魂のワークブック

何だろう?私と世界にプレゼントしたいもの♪

 
enosima-04b.jpg















 江ノ島のお話も最終章。
 サムエル・コッキング苑の前でソフトを食べて、さらに参道を下ります。




enosima-06_20120428231047.jpg















 中津宮から辺津宮への途中、案内版に断崖と松ノ木?が描かれている辺り。
 そこから地図の左手を眺めた写真です。

 左から鎌倉の海、葉山の海。右手に三浦半島が繋がります。その右手の向こう、東京湾側に実家のある久里浜があります。




enosima-05b.jpg















 写真お借りしました。

 辺津宮にある弁天さまが安置されている八角形のお堂 (絵では六角形ですが・・・) があります。

 江島 (えのしま) 神社の御祭神は、天照大神が須佐之男命と誓約された時に生まれた神で、三人姉妹の女神さまです。

 奥津宮 (おくつみや)、中津宮 (なかつみや)、辺津宮 (へつみや)、に一人ずつの女神姉妹が祭られています。

 それに八角形の奉安殿に、妙音(みょうおん)弁財天が安置されています。

 江ノ島は女神さま達と、竜神さまの島なんですね!

 弁財天はここに安置される前は、岩屋にお住まいでした。
 江島神社もとおく552年に岩屋に祭られたのが発祥とされています。

 その後、役小角がこの岩屋に参籠して神感を受け、 泰澄、道智、弘法、安然、日蓮などの名僧が修行の地としています。江ノ島の参道のゴールはこの岩屋なのです。

 今回、岩屋へは行きませんでしたが、娘の出産の切迫のとき、Heyさんに勧められて此方のシェンロンへお願いに来たことがあります。

 お参りして、岩屋を出て、南の海を前にしたとき、空いっぱいにグレースが顕れ、キラキラと輝き出して、本当にビックリしました!!!本当に綺麗でした・・・ 「汝の願いを聞き届けた!」 という印だった♪と今となっては思えます。




enosima-05.jpg















 参道のお店にあった弁天さま・・・ 気持ち良さそうにビワを奏でておられますね♪

 奉安殿の弁天さまは全裸です。 肌が透き通るように白く艶めかしい。しかし、色気よりも気品を感じます。

 弁財天は、元はインドの神さまサラスヴァティーです。サラスヴァティーはヒンドゥー教の創造の神ブラフマーの妻になります。インドやインドネシアでは腕が4本あり、シタールを演奏している姿が多く見られます。

 元々サラスヴァティーは “聖なる川” という意味だったようです。根源の神自体はこちらには来れないので、その力を伝える働きを擬人化したもの (天使たちの乗り物、エネルギーを伝える働き) ではないのかな?と思っています。

 龍や白蛇は彼女のお使いでもあり、目に見えないエネルギーを形として表すとき、蛇や龍は大変都合がよく、方便として昔の人が使ったものと考えられます。




enosima-22.jpg















 この辺の参道をよく捜すと、化石の入った大理石があります。古生代のオーム貝(進化を止めて、今も生きている “生きた化石”)の足。やわらかい足が化石になるのは大変珍しいのだそうです。





















 


enosima-23_20120428230609.jpg



















16:41

 と言うのは真っ赤なうそで~! 

 タコ煎餅でした♪

 サザエのつぼ焼きや、焼きハマグリはパスしても、タコ煎餅は外せないYちゃんでした。^ ^ゞ

 きゅえーーーーーっ!!!

 熱い鉄板に挟まれのされる、タコの断末魔の(焼かれる前に死んでいますが)叫び声がいつもしています。

 前回は、シチリアのマフィアのボスのような外人の方が仕切っていましたが、首になったのか?アルバイト風の若い人が何人かで焼いていました。仕切っていたのは、券売機の前のおばあちゃんでした!

 地質的には、江ノ島の殆んど(岩屋の周りも)は葉山層といわれ(島上部は関東ローム層)、逗子層(橋の近くや橋の向こうの陸地)の下にあり、1500万年~2000万年前くらいに堆積したものだといわれています。化石は見つかっていないので、正確な年代の測定が出来ないそうです。




enosima-07_20120428231317.jpg















 昔から変わらない土産もの屋さんの店頭。

 お土産に頂いても困ってしまうような物たちが、所せましと並んでいます。でもそれがこの島の風景であり、江ノ島の大好きなところです♪




enosima-08.jpg















 24日13:51 往路での撮影。 撮影はここが最初で、タコ煎餅を除いては順番が逆になっています。

 柱は、参道の入り口の鳥居の柱です!
 この島の北側の鳥居をくぐると、南側の岩屋まで、ワンダーランドが待っています。

 8月の後半には、「江ノ島・バリSunset」の企画もあります。
 行ったことはありませんが、ちょっとワクワクですね♪





 
enosima-24.jpg















 江ノ島は、猫の島。いたる所にいます。可愛がられているんでしょうね♪脅かしたりしなければ逃げません。

 この子も、触られまくっていました♪




enosima-15_20120426203610.jpg















 生しらす丼でお腹が一杯になって、眼下の太平洋を一望しながら一服して、
初夏の太陽にジリジリと焼かれて、テラス席に居るのには限界が訪れます。

 往路で見つけた 島カフェ で休むことに。

 「魚見亭」 出たところにも居ました。^ ^

 じっとして・・・逃げニャイ! 顔はあっち向いてるけど、心はこっち向いてる。
だって!耳が後ろの様子うかがってるもん。




enosima-20.jpg















 屋根まで吹き抜けに改造した、シットリと落ち着いた参道っぱたにあるお店。
オーナーさんはそこで暮らす島のご夫婦でした。

 さんにはまった全面ガラスの引き戸が何枚も入っていて、道行く人を良く観察できます♪外国の人にも江ノ島は人気スポットのよう。よく通ります。

 僕は迷わず、グアバジュース!

 パーキングから半そでで歩いています。今年初半そで!道路脇の石塀に肌を押し付けるとヒンヤリして気持ちがいい♪

 そんな暑い日。ちょっと暗めの店内、濃いグアバジュースが美味しい♪




enosima-19_20120426211616.jpg















 店内には仕切られた小部屋、小さなギャラリーにあった絵。
 Hilo・Kume さんの作品を中心に展示・販売されていました。

 吹き上がる溶岩と炎!足元へ流れる溶岩。火山と交信するハワイのカフナ (神官・シャーマン) でしょうか?

 やはり江ノ島は、南の島へ繋がるイメージがあります。




enosima-25_20120426214608.jpg















 灯台のあるサムエル・コッキング苑の前には、新しいお店が出来ていました。お店の向こう側は断崖で、やはり太平洋が一望できます。

 江ノ島、若い人たちも多いです。若い人の好きそうなお店が増えつつあるのも、その理由でしょうね。

 もうお腹が一杯なので、お店の屋上の展望台へ・・・!




enosima-18_20120426215748.jpg















 PM 4:07 太陽が西に傾き、島陰の海が輝いていました!!

 お店の前の広場には、パラソルのついたテーブルが並び、ソフト・クリームを食べている人が大勢・・・

 もうお腹が一杯なのに、釣られました!笑

 一人一つは無理ということで、二人で一つ。でも他の人のと見比べても、明らかに大盛り!

 生しらす丼といい、ソフトといい、気持ちも、お腹も嬉しい悲鳴!♪!♪

 江ノ島が Wel・come してくれてる!♪!♪




 
 「俺を食べなくていいのか・・・」

「俺を食べなくていいのかあ~!」

「俺を食べなくていいのかあーーっ!!!」

 暖かくなってきて日々、江ノ島の生しらす丼の声が、強くなってきます。

「食べたいよ~~ん!」


enosima-01_20120426073936.jpg















24日 13:33

 とうとう来てしまいました!^ ^
 行き先は 「魚見亭」 !

 望む!決意する!感謝する!基本は同じ。
 こういう小学生レベルで意識してみると、分かりやすいですよ。
 高度な選択も皆い~んな、おんなじ!




enosima-03_20120426074036.jpg















 今にも波が被りそうな島への橋 (最初の写真) を渡って・・・




enosima-04_20120426074117.jpg















 島を貫く参道をひたすら登って行きます。奥津宮を過ぎると、参道はすぐに島の裏側の岩屋へ降りる急な階段になります。

 「魚見亭」 はその階段の降り口にあります。

 若~~~い時、今はあちらの世界にいる藤沢の叔父さんに連れて来てもらいました。素晴しいパノラマを一度見て、江ノ島というと必ずこのお店に来てしまいます♪




enosima-13_20120426074207.jpg















 これが、生しらす丼。新鮮な朝採り!

 よく見ると、しらすさん達と目が合ってしまうので、僕は目を合わさないように食べます。お醤油、多めが美味しいです。

 釜揚げしらす丼もあります。江ノ島丼(親子丼の鶏肉の代わりにサザエが入っています)も有名。

 冷えた生ビールもあります♪ 今回は呑まなかったけどね。^ ^




enosima-09_20120426074853.jpg















 昨日までのぐずついた天気とはうって変わって夏の日差し!
 ですが、勿論、テラス席へ!!
 水平線が丸く見える太平洋が、眼下に広がります・・・




enosima-14b.jpg
















 メニューを日よけにして食べました♪笑

 今更変ですが、ミステリアスなほうが良いと思い、写真の差し替え!




enosima-12_20120426074448.jpg















14:39

 完食後の一服!!
 
 むこうのおじ様も一服中!!

 堪りません!!!(僕は吸わないけど、多分ね?)

 ご飯としらすの盛が、前よりいいみたい!
 お腹が一杯になりました。幸せ!しあわせ♪



 
 久しぶりにYちゃんにオイルで身体をやってもらったら・・・
 う~~ん 腕、かなり上がってる!!

 しばらく前からエステのお店で仕事をしています。
 こうゆうお店は、コリを取ることを主な目的にはしていないのですが・・・

 彼女はいろんなお店での経験があるし、身体を楽な状態にすれば、結果コリもほぐれているのは知っています。ですから、エステであっても、オイルであっても、コリは見逃せないのだと思います。


bali spa












 僕のゴチゴチの右腕をほぐしてくれました!!!
 いろんな人にやってもらったけど、此処まで楽になったのは初めて♪涙

 僕は一応整体の看板(出していませんが)出していますので(どっちなんだオイ!)、其れなりのことはしますが、基本は二点療法です。

 左手はレーダー、作業は右手になるので右手が疲れます、右手も当てているだけでも、マアいいんですが、動かしていないとサボってると思われるし、皆さん痛気持いィ~のがお好きですからね!笑

 腕の使いすぎは最後は、胸骨の脇に痛みがでます。そこの痛みが抜けないで困っていましたが、この痛みもほぼ取れました!^ ^

 「前立腺の縛りも開放する!」って言ってくれた! (T_T)

 魔女見習いの彼女。最近、開眼したことがあったようです。

 「ありありとイメージしたことと、現実と、潜在意識には区別できない(同じリアルとして認識される)」 って真顔で言ってた。




 潜在意識は時間をこえ、境界をこえ、広大な世界に住んでいます。フナでもハイヤー・セルフ(超意識)と繋がるには、ローヤー・セルフ(潜在意識)と仲良くすることが勧められています。

 で意外と大事なのがミドル・セルフ(顕在意識)。ミドル・セルフ(顕在意識)は肉体に付随したものです。

 精神世界の人の中には、肉体や物質を軽んじる方がおられます。
 肉体や物質は本質的ではないのですが、とても大切です。だからミドルなのです。ハイヤーとローヤーとミドルのセルフをみんな合わせたのがセルフ・自分です。

 特にミドルには選択と決意という重要な仕事があります。ミドルが決意しないことにはハイヤーの親分の神さまと言えど、手出しはできない決まりがあります。

 決意したことには喜んで手助けしてくれます。て言うか、自分達の力を使って欲しくて、今か今かと待ってくれています。

 そこでローヤー・セルフ(潜在意識)が友達になっていればローヤー・セルフの持つ膨大な情報を使ってハイヤー・セルフへの道筋をつけてくれます。シンクロニシティもこの道筋の中で起こることです。

 大体、肉体がなければ、ラブ &ピースなんて訳ないんですから。
 物質の世界に、肉体を持って、魂の理想を実現するのが、一番難しい仕事になります。




 Bali 風 CDのお話、忘れてました!

 彼女の行ってるお店、バリ風なんだそうです。なんちゃってバリ風かな?見てないので分からないけど・・・

 そこでそのお店で使えそうな、CDを作ってみたくなった訳です。
 今日(日曜)は大した用事もなく、曲漁り♪楽しかったです!
 余計なお世話だったりしてね!笑

 その中の一曲、ご紹介。

 Bali World Music, Gus Teja, Morning Happiness 

gas_20120423010905.jpg









 演奏してる海岸の風景? ジンバランかなぁ・・・





 本当にモーニング・ハッピネスが伝わってくるようです!

 世界は古い現実を決意している人たちが、まだ大勢いますが、新しい世界を決意している人も確実に増えてきています。

 世界はいつも、過去と未来の波打ち際です!
 決意と行動は今にあります。

 何を選ぶか?で、その選んだ世界の扉が開きます。

 みんなで一緒の幸せな世界をイメージし、扉が開かれることをイメージする人から、モーニング・ハッピネスが訪れる。

 そんな幸せな気持ちになる曲でした。♫ ♬♪

 望みは、既に叶えられたものとしてイメージする。

 素晴しい体験をありがとう!!
 と、先に感謝するのを忘れずにね♪
 
 あ! 望まないとダメですよ!(^ε^)




 
 昨日17日 高麗郷に春を感じに行ってきました。

 この時期は、広葉樹の新芽の芽吹くとき!この時の山が一番好きです♪
 一日々々と前日とは違う、緑の濃さを見るとき、本当に春の魔法を見ているのだと思います・・・

 サクラは散り始めていますが、それも良いし!
 サクラが終わって、若い葉が伸び始めます。

 植物の植え替えや農作業なども、サクラ後が一つの節目になります。




koma-13.jpg














 ランチだけHot・Potさんで食べて、お茶を高麗郷でと思っていました。
 混まないうちに早く行ったら、Hot・Potさん11:30までクローズ!次に行ったお店もクローズ!火曜定休のよう? orz

 前回訪れた清流の “シェ・ノア” さんで、ランチ & コーヒー・ケーキ、のセットになりました。

 上の写真は “シェ・ノア” さんの前の畑。

 ランチに添えられいていたクレソンは、シェフが近くの清水で採ったものだと、教えてくれました。

 のんびりテラスで過ごして・・・
 さらに清流の奥へ向かいます。




koma-14.jpg














 この山の色です・・・ 見たかったの!!




koma-20.jpg














 農家の裏に繋がれているヤギたちを発見!

 ちょっと離れていて上手く撮れませんでしたが、生まれて間もない子ヤギもいて可愛い!可愛い~~い!!

 メエェ~~ メエェ~~ って鳴き声、凄んご~~い久しぶり!!




koma-18.jpg














 そのヤギたちのいた斜面の下には小川の流れが。
 この辺はあちこちで清水が湧いていて、それで清流って地名になっています。

 シェフの言ってたクレソンもちゃんとありました!

 この日の夕食、冷やし中華に載せました。ちょっと変?
 でもヤオコーで買ってきた、チキンのハーブ焼きも一緒に載っていたので、
美味しい取り合わせでしたよ♪

 今さっきも、コーン・ポタージュに入れました!笑




koma-19.jpg














 クレソンで遊んでから、高麗神社の枝垂れサクラを見にいきます。

 駐車場の横では見事に咲いていました!

 が・・・



koma-15.jpg














 高麗家の住居跡のは、気が早いのか?種類が違うのか終わっていました!
 この若葉の、滝のような流れも綺麗ですけどね♪

 清流で会ったヤマボーイの爺ちゃんに 「巾着田の菜の花が綺麗で、うねるような香りだった」 と聞いていました。

 一路、巾着田へ!




koma-16.jpg














 爺ちゃんの言っていたとおり、見事な菜の花畑!!!

 土手のサクラもまだ見ごろで、ピンクと黄色のコントラストと、若葉の緑がコリアン・カラーを連想させます!

 子どものころの記憶にも、菜の花畑の花の香りは、今でも残っています。
 もう一つの菜の花畑の記憶は、花の高さがみんな自分の背丈よりも高いことです。笑




koma-17.jpg














 巾着田にはお馬さんもいます。
 歩いているように見える?疾走してるんですよ!

 小ぶりなお馬さんが多いです。僕の腰くらいの背丈の子とかも。
 みんなおっとりしていて、優しい目♪

 この写真の子は、身体が大きくて元気に走っていました。
 まあまあ良く撮れているでしょう?

 携帯についているカメラなんですが、結構気にいっています。
 このブログの写真は殆んどそうなんですよ。

 でもシャッターがねえ・・・ スロー・シャッターで・・・
 シャッター・ボタン押してから、シャッター切れるのに2秒かかります。

 2秒未来にいる自分が,2秒過去をイメージしてシャターを切ります。
 でも、動いている被写体は、何だコリャ!な写真になるか、写っていないことも多いです。泣



 
 シュタイナーの日は、勉強会を教えていただいたK子さんが整体に見えて、
そのまま会場へ向かいます。




datu.jpg














 お土産に頂きました♪ デーツ?ナツメヤシだそうです。大きい!僕の親指ほどの大きさ!

 デーツは、イスラム教の聖典コーランに 「神の与えた食物」、旧約聖書には 「エデンの園の果実」 とあります。砂漠の民は、この実一粒で一日生きられるそうです。美味しいですよ♪





misugi-09.jpg














 勉強会、眼下のサクラ!この写真から左に目を移すと、遠く入間へ続く丘陵がパノラマのように見えます!丘陵は若葉の芽吹きが始まり、その中にサクラもチラホラ・・・ 一番好きな時期の山の色と景色です♪





misugi-10.jpg














 会場のテーブルの中央にも、春の色が!





misugi-11.jpg














 そのお花を取り囲むように、奥さま手作りのお弁当が並びます♪
 いつもありがとうございます!まずはお食事会。ワーイ!!

 テキストの一部

 シュタイナーは一般人間学の講座の第2章で 「すべて意志から生まれた行いは、人間の死後小さな芽、いわば萌芽になる」 といっています。逆に、「世界の写し絵としての思考は、誕生以前の過去の要素を持っている」 といっています。物質的な考えを持っているあいだ、私たちは過去のなかで生きていることになるのです。

 (マンフレッド・クリューガー 鳥山雅代訳 『魂の暦』 とともに 水声社)





caj.jpg














 さてその日の夜は、吉祥寺でCEJ (キュア・イースト・ジャパン。東日本大震災の復興支援を行っている 「ふんばろう東日本支援プロジェクト」 と提携し、後方支援している臨床家の集まりです)が、今後の大規模な震災の可能性から、CAJ (キュア・オール・ジャパン)と名称を変えて、そのミーティングがありました。

 ただの呑み会ですがね!支援もかねています!
 旨揚亭というお店。 南三陸の食材、南三陸で作られた料理も並びます。

 新鮮でとても美味しかったです!
 呑み会のとき、是非使ってみてください!

 

 現場に行っている人たちの実感として、現場の復興の温度差はあるとしても、物を送って支援する時はそろそろ終わり、仕事で立ち上がろうとしている人たちを支える。はっきり言えばお金を落とすこと、品物を買う、商品の販路を作ってあげる。にシフトしていく時期にあるようです。

 アロマやカウンセリングのSさんから、気仙沼沖の大島で作っている “椿油” の販路の話が聞けました。

 知り合いのお店に勧めてみたら地元の人で、お店に置いてみたら、品切れになっているそうです。

 その場にいた施療師のWさんからも、物販できるのでお店に置きたいと申し出があり、こんな小さな積み重ねが、立ち上がる人の力になるのだと思いました。

 今回の、支援もかねた呑み会。お金を人のために気持ちよく使う。
 「お金は使わないと、入ってこない」 って本当ですよ!

 お財布のお金に 「みんなを幸せにしておいで~」
 って言って使ってみては如何でしょう。笑




 あと支援には関係ないのですが、Kさんから滝行の話が出て、「僕も行きたい!」 って言ったら、驚かれました。

 滝行は前々から興味があったのです。去年、御嶽にいったときも滝行を行っている宿坊もあると聞き、へえ・・・・此処はどうかな?って玄関のへんを覗いたりしたものです!





mitake-07_20120417001749.jpg














 なんと今回の話は、御嶽の宿坊で行われる滝行だったのですよ!

 望んでいるものは、与えられるんですねえ!
 

 一泊二日、7月の連休、静山荘という宿坊での滝行。
 神道系です。瞑想や、クリスタルボールでのチャクラの活性化、もセットですね。ヨガの方も参加されているそうですし、外国からの参加もあり、やはり御嶽は日本のマチュピチュなのかもね!

 僕が加わって、女性3名、男性3名のグループ参加になりました。

 初めての滝行なので、夏で良かったです。



 
 南の島で老後を!

 日本では施設に入所するのに、ん千万。毎月の費用が20~30万。
 とてもとても無理なお話。

 年金の範囲でアジアでの老後を目指す方!既に始めている方おいでのようですが・・・

 これからこの動きは、加速するのではないでしょうか?



katakuri-01.jpg














 仕事で山王峠へ向かう途中。春になると咲く斜面です。




 バリ島で老健!のお話。

 アジアを舞台にカタリストをしている高校の同級生、牟田口君と今週火曜日、川崎で会ってきました。

 「一ヶ月10万で暮らせる介護施設。タイで計画している」 と前回聞いていたので、どんなもんだろう?と興味を持ったからです。



katakuri-02.jpg














 カタクリの群落。見えますか?




 まだ夢の話なのか?青写真 (古語?) の段階なのか?聞いてみました。

 なんと既に20万坪の用地があると!

 “老健をバリで”、をインドレシア政府に働きかける。実りの少ない、日本でのインドネシア人介護資格取得ではなく、日本の老人を輸入する産業を起こす。

 “併設の医療施設” は、病院のアジア輸出を模索する医療機関や厚生労働省に勧める。

 は、それなりに面白かったのか?

 「G君、グループ・リーダーになってよ!企画書作ってくんない」
 「タイで関わって、そのままバリにスライドするのが一番いいかな?」

 中々、勧めるのが上手い!
 思わず、乗るところだった。危ない!危ない!!
 
  



katakuri-03.jpg














 ズームしたらボケましたね!



 ちょっと待って!今日は四方山ばなしにきたんだよ。
 大体、社長とか、長のつくのは、グループ長でも嫌な僕です。

 今回メモを取らなかったのですが、日本各地で消えてしまいそうな、技術・文化を川崎のある場所に集める村構想があるそうで、そしたら、わ○みの社長が羽田からその島?へ橋をかけてあげるって!

 (僕的にはそんな場所に日本の伝統を集めて、津波がきたら一気に全部なくなるぞ!って思うのだが・・・)

 橋は300億って言ってた!凄い太っ腹と思ったら、会社の土地が値上がりするのと (島、買占めてる?)、そこで行う自分の事業に、国際空港となった羽田から客を呼び込むためだった!

 そんな話がゴロゴロでした。 牟田口くん県庁にいただけあって、コネだけはあるって言ってました!

 住む世界が違うなあ・・・ ちょっと毒気に当てられて、でも食指は伸ばしておこうと思った!

 



katakuri-04.jpg














 道路ぎわで見学の車が数台。三脚を立ててカメラを構えている人も。
 今年は梅も、桜も、菜の花も、桃も、ミモザも、水仙も、ムスカリも一緒に咲いています。まるで北国の春ですね!




 僕ははるかな過去から現場の人間らしい・・・ 司令官には向かない。せいぜい参謀と言ったところだな。てか、参謀は好きかも♪

 そんなことを考えて寝た。
  
 今、枕元には夢ノートがある。
 その朝も、夢見をしていた。が、トイレに起きて、夢を忘れてしまいました。笑
 しかし、夢はすぐに見れます。意識を失わないようにして見る夢が、夢見・・・

 そしたら最後にでてきたのが、リリーさんのブログにあった「ガクシン バリ島留学プログラム」

 ふ~~ん・・・ ガクシンさんならバリに精通している。基本的に学校だから、介護のコースも作れる。

 ガクシン (学進かな?) って、音からしたら・・・ 日本?
 詳しく見ていたら、京都の伏見区!それも深草!ワオッ!!知り合いが住んでる。バリまで行かなくてもいいんだね♪

 さあ~~~て! この後、動くか?動かないか?
 まだ自分でも、分かりません・・・



 
 今日は不潔な表現がありますので、嫌な方はその場で止めてくださいね。



 僕の見る夢。

 良く見る夢がいくつかありますが、トイレの夢がその一つです。
 それも汚いのです!orz

 今はどこのトイレも結構キレイになりましたが、僕が子どものころは公共のトイレは “公衆便所” と呼ばれ、臭く汚れていました。夢は大も小も、古く、暗く、

清潔感の乏しい 映像でした。


nintei-01.jpg














 4月2日。久里浜の団地ではミモザが満開!




 最後のトイレの夢は洋式(多分初めて)でした。汚さはひどい!orz
 汚物が流れていないし、周りに付いている。これじゃ、座れない!

 トイレットペーパーで汚れを取ろうとしますが、トイレットペーパーも汚物まみれ!換えに用意されている物まで、触れない状態!!!

 用を足すのを 諦めます



 僕の潜在意識の中には、清潔感の乏しさと、そのことに対する諦めがあり、夢はそれを知らせようとしてくれているようでした。

 それが今回、親との関係(他にも繋がっているかも知れませんが)で自分が諦めている部分なのでは・・・ と思えたのは収穫でした。



nintei-02.jpg














 次の日、認定の問診が早めに終わり、嵐の前早々に実家を出ます。2時過ぎ。



 今年2月、母親が玄関で転んで自力では立ち上がれず、しばらく寝たきりになりました。

 転んだとき父親から、「来て何とかして欲しい」 と電話。

 骨折しているかも知れず、「タクシーを呼んで、病院に連れてって」 と言うも、
 「そんなことしなくてもいい」 と・・・

 家族の言うことなんて、聞くつもりはありません。

 本当に緊急の時は、お客さまに迷惑をかけても行きますが、頻繁にやっていては仕事は信頼されなくなります。
 弟も関西での仕事で、本社出張のとき(月イチ位)実家に帰るくらいです。

 僕を弟もすぐには駆けつけられないし、心配なので以前から介護の申請を頼んでいるんだけど、聞かない!
 去年二人で説得して、やっと必要性は認めたけれど・・・

 「すぐにしなくてもいいから、来年になったらする」 と手続きしない。

 お隣に行けば、手続きが開始できるようにお願いしてあるのに。
 年が明けても、隣りに行っていない。

 「年明けすぐにはなぁ、隣りに迷惑をかけるから春になったらする」
 春になっても、何も変わらなかった・・・orz
 
 腹が立ったので 「僕だったら自分の気持ちよりも、子どもが安心できる方を選ぶよ」 って言ってみる。

 こういう時は、石のお地蔵さんになってしまいます。
 父と子だから、自分にも同じ頑固さがあるのだろうと思うけどね。さて僕はどうするかな?

 父親、今度の夏で93。
 母親は現在83。認知が入っている。

 出来るだけ、やりたいようにさせてあげたいし、そうしている。
 二人だけでやってくれているのは、ありがたい・・・

 でも不潔感と諦めは、いくら頼んでも無駄だという、このことだと思いました。




 まだ幼いころのリアル体験です。

 子どものとき、家のすぐ際に用水が流れていました。
 
 台風で水かさが増し、父親が大事にしている植物は、もうすぐ流されるところまで来ていました。それは木で作った四角い鉢に植えられた盆栽風の小ぶりな木でした。前のポンプ小屋の方から頂いたもので、今でもはっきり思い出せます。

 何度も父親に言いにいくのですが、取り合いません。最後は泣きながら訴えたのですが、最後まで聞いてはもらえずに木は流れて行きました。

 凄く悲しかった。凄く悔しかった。その木が凄く可愛そうだった。その木は自分だったんですね。

 父親を憎むことはなかったけれど、言葉にならない想いが心の中に残りました。ずっ・・・・・・・・っと。

 記憶に上がらないときも・・・ ずうっ・・・・・・・・っと。

 その後も同じようなことは繰り返されたわけで・・・ 一緒に暮らしていると子どもは、親をあまり嫌いにならないのかも知れませんが、潜在意識はそれを、“不潔感と諦め” として持ち続けていたのでしょうね・・・
 
 
 

nintei-03.jpg














 前方に低い黒い雲が。ハンドルを取られることも・・・




 これは夢。

 舗装されていない道路の横に、川幅50~60Cm位の川がある。
 どぶ川・・・ よどんだ黒い汚水が流れている。
 夢の中で水は生命を表す。そこがよどんだ汚水・・・

 その汚水をじっと見ていたら、底のほうから綺麗な水が溢れてきて、見る見る流れは清らかに変わっていく!

 川は10m位の川幅に広がり、たっぷりの水がグングン流れている。水草が透き通った流れに揺れているのが見える・・・

 気持ちがいい・・・



 
 事態の進展のなさと、母親が転んだのをきっかけに、どんなにつべこべ言っても強権を発動しようと決めた!弟の了解も取った。もう甘いことは言っていられないと腹をくくった訳です。

 腹をくくったから見た夢 (どぶ川が綺麗になる夢) なのか?夢を見てそのように決意したのか?思い出せないのですが、夢と現実は同じ時期に前後していました。



nintei-04.jpg














 あと15分くらいで帰れそう。



 「もう待っていてもラチが明かないので、俺が手続きはじめるから」と宣言!
 強くキッパリと言ったら、抵抗しませんでしたよ。
 あぁ・・・あ! 今までのは何だったんだ???

 まあ! いいんだけどね。笑

 人あたりはいいんだけど、心は閉じているのでヘルパーさんとか家には入れたくない!被害者意識が強いので、ベット買わされると思い込む・・・ 心が閉じているのは、母親も同じだったし。

 「要介護になんかされたら!大変だから!」と急に元気に歩くし、明るくなるし!
 いつもは見えないのに、良く見えるし!
 いつもは聞こえないのに、良く返事ができるし!笑

 父親も5時に起きて、お掃除と片付けなんかしてて、起きてみてビックリ!
 綺麗な清潔感のある、そうね10年前のお部屋でした!笑


 これからも紆余曲折はあるでしょうが、まあ!これで一安心できました♪


nintei-05.jpg














 ひどくなる前に、走り切りました。暴風は夜になってからが強かった!



 夢はやはり面白いなあ!
 夢は真実しか映さないのかも知れないなあ・・・

 それが分からないのは・・・
 表面の意識が、本当の自分から離れた生き方を選んでいるということかなあ?

 数日前からまた、夢ノートを枕元に置くことにしました!
 しばらく又、夢との対話をすることにしました♪^ ^




 長いボヤキ・愚痴に付き合っていただき、ありがとうございました!

 僕が気付けるまで、元気に生きていてくれた両親にも感謝!
 生まれてくるときに、魂の課題のために頼んだ二人。

 特に父親は課題を与えるために、損なキャストを長きに渡って演じてくれました。(勿論!誉めるべき良い点も多々あることを記しておきます♪)

 ありがとー!!



 
 多分まだ4回くらいしかお会いしていないんですが、千葉方面から見える女性がいます。

 彼女がそのキャッツ!

cats.jpg














 一人なのにキャッツは変ですが、“Cats” の猫 Jemima に似ているのでキャッツ!

 何でしょうね・・・ まるで此処にいないように(現実を意に介せず)、夢 (自分の世界) の中にいるように嬉しそうに語ります。

 弾んだ熱い言葉を聞いていると、無垢さに触れている感じがします!

 そのときは自分の身体が、地上から少し離れているような気がします。笑





 ちょっと前、インフルエンザが流行っていたころ・・・

 彼女のお嬢さんの3年5組も学級閉鎖になったそうです。
 1組、2組、3組も学級閉鎖で、無事だったのは4組だけ!

 その4組のお話・・・
 そのクラスは学級崩壊をしていました。

 もうその時点で、3人目のクラス担任だったそうです。
 確か、新任の若い先生って言ってたと思います。

 そして学級閉鎖で体が空いたので、その新任の先生と彼女キャッツ二人で、学級崩壊の4組を復活させてしまいます。

 結構短い期間だったのではないか?と思いまして聞いてみると・・・

 「月・・・、火・・・、水・・・、木! まあその後もあったけど」

 指を折りながら答えてくれました。
 キャッツは教員ではないのですが、教員の介助の役目をしていたそうで、子どもたちからは「せんせい!」と呼ばれていた(途中から)ようです。


 


 キャッツが何をしたのか?

 「このクラスを伝説のクラスにしようよ!」

 「みんなで優しいクラスにしようよ!」

 「みんながバラバラ(新年度のクラス変え)になる前に、“世界がひとつになるまで” を歌おうよ!」

 「夢はきっと叶うよ!」

 きっと笑顔で、目線は中空にあったのかな?彼女の夢を、弾んだ熱い言葉で語ったのだと思います。

 彼女、言うとき、結果に自信があって言うんじゃないと思う。
 でも叶うことを、疑いもしてないんじゃないかな!
 そして問題点を指摘して、正そうともしていない!



 「クラスの子、全員が前に出て、

 『僕は、(私は、)このクラスをこうしたい!』

 って、一人ひとりそれぞれの夢を発表したんだよ!」

 って嬉しそうに話してくれました。




 いや~~~ かなり凄いことですよ!!!



 彼女に教えてもらった言葉があります。
 「毎朝、言ってる♪」 そうです。


I’m here.
Use Me.
Through Me.



 神にね♪



 「夢はきっと叶うよ!」

 キャッツの口を使って、神が通ったんですね・・・
 「私を使って!」 と言いながら、逆に神を使うキャッツのお話しでした!!!




 “世界がひとつになるまで”




 
hachi さんのブログ

白雪姫プロジェクト

を知って、Hachi さんの想いを後押ししようと決め、コピペしました!


a-093.jpg












写真 グレゴリー・コルベール








2012-04-01 14:33:33NEW !
テーマ:山元加津子さん


大好きな人がいます。

かっこちゃんこと、山元加津子さんです。


大好きな人が叶えたい願いがあるなら、

私も、その願いを叶えたい。

それだけのシンプルな動機です。


何かのご縁でこのページをご覧になった方、

たった一人で広く遠くまで届けることはできなくても、

まわりにいる、ほんの少しの人にでも手渡せたら、

必要な人に届くかもしれない、と願いを込めて、お願いします。


どうか、「こんなことがあるんだって」と、

誰かにお話してみて下さいませんか?



・・・・・
こんにちは。山元加津子と言います。ぜひ、この1分ほどの動画を見てください。
http://youtu.be/ot_fmBvKUh0

脳幹出血で友人の宮ぷーが倒れて、一生植物状態で四肢まひだとお医者さんが言われ
たときも「だいじょうぶ」と思えたのは、学校の子どもたちが教えてくれたことが
あったからでした。私は、特別支援学校に長くいます。子どもたちは、意識がないよ
うに見えても、実は、すべての人に思いがあり、全部わかっているし、聞こえている
し、見えているということと、そして、もうひとつは、人間の体や脳にはものすごい
回復力があり、あきらめなければ思いは伝えあえるし、きっと回復していくんだとい
うことを教え続けてくれました。それは、間違いがないことだと私は思っています。

ところが、残念なことに、それはまだ、一般常識ではないのです。私は、情報がない
ために、知らないというただそれだけの理由で、思いが伝えあえなかったり、回復を
あきらめなければならない方がおられることに胸が痛くてたまらなくなります。だっ
て、もしかしたら、それは、自分の家族だったり、自分だったりするのかもしれませ
ん。そして、廃用症候群(寝かしておくことで病気になってしまうこと)も決して人
ごとではないのです。
どうかみなさんのお力で、「白雪姫プロジェクト」をすすめていただきたいです。そ
して、みんなが笑顔でいられますようにと心から願っています。

白雪姫プロジェクトとは…「病気や事故のために、意識が無く、回復の見込みが少な
いと思われてきた「植物状態」と言われる人たちが世界に何十万人もいるといわれて
います。その方たちは、これまで、ベッドで長い間寝たままの生活を送ってこられま
した。けれど、意識を取り戻し、食べる、思いを伝えるなどの生活行動を取り戻すた
めの方法があることがわかってきました。白雪姫プロジェクトは、回復の方法や、そ
れにつながる意思伝達の方法、口から食事をとること、リハビリの方法、介護の方法
などの情報を集め広めるプロジェクトです。 私たちは、「誰もが思いを持っていて、
回復する可能性がある」ということが当たり前になっていく世界をめざします。白雪
姫は王子さまの愛によって、目覚めることができました。白雪姫プロジェクトはそん
な愛でいっぱいのプロジェクトです」

ただ、知らないというだけで、思いを伝えられない方、ただ、知らないというだけ
で、回復をあきらめてしまっている方やご家族の方がたくさんおられるということ。
それはとてもとても悲しく残念なことです。
4月1日に白雪姫プロジェクトを始めます。

まず、情報をお伝えするために、ホームページを開設しました。
http://shirayukihime-project.net/
意識を取り戻すために、具体的にどうすればいいか、腰を痛めない介護法はどうすれ
ばいいか、人は寝かせたままにしておくとどうなってしまうかなど、たくさんの情報
が載っています。また、多くの専門家の先生や、村上和雄さんや、黒岩祐治さん、紙
屋克子さん…たくさんの方にも応援いただいて、コメントを寄せていただいていま
す。
 私がみなさんにお願いしたいのは、とにかく、まず必要な方に、情報をつたえてい
ただきたいこと。そして、白雪姫プロジェクトの内容を多くの方に知っていただきた
いということです。
皆さんお願いです。白雪姫プロジェクトには「応援のしかた」ページがあります。そ
こに応援の方法が書いてあります。

1.応援のページの登録をお願いしたいです。「私は白雪姫プロジェクトを応援しま
す」というページです。ここには、お顔の写真、ブログやミクシィやフェイスブック
などを入れて登録するページがあります。そこに登録していただくと、白雪姫のペー
ジから、みなさんのページに飛ぶことができます。そしてもうひとつ、このプロジェ
クトを多くの方に知っていただくために、みなさんのお持ちのブログやフェイスブッ
クページなどに、「私は白雪姫プロジェクトを応援しています」の文字とリンクをお
願いしたいです。それが、広まっていく大きな力になるからです。登録数全部で何万
にもなることが、目標です。きっとそうすれば、何か変わっていくはずと思っていま
す。
2.ちらしがあります。配っていただけたらうれしいです。
・・・・・

もっともっといろんな応援の仕方があると思うのです。ぜひ、そんな方法も教えてく
ださい。そして、どうぞ、応援をよろしくお願いします。今も、横になったまま、思
いも伝えられずにいる方がおられます。一分一秒もそんなことは嫌なのです。どうぞ
どうぞお力をお貸しください。私だけでは何もできないのです。ぜひお願いします。
そして本当にみんなが、元気で笑っていられますようにと心から願っています。    
山元加津子
・・・・・



詳細はこちらから → 白雪姫プロジェクト





 
bali 390-b














 アグン・ラカ・バンガロウズの夜明け。写真の左側が太陽の昇ってくる東です。





 うろうろ (心を) させない

 自分は 素っ晴しい存在

 今 ここで 素っ晴しい体験をしている

 そこだけは変えない

 すると 素っ晴しい体験がやってくる

 目的は はっきりさせる

 その目的の中で うろうろする

 うまく行かなかったら 面白がる




bali 185-b














 上空の雲が、朝日に輝きます。




 わたし (福田高規) は 世界中の人びとの心身を健康にする目的があるので 世界的な先生と次々に出会いました

 世界的とは有名だということではないですよ

 本物だということです

 例えば 夢に関しては ヘンリー・リード (後もう一人はメモるの忘れました) に会うことになります

 ヘンリー・リードに会って 人の夢を見れることを知りました

 人の夢を見れるんですよ ご本人にお断りしてからですがね

 エキサイティングなんですよ!

 皆さんの夢も 勝手には見ません

 5千円頂かないと見ません 笑




bali 186-b














 ヤシの木にも、光が少しだけ差し込んできました。




 夢を見るときは テーマを与えないとダメです

 夢は 意識の浅いところで (夢ごこち) 見ています

 潜在意識と表面意識の中間で 見ています

 眠りの深いところでは 見ません

 テーマがないと 余り意味のない夢になる (ことが多い)

 (その時は) 現実の消化できないことを 淡々と消化させている

 テーマを与えることで

 潜在意識が そこに連れて行ってくれる

 夢も人生も テーマを与えれば

 そのテーマによって 体験が与えられる

 行動している夢は 積極的に人生に関わっている

 夢のシーンを ジッ・・・と見ているときは 傍観者的になっている




bali 432-b














 ライス・テラスにも朝日が入ってきます。




 H さんが、「最近うまく出来るようになってきたと思うんですが、自分と自分を見ている二つの目がある。その一つは宇宙の目と言ったらいいのかな?その二つが近づいているように感じます。」

 いつも 二つの自分がいる

 だけど 普通それは分からない

 自分は 【どんな感じかな・・・・・・】

 と (感じている) 自分 (の身体) を観る

 そうしながら 自分が呼吸している体験をする

 【どんな感じかな】 は 静けさを観じるんですよ

 【・・・・・・】 は 神のことですよ

 皆さん 考えてしまう

 疑問を持ってしまう

 これでは ダメなのではないか? 失敗したことにこだわる

 失敗を 次の生まで持っていく人までいます

 感じきる 観・・・

 本気で 全身で 観じる

 コメントを与えない 




bali 445-b














 朝食。 黄色いふたの中は? 確かベーコンエッグ!フランジパニの乗っている四角いカゴの中はパン。「一緒に入れないでね!」って言っても、暖かいパンと一緒にバターが入っていて、いつもバターが溶けてたっけ。笑



 
 Y さんが、「霊的な世界には村がいくつもあって、その村の一人の波動が上がると、村全体の波動が上がるって、本に出ていましたが・・・」

 そうですよ 村 は 群(むら) です 

 わたしは エドガー・ケイシーのグループです

 皆さん こちらの世界に 波動を上げる体験をしに来ている

 村はそれを 応援しています



 H さん (もう一人の) が、「波動は上がったり、下がったりするんですか?」

 良い質問です

 波動は上がっていくだけです

 下がることはありません

 皆さんは こちらでは自分で選択した脚本の俳優を演じています

 こちらで 貴重な体験をして皆さんの波動が上がると

 世界の波動は上昇していきます

 上がっていくだけです 




bali 216-b














 朝食のお片づけをするスタッフ。