魂のワークブック

何だろう?私と世界にプレゼントしたいもの♪

 
CA396721_20121230110800.jpg















2012.11/5

 正面のお家の建設の進む中、




CA396745_20121230110802.jpg















 手前の空き地では昨日(11/4)、地鎮祭が行われました。




CA396981.jpg















12/3

 基礎が打たれます。

 正面のお家は完成間近でしょうか?




CA397097.jpg















12/19

 基礎と土台のコンクリートの乾燥を待って、足場が組まれます。

 日本の建て前(棟上)とは全く違う工法です!1Fの床はすでに張られています。




CA397102.jpg















12/25

 重機が入り、朝から壁面の組上げ作業。




CA397125.jpg















 25日その日の夜には壁面から屋根までが組みあがりました!!

 まるで、実物大のプラモデルを作っているよう・・・




CA397126.jpg















12/30/10:10

 今日の様子です。

 もっぱら景気が悪いと耳には入ってきますが、どうして!どうして!

 この家も、この左の家も、この向こう側の家も、二軒分の敷地に建っています。




CA397058.jpg















 もうこの朝焼けは見れなくなるなあ・・・

 あっ!朝焼けは見れますね!この窓からの空が少し狭くなります。




 皆さま!年末を如何お過ごしですか?

 僕は31日まで仕事。2時ごろに返ってきてそのまま久里浜の実家へ。お料理のできない母に代わって、お雑煮を作ります。弟のお節も楽しみ!!弟は長年の関西出張が終わり(お疲れさまでした!)、来年から厚木勤務に。もしかしたら息子達も合流になるかも? ^ ^

 Yちゃんは、昨日から9日間の常夏の楽園ハワイへ!

 ハワイと言ってもいわきのスパリゾート・ハワイアンズへ出張ですが

 新年は2日から仕事が入っていますが、3日は娘たちと池袋の水族館に行くことになっています!

 あ!年賀状は出しません。寒中お見舞いになります。

 皆さま、良いお年をお迎えください!!




 
CA397105.jpg















 狭山市での振込みの帰り、通り道にあるいつもの公園に寄ってみました。




CA397104.jpg















 久しぶりの公園! やはり大好きです!!




CA397122.jpg















 この公園にもメタセコイアがあり・・・




CA397121.jpg















 もう紅葉といえる赤さはありませんが、

 よくクリスマスまで葉が残ったと思います。




CA397120.jpg















 地上に降り積もった枯れ葉がキレイ!!

 木の枝先には、春を待つ新しい芽が出来ているんでしょうね




CA397113.jpg















 これから寒さの本番を迎えるのですが、今日の日差しには暖かい温もりを感じます。




CA397118.jpg















 冬至をすぎて4日・・・




CA397119.jpg















 陰の最も強い、冬至に生まれた陽の赤ちゃん、4日めの輝きです!!




CA397124.jpg















 過去(の意味づけ)を変えようとするのには、大変なエネルギーが必要になります。

 過ぎ去ったものに拘っているのは、食べたものが消化できずにお腹に詰まっているのと同じ!

 毒素の発生源になってしまいます。

 マヤ暦は終わりました。

 新しい暦を作るのは、僕たち一人ひとり・・・

 冬を越したら、光に向って真っすぐに伸びる新芽になってみませんか?

 “自分のしたいなあって思うこと” にもっと素直になってみましょう

 もちろん、周りの人や世界を大事にするんですよ!




 
 前回、F おばあちゃんが、

 「同じ階のA さん、おしゃべりなんだよ!」 と話していた、A おばあちゃんの押してきた車です。

 今年の4月の末・・・ 失礼して撮らせてもらいました。


CA395945.jpg



















 A おばあちゃんの息子さん、この施設で働いておられたのですが、この日の
一週間くらい前に亡くなられたのです。

 僕はAさんが見える前に知らされていましたが、A おばあちゃんは黙っておられました。

 僕はどうしようかな・・・ と思っていましたがお悔やみを伝えることにしました。

 「〇〇先生(施設長さん)からも、Aさん泣いていいんだよ!って言われました・・・」

 と、彼女・・・

 でも、彼女の目には涙はありませんでした。

 農家に嫁いだ彼女、嫁という立場、きつい農作業・・・

 長い年月・・・

 筋肉の弾力は失われ、関節は変形し、我慢と忍耐を続けたことを身体は示していました。

 そして一週間前、息子さんが旅立たれている・・・


 
 

 彼女の身体に触れていると悲しみが伝わってきて、涙が止めどなく流れました。

 小さい子どもが自分は悲しくないのに、隣の子が悲しくて泣いていると気持ちが伝染して泣いてしまう。

 あれと同じで自我の境界のバリアー、ATフィールドを中和できると、僕たちは一つの感情を共有できます。

 A おばあちゃんは生き癖で泣けなかったのですが、彼女の抑圧していた感情を、僕が代わりに感じて泣くことができました。

 このようにして本人の解放できないでいる感情エネルギーを、一部開放することが出来ます。

 そうしようと意図した訳ではないですよ。

 そのようになってしまっただけの事です。

 でも彼女、少し楽になりますね・・・ 





CA395946.jpg

















 元々、A おばあちゃん無口な方ではありませんでしたが、それからです。

 色々いろいろ、嬉しそうにおしゃべりしてくれるようになったのは・・・ ^ ^




 
CA397098.jpg















 今日12/22 の11:30~はF おばあちゃんの施療。

 いつもお土産のオロナミンC を持ってきて下さいます!

 「冷たいうちに飲みなさい」

 ありがたいです!!モチすぐに頂きます。^ ^;

 「ごちそう様でした~~♪♪




 いつも左側、腕や肩、わき腹、腰、が希望の部位です。

 大抵は本人の希望するところを中心に施療するのですが、腰・両側に手を入れてみると(上向きの体勢です)右胸椎の下部にコリがあります。

 左手はそのままコリに当てて、右手でお腹を触診しますと、肋骨の下縁部が強く張っています。胃、肝臓、すい臓のゾーンです。肋骨の下縁部を優しく触れていきます。

 じき背中のコリは弛んでいきました。

 「もっと不真面目になっても、いいんじゃない?」

 「ワーカーさんにも、F さん、真面目過ぎるって言われるんだよ。」

 「そうだよね~ 気使い過ぎるよね~」

 「でも言いたいこと我慢しても、いざこざが起きないほうがいいよ・・・」

 「そうだよね・・・分かるよ~ もっと不真面目にってのは言葉が良くないけど、日本では特に昔の女の人はそれが美徳だものね。女の人の我慢で世の中まわっていた・・・」

 「我慢して、遠慮してしまう・・・」

 「この固いの、それが溜まったんだよ~ 特に女の人は胸の想いを言葉に出す。美味しいものを食べる。安いものでもいい、欲しいものを買い物をする。これしないと女の人は病気になるよ。」

 「同じ階のA さん、おしゃべりなんだよ!此処来ても先生といっぱい話してくるって言ってたけど、そうなの?」

 「そうだよ。僕は聞いたこと人には話さないから、腹が立ったこと、悲しいこと、何でも話してね。軽くなるよ。」

 「そしてね、“自分のしたいなあって思うこと” をするのが人生だよ。人の事はどうでもよく我がままなのとは違うよ。」

 「たまにお店に車でいくでしょ?」

 「私は悪いから行かない。」

 「此処の人たちは忙しいから無理やりはまずいとおもうけど、みんなのして欲しいことを叶えるのも仕事なんだよ。こんな事したい!じゃあしようね!って想いが通じ合うのは両方の幸せにもなるんだよ!」

 「広いスーパーで歩くのが大変なら、車椅子に乗せてって言っていいんだよ。
ワーカーさんも車椅子の方が楽だしね。こういうのが食べたいなあ!とか、こんなの欲しいんだけど売り場はどこかしら?って楽しいと思うよ!きっと・・・」

 「遠慮して、我慢して、人生が終わり・・・ あっち行ったら、又こっちに戻ってくるんだよ。そしたら又、遠慮して、我慢して、の人生になるよ! 楽しくなかったでしょ? 今からでも、自分の望みを生活の中で探し実現する。小さいことでいいからね!そしたらね、生きているのが幸せなんだよ!」

 「それを今から始めると、今度生まれてきたらね、そこからの人生に・・・なるからね!」




 施設では、「何でお迎えが来ないんだろう!」 などの会話は日常ですが、↑ こういうお話は誰かれ話せる訳ではありません。が、話しても大丈夫な方は自然と分かります。

 受け入れる空洞が準備できている方のみです。




CA397099.jpg

















 F おばあちゃん、幸せに生きる決意をして部屋を出ていかれました。

 良かったです! ^ ^




 
CA397093.jpg















 ・・・・・・




CA397089.jpg















 ・・・・・・!




CA397090.jpg















 ん・・・ ?・・・




CA397091.jpg















 何だあ・・・ (相変わらずの後ピン!)




CA397092.jpg















 忘れてました。

 9月に自由ヶ丘に行ったときデーツを買ったの!

 食べ終わった種を埋めておいたんですね。

 ナツメヤシです。

 忘れるのには、一晩寝れば充分です。^ ^;

 まだナツメヤシかどうか判りませんが?

 他の種も埋めたとしても、忘れていますから。笑








 
CA397082.jpg



















 サン・キャッチャーを一つ増やしました。




CA397086.jpg















 この前の瞑想会の帰り道、「無限堂」 さんにあったもの!

 一番下のやつ。けっこう大きい!! リードも長いので半分に折って下げました。




CA397076.jpg















 太陽の子どもたちが2倍になりました!笑




CA397078.jpg















 光の天使たちが・・・




CA397083.jpg















 部屋中で踊ります!!




CA397079.jpg















 んっも~~!! 我を忘れる綺麗さ・・・ 

 乱舞する虹の光たちに囲まれて、幸せに浸ります・・・




CA397084.jpg















 世界とひとつになる体験・・・

 あ・・・ 言っておきますが、こんな仕掛けをしなくとも世界とひとつにはなれます。

 静かに目を瞑り・・・

 ゆっくりと呼吸している・・・

 自分に戻ります・・・

 すると元々、世界とひとつだったことが分かります。








 
 今日の瞑想会は農楽里ファームの遠藤さんが、遠く長野から参加してくれました。遠藤さんお疲れさまでした!

 農楽里ファームのある長野の大岡は、Yちゃんの生まれ故郷でもあります。

 瞑想会の福田先生は日本におけるエドガー・ケイシイの第一人者なのですが、遠藤さんの住む農楽里ファームのある場所は大岡の “ケイシイ” という集落です!! 慶師という字です。

 Yちゃんも仕事の都合がついて久しぶりの参加になりました。



CA396829_20121216215320.jpg















 今日は写真が一枚もないので、11月に聖山の山頂で撮った二人です。

 この山に降った天水が、大岡に流れていきます。








 
 “神の前では身を清める” とこの本にはありますが そのまま訳すとそうなります

 私はそうは訳さない 労働者がそのまま神の前に立つことが出来ないじゃないですか

 “心を神に対して真っすぐに向ける” になりますかね




 霊は 愛ですよ

 「霊は 愛ですよ」 と言うと ??? な感じですが

 “スピリットとは 愛” のことですよ

 愛は 忍耐です

 私たちは 魂ですよ

 忍耐とは 神と一緒にいることです

 耐え忍ぶことではない




 皆さん 何とかしようとしてしまうけれど

 目的だけは はっきりさせる

 神は 私を通して 何をしてくれるかな・・・

 神と一緒にしてしまう

 困ったときこそ 神と共にいる

 全ての人は そのままで 素晴らしい存在としてある

 素晴らしい存在に なる

 素晴らしい存在として する

 皆さん 既に悟っている

 悟っている人が

 これから悟るって どういう事?

 (「悟りたいものだ」 と思ってしまうことの意味)

 皆さん 生きている

 生きているって 凄いことやっているんですよ

 私たちは素晴らしい存在だ と言うことを知るために 素晴らしくない体験をくり返す

 素晴らしくなりたけりゃ

 なっちゃったら




 祈り

 祈りは 神に語る

 「私は ここにいます」

 困ったときは 神に祈る

 「神さま 困っています」

 神さまといつも おしゃべりしているといいかな

 神は大きな力で それなりの事をしてくれるかな

 祈ったら すぐに感謝してしまう

 ありがとうございます!




 いい~~~っぱい あげる! あげる! もっともっと あげる!

 それを 癖にする

 気がついたら

 なんだ

 生まれたときから そうだ

 自分は 全部知って ここにいるんだ







CIMG8525b-300x225.jpg











 11月に北アルプスを白くしていた雪が、今は大岡にも下りてきて・・・




CIMG8566b-300x225.jpg











 聖山に降った雨、積もった雪、が湧き出すお種池に浸かる遠藤さん。勇敢だなあ!笑

 小さい写真二枚お借りしました!



  

 
 
 10~11と実家の久里浜に行っていました。

 母の認知が進んでいて、先々月辺りから父の嘆きが洩れ始めていました。

 それでも病院で見てもらうことを勧めても、同意はしてくれませんでした。

 今回、ご近所の方から、薬で進行が止まった話を聞いたことで、父の方から病院につれて行きたいと発言があり、やっと待っていた時が来たと嬉しくなりました。

 病院へ行くと、施設へ入れられてしまうと信じ、嫌がっていた母も、「症状が重くなると、身体が動かなくなり寝たきりになるから、薬をもらいに行こう!」 と言うと、

「はい」 って。笑



CA397065.jpg















 病院は実家から車で10分以内ですね。浦賀水道を眼下に見下ろせる山の中腹にあります。

 アルコール患者のサナトリューム的なところですが、総合病院としても機能しています。

 東京湾の一番狭いところで、大型のタンカーなどがゆっくりと動いているのが見えます。写真には写っていませんが、千葉の鋸山も良く見えていました。




CA397072.jpg















 処置室の外の風景。処置室も温室のよう!!

 何やら、植物から塔が出ています?




CA397069.jpg















 根元に回ってみると、葉っぱだけで背丈はある、大きなリュウゼツランでした。




CA397066.jpg















 日本では30~50年で開花するようです。花が終わって種が出来ていました。




CA397068.jpg















 根元に落ちている種。種好きの僕ですが拾うのは止めました。日本でも大きく育ってしまいますからね。笑




CA397070.jpg















 「入院される方は皆さん、海の見える部屋がいい!って言いますね。」 ってナースの方が。

 まあ場所的にアルコールは飲めないでしょうが、家や仕事に戻るのが嫌になるでしょうね!

 「そうですね!」 って。^ ^




 問診まで1時間くらいあります。って聞いたので、景色の良い外で待つことに。

 車にみんなで乗って、駐車場の海のよく見える場所へ移動、太陽のよく当たるところで音楽を聴いていました

 父は「此処は暖かくって、本当にいい所だな~ もう寒い会津には帰れない・・・」としみじみと言っていました。

 母は気持ちが良いらしく、寝てしまいました。

 僕はちょっと外に出て、写真を・・・

 


 光の海・・・ 空にはトンビが舞っていて、車内はポカポカ ^ ^

 親子で過ごせた、穏やかで、幸せな1時間。こんな時間はそうそうないですね!

 神さまからの嬉しい、プレゼント・フォー・ユウ!でした・・・




 
 ベトナム・カレーをと思ったのですが、お店がお休み・・(i _ i)

 福生へサンドイッチを食べに行くことになりました。




CA390663.jpg















 写真は以前に撮ったもの。

 “ チーズ&オリーブ ” は多分5年ぶりくらい!

 でもマスターが「久しぶりですね~~」って覚えていてくれて、嬉しいですねえ!!

 ここはサンドイッチ専門店。「パスタとかもやってたら潰れてたね・・・」とはマスターの言葉。

 牛蒡&ベーコン、と、アンチョビ&マッシュルーム、を半分半分で食べることに。

 レタスもたっぷり! マヨ味のコールスローと、厚切りのポテトフライも付きます。
別に添えてくれるピクルスの玉ねぎが大好き!!

 久しぶりの “ チーズ&オリーブ ” さん。大変美味しく、お腹もいっぱいになりました。^ ^
 



CA397050.jpg















 この前お休みだった、宇宙人のいるお店 “ レインボー・トライブ ” に足をのばします。

 薄暗くなって来たのは初めて。

 お店の灯りが宝石のよう・・・




CA397049.jpg















 寒いし、夕ご飯もまだのようで・・・

 “ J ” 達、アルバイトのサンタさん。もうやる気がなさそうに見えます。笑




CA397052.jpg















 店内から外にむけてレーザー?が発射されていて、赤い星が歩道で動いてキレイ!



CA397051.jpg















Yちゃんの背中でも動いて楽しい




CA397056.jpg















 寒いので、隣りのお店で温かいお茶を飲むことにしました。




CA397054.jpg















 店内は南アジアの夜のように暖ったか~~い♪♪

 壁にはバリで言う、チチャッ(ク) が!! 鏡で出来ています。

 お客さん日本人なのは僕たちだけで、国内にいるとは思えない・・・

 う・う・ん~~~ なんか凄く落ち着けました・・・




CA397053.jpg















 手前はハスのお茶。優し~~い味!温かく気持ちも弛みました・・^ ^




CA397057.jpg















 バンコク屋台料理 “ カオマンガイ ” リンク先 → 「限りなくアメリカに近い福生」、福生の裏の裏まで、とても楽しく紹介してあるブログです。お勧め~~ 笑!!

 お店は16号商店街、ヨコタベース第二ゲートのすぐそばです。




 
CA397036.jpg


















 次元に関しては解釈がいろいろあるのですが、基本的なことを述べます。

 それは数の下の次元は、一つ上の次元の投影だということです。

 一次元の線は、二次元の面の投影されたもの。

 二次元の面は、三次元の立体の投影されたもの。

 では縦、横、高さのある我々の住む三次元世界は、四次元の投影されたもの?

 ここでも色々な表現があるのですが、三次元に想念を加えたものを四次元にしてみましょう。

 三次元(ややこしいので人間に限定しますね)の我々70億人の想念エネルギーは、四次元に流れ込みます。

 そこで三次元に投影される “ひな型” が創られます。

 三次元と四次元が一対と言われるのは、そんな所からです。

 (私たちは三次元に住んでいると思っていますが、踏み込んだ言い方をすれば、三次元型と四次元型の複合が私たちです。太陽に隠れて見えないけど、太陽の真裏にはもう一つの地球があり、自分と全く同じ人間が住んでいるというのは、このことを表現した方便です)

 三次元世界を変えたければ太陽の裏側の見えない地球、四次元の “ひな型” を変える必要があります。





 ただし四次元までは対立の存在する世界です。

 光と闇、善と悪、大きい小さい、強い弱い、観察者と世界・・・  

 唯一つのものを対極する見方で理解する世界です。





 今回のアセンションは四次元を飛び越えて、五次元へジャンプすると言われています。

 五次元は “命の海” と呼ばれている無極の世界。

 非対立を見出した人から、次元の扉は開くものと思われます。





 アセンションすると世界はどうなるの?ってよく聞きますが・・・

 世界を外側にあると感じているうちは、変わることはないと思います。



   

 一粒の種が発芽して、根と芽に分かれ成長を始めます。

 芽は枝になり、成長すると二つに分かれます。

 それが繰り返し二つに分かれ、大きな木に成長します。

 枝先に茂る一枚の葉は、私たち一人ひとり。

 生命の木の根元から枝先を見たとき、常に一つのものが二つに分かれていくように見えます。

 右の枝は、左の枝に、「おまえは違ってる」 と言います。

 左の枝の葉は、右の枝の葉に、「おまえ達こそ間違っている」 と言います。

 それが今までの世界。





 枝先に向かって広がりつづけた意識が折り返し点を迎えた人から、こんどは枝先から命の根元に意識が向かう。

 するとこの世界は、常に二つのものが一つに統合しているように見える。

 それぞれの違いは、一つになるためのものだったことに初めて気がつく。

 その70億人の一人づつからしか、アセンションは起きないと思います。






 

 
 
CA397022.jpg















 ムーミン公園には、ムーミン屋敷、水あび小屋、子ども劇場(管理棟)のほかに森の家があります。

 その森の家のドアノブです。




CA397023.jpg















 昨日うん10年ぶりのムーミン、千葉TVでたまたま見て、この左の子のお話!

 森の家は、作者トーベ・ヤンソンさんの生い立ちや作品紹介など、例えばスナフキンはトーベ・ヤンソンさんの好きだった人に似ている とか、いろいろな資料が展示されています。

 階段を上がると小さな図書室?スペース?になっています。




CA397024.jpg















 その図書スペースからの風景・・・




CA397026.jpg















 今日はお休みじゃないので中に入れます。ムーミン屋敷にも入ってみることに!

 外壁にはホルンを吹く天使達・・・

 んん・・・ 吹いているのはスナフキン??




CA397028.jpg















 内部はおとぎの世界に迷い込んだみたい!

 ラセンを切るように上部へ登っていきます。 階段、窓、小物、灯り、子どもの遊ぶからくりトンネル!異次元の入り口がそこかしこに




CA397029.jpg















 このシャンデリアの下には暖炉があります。

 今月のこの後は、 8(土)・9(日)・15(土)・16(日)・22(土)・23(日)・24(月)・26(水)、10:00~14:00 には薪がくべられて暖炉で暖まることができます。^ ^

 22(土)、11:00~11:40 にはクリスマス・コンサート 開場は15分前。
 
 23(日)・24(月)、10:00~15:30 公園にある7つのスタンプを探すラリーもあるようです。

 詳しくは公園に問い合わせてみてくださいね!




CA397033.jpg















 実は最近お散歩してないね!って話になって、ムーミン谷がキレイ! なので、来ることにしたのです。

 外壁の階段に抜ける出入り口からも見える紅葉・・・




CA397030.jpg















 ステンドグラス越しに見える、メタセコイアです。




CA397037.jpg















 小さな、可愛い テーブルと椅子。

 この座っているソファーの正面にも外階段へのドアがあります。




CA397034.jpg















 ドアの上部には窓が・・・ 窓にはさらに左右に開くドアが・・・

 不思議な光の絵になっています。

 


 昨日はクローズになってしまった “ HOT・POT ” さんへ向かいました。




 
 
 僕は一段落ついた感じがしているんですが、Yちゃんも似たような感じ。

 クリスチャンだった彼女、余りにも “つみ”、“罪”、“罪びと”、“汝、罪人よ” の多さに、元々唯一つの神があったはずなのに・・・

 「いったいこれは何なの?世界とは何なの?この世界を知るために魔女になる!」 と魔女見習いの宣言をしたころ、僕と出会ったのです。

 それからもう4年になるんですが、この前会ったとき疑問は解決したと言っていました。

 自分の中心に空間が生まれて(大雑把に言えば、つまりが取れたんだと思います)天と地の力が自由に自分の中を流れるようになった。と・・・

 嬉しいです・・・ 

 色々な体験を一緒に重ね、それぞれの体験を持ち寄り、ありのままのお互いで幸せなことを感謝します。

 「さてこれからは・・・? って感じなんだよ」 って言ったら、

 「人の資源になる」 って返ってきました




CA396494_20121204005917.jpg



















 
 今日は山王峠の先の出張でした。

 帰り道、こんど久里浜に持っていくものを買うのにカインズに寄りました。

 アパートに戻る前にヤオコーで豆乳を・・・とカインズを出ると!




CA396985.jpg















 となりのムーミン谷の “メタセコイア” が赤く染まって・・・凄くキレイ♪♪

 すぐ近くの運動公園に車を止めて、ムーミン公園を一回りすることに。^ ^




CA397007.jpg















 12月に入って “秋” は変かも知れませんが、山のふもとにも紅葉は訪れ、今が最後の輝きです・・・




CA396988.jpg















 ムーミン屋敷、水あび小屋、管理棟の周りの周回路をゆっくりと歩きます。




CA396996.jpg















 管理のための車が止まっていますが、職員さんも、子どもたちも、誰もいません。

 う~~んっもう!何てキレイなの!! 秋の妖精たち頑張ったね♪♪




CA396997.jpg















 月曜はムーミン公園はお休みです。

 入り口の門は、閉まっているんですがね・・・




CA396999.jpg















 水あび小屋もひっそりと・・・




CA397002.jpg















 公園を半周回ってムーミン屋敷の上にきています。

 冬は曜日によって、中の暖炉に火がともされます。




CA397004.jpg















 子ども劇場のある管理棟。

 ムーミン公園とか言っていますが、正式には “あけぼの子どもの森公園”。

 赤く染まっている “メタセコイア” は “あけぼの杉” とも言います。 公園の名前から “あけぼの杉” を植えたのか? “あけぼの杉” が先で公園の名前が決まったのか? は、知りません。




CA397006.jpg















 管理棟の左下に入り口から登ってきた道が見えます。

 ずっと霧雨が降っていました。フードのあるフリースなので雨はしのげましたが、冷えました。

 公園のとなりの “ HOT・POT ” さんで温かい紅茶が飲みたくなりました




CA397008.jpg















 お店の中の灯りがいい感じ♪♪

 ところが今日はこれから用事があるとのことで、3時でクローズ!

 帰って、温かいお茶を飲むことにしました・・・




 
CA396976.jpg















 お客様の新築祝いに、出張料理 “きまぐれや” さんのシェフ、吉田さんに来てもらいました。




CA396980.jpg













 前菜・・・




CA396963.jpg















 ほうれん草のポタージュ・・・




CA396964.jpg















 キングサーモンや、スモークした鯛やお野菜のマリネ風・・・??

 シェフに問い合わせてみたら、「真鯛の瞬間燻製とサーモンの大トロのシチリア風マリネ、海老ソースで・・・ みたいな雰囲気の料理」、だそうです。




CA396966.jpg















 その後には短角牛の煮込み。赤ワインと15年もののフォンドボーで煮込んだもの。写真では真っ黒ですが、お箸でも崩せるくらい柔らかく煮えていて、甘酸っぱさがたまらない。
 丸くて白いの?ブドウ?って思ったら、ブドウのように甘くて美味しい玉ねぎでびっくり!

 メインディッシュは海老のリゾット。と思いきや、お米のようなパスタでした!
海老、キノコ、野菜の優しく食べやすい味

 あとパンと、デザートが2種。

 のコース・ランチでした。




CA396979.jpg















 久しぶり(僕は)の吉田さんの料理に皆んなで(皆さんは初めて)大満足!

 1歳4ヶ月の明日花が「うんま~~い!」って!!

 心から発した言葉を全員が聞きました!!

 今まで何度も会っているのに、一度も聞き取れなかった明日花語。 食神のご降臨だったのでしょうか?




CA396977.jpg















 吉田さんとスーさん、本当にありがとうございました!

 来年の花火のときは、庭でパエリアやピザを焼こうか?の話も・・・




CA396978.jpg















 右折する車から手を振るシェフ。

 見送る、Sファミリー ^ ^




CA397014_20121203175106.jpg















 お母さんの撮っているのが送られてきました!

 ありがとうございます。又ね~~



 
CA396952.jpg















 朝起きると、気配がするのか、




CA396951.jpg















 よくこの子が来ています。




CA396950.jpg















 気ままでいたい僕は、




CA396956.jpg















 気ままのまんまの、




CA396954.jpg















 ニャンコが居てくれると、




CA396953.jpg















 とても楽で幸せな気持ちになります。

 夜だけお布団に入れて、朝、表に出そうかな? なんて考えたりね

 いかん!いかん!