魂のワークブック

何だろう?私と世界にプレゼントしたいもの♪

 
CA396943.jpg

















 先日ジョイフル・ホンダ行ったとき、目の前を歩いていたお二人さん。

 彼女の肩にはニャンコが!

 かばんの中からもニャンコの顔が!!

 肩乗りオームみたいです。

 ナウシカもテトを乗せていた。

 ゲドもオタクを乗せていた。


 

 何か、ひと段落ついた感じがします。

 無重力でフワっとしてるような、

 これからどうする・・・・・・

 ちょっと一息。

 手詰まり感・・・・・・

 これで終わりじゃないけど、

 次が見えていない・・・・・・



 
CA396941.jpg

















 今、仏さまにあげてあるお花。スーパーのお花のコーナーで出会った可愛いお花!

 まわりの輪郭のピンクに愛らしさを感じます。

 と~~ってもいい香りなんです!!

 菊独特の匂いに、甘~~い香りがブレンドしてあって・・・ うっとり・・・

 朝晩 「う~~~~ん! いい 匂いだね!!」 って声をかけて嗅いでいます。笑

 今日も朝から香りを嗅いで、幸せな気分に!!

 次々に幸せなものに出会っていきます。

 この世界にありがとう♪♪



 
 「  略  よし、話してあげよう。エレス・アクベの環とはいかなるものか?そう、見たところ、それは少しも値打ちがあるもののようには見えないし、環とも呼べたものじゃない。指環にしては大きすぎるし、では、腕環かといえば、それにしては、小さすぎるし。誰ひとりそれが何のために作られたのかを知っている者はないのだよ。だが、それはともかくとして、環はかつて、ソレア島が海底に沈む前、かのうるわしのエルファーランが身につけていたと言われている。だが、その時でさえ、環はもうだいぶ古びていたということだ。その後、それはついにエレス・アクベの手に渡った。

 ・・・・環は硬い銀でできていて、穴が九つあいている。外側には波のような模様が描いてあり、内側には九つの神聖文字が彫ってある。あんたのところにある半分に四文字と半分、わたしのほうに同じく四文字と半分だ。ひとつの文字にひびがいって、ふたつに割れてしまっているというわけだ。それが、古来 “失われた神聖文字” と呼ばれているものでね。

 残る八つの文字は大魔法使いと言われている人びとにはよく知られている。たとえばピルの文字は狂気と風と火から人間を守ってくれるもの、ゲスの文字は人間に忍耐力を授けてくれるもの、という具合に・・・・。

 ところが、このふたつに割れた神聖文字は国々を結びつけるものだった。それは “つなぎの文字” で、統治のしるしであり、平和のしるしだったのだ。これなしにはかつてどんな王もよく国を治めることはできなかった。それがどんな文字だったか、それは誰も知らない。ともかく、その文字がなくなって以来今日まで、ハブナーにはひとりとしてすぐれた王は生まれなかった。アースシーは小さな国々に分裂し、あちこちに暴君があらわれ、小ぜりあいと戦争をくり返してきた。  略  」


bosyo_20071217002925.jpg



 「決めるんだ、テナー。  略  アルハ(おお巫女という社会的な名前)になるか、テナー(本当の自分の名前)になるか。両方同時にはなれないんだ。」

 略
 「でも、もしもわたしが闇の者たちに仕えることをやめたら、わたしは殺されるわ。ここを出たら、わたしは死んでしまう。」

 「あんたは死なないよ。アルハが死ぬんだ。」

 「でも・・・・。」

 「テナーいいかい、生まれ変わるためには、人は死ななきゃならないんだ。しかし、それは、別の見方をもってすれば、さほど、むずかしいことではない。」

 「でも、わたしたちは逃げだせっこないわ、絶対に。」

 「うん、もしかしたらだめかもしれない。だけど、やってみるだけのことはあるよ。あんたには(墓所の地下迷宮の)知識がある。わたしには術がある。そして、わたしたちふたりの間は・・・・。」 男は口ごもった。

 「エレス・アクベの環がある。」

 「そうだな。しかし、わたしはもうひとつ別のことを考えていた。信頼と呼ぼう。
・・・・そう、たしかにそう呼んでいい。これはすばらしいものだ。おたがい、ひとりでは弱いけれど、信頼があれば、わたしたちは大丈夫だ。闇の精霊たちより強くなる。」

 傷のある顔に、男の目は澄んで、きらきらと輝いていた。

 「聞いてくれ、テナー!」

 男は言った。

 「わたしはここに盗人としてやってきた。武装して、あんたの敵として、しのびこんだ。ところが、あんたはわたしを信頼し、親切にしてくれた。そして、わたしも、あの墓の下の洞窟ではじめてあんたを見たその瞬間から、あんたを信じるようになってしまった。暗がりに浮かぶあんたは、美しかった。あんたはその後もずっとわたしを信じて、なにかと手を尽くしてきてくれた。それなのに、わたしは何のお返しもしていない。だが、今はすべてのものをあんたにあげよう。わたしの本名はゲドだ。そして、この名はもう、あんたのものだ。」

 男は立ち上がると、銀の環の半分を差し出した。

 「合わせてみよう。」

 少女は彼の手からそれを受け取ると、他の半分が下がった銀の鎖を自分の首からはずして鎖をぬきとり、てのひらで注意深く両者を合わせた。完全だった。

 「いっしょに行きます。」

 少女はうつむいたまま言った。



                                 
gedotenaa.jpg


ル = グウィン 「ゲド戦記」 より抜粋







 先日TSUTAYAで「ゲド戦記(実写版)」借りてきたんです。あ!今日返す日だ!

 また本、読んでみようかと思っています。

 魔法使いや魔女を目指す人は読んでおくといいですよ。

 
Amazing Grace

 しばらく前から僕はときどき涙が溢れてきます。

 それは悲しいからではなく、嬉しいからです。

 僕はクリスチャンではなく信仰者でもないので、Amazing Graceの歌詞のように神を感じていないかも知れません。

 神はもっとも自分に近い友人、もっとも自分に近い“わたし”

 どう感じていても、結局は誰もが一つのところに向かうと思っています。



CA396932_20121125091554.jpg















 新たなサン・キャッチャーが追加されました!

 この金曜に福生の宇宙人のいるお店で手に入れました ^ ^v

 このサン・キャッチャーが初めてキャッチした今朝の光・・・




CA396931.jpg















 理由がないのに嬉しい。訳などないのに幸せ。

 そりゃあ大好きな人と一緒なら嬉しいし幸せですよ!でもそれ以外の何~にもない時でも、嬉しい、楽しい、幸せ




CA396933.jpg















 多分そんなときは顔も崩れているんだと思います。

 多分そんな人が歩いてきたら、ただのアホに見えるんでしょうね。笑




CA396922_20121125091736.jpg















 自分の住んでいる世界、世界を感じている自分。世界と自分はちょっと距離がある二つ。

 その二つの境界線が薄くなって一瞬、世界と自分の境目が無くなる・・・

 世界と自分の境目が薄くなったと感じるんです。時々ね・・・




CA396927_20121125091807.jpg















 そのときは神と一緒にいる感覚。




CA396926.jpg















 色々見える霊能者じゃなくて良かったと思います。

 神さまとか実際に見えたら、何かとややこしいよ。きっと!




CA396924.jpg















 感じるんです。ああ世界と繋がっているって・・・




CA396920.jpg















 この世界どうなるんでしょうね?

 12月の何日でしたっけ?

 僕そうゆうの忘れてしまうんです。

 この世界を創った神さまも、どうなるか知らないそうです。笑



 
 昨夜、仕事帰りの交差点。

 右折待ちの前の車・・・



CA396915.jpg
















 もうすぐ12月、昨晩寒かったですよ・・・

 なのに・・・ オープンカー!! ですよ・・・

 写真じゃ緑色にしか写っていませんが、2シーターのヘッドレストには造花ではありますが、お花と観葉植物がからめてありました

 運転席にはマフラーを巻いたダンディーさんが・・・

 サイドミラーを覗き込むと???

 0!0! お爺さん!!

 いいねぇ~! 粋ですね~~

 まあ、若いときは辛いのも大切ですが、年取ったらアッサリと自分の人生を楽しみたいですね!^ ^



RAY CHARLES "I Can't Stop Loving You"







 
scn12111908530002-p1.jpg














 星出さん(中央の方です)、19日地球に帰還。

 4カ月の宇宙生活、お疲れさまでした!

 「この美しい惑星に生まれてよかった」 の言葉が・・ 胸に染みます・・・




scn12111908530002-p3.jpg













 宇宙船は、宇宙に浮かぶ地球をとても分かりやすく説明する象徴です。

 国境にこだわったり争ったりしていては、船内の幸せはありません。




scn12111908530002-p4.jpg













写真3枚お借りしました。(産経ニュースさんより)


 残念ながら今、この星の至るところで争いが行われています。

 国内に目を向けても、

 自分たちは正しいと足を引っ張り合う政治家たち。

 学校で良い成績をとることを求められる子どもたち。その結果に老後の幸せが掛かっているかのようです。

 企業間でもし烈な競争がおこなわれ、一時はアジア・ナンバーワンを誇っていたチーム・ジャパンも、後発のチームに次々と追い抜かれている今日この頃・・・

 戦いに勝ち残った者だけが豊かな人生を保障されている。という共同幻想の中に僕たちはいるのではないでしょうか?

 そのために、食料、エネルギー、マネー、人権の奪い合いが起きているのが今のこの星。

 勝ち残った人たちは、食料、エネルギー、マネー、人権を奪われた人たちの反感を必ず受けるでしょう。

 テロはその一つです。テロは力では根本的に解決できない問題です。

 食料と仕事があれば人は戦争をしようなんて思いません。

 困窮している人々に軍隊を送るのではなく、自分達で食料を生産するノウハウを送り、そのノウハウで食料を生産する仕事が生み出されるならば、今、軍隊を差し向けている国の軍事予算は縮小するばかりでなく、多くの感謝を必ず受けるでしょう。(これは、ペシャワール会 中村医師の活動の根本です。)

 


 地上を離れ、宇宙(そら)からこの星を眺めたある一定の人の意識が変わります。

 たぶん卵の殻が割れる直前まで、意識の成長が進んでいた魂なのでしょう。

 (人類の意識は、卵の殻が割れる直前の状態に今あるのですが、意識が過去という記憶に引きずられているので中々気づけないでいます・・・)

 「この美しい惑星に生まれてよかった」と想えるのは宇宙(そら)からこの星を見るのが一番なのですが、地上にいても「この美しい惑星に生まれてよかった」と感じる体験はたくさん出来ます。

 そして「この美しい惑星に生まれてよかった」と感じられる人々が、この惑星を継ぐ新しい地球人になります。

 

 
 
CA396927.jpg















 昨夜はザンザン降りでどうかな?って思いましたが・・・

 今朝は朝から気持ちの良い秋晴れでした!

 参加予定の3人の都合がつかず、ボランティア仲間のNさんとのデートになりました!^ ^




CA396918.jpg















 まずは受付で参加の申し込みをします。

 大人 ¥300- 地図と保険料です。

 地図はスタンプラリーになっていて、21軒すべてのお店のスタンプを集めると粗品がもらえます。

 お店といっても、農家やアトリエなどがそれぞれの家の屋号で、それぞれの出し物で待っていてくれるのです。

 今回も逆コースで回ります。

 「あかね屋」さんのカレーとケーキ狙いですが、途中「おおやつ」さんのユズ
味噌田楽で足止め!




CA396921.jpg















 「あかね屋」さんの直前、「かえるのおやつ」さんで今夜の夕飯をゲット!
 
 「かえるのおやつ」さん、目標のカレーがなければ此方で食べるな・・・
いい~~香り!!いい~~雰囲気!!

 ガムラン風の楽器の演奏もあったりで、気分もノリノリ♪♪




CA396894.jpg















 アジア飯をランチパックに入れてもらいました。

 写真をクリックしてみてください。可愛いいかえるさんがいます。^ ^

 


CA396906.jpg















 「あかね屋」さんはすぐお隣。




CA396922.jpg















 パンチパーマの聖お兄さんのお出迎え。相変わらずの人気スポットです。




CA396900.jpg















 しげちゃんの作品たち、今までなかった、割れ目に金色の塗ってある木彫がありました。




CA396899.jpg















 いつもの美味しいカレーと、ケーキと、今回はチャイがなくってコーヒーに。

 辛さを強くした限定20食の海老カレーがあったのだーーー!

 注文してから知りました。残念・・・




CA396908.jpg















 「ひつじ屋」さんという新しいお店ができました!

 原毛から糸を紡いで、機織(はたおり)をしているカフェ工房。




CA396923.jpg















 「フリーマーケットカフェ・ひつじ屋の収益は、すべて原発を止めるための活動費になります。」 とあります!

 その1Fのカフェです。2Fのアトリエもカフェになっていました。




CA396912.jpg















 草木染で染めたひつじさんの毛糸、優しい色合いですね・・・




 さてここからが尾根越えの細い道を行くか? 元来た道を帰るか?

 相談の結果、尾根を越えることになりました。




CA396925.jpg















 馬の背中のような道が続きます。山道を歩くのと強い日差しにじっとりと汗が・・・ 日陰が気持ちよいくらい! 以外に水はけが良いらしく、足元はぬかるんでいません。




 ん・・・!? 向こうから見慣れた顔が近づいて!農楽里ファームの遠藤さんだ!!娘さんと笠井さんも一緒です。

 いや~~・・・嬉しいですねぇ♪♪ここで逢えるとは思っても見ませんでした・・・

 「あかね屋」さんで来ることは聞いていましたが、長野から車です。しげちゃんには、遠藤さんに宜しく伝えてくださいとお願いして出てきたのです。

 尾根道は車は走れません。だから逢えないと・・・
 
 聞いたら、お散歩マーケットは乗り入れ禁止なので下においてきた。って!立派な人です!!





 ↑ 写真は石神さまのある広場。黒指(くろざす)地区の一番上です。今日はスカイツリーも見えていました。

 




CA396916.jpg















 此処から受付のある下の道まで、一気に下ります。




CA396937.jpg















 下りながらお店のスタンプを押して、スタンプを全部押しました!

 お買い物袋も重くなりました。ゴマおはぎ、ユズの搾り汁、シークワーサー(こんな所で取れるんだ!)、椿アブラ、焼きビーフン、など・・・

 スタンプラリーは廃油の石鹸をいただきました。^ ^




CA396936.jpg















 尾根越えでは、もう一つ面白いものと出会いました。

 『出会ったらラッキ~“ひのこバンド”神出鬼没!生ライブ』、の“ひのこバンド”と初めて出会えました!!

 お二人でギターを弾きながら歌を歌いながら“ひのこバンド”はすれ違い去っていきました。笑





CA396932.jpg















 夕ご飯に食べた、アジア飯。凄く旨かったです!!

 サフランライスに香辛料で味付けした鶏肉。野菜と長ネギをこれも香辛料で処理してありました。それに玉ねぎのピクルスでしょうか?

 名前や味付けを聞くの忘れました。

 次回は5月5日です。ぜひ聞いてみようと思います。




 
 聖山は、UFO の出現ポイントになっているようです。

 Yちゃんのお母さんも見ているそうです。

 農楽里ファームの遠藤さんもブログ(9/17Up)で、

 「天の川のなか、白鳥座の近くを、流れ星が一つ。

そして、西の空に北斗七星とうしかい座のアークトゥルスを確認した後で、、農楽里ファーム母屋裏の栗の樹間に アークトゥルスよりも大きく金色に輝く光を発見。

 何だろうと追いかけてみると、、、その大きな金色の輝きは、戸隠山の方向へスーーッと小さく消えていったのでした。。。

 瞬間、時が止まったかのような、幻のような出来事でした・・・。」

 遠藤さんが大きな金色の輝きを見ていた時、農楽里ファームの違う場所では、空の違う方角に太田さんも不思議な発光体を目撃していたそうです・・・





CA396858.jpg















 これは大気圏突入のさい、周りがススけたUFO。

 ウソです。大気圏突入のさい、周りがススけたお釜です!^ ^;





CA396713.jpg















 しばらく前、ちょっと気になることがありました・・・

 ちらっと見えたんです。この写真は再び前を通ったときのもの。





CA396494_20121117010032.jpg















 次の機会に再度撮影!

 確かに映っていますね・・・





CA396883.jpg














○ 
 昨日、再び前を通ったときのもの。

 あれっ! いない・・・?





CA396886.jpg















 これはもう確かめる他ないと決心し、お店に入りました。

 40年前ここに住んでいたときは、こんなお店は無かった。

 “RAINBOW TRIBE”

 聞いてみたら12年前からある。 と・・・

 ええっ?知らなかった!

 ビーズの品揃えが半端じゃない!!ネイティヴ・アメリカンの写真、布、小物、各種ストーン、アクセサリィー、ダウジングに使える品、洋服、雑貨、ets・・・

 「宇宙人は今どこにいますか?」

 お聞きしますと、お店の奥に案内されました。



































CA396879.jpg















 ここで休んでいたんですね

 お名前を尋ねると、

 「名前はありません」 「あ、でも右側は J とも呼ばれていたようです」

 “J” ですか 僕は “G” です。

 似ていて、ちょっと嬉しい!^ ^





CA396882.jpg















 お店を出ると壁面の上にも、お仲間がいらっしゃいました。^ ^

 福生の16号商店街は楽しい!!



 最近の子どもたちの“瞳” とても大きくなっていませんか?

 僕もそうですが、僕が子どものころはみんなススキで切ったような目でした。

 わずか半世紀で考えられない変化(進化)です!!

 僕は宇宙人と遭遇したときのショックを和らげるために、仕掛けられている想定内の進化だと思っています。




 
CA396862.jpg















 日も傾くまでお話して、農楽里さんの野菜畑に行くことになりました

 村の狭い急な道をスイッチバックな切り替えしで登っていきます。

 畑は北アルプスの良く見える高台! 写真に写ってない左側、雪雲に隠れたアルプスがあります。




CA396863.jpg















 農楽里さんの野菜畑です!

 もう4時です。日陰はけっこう寒い!!




CA396864.jpg















 日も傾き、向こうの山の上部だけが照らされています。

 お土産にと、色んな種類のお野菜を採ってもらいました。

 ありがとうございました♪♪




CA396866.jpg















 お話を聞いてビックリ!! なんと、この畑は耕さない畑だそうです。

 種を蒔いたり、苗を植えるとき、そこだけ雑草を刈り取って植えつけるそうです。

 根っこが土を耕す。そのイメージで大丈夫だそうで、僕ら年寄りにはピッタリの耕法だなあと思いました。



CA396865.jpg















 こぼれた種から育って咲いた、エンドウの花・・・ キレイ・・・




CA396867.jpg















 長野から帰って次の次の日。娘が心を連れて遊びにきました。

 娘、整体のために、まず心を沈没させます。




CA396868.jpg















 これでゆっくり施療ができます。笑

 このとき農楽里さんの野菜畑の野菜でサラダを作りました。

 「お父さん。美味しいよ!これならデパ地下に出せるね」 って好評!^ ^




CIMG7694b-300x225.jpg












 農楽里さんの野菜たちのサラダ。自分のお土産に買ってきた“クルミバター”をぬったトースト。それじゃ足りないのでカップヌードル・カレー味。という昼の贅沢なメニューでした。笑




CIMG7597-0b-300x225.jpg












 畑から撮った、先月25日の北アルプス・・・




CIMG8164b-300x225.jpg












 昨日15日、野沢菜にも初雪の積もった農楽里さんの野菜畑。

 風邪ひかないようにね!

 下の3枚、写真借りましたね。^ ^




 
 昨晩、遠藤さんの状態が気になって、整体をする約束をしていました。

 聖山から下りて、天気もよく、障子を開け放って、外気と太陽にも手伝ってもらいました。




CA396843.jpg















 これが開ける前のステキな“障子”! 黒い部分はニャンコの出入り口




CA396844.jpg















 ミコ太が顔にくっついてグル~グル~ ・・・




CA396845.jpg















 足元にチャイも登場! ・・・




CA396846.jpg















 二匹の猫が(狛猫)狛犬になってくれています。^ ^

 阿形のミコ太(右)グル~グル~

 吽形のチャイ(左)無言で

 遠藤さんの極性を調べて、地球の極性と合わせてあります。

 ミコ太とチャイの助手の働きで、東西南北のポラリティーの完成。

 太陽を背中に、風にそよぐ木の葉の音を聴きながら、僕は肉体を置きながら
この世を少し離れる感じ・・・

 天と地を結びながら、みんなと宇宙の一体感を創ります。

 仙骨に置いた親指にクモ君が登ってきて、ジ・・・・・っと何かしてくれていました。

 みんなで一つの、愛でいっぱいの体験でした。

 終わって僕も元気になりました。10年ちょっとの治療師の体験の中で最高の施療でした。

 本当にありがとうございました・・・

 




CA396850.jpg



















 施療がちょうど終わったとき、Yちゃんが残念そうに、

 「まだまだ、あるのよ~~」

 って集めてきたのが、この栗たちです!




CA396849.jpg















 栗と一緒に並んでいるポットは・・・

 “ブナ” や “ミズナラ” や ”ヤマグリ” の種を蒔いたもの。

 太田さん(左)が大切に育てています。

 聖山の使われなくなったスキー場の斜面をブナの森にする夢があります・・・

 嬉しいですね♪♪  『木を植える人』がここにも居ました!!




CIMG8044b-300x225.jpg











 写真お借りしました。

 ミコ太、特別出演!^ ^(農楽里さんの野菜畑で)



 
 遅い朝ごはんを頂いて、お種池へ行くことに・・・



CA396806.jpg















 “水音の  いつも身近や  秋の山”

 まさに今、ここ、を歌にしたようです!

 ここは聖山に降った雨が湧き出ている地点ですね。お種池、権現池、白樺湖、と、水の流れる音が其処かしこから聴こえています




CA396807.jpg















 樋知大神社の奥がめざすお種池。




CA396809.jpg















 ブナの紅葉はほぼ終わり。




CA396817.jpg















 1ヘクタールあまりのブナの森の山すそに、お種池はあります。




CA396811.jpg















 葉が落ちたブナ林を通して、日の光がお種池に差込みます。




CA396813.jpg















 湧き水と日の光が一つになって、美しい・・・

 命のバイブレーションを創りだしています。

 ここに来ると、いつも瞑想状態にいざなわれます。



CA396836.jpg















 近くの白樺湖にも足を運んでみます・・・

 キレイです・・・




 白樺が湖面に映っています。

 実は湖面が水の上に映っています。??

 次元のお話・・・ 僕たちの住んでいる3次元は4次元の投影されたもの。

 3次元と4次元はワンセットです。僕たちの意識や思念のエネルギーは4次元に流れ込み、そこにひな型が創られます。

 そのひな型が現象化した世界が、僕たちの住む3次元世界。

 池はたとえ話です。池が4次元というのではないですよ。






CA396828.jpg















 聖山の山頂に行きたかったのですが・・・

 遠藤さんが「行ってみます?」って聞いてくれました。

 もちろんお願いしました!笑

 遠藤さんに、感謝!!




CA396830.jpg















 山頂はいい天気!!

 北アルプスは雪が積もっているのが少し見えます。雲がかかって殆んど見えない・・・

 かかっているのは雪雲ですって!




CA396831.jpg















 こちら南側は美ヶ原方面。

 空が輝いています。こんなときはグレイスが良く見えます。




 グレイスを見るミニミニ講習会を・・・

 焦点をどこにも合わせないで、空を一枚の絵のように見ます。

 脳の中のスクリーンを見ている感じ・・・

 チラチラと、柔らかい綿毛のように、銀色に輝くフェアリーダストのように見えるのがグレイス。

 グレイスは祝福です。グレイスと繋がっている間は全ての過去から切り離されます。









 
CA396787.jpg















 白糸の滝から別ルートで中軽の星野温泉に向かいます。

 今夜泊まる大岡にも大岡温泉という露天のいい湯があるんですが、残念ながら火曜が定休日になってしまいました。涙

 そこで星野温泉に寄って行くことにしたのです。

 行き先はトンボの湯。

 


CA396798.jpg















 トンボの湯の目と鼻の先にピッキオ・ビジターセンターがあります。

 パトロールの車のロゴマーク、一度見たら忘れない




CA396791.jpg















 ピッキオ は“お散歩マーケット”と同じエコツーリズムのネイチャーツアーを行っています。

 カタログに「地域の自然を守り伝える『森のいきもの案内人』。」とありました。




CA396788.jpg















 ビジターセンターの中には、ムササビの巣箱の中の生中継が行われています。

 ムササビ君は別荘をいくつも持っているそうで、このときはお出かけ中でした。

 僕らもお腹を空かせるべく、野鳥の森へ散歩に出かけることに・・・ 




CA396797.jpg















 まずはトンボ池を目標に、ビジターセンターをスタート。湯川ぞいに進みます。

 ムササビ横断注意の標識!初めて見ました。可愛いムササビ君ですね

 トンボ池は水がほとんどありませんでした。




CA396800.jpg















 この池はトンボ池の水源になっているどんぐり池。

 野鳥たちが水を飲んだり、水浴びしたりする水溜りです。ここから流れ込む水が少なくなっているんですね。

 どんぐり池まで行って引き返すことにしました。




CA396793.jpg















 ビジターセンターとトンボの湯の間の広場のかえで(もみじ?)に夕日が当たってキレイ・・・




CA396795.jpg















 トンボの湯 に入ったのは4時過ぎ。1時間したら出てくることに・・・ 




CA396803.jpg















 出てきたころはもう真っ暗!

 夕方で冷えていた体がポッカポカに・・・

 農楽里さんに連絡して軽井沢を離れます。

 


CA396805.jpg















 農楽里さんに着いたのは7時半ころ。

 チャイにゃんと、薪ストーブと、豆乳鍋が待っていてくれました

 遅くまで何やかにやとお話が続きます。遠藤さん太田さん朝早いのにいつもスイマセン!!

 おやすみなさい!







 
 旅はこの後、先月行きそびれた“農楽里ファーム”さんへ向かいます。

 今朝は農楽里ファームさんの栗を頂きました。

 今朝はのどが痛く施設にお休みをいただきました。

 明日から忙しい日が続きます。今日は良い休養日がプレゼントされました


CA396854.jpg















 母屋の裏にある百年の栗の木。

 根元は一人ではとても抱えられない太さ!枝を二階建ての大きな母屋の屋根の上まで広げて立っています。

 栗の実る時期は、この枝の広がる大きなスペースが危険ゾーン!この秋は農楽里さんの猫ちゃんがイガの直撃をくらったようです。^ ^; 

 




CA396640.jpg















 前回も栗拾いに夢中になっていたYちゃんは・・・




CA396850.jpg



















 こんなに集めてきました!

 「まだまだ、あるのよ~~」 って残念そうでした。

 出荷する~?笑

 




CA396869.jpg















 これは家のベランダで日に当てているところ。




CA396873.jpg















 僕はめんどうなことは嫌いなので、レンジでチンします。
 
 あっ!なさる方は爆発するとお掃除が大変なので、皮に切り込みを入れてからチンしてくださいね!




CA396871.jpg















 ・・・いい香り! 甘くて美味しい秋の味

 僕の背中や首筋にも、お日様を浴びながらいただきました。

 ありがとうございます・・・




 
 
CA396776.jpg















 正面から・・・




CA396777.jpg















 左側に進んで・・・




CA396779.jpg















 さらに左奥へ行ってみると・・・




CA396781.jpg















 よほどの芸じつ家しか狙わない、被写体を撮っていました!!




CA396782.jpg















 その上、崖の土をいじっていました・・・




CA396783.jpg















 魔女の呪術? この小枝には、どんな魔法が・・・

 聞いてみたら、「小枝の下にお宝を埋めた」と答えが??














 



 彼女の行っている職場の同僚が、明日11月7日に軽井沢にきて、「白糸の滝」を見にくるそうなんです!

 そこでこの同僚に写メールして、小枝の下を掘るように指示が出されたようです。

 一日未来に魔法をかけたんですね!

 出てくるのは、どんな ? ? ? お宝でしょうか・・・ 





 
CA396748.jpg















 取り合えずお昼のお蕎麦を目指して出発! 出たのは9~10時の間だったでしょうか?

 関越はどしゃぶり!!

 写真の横川SAでは、小ぬか雨・・・

 碓氷軽井沢を下りるときは、もう止んでいました。^ ^




CA396757.jpg















 1時前に到着。

 中軽の“かぎもとや”さんは10年振りと言ったところ。

 背中に招き猫と、達磨さんと、大熊手。

 一番奥の一番おめでたい座卓が空いていました!笑




CA396753.jpg















 大ざるの(美味しい処では大盛にするという)Yちゃん、並ざるの僕、天ぷらは
一皿を山分け。

 並にしといて良かったあ~~ 二人とも夕方まで何も食べる気がしなかった!!




CA396763.jpg















 軽井沢の紅葉は赤味が目立ちます。まさに今がベスト・シーズン♪♪

 雨上がりでしっとり濡れていて、艶(あで)やかな色合いでした。



CA396766.jpg















 旧軽を抜けて、前回行けなかった「白糸の滝」へむかいます。

 どこを走っても紅葉の真っ只中!!




CA396769.jpg















 標高が上がってくると、唐松の黄色以外は既に紅葉は終わっていました。




CA396774.jpg















 「白糸の滝」着いたも同然!




CA396786.jpg















 なるほど「白糸」だ・・・

 


CA396778.jpg















 写真を撮っていると・・・ 奥のほうで・・・

 何やら怪しげな行動のYちゃん・・・





   
 
CA396721.jpg















 お向かいの建築中の建物の前には、かつて二軒の家がありました。

 その土地にも、新しい家が建つようです。




CA396745.jpg















 神さまを呼ぶ結界が作られて、祝詞があげられた跡ですね。

 このように宇宙は常に変化していきます。

 人は、いつまでも変わらない安定を欲しがりますが、

 変化しないものは何一つとしてない。

 僕も、敷地の外にあるシュロの木に(夢のお話)飛び移るタイミングにあるようです・・・





 
 
CA396744.jpg

















 最近メモってないので大雑把な内容です。


 父親が「1泊2千円の家(貸し別荘のような・・・)を借りてあるので、みんなで
泊まりに行こう」と言ってる。

 「ふぅ・・・・ん」と乗り気になれなかったけど、そのうち「父がせっかくそう言っているんだから、みんなで行って楽しもうかな」と、行ってみる気になっている。
  
 車に父と母を乗せて何処かに出発する。貸し別荘へなのか?みんなで住んでいた家へ向かったような感じがするが・・・ 行き先は夢には出てこない。



CA396740.jpg















 家、というか、敷地をキレイにしている。雑草もキレイになって、棚の下の木くずもカンナくずもキレイにお掃除。

 子供が小さな池に入って、おしっこをしている。

 「其処にしないように」叱ると大きな池にある噴水のシーンに変わる。

 噴水から勢いよく水が噴出! だが水が斜めだ?

 庭の外へ(左上へ向かって)水が飛び出している!!

 良く見ると、吹き出し口が傾いているんだ。

 噴水のコントローラーを調節すると、真っすぐ上に向かって水が吹き上がるようになる。

 いい感じだ



CA396741.jpg
















 庭の塀の外にシュロの木のようなのが立っている。

 その木の上に鳥のヒナが一羽いる。天を舞っている鷲か鷹の子供のよう。

 そのシュロのような木は塀のわりと近くなので、飛び移れそう。

 飛び移った勢いで、その木が倒れるかもと心配しいている。

 目覚ましが鳴って夢が終わったのか?分かりません。

 夢を見ている間は、まだ塀の外の木に飛び移っていなかったかな?



CA396742.jpg















 夢は瞑想会に行く朝のもの。 画像は夢とは無関係です。



 
  昨日のお昼ころこんなメールが届きました!



> いま、日比谷公園にいます。
> 一文字違いの『スダジイ』の木があったので、思わずメールしちゃいました(笑)
> これからプランタン銀座のアロマフェアで、Sさんが講師をする講座にでてきまーす。
> では、また

> N



 ところがその日の朝・・・

CA396715.jpg















 僕は、瞑想会に行く途中に『スダジイ』の実を拾っていました!






 本名、あだ名、合わせて僕には、九つほどの呼び名があります。

 『スダジイ』と一文字違いのが・・・ 確かにあります。^ ^

 不思議な、不思議な、考えられないようなシンクロニシティも幾たびも経験していますが・・・

 今回のは、ほのぼの系でした




 
 瞑想 (カテゴリー) のほとんどの記事は、福田高規治療院 で 毎月 第1・3日曜日 10時~12時 に行われる瞑想会のメモを基にしています。
 参加費 ¥ 500- 予約の必要はありません。





CA396720.jpg















 高田馬場駅から福田治療院へ向かう途中、馬場口の信号の空とビル。

 都内の澄んだ青空!




CA396715.jpg















 馬場口を過ぎるとすぐ右手に印度大使館があります。この大使館の入り口には古いスダジイの木が何本もあります。

 そのスダジイの実。福田先生にプレゼントです。^ ^






 今日は話が途中から横道に反れて、ダウジングのお話になりました。

 振り子は失せ物探しにも使えるけど、福田先生は治療に使うと決めているので失せ物探しはしないと。

 そこで何やら出てきたのが、この直角に曲がったダウジングの棒。

CA396716.jpg



















 イヤぁ・・・ 懐かしかったです。僕が生まれて初めて出会ったダウジングです

 学生時代、道路を掘るアルバイトをしていました(他にも色々してましたよ!)。ユンボで路面を掘るとき埋設してある水道管を壊すと大変なことになるので、その水道管を見つけるのに使いました。

 こんな高そうなのでなく、工事現場の番線を直角に曲げて作ったものでした。

 「やれ!!」って言われて、アホか!この土方のおっちゃん。って思いながら、二本のバーを前方に向けて歩いていきます・・・

 ある所にくると、このバーが勝手に開いて一直線になるんです??

 その一直線の示すとおりに水道管は、

 ありました! 

 探す物は水道管でなくても、意識の中で指定すればOKです。棒の先がそちらに向きます。







 私は治療の仕事をしていますが

 治ったかどうかは 興味がない

 愛でいっぱいにしようとするんです

 「いやーー もういっぱい」

 「ありがたいね ~~」

 ぐちゃ ぐちゃ ぐちゃ ぐちゃ 言うの

 それ 止めてね

 神の栄光を顕すのが 私の仕事

 神が勝手に働いてくれてる
(ダウジングの棒が勝手に動いてくれるのと同じですね!)

 みんな 素晴らしいことが起きているんだ





 何とかしようとするのが 償い
(自分が悪かったからこんなになったんだ。だから何とかしなくちゃ。このコリは何々をしたからだ。何とかこのコリを取らなきゃ。それが償い。償おうとすると対象、相手から色々・低い波動とか受けます。)

 あがない (あがなう時は受けない)

 みんなに 宇宙中に いっぱいの幸せを いっぱいの元気を いっぱいの祝福をあげる

 少しじゃない いっぱいあげる

 歩きながらも出来ます

 私はトイレに行くときも 皆さんにあげてるんですよ

 それで皆さんは元気になります

 あげてる時は 自分のことしかなくなっている
(あげてる時は、自分の中の、幸せ、元気、祝福をあげる意識しかなくなっている)

 みんなの事は どうでもい~

 宇宙中の幸せをみんな あなたに差し上げますよ
(“宇宙中の幸せをみんな あなたに差し上げますよ”をしている自分しかなくなっている)





 失敗したら ごめんなさい

 それだけかな

 それが最高だと決める

 失敗したという

 失敗したんだ というだけ

 自分は素晴らしい存在

 そこからは逃げない





 気功の気は“氣”が本来の字 

 “氣”の中の“米”は光を顕す

 “氣”は目に見えない光

 “氣”で押す

 トンボがとまるように 押す

 呼吸を合わす押し方は 力で押しているから





 今日は 始めのごあいさつを忘れていました

 かつて 生きてきた人々

 今 生きている人々

 これから 生まれてくる人々

 皆さんに ご挨拶いたします

 すべて あなたのことですよ

 ありがとうございました





CA396719.jpg















 今日は午後の指圧の講座も受講しました。

 お財布の中身の補充を忘れていて、欲しい品物も購入できなかったのですが、Tさんが僕の分を立て替えてくれて受講できました。

 助かりました。 Tさんありがとね!!

 上の写真は帰り道にある、“子育地蔵尊”。中でサンバのコンサートをやっていました。

 楽しいリズム♪♪ 身体が勝手に動きだします!たぶん動いてるのは神様。^ ^



 
 
 
CA396709_20121101210559.jpg















 ベランダ・・・ 何かいるんですが・・・




CA396705_20121101210732.jpg















 ニャンコ!^ ^




CA396707.jpg















 小さい身体のお姉さん。




CA396706_20121101211223.jpg















 同じかっこうでいると、すぐに眠くなるのは僕と同じかな。笑




CA396710_20121101211320.jpg















 何匹か遊びにくる野良ちゃん、この子だけ触らせてくれます!!

 ソプラノ・ヴォイス、可愛い小声で ミャァ ミャァ って呼びかけてきます