魂のワークブック

何だろう?私と世界にプレゼントしたいもの♪

 
  チュベローズが咲いた!!

 昨日、蕾の先がすこ~し、ほころびていたのが・・・




CA396464_20120830211357.jpg















 今日仕事から帰ると、ベランダが甘~~~い香りで・・・

 二年がかりだったんです ♪♪




CA396471.jpg














 バリで初めて出会いました!!

 香りに一目惚れでした ♪♪♪




CA396477.jpg



















 夜になると、特に強く香ります。

 バリの夜の香りだ~~ ♪♪




CA396473.jpg















 “Sedaap” → 美味しい・気持ち良い

 “Malam” → 夜

 バリでは黒魔術に使われるとも言われます。




CA396479.jpg















 今夜はお部屋に入れて、僕のそばに居てもらいます。

 キャモ~~ン!!ブラック・マジック?? 

 ドキドキ!! ^ ό ^



 
CA396468.jpg



















 「つなみのえほん」は語り部の菅原さんに薦められて、さんさん商店街で購入しました。

 作者のくどうまゆみさんが、天に召された多くの方の命を無駄にしないように、ふるさとの豊かさと悲しみを忘れないで生きてゆくために、津波から命を救うことを子供たちに小さい頃から話してあげて欲しいと、描かれた絵本です。 市井社刊





CA396469.jpg



















 現地では手に入らなかった「南三陸町からの手紙」がアマゾンから届きました。この本の売り上げのうち100円が、被災地復興のために寄付されます。

 被災された方々22名の言葉が、手紙という形で掲載されています。






 同情されるのが嫌で平気なフリをしています。

 もう大丈夫だ!って吹っ切れたフリをしています。

 
 でも正直言うと貴方にあいたいです。

 時々、

 「3月11日にもどれたら・・・・・・」

 なんて考えたりします。


 私は津波から必死に逃げて助かりました。

 生きたからには一生懸命に生きようと思います。

 それでも、まだ私には貴方が必要です。

                         34歳 女性 主婦





 人間も自然の一部なんだと実感した。

 津波がこれほどまでと思わなかった。

 家もなくなった。

 父も波に飲まれた。

 まだ実感がない。

 現状で何をしていいのかわからない。

 そんな中、知らない人からの支援がこれほど温かいものだとは思わなかった。

 日本はまだ捨てたもんじゃないと思った。とても感謝しています。

                         34歳 男性 会社経営





 ・・・・・・(一部です)

 ひとつひとつの感情が生きている証拠だった。

 生き残った以上、生き続ける。

 時には人の力を借りて、這いつくばってでも。

 
 いつか皆からもらったこの恩を返すために、

 町民やボランティアの力を借りつつ何年かかっても必ず復興してみせる!

                         39歳 男性 土木関係





 ・・・・・・(略)

 遠くに住む友人が心配してメールをくれる。


 私は 《なんとか生きている、全てなくなった。

 これからの事を考えると死んだ方が楽だったかもしれない・・・・・・》


 と返信した。

 被災で亡くなった人には申し訳ないが本心だった。

 すぐに返事がきた。


 《そこにいないから適当な励ましはできない。

 ごめん、辛いかもしれないけれど、それでもあなたが無事でいて私は嬉しい。

 明日も生きていて欲しいよ。》


 その日からグチをこぼすのは止めようと誓った。

 応援してくれる人がいるだけで力強い。


 また、笑って友達に会えるように頑張りたい。

                         31歳 男性 無職







 涙が、何度も・・・ 何度も・・・ 流れました。

 渡したい人が5人浮かんで、すぐに5冊再注文しました。 

 手紙です!このように掲載してはいけないのです・・・

 でも、このブログを見て「南三陸町からの手紙」や、「つなみのえほん」を読みたい方が一人でもいたら・・・ と思っています。



 
 

CA396440.jpg















 南三陸町最後の朝、さんさん館で泊まった二階の部屋から・・・

 斜めに差し込む朝日を浴びて、校庭のむこうのプールが輝いていました。

 「さんさん館」、「さんさん商店街」、さんさんと輝く太陽のことですね!!



 
CA396466.jpg















 4階までが流され、5階と屋上に逃れた人が助かった志津川病院も・・・(左右に横切る道路の上側)



CA396447.jpg















 その道路ぞいに張られた幕の向こう側に志津川病院はありました。重機が入り解体されてほとんど平らになりました。

 志津川病院から海沿いの道を南下し、去年のツアーの会場だったホテル観洋へ向かいます。



CA396415.jpg















 観洋までの道の左側に広がる志津川湾の水が引いてしまった写真です。

 手前は桜だとか。卒業式のころです。木が悲しんでいるのか?僕にはどうしても桜には見えません・・・ やはり・・・桜ではないですね。雪ですね!雪が積もっているんですね・・・

 左がツバキ島、右側がアレ島というそうです。手前まで海があるはずですが、海岸線が遠くになっていて、むき出しの海底には流された白い車らしいものが見えています。何度も押し寄せた津波の合間に起こったことだそうです。



CA396436.jpg















 たぶん同じ辺りでバスから撮った写真です。



CA396434.jpg















 そしてこれが ホテル観洋 から見た志津川湾と南三陸町の中心地があるほうです・・・ カメラ目線の子の頭の右上がツバキ島、この湾の水が無くなってしまったと言うんです・・・





 一年前ホテル観洋は600人の避難者を受け入れていました。助かった人たちの命をつなぎ、町の人口の流失を食い止めるための重要な拠点になっていました。今も観光、地域の雇用、物産振興におおきな影響を与え、故郷再興の要になっています。

 語り部の菅原さん、ホテル観洋の女将の阿部さんともに、今は被災地が立ち上がるために東北の物産品を求めてくださいとお願いされていました。そして出来たら、被災地を訪れて欲しいと・・・

 絶望のふちに立たされたときに届いた、暖かい励ましや、食べ物や、人力にどれだけ助けられたか。

 でも命の助かった人が、あまりにも深い絶望に死んだほうがいいと思ったと。それが80の老人なら仕方が無いけど、若い人も同じ気持ちだったと・・・ 

 そして今、スイッチを押すと灯る明かりを、蛇口をひねると出る水を、本当にありがたいと思えるとおっしゃっていたのが忘れられません。



CA396449.jpg















 ホテル観洋、一年前80名の施療を行った弁天の間で、ツアー最後のお昼ごはん!バス以外で帰られた方数名を除いてスタッフ全員です。お疲れさまでした!!!

 食後、五反田に向けて出発します。



CA396400.jpg















 20日夜8時ころに、出発した同じ場所に戻ってきました。






最後に・・・

 うに好きに南三陸のうに情報♪♪

CA396467.jpg



















 南三陸さんさん商店街

19日の昼休みを利用して、さんさん商店街に食事やコーヒーを飲みに行こうと話していましたが、前夜のバスがうつら ×2で、施療中もおねむでした。昼休みは熟睡でした。キラキラうに丼ではなく、キラキラいくら丼が食べたかったなぁ・・・

 キラキラうに丼

各店舗の情報(場所・価格・営業時間・電話など)を確認してくださいね!

 山内鮮魚店・仮設商店街の24番

こちらのお魚朝食セットとホタテの燻製を子供たちに買ってみましたが、好評でした!

食べてみたい方は(うに丼は現地で!)宅急便でお取り寄せできますので、試してみてはいかがでしょうか?



 
 もう1グループの会場はさんさん商店街。

 南三陸町の被災の中心部に立てられた仮設の商店街です。プレハブのお店が10数件並びます。町の中心地は残されたビルと、建物の土台だけ、撤去された瓦礫は海岸のほうにうず高く積み上げられています。

 この中心地で人の生活の匂いは、この仮設の商店街しか見当たりません・・・

 調べなおしてみましたら、さんさん商店街、観光協会なども含めて33軒のお店がありました! あれ!33軒 → さんさん商店街・・・ 語呂合わせ???

 

CA396404_20120827004518.jpg















 町の合同庁舎あと。3Fまでの窓ガラスは壊れ、室内が破壊され、建物全体が津波に吞まれたのが分かります。



CA396443.jpg















 仮設の商店街はこの旧庁舎のすぐそば・・・



CA396444.jpg















 ごめんなさい!もう少し上手に撮れたら良かったのですが、シャッターを押すと2秒未来が写るカメラなので・・・

 写真は20日のものです。19日はこの「ヘアーmakana」(美容室)さんと「おしゃれ空間LIPS」(化粧品店)さん(下の写真)がお店をお休みにして会場を提供してくださいました。



CA396442.jpg















 アケミさん(中央)、アケミさんのお嬢さん(左)、スタッフのSさん(右)

 この2軒で、ヘアメイク、アロマ、マッサージ、石のブレスレット、カフェが行われました。

 ヘアメイクの終わった希望者さんには、横の写真館での撮影が待っています。

 復興には生きる力が欠かせません。生きる力と女性が美しくなること、実は密接な関係にあります。今回ヘアメイクの支援が加わったのに、復興が新たな段階に差し掛かったのかな?と感じました。

 目に映る風景には復興はまだまだ遠く感じられますが、その中でも、美しさを身にまとおうとする女性本来の姿が見られるようになった。これがあって初めて復興へのエネルギー、生活への熱が生まれる気がします。



CA396445.jpg















 僕は「ヘアーmakana」さんへはとても来てみたかったのです!!

 それはお店の写真でも伺えますがバリ風なのですよ。ほぼ完成してオープン待ちだったバリ風の美容院は、津波の翌朝、土台を残して消えていたそうです。借金だけが残ったと・・・ 頭が真っ白だったと・・・

 バリ好きな僕としては何とか応援したくて、家に残っていたバリ物資をまとめて、それにバリっぽい絵を添えて、南三陸行きの車に乗せてもらいました。お店の入り口にあったこの絵がそれです。

 今回、お店のママのアケミさんに、「とても嬉しかった!」と伺えて心が温かくなりました・・・ 良かった~ と思えました・・・

 「バリは行ってないの。行こうと思っていたらこんな事になっちゃって・・・」 きっと行けます!!行ってもっとバリ好きになってくださいね~~



CA396446.jpg


















 
 ご自身もヘアメイクしてもらい、4人で撮ったアケミさんファミリー。

 仮設のお店は大工さんの旦那さんと一緒に作ったと・・・

 明るい未来を感じるとてもいい写真です!!

 女性の笑顔、これは世界のエネルギーの原点ですね♪♪

 「bahasa Indonesia (インドネシア語)」では

 「makan」は食べる。「makanan」は食べ物。

 お店の名前、「makana」は何でしょうね??

 (お写真はアケミさんの許可をいただいてUpしてあります)





 
 今回、僕たちは2グループに別れました。

 津波に流された何にもない中心地に作られた仮設のさんさん商店街と、山の手にある宿泊施設さんさん館。



 
CA396423.jpg















 僕のグループはさんさん館。古い小学校を改造してあります。3年1組が泊まったお部屋です。中は仕切られていて、3ベッド、バス、トイレ付き、エアコンなしです。



CA396424.jpg















 アロマのコーナーです。 



CA396425.jpg















 好きな石を選んで作る、ブレスレットのコーナー。


CA396426.jpg















 僕がベッドを使わせてもらったので、カフェのコーナーで施療中のカイロ・プラクターのKさん。

 前回の一年前は無料だったんですが、それでは気が引けるという方も結構おられて、今回は1コイン・¥500- 頂きました。

 アロマ・トリートメント + バスソルト + 虫除けでも ¥500-

 ブレスレット、何本作っても ¥500-

 マッサージは何度もというわけにはいかず1回 ¥500-

 収益は全て寄付させていただきました。



CA396427.jpg















 前回は臨床家6名で80名の施療でした。さんさん商店街のほうは大変だったようですが、此方はそうでもなく、僕はスタッフも含めて5?6?人でした。

 余裕だったので、途中で校庭に出てみました。



CA396429.jpg















 子供たちのために、良い木材を集めて作ったという校舎。あの巨大地震に耐えどこも壊れなかったそうです。



CA396431.jpg















 お外の空気を吸って、中に戻ろうと・・・



CA396430.jpg















 校舎に近づきますと!! 懐かしい音がだんだんと大きくなって・・・

 それは、オルガンの音・・・♪♪♪




CA396432.jpg















 足踏みオルガンをKさんが弾いておられました!!彼女は出版楽譜のアレンジやピアノ演奏をお仕事にされているプロ。

 “千と千尋”のように、トンネルの先の別世界に迷い込んだような気がしました。そしたらKさん“千と千尋”のテーマを弾いてくれたんですよ!!感激でした!!^ ^;

 Kさん、(実際の音は忘れましたが)音が三つ出ないって!(例えばレとソとシとか)全くそんな風に聴こえなかったんですよ!!凄いなあ・・・





CA396437.jpg















 豪華、海の幸、新鮮なお野菜の夕ご飯。このあとに配られたご飯と味噌汁もとても美味しかったです。



CA396464.jpg















 食べ終わったころ、突然暗くなったと思ったら・・・嬉しいじゃありませんか!!!

 誕生日をお祝いしていただきました!!!(T_T)ガオー!!

 8月19日は僕の誕生日なんですよ。去年のツアーでは行きのバスの中が還暦の誕生日でした。

 スタッフの皆さん、小林さんありがとう!!! 嬉しかった♪♪♪ 幸せでしたよ~ ☆☆☆



 
今回のボランティア・ツアーの詳細



CA396402_20120824162540.jpg















 南三陸の朝は霧の中でした。コンビニでめいめい買った朝食を、バスの中で食べます。

 山々を縫って海岸へ、津波の押し寄せた中心街へとバスは向かいます。

 山すその杉の枯れ木が目立ちます。そこまで海水が上がった地点です。


 

CA396407.jpg















 霧の中に防災対策庁舎が浮かびます。

 「大つなみが来ます、今すぐ、高台に避難してください!」 と防災無線で叫んでいた女性の声が途絶えた建物です。

 防災対策庁舎なら助かると、みんなが避難した建物でした。




CA396412.jpg















 バスは防災対策庁舎の横に止まります。




CA396413.jpg















 こんなに近くに止められるようになったのは、つい最近だそうです。遠くに止めて歩いて来たって・・・

 大勢が亡くなった建物の近くに見学のバスが止まるのを拒んでいたのですね・・・




CA396411.jpg















 最近みんなの気持ちが変わり始めたとおっしゃる、語り部の菅原さん(左の方)とAさん。

 以前、市長?町長?がこの建物を記念碑として残したいと言ったとき、肉親がここで亡くなった家族の方々が、思い出すからやめてくれと大変反対されたそうです。

 それが、父ちゃんが最後に生きていた所だ。と思えるようになり、家族の方も記念のメモリーにしたいという気持ちになってきたことで、この建物は取り壊されないと思う。とおっしゃっていました。




CA396418.jpg















 南三陸町の中心地は未だにこの状態です・・・




CA396416.jpg















 瓦礫がうずたかく積み上げられています・・・
 
 4階までの患者さんが流され、5階と屋上に逃げた人が助かった志津川病院も解体中で、ほぼ平らになっていました。



南三陸町志津川高校から見た津波の様子

 あえてUpします。1:10 左手上方に火の手が上がります。その少し右側に白いビル、屋上にアンテナのある建物が防災対策庁舎だと思われます。1:40 までは確認できますが、2:00 には津波に飲み込まれて・・・

 亡くなられた多くの方々のご冥福をお祈りいたします。

 肉体を失った存在は、「あなたは光ですよ!」と言われると、光になるしかないそうです。

 その存在を疑わず送った拍手が、ティンカーベルを元気にさせ、光輝かせたのと同じです。

 どうか亡くなられた全ての魂に祝福を送ってください。ご冥福をお祈りしますとは、そういう事です。




CA396409.jpg















 防災対策庁舎前のオリヅルの中の言葉・・・隠れて見えない言葉は何でしょうか。

 南三陸の地に、全ての人々の心の中に、この世界に笑顔が戻りますように・・・



 
 ボランティアが営利でないことは平たく知られています。

 でも、それに掛かる費用が持ち出しになると、「なんで人のためになることをしてるのに、自分がお金を払わなければならない・・・」 と、聞くことがあります。



CA396401_20120824153055.jpg















 8/18 22:56 五反田。


 今回のツアー(2泊3日)も、往復のバス、宿泊(1泊は車中)、食事3食、ボランティア保険で、¥21600- これ以外費用に含まれない食事や入浴料などが約 ¥5000- 程。

 あとは出発・帰りが五反田でしたので、自宅からの往復の交通費がかかります。徳島からの方もおられましたよ!

 何を大切に生きているか?の問題だけだと思います。

 息子が高校のとき、お馬に少しはまってまして、担任の先生に頼まれて引率したりしていたようです。息子の言うのには、「どんな遊びもお金がかかる。競馬はたまにお金が戻ってくる。と思えばいいんだよ!」

 旅行に行く。グアムにゴルフに行く。南三陸にボランティアに行く。その人のしたい事をする。その違いだけです。どちらに行っても費用はかかります。ボランティアはお金は戻ってきませんが、どこかが暖かくなります。




CA396403.jpg















 翌朝、8/19 5:37 南三陸着。




 
 
 お昼を食べに Hot・Pot さんへ!


CA396460.jpg















 このお店は安らぎます・・・

そろそろ葡萄が見ごろかな? って来たのです。




CA396458.jpg















 新しく作られた窓際の席へ・・・

 奥さんが 「今年は暑さのせいか?葡萄がダメでねえ・・・」




CA396461.jpg















 ランプの陰には、スナフキンがいました!!

 となりのムーミン公園からお散歩でしょうか。




CA396462.jpg















 コーヒー・シュガーのスプーン? よく見ると・・・




CA396463.jpg















 帽子をかぶったニャンコ!! この写真ではよく分かりませんが、猫のシェフさんのようです!

 朝が抜歯だったので、おとなしく和風雑炊に。。食後のチーズ・ケーキ!これは外せませんがね・・・^ ^/




 夕ご飯はヤオコーで買った、炙りサンマの押し寿司と、バジル・ソースで食べる海老と野菜の巻き寿司、アボカド、スイカ、食後のおはぎ♪ 南三陸から届いたホタテの燻製でいただきました!!

 昨日は、何も作らない、楽チンな休日でした♪♪




 
 3週間前には虫歯が痛くなって、南三陸用に痛み止めを出してもらいました。

 2週間前は左足の親指が痛くなって、原発のデモを断念。

 1週間前、先週の月曜に軽いギックリをしたのが少しづつ悪化して、ツアー2日前の夜はベッドから立ち上がるのが辛くなり、これはもう南三陸のツアーは無理だと思いました。

 でもその夜掛けた波動と、前日Yちゃんがしてくれた腰の調整が効いて、無事ツアーに行くことができました。 感謝!!






CA396453.jpg















 帰ってきたら、ベランダのチュベローズの蕾がこんなに膨らんでいました♪♪

 この前の花屋さんのは結局咲きませんでしたので、期待も膨らみます!!




CA396454.jpg















 どこから飛んできたのか、シュロの芽? (一枚葉の子) も育っていました♪♪




CA396455.jpg















 今朝、朝一で抜いてまいりました。 初抜歯!

 乳歯から生えかわって50うん年・・・ 本当にありがとう!ご苦労さまでした!!

 って ブログやってたら、ピンポ~~~ン♪ って??




CA396456.jpg















 お荷物が届きました?




CA396457.jpg















 頼んでおいた KareKano 全21巻!!楽しみですね~~♪♪


 今日の午前中は、南三陸から送った荷物も届くことになっています。^ ^


 




 
 “KareKano” って何処かで聞いたような・・・

 ほんとは “彼氏彼女の事情” っていうんですね。

 Author:ASA さんの “FLAT LAND” に紹介されていました。

 高校の通学路、菊名・妙蓮寺・白楽・東白楽・反町・横浜、の文字に釣られて覗いたんですが・・・

 はまりました~~!!!



CA396399_20120817012655.jpg
















 原作・津田 雅美、監督・庵野 秀明です。エンディングの 「夢の中へ」 もいいですね!3話まで貼っておきます。






1話

 Kare Kano (Subtitulos en Castellano) Capitulo 001 (01 de 03)

 karekano1.2 subtitulada

 karekano 1.3 subtitulada



2話

 karekano 2.1 subtitulada

 karekano2.2 subtitulada

 karekano2.3 subtitulada



3話

 karekano3.1 subtitulada

 karekano 3.2 subtitulada

 karekano 3.3 subtitulada



 
 正気になると、恥ずかしいんっすが・・・

 今朝の夢見は映像なしの言葉でした。枕元にボールペンがなかったのでメモれなく正確ではないけれど、まあこんな感じ・・・






 わたしは守られている。

 それは 自信ではなく確信。

 それは 知っているから。

 わたしの人生は ほかの人と何ら変わらない。

 晴れのときも 嵐のときもある。

 どの時も必ず より良い自分へつながっていることを知っている。

 たとえ暗闇に倒れたとしても 必ずエレンディルの光が導いてくれるから。
 (エレンディルの光 = エアレンディルの光)

 わたしは常にいる。

 最高の時に 最高の場所に。

 だから 微笑がうまれる。

 “100万年の幸せ ‼” と同じ魔法のことば。

 「It's  all  right ‼」

 だから 安心でいられる。






 “100万年の幸せ ‼” を聴いて幸せになっていたので、そんな夢見をしたのでしょうね♪

 目覚めたら、今朝咲いた “祝福” が届いていました・・・


GRP_0064.jpg



















 送ってくれてありがと♪♪ 凄いタイミングでした!!


 
CA396398_20120811211458.jpg
















 エジプシャン・オイルという筋肉疲労用のオイルでマッサージしましたら、ほぼ回復いたしました。

 昨夜、お風呂に入ったときは、親指付け根の関節部分が赤くなっていましたが、今はそれも消えました。痛みも無理な力を掛けなければ大丈夫ですね!






 そう言えば、昨日出張先のテレビで、韓国の大統領が竹島を訪問。って報道されていました。じゃあ歓迎!? って思ったら、領土問題なんですね・・・

 竹島は島根県の一部だそうです。

 テレビ観てたら、竹島には韓国の施設はあるわ!韓国の国旗はあるは!韓国のヘリポートはあるわ!韓国の警備員(軍隊でしょ)は常駐しているわ!

 え!え!日本の国土に韓国軍が住んでるの!!

 大統領の訪問を遺憾だ!なんていう前に、何で今までほって置いたの???日本ておかしな国です。

 領土内に外国軍が進入、基地までいかなくても陣地を築いているのを、ほって置いたら、その国のものだと認めていることになりませんか?




 尖閣諸島もどこかの国が空母や軍艦で海上封鎖してる間に、陣地を作るのは可能ですよね。

 相手も自分の領土だと言い張るとラチ開かないしね・・・国際司法ナンタラも当事者の片方が拒否ると開かれないそうです。

 


 これ、すごく分かりやすくしたら・・・

 自宅だと思って住んでいると、気づいたら知らない女が住んでいて、「これは私の夫よ。この家は私のものよ!」という事と同じ!! 島根県の一部とは言え、うまく寝取られちゃった状態にきわめて近いのでは?



 僕的には、憤慨したくなる部分と、島のひとつ位差し上げますという部分とない交ぜです。

 実際には、その島の周りで漁業をしている人は大変困りますし・・・ 島の周辺海底のレアメタルの問題もあるし・・・ 

 本当は空気と同じように、この星のものは、この星の人みんなで使うのがベストです。まだちょっと無理かな?

 でも不可能ではない。最近の “ヒックス粒子” の発見のとき、世界中の科学者たちが力を合わせたように。

 最初はヨーロッパだけで行う計画でしたが、技術的にも不可能で、粒子を軌道にそって加速させる電磁石は日本の技術がなければ完成しませんでした。

 みんなで仲良く力を合わせれば、開かなかった扉が開き “神の粒子” が出てきた。 天(アマ)の岩戸開きのようですね!岩戸の前では裸になって踊ることが求められます。

 ちょっと難しいですか?

 では違う言い方で・・・ 人が大切にしているものを大切にする。人が大切にしているものを取らない。

 これができるレベルの人たちは、だいぶ多くなったなあ。と思うのですが♪

 人が大切にしているものを取るのは、まだ子供だということです。



 
 昨日の午後4時ころから、左足、親指の付け根の間接のあたりに変な痛みが走ります。

 立っているときはそれ程でもないけど、しゃがんだ体制になるとズキっときます。

 残念ながら、今日のデモは中止! いや延期です。

 このブログ、子供たちも見ているので、報告も兼ねて。

 仕事は大丈夫だよ!!



CA396398_20120810064310.jpg
















 昨日、施設での仕事を終えて・・・



 
 高校の同窓会からの通信に、同級生のメールがありました。

 転送されてきた O君のメール

 「私も生まれは、いわき市平で小学1年の1学期までいて今も親戚が平や小名浜に多く住んでいます。

 幸い昨年の地震・津波による人的物的被害はありませんでしたが、今年1月に叔母が亡くなり、いわきに帰りましたが、町の雰囲気は震災前と一変し町を歩く人々は表情が暗く、誰も言葉を交わさず、皆無言で、駅前なのにただ車のエンジン音だけが鳴り響いていて、奇妙な静寂感に包まれていました。

 人々は無気力感と暖かな心を忘れてしまったようでした。

 叔父曰く、いわきは避難した人々と原発がらみの作業員と関係者で人口が膨らみ、夜のネオン街だけは活況だそうです。

 いわき名産のウニや地魚が放射能の影響で禁漁を余儀なくされていて、観光をはじめとする地場産業が壊滅的打撃を受けており、海産物が放射能汚染の影響が無くなる迄、真の復興は無いでしょう。」





 う~~~ん 原発さえなければ、震災からの復興も相当違うものになっていたはずです・・・

 今でも、その原発がらみのマネーでネオン街が潤っているのは、なんとも皮肉な話です。

 明日の金曜日。首相官邸前のデモに参加してきます。原発に頼らないエネルギーを望んでいますからね!!





 この前 NHK のソングスで桑田さんのをやっていました。その中に、さくら ももこさんが自分の詩のメロディーを桑田さんに頼んでできた曲がありました。ちび まるこちゃんのエンディング・テーマだそうですが、胸をうたれました!!

 途中までですが、聴いてみてください。



 「100万年の幸せ !! 」<作詞: さくらももこ 作曲:桑田佳祐>

現在を生きてる喜びが宇宙(そら)をかける 風のしらべ川のせせらぎ
胸の鼓動のリズムで踊れ 希望の螺旋を描き青空に向け

手を伸ばせば明日があるさ 新しい君がいるから

たった百万年ほどの幸せを掴もう 輝くこの地球(ほし)に oh愛を刻みこもうよ(ウパウパ…)

現在を生きてる大切な命守ろう 風のしらべ川のせせらぎ 永遠(とわ)に願う

It's all right

現在も何処で悲しみに宇宙(そら)が嘆く 雲の流れ星の瞬き

涙枯れたら生まれ変わるさ 未来の航路を開き荒波を越え 振り返えれば日本(ふるさと)が見える 新しい夜明けは何処

せめて百万年ほどは幸せでいようよ 再びこの地球(ほし)で oh皆が出会えるように(ウパウパ…)

現在感じるは愛しさが宇宙(そら)にいっぱい 雲の流れ星の瞬き見上げてごらん

たった百万年ほどの幸せを掴もう 輝くこの地球(ほし)に oh愛を刻みこもうよ(カクカクシカジカ…)

百万年ほどは幸せになろうよ 再びこの地球(ほし)が笑顔で溢れるように

夢のかけらを集めて旅に出ようか 果てなき道虹の彼方へ歩いて行こう

It's all right





CA390424.jpg

















 人間はとても暗い闇に包まれることがあります。もう絶体絶命!!!望みなんて何処にもない・・・

 そんな時は今までとは違う、新たな世界の見方感じ方を探すよい機会にです。
 
 今までの価値観の尺度を、新しい尺度のメジャーに持ちかえる又とないチャンスになります!

 僕たちは夜の闇を越えていく翼をもっています。幾度も、いくども、そうして夜を乗り越えてきました。

 100万年・・・ 長いと思いますか?

 僕もあなたも、もっと、もっと、もっと・・・ 遥かなる時を越えて、昼と夜を越えてきた存在なんですがね・・・



 
 人は不合理で非論理的で利己的です。それでも愛しなさい。


 もしあなたが良くふるまえば、人はあなたをわがままだ、裏に何があるのかと責めます。それでも良い行いをしなさい。


 もしあなたが成功していれば、あなたは間違った友達や本物の敵を作ります。それでも成功しなさい。


 あなたの良い行いも明日には忘れ去られてしまいます。それでも良い行いをしなさい。


 正直さと素直さはあなたを傷つけます。それでも正直で素直になりなさい。


 あなたが何年もかかって築いてきたものが、一晩で崩されてしまうかもしれません。それでも築きなさい。


 人は本当は助けがほしいのですが、あなたが助けを差し伸べると、あなたを攻撃するかもしれません。それでも人を助けなさい。


 世界にあなたのもっているベストを尽くせば、あなたは歯に足蹴りを食らうでしょう。それでも世界に対してあなたのもっているベストを尽くしなさい。


 神の祝福がありますように。




 マザー・テレサ





CA390451.jpg


















 
CA395158.jpg



















 ボランティア・ツアー、去年は行きのバスの中、今年は南三陸で誕生日を迎えます。

 あれから・・・ 1年半・・・ 

 南三陸の様子を見て、感じてきたいと思います。

 僕たち一人ひとりのやれる事は、ごく僅かです。

 でもマザー・テレサのように、その僅かなことに愛を込めることはできます!

 支えるお手伝いが、少しできたら嬉しいです♪

 今回のチラシ を貼っておきます。

 南三陸に、親戚、お知り合いのある方は、ぜひお知らせください!

 当日、お会いできるかも知れませんよね!!




 今回、僕はツアーで行ってきますが、行かなくても出来ることは色々あります。

 今は、現地の物産品を購入することが、大きな支えになります。現地の人々の仕事を応援することになりますから!!自らの力で立ち上がろうとする人たちの、後方支援になりますからね♪♪





 
 
CA396376.jpg















 滝行から帰ってきたら、2番目の蓮が咲いていました!





 瞑想 (カテゴリー) のほとんどの記事は、福田高規治療院 で 毎月 第1・3日曜日 10時~12時 に行われる瞑想会のメモを基にしています。
 参加費 \ 500- 予約の必要はありません。


 瞑想会の始まりのご挨拶。

 かつて 生きていた人々

 今 生きている人々

 これから 生まれてくる人々

 皆さんに ご挨拶いたします

 すべて あなたのことですよ

 おはようございます!






 「ためしてガッテン」 で、歯を噛みしめる癖があると、身体のあちこちに不具合が生じると言っていました。 息を フー っと吐くと歯が離れます。喜んでも歯が離れるようですが・・・

 いつもアゴを上げておくと いいんですよ

 ガッカリすると アゴが落ちる

 アゴを下げて 喜ぶ人はいない

 アゴを上げると 歯は自然に離れます





 ヒマシユの湿布は盲腸にいいんです

 憎むと盲腸が痛む

 憎悪が集まり ひしめきあう所が盲腸

 憎悪を感じる場として 盲腸がある

 脳と感情は 密接なつながりがあります

 ヒマシユの湿布をすると 脳の調整ができるんですよ



CA396379.jpg



















 これが 「どんな感じかな・・・」 というクリームです

 試作品ですが あと2ヶ月ほどで皆さんにお渡しできます

 まず前頭部 髪の生え際に塗ります

 左足の小指の先

 顔 耳のまわり 頭のよこ

 患部

 尾椎の先端

 骨盤のまわり

 順番は多少前後しても大丈夫

 わたしが塗ることで 遠くにいる方が楽になる

 皆さんは 超意識に聞きながらやってみて下さい





 ケイシーは瞑想はいいよ~ と言っている

 瞑想は 神に聞く

 聞くと言っても 神は言葉をかけてくれる訳ではない 

 静かにする どんな感じかな・・・ 一体感のことですよ

 そのとき (一体感になって神の言葉を) 知ることができる

 祈りは 神に語る

 わたしは 今 ここに居ます ということですよ

 瞑想と祈りはセットになっています





 具合が悪いときは どんな感じかな・・・ と観じる

 すると 静けさになる

 静けさとは 聖なるもののことです

 すると 聖なるものが仕事をしてくれます

 皆さん 何とかしよう 何とかならないか になってしまう

 ああでもない こうでもない と考えない

 一番楽な自分 と一体になる

 一番楽な自分は どんな感じかな・・・




  
 わたし達は もともと愛でいっぱいの存在です

 いい人も 嫌な感じの人も ともに愛でいっぱいの存在です

 それぞれ 自分の体験したいことをしているだけ

 わたし達は もともと無条件に許されています



CA396401.jpg















 最後のつぼみ!今年は3つ花が付きました。ありがとー♪♪♪

 


 
CA396421.jpg















 8/2、お昼すこし前 6Fの窓から・・・



CA396422.jpg















 8/2、お昼すこし過ぎ 極暑日!!

 お空にはヒツジさんが大勢♪♪








G あの世からのお迎えが、いま来たらどうする?

A ・・・・・・・・・・

G なんか、やり残してることある?

 「○○○○をしたいので、終わった頃また来てね!」 って言って、お迎えにはいったん帰ってもらう。

 この、○○○○がしたい、って事はある?

A スキューバ・ダイビング♪

G じゃあ残りの人生のすべてを賭けて、スキューバ・ダイビング、するんだよ!






 人生の “後(あと)” が無くならないと、自分の本当にしたかった事は見えません。

 それは、とても些細なことかも知れません。

 自分に素直になったときしか分からない、カッコつけてない自分自身・・・



 
 
 マカバをステンドグラスで作ることにしました。

 ステンドグラス、30年ぶりです。工具箱チェックしたら足りないものが結構ありました。ジョイフル・ホンダ に買いに行くことに♪ 

 美術、クラフトだけでなく、すべてのエリアは満足の品揃えです!  



CA396396.jpg















 店内は、見ていると飽きません♪

 エクステリアも楽しかったあ! 小屋のような家 (小屋で暮らすのが僕の夢♪) で良ければ10~50万ほどで作れるなあ・・・ 地べたがあればね~笑  



CA396397.jpg















 ガーデニングを見てたら、一緒にいった Yちゃんの長男のバイト先の社長さんご夫妻とバッタリ!!

 出会いは不思議です・・・ 奥さんはステンドグラスをなさるそうで、面白い符合です!



CA396398.jpg















 館内は広いので、歩き回って疲れました!

 ドトール・コーヒーで休憩♪♪

 帰り際にお花やさんに立ち寄ります。写真、みんなピンボケだあ・・・ 
 そこでも!なんと!嬉しい出会いが!!

 チュベローズがありました♪♪♪



CA396399.jpg















 国内でチュベローズを見たのは初めてでした!!

 10本ぐらい欲しかったのですが、この暑さで切り花がすぐにダメになってしまいます。花がうまく開くかどうかも??? なので、取りあえず3本購入。



CA396400_20120801082622.jpg















  チュベローズさん!!

 バリ名 “Sedaap Malam”

 開いて、甘い香りに酔わせてね~♪♪