魂のワークブック

何だろう?私と世界にプレゼントしたいもの♪

 
 「患者さんのご主人が脳梗塞で、ICU を出てきたところで、これからリハビリに入ります。右麻痺で言葉が話せません。治療にあたって Gさんがするとしたら、どんな事がありますか?」

 と N先生からお電話がありました。



 老人施設にいるので、梗塞の方は多いですね・・・

 僕は身体に触れるまではこれと言った治療方針はありません。身体が教えてくれることに従って、することが決まっていきます。

 皆さんそれぞれご自分で決めて病気になっておられるので、あまり治そうという意識はありません。

 でも少しでも軽くなられたらいいなあ・・・ 少しでも助けられたら・・・ と思って手や意識は働くんですよ・・・

 僕や、僕を超える働きが助けようとしても、最後の鍵はご本人が握っていて、その鍵を使っていただけるか?どの位使う気があるかで、自ずと結果が決まります。だから僕に出来ることはしますが、結果にはこだわりません。

 僕の基本は “命は輝くのが大好き!” です。施療が終わって、目の前の方が始める前よりも、命の輝きが少し増していれば自分的にはOKです。

 ただ一つの命があります。

 数多くの命があるように見えますが、命はただ一つです。

 ただ一つの世界や、ただ一つの愛と同じものです。

 それぞれが限定した条件を設定しないと、それぞれの違った体験が出来ないので、その数だけ命があるように見えるだけです。

 ですから僕が手を置く方と僕は、一つの命です。

 僕自身が輝けば、その方も輝くことになります。

 その方自身も、もともとが命の輝きなのだと決め付けて祝福します。

 みんな光輝く命として生まれました。それは今も変わることはありません。

 ただ色んな体験を通して、無邪気に輝いていると痛いことを知ってしまったので、無邪気に輝けなくなってしまった光・・・ みんなそんな光たちです。

 あっ! 光も、ただ一つの光でした!

 具体的なやりかたは数多くあると思いますが、僕は目の前のモシャモシャを観じて、モシャモシャの輝きのダイヤルをひねって輝度を上げます。その輝きの中で、目の前の方と繋がります。



 ある本の中(実話)で、お坊さんが病院で末期癌だと診断されて、もう助からないと宣告されたそうなんですよ。

 それからが、このお坊さんのステキなところで、

 「こんな所に、居る場合じゃない!!」

 と、無断で病院を抜け出して、今まで自分が人生で我慢してして来なかったことを・・・

 ぜ~~~~~んっぶ!!した。んですって。笑

 そしたらね!癌が消えてしまったって

 それまで、命の輝かない人生を送っていたんですね。笑

 でも、ただ一つの命があるんなら、みんなの病気がそのとき消えないのは何故? それはね・・・

 それぞれが体験したい条件を限定して来たでしょう。

 そこには神さまは介入しないの・・・

 その全ての人の、全ての体験を通して、「ひ・と・つ」 を体験している「 わ・た・し」 が神さまだから!





CA397377.jpg















 今朝起きたら、車の上が真っ白で! 雪が降ったんだと思っていました。

 良く見ると、アラレっぽいのが降ったのだ!





  
 
CA396974.jpg















 今日は、お客さまの家のお食事会に呼ばれていました。^ ^/

 ありがとうございます!




CA397371.jpg














 一緒に招かれていたのは、ディビッドさんと奥さん。

 ディビッドさんとは何度か会っていましたが話したことはなく、お近づきになれる良い機会でした!




CA397362.jpg















 陽子さんとパパさんが京都の “おばんざい” をメインに沢山の料理を作ってくださいました

 またもや美味しくって、食べ過ぎました。^ ^;




CA395952.jpg














CA393886.jpg















 ディビッドさんに会えるのは “お散歩マーケット”。

 屋号は “ひがし”。

 急斜面の真ん中の木の右側に黒い屋根が見えるのが、ディビッドの住む家。

 クッキーやパンが美味しいのですが、“あかねや” さんのカレーを取ると “ひがし” さんは売り切れ。“ひがし” さんのクッキーを取ると “あかねや” さんのカレーは売り切れという難しい選択があります。

 アメリカ人と思っていたら、ディビッドはイギリス人でした。

 お仕事は日本の中古のレンズを組みなおして、新しいレンズを作っている(それ以外も・・・)とのことでした。

 それが陽子さんたちと??な繋がりって思ったら、ディビッド家は薪でお風呂を沸かしている。「薪を割ってくれたら、お風呂は無料でどうぞ!」 と言うことでパパさんが薪割りに行くことになったそうです!

 「この太さだと2時間はもつ」 「斧で割るときは割目に気を入れる」 「欅は僕と同じでお腹がねじれている(ディビッド談)」笑。など・・・ 両家とも薪ストーブなので、薪のことでマニアックな話になっていました!

 ついでに “あかねや” さんも薪ストーブ。ここのご主人のシゲちゃんは彫刻家で刃磨ぎの名人。チェーンソウの刃を磨ぐのは大変難しいそうで、シゲちゃんとこに習いにいく勢いでした。





CA397365.jpg















 評判のクッキーとケーキの差し入れ!!

 やった~~!! ^ ^




CA397375.jpg















 3時半ころ?4時ころ? 薪ストーブの種火のこともあるようですが、ワンちゃんを待たせてあるので帰る。ってお二人。

 好きなラジオ局を聴かせてあるとのことでした

 「こんど遊びに来てください。」 って。

 「そしたら、シゲちゃん楽しいから、一緒に行こう!」 って。やったー!!笑



CA397374.jpg















 ディビッドたちが帰ってからも、ケーキやお茶をいただきながら、暫らくお話していました。

 チョコ生地にクルミが入っていて、生クリームに少しチーズ・・・ と思いきや、ヨーグルトを一さじ入れたって。その上にチョコのコーティング!

 食べきれないから!って!

 4ピースもお土産にいただきました♪♪

 嬉しいですね~~!!笑




 
 「わたしの独り占めだね! ^ ^v」

 「あなた昔は、20人位は彼女いたね!」

 「だから独り占めだと、悪いなぁ~って思うんだ・・・」

 Yちゃん、どうやら僕の過去世を言ってるらしい??

 僕には記憶がないが・・・

 当たっている可能性は否定しない。




 物心ついたころから、何でこんな変てこな顔なんだろう?って思っていました。

 コンプレックスは中年を過ぎてもありましたね~ 今でもね!

 「妖怪、半分入ってるからね!」 って言ったら、良く行くレストランのママ、クスって笑って否定しませんでしたもん。

 こちらに来るとき、年代や、惑星や、地域や、両親や、大よその人生も決めてくる。そのとき容姿も選択して来ることを知ったとき、この顔をなぜ選んだかは?意味不明でした。

 それが色んな謎が解け始めたとき、僕には女たらしの人生を選ぶ道もあったことに気づきました!

 でもスピリチュアルな道を選択したので、女たらしにならないように、マニア向けの顔にしたんだ・・・ って気づきました。確証はないですよ!でも多分そうですよ。

 今、超意識に聞いたら、『Yes!』 だって!笑

 


 20人もの彼女のいるような人生を送っていたのかな? ^ ^;

 まあ、どんな人生でも貴重な体験です。

 すべて今の僕に繋がっているからです。

 その貴重な体験を通して、思うことがあったんでしょうね・・・

 ただし魂を成長させるうえで、恋愛はとてもとても大切な一つだと今は思っています。




CA396329_20130124232933.jpg





















 
 
 今さっき、ヤクルトのオネエサンがヤクルトを届けに来てくれました。 ありがとね~

 彼女、「雪が降らなくて良かったですねえ!」 って・・・

 僕も外回りの仕事をしていたので大変さは分かります。

 彼女のためにも降らなくて良かったです! ^ ^



CA397360.jpg















 これは数日前の写真。道路に残っている雪はアイスバーンのようになっています。




 同じ日のことです。この写真でイメージしてください。

 車の前方左に、背中をこちらに向けて楽しそうにおしゃべりしながら歩く、学校帰りの中学?女子二人。

 雪で転んだりしたら大変なので、車は当然大きく右へハンドルを切ります。

 そのとき対向車が見えます。

 ちゅうちょしてブレーキを踏み、車を左へ移動、二人の歩くスピードで二人の後ろを徐行します。

 すると対向車は止まって待ってくれています。

 僕の車は二人を迂回して追い越し、待っていてくれた方に 「ありがとう!」 の合図

 対向車を運転されていたのは、お爺ちゃんでした!

 こういうの嬉しいですね!愛という目に見えないものを、目に見える形で体験しました・・・




 運転していると、1台でも前に行こうとする車の多いのに気づきます。急いでいるときは仕方ないですね。僕もそんな運転のときあります。^ ^;

 列に割り込みの車のあるとき、1台でも前に行こうとする車と、無理に入ろうとする車で緊張がおきます。

 小さな戦争ですね。

 運転しているときは “入ってこようとする車は入れてあげよう” と決めているといいですね。

 同じ状態になったとき、ちょっとブレーキを踏んで待ってあげる。

 自分の前の場所をその方に差し上げる。

 譲ってもらった方は嬉しいでしょうし、譲ったこちらも気持ちがいい!

 同じ状態が、戦いの場になるか?温かさを共有する場になるか? ほんの小さな心の持ち方で分かれます。

 人に差し上げることを始めると、それだけで自分の中に豊かさを感じますが、実際の生活の中でも、例えば運転しているとき、優しく順番を譲ってもらえる体験が多くなります。

 この世界は不思議です!・・・




 
 わたし達は物質的な存在であると同時に、意識的な存在でもあります。


 いま静かに、身体を感じます・・・

 甘いゆず茶が口からのどを通って・・・

 肌に感じるファンヒーターの温かい風・・・

 耳にゆったりとピアノの音・・・

 目にゆれる植物の緑と形・・・

 鼻にお香の香り・・・

 足裏には地球、と自分の重さ・・・

 呼吸でゆっくり膨らんで、縮む身体・・・

 身体に起こる感情もちゃんと受け取ります・・・

 今、身体に起きていることを意識して感じることは大切です。




 植物たちの立ち位置は大地で、動くことは出来ません。

 僕たちも立ち位置が身体にあるという意味では、植物とそうは変わりません。

 ただ足があるので、今いるところが嫌なら好きなところへ移動できます。




 僕たちは身体的な存在であると同時に、意識的な存在でもあります。

 意識的な存在としても、好きなところへ移動できます。

 人生においては、こちらが決定的な力を持ちます。



 CA397151.jpg
















 ここは光が届かないと嘆いていないで、光の見える所に意識を移動します。

 この仕事をしていますと、皆さん光の届かないところに居られるのが好きなのかな?ってよく思います。

 色々、色々、色々、色々・・・・・と、理由は述べられますが、自分を変える選択よりは、変わらないでいることの方が楽のようです。

 地上には届かない光も、少し上昇すれば見える位置があります。

 と言うか、いつでも光は輝いています。

 近づくのも、遠ざかるのも、一人ひとりに任されています。

 近づくと楽に、遠ざかると苦しくなります。

 繋がると、自分が光になります。

 そこがいつも自分のエネルギーの源になります。





 

 
 
 「八重の桜」の第2回を見ました。

 1回目は見忘れました!

 僕は会津人なのです。

 近隣の地方から、「あそこの人は狂っておるから・・・」 と言われる会津。

 ドラマにも “やむにやまれぬ心に、ならぬことを破ろうとする” そんな箇所が幾つかあり、ああ、、自分にも流れているなあ・・・ってつくづく感じました。



 
 会津は「ならぬものは、ならぬ!」という掟のある封建的な社会でもあります。殆んどのことはこの掟で押さえ込むことが出来ます。

 「八重の桜」では“女は、銃を持ってはならぬ”という掟と、“どうしても砲術を極めたい”八重の心情がまず描かれています。

 今でも、“女だから”と言うだけで、男から、社会から制限を受けていることは色々ありますよね!

 この “ならぬ” ことが他愛の無いことなら未だしも、“人の在りかた” に関わっていたり、組織のトップが “ならぬ” ことに縛られて自由な心を失うと、個人に大きな痛手を与えたり、組織全体にも大きな悲劇が襲うことがあります。




 明治維新のとき、会津藩は天皇に刃向かう「賊軍」とされ、 会津戦争で薩長軍に敗れ、その後に辛苦を舐めることになります。

 その少し前、ほとんど無秩序になった京都の治安を回復するために、会津藩主・松平容保(かたもり)は京都守護職につきます。

 政治力や、からめ手、駆け引きの苦手な、実直な、容保を始めとする会津藩士は騒乱を静めるために身を粉にして働いたことが評価され、そのときの尽力に孝明天皇は感激し、宸翰(しんかん=天皇からの手紙)を容保に渡します。

 これまで天皇が武臣に宸翰を下すことは皆無であり、いかに孝明天皇が容保を信頼していたかがわかります。

 会津藩主・松平容保は忠義として天皇守り、幕府にも最後まで忠義を尽くした。途中で見限るような「ならぬことは、しなかった」 訳です。

 深く信頼しているパートナーだと、孝明天皇に言わしめた手紙の存在を、明るみに出したなら(実際には明るみにしたらもみ消されたでしょうが・・・)会津は攻撃されることはなかったとも言われています。

 この手紙は会津藩が 「賊軍」 ではない証拠となるため、伊藤博文や山県有朋がその存在を知り、自分達のミスを隠すため血眼で捜します。探し出しますが買い取ることはできず、消し去ることは出来ませんでした。

 “手紙は、人に見せてはならぬ” この手紙は容保が無くなった後、首にかけていた竹筒の中から見つかります。「ならぬものは、ならぬ!」 だったのです。

 


 容保は良かったのかも知れません。人として忠の道を最後まで尽くし、会津藩もその道から最後まで外れることはなかった・・・

 でもね・・・

 「ならぬものは、ならぬ!」 と 「やむにやまれぬ心」 の境目はどこにあるんでしょう・・・

 八重のやむにやまれぬ心が、銃を手に取らせます。

 出きるだけ多くの家臣を守ろうという領主の心、容保のやむにやまれぬ心は働かなかったのでしょうか? (まあ程々を知らないところも会津人の狂気と言えますが・・・)

 僕たちはみんな、過去の掟、しきたり、常識に縛られて生きています。

 それが当たり前だと、その教えに従います。

 教えに従わない人を許しません。

 その今の当たり前の教えは、たかだか数百年前の “やむにやまれぬ心の狂気” によってもたらされたものだと言うことを、誰も気にしていないのが不思議です。



CA397366.jpg
















 会津戦争で約一ヶ月にわたる砲撃を耐え抜いた鶴ヶ城。ボロボロになっていたのを明治7年に明治政府により取り壊された。子どものころは石垣だけでした。よく登りました!








  
 
CA397349.jpg















 ああっ・・・ キレイ~~!!  ・・・




CA397353.jpg















 窓を開けてみると、昨日の雪の跡が・・・

 そう言えば明け方、

 ガリ!ガリ!ガリ!

 って、凄い音で目をさましました。

 カーテンを開けてみると、車がアイスバーンをゆっくり通過していました。




CA397357.jpg















 こうして窓を開けると、空気も冷たい!

 出かける皆さん、滑らないように気をつけてくださいね!




CA397358.jpg















 今日はどんな一日になるだろう?

 クレドール、ティンク、光たち、いつも一緒にいてください・・・

 僕を通して、世界を体験してください・・・

 目に見えない光(モシャモシャ)は、いつも目の前にあるんだっけ・・・

 いつも在る光・・・ でも見えない。

 心が彷徨わないときだけ見えて輝く・・・ 光・・・

 身体がある時だけ、できる体験





 
CA397303.jpg















 今日の出張はこの峠の先!

 タイヤは冬用に履き替えましたが、FRなので何度かお尻を振りました。^ ^;




CA397306.jpg















 施療中も雪は降り続き、危険そうな峠は避けて、帰りは飯能市内へ迂回することに・・・




CA397309.jpg















 雪が降ると景色は一変します。

 子どものころから、雪が降る前には一つひとつ別々に在るものが、雪はその違いを上手に隠してくれるように感じていました。




CA397311.jpg















 あまり通らない場所。入間へ抜ける新しい道、発見!!

 美杉台へ向っているようです。

 造成地の不思議な美しさ

 美杉台といえば “生活の木”。




CA397315.jpg















 来てしまった!

 雪の 「薬香草園(メディカルハーブ・ガーデン)」 が見たかった。^ ^v 




CA397316.jpg















 「薬香草園」 のハーブを使った美味しいレストラン、“ヤハラテナ”

 約一人分の足跡・・・ こんな時に来る人は余りいません。

 


CA397318.jpg















 振り返って、滑らないようにしながらドンドン上ります。




CA397320.jpg















 上のアーチで再び下を振り返ります。

 レストランが小さく見えます。

 (3年少し前、緑が生い茂っていた頃、娘と由羽と3人でこの辺りを散歩してたんだ・・・)



CA397321.jpg















 積もった雪をちょっと掻き分けると・・・

 うす黄色のパンジーが!!

 キレイだね~~・・・♪♪




 靴底が洩れるらしく、足先足裏がグジョ~~~

 迷いましたが、雪の積もったムーミン谷も・・・

 見たい・・・




CA397323.jpg















 このチャンスを逃したら!次はいつになることか!

 月曜休館なので離れたパーキングかと思いきや、体育館で試合でもやっているのか?公園のすぐ下で車を止められました!

 ラッキー!! ありがとう

 そう! この雪で、続いてのお客様がキャンセルになったのにも感謝!!




CA397330.jpg















 次元の扉・・・ 対極するツインの扉・・・




CA397332.jpg















 扉を開けると、元々ひとつの世界がありました。




CA397340.jpg















 ムーミン屋敷には色々な窓があり、下のほうには水浴び小屋も見えます。




CA397345.jpg



















 雪降る日ですが、ステンドグラスを通した光が床に反射していて、ため息と一緒に見つめます・・・

 今日は祭日なんで開いていたんだ! 暖炉の薪、今下ろしたようです。まだポカポカでした




CA397348.jpg















 お隣の “HOT・POT” さんはクローズで・・・

 もう~~ 足がグジョ・グジョで冷てーー!!

 のなんの・・・(新しいの買わなきゃダメだ

 わ!!)

 帰ったら暖ったか~い風呂!! って帰ってきたら・・・

 雪かきが待っていました!笑






 スイーティ、お風呂でいただきました・・・

 あったか~ いい香り~ 旨め~






 
 
 年末から新年にかけて、整体のお師匠さんである Heyさんからお電話をいただきました。

 最後の電話のとき、Heyさんがクレドールとの回路を開いてくれました!

 “車を失う夢” が僕に伝えたいことは、僕の想っていることで良いのか?尋ねると・・・

 良いか?違うか?という答えではなく、

 “あなたの想った通りにしてください。わたしは何時でも あなたを応援しています。”
 と応えがありました。



CA397297.jpg















 Heyさん、クレドールさん、ありがとう! ^ ^/

 とても嬉しいです




 その後、“絵の、顔がちがう” とも!

 いやー!その通りで。

 それは僕以外では、クレドールさんじゃないと言えません。

 絵のモデルはF君で、F君に似てしまった。^ ^;

 肌も褐色で中東風の30台?位の人物でした。

 F君も顔の色は、クレドールに負けないくらい黒いんですよ!

 絵の全体の色合いや、明暗から描き上げたのです。顔が違うのは分かっていました。

 でも僕たちのような限定的な姿はなく、基本は自在で、僕の夢のイメージに姿形を合わせて、登場してくれたのかと思っていました。

 今は肉体を持たなくても、肉体を持っていたときの姿が大切(たぶん!)なことが分かりました。




 

imagesCA1ILISL.jpg
夢で出会った彼は・・・
b9b0b2540b9bab9278a90537b9c27a89.jpg
imagesCA5ZG338.jpg
imagesCAQS7D0U.jpg



ここまで色黒ではない・・・
表情もこんなにキツクなくて・・・
imagesCAR22YEX.jpg









こんな風に優しい目元・・・
淡々と、落ち着いた表情・・・
どの顔も、どこか似ていて、どれも違う・・・




 クレドール!待っていてください。

 今度はもう少しましな絵にしますので・・・




 
10112367776.jpg














ルソー 《夢》





 僕には宿題があります。

 2007年の10月から、何度も同じ夢を見ています。

 シュチエイションは違いますが、車を失う夢です。何度もくり返される夢は要注意です。

 《1》 の夢

 《2》 の夢

 《3》 の夢

 どうも崖の下は潜在意識の世界のようです。

 初めの 《1》 では危険を感じて、かろうじて崖の直前で止まります。
 次の 《2》 では自分は行きたくないのに乗り物が自分の意志で行ってしまいます。
 最後の道路 (表面意識の一番はずれ) を横切って崖を降りて行ってしまいました。

 僕は一度は行くのをためらいますが、結局見失った乗り物を探しに崖を降りて行きます。
 その先で、僕は表面意識と潜在意識の衝突を発見し、見失った自分の車を違う姿で発見するのです。

 どうして崖の下を危険と感じるのでしょう?
 おそらく自分の恐怖を潜在意識の底に封印しているからでしょう。
 たぶん 《3》 で穴の奥から出てきた人形は、自分が出会うのを拒んでいる、自分の恐怖が形を得たものなのだと思います。

 それは多分 “逃げ”。現実から、自分から逃げている・・・




 この後も、車を離れて戻ってくると車がなくなっている夢を繰り返し見ました。
配達の仕事の夢が多かったかな・・・

 余談になりますが、《2》の夢で、見失った車が二台になって発見され、大きな車(潜在意識)の運転を外国の方にお願いしました。

 この褐色の肌の、白いシャツを着た中東風の外国の人が、僕を見守り、指導してくれているクレドール。このときは名前は知らなかったのですが、後で本人から “クレドール” だと知らされました。

 初めてのテレパシーでした。音声ではないのに・・・ 自分の内部に音声のように響くんですね!!(これは夢の中ではなく、意識のはっきりある時です)




 この車を失うという夢を見なくなって、もう卒業かな?って思っていたんですよ。

 それが去年の12月かな?また見たんです!!

 くり返し見る夢の意味が分からないとき、「もっと分かりやすい夢を見せてよ!」 と強く夢にお願いすることも可能です。何度かお願いして寝ましたが無理でした。

 “もう意味は伝えてあるよ” って言われている気がして、夢のメッセージと意識を一つに合わせて行きました・・・

 夢の中の “車” は “身体” の意味があります。




身体をもっているのは、身体をもっている時だけだよ。


身体をもっている時にできることは、身体をもっている間だけだよ。




 これが答えでした。

 瞑想会で 「宿題がありましたね!」 って尋ねられて・・・

 その後福田先生から、



 目の前のあたりを観じている

 体験はここに顕れてくる

 身体を持っているときだけ この(目の前のあたりの)モシャモシャを体験する

 身体を持っていないと この体験はできない

 人が死んだら このモシャモシャだけになる

 わたしは このモシャモシャである 



 とてもステキなお年玉でした!!笑






 
 
 今年は、ストロベリー・ジャムの色を想いうかべるといいそうですよ!




tynk-03s.jpg











 ほぼ5年前、夢見の中にティンクが現れて “愛” を語ってくれました。

 そのときの僕なりのイメージ!

 僕のイメージした “愛” の色です。





CA397285.jpg















 今、仕事の帰りモールでストロベリー・ジャムを買ってきました。

 少しだけジャムの方が赤みが強いけど、ほぼ同じ色でしょ!





CA397283.jpg















 今年のトヨタさんも “愛” が売りのようですね。笑





 
CA397276.jpg















 息子たちと行こうと言っていた バンコク屋台料理の、カオマンガイ に来てみました。




CA397278.jpg















 正面玄関のネオンの下には、僕たちがミゼットと呼んでいた三輪車が置いてあります。

 お店の目印と言ってもいいかな!

 中の調理場が見えます。




CA397277.jpg















 トゥクトゥクと言うらしい・・・ タイのタクシー?

 カレンと乗り込みます!^ ^/

 じつはお隣が宇宙人のいるお店、壁面の上の宇宙人にカレン後ずさり、お店に引っ込みます。^ ^;




CA397269.jpg















 外は寒いですが、店内はポカポカ




CA397281.jpg















 タイの仏さまがお祭りされていました。

 古い米軍ハウスを改築したお店。

 このお店のすぐ近くに40年前に住んでいました。窓や天井、天井の灯り、入り口のドア、僕が住んでいたのもハウスだったので、とても懐かしいです・・・




CA397273.jpg















 選び切れないくらい豊富なお料理!タイの写真も混ざっていて楽しいメニュー。




CA397271.jpg















 暗くて良く撮れていませんが、カオマンガイ!お店の名前にもなっているお料理!

 旨~~~いっ!!

 ニンニク他?で薄味の付いたゴハンに載っている、ゆでた鶏肉。臭みが全くない!ピーナツ?&レモン?かライム?の効いた甘ずっぱいタレを掛けていただきます。^ ^




CA397272.jpg















 ガパオごはん、汁なしサラダ麺、干し豚揚げ。屋台料理らしいプラスチックの安っぽい食器が、雰囲気を盛り上げます。

 久しぶりの南アジアの味を堪能!!!

 甘み、酸味、辛味、ココナツの味、ナンプラー、パクチイ、程よくミックスされていました。盛りも良かったですね!




CA397282.jpg















 駐車場へぬける裏口。これが本当はハウスの玄関。

 ハウス3軒住みました。知り合いもあちこちのハウスをシェアしていた・・・40年前の懐かしい風景です・・・




 
 瞑想 (カテゴリー) のほとんどの記事は、福田高規治療院 で 毎月 第1・3
日曜日 10時~12時 に行われる瞑想会のメモを基にしています。
 参加費 ¥ 500- 予約の必要はありません。





 皆さん 明けましておめでとうございます

 かつて 生きてきた人々

 今 生きている人々

 これから 生まれてくる人々

 皆さんに ご挨拶いたします

 すべて あなたのことですよ

 おはようございます!





tynk-03s.jpg














 今年はね こんな色を想いうかべるといいかな

 ストロベリー・ジャムの色

 (僕にとってストロベリー・ジャムの色って ↑ この絵の外側の色。もう少し赤みが強いかな?)




 皆さん 人を何とかしようとするけど

 いいものを まわりの皆さんにいっぱいあげる

 初詣でも 皆さん ちょっとでも何かもらってこようとする

 人にあげる人が もらう人

 うまく行ったことが いいもの とは限らない

 失敗したことが いいもの

 うまく行かないものが いいもの




 (福田先生は瞑想中、目の前に線香花火のような光を見るそうですが?)

 目を瞑り

 呼吸している自分がいる

 このへん(目の前のあたり)を観じている

 体験はここに顕れてくる

 身体を持っているときだけ この(目の前のあたりの)モシャモシャを体験する

 身体を持っていないと この体験はできない

 人が死んだら このモシャモシャだけになる

 困ったとき

 わたしは このモシャモシャである という感触がある限り うまく行く

 うまく行く というのは 

 皆さんが考える うまく行く ではないですよ




 わたし達は 希望のかたまり

 宇宙中の希望を 肉体の中に循環させる

 自分を通して 世界の希望をいっぱいにする

 皆さん 神さまのお使いになればいい

 神を守ればいい

 素晴らしいエネルギーを循環させる

 自分はポンプになる

 そして皆さん 寝るときに感謝してしまうといいですよ

 幸せに眠れます




 優しさは 強いこと

 精神的にも 肉体的にも タフなこと

 余裕をもって 相手を受け入れられる強さが 優しさ

 人生 面白い




 マリアは 観音様と同じだね

 ただ マリアは実在の人物

 今も(今は物質的存在ではない)呼べば どこにでもいるんですよ

 淡々としていたね

 正座は 嫌だって

 ヒカリが わたしのお乳を吸っていると

 困っていたら 言って

 どうしたいの? 言って 言って

 それが 優しさですね

 ヒカリを 育てているんだ

 困ったら 何でも言ってよ

 何をしたいの?

 いつも聞いている

 輝きを観じている








CA397274.jpg















 瞑想会のあと、今夜は息子と、モモちゃんと、カレンと4人で、タイ屋台料理・カオマンガイへ行きました。この車、ナンバーを取得して日本の道路を走行可なんですって!!




 
CA397210.jpg















 最高速10m/秒のエレベーターで、アッと言う間に展望台へ!

 さっきまで居た地上が見えます。

 自分の過去を見ているような感じ・・・




CA397212.jpg















 良い天気でさえぎるものは無く、筑波山が以外に近くに見えます。

 以前住んでいた滝野川には高速も出来たんですね!

 その向こうには飛鳥山公園の緑も見えます。

 さえぎるもの有りました!由羽(ゆう)がお邪魔でなければ、ぜ~~んぶ見えます!




CA397221.jpg















 文京地区方面。

 ワイド設定なので小さくしか写っていませんが、スカイツリーが間近に見えました。

 左にある緑地帯は小石川植物園。

 大塚にいたころ、小さかった子どもを連れてよく遊びに行きました。

 銀杏をひろいに行って、代わりにお財布を落としてきてね・・・お金の本当になかった時代。拾ってくださった方がいて!! ありがたかったです・・・泣

 営業で辛かったとき逃げ込んだり・・・ 植物たちが助けてくれました。また泣く




CA397215.jpg















 遅いランチを、ちょっとショボめのコーナーで取ることにしました。




CA397218.jpg















 1フロアー下にお洒落な(たぶん)展望レストランがありますが、ここの席が空いていたし、奥のテーブルを2台確保して、のんびり、だらだら、出来ました。お洒落なレストランではそうは行きません。

 僕はカレーとコーヒーフロート。美味しかったあ!!寝坊して朝から何も食べていないからね。笑




CA397219.jpg















 ごちそうさま! 生ビールの泡の跡がキレイ




CA397226.jpg















 子どもを遊ばせる場所が見つかりました。池袋から来るとビルの2F、入り口にファミマがあるんですが、そのすぐ近く。有料なんですがね・・・

 子どもをあやす時、「いないいないばー」 を 「ピーカーブー」 って言うそうです。子供服のお店 「Peek a boo」 の中にありました。




CA397234.jpg















 ほとんどが手作りの遊具。楽しそうに釣りをする二人!




CA397227.jpg















 おでんのコーナー。

 ハンペン、さつま揚げ、巾着、ガンモ。

 う~~ん!吸盤まで付いたタコ足に感動!!




CA397228.jpg















 お土産にフウセンをいただきました。




z1.jpg



















 駅に向う地下通路の途中で、「ONE PIECE FILM Z」 とトヨタでコラボのイベントをやっていて覗いてみます!

 ワンピース大好きのパパ、楽しそうでした!^ ^/




CA397231.jpg















トヨタのブースにはゲームコーナーもあり、心(しん)とパパは一つのハンドルを握って、ロンドン市街地の走り屋に変身!

 一日立ち尽くめ(ランチ以外)。大人も子どもたちも良く歩きました!

 ゲームコーナー横にあるイスとテーブル。暖かいレモネードを飲みながらの休憩が嬉しかったですね。^ ^

 〆にハンズの前の “爆弾たこ焼き” をみんなで食べて、駅へ向いました!

 一電車遅らせて、全員で座れました。

 子どもたちと僕は、すぐに寝てしまいました。

 いやーー!楽しかったーー!! ^ ^/




 
CA397245.jpg















 前の家が少し空を塞ぎますが、9時半も過ぎると部屋に光が入ってきます。




CA397247.jpg















 サンキャッチャーを揺らして、振り向くと、小さな虹たちの乱舞・・・




CA397259.jpg















 今朝は余裕で光たちと遊び戯れます





CA397239.jpg















 光と一つになる体験・・・




CA397253.jpg















 今日は身体で遊んでみます





CA397256.jpg















 本人はもう!シ~~ン・ケン!!

 こうして自分を見ますと、アホです・・・

 あ・・・中心がずれてる・・・ とか思っています。





CA397263.jpg















 でもね・・・

 わたしは素晴らしい!!

 あなたも素晴らしい!!

 世界は素晴らしい!!

 毎日がリゾート!!

 宇宙と一つになる体験!!

 毎日が新しい体験・・・

 自分と一つになる体験・・・

 天使たちといつも一緒の体験・・・




OFFICIAL Somewhere over the Rainbow - Israel "IZ" Kamakawiwoʻole

You Tube より




 
CA397229.jpg















 今日は、娘ファミリーとサンシャイン水族館を見に行く約束をしていました

 なのに起きたのは娘からの電話で!!^ ^;

 久しぶりの寝坊をしました。

 目覚めて15分で家を出れる早業が役に立ちます!

 池袋駅には娘たちの電車に遅れること約10分。

 サンシャインへ向って走りました。;^ ^;

 


CA397202.jpg















 水族館は、最初の写真のビルに隣接してあります。

 子どもたちが、孫たち位小さかったころに一度来ています。“天空のオアシス”として人気アクアリウム になってからは初めてです!

 チケット販売所の外の風景!

 

 
CA397206.jpg















 エレベーターを出たところで、4人と合流できました!!良かったあ!

 いや~~~ キレイでしたね!

 楽しかったーー




CA397176.jpg















 確かイワシって言ってましたね。

 でも下のほうで泳いでいるのは、アジのように見えます・・・




CA397177.jpg















 コブダイも登場!




CA397196.jpg















 タイやヒラメの舞踊る竜宮城のよう・・・ ニモもいます

 ラッコが凄く可愛いかった!!

 孫たちが一番気に入ったのは、カエルでした!

 カエル、実は僕も大~~い好き!!笑




CA397184.jpg















 最大のサンシャイン・ラグーン水槽ではこの後、お姉さんも登場して水中ショーがありました。

 お魚の餌付けをショーにしているのですが、エイ(すいません名前忘れました)が、結構大きな貝を一口で飲み込むのを生まれて初めて見ました!新鮮でした!




CA397185.jpg















 名前の忘れたエイや、やはり名前の忘れたサメが泳ぎまわっていました。




CA397190.jpg















 生きているイカを見た!!

 僕たちは普通、イカの死体を見て、それがイカだと思っている訳です。

 生きて泳いでいるイカは、オパールのように半分透き通って青白く輝いていた・・・

 そして生きている目・・・

 死んだような目と言うけれど・・・

 銀色に光るリングの中央には、神秘的な黒が・・・

 生きているのがとても伝わってきて・・・

 すぐ近くで見つめ合って、ゾクゾクしました・・・

 


CA397189.jpg















 最高に迫力だったのは、マンボウ。

 目と、口と、ヒレ、のついた分厚い畳のよう・・・




CA397188.jpg















 まじ大きい・・・

 体操選手の空中技を、超~超~スローモーションでやってる。

 重力のない、上下のない、宇宙空間を漂っているように・・・

 こちらも一緒に宇宙を漂っている錯覚がしてくる。

 それをまじ、この顔で・・・




CA397235.jpg
















 最後に、合流できたチケット販売所の前で撮影。

 この後一度下りて、サンシャイン60(トップの写真のビル)の展望台へ行きます!




 
CA397158.jpg















 元日、二階の窓を開けて最初に見た太陽・・・

 一晩寝ている間に、この星は半周回ったんだ・・・




CA397159.jpg















 弟が、勤めている会社のお節をいつも持ってきてくれます。

 毎年ありがとう!! ^ ^

 今回は京都の職人さんの手になるもの

 味の素、人工の添加物は一切入っていないとのこと。

 京風らしい薄味ですが、よく作り込んであります。

 これが冷凍・・・・

 聞くまでは信じられない!!

 凄げー! うまいっ!!!




CA397161.jpg















 今回は息子たちファミリーも一緒のお正月になりました! ^ ^

 僕の作った、お雑煮も好評で嬉しかったです

 「きまぐれや」 さんのお年玉ピザは息子経由で手元に届きました!

 吉田さん、いつもありがとう!!とても嬉しいです!!

 今回は弟と両親で食べてもらうことになりました。2日のお昼に食べる、と楽しみにしていました。笑




CA397166.jpg















 夕食も食べて、ゆっくりと帰ってきました。

 帰り道は真っ暗。

 2013年最初のお月様、が登ってきました!

 どれか?分かりますか??

 分からないですよね~~

 一番上(真ん中あたり)のがそうです! ^ ^;


 今年もよろしくお願いいたします!!




 
 最後の仕事を終え、2時半ころ久里浜へ出発!

 入間から久里浜まではルート16、一本で行けます。



CA397130.jpg















2012.12/31.15:02

 瑞穂バイパス、八高線を越えるところ。モヤってなければ正面に真っ白な富士山が見えます。

 太陽はたなびく大きな雲の上にあります。





CA397131.jpg















15:08

 横田ベース通過。




CA397137.jpg















15:17

 多摩川の少し手前。

 太陽は雲の中へ・・・




CA397139.jpg















15:26

 信号のすぐ先に中央高速、八王子インターがありますが、この信号を左折。

 雲の下縁部が明るくなっています。




CA397142.jpg















15:37

 八王子バイパスを出た辺りでしょうか?

 太陽が雲の下に出てきました。




CA397144.jpg















15:44

 橋本五差路手前の渋滞。

 ビルの間に沈み始める太陽。




CA397145.jpg















15:53

 撮影できた最後の太陽。

 相模原に入って僕の前に入ってきた車のナンバーが、333!

 同じ数字が三つ並んでいるの・・・

 僕にとっては、天使たちが一緒にいてくれる合図。

 後ろをくっ付いて走ります

 しばらく走って右に車線を変更すると、前には666のナンバーが!

 その左を見ると、777!!

 前後と横に天使さんたちが居てくれます♪♪ ^ ^




CA397171.jpg















16:17

 今度は、666に先導してもらいます。

 666の前が “ む ” これも “ 6 ” です!

 666は西洋では獣の数として嫌われますが、ピラミッドの入り口を示す数です。

 ゴールド・メタリックの天使さん、最後の輝きを身にまとって、と~~っても
・・・キレイ・・・ 




CA397151.jpg















16:21

 東名の横浜インター近く。

 夕日はもう路面までは中々届きません。

 でもあのビルの窓からは、ゴールドの太陽の輝きが見えるんですね!!




CA397155.jpg















16:40

 横浜横須賀道路の料金所上空は、ピンク色の空!!

 2012年最後の夕日さん・・・

 ありがとう・・・笑