魂のワークブック

何だろう?私と世界にプレゼントしたいもの♪

 
GRL_6383_20120718121751.jpg



















 翌朝は朝食の前に滝へ向かいます。

 Nさん♪ 自分では撮れない滝行の写真ありがとうございました!



GRL_0057.jpg



















 頭に当てないようにしていますが、滝に近づくだけで、頭が痛くなります。

 どうせ痛くなるのなら、と、天頂部は外しましたが多少は頭部にも滝は当てました。

 でも天頂部を外しただけで、昨日より痛みは和らぎましたね♪

 今日は3回目、身体の力を抜いて、滝と一つになる意識を持つ余裕がありました。



 頭部の痛みは、宿坊に帰ってからも続き(昨日の滝行後づっと・・・)、アパートに帰って波動調整をかけてやっと取れました。

 痛みは冷たい水により脳の温度が急激に奪われるためとも聞きました。僕の天頂が開いているのが拍車をかけているのかも知れませんが、若いときのジャンキーな生き方で、脳はかなりダメージを受けているはずです。この痛みは水の流れがその修復をしてくれたから、と勝手に思っています。

 ハラエドノオオカミ ありがとうございました♪



CA396353.jpg















 宿坊に帰ると朝ごはんが待っています♪お腹が空きました!

 凄い屋根でしょう!!途中にある宿坊。営業中です。

 この辺りは道がなだらかですが、御嶽は日本のマチュピチュと言う人もいて、道も急な上り下り!!たった2日で足腰が筋肉痛でヤバイ状態に・・・

 朝食後には、瞑想、橋本先生による 笙(しょう)の演奏、クリスタルボールの演奏、この辺で皆さん、瞑想か睡眠か分からない状態になっていますので(あちこちからイビキも聞こえてきて・・・笑)、目覚ましにシャンティー・チャイムの演奏も♪



CA396360.jpg















 並んでいるのは、クリスタルボール。この音というか波動は耳でも聞こえますが、身体あるいはチャクラでも感じることが出来ます。 意識が内的なトリップ状態になりました・・・

 両手に下げているのは、シャンティー・チャイム。綺麗な可愛いメロディを奏でます♪フランス製で今は生産されていないそうです。 欲しかったなあ・・・



CA396363.jpg















 ケーブルカーで日本のマチュピチュを離れます。

 滝行、僕たちは男性3名、女性3名のグループでしたが、ヨガのグループは5人全員が女性。2日目の朝参加の4名は3名が女性でした。スピリチュアルな場での女性の参加が目立ちます。

 あ!そう言えば、2日目、ほかの宿坊の滝行に一人参加していたのは、マケドニアの男性でした!一人日本へ旅し、一人滝行に参加している!彼の魂は、何を彼に話しかけたのでしょうか・・・

 橋本先生ありがとうございました。滝行はまりそうです!


 山を足で登った二人。ケーブルカー軌道の真ん中あたりで、走り下りているのが見えました。下の駅でお土産見てたら、もう下りてきてしまいました!!

 かなわんね。 ^ ^;



CA396373.jpg















 御嶽駅のとなりの沢井駅。これから用事のある Sさんとはここでお別れです。残念!でもまた南三陸でね~!

 澤乃井酒造のガーデン・レストランで打ち上げです。

 晴れていて、川沿いのそよ風が気持ちいィ~♪



CA396367.jpg















 山から下りてきたら、梅雨明けしたような暑さ!!

 “昼間から 澤井あたりで 飲むビール” というキャッチの さわびー が僕たちに大人気!!

 しか~し “ここのビールは昼間しか飲めない” と言うのが真実! 以前、夕ごはん食べに来たら閉店でした。 まだ5時だというのにィ~!!orz




CA396374_20120718123809.jpg















 すぐ横の多摩川が、二日間の思い出に寄り添うように流れます・・・



CA396375.jpg















 同じ多摩川、羽村にある玉川上水の取水口です。

 このすぐ近く、「きまぐれや」 さんの駐車場に車を一泊させてもらっていました。シェフの吉田さん、ありがとうございました!!

 綾広の滝の水・・・ 林道で飲んだ、甘く、冷たく、美味しいお水・・・ ここに流れてくるんですね・・・

 空と、水に映る日差しがまぶしい、夏の日の帰り道です。


 
CA396335.jpg















 出かける朝にベランダで咲いた蓮!!嬉しい♪♪



CA396336.jpg















 御岳山のケーブルカー、上り口の滝本駅。

 僕以外の男性2名は、JR御嶽駅から徒歩で山頂を目指します!やる~!!



CA396338.jpg















 ケーブルカーは高度差400mを約6分で登ります。

 終点、御岳山駅に到着。下界が一望できます。



CA396343.jpg















 去年の秋、お汁粉が美味しかったこちら亀屋さん。前回、売り切れていた、ワラビ餅が注文できました!

 絶品のワラビ餅でした!!きな粉も自家製っポイ。

 徒歩組の二人に亀屋さんで追いつかれました。速い!!予定では上まで2時間とか言っていたのに、1時間かかってないのでは?



CA396346.jpg















 山頂の神社の狛犬さん。

 御嶽山は神さまのお使いの犬(狼) のお祭りされている神社。

 ケーブルカーも、わんちゃん片道 ¥120- で乗車可です。お参りのわんちゃんも多いですよ♪

 神社にお参りしてから、宿坊の静山荘にチェックインするために、参道を戻ります。



CA396358.jpg















 宿坊から滝行へ向かいます。林道の途中にあった天狗の腰掛け杉。天狗さんの腰掛けるところがちゃんとあります♪

 修行者が多かったのでしょうね。滝行だけでなく、瞑想、断食、山駆け。などのメニューがありました。静山荘の橋本せんせいは神主さんです。


CA396356.jpg















 不思議なオブジェのような木も♪ 木漏れ日がきれい・・・



CA396348.jpg















 健脚の方で30分でしょうか、綾広の滝に到着。



CA396347.jpg















 最初の滝行は少しだけって聞きました。シャワーの凄いのかな・・・って思っていましたが、トンデモナイものでした!!!

 3回に分けて入ります。

 1回目は外側の汚れを・・・

 2回目は内側の汚れを・・・

 3回目は滝と一つになる・・・

 って聞きましたが、何一つ考えられませんでした・・・10秒が精一杯!!衝撃が頭に走り、痛くて余計なことなんて全く考えられません。

 もう少し入っていたら、気絶したか、死んでいたと思いました。1回目で、もうダメだと思いました。よく後2回出来たと思います。

 橋本先生にお聞きしたら、頭が痛くなる人は、滝を頭に落とさないで、首や肩に落とすと良いとのこと。

 帰ってきて話したら、僕の頭は、赤ちゃんみたいに真ん中に穴が開いていてペコペコしてるそうで、「お皿もってって被りなさい」 って笑われました。

 そーねえ、誰も居なければ、お皿ありと、お皿なしと、両方比べてみたいけど。一人じゃなかったら、皆さんに笑われるからなあ・・・ 小心者の僕には出来ません。笑

 明日、もう一度あります。頭頂部に当てないでやってみましょう!



 滝からの帰り道、余計なものが洗い流されたような、清々しい風が身体の中を吹き抜けていました。



 
よくお邪魔するカフェ 『夜明け』。

最近、常連のエンジェル・ダストさんと、マスター dawn-watcher さんの心の闇に関する対話を抜粋しました。

部分ですので上手く伝わっているかどうか?? 全部を知りたい方はこのリンクをポチってください。




エンジェル・ダスト

今日は精神病院に通院してきました

診察で僕が

「テレビで交通事故とか芸能人の不幸のニュースを見ると
無意識にたまに心の中でザマァとか酷い一言が浮かんで苦しくなることがある 
表情も薄ら笑いしたりしそうになって態度に出るんじゃないかと気になる 
ザマァと思って薄ら笑いしそうになることとか
そういう心の内なる闇をなんとかしたい」
と言ったら

主治医は

「人の不幸をザマァとか思ったとしても態度に出なければ問題はない」
と言っていました

レナード・ジェイコブソンの
『沈黙からの言葉―スピリチュアルな目覚めへの招待状』の24周目を今読んでいますが

上記の僕の
「テレビでの他人の不幸を無意識にたまにザマァと思って表情が薄ら笑いしそうになる僕の心の内なる闇」
のベストの克服法は

144ページの以下の内容のように自分自身に誠実に対応することが鍵だと思います



『目覚めへの鍵』

目覚めへの最も重要な鍵は、自身について変えたいところもすべて含めた、
マインドのレベルでのあなた自身を無条件に愛して受け容れることです。
嫉妬、独占欲、支配欲、批判、無力感、不十分さ、非難、罪悪感、自信のなさ、傲慢さ、期待、恨み、
怒り、悲しみ、落胆、依存性などを、無条件に愛して受け容れるのです。
あなたの中の、これらの性質のいずれかを変えようとすることは、
これらの性質を微かに拒絶することになり、無条件に受け容れることではなくなります。
あなたの内側からこれらの性質が湧き起ったらこれらに気づいて、
これらを持っているのは自分だと認めることが鍵です。
自分自身にまったく何も隠さないことです。
これが出発点となります。これらのすべてを自分自身のものだと認めるのです。
マインドのレベルではこれが「あなたが誰であるのか」ということだと快く受け容れましょう。
これが「あなたが誰となっているか」です。
あなたがこれらのことをさらに認めて受け容れるほど、
より一層、多くのことがあなたに明かされるでしょう。
そしてこのプロセスにおいて常に注意深い状態に留まると、
あなたは注意深くあることにより深く根づいてくるようになります。
『実在(プレゼンス)』に根づくようになるのです。



心の闇を克服する方法が76ページにあります


あなたは暗闇の中にいます。

なぜなら、人生の大半を無意識的なレベルで生きてきたからです。
嫉妬、欲深さ、非難、罪悪感、怒り、恐れ、恨み、不安、不相応感を、
あなたは頻繁に、無意識的に体験しています。
内面に存在するこれらの感情を受け容れたくないと深く埋め込んでも、
消えるわけではないのです。
無意識のレベルでこれらの感情が作動しているために、
あなたは惨めで内なる混乱の状態にあるでしょう。
しかし、あなたはその理由がわからないのです。
それらの感情が抑圧され、無意識のレベルで経験されている限り、
あなたは暗闇の中にいるままでしょう。
あなたが誰となったかの側面として、
意識的にそれらの感情を体験して、認識するために表面化させると、
あなたは内面の暗闇の部分に光をもたらします。
罪悪感、嫉妬、所有欲を表面化させると、
あなたの内面の暗闇の部分に光をもたらします。
その闇の部分にあるものが何であれ、
誰にも責任を負わせることなく、無条件の愛と許容をもって、
より一層、闇を表面化させると、
あなたの闇は徐々に消えていきます。
悟るとは、残された闇はもうないということです。
無意識的なレベルで影響を与えているものは、もう何もないということです。
光を得れば得るほど、
無意識的なマインドのより深いレベルが曝(さら)されようと現れてくるでしょう。
無意識的なマインドの集団的なレベルが、
意識の完全な光へと運び込まれるために内面から浮上してくるでしょう。
無意識的なマインドの普遍的なレベルが浮上してくるでしょう。
悟りとは、闇が完全に消える日まで、
無意識的なマインドの闇から湧き起ったあらゆることを、
意識的な光へと浮上させることを続けるプロセスなのです。





dawn-watcher

自分のすべてを認めるということがどういうことかを理解し、実際に体験されましたね。これからも、自分の無意識の面が出てくるたびに、それを認め、受いれ、愛で包んでください。そのたびに、闇が少しずつ消えていきます。

多くの人が誤解するのは、「闇」を愛すると、闇を強めるのではないか、闇を助長してしまうのではないかということです。そうではありません。闇は愛されると消えるのです。

無意識の中の闇を、冷たい氷の塊だと考えてください。闇を拒絶し、非難し、攻撃することは、闇に冷たい風を吹き付けることです。氷の塊である闇は、ますます固くなり、大きくなります。

けれども、闇を認め、受け入れ、愛の心で優しく包んであげるということは、氷の塊に温かい風を吹きつけるようなものです。氷は溶け、闇は消えていきます。

自分の無意識の闇に気付き、それをそのままに認め、そのような闇を抱えている自分を温かい愛情を持って包む・・・これを繰り返していくと、次第に闇は消えていきます。やがてあなたは、理由もなく、光と、愛と、喜びを常に感じるようになっていくでしょう。



カフェ 『夜明け』 の抜粋はここまでです。










岡野玲子の(絵も)「陰陽師(おんみょうじ)」 より、晴明の言葉。 原作・夢枕 獏

 悪鬼、悪霊、鬼神に向かう時には、敵であっても味方であってもいかんのだ

 こちらの心の動揺は、向こうの原動力となる、祭文を読む時も同じよ

 必ず我が願いかなえたしとか、必ず調伏せむなどと、力こめるのはかえって危険なのだ

 まして情なぞかけたら、向こうの思うツボよ

 相手(オニ)の力が施者(コチラ)に勝れば、相手に引き込まれ利用される

 逆に相手(オニ)が弱ければ、施者(コチラ)自身の生み出す妄想にふり回されかねん

 こちらの思いどおりに、事を運びたいなら

 神も含め、鬼神、悪鬼、悪霊、に対するとき

 この身は常にニュートラルにしておかねばならん
 
 可でもなく、不可でもなければ

 たとえ周囲で、どのような事象が起ころうとも 

 わが身は、風のように自由でいられる

 これはな、鬼神を使役し、闇を掌握せむとする陰陽師の鉄則というものぞ

 おれはハト派だ パンクじゃない




 知らんのか、優しい言葉ほどよく効く呪はないぞ

 悪霊に対するのに必要なことは、恐れでも敬いでもなく理解だよ

 優しさや、素朴さは鬼にとっては恐ろしいものなのだ

 鬼との約束を守ることもだ

 優しくされたり、約束を守られたら、相手を怨むことができなくなるだろ


 seimei-01.jpg



















 人の心の中の闇も、そこに住む鬼も、認められ、優しくされ、祝福されて、光の国に帰るんですね♪

 闇を、鬼を、そのままを優しく認め、抱きしめるのは、あなたです。

 人からしてもらうのを期待している間は、人の作った世界で生きることを選択していると言うことです。




 
CA396317_20120722113103.jpg















 おはようございます!

 農楽里ファーム。こちらの二階で泊まらせていただきました。

 昨夜は遅くまで、農楽父さんとお酒を飲みながらお話できました。前回はあまりお話できなかったので嬉しかったです♪ 朝早いのにスイマセンでした!







 このあと 農事通信員の笠井さん がお見えになりました。

 初対面だったのでご挨拶したのですが、ブログでお馴染みの方なので、初めての気が全くしませんでした♪

 笠井さんも一緒に4人でお種池に向かいます。遠藤さん、打撲で痛いのに何度も運転ありがとうございました!!



CA396300_20120721213604.jpg















 赤いTシャツが笠井さん。

 参道の先、樋知大神社の屋根が葺き替えられていました。農楽父さんお疲れ様でした!!



CA396303_20120721213747.jpg















 参道の杉の木立から光が射します。

 この辺りから、僕の意識は変性状態に入っていきます。



CA396304_20120721213826.jpg















 神社の奥にあるお種池は、今回もドラマティックに姿を現して・・・

 外の世界を見てる感じではなくて、心の中に、煌めく風景が飛び込んできて・・・



CA396305_20120721213938.jpg















 舞台装置のように、ちょうどそこだけがスポットライトに照らし出されていて・・・

 参道で強い光と影を感じた時から、瞑想状態に入っていきます。まぶたは瞬きを殆んどしなくなり、眼球ではなく頭をゆっくりと動かして風景を眺める感じ。意識が命じてから身体がゆっくりと動きます。たぶん呼吸もゆっくりになっていたと思います。

 目覚めたままこの世を離れた・・・

 普通に言えば、イッチャッテタ訳です。笑



CA396306_20120721214018.jpg















 そんな状態の中で、カメラのシャッターを切ります。

 聖山の神さま!僕の心に映っているように、

 どうか写真にも映ってね♪



CA396307_20120721214052.jpg















 そこには心の中の風景と同じものが写っていました!!

 命たちの、織り成す世界・・・

 光の中で妖精たちも遊んでいますよ~ ^ ^



CA396309_20120721214204.jpg















 お社の中に神様がいる訳ではないですよ。

 神さまはあなたの中に、外に、あなたと共にある存在ですから。

 そのとき、神はあなたの耳を通して、鳥のさえずりを聴いています。

 あなたの目を通して、世界を見ています。

 あなたの鼻を通して、香ぐやかな空気を嗅いでいます。

 あなたの口を通して、味覚を味わっています。

 あなたの皮膚を通して、風のそよぎを感じています。



 こんこんと湧くお種池の水は、冷たく、甘く、美味しい♪♪

 聖山の神さま、お種池の精霊たち、大いなる愛をありがとう・・・

 プレゼント!受け取りましたよ~ ^ ^



CA396313_20120721214251.jpg















 お種池からあふれ出した水は、大地を潤していきます・・・



CA396314_20120721214331.jpg















 樋知大神社の林の中を、いく筋もの清流となって流れていきます・・・

 下流の田畑、動植物たちの命の水となります。












CA396319_20120722113211.jpg















 その日は、8年も薪ストーブの 薪置き場の無かった農楽里さんのために、カミタさんとサエコさんが埼玉の日高から助っ人に来られました!

 僕たちが帰って8日後、7月19日、薪置き場は完成しました!この5月から4回も大岡に足を運ばれたカミタ夫妻。農楽里ファームは多くの人の力で出来ていると感じています。とても嬉しい場所です♪

 そして、このみなさんの力の渦の中心には “中心力場” という力が働いています。

 すべての物、身体、組織は “中心力場” がないと、あっという間に崩壊してしまいます。物理学者たちが待ち望み、ついに発見された神の素粒子 “H 粒子” の働きとも似ていますね!農楽里ファームさんには強い “中心力場” があるということです。

 遠藤さん、太田さん、ニャンコたち、みなさん!応援してますよ~♪♪


 みなさんとお話した後、大岡温泉に出かけます。上の写真は大岡温泉の駐車場から撮ったもの。前回、5月10、11、は田植え前でした。北アルプスも薄っすらと見えるだけでした。

 今回、初めて目の高さの北アルプスをはっきりと見ることが出来ました!^ ^
 まだ少しですが、雪が残っていますね。

 



CA396322.jpg















 良かった!!今日は温泉やってました!!笑♪



CA396326.jpg















 前回、お約束した、この風景の3D立体視の写真は、ソフトを紛失したのでUp出来なくなりました。アイスイマセンです。




CA396327_20120722113347.jpg















 ひとつ上の写真の、田んぼの所まで下りた写真です。もう北アルプスはほぼ見えません。相当の急斜面です。



CA396329_20120722113433.jpg















 この後、長野方向へ向かい、上信越自動車道で帰路につきました。

 妙義山がよく見えるサービスエリアで、夕食の釜飯を入手。^ ^

 おりしも雨が降ってきたのですが、この2シートだけが雨に当たらない店外の座席。

 今回も、とても楽しい旅になりました♪

 シナモンロール1ヶで話が続きます・・・






 
CA396260.jpg
















 長野県南佐久郡川上村。レタス栽培で有名な川上村には、きまぐれや のシェフ吉田さんのお師匠さんが住んでいます。前々からぜひお師匠さんのお店で食べてみたいと思っていました。

 川上村は瑞牆山の入り口にもなっているので、ランチをそこでと企んだのですが、お店は夕方の5時からのオープン!昼は、JAの夏野菜の集荷場にお弁当を届けているとのこと!

 それではと、残っているかも知れないお弁当を求めて JAの集荷場を探してみました♪

 結末は、お弁当は注文の数しか届けられていないそうで・・・ orz
 そりゃあそうだわな。

 でも集荷場の方が、シェフのお師匠さんのお店を教えてくださいました♪
 名前は “ぴおれ”、アポなし突入です!!笑



CA396263.jpg















 “ぴおれ” に到着! ワクワク!!ドキドキ!!



CA396267.jpg















 お師匠さんの井出さんは、準備中のお店を開けて、美味しいコーヒーまで入れてくださいました!!

 ありがとうございます♪♪



CA396265.jpg















 僕たちの旅のルートを聞いて、瑞牆山の周りの見所を地図で教えていただきました。

 川上村のレタスの歴史も・・・

 昔、日本人は野菜を生で食べることをあまりしなかったのですが、朝鮮戦争のとき、アメリカ軍はハンバーガーに挟む新鮮なレタスが必要でした。アメリカ軍がレタス栽培を教えて、大量に買い付けたのが川上村レタス御殿誕生の発端だったんですね~

 収穫のときは午前2時から始まるそうです。作業は厳しく、日本人のアルバイトは朝起こしにいくともぬけの殻だったりで、今は村全体で、1000人程の中国の人たちが働いているそうです。

 自分の息子をレタス御殿の一人娘のところへ婿入りさせよう、と言うYちゃんのべらぼーな話、井出さんと盛り上がっていましたよ!子供たち本人には寝耳に水のお話ですが、さてどうなりますやら?

 井出さん、ありがとうございました!今度こそお料理食べさせてくださいね~













CA396270.jpg















 川上村から信州峠を下ってくると、瑞牆山が見えてきます。

 信州峠を越えたあたりでは、山の上半分が雲に隠れていました。



CA396271.jpg















 瑞牆 (みずがき) とは、此処から先は神の領域を示す、神社の垣根のことです。

 そして、瑞牆山は日本の竜神界の総本山。山全体が御神体になっています。



CA396277.jpg















 日本のシェンロンの総本山、だいぶ近づいてきました。

 人によっては、シナイ山を連想するそうです。



CA396282.jpg















 車で近づけるのはこの辺まで。
 近づくにつれ山頂の雲が晴れていって嬉しい!!

 ヒカル君が今朝、ご挨拶に伺っているのですが、ちゃんと役目を果たしてくれたようです。
 ヒカル! ありがとね♪♪

 瑞牆から、野辺山、清里、八ヶ岳の山ろくを通って、小淵沢へ抜けるつもりです。













CA396284.jpg















 ちょうど野辺山駅横の踏み切りが下りてきて、小海線の電車と遭遇できました! GOOD LUCK !!



CA396288.jpg















 養蜂家のやっているソフトクリーム屋さん。
 濃厚で新鮮な蜂蜜の味と、甘さ控えめなソフトが口の中で溶け合いました!

 もちろん美味しい♪♪
 瑞牆の売店のソフト食べなくてよかった!^ ^


CA396286.jpg















 ずっと八ッ連山がついて回ります・・・



CA396293.jpg















 休憩しようと、前の車に続いて入ったところが牧場でした!
 本当に天候に恵まれて幸せ~♪♪・・・

 小淵沢から高速で、麻績 (おみ) で下りて、大岡に着いたのが19時ころでした。

 大岡温泉、楽しみにしてたのに・・・ 臨時休業でした! (T_T)



CA396389.jpg















 反対ニャロ!! (農楽里ファーム さんにて)

 あまり人はやらない愛の表現に、少したじろぐが、心の広いチャイはYちゃんを受け止めます。

 チャイ偉いねぇ~ ^ ^;



 
 「みんなの空」 “七夕の夕空” に気持ちだけは参加しようと撮影したものです。
 もう、梅雨明けになってしまいました!!
 が、一応、Up しました。



CA396255.jpg















7/7/10:35



CA396257.jpg















7/7/15:33



CA396258.jpg















7/7/15:34



CA396259_20120718182742.jpg















7/7/17:46  “七夕の夕空” になるのはこの一枚ですね!

 埼玉県入間市は、一日中小雨の降るどんよりとした一日でした。

 


 「お空の二人はこの天気じゃ、逢えないね・・・」って、僕たちはよく言いますが、星空の二人は雲の上の存在ですから、地上の天気などどこ吹く風で逢いたい放題ですよね♪ 


 
CA396335.jpg















 アパートのベランダでは蓮が咲きました!



 昨日、御嶽の滝行から帰ってきました。
 猛暑にビックリ!! まだ梅雨は開けてないんですってね?

 10~11 長野の農楽里ファームさんへ蛍を見に行っていました。

 7月1日 瞑想会をUpしてから、PCが使えなくなり修理へ・・・
 リリーさんに誘われていた、七夕の空を、「みんなの空」 へ、の投稿ができなくなりました。

 修理を終えたPCは帰ってきたのですが、マザーボードを交換したため?データやソフトが消滅!まあ、それは過去がクリーニングされたと思いました。

 Playready が更新できず、TVが見れなかったのですが、マウスコンピューターさんが(こちらからは指摘しなかったのですが)チェックしてTV視聴テストをしてくれました。有りがたいです。

 ところがいざ見ようとすると・・・ メディアセンターには繋がるのですが、“テレビを見る” にすると、Playready が更新できませんになって、やはり見れない。涙・・・

 ↑ 今もう一度やってみたらTV見れました!!よかった♪♪
 でもなぜ修理後でも Playready が更新できませんになって見れなかったのに、今は見れるの?

 困っているのは、メールの開設ができないこと。
 前回使っていたパスワードが拒否られて、パスワードを変更すると、そのとき一度メールが送られてくるその確認メールが受信できない。

 新しいID を携帯に変えて新規トライすると、携帯が怪しいサイトと認識してブロックしてしまう。トホホ・・・

 Sky/FMにつなごうとすると、iTunes のサインインが必要で、簡単なことなのに、パスワードが違いますになる・・・パスワードを変更すると、確認のメールの受信ができない。

 Adobe のフォトショ・フリーお試し版のダウンロードのときも、パスワードが違いますになって・・・ その後は同じパターン!ガックシ・・・

 ブログの写真のアップロードは、FC2 から直接携帯を呼び出して、取りあえず大きなサイズのままやってみました。
 これは今までだったら、サイズが大きすぎて無理だったのが可能に♪
 画像縮小の機能が FC2 にはあるんですが、これも Windows Live メールのパスワードが必要なので断念。



 
 来月、誕生日をまたいで南三陸へ行ってきます。
 ありえないことが次々に起こるし、新しい人との出会いも次々に起こるし、全く楽しい人生です♪

 今日は画像つきの記事をUpできました!ありがとうございます♪
 今日はこれで、満足♪ 満足♪

 とても!!嬉しいです♪♪


 
「ニューエイジ」の言葉では、「意識向上」のプロセスと言うね。

使う言葉はどうでもいい(言葉は、いちばんあてにならないコミュニケーションだから)。つまりは、目覚めて生きるということだ。そうすれば、完全な認識に到達する。

では、完全な認識に到達したらどうなるか?そのとき、完全にほんとうの自分に目覚める。

日常の瞑想は、そこへ達する方法のひとつだ。しかし、努力し、献身しなければならない。

外的な報酬ではなく、内的経験を求めようという決意が必要だ。

このことも、覚えておくといい。沈黙は秘密を蔵している。

だから、最も美しいのは、沈黙の音だ。



それでは、毎日瞑想するというのは、良い考えなんですね。



良い考え?そうだな。だが、いま言っただろう。魂には、さまざまな歌い方がある。沈黙の美しい音は、あちこちで聞こえるかもしれない。

祈りのなかに沈黙を聞く者もいる。仕事の歌を歌う者もいる。静かな瞑想に秘密を求める者もいれば、もっとにぎやかな環境を選ぶ者もいる。

悟りに達すれば、あるいは、間欠的にでも経験すれば、世間のただなかにいても騒音は聞こえなくなり、気も散らなくなる。人生のすべてが瞑想になる。
人生のすべては瞑想であり、神性に思いをいたす場である。これが真の目覚めであり、覚醒だ。

この経験をすれば、人生のすべてが祝福される。闘いも苦しみも不安もなくなる。

ただ経験があるだけだ。そこに好きなレッテルを貼ればいい。すべてに完璧というレッテルを貼ることもできるだろう。

だから、人生を瞑想に、人生の出来事のすべてを瞑想にしなさい。

眠りながらではなく、目覚めて歩きなさい。無意識ではなく意識して歩き、疑いや不安にわずらわされず、また罪悪感や自責にとらわれず、大いなる愛を与えられているという輝かしい確信をもちつづけなさい。

あなたは、つねにわたしと「一体」である。いつでも、いつまでも歓迎される。お帰り、と。

なぜなら、あなたのホームはわたしの心であり、わたしのホームはあなたの心だから。

そのことは死ぬときにきっと気づくが、生命あるときもそれを見つめるといい。

そうすれば、死などはないこと、生と呼ばれ、死と呼ばれるものは、どちらも終わりのない同じ経験の一部であることがわかるだろう。

われわれは存在するすべてであり、存在したすべてであり、将来存在するすべてであり、終わりのない世界である。

アーメン。



『神との対話』3 ニール・ドナルド・ウォルシュ P201~205
 
恋人の身体はあなたのものになる。

あなたの魂は、もう自分が他から離れているとは想像しなくなる。

準備ができたとき、あなたははっきりと目覚める。微笑みがそこへ連れていってくれる。

シンプルな微笑みだ。一瞬、すべてを止めて、ただ微笑む。何かに向かって微笑むのではない。ただ、良い気分だから微笑む。心が秘密を知っているから微笑む。魂が秘密を知っているから微笑む。そのために微笑む。たくさん微笑む。その微笑みが、どんな痛みも癒やしてくれる。

あなたは道具(ツール)を教えてくれと言う。だから教えてあげよう。

呼吸しなさい。これも道具だ。長く、深く呼吸しなさい。ゆっくりと、おだやかに呼吸しなさい。

生命という無を、満ちあふれるエネルギーを、満ちあふれる愛を静かに呼吸しなさい。

あなたが呼吸しているのは、神の愛だ。深く呼吸しなさい。そうすれば感じられる。深く、深く呼吸しなさい。そうすれば、泣きたくなるほどの愛があふれ出す。うれしくて、泣きたくなる。神に出会うから。神があなたをあなたの魂に紹介してくれるから。

一度、これを経験すれば、人生は一変する。ひとは、「山の頂上に立った」り、最高のエクスタシーを感じた経験を語る。そういう経験をすると、ひとはすっかり変わる。



ありがとうございます。わかりました。簡単なことですね。簡単で、純粋なことですね。



そう。だが、いいかな。何年も瞑想しても、この状態を経験できないひともいる。ひとがどれほど開かれているか、どのくらいの意思をもっているか、それが大事だ。それに、どんな期待ももたずにいられるか、ということも大事だね。



瞑想は、毎日すべきなのでしょうか?



なにごとにおいても、「すべき」だの、「すべきでない」だのと考えなくてよろしい。何をなすべきかではなく、何を選ぶかが問題だ。

目覚めた状態で歩いていきたいと思う魂もある。この世ではたいていのひとが眠ったまま無意識に歩いている。そういうひとは、意識せずに一生を送る。

だが、目覚めて歩いている魂は、べつのルート、べつの道を選ぶ。

すべての平和と喜び、無限の自由、「ひとつであるもの」がもたらす智恵と愛を経験したいと思う。

身体から離れて、(眠りに)「落ちる」のではなく、身体を引きあげたいと願う。

そうした経験をした魂を「よみがえった」と言う。いわゆる「ニューエイジ」の言葉では、「意識向上」・・・ つづく
 
毎日の瞑想は、最良の道具のひとつだ。

瞑想によって、生命エネルギーを最高のチャクラに引きあげることができる ―― さらに、「目覚めた」ままで身体から離れることさえできる。

瞑想していると、身体が目覚めた状態のままで、全的な認識を経験する用意ができる。

この準備ができている状態を「真の目覚め」と呼ぶ。

だが、瞑想は単なる仕掛け、あなたが言う「道具(ツール)」にすぎない。

真の目覚めを経験するには、座って瞑想しなければならないとは限らない。立って行う瞑想もある。歩く瞑想もある。行動する瞑想もある。セクシャルな瞑想もある。

瞑想とは「真の目覚め」の状態だ。

この状態で立ち止まるというのは、道のなかばで足を止めること、どこかへ向かうのをやめること、何かをするのをやめること、立ち止まってその場に「いる」こと、ただその場で本来の自分でいることだ。

ほんの一瞬でも立ち止まることは、祝福に値する。

まわりをゆっくりと見まわせば、通り過ぎるだけではわからなかったことに気づく。

雨上がりの深々とした土の匂い。愛するひとの左耳にかかる巻き毛。遊ぶ子供たちを見る楽しさ。

この状態を経験するのに、身体から離れる必要はない。これが、真の目覚めの状態だ。

この状態で歩いていれば、すべての花の香りを吸い、すべての鳥とともに羽ばたき、一歩ごとの足もとの感触を実感できる。

美と智恵を発見する。智恵は、美がかたちづくられるところにある。美は、すべての生命によってあらゆるところにかたちづくられている。探す必要はない。向こうからやってくる。

この状態で「行動」すれば、何をしてもそれが瞑想になり、あなたからあなたの魂への、そしてあなたの魂からすべてへの贈り物になり、捧げ物になる。

皿を洗えば、手をひたす湯の温かさを楽しみ、湯と温かさの両方に感動する。

コンピューターを使っていれば、指の動きに応じて目の前のモニターに現れる文字を見て、思いどおりに動く心身の力にわくわくする。

夕食のしたくをすれば、食べ物を与えてくれた宇宙の愛を感じ、お返しに自分の愛のありったけを食事にこめる。

その食事がごちそうだろうと、質素だろうと、それはかまわない。缶詰めのスープだって、愛によって美味になる。

この状態で性的なエネルギーの交換を経験すれば、ほんとうの自分の最高の真実を知る。

恋人の心があなたのホームになる。恋人の身体は・・・ つづく
 
使用中に突然電源が落ち、以降電源ランプも点灯しなくなりました。


いま修理に出しています。来週中に復旧出来ればなあ?と思っています。


TVもPCで見ていたので見れず、新聞も取ってなくて、ラジオも聞けないのですが、PCにつながっていた時間の長さに今更ながら驚いています!


情報の海から隔絶された離れ小島にいるみたいですが、今までとちょっと違う時間をプレゼントされたみたいで♪これも仲なかいいもんですね。笑


試しにやってみたらUP出来るようで!いま携帯でトライしています。


ではでは・・・


 
 瞑想会のほとんどの記事は、福田高規治療院 で 毎月 第1・3日曜日 10時~12時 に行われる瞑想会のメモを基にしています。参加費 \ 500- 予約の必要はありません。


bali 118-b



















 人を癒すと 自分が癒される

 自分を癒すと 人が癒される

 やれることをやったら 後はほっておく

 治るか治らないかの最後の鍵は その人が持っている

 本当に治るのは その人の選択による

 結局わたし達は 自分しかいない

 自分が光に輝いて その光の中に 皆さんを入れてさしあげる

 後はほっておく

 気にしない

 あ やってる やってる

 自分から その方の影響を受けることはない

 トラウマは 記憶

 トラウマ ~ 記憶 ~ これに囚われているんだったら ~ それはいい体験

 ほっておく(囚われている人にとっては そのことで貴重な体験を積んでいる)

 さらっとしておく


bali 150-b


















 魂は記憶をつかさどっている

 ここに記憶は全部ある

 記憶を全部蓄積しているだけで 魂はそれを何とかしようとはしていない

 

 うちの子供は 素っ晴しい生き方をしている

 あれをしてはいけない これをしてはいけない は止めようよ とケイシーは言っている

 やってみたいことをする 好きなことをする のがいい

 自分で決めたことが 一番いい

 相手を何とかしようとするけど

 何とかしない

 人の選択したことを ワーワー言わない


bali 151-c


















 無限の中の一つを選択すると決めると

 (決めた) 波動のほうがいっぱい来てしまう

 波動は来てしまうので (自分に) 合わなければ 違うものに変えればいい

 (意識の選択と生きる現実は、ネット検索で考えると分かりやすい。例えばキリストで検索するとキリスト系の情報が沢山やってくる。どうも自分に合わないなと思ったら、ブッダで検索してみる。)

 選択は無限にある

 選択すると それに関するものを 神から与えられる

 自分の意識から与えられる と言ってもいい

 神に どんどん言う

 どんどん言わないと与えてくれない

 感謝していると (晴れても雨がふってもね) いいことがやって来る

 自分にとってですよ


bali 126-b


















 それに ふざける 遊ぶ

 振り子も 超意識も 人生も同じ

 神はふざけるのが好きです



 みなさんは電車の音が ガッタンコ! ゴットンコ! と聞こえるのかな

 私は ウレシイ! ウレシイ! ウレシイ! ウレシイ! って聞こえます

 聞いていて そのまま寝てしまいます



 言っておくけど

 たちどころに 一生おわるよ

 続かないよ~~

 

bali 153-b















 バリの友人のお姉さん。その婚礼の時のものです。