魂のワークブック

何だろう?私と世界にプレゼントしたいもの♪

 
CA398100_20130430001111.jpg















 カンバスボードを買ってきて、描き直してみました。

 マンガチックですが、少しマシになりました。





CA398102.jpg















 最初の絵はこれ・・・

 クレドールは中東?アフガン系?の顔立ちです。

 「違う・・・」 は、もっともな話しです。




 
CA398098.jpg



















Credor との出会い。




 クレドールに 「顔が違う・・・」 って言われて!

 出逢った場所をバリ風にしました。ヒゲは生えてなかった気がしますが、聞いたら 「ヒゲOK」 だったので付けます。

 デッサン苦手ですが、気持ちで描きます!

 もう少しお待ちください!!




 
 植物好きにとってこの時期、園芸店は心をくすぐられる場所

CA398078.jpg















 あれも!




CA398080.jpg















 これも!!




CA398083_20130425014637.jpg















 あれも!!!




CA398081_20130425014634.jpg















 これも!!!!

 次々に欲しくなってしまい、もう買わないように園芸コーナーを離れます。



 お掃除用品、ビニール手袋、ストーン、アンティーク、シャンデリア・・・ etc

 歩き疲れてドトール・コーヒーで休息・・・ 写真のデータ見たら4時間もいたんだ!!

 夕食用のうどん、上に載せる具を買って帰ります。




CA398093_20130425021953.jpg















 折れたオリーブの枝や、ちぎれて足元に落ちていた子たちを拾ってきて!

 根付くかな~・・・^ ^;





CA398094.jpg















 このアジサイは、来週久里浜へ連れていきます。








 
 バリへの旅が決まったころ、リリーさんから、「ちょっとディープだけれど、ティルタ・エンプルでのマンディーはどうですか?」とお勧めがありました。

 まさか実現するとは・・・

 嬉しいです!!^ ^/




CA398069_20130424220354.jpg















 入り口付近の、空いっぱいに広がる木・・・

 大きな木には、大きな植物たちが生い茂っていました。

 みんな一つひとつの命だけど、集まっても一つの命・・・




CA398068_20130424220351.jpg















 若い新婚さん?? 真剣に祈りを奉げておいででした。

 右側でお世話しているのは、新郎のイブ(お母さん)でしょうか?




CA398067_20130424220348.jpg















 バナナ売りのイブ。イブのことを “ブー” とも言うのを今回知りました。

 バナナ売りのブー!

 美味しそうなバナナの黄色・・・

 ティルタ・エンプル・・・ どうも黄色が目立ちます?




CA398073.jpg















 リンガーを包んでいるのも黄色の布。




CA398074_20130424220358.jpg















 気になった小さな祠。

 ここも黄色・・・

 調べてみるとティルタ(水)・エンプル(聖なる)はインドラ神が、杖、あるいは雷で地面を打って聖水が溢れ出た・・・

 雷神さまのイカヅチだから黄色。  ← 私めの出まかせを信用してはいけません!




CA398066.jpg















 聖なるアグン山に降った雨水が湧いていると言われています。

 水色と言ったらいいのでしょうか?薄い青色の水が、砂を巻き上げ湧き出ているのを眺めていると、現実感から離れていきます・・・




CA398072_20130424220529.jpg















 そのすぐ下にある沐浴場。

 「心無い観光客が、裸でマンディーする女性を撮影したので、ここで沐浴しなくなってしまった。」 と前回説明を受け、そのときは本当に無人だったのですが、
こうして再び島の人々が聖水を浴びれるようになって、本当によかったと思いました。

 遠藤さん、水の冷たさに馴染めなかったようですが、滝行のマントラ 「ハラエドノオオカミ」 を唱えるとすぐに水と一つになれました。 日本の言霊も通用するみたい・・・^ ^

 その遠藤さんが、プールから上がろうとすると目の前に花が落ちていました!




CA397920.jpg















 それは白いチャンパカの花でした!

 甘~~~い香りが漂います・・・ 押し付けない優しい香り・・・

 僕がアドレスにも使っている champaca ですが、本物は初めて!生花に感激でした



 この後、一人マンディーをしないで待っていてくれたコマンさんが、銭湯の脱衣場のようなところへ案内してくれました。無事、乾いた衣服に着替えることが出来ました。




CA397921_convert_20130424221337.jpg















 最後に聖者のポーズを決めてくれたマスター・コマン!

 5日間、縁の下の力持ち的な仕事と運転で、僕たちを安全に運んでくれた!!

 ありがとう!!大好きです ^ ^/"




 
CA397907_20130422142007.jpg













 ワ~ もう先々月になるんだ・・・

 バリで耳つぼジュエリーの初体験をして、僕も付けてもらいました!

 長いこと付いていました。ある朝、気がついたら両側のスワロとも無くなっていたんです。付けて1ヶ月と5日目でした!

 馴染んでいたんですね・・・無くなると寂しいもんです。笑

 付けている間、周りの人たちからは色々な目で見られていたんでしょうね??

 そのうちのお一人、デイケアの利用者のお姐さんが、

 「穴開けないなら、わたしも付けたい!」って

 その後中々会えなくて、先週もう一度確認したら、

 「わたしは緑色が好きなの・・・」

 そこで、エメラルドのスワロを発注しました。あとゴールド、他に5色セットも!




CA398058_20130422142053.jpg



















 ついでに耳つぼの分かる絵もね!

 足の反射区は知っていますが、つぼは い~~~杯あって大変!

 僕の行う二点療法はつぼは意識しません。勿論耳つぼもパスしていました。

 耳に、全身がどのように横たわっているのかが良く分かりました。面白かったです。




CA398055_20130422142050.jpg















 耳つぼの “ポイント・マスター” 耳つぼの早見表です。回して使う星座の早見表みたいなもの。

 “目の疲れ” とかにダイヤルを合わせますと、使うつぼが表示されます。

 ¥4500-(10%引き) 高いと思いましたが、良く出来ています。安いかも!



 専用の取り付け器具・スパチュラと、身体と耳つぼの本も今日発注!明日の
午前中には届きます。

 また新たな楽しみが増えます!^ ^






 

 
 
 3Fの教室。

 「あれ!ドアが開かない?」

 勉強会はお休みかあ! ちゃんと話し聞いてないからだ・・・

 ちゃんと聞いたのに、忘れちゃったのかも!^ ^;




CA398046.jpg















 こんな時もめげないのは、どんなものか?

 すぐに次の楽しみに向います

 隣接してハーブガーデンがあり、中に美味しいレストランがあります。

 先ほどから、お腹も空腹だと主張!!




CA398047_20130422113727.jpg















 オムレツとタコライス。

 パン工房が併設、レジを済ませば中に持ち込めます。

 レジのお姐さんに「タコライス、凄い盛りがいいですね!」と言うと、

 「女の人はペロリと平らげますよ!」ってお返事でした。笑



 コーヒーは他のお店で飲むことにして・・・

 帰り道に HOT・POT さんがあります。

 今日は風が冷たい!

 お店のカウンター横の、暖かいストーブが頭を過ぎります。

 モッコウバラも咲いているカモ・・・




CA398050.jpg















 3時半位でしたが、少し前にクローズになったみたい! 残念!!

 モッコウバラもまだ蕾で・・・




CA398051_20130422114331.jpg















 お野菜を買って帰ります。




CA398052_20130422123412.jpg















 今日(4/22)のブランチになりました。




 
CA398033 (2)















 バリの渓谷は切り立って深い。

 「古代詩の山」と言う意味を持つグヌン・カウィの遺跡は、渓谷を最後まで下った川沿いにあります!!

 このアヤムのついばんでいる所から下を流れるパクリサン川まで350段もの階段があるそうで、前に来たときも帰りの登りがきつかった!!

 勾配もこの写真から想像してくださいね・・・

 ヨーロピアンに人気があるけど日本人はあまり行かないそうで、コマンさんによると、ガイド(日本人はガイドさん付きだよね!)さんがきついので敬遠するのではと!笑




CA398035 (2)















 下り切ったところにある門。この門をくぐるとパクリサン川が流れています。




Goods_Album_248084_60_sum640_1258787170.jpg















 門のところから振り返ると・・・

 階段と石像以外は、門も含めて一枚岩の岩盤を掘り抜いて作ってあるのですよ。




CA397678.jpg















 流れの向こう側に現れる遺跡!!

 まるでインディージョーンズの世界・・・




CA398038 (2)















 古代の王家の墓所、と言うかチャンディ(記念碑)だそうです。

 亡くなった方々の魂の開放を願って建てられた(建てたんじゃなく、彫られた)チャンディ。

 お坊さんたちの宿坊も後に作られ、今の形になったそうです。




CA398040 (2)















 宿坊ゾーンの入り口。此処からははだしになります。




CA398039 (2)















 中はちょっと空気がヒンヤリしていて、波動も少し違います。




CA397689.jpg















 瞑想など修行をしていたであろう、小部屋へ入ります。




CA398036 (2)














 
 4人でお祈りしました・・・

 そんなに遠くない過去に、修行していたお坊様がおられたようです。




 写真、Up しちゃいけないかな?と思い、超意識を通してお尋ねしますと・・・

 「どうぞ、いいよ!」との応えが帰ってきました!

 お坊様、ありがとうございます

 リリーさんに頂いたTEMPLE SPICE というお香、今焚いています。とてもいい香り・・・

 世界中の幸せと、お坊様の幸せをお祈りしました・・・




CA397694.jpg















 苗代の新芽の青いこと




CA398034 (2)















 急峻な川沿いの少ない平面・・・ ここにも棚田が見られます。

 代掻き(しろかき)後の田んぼと、田植え後の田んぼと半分半分。

 階段を下り始めたのが9時40分ころ。既に1時間ちかく過ぎて日差しが強くなっています。

 そんな空と雲が、田んぼに映ってキレイです!






 
 
CA398063_20130417070721.jpg














 午後2時ころ、お日和も良いので新緑を満喫しにお出かけしました

 高麗川カントリーの奥の山です。

 白銀平の展望台からは、日高市が眼下に広がります・・・

 少し春霞でしたが、何とか新宿のビル群が見えていました。八高線を走る二両編成の電車がミニチュアのよう!




CA398065_20130417070724.jpg















 日和田(ひわだ)山の方面・・・

 そよぐ風に冷たさはなく、日差しも強すぎず、ベンチに座っていると眠くなってきます・・・




CA398083.jpg















 近くの高麗神社にお参りに来ました。




CA398069.jpg















 神社裏にある高麗家の住居跡。

 先日、闇の中に咲いていた枝垂桜も新緑に・・・




CA398084.jpg















 神職さんが裏山に入っていかれたと思っていたら、お榊(サカキ)を手に帰ってみえました。

 いや~~!こんなキレイで立派なお榊は初めて見ます!!

 「使うお榊は、みんなこの山で足りるんですよ!」

 本榊だそうです。






CA398082.jpg














 駐車場に戻ると、猫バスが停まっていました!^ ^










 
 領収証とバブを買いにカインズホームへ来てみたら、裏山がと~っても綺麗!!

CA398047_20130415235525.jpg















 新緑の山ぎわ、HOT・POT さんの野菜も買って帰ることにしました。




CA398051.jpg















 気持ちよい春の芽吹き・・・

 お店の前のドングリ系の木々たちです。




CA398060.jpg















 ところが、お野菜の台は空っぽ!




CA398052.jpg















 左側の台に残りが少しありました。




CA398054.jpg















 足元にはスミレが!! 今年初スミレです。^ ^/

 スミレの横には、高さ4~5cmのモミジの赤ちゃん!去年落ちた種の実生達ですね!
 
 見上げると、花が咲き終わり、新しい種を育てているお母さんが枝を広げていました・・・

 仕事先では、ウグイスの初鳴き!



CA398062.jpg















 菜の花(花少な^ ^; もしかしたらノラボーの脇目?)のお浸しは、夕ご飯に
食べた残り。

 ワラビは今さっき重曹で漬けました。朝起きれば出来ている算段です。

 春の息吹きを食べるのだ~!




 
 バリも残すところ今日と明日の2日・・・

CA398045.jpg















クリックで拡大




 今日はゴア・ガジャをスタートして、グヌン・カウィの石窟、ティルタ・エンプル寺院での沐浴、バツール湖とキンタマーニ高原、ウルン・ダヌ・ブラタン寺院を廻ってウブドに帰ってくる予定でいます!

 行きたいところをお願いすると、お勧めの所もミックスして、コースを作って運んでもらえる幸せ!!
お二人に本当に感謝!!ありがたいです




CA398033.jpg















 何度も来ているのに、ゴア・ガジャに行くのは初めて!

 他に参拝する寺院もあり、サロン(スカートのような巻物)とスレンダン(腰紐)での正装です。

 僕はサロンが女性の巻き方だったので、コマンさんに散々笑われました!^ ^;

 写真はゴア・ガジャの入り口付近で撮ったもの。



CA398036.jpg















 ここは道路のあった入り口から、だいぶ下ったところ、

 左側の沐浴場に3人の女神さま。残りの3人の女神さまは右に続く沐浴場の同じ壁に並んでいます。

 天から降った雨水が地中を通り、聖水となって女神達から吹き出ています。

 この左奥にゴア・ガジャの洞窟があります。




CA398035.jpg















 ゾウの洞窟という意味のゴア・ガジャ。

 入り口の石像のサロン?に注目! 白と黒と赤の3色ですね。

 ほかの所で見かけるのは、白と黒の模様が多いですが。




CA398037.jpg















 入り口の大きなお顔!周りの彫り物は何でしょうか?僕は顔に見えてしまうのですが、顔ではなさそう。森羅万象の形でしょうか?数多くに分離してしまった世界が、一つにまとまって集合意識になっているような彫刻です。

 聖水を精製する地中へ入っていきます。




CA398034_20130414120222.jpg















 地中に祭られている3体のリンガ。

 黒、白、赤、ですね。

 シヴァ、ヴィシュヌ、ブラフマ(色との関係は分かりません)がお祭りされています。

 地表でバラバラになったリアリティーが、地下では宇宙の根源の3つのエネルギーとして存在しています。

 さらに目を瞑ることにより、3つのエネルギーは一つの命、一つの光、一つの愛へと形を変えていきます。

 黒、白、はプラスとマイナス、分かりやすい世界です。そこに加わる赤はゼロです(白黒をプラスとマイナスにした都合で、赤を0にしただけです)。

 “ゼロ” は神道では三種の神器の “鏡” を表します。“0” は癖のないのが癖! “0” といつも一つになって居られたらいいんですが、チューニングが難しい・・・

 “0” は3を映したとき-3になります。“0” は-5を映したとき+5になっています。 そのままを映し出す “鏡” には決まった自分の姿はありません。




CA397657.jpg















 洞窟の高さから、さらに下へ下へと階段が続きます。




CA398040_20130414120323.jpg















 階段を下り切ったところに大きな木がありました!凄い板根です!!

 この子、100年?200年?300年前?は、種から生えた小さな小さなおチビちゃんだったんですね!

 植物は地底からの息吹きだと思うんです。その息吹きが形を取ったもの。

 地底のエネルギーが植物という通路を通って光へ導かれていく。その通路が長年続いて固定したのが大木。大きな立派な木が多くある土地は、土地自体のエネルギーが高い場所といえます。

 この木の根の向こう側・・・




CA398041_20130414120326.jpg















 最も下ったところに睡蓮の池がありました



CA398039_20130414120321.jpg















 周りを見回すと、壊れた遺跡の一部と思われる石が多く見られます。




CA398038.jpg















 建物の塔の先端を彫り込んだまま、途中で見捨てられたような大きな石・・・

 昔むかし、何があったんでしょうね???




CA398042_20130414120439.jpg















 崩れた遺跡の大きな石を、大木の根が取り囲んでいきます。

 ラピュタのお話を思い出しました。

 ここにもお供えものがありました。

 この島では、形を持たない者への思いやりを、至るところで見ることができます・・・




CA398043_20130414120441.jpg















 遠い太古の記憶から、意識の底から、階段を上がるたびに現在に戻ってくる
感じが・・・

 でもこの階段の上はまだ、ゴア・ガジャの洞窟のあるフロアー。




CA397668.jpg















 中央の光の当たっている地面の右側が、女神さまの沐浴場。左側の草に覆われている下に洞窟があります。

 もう少し上がると、地上の道路と入り口があります。

 ゴア・ガジャ! ありがとう・・・





 
 へ~~・・・

 ジャラン・ハヌマン(ハノマン)は「ラーマーヤナ」のお話でシータ姫を救い出す、英雄、白い猿の将軍ハヌマンから来ているんですね・・・

 初めて知りました!



CA398029.jpg
















 たまたま撮れていたハヌマン通りのお店の屋上の像が、白猿のハヌマンでした!

 白猿のハヌマンが重要な役目を演じるケチャも、このハヌマン通りのタマン・サリ寺院で見れたんだ!

 アルサナ先生のボディ・ワークス・センターもジャラン・ハヌマン。

 そう言えば・・・


 



CA398031_convert_20130410064535.jpg









 今回頂いた名刺の写真は、白い猿ハヌマンのイメージ???





CA397597.jpg















 AND、アルサナ先生、おサル系ですよね!?(すいません!)

 ピョンピョン跳ねるような軽い身のこなし、ユーモアでお茶目なところ・・・

 悟空の生まれ変わりか! ^ ^;





 ハヌマン通りは落ち着いた趣があり好きです。ちょっと高級系なのかな?

 ショップ案内 貼っておきますね!





 
 写真何枚か、“バリ島 観光 旅行 PT ヒロチャン” からお借りしました。ありがとうございます。ホームページも楽しめますよ!




kecak-3.jpg













 アルマを出て、デルタ・デワタでリリーさんお勧めのボカシ・オイルを購入!

 ケチャの会場、ハヌマン通りのタマン・サリ寺院に着いたときは、もう日が落ちていました。

 手前、寺院の塀と、その向こうのお店の間の狭い路地から会場へ。 




GRP_0125.jpg












 チケット、Rp75000-ですね。(¥750-位)




CA397637_20130408205931.jpg















 始まるしばらく前から、炎の燃えさかる燭台が置かれています。




kecak-2.jpg















 ケチャは、子どもの行っていた学校の文化祭で聞いたのが最初でした。

 一人ひとりの口が楽器です。歯切れのいいリズムと不思議な手の動き!

 へ~~怪しい! バリってどんなとこ・・・興味津々??

 その時は、何度も来ることになるとは思ってもみませんでした!

 


kecak-5.jpg













 ラーマーヤナの物語がケチャの背景にある位は知っていましたが、物語は知りませんでした。

 森の中でお猿さんの集団が「ケチャ!ケチャ!」って歌っている・・・

 お猿の王様が出てきて、人間の女性に求愛するけど断られる。

 そこで、お猿の王様は指輪を差し出す。すると女性は喜んで付いていってしまう。 あらぁ・・・

 そんな風に見えてしまうのですよ。^ ^;

 実際のお話はリンクをクリックしてみてください。 → 「シータ姫の誘拐のストーリーと指輪」




kecak-4.jpg














 ケチャは多分3回目だと思うんですが、火渡りのサンヒャンは初めての体験でした!

 トランス状態に入っているので、熱くても大丈夫なんだって!!




CA398017.jpg
















 有名なシータ姫の誘拐のシーンを描いたものです。

 誘拐しているのは魔王ラワナなのでしょうが、僕の頭の中は、シータ姫を助け出す白い猿のハヌマンとごっちゃ混ぜなのです。

 今回物語を知ったので、次は納得して見れるでしょう!

 どうかな?

 果たして・・・ちゃんとラワナとハヌマンの見分けがつくかな? 笑




 
 瞑想 (カテゴリー) のほとんどの記事は、福田高規治療院 で 毎月 第1・3
日曜日 10時~12時 に行われる瞑想会のメモを基にしています。
 参加費 ¥ 500- 予約の必要はありません。





 かつて 生きてきた人々

 今 生きている人々

 これから 生まれてくる人々

 皆さんに ご挨拶いたします

 すべて あなたのことですよ

 おはようございます!




CA397440.jpg















クブ・ソチャの前の、田んぼと道。



 何かが 自分に嫌な感じを与えている

 ゴキブリ・・・

 それがゴキブリという象徴で 夢に 心にあらわれる

 何かのせいにしている

 それを止める

 「ゴキブリちゃ~ん」 という感じ

 私なんて ゴキブリちゃんとゲームをします

 福田さん またゴキブリ潰しましたね!




CA397536.jpg


















瞑想は 神に聞く

 神は 「ハロー福田さん」 とは言ってくれない

 神に聞くとは 静けさのこと

 静けさとは どんな感じかな・・・

 この ・・・ ですよ

 私が一番静けさを感じられるのは 香りを嗅いでいるとき

 香りを嗅いでいるときは コメントしない

 その時の 香りとの一体感

 宇宙と一つになっている

祈りは 神に語る 

 神さま 今わたしは ここに居ます




CA397545.jpg


















 瞑想を始めると 心はうろうろ、うろうろ、うろうろ、うろうろする

 心を瞑想に戻すのは 二つあります

一つは唱音

 A・・・・・ E・・・・・ O・・・・・ U・・・・・

 母音を唱える

 自分の出す音に 意識を合わす

 A U M もそうです

 A(阿) があって M(吽)がある

 くり返すと あん あん あん あん になる

 A U M の前に N を付けると N A U M 南~無 

 A U M の後に EN を付けると A U M E N ア~メン

 ア~ン 高く低く ア~ン 広がり縮まる ア~ン 波動を合わせる

 宇宙は波動です




 もう一つは 呼吸を意識する

 自分の呼吸と 一体になる

 聖なるもののうちで 最も聖なるものの中へ

 聖は 間違いなく静です

 わたし達は 聖なるものなんです

 生まれたときから づ~~~っと続けている呼吸を ただ感じる

 どんな感じかな・・・ なんですよ

 その時は 考えていない

 考えるのがいけない と言っているんじゃないですよ

 呼吸してる ってどんな感じかな・・・

 生きてる ってどんな感じかな・・・

 今 ってどんな感じかな・・・

 考えている時は “今” に居ません 過去か未来に行っているんです




CA397534.jpg


















 呼吸は 体全体でする

 体全体で吸う

 吸うとき(このときは正座でした) 骨盤を広げていく 両足の親指が近づき 
かかとは逆に広がっていく感じ

 吐くとき 左右のかかとが近づく 肛門を引き上げ エネルギーが背骨を通って上昇し 頭から抜けて宇宙に返してあげます

 自分を通して 元気がいっぱい溢れ出ている

 出て行かせる

 宇宙の元気 エネルギーを還流させる




CA397532.jpg


















 失敗したときは 自分の失敗を 始めから終わりまで見てしまう

 見てしまえば それでおしまい

 それが私の反省

 人生はとにかく やりたい事をやる

 エゴだろうと何だろうと 関係ない

 神に言う 「やるぞーーっ!!」 

 やりたい事だけをやる (極力だと僕は理解!)

 やりたい事は それなりに計画を立ててやるのも大事




 人間関係がうまく行かないのは 共通の目的を持っていないから

 子どもが育ってしまうとうまく行かなくなるのは そういう事




CA397543_20130408095811.jpg


















 瞑想は 寸暇を惜しんでやる

 見たものにコメントを与えないで 見る

 静けさを体験する

 電車で揺れている コメントなしで揺れてみる

 静けさを体験する

 桜の花びらが散っているのを 体験する

 生きていて良かった・・・




CA397855.jpg





















 

  
 
CA398129.jpg
















 本当に久しぶりぃ!!

 府中の猫仙人・Eさんと一緒にランチをしました。





 僕は “地球はアセンションした” と思っている人です。

 Eさん地球と一緒に次元上昇しましたね!

 以前は怒りを言葉にしていた彼ですが、何事に対しても怒らなくなったそうです。

 「物差しは捨てた!」って言っていました。

 違う言葉で言えば、“無限大を計れる物差し” を手に入れたんですね。





 猫仙人の言葉!

 「僕たちは、過去や未来、世界のあちらこちらに、自分のエネルギー(自分自身)を送り出したままになっている。そんなバラバラになっているエネルギーを
自分自身を “今ここにいる自分” に還流させる。それが大事!!」

 言葉は少し違うけど、そんなこと話してくれました。





 今回のアセンションは、3次元から5次元への次元上昇です。(4次元は3次元を生み出す原型で、3次元とセットになっています)

 5次元は “命の海” と呼ばれているところ・・・

 極性のない無極の世界、つまり陰陽、高い低い、大きい小さい、支配服従、
自分他人、など対立とか正反対のもので補完することの無い世界です。

 その世界は影のない光でできています。

 ただし、みんなで一つなので、たった一つの体験があるだけです。

 それぞれが違う、そのような体験が出来ません。

 僕たちは時間や空間を限定した数え切れない肉体に宿ることで、色々な体験、色々な感情、色々な認識、色々な正しさを持つことが出来ます。

 わたしが正しくあの人が間違っている、ということに拘っている間は、“3次元的物差し” を持っています。





 時間の無い世界では、いま地球がアセンションしたと言う時もありません。(地球がアセンションした今が無限に存続しています。)

 アセンションの前も、アセンションの後も無く、3次元も5次元も、始まりのない始まりから同時に存在していました。前やあとと言うのも時間のある世界にだけあります。

 3次元は一つのものを違う見方で味わえる世界です。味わい尽くしてその意味を充分に理解して初めて5次元の扉は開きます。

 じゃあ5次元に行く魂は、3次元の魂よりレベルが上なの?

 と誰もが思うかも知れませんが、3次元的には確かにそうでしょうね・・・

 5次元には優れている ⇔ 劣っているという事自体がありません。

 それぞれがそれぞれに一番合った世界を体験しているだけです。

 魂の年齢とは時間ではなく、経験値のことだそうです・・・





 地球がアセンションしたと言っても、3次元の地球と5次元の地球が混在しているわけで、住む人の意識によって棲み分けられている・・・ しばらくは5次元、3次元ともに出入り自由が面白そう!それぞれに違う楽しみ方がありそうです!

 混在していると言っても、3次元、5次元はそれぞれ違うレイヤーにあります。
3次元は慣れ親しでいるレイヤーですが、5次元は5次元のレイヤーにチューニングできないと楽しめません。僕たちは可視光線の領域を見ているのですが、その領域の外側の世界を見るには、別の受信システムが必要です。そういう意味です。

 5次元に慣れてくると、3次元に対する興味はなくなっていくかも知れませんね。

 ただガイアは、将来、地球以外の惑星が次元上昇するときのために用意されていた、肉体を伴ってのアセンションを選択していました。3次元である肉体も喜び楽しんで、魂は5次元に存在するのがガイアの選んだ望みだと思っています。

 まあ、次元に関係なく、自分が自分らしく幸せで、隣の人と一緒に笑っていること・・・

 それが自分にとっても、世界にとっても一番のプレゼントになるのではと思います。





 あ~~っ それと怒り・・・ ですが、

 僕はまだ怒ります。今まで良い子でいた分、体の関節部分に溜め込んだ怒りのエネルギーがあります。

 最近、僕を怒らせる人に出会うと、そのときは本当に腹が立ちますが、怒って溜め込んだエネルギーを開放する(相手に向けては出しませんよ!笑)のは気持ちがよく、後で怒らせてくれた方に「な~んてっ有り難い人なんだろー!」って感謝しています。





 府中のEさん、雨の中遭難(笑)しそうになりながら、美味しいお土産を沢山ありがとうございました! 

 美味しく楽しい時間でした こんどは遊びにいきますよ!^ ^/









 

 
 
CA398117.jpg















 今日の仕事先は造り酒屋さん。

 試飲会が桜の木の下で行われていました!




CA398118.jpg















 母屋の入り口から試飲会場をパチリ!よく分かりませんね~




CA398120.jpg















 仕事終わって出てみると、何もなかったように桜と散った花びらが・・・




CA398122.jpg















 試飲は出来ないけど、ケーキを買って帰ります!

 帰り道、Jたちはお花に囲まれていました♪




CA398125.jpg















 苺のショートと、何やらチーズケーキのよう・・・

 チーズケーキの上の楕円形のクリーム!顔のように?(クリックで拡大)

 Jたちの仲間かな? 笑




 
CA398100.jpg















 ここ数日の雨が上がって、実家の庭にまぶしい日差しが降り注ぎます。

 植物たちは気持ち良さそうに、芽を出し、花を咲かせています




CA398103.jpg















 フキたちが庭の一角を占領して、こんなに広がって・・・




CA398106.jpg















 坪庭ならぬ坪畑、「今年はもう野菜はやらない」と父親。

 お花を植えるそうです。

 今日は花の苗を買いに、北久里浜のケーヨーD2に付き合いました!^ ^




CA398107.jpg















 水仙、スノードロップ、フキで一隅が明るくなりました!

 ちょっとした事件で台所が片付き、今まで取り付けたくとも取り付けられなかった箇所に、手すりを付けることができました!

 先月、「洗濯機が故障しているよ」と言っておいたら、おニューになっていたし!




CA398104.jpg















 枯れてしまった盆栽には、いつの間にかムスカリが花をつけ・・・




CA398116.jpg















 散りかけの桜と新緑の同居する、今!

 すぐ先に、緑が燃える季節。

 俺も燃えるんだっ!

 どのように?

 その時にならないと、分からないのです。笑



 
CA398086.jpg















 雨と強風で枝を飾っていた花びらは、地面にも綺麗な絵を描いてくれました




CA398089.jpg















 雨・・・

 視界が効かず、病院の駐車場から千葉県はまったく見えず。




CA398093.jpg















 雨が上がったの、何時ころでしょうか?

 夕焼けの色が、海面を穏やかな情景にしています。




CA398091.jpg















 ワーーッ!綺麗だねーー!!




CA398092.jpg















 思わず、声が出ます。




 
CA397491.jpg















 一日前に撮影した、オープンステージの門。

 門の入り口の前に、エネルギー体が写っています。

 左側の虹の中に、オーブ?のようなものが・・・(クリックで拡大)




 僕は霊能者ではないので分かりませんが、メッセージがあったのかも?

 普通のオーブは写ってくれません。

 僕のはオーブと呼べるものか判断がつきませんが、いつも虹の中や光の中に写ります。

 網膜にも(これも説明できませんが)まったく同じものが見えるときがあります。





CA397686.jpg















クリックで拡大。



 たんにカメラのレンズのせい?

 でも同じものが、どうして目の中に見えるの??





 
CA397633.jpg















 バリ絵画スクールは、このオープン・ステージの左奥、カフェ 「ワルン・コピ」 のとなりで行われました。 




CA397629_20130404212140.jpg















 案内のスタッフさんについて行きます・・・

 先生はこの方のお父さんでした!




P2122197_20130404212147.jpg















 ウダン(帽子)を被っているのがお父さん。ワヤン先生です。

 大きなバレだなあ・・・何に使うんだろう? って思っていた所!

 ここがスクールになるんだあ!!




P2122198_20130404212149.jpg















 定刻を過ぎること20分位? 女性が登場!

 さらに遅れること15分位? 男性が登場!

 二人とも悪びれることもなく、ごく自然に始めます・・・

 先生を親しげに「ワヤン」 「ワヤン」と呼びます。

 先生もまったく気にしていない様子。

 儒教の国では考えられないことですが、この感じがとても好きです




P2122199_20130404212151.jpg















 各自選んだワヤン先生の描いた絵のお手本を、写していきます。

 線画から陰影を付けるところまで、終了の時刻を1時間は過ぎていましたね!

 色差しの前までの、バリ絵画の最も重要な部分です。

 僕は前回、アルマのオーナーのアグン・ライさんの亡きお兄さん、アグン・ラカ
さんのミュージーアムでペインターさんに色差しを教わりました。

 15cm四方程の小さな絵でしたが、2日かけても完成しませんでした。

 時間を忘れて没頭します・・・ 絵やはり好きですね!!

 




GRP_0117_20130404212424.jpg












 アルマ発行のバリ絵画、終了証書!

 僕は人をレッテルでは評価しません。

 でも頂いたこのレッテルは、とてもお気に入りです!!^ ^;




 
 サンバルが無くなったので作りました。

 ついでに、鶏ひきを炒めてサンバルで味付けします。

 見てたら、冷麺が食べたくなりました。



CA398081.jpg
















 担々麺とバンバンジーを合わせたような、ピリ辛うどん。

 無漂白の地粉うどんが、つるつる、シコシコして美味しかったです!

 今日はまだ肌寒かったのですが、これから暖かくなると、冷たい麺類なしには居られません!^ ^






 
CA398068.jpg















 カオマンガイの後は、やはりお隣のJ達、宇宙人にご挨拶しないとね!^ ^




CA398067.jpg















 むすめ達は、無くしてしまった結婚指輪を買っていましたよ




CA398074.jpg

CA398072.jpg

CA398076.jpg

CA398070.jpg

CA398075.jpg

CA398071.jpg















 由羽と心は、この踊るお星様でクライマックス!!

 孫たちときたら・・・

 この寒い夜空に、光と一緒になって踊り、叫んでいました。

 いや、この時ばかりは、僕も孫たちのエネルギーに包まれていたのか、寒くなかったですよ!!




 
CA398063.jpg















 アロマプロジェクトのさいたま新都心を3時近くに出て、アパートに待ち合わせの5時になんとか帰ってこれました。

 福生のカオマンガイ、むすめ達は初めてです。




CA398055.jpg















 ガパオご飯、子どもたちの食べられるポテト唐揚げ、上のコップはタピオカ入り紅茶。




CA398058.jpg















 お店の名前にもなっているカオマンガイ、コームーヤーン(豚の照り焼き)、パッタイ(肉野菜炒め焼きそば)、揚げ春巻き。

 むすめもむすめの夫君も、パクチーがダメなので別盛りで!

 夫君、香辛料が許容範囲を超えて、殆んど無理でした。

 ごめんね!!




GRP_0123.jpg












 由羽は、タピオカが気に入りました!

 心は紅茶だけ飲んで、口からタピオカが出てきます。笑




CA398061.jpg















 夫君の食べられるのは・・・?

 って、揚げバナナのアイスクリーム乗せを頼みます。

 掛かっているシナモンもダメでした!^ ^;




CA398064.jpg















 食後、お店の前の三輪自動車で遊ぶ二人。




CA398065.jpg















 どこを触ったのか、ウインカーが点灯!

 戻せなくなって、お店の方に止めてもらいました。笑