けば、今度住むところが見えるのではと思うと、行ってみたくなって!



CA399490_convert_20140116153606.jpg

















 またもや・・・



CA399491_convert_20140116153639.jpg















 危険な尾根道を渡って行きます。



CA399504_convert_20140116154314.jpg















 程なく行くと・・・



CA399498_convert_20140116153805.jpg















 分かれ道があり、ここを左へ進むと崖の上に出ます。

 このまま進むと何処へ出るのか知りたくて、今日は真っすぐに下りてみることに・・・



CA399496_convert_20140116153722.jpg















 住宅地に出ました。

 へぇ~~ 元加治へ曲がる信号のところでした。

 ここでUターンして、先ほどの崖へ行くところまで戻って曲がります。



CA399500_convert_20140116154857.jpg















 Oh~~! 陽光に溢れ、ステキな見晴らし・・・

 少し右側に飯能の眺め!



CA399503_convert_20140116154137.jpg















 画面中央に新しく完成した白い橋が見えます。岩沢郵便局へ抜ける道、僕の生活道路になります。

 その少し上流に八高線の鉄橋があります。鉄橋を渡る電車の音が山の中まで響いていました。



CA399499_convert_20140116154224.jpg















 少し下流には、前回Up した “流れ橋” も見えます。

 入間川の増水時に右側か左側のフックを外して渡る部分を流れに浮かべる
のだそうです。

 これも、ちょっと見てみたいなぁ!





 
 こんな橋があるの初めて知りました!



CA399459_convert_20140114121715.jpg















 “流れ橋” って言って、増水したときフックを外して上の部分を流して破壊を
防ぐ構造なんだそうです。

 新しく住むお家は、この橋を渡ってすぐのところ。



CA399463_convert_20140114121801.jpg















 橋の上から振り返った景色。

 入間川と加治丘陵が見えます。



CA399464_convert_20140114122259.jpg















 入間川に沿って阿須の運動公園が、加治丘陵の手前にムーミン公園があり
ます。



CA399476_convert_20140114122602.jpg














 煙突から水蒸気の出ているのはムーミン公園に隣接する炭鉱、「日豊鉱業」 さん。

 煙の出ている向こう辺りから登りますので、格好の引越し先です。



CA399471_convert_20140114122417.jpg















 今日は登らずにムーミン公園を散策。

 いつもは月曜がお休みなのですが、“成人の日” の振り替えで今日が休園
でした。



CA399477_convert_20140114122738.jpg















 引越しは、桜が咲くころになりそう!






 
 午前中、雨上がりの光がとても綺麗で・・・

 色々と用事をしていると、お昼を過ぎていました。

 潜在意識のヒカルが 「Gが喜ぶのが僕たちは一番嬉しい!僕たちのことはいいから早く家を出て!」 と言ってくれて・・・



CA399435_convert_20140110200355.jpg















 光は地上に溢れています・・・



CA399431_convert_20140110200226.jpg















 天上のごとくにです・・・



CA399425_convert_20140110195951.jpg















 落ち葉がしっとりとしており、滑らず、ぬかるんでもいなくて歩きやすい山道。



CA399426_convert_20140110200050.jpg















 この子もまだ濡れていました。



CA399428_convert_20140110200152.jpg















 そのコルク質の幹には、小さな命たち・・・



CA399432_convert_20140110200255.jpg















 無残に見える折れた松ノ木にも・・・



CA399433_convert_20140110200322.jpg















 次の命が・・・



CA399424_convert_20140110195918.jpg















 パキン!パキン!と枝の折れるような音が谷に響いていた去年の秋。

 よく観察していると、山藤が自分の種を飛ばしている音のようでした。

 今も藤蔓からサヤが沢山下がっています。このサヤを捻るように割って種を
飛ばすんです。

 種に当たるとかなり痛いようですよ!

 この山藤の下あたりで沢の道が無くなってしまいました。

 今回はまた沢を登って、この藤の下まで行ってみることにしました。



CA399436_convert_20140110200501.jpg















 いい音です・・・

 沢を下る小さな水の音・・・

 鳥の声・・・

 谷独特な、静かに包まれる感じ・・・

 植物たちも其々に自分の存在を歌っていて・・・

 そのまま瞑想に入ってしまいます・・・

 聖なる静けさ・・・



CA399444_convert_20140110200807.jpg















 沢の落ち葉に、藤のサヤが見え始めると、、



CA399442_convert_20140110200656.jpg



















 頭上、谷を横断するように・・・ 立派な山藤の蔓!

 ここで道がなくなり、崖を登ったのでした。



CA399443_convert_20140110200732.jpg















 この子が勢いよく飛ばした種も見つかりました!



CA399448_convert_20140110200845.jpg












ジャノヒゲの種
CA399449_convert_20140110200916.jpg












ウバユリの種
CA399439_convert_20140110200620.jpg











何だか分からない種?
CA399421_convert_20140110195837.jpg













ドングリ

一番右の子はもう根を張っています!



CA399450_convert_20140110200951.jpg















 山に入ったころは比較的暖かかったのですが、2時半を過ぎて風が冷たくなりました。暖かい薪ストーブの燃えている 「HOT・POT」 さんでケーキセット。




 山では、地上に落ちた次の命たちが準備を始めていました。

 次の惑星を創る、新しいスターピープル達の種も、元気に育ちますように・・・




 山に入るとき、お店から出てきた人。

 僕の前にお店を出た人。
 
 「ありのままの自分」 という自分の扉を開く、鍵を持っている番人さんでした。





 
CA399408_convert_20140106201105.jpg
















 もう少しで読み終わるのですが、P218にとても共感した所があります。





 私たちは、愛や情熱など、あらゆる種類の感情を表現するために、身体を持つ

選択をしたのだと思います。それらは、純粋な意識やワンネスの状態では、個別

に表現できないものです。もしこの世界での人生が本当の舞台で、一番面白い

場所だとしたら、どうすればよいのでしょうか?


 この現実世界は、表現するための遊び場です。私たちは来世のために学んだ

り経験を積むためにここにいるのではなく、目的を持つ必要性もないようです。

というよりむしろ、この物質世界とそこで生きている自分の生命を体験し、それら

を進化させるためにここにいるのです。私がこの世へ戻る決断をしたのは、ここ

での人生が、今の時点の私にとって一番望ましいものだとわかったからです。

天国を体験するのに死ぬまで待つ必要はありません。私たちの真のすばらしさ

は、今ここに存在しているのです。





 「ありのままの自分を認める」 ・・・

 その中にある 「自分のネガティブさも認める」 ・・・

 自分の中のネガティブさを認める “恐れ” から 「ありのままの自分」 を前に
スルーしていたな~

 スルーはしても、その度に自分のエネルギーレベルがガタ落ちするのが今回
分かった!

 そしてガタ落ちするときには、特徴のある登場人物が現れるのも分かった。

 今までは、それはただの嫌なヤツだったけど、役目を持って登場してくれてる
のも分かった・・・

 その嫌なヤツのために自分のエネルギーを使ってしまうんだ!

 空に浮かぶ行く雲のような心から → 拘りで自由さを失った心になる。

 嫌なヤツ 〓 「ありのままの自分」 というの扉の番人。

 次に会うのが楽しみィ!笑




 
 アニータの 「喜びから人生を生きる」 は読んでいて涙が溢れてきました。

 そして若いころの自分の臨死体験を思い出しました。

 と言っても、夢の中身を思い出せないように、僕の臨死体験は夢の中でもう
一つ深い夢を見る体験だったのです。

 交通事故で病院へ搬送されたあと、警察官たちは病院へ行っても助からないと話していたそうです。

 お花畑とかは出て来ませんでした (ですから僕のは臨死体験ではないのかもと思ったりしていました)。

 僕のは宇宙と出会うことになったのです (そういうタイプもあるようです)。

 ヒューレン博士に 「 【マヒキ】 とは何ですか?」 と質問したとき、

 「 【マヒキ】 は宇宙です。あなたのことですよ。」 と言われ、嬉しく懐かしい感覚でした。

 まあ 宇宙は、僕にとっても皆さんにとっても懐かしい実家であることに間違いありませんが・・・




CA399409_convert_20140110104016.jpg















 近所で一番ツオイ子! 耳に特徴・・・紙飛行機の羽の先をこのようにすると、安定して遠くまで飛びます。





 僕たちがまだエデン (命の海) に住んでいたころ何処にも分離は存在しませんでした。

 いつも宇宙の真ん中にいて、エネルギーとも繋がっていました。

 みんなが一つで、同じものを共有していたんです。

 唯一つの命、唯一つの意識がある、と表現しても同じことかも知れません。




CA399408_convert_20140110103951.jpg















 ツオイけど甘えんぼ。





 今、僕たちは、お互いが違うというのが大前提なので、人に何かをしてあげたり、好きになったり、嫌いになったり、意地悪したり出来ますが、みんなが一つで同じ命を生きていたら?

 それは出来ない相談なんですよ。

 宇宙 (神) を無限に分割した一つがあなたであり、また違う無限分のイチが
僕です。

 そして分離されたリアリティーの領域を作ることでのみ、一人ひとり違った体験をすることが可能になります。

 宇宙 (神) はその一人ひとり違った無限に分かれた体験を寄せ集めることで、自らの活性化と無限の進化を行っています。




 アニータは “ありのままの自分で居ること” をくり返し述べていますが、それは命の海で漂って遊んでいたころの記憶と繋がるかも知れません。

 僕たちがこの世に降り立ったときは、どのように自分を表現しようかとワクワクしているんですが、いつしか社会が教えることに魂を売り渡して、ありのままの
自分は意識の奥のほうで孤立してしまいます。

 この世界のリアリティーは分離しているように見えます。

 いや分離しています。

 そして僕たちは分離した世界に住むと同時に、エデンにも住んでいます。




CA399411_convert_20140110104042.jpg















 ヤオコーで売ってた 「金子バラ園」 さんのバラ。20本程の大束で¥500-
でした。灯油炊いて育てているんだろうに・・・






 
 瞑想 (カテゴリー) のほとんどの記事は、福田高規治療院 で 毎月 第1・3
日曜日 10時~12時 に行われる瞑想会のメモを基にしています。
 参加費 ¥ 500- 予約の必要はありません。



 明けましておめでとうございます

 かつて 生きてきた人々

 今 生きている人々

 これから 生まれてくる人々

 皆さんに ご挨拶いたします

 本日もよろしくお願いします



CA399402_convert_20140106193536.jpg















 (僕の参加した前回12/3は) “穴八幡” さんに瞑想中に会ったのですが 今回は “水稲荷” さんが見えています  

 瞑想中にキツネさんと会って 何を言っていたかお伝えしますね

 


 人世を生きるには強さが必要

 弱いと人の役に立てない

 わたし達ひとり一人が光ですから

 太陽に光をあげる (ほどの存在)

 今日は (瞑想の合図などに使う) おリンの音が違いますね

 (浄化するのに) 太陽の光にあてると良いのですが

 わたし達もすごい光が出ている

 その光のほうを見ているかねぇ

 ・・・・・・・・・・・・・リンの音が

 えんじ色から 黄金色に変わりましたね

 素晴らしいことが起きてる

 嬉しいね~~

 求めたものは与えられる



CA399403_convert_20140106193601.jpg















 (瞑想中心が)静かじゃなくなったら

 神さまと一緒になる

 神さま! わたし達は一緒ですよ・・・

 で また 静かになれる




 鼻を通る空気って どんな感じかな・・・

 それを感じている自分って どんな観じかな・・・



CA399404_convert_20140106193626.jpg















 “穴八幡さま” が今年の初詣になりました。





 治療は

 その人が生きる選択をしないと 治らない

 生きてやるぞ!

 こうしなさいよ (治療のアドバイス)

 「はい!」って言う人は治る

 治らないのは その人の責任



CA399406_convert_20140106193503.jpg
















 とっても寒い日で、参道の甘酒屋さんに入ります。麹で作った砂糖無添加の
甘酒。体が温まりました。




 意識

 神はふざける

 フザケルと言うより 面白がる




 愛いっぱい溢れている わーー!凄っいねーー!

 福田高規 素っ晴らしい存在! と同じ



CA399407_convert_20140106193723.jpg















 “水稲荷” さんは 豊かな水の神さまでした

 凄い強いね! 津波なみです

 せわしなく せっかちで しつこい

 赤い鳥居をくぐる度に 拘りを水に流すんだねぇ

 赤い鳥居をくぐる度に拘りを 捨てて 捨てて まっさらな自分になってお稲荷さんと向き合う

 お稲荷さんは 命 命 意識そのもの 無垢の自分

 拘りを水に流すと 豊かさに対する アイディア 工夫 チャンス が与えられる

 自分がしたいことをやる

 人生うまくいかない人は したくない事を無理してやっているんだね

 キツネは感情ですよ

 感情に流されないで 可愛がってあげる

 宇宙に ただ一つの存在がある

 皆さん 素晴らしい存在ですよ



CA399408_convert_20140106201105.jpg















 僕がよく訪れるブログ 「自由人の カルマ・ヨガ ノート」 があります。

 一日に1000人以上の方が見ているビッグサイトです。凄いですね~

 その中に “喜びから人生を生きる” の紹介がありました。

 読んでみたいなあ・・・ って思っていたら、

 福田せんせいが手を伸ばして、「僕の本ではないんですが、Gさん是非読んでみてください。」 って。

 求めると、ちゃんと与えられます。

 光奈さん、ありがとうございました!
 
 風邪から体調もだいぶ回復してきました。

 読むのが楽しみです。






 

 
 
 昨日は風邪で仕事をお休みしました。

 頭痛と咳が止まらなかったのです。

 頭痛はこめかみ、今までは後頭部が痛くなっていたんだけど。

 咳はのどよりも奥、気管支の入り口の辺りに違和感。

 うどんとかラーメンとか温かい汁物を食べるとき、水蒸気が当たってむせてしまいます。

 掛かり付けの先生のところで計ると、体温が37、3度。

 先生も咳をしていました。

 「皆さんがプレゼントしてくれるんですよ・・・」 って。

 せんせぇ! お大事に・・・



CA399381_convert_20131226011930.jpg



















 
 今日はのんびりし過ぎて家を出たのが3時を回ってしまいました。

 トトロの森へ行こうと思ったのですが、家の前から三井アウトレットまで見渡す限りの渋滞です!

 トトロの森は断念して、いつもの加治丘陵へ。

 山に入ったのが3時40分位、山のふもとは陽が届かず北風が吹いていて
寒~い!



CA399411_convert_20140102222545.jpg















 だいぶ登ってやっと尾根道に陽が当たります。



CA399412_convert_20140102222609.jpg















 阿須山も陽が当たっているのは上の方・・・



CA399414_convert_20140102222716.jpg















 いつもの子も梢 (こずえ) が光っているだけ。

 登ってからのルートはこの樹まで来て決めようと思っていました。

 前回歩いているうちに道が無くなってしまったのですが、どの道を行けば良かったのかを探すことに決めました!



CA399413_convert_20140102222638.jpg















 これが道が無くなってしまった沢。右手の下流から歩いてきました。

 最後はこの急な崖をよじ登って来たのです。(それはそれでとても楽しいん
ですよ!笑)

 手前側の尾根道は “HOT・POT” さんへ下りていくので、谷の向こう側の尾根を下ることにしました。



CA399418_convert_20140102222746.jpg















 こちらが反対側の尾根。

 七国峠のある西の山に陽が落ちそうです。



CA399420.jpg



















 しばらく進むと道は急勾配になります。

 もう陽は届きません。



CA399421_convert_20140102222907.jpg















 下り切ると、前回来た沢に出ました。

 そうか!ここで沢道 (右へ) を行かないで、尾根道 (画面手前へ) を登れば良かったんだぁ!



CA399423_convert_20140102223008.jpg















 ここからは知っている風景・・・ 露天掘りの跡。



CA399425_convert_20140102223135.jpg















 此方から中へは立ち入り禁止になっていますが、上から下りてくると立ち入り
禁止の表示はどこにもありません。^ ^;



CA399428_convert_20140102223210.jpg















 もう太陽は山の陰に・・・

 スタートして約1時間、体はポカポカになっていました。




 
CA399404_convert_20140102174245.jpg







 







 元旦はゆっくり起きました。

 バアバの様子を見にいくと、仏壇のお花にちょうど光が差し込んでいて綺麗
でした!

 いいお正月だなぁ・・・



CA399408_convert_20140102174416.jpg















 先月は会津からバアバの妹のヒサちゃんが会いにきてくれたのですが、ちゃんと顔が分かって話も出来たそうです。

 そのときの写真を見せてもらいましたが、バアバの顔には表情も戻っていて、何十年振りのはずなのに凄いなあと思いました。

 最近は僕の顔を見て・・・この人は誰かな・・・って不思議そうな表情をします。

 Gと僕の弟のWの区別も付いてるのかどうか怪しいですね~

 でも 「今日はお正月だよ!」 と言うと、理解してくれました。

 最近は好きなものを食べさせても、「美味しくない・・・」 だったんですが、

 弟のWが食べさせているおせちは 「おせち料理で美味しい!」 そうです。

 良かったです。^ ^



CA399406_convert_20140102174338.jpg

















 弟が持ってきてくれる美味しいおせち料理で、今年もお祝い。

 いつもありがとうね!

 今回のは京都の職人さんの作ったものだそうです。で冷凍です。

 お店で出すものではないので、冷凍だから無添加のおせちの販売が可能なんだそうです。

 4時ころまでのんびりして久里浜を出ました。





 
 ルート134から江ノ島へ入る右折の信号で、同じ数の3つ並んだナンバーの車4台と出合いました!

 同じ数字が3つ並んでいるのは天使さんだと決めています。

 その時思っていたことに 「そうだよ!」 って同意してくれたり、「いつも一緒に
いるよ!」 って伝えてくれている・・・

 右折すると橋の上は渋滞していましたが、気づくと前の車のナンバーは888でした。



CA399381_convert_20140101220019_2014010123454759e.jpg















 一番奥のパーキングに車を止めて裏道を歩いて行くと、111のプジョーが止まっています。

 あら~! 隣りのボルボも111。

 よく見たら同じナンバー、91-11 と 91-11。

 以前一度だけ、隣り同士が同じナンバーだったことがありましたが、天文学的な確立なのでは!

 あっ!もう一度、夢の中でありました。クレドールと初めて出逢ったときも同じ
ナンバーでした・・・^ ^



CA399382_convert_20140101200532.jpg















 パーキングから歩き始めたのが丁度12時、大晦日でも参道は賑やかでした。

 帰り道は歩くのが大変なくらいの人出になっていました。

 正月の2、3、で逢うことも可能だったけど、年明け前にして良かった・・・

 お正月は寒川さんの周りも車の乗り入れ禁止だったし!



CA399386_convert_20140101234422.jpg















 参道の階段をフーフー言って登ってきて、ここは 「奥津宮」。

 下から、「江島神社」、「中津宮」、「弁財天」 とお参りしてきました。

「奥津宮」 のご祭神は多紀理比賣命 (タギリヒメミコト) で、安らかに海を守る
神様といわれています。

「奥津宮」 は岩屋のご本尊の夏季避暑地だそうです。

 あくまでも江ノ島の本宮は島の裏の岩屋です。

 参道を歩いていくと島の裏側になりますが、太平洋から見れば岩屋は表になります。

 写真の天井には、“八方睨みの亀”、しゃもじには “竜神さん” と “天女さん” が・・・



CA399388_convert_20140101200644.jpg
















 「奥津宮」 まで来ればお昼にしようと思っていた 「魚見亭」 はすぐ其処。

 Hey さんは “釜揚げシラス丼”、僕は “江ノ島丼 (サザエの卵とじ)” どちらも
定食。

 運転しないHey さんは生ビール付きで!笑



CA399390_convert_20140101200709.jpg















 「魚見亭」 のテラスは太平洋が一望できる絶景ポイント・・・

 気持ちのよい日本晴れで、年末というのに日差しが南の島のようで!

 コートを脱いでも汗がにじみ出ました。



CA399391_convert_20140101200739.jpg















 空腹も収まり、岩屋までの長い階段を降りていきました。



CA399395_convert_20140101200840.jpg















 奥に入っていくには、ろうそくを借りて行きます。



CA395908_convert_20140101202449.jpg















 弁財天 (サラスワティ) も元はこの岩屋にお住まいでした。

 写真は参道のお店のもの、本物は全裸です。とても色白の美人の弁天さま
なんですよ。



CA399393_convert_20140101200814.jpg















 蛇や龍はサラスワティ のお使いです。



CA399399_convert_20140101200945.jpg















 空海、お大師さん。

 口元がほんのりとピンクのお大師様。色気がありました。

 

CA399398_convert_20140101200910.jpg
















 暗くてこれが精一杯ですが、本宮です。

 役小角がこの岩屋に参籠して神感を受け、 泰澄、道智、弘法、安然、日蓮などの名僧が修行の地としています。

 この元宮は富士山に繋がっていると言われています。

 富士山から岩屋までトンネルで繋がってるのではなく、龍脈 (レイライン) で
繋がっていると僕は思っています。



CA399402.jpg















 2013年最後の夕焼け・・・

 Hey さんをマンションに送って、従兄妹の入院している病院へ回りました。

 ギリギリ面会出来ました。

 「わたしは元気だよ!主治医から統合失調症ではないって言われている。
薬ももう出ていない。外出も出来る。でもこういう所は中々退院させてくれない。クリアーしなくてはならないハードルが色々あってね・・・」

 僕も2、3回前から目の輝きや、言葉がしっかりしていて、彼女から悪口やグチが全く出てこない。関係性の悪い夫に対しても事実は言うけど非難じみたところが無い。もう治っていると感じていました。

 「心の通じるOT (作業療法士) の人が2人 (男1・女1) いてロックのお話とかが出来る。その2人が好き!この病院に来れて本当に良かったと思っているんだ~」

 よく頑張ったね!この環境でそこまで言えるなんて、本当に凄いよ!!






 
CA399372_convert_20140101195947.jpg















 明けまして おめでとうございます!

 去年の話になりますが、

 12月、僕の整体の先生、Hey さんが岩手から出てみえられて・・・

 神奈川県、丹沢が大きく見える場所、30日仕事が終わって向いました。

 最後に会ったのは西村せんせいの所、3年ほど前になります。

 美味しいお酒で、夜は積もる話をしました・・・



CA399373_convert_20140101200012.jpg















 【寒川神社にお参りに行って、お昼は江ノ島で!】

 というアイディアが翌朝、唐突に降臨しました。

 神社の境内から周りまで、露天のお店の準備が大忙し!

 大晦日にお参りに来たのは初めてだけど、この雰囲気・・・ 気に入りました!



CA399375_convert_20140101200234.jpg
















 神職の方達も明日の用意に忙しそう・・・



CA399376_convert_20140101200046.jpg
















 初詣の順番の列が引いてありますねぇ・・・

 驚くことに!既に並んでいる方が居られました!

 まだ前日の11時AMですよ~~!



CA399379_convert_20140101200131.jpg















 お参りして江ノ島へ向かいます。



CA399380_convert_20140101203700.jpg















 お札や、お守りの販売は元日を待たずに始まるんですね・・・