魂のワークブック

何だろう?私と世界にプレゼントしたいもの♪

 
museum-arma.jpg














 アルマの南側の正門、此方から入るのは初めて。

 いつも、オープン・ステージのある、西門から入っていました。




CA397892.jpg















 パンフとチケット。

 このチケットで館内のカフェ 「ワルン・コピ」 でコピか、テ、のサービスが受けられます。

 有料でもコーヒー1杯、Rp11000-です。

 




CA397459.jpg















 お花を撮っている、可愛いお花たち




CA397460.jpg















 絵も充実していますが、アルマはお庭がステキです!




CA397461.jpg















 熱帯スイレン・・・

 庭続きの「アルマ・リゾート」 にも興味があるんですが、今回は時間が・・・

 次回の楽しみにね!




CA397468.jpg















 館内もゆったりとしたスペースが取られています。

 お庭の緑の光が差し込んでいます・・・




CA397464.jpg















 シュピースの影響の後の絵画。

 具象でもなく、文様でもなく、くり返し、くり返し、少しづつ形を変えて現れる命たち。

 それは歩いて見るウブドの風景、ライス・テラス、ヤシの木、バナナの木、家々の屋根にも同じく見られるものです。

 ウブドの風景は、音楽を見ているのだと、いつも感じます・・・




CA397472.jpg















  ヴァルター・シュピース の絵を集めた部屋、有名なシュピースの写真。

 シュピースの絵は殆んど残っていません。シュピースは自分の描いた絵を村人へあげていたそうです。

 村人は、火を起こすときの炊きつけに使ったって!

 村人にとっては、絵とはそのように使う物だったようです。


CA397474.jpg















 複製の部分です。

 シュピースは チャンプアンにアトリエとゲストハウスを造り、遊びにきた子どもたちに絵を教えます。

 芸術の村ウブドの始まりです!

 そこが今の チャンプアン・ホテル になっていきます。




CA397963.jpg















 館内から見える、アルマのお庭・・・




CA397964.jpg















 ゆっくり見て回り、カフェのバレでくつろぐ・・・

 ああ・・・ ウブドに来たんだ・・・




agungrai.jpg










 アグン・ライさん。アルマのオーナーさんです。

 前回は、お庭で一緒に植物の種を拾ったり、カフェでコピを出したりして頂ました!

 そこいらに座って、大好きなカードゲームをしている姿も見かけると、リリーさんが・・・笑




 
CA397947.jpg















 この日は、マルタバッを作ってみました。

 ひき肉は前もって、サンバルで炒めてあります。塩気も大目・・・




CA397943.jpg















 マルタバッの皮は、小麦粉を練るのが面倒なので、生春巻の皮、ライス・ペーパーを代用。




CA397948.jpg















 溶いた生卵に万能ネギ、玉ネギの刻んだのを入れて混ぜます。

 ニンニクは、ひき肉を炒めたときに入れてあります。




CA397950.jpg















 そのひき肉も入れて、マゼマゼ。

 塩はひき肉にたっぷり入れたので、入れなかった。




CA397951.jpg















 ココナツ・オイルで焼きました。




CA397954.jpg















 ぬるいお湯でライス・ペーパーを半分戻し、フライパンに敷き、具財を中央にたらし、熱で柔らかくなったライス・ペーパーで包み焼きします。

 狭いフライパンで作業が難しい!

 綺麗な四角に中々なりません・・・

 バリの屋台で見た、殆んど平らなフライヤーが欲しい!!




CA397944.jpg















 前回、美味しかったアヤム・バカールも又食べたくって




CA397952.jpg















 マルタバッ、ほぼ同じ味のが出来ました! ^ ^/

 青唐辛子と、テボトル、がなかったのが、残念! 笑



 
 バリから帰って・・・

 あっ! 

 確定申告、思い出した!!

 やべ~~ 2月15日が期限かよ??

 良かった! 3月15日でした~ ^ ^ ;

 かき回していたら、大事に取っておいたものが出てきて・・・

 昔の僕がいた・・・ もういらないな!

 って、明日のゴミに出しました!

 そしたらね・・・




やけに風が強い
季節の変わり目のうねりのよう


この風にのせて
気づかぬうちに溜まっていた想い


不必要なな想いを手放しなさいと
この満月の日に。。。




CA397935.jpg















 シンクロしてら~

 外に出てみたら!!

 何て綺麗なの・・・




 ボーー、っと見てたら、ニャンコたちが集まってきて!

CA397936.jpg















CA397938.jpg















 この子が登場したら、さっきの子たち逃げ出しました!

 「君、つおいんだね!」

 暗くてよく撮れないけどね・・・




CA397941_20130226004143.jpg















 いいなあ・・・





CA397934.jpg















 昨日はサンバル作ってみて、アヤム・バカールに挑戦!

 本場のには敵わないけど、結構行けました!!

 明日は、マルタバッも作ってみるんだ~ 笑




 
CA397643.jpg















 次の日の朝・・・





CA397455.jpg















 スラマッ パギ!(おはよー!)

 スタッフがゴミを拾い、お供物のチャナンをお供えしています。



CA397450.jpg















 見晴らしのいい2Fのテラスに、朝食を運んでもらいました。




CA397454.jpg















 フルーツ盛り合わせ、フレッシュ・ジュース、トースト、コピ(コーヒー)Or テ(ティー)。

 4日とも同じにしてもらいました。頼むの楽チンだしね!笑



 今日はこの後、アルマ(アグン・ライ美術館) に絵を見にいきます!
 
 車で行きましたが、ホテルから歩いても10分位だと思います。

 僕の好きなアルマ。

 各時代の絵画、シュピースの絵もあります。




 
 息子の お嫁ちゃんのブログ に “マルタバッ” が載っていた!

 これを食べるために、又バリに来てもいいほど旨いらしい。

 今回の旅では 「マルタバッを、じぇーーったい食べる!」 と決意しておりました。


CA397426.jpg















 “マルタバッ” は屋台で、しかも夜だけ売っているそうです。

 そこいらで食べたり、持ち帰ったり、温かいうちに食べるんだって!




CA397427.jpg















 同じ屋台の右側では “トラン・ブラン(半月)” と言うお菓子も売っていました。

 “マルタバッ・マニス(甘いマルタバッ)” とも呼ばれるそうです。

 味・外形・調理法が完全に異なるにもかかわらず、“マルタバッ” と “トラン・ブラン” は同じ屋台で売っているようです。




CA397428.jpg















  “マルタバッ” のレシピ、作っている動画の載っているサイト がありましたので、ご紹介いたします。




CA397429.jpg















 屋台に行く前に、「アブラギッシュだよ!」って教えて貰いましたが、油で揚げながら、フォークでこれでもか!!とグサグサ刺します。




CA397430.jpg















 ホテルに持ち帰り、ミーティングの準備ができました

 手前の “トラン・ブラン”、 その向こうの “マルタバッ” 食べやすい大きさに切ってくれます。

“トラン・ブラン” 今回の中身はチョコでしたが、次回はあんこのような甘い黒米と、ココナツ・ミルクを挟んでもらうことにします!




CA397431.jpg















  それ以外に、魚のすり身の蒸したの、ゴレンガン(はるさめ入りの)、アヤム・バリのゆで卵、バナナの葉で包んだナシジンゴ、合わせて、59000R。

 これで4人、お腹いっぱい!!(1人¥150-程)

 「 “マルタバッ”を 一口食べたら、青唐辛子をかじり、また “マルタバッ” を食べて、野菜のピクルス、 また“マルタバッ”、と青唐辛子!そんな感じで食べて~ そしてテボトル(紅茶で作った甘いジャスミン・ティー)を飲むのよ!」ってリリーさんに教わりました。(ビール好きなら、ビンタンと言うところでしょう)

 青唐辛子の直接食い!!

 これは無理かな?って思いました・・・が?

 いや~~~あ! これが旨い!! 止まりません!! ^ ^/


 




CA397511.jpg















 濃密な一日でした・・・ 明日はアルマに絵を見に行きます!

 明日のミーティングをしながら、ウブドの最初の夜は更けていきました。

 スラマッ ティドゥール(おやすみ~)・・・




 
 
 昨夜のブログの記事をアップしてからのことだけど・・・

 身体とその感じ方が新しくなった!

 今はとても清々しいです!

 関節付近に滞っている開放されないでいるエネルギーが、解放された。

 怒りは外から与えられたものではなく(切っ掛けにはなるけどね!)、自らを不自由の檻の中に繋ぎとめている感情なのが良く分かった。

 それを頭ではなく、身体で知ることができました!

 そして怒りというものは、人に向って出す必要はなく、関節付近に溜め込んだ我慢の緊張を、しっかりと感じ、開放するときに、人は怒る必要があるのが良く分かりました。

 怒らないと開放できない。

 その緊張、そのエネルギーを感じながら、身体をねじり、伸ばし、くねらせる。

 ニャンコがお腹下にして、「伸びィ~~~っ」、お腹上にして、「くね~~~」、ってやるでしょう。アレです。

 怒るのは気持ちいい!!

 怒るのは楽しい!!

 初めてそう思いました。

 “その怒る” は “一般的な怒る” 感覚とちょっと違う。

 たぶん “一般的な怒る” はコップに溜まった怒りエネルギーが、コップから溢れ出たのを感じているのかな。

 “その怒る” は的確には言えないけれど、溜めているコップの底を抜いてしまう感じ。 

 自分が自身に行っていた不自由を、身体で認めてあげる感覚かな?

 今は、身体の中を風が吹き抜けています。笑

 此れからは、嫌な人が近づいてきたら、自分のエネルギーに変換できるかもですね! ^ ^;



CA397850.jpg















 今回の旅で、3人とも一番美味しいと思った辛~~い “アヤム・バッカル”





 今までの魂の旅で出会った全ての皆さんに、感謝です!

 今回のバリの旅でも、大きな影響を受けていますね・・・

 リリーさん、ありがとう!

 コマンさん、ありがとう!

 バリの神さま、ありがとう!

 バリの全ての精霊たち、ありがとう!



CA397366_20130222073149.jpg















 天使さんたちも、ありがとう!!笑






 
 
 車を離れて、戻ってみると、車が消えている夢・・・

 じつは1ヶ月程前かな?また見た! Ohu・・・





 ・・・何かの用事で車を止めていると、すぐ側にトラック風の車がクラッシュ!

 ドライバーさんを助けなきゃ!と救急車を探しに・・・

 (携帯あるでしょ!やはり夢は変。笑)

 事故の現場の信号を右へ行くと、すぐに病院があるらしい。

 病院へ行こうと信号へ戻ると、僕の車はどこにも無い・・・





 車が消えてしまう夢に、僕が出した答え、

 「身体がある時だけだよ!身体が使える体験は!」

 の少し手前に、夢が言いたいことが、まだ!あるらしい?





 そして今朝の夢・・・(断片的にしか思い出せないけど)

 ・・・新車に乗り換えている。

 高性能で、凄げーパワフル!!

 アクセルのコントロールが出来ない・・・

 車はあっと言うまに僕の身体を飛び出して、右側の車輪を浮かせて空中に浮かび、前方左側のビルの壁に下回りを見せながらクラッシュ!!

 ああっ・・・ 手に入れたばかりの新車が・・・

 ・・・その後、夢の展開があり(思い出せない)

 又その現場(新車が僕から飛び出した場所)に戻っている・・・

 新車がクラッシュした方角から、女性が一人、また一人歩いてきてすれ違う。

 二人とも知っている人。(けど思い出せない)

 新車を失いガッカリしていると、ボディーは凹んでいるけれど、誰かが運転して僕に届けてくれる。

 ちょっとオレンジ色味のクリーム色の、、新車なのに凹んじゃって・・・

 失望感が少し、

 でも良かったあ!と言う気持ちの方が大きいな!

 




 僕のボディーは、高性能になったのだろうか?

 まだコントロールが出来ないから、気をつけて運転しなさいよ!

 って夢は言いたい?

 のだろうか??

 分からない・・・




CA397800.jpg















 チャンプアン橋、だったと思います?





 
 
CA397404_20130220080054.jpg















 夕刻を迎え、そろそろジェゴグへ向う時間になりました。

 バリに到着した日は新月。そのうえ旧暦の正月。そんで日曜日。

 楽しみにしていた JEGOG・ジェゴグ、がブントゥユン寺院で開催されます!




CA397405_20130220080056.jpg















 この日は夕日がとても綺麗で、車の左の窓から見える沈みかけの太陽が、
一緒にブントゥユン寺院まで走ってくれました!

 寺院に着いて夕日が沈んでからも、西の空が燃えるような赤に染まっていました。

 僕は朝日も好きですが、夕日が大好きです。

 ヤキ・インディアンの呪術師、ドン・ファンの言葉、

 「沈んでいく太陽が、夜の暗闇に火をつける。」 がいつも心にあります。

 これから始まるジェゴグにも、沈んでいく太陽のエネルギーが流れこんでいることでしょう・・・




CA397406.jpg















 開演前に、お坊さまにより祈りが捧げられます。

 バリでは音楽も、踊りも、神への供物になります。




CA397409_20130220080100.jpg















 会場に明かりが灯ります。

 ジェゴグそのものは踊りとは切り離された存在だと思いますが、今では踊りとセットになっているようです。




CA397414.jpg















 白い、可愛い、野ガモちゃんたちの踊り。

 さすがに携帯では、光量がないと良く撮れません。

 白いスカート(鳥の翼?)を左右に広げて身体を震わせる・・・ちょっとエロティックに感じるのは僕だけでしょうか?

 レゴンなども、踊り子さんの目の使い方なのか?自分が見つめられているような感覚になります。




CA397418.jpg















 ジェゴグは4音階です。1オクターブに4つの音しかないと言うことです。楽器も長さの違う4本の竹の組み合わせになります。

 叩くタイミングを微妙にずらしたり、楽器の竹に少しだけ違う加工を施すことで、独特のうなるようなバイブレーションが発生します。

 東・西・南・北、を顕す4つの音を使うことで、そこには存在しない5番目の音、ピラミッドの黄金の頂上が出現する仕組みのようです。




CA397910.jpg















 最後のほうで、希望する観客は舞台に上がることができ、巨大な楽器の下で音を体感することが出来ます。

 手のひらを上に向けると、叩くたびに音を空気の圧力として感じますよ!

 CDも出ていますが、身体で聞くジェゴグの重低音は再生できないので、生で聞くしかないと思います。

 日本人に人気なのですが、最近では西欧人で聞く人が増えたそうで、会場では西欧人が圧倒的に多かったですね。




CA397424.jpg















 イケメンちゃんが二人いて・・・ このお兄さんがその一人。

 もう一人は、可愛い~~ハニーボーイでした!

 女性たちは、どちらが好みかで盛り上がっていましたよ

 自分は何を求めているか? を、知っていること・・・

 これを知らないでいると、人生を迷うことになります。

 迷う人生もいいんですよ!決して悪いものではありません。

 自分の求めているものに、素直になれる人が、人生を楽しめる人です。








 
 到着した日にデルタ・デワタでYちゃんのサンダルを見ていたら、コマンさんすかさず、

 「Gさん、オカマちゃん!(笑)」

 寺院ティルタ・エンプルで沐浴のとき、腰にサロンを巻いていたら、巻き方が女の人だそうで、

 また、「Gさん、オカマちゃん!(笑う、笑う)」

 後でコマンさん、ちゃんと男用のサロンに直してくれました。

 コマンさん、ありがとう!!




 そして最終日、バリといえばSPAでしょ!


CA397551.jpg















 という事で、全員で全身のオイル・トリートメント & ヘッド・スパ & 耳つぼジュエル、をしてもらいました

 全身のオイル・トリートメントは何度か受けているんですが、ヘッド・スパは初めて!




CA397819.jpg















 ヘッド・スパ、の気持ち良さ やばい・・・

 聞くの忘れましたが、クリーム?をたっぷり使ってマッサージするんですね!

 いつも頭の中に湧いてくる考えが、その時は湧いてきませんでした・・・

 

 施術する方の押し出すエネルギー、引くエネルギー、それを繋ぐ間合い・・・

 あまり強くない、少しゆっくりめの、流れる手の動きに・・・

 天国へ行っていました・・・

 目を瞑って受けていましたが、気持ちのよい、ポカポカの命の光を目の前に感じていました。

 足のほうをしている時はそうでもないんですが、その方が顔の近くにくると、目の前に感じるチャクラは、子どもの頃に見た輝く色彩に近い状態になっていきました・・・

 あんなに綺麗な光は、本当に久しぶりでした!!




CA397810.jpg















 耳つぼは、目立たない肌色のと、ピアスにしか見えないのとがありました。

 ピアスに見えるのは、キラキラ光るスワロ。

 どのように付けるのかと思ったら、アデランスの使っている人工皮膚を貼り付けてからスワロを付けるのですね!




CA397907.jpg
















 女性たちは片耳3ヶづつ。

 「僕は光るのはいいよ!」って言ったのですが、

 「1ヶは付けましょう」ってことで・・・




CA397884.jpg















 両耳がこんなふうになりました。

 僕のは太陽神経叢に働きかける、ゴールド!

 肌色の目立たないのも幾つか。

 商品テストもかねて何日くらい持つものかと?付けています。

 今日で5日め、びくともしません!



 施設に出勤すると、ナースたちがすれ違い様に素早くチェック!

 でも無言。

 何か言ってくれたら、反応できるのにね~~ ^ ^;

 「Gせんせ 可笑しいと思っていたけど、オカマちゃん!」

 きっとナースの休憩所では、格好のうわさの種になっていることでしょう。

 今週の土曜日、俺はどんなツラぶら下げて出勤すればいいのやら!笑;



 暫らく付けていたら、結構気に入ってきました! ^ ^v




 
CA397392.jpg















 「ここのは100%混じりっ気なしのコーヒー!バリのお土産やさんに置いてあるのは、お米が混ぜてある。」と、以前バリの友人が教えてくれました。

 でも、お湯を注いでかき混ぜて、沈殿するのを待って上澄みを飲む、ちょっと粉っぽいバリ・コピ、美味しいです。

 そんで、ホテルで出してくれたのは、いつもネスカフェ。笑




CA397901.jpg















 Bali Pulina には、ジャコウ猫のお腹を通ったコーヒーがあります。

 上の写真・左下のがその豆!

 実際に目の前にある、うん〇まみれのコーヒー豆を見ると、たじろぎますよ・・・ ^ ^;




CA397391.jpg















 現地のスタッフさんが、丁寧に手で焙煎をしていました。




CA397393_20130219094058.jpg















 いよいよサンプルのフリー・ドリンクの登場!

 コーヒーカップに入っているのが、ジャコウ猫ちゃんの!!

 口から入って出てきたものを、また口に入れる・・・ 勇気いりますよ~

 ノーマル・コピと飲み比べると、確かにジャコウ猫ちゃんのが美味しい!!

 左から1番2番、甘~いレモンと甘~いジンジャー・ティが僕好みでした。




CA397387.jpg















 小さなお花と、小さな実が見えますか・・・(クリックで拡大)

 サンプルの中にはチョコレート・コーヒーもあったんですが、カカオの木です。




CA397395.jpg















 大きく実ったカカオちゃん、とカカオの赤ちゃん。

 幹に突然ですよ!ドリアンやナンカーも大きな実が太い幹に付いています。

 南国の植物たちに多く見られます。

 「どこで咲いて、実をつけたっていいでしょ」って言っているようで・・・

 南国の大らかさが、好きです。笑




CA397384.jpg















 園内には色々な熱帯植物が実をつけ、花を咲かせているのですが、これはボカシ。

 ボカシと言っても、猥褻?な部分・・・ を隠している訳ではございません。

 葉をちぎってみると、香りはレモングラスと同じよう・・・近いのかな?




CA397890.jpg















 バリの秘薬・ジャムゥですよ!これ!

 原材料・ボカシです。

 デルタ・デワタで1本、29990Rで売っていました。

 筋肉疲労に塗ったり、水に滴下して飲むそうです。

 リリーさん、僕と基本的に同じお仕事なので、今までとは違ったバリの知識、情報が入ってきます。

 嬉しいなあ・・・






 
 
CA397382.jpg















 棚田で有名なテガラランに到着。

 ハイシーズンでもないのに、かなり渋滞していました。





CA397372.jpg















 日本からは農楽里の遠藤さんと、お嬢さんと、僕の3人。

 農楽里ファームのある長野大岡も、棚田で有名なところ。

 眼下に広がるテガラランの美しいパノラマに感動・・・!の遠藤さんでした。

 携帯・写真のデータは、12時59分。バリ時間は日本より1時間遅れているので、12時のランチにぴったり!コマンさん凄ーーーい!!





CA397375_20130216220154.jpg















 テガラランでの食事は初めて!

 お料理4品、ジュース5つ、ココナツ2ヶで、280000R

 今回レートが、1¥ → 103R台でした。だから大雑把に¥2800-位です。





CA397376.jpg















 下まで降りてみることに!





CA397381.jpg















 つり橋風の橋がありました。





P2102273.jpg 送っていただいたの使わせてもらいましたね~
























CA397378.jpg















 谷底のステキな風景



 
 5?6?年ぶりのバリでしょうか?

 今まで僕は旅行について行った感が強いのですが、今回は僕がリードする側・・・

 英語もインドネシア語も、チョボチョボ以下なのです。

 まあ行ってしまえば、つっかえつっかえでも何とかなるとは思うのですが、旅行にはスムーズな流れや余裕も大切な要素!

 暫らく悩みましたが、思い切ってブロ友の、リリーさんにお願いしてみることにしました。

 旦那さまはバリニーズなので、これ以上の助っ人はいないと考えたのです。

 図々しい僕のお願いなのに、リリーさんは快く引き受けてくださいました。

 ヤッター!!超ラッキーですぅ!!お2人と車、5日間のチャーター!

 どんだけ、心強いことか ^ ^v




CA397870_20130216030814.jpg
















 ガルーダのチケットの購入から一つひとつ潰していって、やっとングラライ空港の最終ゲートにたどり着きました。

 笑顔で待っていてくれたリリーさん、ダーリンのコマンさん、チャーミングなウェルカム・ドールのモモコ。

 逢えたときは、と~~っても嬉しかったです! ^ ^/

 モモコの持っているカード、Gの文字や枠取には、チロリアンテープを使ってるんです 絵も可愛いんですよ~

 


CA397721.jpg















 5日間走り回ってくれたスズキのワンボックス。お疲れさまでした!

 まずはマネーチェンジとデルタ・デワタへ。

  ↑ これ間違い!

 今(16夜)気づきました!
 空港 → 宿のKUBU SOCA → マネーチェンジ → デルタ・デワタ の順でした。

 訂正してお詫びいたします。〈(_ _)〉

 その後は、テガラランでランチ → コーヒー園 → ジェゴグ → マルタバを食べながら明日の作戦会議の一日でした。



CA397635.jpg















 おりしも聖バレンタインデー近し!レジの近くには、可愛いピンクの天使ちゃん達!

 バリのバレンタインデーは男性から女性へ、ラブの日!

 ホワイトデーのお返しはありません。笑




CA397634.jpg















 前へ回ると・・・

 キューピットがおっさん臭いうえに、やる気のなさそうな顔してんの!!

 思わず笑かされます!

 嬉しいよ! バリよ! いいなあ・・・ 早速ツボ突かれました!!




CA397834.jpg















 思いついたお土産や、シャツ、サンダルなどを買って、宿のKUBU SOCA へ。




CA397399.jpg















 KUBU クブは家・ハウス、 SOCA ソチャは石・宝石だそうです。




CA397403_20130215232824.jpg















 確かに、壁、床、柱などが石造りです。




CA397398.jpg















 ソファーの色は今年のラッキーカラー、ワインレッド(苺ジャム色)でした!




CA397396_20130215232818.jpg















 ウェルカム・フラワーのフランジパニが綺麗!いい香り 




 
 昨日(2/5)は自由ヶ丘でミニ新年会の予定でしたが、N先生が微熱のため
延期になりました。

 で、やって来たのが日高市、高麗郷。



CA397404.jpg















 2月3日の節分が、別の意味では新年。

 ちょうど初詣になりました! ^ ^ 




CA397403.jpg















 古いマヤ暦も終わり、お札も新しくしたかったのです。

 以前、高麗神社でお札を頂いたときは、望みのがなく “出世開運” にしたのですが、今回はありました。

 “心願成就” のお札です。出世には興味がありませんが、開運は成されたのかな?笑




CA397402.jpg















 へえ~~!

 確かにバリの寺院に日本語のおみくじがあったら、引いてみますね!




CA397401.jpg















 献上品のなかに、お客さまのところ、サンドラさんのキムチがありました。

 中央の 「神社エール」 ってのに思わず笑わされて!!しまいました。

 神さまはユーモアが大好きです




CA397409.jpg















 子どもたちの受験のために、絵馬を掛けているYちゃん。

 お札をもらうために神殿に上がり、神主の祝詞や作法や装束、玉ぐしの上げ方など、Yちゃんは初めての体験で、とても面白かったそうです。




CA397410.jpg



















 遅めのお昼には、「はながさ」のホワイト餃子を食べようと決めていました。

 以前500mほど離れたところにあったお店が、突然消えてしまって・・・

 キムチのサンドラさんに、新しいお店を教えてもらったのです。




CA397405.jpg















 お店で食べるの、15年ぶり位です。

 以前と変わらない美味しさでした!!

 おみくじのラッキーカラー、金茶色に早速出会います!!

 この餃子、美味しいだけでなく、結構お腹になります。

 以前から謎だった、何故? ホワイト? 餃子・・・

 訊ねてみると・・・

 教えてもらいに中国に行ったそうですが、その餃子の先生のお名前がパク (白) さんで、それが “ホワイト餃子” ネーミングのルーツでした!
 



CA397408.jpg















 おお!3日、高麗鍋 選手権があったんだ!
 
 瞑想会の日にちで、どっちみち無理だった・・・

 調べてみると、5月18日(土)・19日(日)に高麗神社でチャリティー・バザールがあり、ここで高麗鍋が出店!

 B級グルメ王になったのは、どうやら 「はながさ」 の高麗鍋だったようです!

 18土曜日は無理だけど19日は何とか食べに行けそうだなあ・・・



 サクラの咲くころまた、高麗神社に来たいです!!


 
 神さまは 葡萄の木

 わたし達は その枝

 自分を通して 神さまを出してあげればいい

 それだけでいい

 優しさや 感謝の反対は 何とかしようとすること

 神に働いてもらったほうが早い

 神が わたしを通して働いている

 それを喜べばいい

 人生がうまく行かない人 健康じゃない人は

 人に あげない人

 あげればいい

 うまく行かないときは 

 神に 「うまく行かない」 と言う

 するとチャンスが 次のステージがやってくる

 “わたしを通して” と言うのが ケイシー流

 その時 自分の肉体を感じるんです

 あと 首は伸ばしておく 顎を少し上げる

 シンクロナイズド・スイミングの入場のとき

 チームの皆さん 顎を上げて首を伸ばして入ってくるでしょ

 顎を引いていたら 浮いていられません


CA397394.jpg














○ 
 瞑想会へいく朝。 気的には今日が新年。
 右の靴下をはいて・・・





 何とかしようとすると 首がこる

 首や関節の こりや痛みは

 怒りの抑圧です

 神は 生命のエネルギー

 よし! やってやるぞー!

 これが 怒りだね

 スポーツの選手は 怒りを上手につかう

 イチローがピッチャーに向って バットを立てている時

 あれは 怒ってるんですよ

 やってやるぞー! と出す

 神と繋がる

 そのとき 目的を (こりを取るとか) はっきりさせる (と取れる)

 ワオーーッ! やる!

 神と繋がり 出す

 ある 私がある

 いいことが いっぱいある

 怒らないと あげられない

 色んなレベルがあるけど 

 “私は すばらしい存在” それが一番はじめのやり方


CA397393.jpg















 さて次は左、と? あれ! 右の靴下だよ??
 あれ~~! 俺の足 エンヤ婆になったか?





 ケイシーは占星術を勧めている

 チャートを作れば その人の人生の傾向はみんな出てきます

 読む人のくせで 解釈は多少違います

 私のチャートもありますが 私の人生の傾向は全部その通りです

 でも私は星占いをしない 過去生にも興味がない

 私の過去生が出てくるのは 「ドリーム・レッスン」 だけです

 占いに どんな卦が出ていても

 「私はこう生きる!」 と言うのが一番強い


CA397396.jpg















 ・・・と思ったら、かかと上にして履いたのでした!笑!!
 朝から かなり笑ろた。 ^ ^;