魂のワークブック

何だろう?私と世界にプレゼントしたいもの♪

 
 3~4年前100円ショップ、で小さな小さなヤシの木を買いました。
 葉っぱが見たことのない形!をしていました。
 確か「コモチヤシ」ってラベルに書いてあったと思います。

 調べてみたけど、手元にあるそのヤシの赤ちゃん、と同じものは見つかりませんでした・・・



kujyak-01.jpg














 右奥のテーブルの上に居ます。


kujyak-02.jpg














 こんな感じの子です。
 お水を少なめにしているので、葉は細めです。




 それがお気に入りのブログ、“バリに咲くsuirenの花” の中で偶然見つけることが出来ました!!!

kujyak.jpg














 同じ子が写っている!の分かります?(気持ちよく写真を使わせてくださったリーリーさん。ありがとうございます!)

 何年も名前も分からず、何処でも同じものと出会えなかったので、見たときはとても嬉しかったです♪


kujyak-03.jpg














 もう一度ネットで調べてみたら「クジャク・ヤシ」という名前だと分かりました。同じ種類に「コモチ・クジャク・ヤシ」というのがあるので、多分それだと思います。

 名前が分かってスッキリしました!
 リーリーさん何処で撮ったんでしょね?次にバリに行けたら、自然に育っている「クジャク・ヤシ」と会ってみたいなあ♪


 
 やっとブログを再開できました!

 ハードディスクがヘソを曲げました。
 サポートセンターのお兄さんは、修理の受け入れは新年から・・・って!

 でもその日のうちに工場へ発送。
 もと、大手の運送会社にいた僕は、年末年始の会社の状況は担当ドライバーが一番把握しているのを知っています。

 一月中に修理が完了すれば、まあいいか!って思っていたんですよ。
 何と年内に修理を終えて帰ってきました♪
 やるじゃないか!マウス・コンピューター。

 でも、サポセンの言うことと現場の実際が、もう少し近いといいな!

 新聞もラジオもない、テレビもPCで見ている僕は一週間、世間のことは何~~~んも知らんかった。笑

 「キム・ジョンウィル、生き返ったのも知らんの!」
 ツインにからかわれました♪


TV.jpg














 わーい!見れた!


 
 レバ刺しで死亡する人より、お餅を詰まらせて死亡する人のほうが圧倒的に多いんだから、レバ刺しを禁止にするなら、お餅を販売禁止にすべきだ。

 という意見を聞いて、なんて頭のいい、真っ直ぐな考えだろうと感動してしまいました。

 レバ刺しは、提供する側に100%の責任があり、
 お餅は、食べる側に100%の責任があるのかな?

 お餅でも、老人施設などでの事故の責任は、施設が負わされることになります。
 施設が危険を考えて、小さくちぎって食べてもらっても、「それでは餅食った気にならない」って口の中で溜めて大きくして咽をつまらせて死亡するケース、は結構あります。これも施設の責任になります。

 ったく迷惑な!(そんなこと言ってはいけません!)「死んでもワシの責任」って一筆書いてからやって頂きたいです・・・

 まー、お客さんにたいする責任、預かった人に対する責任、基本的には分かるんですよ・・・

 日本は法治国家ですからね。安全は守られ、保障されている。
 でも自分の命は自分で守る、(と言ってもアメリカみたいな銃社会のことではありませんよ)のは基本。

 自分の安全が人任せ過ぎませんか?何か事故が起きたとき、どこかに責任者がいて、誰かが責任を取ってくれる。いつも安全。危険はない。その危機意識のなさが危うい時代を生んでいるのでは・・・

 あえて言えば、危険に近づいて危険を知ることで、安全への距離感が作られると思います。

 都内では電磁調理器の普及で火を知らない子が増えています。

 危険だと小刀を与えられなかった子ども達は、鉛筆が削れません。ナイフを使うと怪我をします。

 除菌!除菌!で幼児期に菌から隔離された子は、アレルギー症状が起きやすくなります。

 安全に過保護に育てられた子どもは生きる力が弱くなります。

 衝突までの距離を感知して、ドライバーがブレーキを踏まなくても衝突の手前で停止する車が開発されています。ドライバーの運転能力は下がるばかりです。(ただし宇宙に飛び立ったとき、物体同士が衝突しないシステムは必要ですね)

 基本的に守られ過ぎていれば、危険を察知できません。バランスを崩す体験が身体のバランス感覚を作ります。周りの状況と自身の体感をしっかり感じていることが、心身の健康には必要です。

 日本は海に守られた島国で、お互いに顔色見ながら、自分は違うと思われないように周りに合わせて生きる人が多いように思います。

 長~~~~~い江戸時代、自分の考えを持ってはいけなかったし(そういう国の指導者が国を追われ、地上を去っています)、違うことを言ったら最低でも村八分になりましたからね。江戸時代は日本人の精神的DNAに強く影響を与えています。

 日本人は今でもワンカラーイズム、一つの方法、一つの法律があると、それ以外は考えないし、疑問を持ちずらい精神風土のようです。ですからレバ刺し禁止というただ一つの結論でなんとなく落ち着くのかな。(なんて回りくどいのよ!)

 いいんですか!何千万の(そんなに多いか!)レバ刺しファン!

 レバ刺し食べられなくなっちゃっても!

 (僕はレバ刺しもお肉も好きだけど、今は殆んど食べないから心配ないけど・・・)

 食べたい人は、1/何万の危険があることを知った上で、自分の責任で食べる。安全な店を嗅ぎ分ける嗅覚を身につける。
 お店も、中毒だしたら店をたたむ覚悟で出す。

 そのぐらいの緊張感が、生きることをシャッキっとさせるんだけどね!

 自分で決めて、自分で行動する。僕はそれがないと死んじゃう。

 法律で決められても、禁酒法みたいになるかもよ!



hinoe-23_20111222013229.jpg














 「昔は“レバ刺し”ってのがあったんだって!」


hinoe-22_20111222014222.jpg














 「良くそんな危険なの食べてたね」




 なんてね!




 
 みなさん人生にこだわるけど

 自分の人生にこだわらないと 楽だよう




 禅の問答

 「一本の竹を切った切り口にしか居場所がない さあ!どうする?」

 その竹の上に立って 世界を動かす

 その竹と一緒に宇宙を揺らしている

 「一本の手だけでたたく さあ!どうだ!」
 (普通、両手でたたくと音がでますが)

 答えがあるわけではない

 自分があれば 答えられる

 自分の発想でよい

 夢の解釈と同じ




 非難しないのが一体感

 非難したら一体感にならないじゃないですか

 一体感にならないでいる人は

 自分が宇宙を動かしている責任者だと思っていない

 何かあったら俺が責任をとると思っていない

 悩んでいる人は

 人が悪い

 自分が悪い

 誰かが悪い

 何かが悪いと思う




 わたしは夜公園に歩きに行きます

 「夜の公園には不審者がいるので充分気をつけてください」

 などと入り口に立て札が立っている

 もし不審者に出合ったら

 「何かお困りじゃないですか?」

 「わたしで良ければ お助けしますよ」

 何か話しかける

 「星空がきれいですね」

 一体感になるから わたしには何もしない

 (悔しまぎれに地面に石を叩きつけるかもしれないが)

 「お元気でね」

 人生おもしろいんだよ




 わたしは来月78歳になります

 正月はスキーに行きます

 何処でも何となく滑って下りてきます

 進入禁止のリフトの下とかも・・・

 いま膝が痛いので それまでに治すつもりです

 膝が痛い・・・

 どんな感じかな・・・

 って観じて治してるんですよ

 どんな感じかな・・・

 自分と出会う

 宇宙との一体感

 それが瞑想

 わたしはここに居ます

 どんな感じかな・・・

 神といっしょに居る

 自分といっしょに居る




 人を見ているときに

 自分を(自分の内側を)見て感じる

 この人キレイだな と感じているのは 愛

 (人を見て)キレイだなと感じているとき

 自分の心を感じている(自分の内側のキレイを見ている)







 瞑想会の日、久しぶりにHeyさんと会って午後の講座も受講しました。
 午後の講座は「人間とは何か」



 人生は自分の選択とその体験

 人間とは永遠を生きている生命

 生命 = 意識 = 存在感 = 創る働き

 「自分は永遠を生きている素晴しい存在」と断言する = 創る働きが完全に働く(頑張る必要は全くない) 

 生命 = 無限 = 一体感 = 愛 = 神

 神 = 完全(完全の外は何もない、あったら完全ではない) = 広大無辺 = 充足感 = 豊かさ意識

 あがない

 生命と同調する

 優しさとは生命と調和していること




 罪人はいないことを前提に やってはいけないこと(未来に強く影響する)

 利己主義 = 自分は正しい

 人への非難、批判

 人を否定する

 善悪正邪の判定

 好き嫌い(あってもいい、強く持たない)




 勧められること

 信頼感

 優しさ = 正義
 (自分を正しいと思うことではなく、優しさが正義だということ)

 忍耐 = 人のことを理解しようとしつづける、人と自分を許す

 辛抱 = 支えつづける (支えつづけることが、魂に評価される)

 希望 = 希望のエネルギーは凄い (人間・命を明るく照らす)




 わたし達は永遠を生きている “一つ”

 可愛い赤ちゃんみたいに 存在に祝福を感じている



abocad-c.jpg














 18日00時06分 発見!芽が出てる!! 


 


 
 
fuyugosi-02b_20111217225657.jpg














 名前の分からなかったバリの花、分かりました!



fuyugosi-02c.jpg














 アフリカン・チューリップ・ツリー、和名・カエンボク(火焔木) 
 
 写真お借りしました。株式会社 科学技術研究所(かぎけん)さんより。

 このお花でした!葉っぱもこれです!! 


 
 福生の仕事の帰り、よく立ち寄るケーキ屋さんのレジのおねえさん。
 二週続けて咳が辛そうで・・・

keiki2.jpg














 「肩甲骨の間にホカロン貼るといいよ」って先週、余計なお世話をしてきました。「治療師なんですが・・・」と一言添えるのが以外と大切のようです。



hokaron_20111217233425.jpg














 ピンクのところに貼ります。
 低温やけどしないようにユニフォームの裏とか、フリースの裏とかに・・・

 昨日寄ったら、咳が止まっていました♪

 「気持ち良くって楽になりました!お店のみんなに教えました」ってお礼言われちゃった!


keiki.jpg














 昨夜、頂きました♪
 左はマロンの何とかケーキ。右は有機りんごのタルト・タタン。
 両方始めて!

 うんまっっ!!!

 タルト・タタン、ちょっと苦味のあるりんごにクリームの相性ばつぐんだ!
 大人のアップルパイでした♪


 
 暖かいとはいえ流石に寒くなって、今週、寒さに弱い子達を部屋に入れてあげました。


fuyugosi-03.jpg














 クワズイモとベゴニア。


fuyugosi-01.jpg














 右から、セダップ・マラーム(チュベローズ)、中央がデュランタとパイナップル、左は名前の分からない木。


fuyugosi-02.jpg














 名前の分からない木は、プンゴセカンのアグン・ラカ・バンガローで拾った種が発芽したもの。


fuyugosi-02b_20111217225657.jpg













○ 
 田んぼの向こうの木。かなりの大木!!
 →印に花が!色しか分かりませんが、キレイな赤い色の大きな花が咲きます。日本では無理かな??


 光が当たらないけど、みんな春まで待っててね!



    
 
 今朝。

 と言っても、二度寝して目覚めたのは10時半くらい。笑

 目覚める前、ネバーランド(眠りと目覚めの中間の場所・私たちは最初に出合った世界がメモリーに書き込まれてしまうと、そこが唯一の世界だと思ってしまいますが、世界はもっと多様で不思議です)に少しいました。

 こちらに戻るときにプレゼントされた言葉は・・・

 「わたしは あなたの中に 何度でも 戻っていきます」

 その言葉は、とても穏やかで、安心できて、一人でに笑みが生まれる・・・
 制限のない、そのパワー・スポットと自分は一つなのだ・・・
 離れていても、何時でも、何度でも、そこに戻れるのだ・・・

 という目覚めだったのです。
 ありがとう!

 注 ・ わたし(僕)が、あなた(命)の中に戻る。でもいいし、
    わたし(命)が、あなた(僕)の中に戻る。の解釈でも可。

 こちらでは対極したり二つに分裂する事が、あちらでは巧妙に繋がっているようです。クラインの壺のように内側と外側がないのかな・・・




 普通、パワー・スポットに行くと言うと、パワーが貰える、元気になれる。果ては出世ができる、宝くじが当たると、ご利益が取り揃えてあるのがパワー・スポットのようです。

 本来、命は自らの力によって輝いています。
 本来、元の気と繋がっていれば元気です。
 基本、「私たちは足りないものは何もなく創られている」のですが、「自分は不足している」と思い込む癖があると、パワー・スポットは何かもらう所になってしまいます。

 パワー・スポットでは、足りないと思っているエネルギーを外から補うのではなく、自分の中心をパワー・スポットのウェーブと只シンクロさせてみてください。

 制限のマスターと呼ばれている地球人。制限とは曇りのようなもので、「本来の素っ晴らしい自分」が自分に届くのを妨げています。

 パワー・スポットの波動と自分の波動をシンクロさせると、自分の中から溢れ出るエネルギーで「制限された自分」という曇りが清め払われます。

 すると元の気と繋がり元気になります。
 命は自らの力によって輝くようになります。
 不足を外から補ったり、人から奪うことが少なくなります。
 少なくともそんなことが減っていきます。

 自分は足りないと思うかぎり、外からの補給が必要です。
 例えパワー・スポットに行っても、気づけば足りないのが、その癖です。
 パワー・スポットは自分の内部に置いて、一つになってしまうといい。
 
 僕たち一人ひとりは小さくても太陽と同じ存在です。
 恒星が自ら自転し、自ら輝くように、
 周りを明るく照らす、僕たちは何処にいても、自らがパワー・スポットです。



 
 
abocad.jpg














 アボカドの種。植物もパワーを持っています。お水をあげて発芽を応援しています♪もう3ヶ月くらいにはなるかなあ?



abocad-b.jpg














 根が先に出ます。まだ見えませんが割れ目の中心部に小さな芽があります。
 ガラスのビンに入っているので根が見えますが、普通は土の中なので見えません。
 ここでも目に見えない世界が先行しています。

 根(ルート)は先祖(ルーツ)に当たります。
 先祖を大切にすることと、根に水をあげることは似ています。
 どちらも目に見えない部分が元気であれば、地上(目に見える部分)は健やかに成長します。
 大きく育った植物は、闇に深く入り込んだ根をもっています。





 
 
8888.jpg














 早いときは2時間で帰ってこれる実家からの帰り道が・・・



8888b.jpg
















 実家を2時半に出て、まあ色々あったんですが、帰ったのは7時過ぎでした!
  
 渋滞の時間をイライラするのと、目的地に確実に近づいているのを楽しめる余裕、この相反する二つが自分にあるのを可笑しく思いました。

 天使たちも助けてくれていました。僕は時につけ天使の存在を感じます。車のナンバーの、333とか111なんて見ると、天使たちが

 「そばに居るよ!」

 って教えてくれてると感じます。この時もそんな助けが多くあり、時間の割りにアパートに着いたときも元気でした。



8888c.jpg














 8888の天使さんです!

 撮りましたよ~

 Hachiさんを想ってしまいましたよ♪

 応援してますよ~!!!^ ^


 
syukufuk-b.jpg














 先ほど、窓の光に誘われて、世界を祝福する呼吸と体操をしていました。



syukufuk.jpg

















 すると♪

 前を通ったワンちゃんとお散歩の女性から、ご挨拶がありました!

 とても♪
 
 嬉しいです!!^ ^


 
22:00
moon-a.jpg
















moon-b.jpg
















moon-c.jpg
















moon-e.jpg
















moon-f.jpg














23:06




 肉眼のほうが余程きれいに見えました。^ ^
 地球の影が丸くない!
 でも、携帯くん良く撮ってくれました。
 ありがとね♪


 あそこの影は、僕の影、君の影、地球の影、人類の影、この星の全ての命の影。
 どれだけ意見が対立していても、僕たちは一つだなあ・・・
 久しぶりに、星たちの運行のエネルギーを感じた・・・
 ありがと♪


 「来年はさらにサバイバルになりそう・・・」と魔女見習いが・・・
 宇宙から注がれている、大量のエネルギーは、人類にも、カエルにも、ミジンコにも、ウイルスにも無条件ですから。
 全員に進化のチャンスが訪れている!


 このエネルギーの流れに舟を浮かべ、楽しく流されて遊んでみよう!
 どこへ着くんだろ?・・・♪



“Memory”

 ちょっとやり過ぎたかな・・・





 
yuki.jpg














 朝起きたら!フロントに少し雪が!
 降ったんだ♪





 “今”が過去を変える・・・
 僕なりに考えてみました。

 多分、無限に選択できる未来があるように、過去も無限にあって、その選択の一つを選んだので、“今”の自分があるんだと思います。

 過去の選択、行った行為は変えられないのかな。
 でも、その意味づけは変えられる。

 過去、ある会社を選びました。上司にあたる女性がいました。この女性も僕が選んで出会っているわけです。僕はその会社では役に立たなかったので、その会社に居られないように、彼女に追い詰められていきました。

 僕は、毒蜘蛛の巣に捕まってしまった昆虫、のように自分を感じました。勿論、毒蜘蛛とは彼女のことです。当時、僕には家庭があり子どもも二人いて、辛くても働く必要がありました。

 追い詰められて失業。いろんな繋ぎ繋ぎの仕事をして生活しましたが、ギックリ腰になって仕事に行けなくなったベッドの中で、妻から後一ヶ月しか暮らせるお金がないと知らされました。しばらくしたら一家離散になり、僕はダンボールの家で暮らす覚悟をしていました。

 ところがです。今僕は、彼女に大変感謝しています。彼女がいてくれなければ、今でも同じ会社で働き、それは人生の墓場だったと思えるからです。彼女は救世主でした!!

 退社して、辛い時期を過ごしましたが、この時期に今に繋がる大きな変化がありました。

 本当に少ない稼ぎでしたが、毎月ギリギリ暮らせるピッタリの収入がありました。もうお金のことは考えなくていいのだと人生で初めて思いました。このことがあって神を実在として感じ始めることになります。

 今まで辞めさせられたと憎んでいた彼女を、感謝できるようになりました。
 これが過去の出来事は変わらないけれど、意味づけが変わるということですね。

 この瞬間、過去は変わります。過去の呪縛が溶かれることで違う“今”が現れます。
 “今”が変わることで、過去を引きずらない未来が創造されます。




 百人が同じ体験(これも無いでしょうが)をしても、百通りの意味づけが起きることでしょう。
 ある体験がAという人には苦しい体験だったとしても、Bという人は同じ体験をしてもワクワク感じるかも知れません。
 少し違いますが、ある人の過去の体験の意味づけがAからBに変わったとき、その人の過去は書き変わり、それに伴い、“今も未来”も変わります。

 僕は平行現実と思っていますが、過去 ー 今 ー 未来 が個人としても人類としても、たくさん積み重なっている。それぞれの魂の波動のレベルによって、しっくりくる現実とシンクロしている。波動のレベルが変わると平行する同じ現実の他の位相にジャンプが起こると思っています。

 波動は過去にも未来にも繋がっている。
 過去も未来も“今”にしかないとも言えるのでしょうか。


PS
 実はこのあと、僕の人生には離婚が待っていて! ますます人生は面白くなっていきました!!(当時は辛く大変でしたが・・・)




ussy.jpg














 誰かのブログにウッシーという猫の名前がありました。
 この子もUssyですね。

 車で帰ってくると、いつもお出迎えしてくれます♪
 隣の印刷所さんの塀の下に住んでいます。
 ちょっと不細工(失礼)ですが、可愛い♪^ ^


 
asa-07.jpg














 最初に部屋に差し込む光!(12月4日7時45分ころ) 
 数分で前の建物の陰になってしまいます。



asa-07b.jpg














 駅近く。本当に光がキレイ!!



asa-07c.jpg














 この電車に乗って瞑想会へ向かいます。






 かつて 生まれた人

 今 生まれている人

 これから 生まれてくる人 

 みなさんに ご挨拶いたします

 宇宙は意識という波動だから

 過去の人の波動も

 未来の人の波動もここにある

 今 ここで それを観じてしまう




 ネットで問い合わせのある人の相談、を受けておられる方の質問。
 「相談の件数を売り上げとして受けとっています。最近、問い合わせが少なく困っている。PCを離れるわけにもいかず、どのように時間をすごせばいいか?」

 今! 素晴しい体験をしている と思う

 困ったなあ と思うと 困った体験をする

 今! 愛でいっぱいという波動を わたしを通して通過させている

 今していることが ワンランクUpすることになる




 波動は過去にも 未来にも行く

 人生の過去を変えることになる

 過去も平和になる

 すると未来もみんな平和になる

 スピリチュアルというのは 愛

 時間と空間がない

 だから過去が変わる




 人びとに 自分のいいものをいっぱい差し上げる

 その人の勝ちだね

 

 
 電車の中でも仕事をする

 ピアニストならピアノを弾く(勿論イメージで)

 すると宇宙と一つになってしまう




 愛は勝手に出ていく

 なんとかしようとすると 愛ではなくなる

 考えているときは 愛ではない




 滝に打たれているときは 何も考えられない

 冬の滝行なんて寒くて 寒さだけを感じている

 ものすごい水量だし

 寒い!! 寒い!! 寒い!! 寒い!! としっかり感じていないと

 倒れて死んじゃう

 ただ寒さを感じている

 考えてる暇はない




 やってと言うと 皆さん真面目にやるんですねえ

 皆さん一生懸命になる

 不真面目にやるんですよ

 愛はふざけている 楽しむ

 人生 面白がるといい

 瞑想も 真面目にやらないんですよ

 ふざけて

 ふざけてと言うか 面白がってやる

 ワクワク♪

 身体を喜ばせる

 嬉しいね~

 ワー! 凄いねー!!

 宇宙を動かしている感じかな・・・




 嫌な人を嫌だなあと感じるのは 愛

 皆さん人を見ている(と思っているときも本当は)自分を見ている

 自分が嫌な人を選択している

 その人を何とかしようとしないで

 その人から離れる




 可愛そうな人をみると 助けたくなるけれど

 可愛そうな人なんて どーーっこにもいません

 可愛そうな人(可愛そうと感じる体験)を選択しているだけ

 その選択を変えれば その人は変わる

 可愛そうな人はいない と言うことを前提に

 困っている人を助けるのが 愛です

 目の悪い人の目になる






 今朝、起きたときは「暖かいなあ・・・」と感じたので、Tシャツに薄いフリースで出かけたのですが、外は以外と寒く・・・

asa-07d.jpg














 高田馬場を降りると、凄く冷たい強風にフードを被って歩くことに・・・



asa-07e.jpg














 馬場口の信号の横に「コリアン・バール」という見慣れぬお店を発見!

 「なにか暖かいのある?」と入ってみました。メニューの黒豆ラテを頼もうとしたら、「今日はない」って。似たかんじの鳩麦ラテにしてみました。

 上に鳩麦の挽いたのが浮いてて、ラテ以外に温かい麦茶のようなのとクッキーが4枚ついて¥280- 美味しく温まり元気がでて残りを歩けました♪



 
 
tamura-06_20111202202242.jpg














 12月になってようやく紅葉が平野に下りてきました。
 



tamura-06b.jpg














 昨夜の冷え込みで一気に赤みを増した楓が、塀のすき間から見えています。



tamura-06c.jpg














 最近、何気ないものが綺麗に見えるんですが、もうこれは何気なくでなくキレイ・・・

 水や大地、光や季節の、そして植物の妖精たちの傑作!!!



tamura-06d.jpg














 今日(12/2)仕事でうかがった福生の造り酒屋さん。




 お願いしておいた、“舟搾り”がそろそろ出来上がるころ♪
 これは店頭販売していないんだな!
 土佐の“南”も大好きだが、これも旨あ~~い!


 今度持ってきますよ!♪