魂のワークブック

何だろう?私と世界にプレゼントしたいもの♪

 
yurino-38.jpg















5/31 17:55
 久しぶりに施設6Fの窓から♪



yurino-38b.jpg















18:00
 西の空へ向かって白い線が延びていきます・・・



yurino-38c.jpg















18:01
 仕事の終わったこの時間、夕焼け空には飛行機雲がよく見られます。



yurino-38d.jpg















18:02
 今日は何本も見れました♪



yurino-38e.jpg















18:04
 もうすぐ何もなかったように、いつもの空に戻っていきます。






 今朝は腰が痛くて、仕事に行くか?治療に行くか?迷いました。

 どっちがいいの?

 超意識に聞いてみることに・・・

 「仕事に行く?・・・」

 「治療に行く?・・・」

 何度かやってみたけど、どちらでも手は動きません。

 質問を変えてみました。

 「仕事に行っても大丈夫?・・・」

 すぐに手が動いた!

 へえ! こんなんで大丈夫なんだ!!
 (気持ち的には、「治療に行きなさい」 って言って欲しかったかな? 笑)

 施設には、「動けなくなったら家まで負ぶってってください!」 と一応報告。

 仕事開始は姿勢と、体重移動に注意しましたが、少しづつ楽になって最後の人まで出来ました。

 ありがとう!! にっっこり♪♪

 



 
式部 - 水の精霊を呼ぶ歌・古代の祭り・つばめ

 曲を別枠にしました。“水の精霊を呼ぶ歌” を聴きながら 記事をお読みくださいね!




12-5-87c.jpg















 ↑ 5月22日、農楽里ファームさんのブログ より。遠藤さん!写真ありがとうございます!貼らせてもらいました。

 僕たちがお邪魔しました5月8、9に比べると、ブナたちの息吹が凄く強いですね・・・ わあーーっ!!っていう感じ。

 聖山やお種池を離れても、大岡の豊かなエネルギーは僕の中で働いてくれています。




12-5-38_20120528110824.jpg















 聖山の神さま、ブナの森、お種池の水の精霊たち、特にこんこんと湧き出る、お種池の水のイメージとエネルギーが仕事を手助けしてくれています。ありがたいです!




niwa-03_20120528105618.jpg














 絵は僕の心の庭の風景です。ヒカル (僕の潜在意識・ローヤーセルフ) はいつもここで (他でも) 遊んでいます。

 遠くに見えるのはバリの聖なる山アグン。そしてその山懐を割ってライステラスを潤す豊かな水が流れています。




12-5-39_20120528111037.jpg















 遠藤さんに連れていってもらった場所は、まさに僕の心の庭の原風景でした!!




niwa-04_20120528105735.jpg












 白い衣服の人物はクレドール。肉体はありません。僕の仕事を指導してくれているアウマクア (超意識・ハイヤーセルフの人格) です。僕が忘れている時も、彼はいつも僕と一緒にいてくれます。

 そっと手を置きます。僕の手を通してこんこんと湧く泉が出現します (とイメージし決め付ける)。

 絵では頭ですが、その内部にお種池を創造します。湧き出す泉はイメージですから大きさはありません。泉の中に身体が浮いているイメージでも勿論OKです。遊びですから!子どもがするゴッコ遊びだと思ってください。笑

 仕事は遊びです。人生も遊びです。だから楽しい時間にする。

 僕の手を通る波動と、わたし (クレドール) の手を通る波動を重ね合わせる。両方を同時に意識します。僕の肉体の手と、わたし (クレドール) の霊的な手を重ね合わせる。

 毎日がリゾート♪ 仕事もリゾート先でのオプショナル・ツアー体験です!

 そのように決め付けると、毎日をリゾートで暮らす人生になります。
 実際にリゾートにいると感じられるまで、しばらく掛かりますよ!




12-5-40_20120528110038.jpg















 お種池からは、生命の象徴である水があふれ出しています。




12-5-87b.jpg















 ↑ 5月23日の農楽里さんのブログより。潤っていますねえ・・・

 水の不足している大地を潤し、流れの滞っているところは、詰まりやゴミを流し清めながら水は流れていきます。

 身体という名前の大地。身体の中の多くの棚田にも、水は導かれ溢れ流れていきます。身体の中の流れ (血液やリンパの流れ・気の流れ・感情の流れなど)、これらがちゃんと流れていれば人は健康です。

 頭部に創造したこんこんと湧き出る泉から、身体の隅々まで清らかな水が (体の冷えている人には、流れの途中で温泉に変えます) 流れているイメージを意識し続けます。




12-5-87d.jpg















 ↑ 5月28日の農楽里さんのブログより。世界は驚くほどキレイだ・・・ 

 やがて、それは天に帰り、再び地上にもたらされます。




niwa-07b.jpg















 陰陽のバランスが大きく崩れると、いたる所で激しい現象が起きます。それは新しいバランスに移行させるシステムでもあるのですが、水たちもバランスを回復・シフトさせるように働いてくれています。

 命の円環の中で、生き物みんなが幸せに暮らせますように・・・




 
 職場のナースの方に頚椎のずれている方がおられまして、土曜日にお話を伺っていたんですね。日曜日が空いているのをすっかり忘れてまして、思い出していたら多分その方の治療になっていたと思います。



 そんな日曜日 (昨日) の朝のメール・・・

 「あと3日、上大岡に詰めてます。是非お出かけ下さい。」

 メールは高校の時の友人からでした。
 あっ、日曜日に予定が入らなかったのはこの為だったんだ!

 高校の同窓会の幹事のT君から、藤田さん(今は河野さん)が個展を開いているとの連絡が入って、僕の古い写真に彼女が写っているのを思い出しました。そしてT君が藤田さんの写メを転送してくれたんです!

 「上大岡に詰めてます。」 は、そのお返事だったんですね。

 個展は特に行こうと決めてなかったんですが、ああ、これは行くことになっているんだと即決しました。 



yuko-00b.jpg














 高校を卒業したころ、上野の美術展にでも行って、不忍池でボートを乗ったと思っていましたが、

 「私は2年のとき大阪に転校したから、この写真は高校2年の時よ!」

 そうだよ、彼女は途中で転校してしまったんだ・・・

 一緒に写っているイケ面は、やはり美術部で同じ3年1組だった福井啓二君。消息不明なんです。どなたかご存知でしたらコメントお願いしますね! あ~~ 43年前の写真じゃ無理がありますよね~ 

 僕以外にこの写真を撮った人はいません。僕はまだ写真始めてなかった・・・ 高2・・・ ええっ~どんなカメラ持ってたんだろう? わ か ら な い・・・



yuko-01.jpg

















 

 今朝、送られてきた絵たち!ありがとう♪

 彼女は転校後、京都芸大を卒業して画家さんになっていたのです!!

 わざわざこちらで個展を開いたの?と思ったら、横浜の菊名に住んでいるとのこと!菊名は高校の時の僕の乗り降りしていた駅ですよ。

 上大岡の画廊に着いたのが、5時半くらいになってしまったのですが、閉まるまで1時間以上、色々・色々・色々・色々と、話ができました。帰る方向が一緒だったので電車の中でもお話して、菊名で別れました。



yuko-02.jpg















 同じ美術部にいた彼女がその後も絵を続け、今も描き続け、こうしてその絵を見て楽しむことができる。何か自分のことのように嬉しいですね!

 絵、25点?~35点位? 何点位ありましたっけ?

 やはり好きで描いてる絵はいいです!気持ちが伝わってきて嬉しくなりました♪



yuko-04.jpg



















 自画像ですが・・

 当時と変わらず、本人のほうがとてもチャーミングです♪



yuko-03.jpg
















 個展は残念ながら明日29 (火曜) で終了ですが、続けて5人展が同じ “さくら画廊” さんで行われます。

 近くの方、興味を持たれた方は是非ごらんになってください。

 ■ 個展 明日29日まで。

 ■ 5人展 5月31日 (木 )~ 6月5日 (火) AM11時 ~ PM6時まで。(初日は正午 ~、最終日はPM5時まで)

 ■ 会場 “さくら画廊” 横浜市港南区上大岡西2-2-10 MK第2ビル地下1F、(Tel) 045-846-3987



yuko-05.jpg















 スリランカに行ったときの絵、睡蓮の絵が好きな系統でした!水彩やデザイン的な絵もあり、いろんな面の彼女が楽しめました♪ありがとうございました!!

 「スリランカ 椰子の木」 アパートにお持ち帰り。久しぶりに布カンヴァスのいい香りがします・・・



 
iruma-00.jpg















 お魚の循環ポンプの調子が悪く、買いにいきました。
 水槽も寂しいので、赤い子を二匹♪♪

 そしたら熱帯魚屋さんのおねえさんが、「竜巻注意報が出てるわよ!」 って教えてくれました。



 運転してたら急に空気が冷たくなって、みるみる空が暗くなりました。


iruma-01.jpg















 5月28日 14:01 埼玉県入間市

 黒い空から垂れ下がる雲が数本。撮る前は地上に向かってもっと長かったのですが、エネルギーが足りなかったのか消えていきました。



iruma-02.jpg















 14:02

 大粒の雨が降り始めます。




iruma-03.jpg















 14:03

 凄い勢い!!取りあえず近くの駐車場へ非難します。



iruma-04.jpg















 14:04

 空は明るくなりましたが、横殴りの雨足はさらに強く・・・



iruma-05.jpg















 14:08

 とうとう雹が降り始めました。



iruma-06.jpg















 14:10

 地面がみるみる白く・・・
 車の中がうるさい位!!

 15:03

 雨は上がり、雹は融けてしまいました。
 雷は今もゴロゴロ言ってます・・・

 今日はこれから出張です。

 15:48

 これから家を出ます。
 日が射してきました!


 
 今朝、うつらうつらしていたら、チャラリ~~~ン♪ とメールの着信音が?

 魔女見習いのYちゃんからの、プレゼントが入っていました!

 7つの真っ赤なバラの花が・・・

 何なに・・・ ベーシック・シュタイナーのP・159のバラのイメージ・・・?



yumi-94.jpg























 ・・・植物が地面に縛り付けられているのに対して、人間は自分の感情と意志にしたがって、あちらこちらへと移動できる。だが、人間は欲望と情念に縛られている。

 植物は純粋な生長の法則に従って葉を出し、花を無垢に、清らかな日光に向けている。

 人間はある点で、植物より完全である。けれどもその完全さは、純粋な植物の力に、衝動・欲望・情念を付け加えることによって手に入れることができたのだ。

 緑の樹液が植物のなかを流れている。それは純粋無垢な生長法則を表している。

 赤い血液が人間の血管のなかを流れている。それは衝動・欲望・情念を表現している。

 人間は衝動・情念を、自分の高貴な心の能力によって清めることができる。衝動・情念のなかの低次のものが根絶され、それが高次の段階で再生する。そうすると、血は清められ純化された衝動・情熱を表現するものになる。

 薔薇の花びらのなかで、緑の樹液は赤に変化している。赤い薔薇は、緑の葉と同じく純粋で無垢な生長の法則に従っている。

 低次のものを捨てて純化された衝動・情念は、その純粋さにおいて赤い薔薇のなかに働く力に等しい。赤い薔薇は、清められた衝動・情念を表す血の象徴になるのだ。




 生長する植物を思い描くとき、瞑想者は至福を感じる。

 人間が悪しき衝動や情念を得ることと引き換えに進化することができたと考えるときは、厳粛な感情を抱く。

 そして、人間の赤い血が、薔薇の花のように純粋なものを担えるようになると考えるとき、幸福感が湧き上がってくる。




 ついで、黒い十字架を思い描く。この十字架は、根絶された低い衝動・情念を象徴する。

 そして、円環状に七つ、赤く輝く薔薇の花をイメージする。この薔薇は、清められた情念・衝動を表す。

  「ベーシック・シュタイナー」 R・シュタイナー イザラ書房







yumi-93c.jpg















 バラ好きの彼女の庭は今、バラが真っ盛り! 時々、持ってきてくれます♪




 
 衝動・欲望・情念・・・ ありのままの感情やありのままの欲望は、そのまま認めることが難しく、特に修行者にとっては道を邪魔するものとして排除する傾向が強いと思われます。

 しかし、欲そのものは清らかなものです。

 例えそれが性的なものだとしても、眉をひそめたり、いやらしいと感じるなら、感じる人のなかにある嫌悪感をその人が見つめているだけです。

 清めるとは、対象ではなく、自分自身です。

 低次の善悪感で生きている間は、つねに悪魔を呼び出して戦うことになります。悪魔は自分のなかに住んでいます。本当の天国の鍵は悪魔のボス・ルシファー が持っているとは、このことです。 (今は光の天使のルシエルになっていますが・・・)



 清められ純化された衝動・情熱を表現すると、それはエデンの園のような状態になります。勿論、無垢であるため他の動物と同じで洋服は必要ありません。僕たちは知恵を持ったため、それを恥ずかしいと感じるようになりました。

 エデンを追放されたのではなく、自らの意志で出たのです。無垢しかないエデンでは無垢がどんなものかが分からないので、体験として無垢を知りたい冒険心たっぷりの魂たちは、一度無垢ではない状態になる必要があったのです。

 肉体を持つことで生じる対立や孤独を体験し、自分が正しいと思い人を裁いたり、被害者と加害者の両方の気持ちを知ることで人に優しくなれたり、そんなことをしながら、目覚め、愛に気付き、また生命の海に戻るというシナリオを書いたのが僕たちです。

 そして再びエデンに帰るとき魂は同じ無垢でありながら、以前の無垢と比べるとオクターブ高い波動になっているわけです。そんなことをくり返しながら、この宇宙とともに進化していくのが魂は大好きなのだと思います・・・




 再びエデンに帰るとき、服を着るか、全裸でいるか?それはご自分で決めてくださいね!同じ無垢さでも、もう以前の子どものような無垢さではないのです。どちらでもOKです!もしあなたが服を着ると決めても、全裸の人を非難することはもうなくなっていますよ♪

 

 
 Yちゃんのお父さんとお母さんに連れられて、聖山に初めて登ったのが、去年
10月の末。

 この時の山頂は、土砂降りになる15分くらい前。
 北西の山々は雨雲で見えず、南東側の美ヶ原、蓼科、浅間方面が見渡せました。

 ちょうど ↓ この写真の山々 (美ヶ原、蓼科) は、見渡せるのですが風雲急を告げるかの様子。

 うねる雲間からはパイプオルガンのような光の柱が何本も、紅葉が始まった山肌を照らし、右から左へ動いていきます。

 その様子は、天のエネルギーと地のエネルギーがダンスを踊っているようで、心を奪われて見入っていました。




12-5-80.jpg















 その後ヒカルが毎日、聖山の神さまのところに行くようになりました。

 ヒカルは僕の潜在意識の名前です。毎朝ヒカルのケアをします。

 洗濯した衣服に着替えさせ、一日必要な食べ物を持たせ、必要と思われる、傷バン、ティッシュ、ムヒ、冒険セット、お絵かきセット、ビーチ・セットなど (ドラゴン・ボールのようにカプセル化してあるのでポシェットに入れることが出来ます) を持たせ送り出します。

 ケアが終わって、「じゃあ元気に遊んでおいで!」 ってハグして世界に送り出すときに、いくつかご挨拶に回ってもらっているんですが、
「聖山の神さまに宜しくね~!」 が加わったのです。

 ローヤーセルフ (潜在意識) のケアは、ヒューレン博士に教えてもらったものです。セミナーは2009年の5月だったので、もう3年ヒカルのケアをしていることになります。

 きっと僕の顕在意識と僕の潜在意識は仲が良いですよ。僕 (ミドルセルフ) の想いをヒカルは喜んで助けてくれます。

 農楽里ファームさんに行くことが決まってからは、農楽里さんにもヒカルは行ってくれていました。




12-5-37.jpg















 ですから、お種池に連れていってもらい、樋知大神社の樋知って何て読むのかを聞いて、“ひじり” だと知った時は、聖山の神さまが、農楽母さんを通してこの場所に導いてくれたのだと、とても嬉しくなってしまいました!!

 だから “農楽母さんは、聖山の神さまのお使いだ” と思ったのです♪

 ヒカル!ありがとね!嬉しいよう♪

 



12-5-78.jpg















 聖山の頂上で・・・

 両手を上げて、天と交信している! ように見えますか?
 ただの万歳です!!(気付かれないように交信してたのかな?)

 この後、二人で空を見上げると・・・

 「ねえ、グレースがいるね♪」
 「うん、グレースだね♪」

 グレースが現れてキラキラ・キラキラと輝いて、この場所と今を祝福してくれていて、ますます幸せな気持ちになってしまいました♪♪♪



12-5-79.jpg















 口からエクトプラズム、いや!煙を吐き出すYちゃん。
 山頂の一服です。^ ^



 しばらく聖山の頂上を味わって、少し下にある「聖山パノラマ・ホテル」でお蕎麦とイワナの塩焼きを頂きました♪

 ホテルの方が、山頂近くで熊が出たと教えてくださいました。
 山頂でグレースが出たってことは内緒にしました。

 いつも守られているのを感じます。ありがたいです・・・



12-5-53b.jpg















 大岡にいたのは20時間ほどでした。けっこう盛り沢山のスケジュールでしたが、時間はゆっくりと流れていたと思います。

 

12-5-51.jpg















 またきっと来るな!



12-5-06.jpg















 どうか祝福されたこの世界をお守りください・・・



12-5-75.jpg















 農楽里ファーム さんにリンクしてあります。ブログで日々の生活、農作業、自然、風景を是非ご覧になってくださいね!



 
12-5-54.jpg















 朝食をいただいてから、離れを案内してもらいました。



12-5-55.jpg















 離れの壁にはビー玉が埋め込まれていて可愛い~♪



12-5-58.jpg















 1F “農楽カフェ” です。キレイに片付いていますね!

 昨日はここで調理する許可の手続きで、帰りが夕方になったそうです。



12-5-60b.jpg















 セミナーにぴったりの2F。まるっと一軒貸しOK!

 暖かい時期は、自炊、宿泊セミナーなんて出来たら楽しそうですね!
 




12-5-64_20120517224030.jpg















 2F窓からの風景!



12-5-68_20120517224946.jpg















 これは外に下りてから撮ったもの。杉の木の先に棚田が見えます。

 その棚田の向こうの斜面のどこかに、昨日入った大岡温泉があるはず!



12-5-62b.jpg















 人懐っこいチャイ (にゃんこ) がついて回ります♪

 昨夜、お出迎えしてくれたのも、チャイじゃないかな・・・



12-5-65.jpg















 凄んご~く太いです!

 100年経ってる栗の木ですって!!そんな栗の木、初めて見ました・・・




 この後、10時すこし過ぎ、農楽里ファームさんを後にします。時間にすると15時間しか滞在していないんですが、貴重な時間でした。

 農楽母さん、農楽父さん、にゃんこ達、豊かな自然・・・ ありがとうございました!

 これから聖山の頂上に行ってから帰ります。



 
12-5-48.jpg















 お種池、樋知大神社を離れ、聖山を下っていきます。



12-5-50.jpg















 8時すこし過ぎに、農楽里ファームさんへ帰ってきました。

 どうして農楽里さんに泊まることになったのか?
 それは、今年の3月の中ごろ・・・



yumi-82b_20120517201332.jpg















 あかねさんに頼んでいた包丁を受け取りに、“お散歩マーケットの あかね屋さん” に行ったときです。

 ↑ 初対面のシゲちゃんと、Yちゃん。

 Yちゃん、長野で生まれたことまでは話したものの・・・

 あんな山奥、知ってるわけないと黙っていました。

 粘り強いシゲちゃんに根負けして、

 「おおおか・・・」

 そしたらシゲちゃん、「えええっーーー!!!」 「おおおかー!!」 と絶句。

 

12-5-54.jpg















 「俺の知り合いが、長野で農業始めたんだよ!」

 「のらりファームって言って、それが、大岡!!」

 「5年前俺、大岡で大工してたよ!」




 母屋 (2枚目の写真) の2Fの床もシゲちゃんがはってくれた。って農楽里さん言ってたし。

 この離れは牛小屋の骨組みを移築したもの。この時もシゲちゃん手伝ってくれたって・・・言ってたかな? ちょっと記憶が・・・ ^ ^;



12-5-70.jpg















 実はYちゃん、先月実家に帰ったとき、農楽里さんに寄っています。



12-5-73.jpg















 今回、長野に行くと決めたとき、農楽里ファームさん泊は自然な流れでした。



12-5-74.jpg















 農楽母さん 「○○さんが・・・」 と言うと、

 Yちゃんが 「その人、私のかあちゃんの従兄妹」

 農楽母さん、「えええっーーー!!!」 と絶句。

 「△△さん」、「△△君は私の同級生」、「えええっーーー!!!」

 「□□さん」、「□□は婆ちゃんの何とか何とか」、「えええっーーー!!!」

 「えええっーーー!!!」 って、ず~~~~~~~~っと、やってました♪

 まあ、大岡の土地っ子ですからね!笑


 
12-5-27.jpg















 朝7時半ころ、農楽母さんの運転で、お種池に出発!



12-5-27b.jpg















 芽吹きの野山、5月の長野の風景が、車窓を流れます♪



12-5-28.jpg















 カラマツ林でしょうか?逆光で写真では分かりませんが、芽吹きのライム色から、今はヴィリジアンを加えた爽やかな緑色♪



12-5-29.jpg















 標高が上がっていくと、白樺の林が始まりました!



12-5-31.jpg















 神社の参道を進みます。



12-5-32.jpg















 樋知大神社? “樋知” って、何て読むの?

 「ひじり」でした!!

 ああ・・・

 農楽母さんは、聖山の神さまのお使いだと思いました・・・




 昨夜、農楽父さんが、修理の前に枝を落としているって言ってたのは、此れかな?

 拝殿の後ろの杉のご神木。枝を落とすためと思われる、ロープとかが掛けられていました。



12-5-33.jpg















 拝殿の後ろのご神木と、奥殿。その後ろの小高い山はブナの原生林です。



12-5-35.jpg















 聖山のブナ林は多くが切られてしまい。ここに一ヘクタールが残るだけ。

 一番太いブナは樹齢が290年と推定されるそうです。



12-5-36.jpg















 そのブナ林が映っている、お種池♪

 ブナの根っこはその先端に、細いひげ根がいっぱい生えており、水を大量に抱えることが出来ます。ブナ林そのものが山の貯水池になっています。



12-5-38.jpg















 根という目に見えない世界から届けられた命が、豊かな湧き水という形になった、“お種池”。

 ご神木の横を通って、奥殿と裏山の境界に “お種池” が姿を現したとき、言葉では表せないエネルギーを感じました。

 神格が仮の姿を取って現れる権現 (ごんげん) とはこんなものでしょうか・・・



12-5-39.jpg















 心でさえ見つめれば、泉はいたる所にある。咲く花も、草も、木々も、エネルギーの流れ出る形として感じることが出来ます。そんな風に山全体が見えたとき、デイダラボッチは出現するのかな?

 神道の八百万の神は、その風景を表現しているのだと思います。



12-5-40.jpg















 タオの在り方にいちばん近いのは、天と地であり、

 タオの働きにいちばん近いのは、水の働きだそうです。

 すべてのものを生かし、養う。

 それでいて争わず、威張りもしない。人の嫌がる低いところへ、先に立って行く。

 と老子の本にありました。



 その働きの一部に少しでも加わりたいと思い、流れに指をあててマントラを唱えました。

 お不動さまにしたのは、竜神さまを近くに感じたから。

 神社だから、トホカミ エミタメ ・・・・・・ でもOKですね!



12-5-41.jpg















 来たときと、帰りで、少し違う僕でした・・・



 
12-5-15.jpg















 北アルプスが目の前に広がり (ぼんやりですが)、眼下には棚田がつづきます。



12-5-16.jpg















 棚田と雄大な景色 が満喫できる 大岡温泉の露天

 たたみ4畳位の広さ、内風呂も同じ位です。

 (写真凄く綺麗!スイマセン!のらりさん、リンクさせてもらいました。)



12-5-17.jpg



















 田毎(たごと)の月ではないですが、午後の太陽が田んぼに映ってキレイ!

 棚田の向こうの山。その山の手前辺りが、これから伺う農楽里ファームのある慶師 (けいし) だと、一緒にお湯に浸かっていた村の方に教えてもらいました♪



12-5-18_20120513190446.jpg



















 日が傾くと、田んぼのお日様も下のほうへ移動して行きます・・・



12-5-18b.jpg















 中々写らなかったアルプスが、どうにか捉えられました!!



12-5-20.jpg














 
 30分ほど浸かっていました。

 お湯から上がって、大広間で休憩・・・



12-5-22.jpg















 温まった体に、冷たいざる蕎麦が美味しかったです!ごちそうさまでした♪

 農楽里さんへ行くのにまだ時間があったので、再度お風呂へ入りました。♨笑



12-5-25.jpg















 農楽里さんへ到着! 最初のお出迎えは農楽里ネコちゃんでした!^ ^

 懐かしい風景・・・ 映画のセットのようです♪



12-5-26.jpg















 醤油豆の乗ってるお豆腐。醤油豆旨い!ヤバイ!!

 たらの芽の天ぷらでしょ!

 フキの甘辛く炒めた?のでしょ!

 コゴミのサラダでしょ!

 ああ・・・ こんなに美味しいのがあるんなら・・・ 控えめに食べるんだった。




 知らない土地に入って、既に8年 (だっけ?)・・・ 農業をしている。

 凄いことだと思います!!

 自然は待ってはくれません。まっいいかあ~!の僕には勤まらないなあ・・・

 凄く歳が離れている・・・ように見える・・・ ご夫婦なのかな?と思いましたが、ご夫婦でした♪17歳年下の可愛いパートナー!!

 こう言うの、いいなあって思います。僕たちは色々社会的にブレーキを掛けてしまいます。宇宙人たちは地球人を “限定のマスター” と呼んでいるそうです。限定を外せば、過去から放たれ、未来は無限になります。

 お二人も最初は入籍しなかったそうです。籍を入れた訳はいくつかあるようですが、“限定のマスター” しか住んでいない田舎では何かと大変なことがあるはず・・・ もうとっくに剥がせる瘡蓋(かさぶた)を付けたまま生活しているような・・・ 瘡蓋のところでも呼吸がしたくなりますよね!

 楽しいお時間を、ありがとうございました!^ ^





 明日の朝、水源地の “お種池” に連れて行ってもらえる!

わーーーい!! 7時に起きるのだ!!

 さっき、満月を少し過ぎた月が、東の空に昇ってきました。

 田植えのために水の入った田んぼ。 蛙たちが気持ち良さそうに鳴いているのが、聞こえています♪





 おやすみなさ~い・・・ ☆″



 
 「5月の長野は、いいよ~!」

 と言う、Yちゃんのふる里、大岡へ、8、9で行ってきました。



12-5-03.jpg















 八ヶ岳PA。南アルプスの眺め!



12-5-05.jpg















 犀 (さい) 川を越えると、聖山のある大岡はもう少し。
 麻績 (おみ) インターで降りると、大岡は県道12号で30分程です。



12-5-09.jpg















 県道をしばらく走ります。晴れていれば、雪の残る北アルプスがこんな風に見えたはず・・・

 春霞でうっすらとしか見えません。

 

12-5-07.jpg















 程なく、麻績から大岡に入ります。

 最中にそっくりの道祖神 (スイマセン!反対です!) が道沿いに!道祖神はこの北アルプスを正面でにらんだ位置で立っています。




12-5-07b.jpg















 こちらが、道祖神そっくっりの道祖神最中。

 聖山パノラマホテルでは、GWで売り切れてなく!道の駅・大岡特産センターのレジの横にありました。

 つぶあんと黒ゴマがあります。つぶあんが好み♪^ ^




12-5-10.jpg















 Yちゃんの実家のある谷。写真だと奥行きがよく分かりませんが、あり地獄のような傾斜!!毎日、学校へ通った坂道なんですね・・・

 次に来たときには2枚撮って、3D視できるようにUpしたいです。 




12-5-11.jpg















 大岡温泉の少し手前の見晴台。肉眼では見える北アルプスも携帯には写りません。

 当日泊まる予定の、農楽里ファームさんのサイトに、同じ場所の写真がありました

 写真下方の同じサクラをご覧ください。こちらは北アルプスがよく写っています!写真をポチって大きな画面で見てください。




12-5-14.jpg















 見晴台横の “モモ” というお店で休憩。

 「大岡温泉はもう少し先の左側」 ということ。

 長野県のホームページでは、道の右側だった!

 幻の大岡温泉。

 最初のは土砂崩れで流されてしまい。しばらく在りませんでした。だから幻。

 今のは場所を変えて、二代目。県の職員の方。ホームページ訂正しておいてね!




12-5-12.jpg















 “モモ” のお庭のサクラの木。今年は二度、お花見できました♪



12-5-13.jpg















 5月の長野は、本当~~~っにいいです!



 
 今回のお散歩マーケットは、C.A.J.の仲間、Sさん、Kさんが参加。僕たちと合わせて4人で行くことになりました。

 「朝早いよ!」

 「じゃあ、前日泊めて!」

 2人ともアロマの資格のある方です。2人の身体のケアをしたり、10年前のお顔になるエステの勉強会をしたり、南三陸の話をしたり、生活の話、仲間の話、愚痴やボヤキも含め、スピリチュアルも盛りだくさんで、気付けば1時半!!

 楽しい合宿♪ みたいでした。笑

 

sanpo-24.jpg















 5月6日(日曜) 飯能市上直竹上分 (かみなおたけかみぶん)、黒指 (くろざす) 細田、地区で 2012年春のお散歩マーケットが行われました。

 ↑ 受付のあるスタート地点。



sanpo-26.jpg















 左からSさん、Kさん、スペシャル参加の照さん、Yちゃん。 

 4人のはずでしたが、飯能でたまたま隣りでバスを待っていたお姉さん、川口からいらした照さんが加わり、5人が旅の仲間になりました。

 こう言うのに偶然はないと思っています。アマテラスのお使いのような照さんでした!



sanpo-25.jpg















 何ていうお花でしょう?いっぱい咲いていました!



sanpo-25b.jpg















 それと、このシャガ。山の斜面にあっちにも、こっちにも満開でキレイでした♪



sanpo-27b.jpg















 目的地、細田地区の “あかね屋” さん到着。
 みんなで、カレー、ケーキ、コーヒー、ラッシーなどを注文しました。

 照ちゃんは、目的地の100mほど手前の “おはぎ” に心を奪われ、よほど嬉しかったのか?悪いものが入っていたのか?食べた直後からハイ・テンションに!!


 カレーの後、この季節ならではの、朝取り筍のクワ焼き?(皮を付けたまま焼いてある)を隣りの “かえるのおやつ” さん?だっけ?で頂きました!エグミの全くない筍!辛味噌と、ユズ胡椒、の薬味が合います。


 さていよいよ受付のある黒指地区に向かって、尾根越えです!



sanpo-28.jpg















 尾根の登り口にも、美味しそうな筍が!!写真右端にも、頭が少し出てきていますが、分かりますかね・・・



sanpo-28b.jpg















 筍の手前には、アミガサタケがありました!!
  
 生だと中毒しますが、バターを使ってじっくり煮込む料理が旨いんだって?
 まだ食べたことありません。



sanpo-29.jpg















 「わたしが居るから晴れるよ」 と照ちゃんが言うとおり、風の涼しかった朝とうって変わって、汗ばむ陽気になりましたが、「雨が降るまで責任持つ」 とも言ってた!

 尾根道で雨がポツポツと・・・ 空が暗くなって、雷がゴロゴロと山に響きます。

 山の天気は急変します。黒指に入ると本降りに!程なく飛び込んだ家は “あかね屋” さんのシゲちゃんが 「3万の空き家があるよ」 と教えてくれた民家でした。

 その70分後です、あの猛烈な竜巻がつくば市を襲ったのは・・・

 そこは既に空き家ではなく、退職後の男性が住んでいました。
 「カメムシが沢山いて、まだ奥さんを呼べない」 ってこぼしていました。笑 

 15分ほど話していたら、雨が上がりました♪



sanpo-30.jpg















 すぐ下の、手打ちうどんは既に完売! 12時前ですよ!

 その斜め下、デビットさんとこのパンも売り切れ!

 うどん屋さんの家の池には、モリアオガエルの卵がありました。初めてです!見たの・・・ 池ではなく、池の上の木ですね。



sanpo-31.jpg















 その後はすっかり晴れ上がり、日の当たったツツジが眩しいくらい!

 バス停近くで “たらしもち” を頂いているときは、いい天気なのに雨がジャンジャン降り(表現が変ですね)。

 2時少し前のバスで飯能へ向かいました。


 

 飯能駅でトイレ・タイムしたので、照ちゃんに電車の乗り場を教えて別れました。

 もう池袋に向かっていると思っていたので、ホームに下りる僕たちの後ろに照ちゃんがいてビックリ!!

 今回の旅の仲間の中心は、照ちゃんでしたね!

 結局、同じ急行に乗り、11月18日、秋のお散歩マーケットも、都合が付けば、飯能の同じバス停、同じ8時ころに集まろうという約束をして、仏子駅で別れました。

 最後まで照ちゃんの顔が、嬉しそうで、幸せそうでした。

 それが嬉しいです! 良かった・・・ ^ ^



 
 今朝、5月7日、

 モーニング・ハッピネスが訪れました♪♪♪




sun-01.jpg



















 C.A.J. (キュア・オール・ジャパン・被災者を援護する臨床家のグループ) の仲間のSさんから頂きました!彼女の手作り♪

 朝日が当たるとお部屋の中に、光や虹が現れ、とてもキレイです!




sun-02.jpg















 こんなのが、あっちこっちに♪
 
 サン・キャッチャーを揺らすと・・・ ちょっとミラーボール風!


sun-03.jpg


















sun-04.jpg















 お星様のアクセントがまたいい!好き♪



sun-07.jpg















 蓮の花や、バラの花、ハート、金平糖や、キャンディの形の石もあって楽しい♪



sun-05.jpg















 差し込む光が強くなると、虹の色も鮮やかになります♪



sun-06.jpg



















sun-08.jpg















 一番下のがペンデュラムになっていて、ダウジングが出来ますね!^ ^



sun-09.jpg















 いろんな色に分かれて、それぞれの個性がまたキレイ!
 それでいて、みんなで一つの光・・・

 Sさんありがとう♪



 
 「体が動くようになったら、何処へ行ってみたい?」って聞くと、

 「サンセット・ビーチ!」と言う。



hawaii-01.jpg










グーグル・アースでオアフ島を調べてみます。




 僕はハワイのことは良く分からないんですが・・・

 どうやらオアフ島にあるサーファーのメッカらしい。上級者向きの難しい波のビーチで、サーファーなら一度は夢見る、行ってみたい処だそうです。




hawaii-02.jpg















オアフ島のノースショアって言ってた・・・ ここですね!

hawaii-03.jpg













ビーチの写真をポチると、こんな波が直ぐにヒットしました!




 半身不随でベッドに寝たままの彼女に、サンセット・ビーチに行ってもらいます。

hawaii-07.jpg




















 真っ赤な夕陽・・・

 ほほに当たる爽やかな潮風・・・

 寄せては返す波の音・・・

 踏みしめる砂の感触・・・

 をリアルに味わいながら、準備運動に浜辺を歩いてもらいます。



 終わったら、サンセット・ビーチの太陽の光の瞑想をする前に、ゆっくりとした呼吸をしていてもらいます。

 サンセット・ビーチの太陽に、今日も僕たちにエネルギーを与えてくれることを感謝して、彼女の体内に光の子ども達を招き入れます。



hawaii-06.jpg

















 「今、サンセット・ビーチの太陽の光は、最後の輝きを迎えています・・・

 空と、雲と、波が、その真っ赤な夕陽に染まって、とてもキレイです・・・

 もうすぐ夕陽は水平線に沈み、サンセット・ビーチの太陽は目に見えなくなります・・・

 サンセット・ビーチは夜を迎えますが、サンセット・ビーチの太陽はあなたの中に沈んで行きます・・・



hawaii-05.jpg

















 脳の内部が少しづつ明るくなります・・・

 サンセット・ビーチの太陽が脳の中央にやってきて、脳全体の細胞が明るく輝いています・・・

 サンセット・ビーチの太陽の光のエネルギーで、脳の全ての細胞が明るく輝いて振動しています・・・
 
 頭部から光が溢れています・・・

 とても気持ちがいいです・・・

 とても気持ちがいいです・・・

 今、光たちによって、脳の問題のあるヶ所の修復が行われています・・・

 それをよく感じて、味わってください・・・

 それをよく感じて、味わってください・・・



 ・・・途中略・・・



 今、サンセット・ビーチの太陽のエネルギーはハート・チャクラにあります・・・

 ハート・チャクラにある蓮の花びらが、ゆっくりと開いていきます・・・

 光で出来ている花びらが、ゆっくりと体中に開いていきます・・・

 とても気持ちがいいです・・・

 とても気持ちがいいです・・・

 命に対する絶対的な信頼感が、体中に広がっていきます・・・

 命に対する絶対的な信頼感が、体中に広がっていきます・・・

 命に対する絶対的な信頼感が体中に広がっていくのを、良く感じて、味わってください・・・

 命に対する絶対的な信頼感が体中に広がっていくのを、良く感じて、味わってください・・・



 ・・・途中略・・・



 サンセット・ビーチの太陽の光たちは、内臓と骨盤の内部に下りていきます・・・

 内臓と骨盤の内部に、暖かい光の波が押しよせて来ます・・・

 内臓と骨盤の内部に、暖かい光の波が押しよせて来ます・・・

 それはサンセット・ビーチに押し寄せる海の波のようです・・・

 その命の波はとても暖かいです・・・ とても気持ちがいいです・・・

 その命の波はとても暖かいです・・・ とても気持ちがいいです・・・

 それを良く感じて、味わってください・・・

 それを良く感じて、味わってください・・・



 ・・・略・・・」



 省略しましたが、目、鼻、口、耳、のど、肩、肩甲骨、上腕、ひじ、前腕、手首、手のひら、手の指先まで、もも、膝、ふくらはぎ、アキレス腱、かかと、足の裏、足の指先まで、をサンセット・ビーチの太陽の光たちは、光自らのエネルギーで神経の回路を繋いでいってくれます。

 そんなイメージで進めていきます。

 ゆっくりとした口調で、間をあけ、くり返し、くり返し、波のように話しかけます。

 長くなるので短かめに文章にまとめましたが、脳、ハート、骨盤でも実際にはもう少し長くなります。決まった文はなくアドリブなので、毎回少しづつ言葉は違うことになります。

 やっている間、よく体が震えたり動いたりします。体は動きたがっているのだと思います。潜在意識と意志が混然と働いていると思えるのですが、意志で動くところまでは達していません。







 今日は、サンセット・ビーチの太陽の光の瞑想中 (瞑想とは言えないかも?光の治療に近いかな?) 海の波の音が、左の耳に、ず~~~っと聞こえていました!

 波の音が聞こえたのは、今回が初めての体験でした!とても気持ちが良く、嬉しかったですね♪




hawaii-08.jpg











 その時、僕はサンセット・ビーチに居たと思っています。




 勿論そんな音は周りには無いんです。海なし県の埼玉県ですからね!

 リアルって何ですかね・・・

 決め付けていること(決め付けているって、自分で意識出来ないくらいの決め付け!)がその人にとっては、一番強い現実じゃないですかね。

 いい決め付けでも、悪い決め付けでも、決め付けている人は、自分が意味づけし決め付けた世界を、リアルに体験して生きるんじゃないですか。

 リアルだと思っているこの世界が、現実だって証明は出来ませんし、幻聴や幻覚も現実ではないという証明も出来ません。ただ僕たちが多数決と経験上で決め付けているだけです。

 中国の名前忘れましたが、蝶になった夢を見ていて、それが余りにもリアルだったので、夢から覚めたのが自分なのか、蝶が自分なのか、どちらが本当の自分なのか分からなかった。というお話を思い出しました。

 蝶の話とは違いますが、最近、僕もちょっとそんなとこがあります。ヤバイかな?

 歩いていても、あ、これは夢を見ているなって思うことがあります。
 でもそのときは、夢と、現実の区別がちゃんと付けられるんですよ。
 歩いていると言うレイヤーにいる僕が、別のレイヤーの夢を体験している。

 それがこの前、変性意識から覚醒したとき、夢の中の人物がこちらの世界に一瞬いたんですよ。

 そうとは知らず、僕が知らないうちに誰か部屋に入ってる!って思いました。

 いやーー!ビックリしました!すぐに消えたので、ああ夢の中の人格か?って思えましたが、やれやれ僕の未来はどうなることやら!

 そう言えば、“霊性の時代の夜明け” に 「私たちの次元はますます近付いている!」 という大天使ミカエルのチャネルがUpされていました。

 そう言うことなのかな・・・?

 ただのワタシの世迷言 (そろそろ認知が入ってきた♪) なのかな・・・?笑

 またまた、脱線してしまいました!!



hawaii-04.jpg















 世界のあちこちを一人で歩きまわってきた彼女。

 近い未来、ボードを持ってこのビーチに立つ日が来ることを祈っています!




P.S
 写真お借りしました。グーグル・アースとオアフ島サンセット・ビーチにUpされていたものです。ありがとうございます。