魂のワークブック

何だろう?私と世界にプレゼントしたいもの♪

 
『みんなの空』 写真集 (2012年6月21日)
(写真集から、投稿されたお一人おひとりのサイトへ入れるようになっています)

 Rayさんの企画、“Ray の ついったぁ~~~て” に今年の夏至のお昼の 「全国の空・写真集」 があります。





gesi-06.jpg















三重県伊勢市・夏至のお昼の空、Rayさんの写真です。




 今回、僕も初参加させてもらいました!
 
 たった一つの空の下に、僕たち一人ひとりの存在はあります。

 同じ日・・・ 同じ時間に・・・ 同じ空を見上げる会ったことのない人たち・・・




『みんなの空』  南から北へ・・・

 ウォーターリリーさん、熊本県南部地方の空

 soraさん、福岡県久留米市の空

 大自然の風になれ さん、山口県岩国市の空

 mikimikyさん、兵庫県明石市の空

 ひなたぼっこ さん、伊丹空港の空

 びびっちょん さん、紀州藩の空

 敷島博士さん、和歌山市の空

 御菓月まる さん、大阪市堺市の空

 Rayさん、三重県伊勢市の空

 加夢さん、愛知県渥美半島の空

 renさん、長野県山麓の空

 G (僕)、埼玉県入間市の空

 troyさん、茨城県笠間市の空

 つる子さん、仙台駅東口の空

 ウッキーさん、湘南 (この写真は夕方・18時15分)の空


 一枚一枚の空を見ながら、みんなが一つに繋がっているのを観じていました・・・
 Rayさん!ありがとうございました!!





hitotu.jpg











 世界がひとつになるまで(手話Ver.) (写真お借りしました)
 作詞 松井五郎
 作曲 馬飼野康二
 「忍たま乱太郎」 エンディング・ソング



暖かい微笑みで、
 
世界中の人が一つの空を見れますように!!





 
 今朝 うつらうつらしてたら・・・


 ・・・ わたしは 存在 意識 至福である ・・・


 って言葉が出てきた。



tokigawa-16_20120625023413.jpg
















 それなら、このニャンコのことだよ!!


 と思いました♪♪


 僕のマスター! ニャンコ先生!! 笑



 
 こんなメールが届きました・・・


 ・・・・・・

 昨日は調子が良かったんだけど、今日家で一人になると、何もやる気が起きなくて、自分に価値がないように思えちゃうんです。

 こうやってメールを書いてても、罪悪感というかなんというか、誰かが私を否定してるようなそんな気持ちになってしまうんです。

 そんなときは誰にも会いたくなくて、一人でいたいけど、一人でいると辛いんです。

 今まで、本当は、本当の自分を人に見せないようにしてました。

 辛いときは、絶対隠してました。

 自分を出したら絶対嫌われちゃうって、どうしても思ってしまうんです。

 もう、そうするのはイヤです。

 でも、どうしていいか分からないです。

 こう思うのは悪いことでしょうか?

 ・・・・・・


8-1_20120625023312.jpg




















 とても嬉しいメールでした♪

 人に見せないようにしていた本当の自分を、告げてくれたのですから・・・

 そんな私信をここに載せていいか悩みましたが、気持ちよく承諾してくれました。

 ありがとうね!!

 勿論アドバイスしましたよ!でも、こういうのって思い切って話す決心をした時点で、半ばは解決してると僕は思っています。




 家で何もやる気が起きなくなるのは、家は正直な自分が表面に出てき安いのかな?って思いました。一人でいるときは特にね。

 人はいくつかの顔を使い分けます。外に出ると社会的な顔、というか仮面をかぶります。この仮面の働きで納得できないことも行うことができます。

 家ではこの仮面がとれ、付けていたときの正直な自分とのギャップが開放されるんじゃないかな?ギャップが大きいとき、そのエネルギーがある程度開放されるまで、やる気になれないんだろうと思います。




 人は今現在の自分を認められたとき、心が安定します。

 そして、人は何か達成出来たとき自分を認めることができ、達成出来ないと自分を認められません。

 それは癖ですね。子供の時から普通はそう育てられるからね・・・

 とくに親のニーズを満たしたときに誉められることで、この癖がついちゃう!

 誉められる → (良い子) → 認められる自分

 こんな水路が出来るんでしょうか。

 「良い子で寝んね出来るかな」 と親に言われたら、ちゃんと寝て悪い子になりたくないのが普通ですから!

 本当は良い子も、悪い子も、子供の中にはなく、寝れない子にはそれなりの理由があります。

 でも親や先生に認められたい気持ちは、無意識に良い子に光を当て、悪い子は心の暗闇に押し込むようになります。

 フタをされた悪い子 (本当は自分に正直な子かもね) は言いたいことを誰にも聞いてもらえず、悶々とした気持ちは闇を吸い込んで大きくなっていきます。(これが潜在意識の中のアダルト・チルドレン)

 本当は人は、何かが出来ても出来なくても素晴らしい存在です!

 そこに気付くと人はとっても楽になるんだけどね・・・

 自分の中の出来の良い子も、困った子も、等しく認めてあげる。自分の光る部分も影の部分もちゃんと抱きしめてあげる。

 光の子も、影の子も、それぞれ辛い想いをしてると思うんだ・・・

 自分の中に両方いて自然だと思うし、片方だけ認めたらもう片方はスネるよ!

 完成された人間なんていないし、完全な人は此方に生まれる必要ないと思う。

 人は不完全だし、不完全だから面白い。やれることがある。

 そこが分かっていれば、人を責めたり、自分を責めたりは少なくなると思うんだ。

 人生で色々なことをしてみる、楽しんでやってみるといいと思います。


tokigawa-16_20120625023413.jpg



















 

 
atomさんのサイトより (atomさんお借りしましたよ!)

Helen Keller

When one door of happiness closes, another opens;
but often we look so long at the closed door
that we do not see the one which has been opened for us.
                     

一つの幸せのドアが閉じる時
もう一つのドアが開く。
私たちは閉じたドアばかりに目を奪われ、
開かれたドアに気付かない。




kaitai-01.jpg















 ちょっと前、アパートの前の家に・・・



kaitai-02.jpg















 解体やさんが入りました。



kaitai-03.jpg















 二階部分までは、



kaitai-04.jpg















 人力で行われていましたが・・・



kaitai-05.jpg















 重機が入って、みるみる壊されて!



kaitai-06.jpg















 お家があるのは、知っている人の記憶の中だけで、



kaitai-07.jpg















 なんにもない土地だけが残りました。




 何10年もここで暮らした人にとっては、大切な記憶と共にある家です。
 楽しいこと、辛かったこと色々あったことでしょうね・・・

 とくに辛い記憶は手放すことが困難です。その記憶が消えれば自分自身も消えてしまうように思えるからです。

 でもこのように何もなくなり更地になってしまうと、過去よりもこの先が見えやすくなります。

 


 震災で大打撃を受けた地域。

 放射能の影響の強い地域。

 林業が成り立たず、離農の進む過疎の地域。

 このような土地は旧来のやり方が通用しなくなり、新しい文化の芽生える拠点になると思われます。

 ナウシカで最初に腐海に飲み込まれた土地が、最初に清浄な大地に戻るのと同じです。




 グローバルな経済活動はいずれ破綻を迎えると思います。

 それはお金を一方的に集めるために作られたシステムだからです。国であれ、企業であれ、個人であれ、自分にお金が集まればそれで良いシステムなのでは?

 こういうシステムは少数がうまくやっている間だけ機能します。うまい汁を吸おうとするレベルが個人にまで及ぶと、それまでの法則で制御することが困難になり、いずれバランスを超える限界を迎えます。

 成績の悪いクラス・メートを見る目線だった対岸の火事が、世界中に飛び火しようとしています。双方が豊かになる経済活動でなければ持続は不可能なはずです。

 世界経済が破綻しても、人が生活するかぎり個人間の経済は、それが物々交換だとしても失われることはありません。

 新しい文化は、今までのように中心が一つで、一つの規格で、規格外を外すことで全体が動いていくシステムにはならないと思います。




 例えばですが・・・

 離農の里ではこの前うかがった、長野県大岡の 「農楽里ファーム」 さん。

 震災の地では、岩手県釜石の 「どんぐり・ウミネコ村」 さん。

 各地に核となる 「農楽里ファーム」 さんや 「どんぐり・ウミネコ村」 さんのような拠点が現れて、それぞれのニーズにあったネットワークがつくられる事になりそうです。それが何れは新しい社会につながる・・・

 一つの規格がもしあるとすれば、みんなの幸せかな?

 そんな核となる拠点を応援していきたいと思います!


 
 
 今、出張から帰りました。
 今日は出張が2件。これでお仕事終了です!^ ^

 2件目のお客様の奥さま、来週が誕生日なんですって!
 来週も伺う予約をいただいています。

 来週午前中、福生の出張も入っているので、何かお祝いのスイーツを買って伺いましょう♪

 福生には美味しいケーキ屋さんがあるんです!!




keiki-3.jpg















 16号商店街、このベンチの横です。




keiki2_20120622190553.jpg















 20年ほど前、埼玉に引っ越してきたときは、お魚・ケーキ・中華は・・・でした!横浜や葉山に住んでいたので、普通に美味しかったんですね。

 最近は美味しいお店が出来て嬉しいです♪




keiki-4.jpg















 今日、お持ち帰りのケーキ♪

 サマーショートとオレンジのサバラン!!

 夏ヴァージョンになっていました!



 
 6Fのいつも部屋は、木曜日午前中は言語リハビリが使います。

 そこで今日は隣りのナースの休憩室でお仕事!




hizasi-05_20120621204536.jpg















 このようにテーブルを隅に寄せて、施療ルームにします。

 この写真は以前撮ったもの。




gesi-01.jpg















 ナースたちは1時半~食事なので、それまでに前の状態に戻して、僕もお昼を済ませてしまいます。

 今日のメニューは、トマト、きうり、大根、キャベツ、わけぎの入ったサラダ素麺。とヤクルト♪




gesi-02.jpg















 窓の下は広いパーキング。

 コンビニ、パチンコ屋さん、回転寿司、スーパー銭湯などのお客様の駐車場になっています。




gesi-03_20120621211553.jpg















 ↑ さて 『みんなの空』 夏至 の空の写真です!

 (6月21日12時24分 埼玉県入間市の老健6F~東の空)

 ん? 夏至? って感じですね・・・

 いつ雨が降ってきても可笑しくない空模様!




gesi-04.jpg















 ↑ これは仕事が終わって撮りました。18時ちょうど!

 いつもの部屋~北西の空。

 雨が降るかな?って一日でしたが夕陽が射してきました。

 雲に隠れた夕陽の右手に! ほんのり明るい点があります!




gesi-05.jpg















 小さな! 可愛い❤ 虹が出ていました♪


 
 老健の仕事を除いて、一日のお客様はお二人まで。

 そう決めている訳ではないのですが、家事一般があるので、そのくらいで丁度いいです!^ ^

 追われるように生活するのは、若いころ散々したので、もういいです♪

 夜はどうしてもの方のために空けてあります。

 今日はそんなお客様でした。




sora-01_20120620233445.jpg















 行き先は飯能の山王峠の先です。




sora-02_20120620233532.jpg















 6時ころ家を出て街中を抜けたら・・・

 空の存在感が凄いんです!!!
 
 輝く夕陽と雲の織り成す陰影が、トテモ・キレイで・・・




sora-03.jpg















 夕陽を追いかけて走ります!

 空と雲は車についてきます♪




sora-04.jpg















 山すそに近づくと、いったん夕陽は山陰に隠れます。

 走るの? 後5分位かな・・・




sora-05.jpg















 山王峠の登り。頂上は近い!夕陽に追いつけるかな?

 夕陽は待っててくれるかな♪




sora-06.jpg















 頂上に差しかかると、正丸、秩父方面の山並みが見えてきます。




sora-07.jpg















 峠を越えて左にカーブをきったら!!

 やったあー♪!♪!




sora-09.jpg















 ドンピシャだよ!!!




sora-08.jpg















 また逢えて嬉し~~♪!♪!^ ^

 しばし車を止めて眺めていましたよ・・・

 明日の空はどんなかな?



 
 心の中と外の世界は合わせカガミ。

 スピリチュアルというと内面的なことに力点がおかれがちですが、内面は五感で見聞きすること、味わうこと、出会う人びと、体験する出来事とシンクロしています。

 その内と外の中央にあるのが 「わたし」。

 「わたし」 を通して世界と関わっている。

 ですから、外側の生活で、何にこだわって生きているのか・・・ 好きなことは何か・・・ 何に腹がたつか・・・ 体の不調・・・ 人とどんなことでうまく行ってないのか・・・ どんな言葉を使っているか・・・ などは 「わたし」 を理解するスピリチュアルなシグナルとも言えます。

 そして 「わたし」 が選択するものが、「わたし」 が決意することが、「わたしの世界」 を変えていきます。

 「わたし」 は 「わたし達」 と繋がっているので、「わたし」 が選択し決意することは世界にとってとても大切なことです。

 集合意識とも言われていますが、ただ一つの意識と言い換えることも出来ます。


maike01l_20120619104858.jpg
























 よくお邪魔している、ウォーターリリーさんのサイト「『みんなの空』 同日・同時刻の空写真をブログにupしよう」 がありました!

 嬉しいですね!!空は分け隔てなくみんなを繋いでいますもんね♪

 一人ひとりのいる場所で、空の見え方は違いますが、同じ一つの空を見ている・・・ みんなの意識がただ一つの空に集合される!! とっても好きです、この感覚♪

 僕も参加することにしました♪^ ^

 夏至の6月21日 正午頃の 『みんなの空』 です!


sora-01_20120619105556.jpg



















 
sun-01.jpg



















 Sさんから頂いた、サンキャッチャー。


sun-08.jpg















 一番下にペンデュラムがあり、振り子としてダウジングにも使用可能です。


sun-06.jpg















 すぐ上の画像・・・ じっと見てください・・・

 さっき魔法をかけたので、ハリー・ポッターの写真ほどは無理ですが、少し揺れると思います。

 どうですか?







 最近、二つの世界が本当に近づいていると感じるんです。



 空を見上げるとグレースの光がキラキラしてるし・・・



 サンセット・ビーチの太陽の光の子供たちに手伝ってもらう治療 では、ずっと海岸の波の音が聞こえていたし・・・



 天の扉が開かれているときは、それを知らせるとても良い甘い香りがするそうです。チベットではそれを、ダキニが来たと言うそうです。

 アパートの部屋にダキニが来るんです!
 しばらくですが、その時は本当に甘く芳しい天国のような香りがただよいます・・・ (直径1mくらいの空間が強く香ります)

 どこかその匂いの元があるのでは?と捜しますがどこにも匂いの元はありません。空中からただよって来るとしか思えません。

 この香りは他の人にも分かるようで、「何? この凄くいい匂いは・・・」 と言ってくれた人が二人。

 最近の香りは以前のとは違っていて、蓮の花の香りにとても似ています。




 何がリアルなんでしょうね・・・?

 “誰にとっても全く同じ、ただ一つの世界がある” とみんなが信じて疑わなかったけれど・・・?




 上の写真 (の石) が揺れて見えるのは、目と脳の作る錯覚だと思います。
 自分にとっては何が世界としてリアルなのか?深めて欲しかったのです。

 知覚器官の介在しないところにある物がリアルなのか?

 リアルとリアルでないものを決めているのは脳なのか?

 いろんな考え方、捕らえ方があります。

 僕たちが体験している世界は、僕たちが見る “夢が見ている夢” だというお話もあります・・・





 もう一つの世界の扉を開くのは慎重でなければなりません。

 今までこの扉は封印されていたようですが、今では望む者には開かれています。

 あちらの世界から招き入れるものは、扉を開く者の資質により制限され変質します。

 気の触れた人が向こうの存在と話すのと、チャネラーがチャネリングをするのと基本的な区別はないのですから・・・

 僕自身、自分をよく見つめなければいけないと思っています。気が触れていないという証明書はどこにもないからです!^ ^;



 
 
Amazing Grace (Instrumental)


g-07.jpg

















 グレース (天恵) は1989年9月に、この星のグリッド・ワークの一部としてやってきたと言われています (手元にコピーがあるだけで、出典は不明です)。

 グレースはやってくるという存在とは考えられず、ガイアの振動数の上昇が1989年9月にグレースのアクセスできるレベルに達したと僕は思っています。

 グレースは明るい空を仰ぎ見るときが見えやすいのですが・・・ このときに必要になるのが “昆虫の目” です。つまり “どこにもピントを合わせないで” 空を見ます。

 グレースはシルバー光線のエロヒムで、明るい空の中でさらに明るく輝くエネルギーです。そのエネルギーはキラキラ輝く真珠色のフェアリー・ダストのように見えます。

 グレースは天恵・祝福です。グレースと一体になった瞬間はすべての過去から切り離され、今・この場所が祝福されます。

 グレースと離れると、僕たちは再び過去の記憶を再生してしまうので、いつもの意識状態に戻りますが、グレースと会ったことで記憶というデータベースが清められ、そのクリーニングされたぶん過去を引きづらない未来が広がると感じられます。




 僕たちの癖は、自分のここがいけない!あの人のあそこがいけない!社会はなっていない!だから幸せになれない!と今まで持ってきたの記憶で評価し、罰し裁きがちです。

 宇宙はその人の意識をそのまま、その人の周りに再構築します。このようにして、人は自分自身と出会う体験を続けていきます。

 エドガー・ケイシーが非難・批判・否定はやめなさいというのは、そう言うことです。

 完成されている者は基本的にこちらに誕生する必要はなく、自分をふくめてどの人も完成されていません。

 不完全なことに手厳しい人は、常に不完全な人や体験を自分の周りに集めつづけます。

 人は不完全でいいんだ、というのが許し。それでも目指す所があるんなら、自分のペースで歩いていけばいいんだ、と自分を受容し許せたら、人のことも許せるんだと思いますよ!




 今日はシュタイナーの勉強会があり、帰ってきてブログの続きをやっています。

 梅雨の晴れ間で午後は蒸し暑いくらいになりました。会場のビルで空を見上げてグレースに会いました。

 こちらが全く予期していないのに、この前の聖山の頂上とか、江ノ島の岩屋の前とかで、キラキラ輝くフェアリー・ダストが空いっぱいに現れることがあります。

 これはグレースの方から会いに来てくれている訳でとても、とても、嬉しくなってしまいます。(たぶん聖山の頂上とか、江ノ島の岩屋はパワー・スポットになっていて、こちらの波動が上昇するので自然にグレースと出会うのでしょうね♪)




 グレース♪ 祝福をありがとう!!!




 

 
 
raider.jpg














 僕は動物学者でもなく、昆虫学者でもない。ましてや昆虫でもないので、昆虫の見え方を知っているわけではないことを、お断りしておきます。間違いや補足のご意見がありましたら、コメントをお願いいたします。




 オスのカマキリがメスのカマキリにモーションをかける時。

 オスにとっては自分の遺伝子を世界に残す、大事な交尾の相手。

 メスにとっては自分の子どもを世界に残す、大事な餌。

 オスは餌として捕食される前に、なんとか交尾に持ち込まなければなりません。

 そこで、「僕は餌ではないですよう!風にゆれてる植物ですよう!」

と体をゆらしながら、少しづつゆっくりとメスに近づいていきます。忍者の木とんの術のように、世界と自分を同化させる、擬態 (とは少し違うが・・・) のようなものです。

 なぜメスは、迷彩服でコスプレしてないオスが見抜けないのでしょうか?



 それは昆虫には、世界が一枚の絵のように見えているからだと思います。多分ピント機能がないか、あっても僕たちのように上手に合わせられない。結果、動くものだけが見えている。(ここが無謀な私説)

 僕たちは世界にある一つひとつの物にピントを合わせて見ることができます。

 多分これが、僕たちが世界を細部に分けて認識するようになった理由ではないかな?と思います。一つひとつを見てしまうので、分離されたリアリティーが今の僕たちの世界の見え方になってしまったのではないでしょうか?

 もしくは、神と自分を分離してしまったため、本来一つであった世界がバラバラになってしまったのかも知れません?

 メスには (オスにも) 風にそよぐ風景が一枚の絵のように見えている。というか極論すれば動いていない物は見えていない!瞑想者が世界と同化して、見えているのに世界が消えてしまうように・・・

 どこにもピントが合っていない視野の世界では、周りと違う動きのものが強く感じられます。


kamakiri.jpg
















 この動画 のように、飛び回る虫が見えていて、それ以外はあっても世界の中に融けている・・・

 オスがメスに食べられないで近づくには、世界に溶け込んで近づかないと、動画のように捕食されてしまうわけです。

 昆虫にとっては、背景という一枚の絵の中で特異な動きをするものは、餌なのか?、天敵か?、そのどちらでもないものか?この判断を素早くする必要があるということです。

 昆虫とは違いますが、砂漠の民が同じようなことをしています。

 砂漠と空しかない世界。それを一枚の絵としますと、地平線の外からやってくる人 (単独であっても複数であっても) は一枚の絵の中で、風景とは違う特異な動きをして近づいてきます。

 砂漠の民は近づく者を客として迎えるか?敵として迎えるか?決めなくてはなりません。旅人が村に到着する前に、“宴” か “戦い” どちらかの準備がなされると言われます。


sahara.jpg



















 近づく旅人を見るとき、砂漠の民はちゃんとピントを合わせて見ているのですが、ピントをずらしたり、どこにもピントを合わせないで世界を見るとき、目に見えない (今まで見えなかった) ものが現れるような気がしています。

 平行法や交差法で立体視を体験した方には分かってもらえるかな・・・?

 まあ大きく言えば、意識がピントを合わせているものが、僕たちがこの世で体験している世界です。


写真、You Tube よりお借りしました。




 
 僕がよくお邪魔するサイト “カフェ『夜明け』” にありました!

 そのままコピペさせて頂きました。 





Angela
 こんにちは、Randyさん。私のアセンションの意味は、意識の進化または、覚醒ととらえています。人それぞれ感じ方が違うと思われるので。

 具体的には、時間の概念が変化しました。例えば、以前の私なら「忙しい!一日36時間あったらいいのに」が、今は、意識して時間を延ばすっていうか(笑)

 あとは視野(意識)の広がり。それは、個ではなく、地球とつながっている意識の時間が前よりも感じ(肌や体)られるのです。例えば想像すると、今座っている椅子は床とつながっていて、床は家の基礎につながって地面につながって~山にも海にもつながって、そして地球上にいるみんなともつながって、空気だてつながってと思うのです。私はね。
とても単純です。私はね。


Randy
 Angelaさん、ありがとうございます。

 え~。すごいですね!
 時間を延ばせるというのは便利ですね。
 何か延ばすための呪文でもあるのでしょうか?


Angela
 >何か延ばすための呪文でもあるのでしょうか?

 (笑)

 ないですよ~

 全て自分の中。






 今座っている椅子が地面につながって、~山にも海にもつながって、そして地球上にいるみんなともつながって・・・

 この世界観♪大好きです!!

 僕も電車に乗っていて、自分の足が見えない世界に伸びていて、周りの人たちの足も伸びていて、車内の全員の人の足と、根っこでつながっていると感じたことがあります。

 バリが好きなのもオープン・エアで、自分のいる場所と宇宙が直接つながっている感覚に容易になれるから♪

 日本では、物と物の間にも、人と人の間にも、いたる所に垣根が作られていて、自分と宇宙との一体感にはなりにくいかな。

 本当はどこにいても、そこは宇宙だし、誰もが自分は宇宙だと気付けるといいです!

 意識してやってみると、以外に簡単ですし、楽しいですよ。

 これもゴッコ遊びです♪







tunagal-01.jpg














 今、いるところが、そのまま外とつながり・・・

tunagal-02.jpg














 田んぼ、空、宇宙へと、容易につながるバリ・・・
 (ウブド、Alam Jiwa の写真をお借りしました)

 
 今、ドラマティックな地球・・・

 高い波動を持った魂たちは、人を助ける遊びが大~~い好き♪

 この時期に合わせて、(ガイア自身の波動がどんどん高くなって、今まで転生するのが難しかったレベルの魂が来やすくなっているのでしょうか?) この星に来てくれている子供たちが大勢います!




 初対面 (だったっけかな?) の子に、僕の潜在意識のヒカルの姿が見えると言われました!

 「おんなの子の格好 (たぶん服装が) してるよ」 って・・・

 えeえe!! あたしったら、女装の趣味だったのかしら!
 (僕の潜在意識の人格は、女性的なようです。笑)

 ついでに、「クレドールさんは右の肩越しに見える」 そうです!!

 彼女、動物語の通訳もやるんですよ!!




 この前お泊りしたところのお母さんは、娘さんに言われたそうです・・・

 朝寝坊して、まだ蒲団の中のにいるお母さんを見下ろしながら言った言葉は、

 「お母さんももっと宇宙のことを考えるといいよ。死ぬ時後悔しないように。
 じゃあね!」 でした。

 娘さんが、脳内宇宙旅行でビッグバンまで行って来た翌朝だったようです!!





neil-16_20120611011634.jpg


















 
 昨夜の夢・・・

 覚えているのは、二点だけ・・・

 “新入りが入ってくる”

 その後に “チ~ン♪”



 最近、ヒカル (僕の潜在意識) と仲がいいので、潜在意識のメッセージである夢が理解しやすくなったみたい。

 “新入りが入ってくる” とは、僕の意識の中に入ってくる新人。

 この新人とは、僕自身のこと。

 夢は、『新しい自分という新入りが、今までの古いあなたの中に入ってくるよ』 って言いたい。多分!

 “チ~ン♪” は、電子レンジの出来たときの音。エレベーターがフロアに到着した音。

 『新しい自分が、自分自身の中に到着したよ!』 と言いたいらしい!

 それは楽しみです♪笑





waseda-09_20120610140723.jpg

















 
bali 304-b















 テラスでの、モーニング♪





 何がしたいの?

 子どもの目的意識を持たせてあげる

 何がやりたいの?

 自分が何をやりたいか分からないで 大きくなってしまう子どもが多い

 子どもの話をよく聞いてあげる

 そして 「何か嫌なことがあってら 言ってごらん」

 「お父さんも 言いたいことがあったら言うから」

 ああしろ! こうしろ! ああしろ! こうしろ! と言われていると

 子どもは怖くて そこから出れなくなる

 自由にしていると 子どもは好きなことを始める

 知的な あるいは身体的な障害があっても 君は絵がかきたいの? 音楽がしたいの?

 知的な あるいは身体的な障害がある人でも出来るスポーツクラブがたくさんある

 わたしの知っている子で 今度パラリンピックに行く子がいますよ

 うちの子供は すばらしい存在!

 どっちに行ってもいいんだ!

 人生はドラマですよ!

 こんな面白いことはない!




bali 309-b















 ふと見ると、雄鶏のお散歩!





 瞑想は かっこじゃない

 立っても 座っても 寝てもいい

 考えをやめるのが 修行

 宇宙は 波動で出来ている

 波動は 上がって 下がって 膨らんで 縮んで 

 それをただ どんな感じかな・・・ と観じる

 コメントを与えないで 観じる・・・

 聖なるの “聖” は “静” のこと

 サ~イレント・ナイト ホ~リィ・ナイト です

 聖 (静) なるもののうち 最も聖 (静) なるものへ




 
bali 307-b















 彼女も登場! スラマッ パギ!





 自分の本当の魂の目的は、どうして知るんですか? の質問。

 皆さん迷う

 人生をビルに例えれば 体験 (職業など) はビルを造る足場

 ビルを造るということを通して 魂はそれ (魂の目的) を体験している

 (魂の目的など知らなくても) 魂は (魂の目的に向かって) 体験しているから それで充分

 魂が音楽をすると決めていれば いくら絵を描こうとしても 音楽になってしまう


  

bali 316-b















 あ! お子様がいらっしゃったんですね!





 (人生の苦悩を) 聴いてさしあげて 共感してさしあげて 優しい言葉をかけてあげて

 そしたら終わり (そのことは) 忘れてしまう 

 皆さん 相手に成りきってしまう

 成りきって 可愛そう と思ってしまいます

 可愛そうは 非難・批判・否定

 みんな素晴しいんだ! この人も素晴しいんだ!

 自分の人生は素晴しい! と決めれば そういう体験をするよね!

 そして感謝しないと チャンスはやって来ない

 人生とは決意 決意しないと人生にならない

 もう一つ 目的をはっきりさせるとき大事なこと

 せっかく生まれてきたんだから 人のためになることをするぞ!

 目的をはっきりさせると 目的に対する障害はなくなる (あっても突破するだけになる)




bali 318-b















 アヤン・ファミリーのモーニング・ジャラン・ジャランでした♪ 


 
 
 Tせんせいの所から帰ってきて、車を車検に出し、アパートに戻ると、もう眠くて・・・眠くて・・・ ベッドに潜り込んで寝てしまい、今、起きたところです。

 治療で、身体がすっかり副交感神経に切り替わってしまいました。

 普段、仕事をしたり、頑張らなければならない時、自律神経は交感神経が優位になっています。

 自律神経は振り子のようなもの。振り子が右に振れているときは左にはなく、左に振れているときは右にないのと同じです。

 交感神経に振れているときは副交感神経はおやすみ、副交感神経に振れているときは交感神経はおやすみ。交感神経と副交感神経は、同時には働きません。

 (ごく短時間に限れば、息を吸っているとき、止めているときは交感神経、吐いているときは副交感神経が優位になります)

 交感神経が働くと筋肉に力が入り、身体は戦闘モードになります。ただしそのために身体を回復させる機能はストップしてしまいます。

 副交感神経は復活の呪文モードです。消化や睡眠、身体に必要な各種酵素の生産などを司っています。ただしそのために身体に力が入らなく、眠くなってしまいます。このだるくて眠い状態になっているときに、身体の修復は行われています。

 戦闘モードで頑張りつづけていると、副交感神経に切り替われずに眠れなくなります。お医者さんが 「どんなに良い薬を出しても、眠れない患者には効かない」 と言うのはこのことです。

 Tせんせいのおかげで、すっかり復活の呪文モードになりました。

 


t-sense-01.jpg















 Tせんせいはトムソン・ベッド (カイロ・ベッド) で二点療法をする大変珍しい方です。それが二点療法だと気付かれるお客さまは、まずいないと思います。

 ↑ 「ベッドの写真 (ブレブレだ!) 撮らせてください」 ってお願いしたら、使っていない (今使っているのが故障したとき用だそうです) ベッドの上の荷物を片付けてくださいました♪

 「Gさんはよく右手を使うから、右の胸にくる。右の胸が硬くなると、左太ももの内側から、膝の内側が痛くなる」 って。その通りです。それで左の腰にきたんだ!!

 仕事では、太ももの内側の内転筋を緩めるのに、おしりの筋肉を使います。僕の左の内転筋、痛くて伸びなかったのです。

 自分で辛い体験をして、よくその筋肉の関係が身体で理解できました。そしてその状態を復活させる方法にも納得がいきました!

 元々が愛である魂が、地上でわざわざ愛ではないという体験をして、再び愛を復活させることを学ぶのと同じだ♪と思いました。

 二点療法というと、横山式がほとんどだと思いますが、Tせんせいのは独自ですね。

 「大雑把にいうと、二点が近づきたいのか?離れたがっているのか?この点はどちらに行きたがっているのか?それを身体に聴く」 だそうです。

 太ももの内側の内転筋を緩めるストレッチ。イチロー選手がよくやっているのも入っていますよ!ご覧ください。 




t-sense-04.jpg















 以前から、Tせんせいは両手を一瞬胸に近づける動作を、治療の途中でよくするのに気付いていました。

 僕も途中で超意識に聴くことがあり、同じことをしているのではないかと感じていましたが・・・

 伺ってみるとそうでした!

 ただ、手で分かるのかな?と思っていましたが、これは外れ!

 「胸で分かる。身体に聴いている」 そして早い!

 僕のは手を止めて、両手を振るという不思議な動作をして質問するので、気楽にしずらい・・・

 「身体に触れる場所は? ここでいい?・・・」 とか

 「この場所をあと何回押すの?・・・」 とか、一瞬で分かったら便利だと思った!

 やってみるしかないか!!






 ↑ 治療ルームの窓にいつ行ってもキレイに咲いています♪

 「僕は面倒くさがりなんだけど、水を忘れていても咲いてくれる!」

 「バラも好きだけど、ダメだね~」

 カランコエ達、Tせんせいが好きですね!

 「この前イスの車輪が外れて無様に転んじゃって!腰やっちゃって・・・若いときならそんな事ないんだけど・・・自分じゃ治せないんで息子がきて治してくれたよ。」

 もう70台半ばになったと・・・ 

 また伺います♪ いつまでもお元気でいてくださいね!!!






 
 もう6月ですが、お話は5月の中ごろのものです。

 この日はいつもの福生のお客さまが、お葬式の疲れでイレギュラーで追加になりました。その後で実家の久里浜へ向かう予定でした。

 終わって余裕がかなりあり、従兄妹とも随分会っていないので、入院先の病院へ向かいました。




5-14-01.jpg















 病院の正面には大きな欅 (けやき) の木が・・・ それに負けぬ、立派な蔓がからまっています。

 前回はこの木の左側に病棟があったのですが!




5-14-02.jpg















 なんと右手に新しい病棟がありました!!
 そう言えば前回は工事をしていて、この木の下に駐車できなかったんだ!

 従兄妹は元気で、気持ちも落ち着いており、1時間ちかく色々とお互いの近況を話しあいました。早く退院できるといいです!




5-14-03.jpg















 近くの寒川神社にお参りしました・・・




enosima-26_20120601204707.jpg















 実は4月の末に、江ノ島に “生しらす丼” を食べに来たときも、最後に寒川神社にお参りして帰りました。お参りしていると提灯 (ちょうちん) に明かりが燈り、そのうえ他には誰もいなくて貸切でした♪

 境内は結界になっており、さらにこの先の内宮は、その波動をさらに強く感じる場所です。




5-14-04.jpg















 江ノ島を少し過ぎた、小動 (こゆるぎ) の信号。

 この辺りには、しらす屋さんが目立ちます。七里ガ浜の海の向こうに目的地の三浦半島がみえます。




5-14-05.jpg















 海岸通りを走ると、やはり江ノ島の写真を撮ってしまいます♪




5-14-06.jpg















 稲村ガ崎付近からの江ノ島。

 上手でしょう!斜めうしろの目くら撮り。稲村ガ崎では、多くのカメラマンが夕陽と江ノ島にカメラを向けていました。




5-14-07.jpg















 稲村ガ崎を過ぎ、鎌倉海岸、材木座を過ぎ、小坪のトンネルを抜けると逗子に入ります。




5-14-08.jpg















 さっき通り抜けた稲村ガ崎の左側に見える島影が、江ノ島です。

 ベストタイミングで国道134号線を走りました!

 楽しかったあーー!!



 
 このまま抜けるかと思った痛み、今朝になったら又けっこう痛い・・・
 昨夜は仕事の後、Yちゃんのところでやって貰おうと思ったんですが、連絡がとれず仕舞い。

 今週~来週は予約で詰まっているし・・・
 やはりここで一度、身体のバランスを取りに治療に行こうと決めた!

 朝一で Tせんせいに電話すると、明日に予約ができました。^ ^v
 申し訳ないけれど、明日、施設の仕事はおやすみを頂きました。
 楽しみにしている皆さま、ごめんなさい。




 きっと皆さんは、何故自分の身体の治療ができないの?と思うのではないでしょうか。そうねえ・・・ ある程度はできるんですよ。

 僕が弟子入りしたい二点療法の達人の方も、家に治療に見えます。
 やはり 「自分じゃ出来ないのよね~!」 っておっしゃいます。

 「占い師は自分自身を占えない」 と、よく言いますよね。あれみたいな物ですかね?

 まあ、人にやってもらったら、気持ちいいし、勉強にもなりますしね。笑





somen.jpg















 さっき福生から帰ってきて食べました。こんな暑い日はそうめんが美味しいです♪

 3時から2時間のお客さま。今日はそれでお仕舞いです!