魂のワークブック

何だろう?私と世界にプレゼントしたいもの♪

 
 今日(昨日)は予報では一日曇り。所によっては雨もパラつく空模様でした。
 ところが10時過ぎたら、お日様が出てきて♪ やったーー!!
 飯能川原のお散歩&「櫟庵(くぬぎあん)」さんでお昼しようと思っていたのです。

 ところが「櫟庵」さんの駐車場にはロープが掛かっているんじゃない?!
 12月1日まで臨時休業だとさ・・・

 奥の駐車場にある小さなガラス屋さんの方が、「車がやってきては皆さん、Uターンなさっていました。すみません」って、「櫟庵」の人じゃないのにね!なんていい人なんだ♪

 そこで、空いたお腹をかかえてHOT・POTさんへ向かいました。



hot-10.jpg














 HOT・POTさん。いつもはテラスかテラス越しに林の見える席にするんですが、今日はストーブのある奥の部屋へ。薪ストーブが燃えていてホノボノした暖かさ♪

 おっ!変わってる!カウンターがありました!!



hot-10b.jpg














 お部屋の中に窓があるのいいですね!
 この場所には、テーブルと薪ストーブがあったそうです。



hot-10c.jpg














 「この窓わくを譲ってもらって、周りを作ってしまったのよ。周りの材料はみんなカインズホームだけど!」と笑う奥さん。



hot-10d.jpg














 お店は土台だけ大工さんにやってもらって、後はみんな旦那さんの手造り。
 旦那さんは設計図なしで、どんどん造ってしまうそうです!



hot-10e.jpg














 インテリアや小物は奥さんかな・・・?
 でも旦那さんがイギリスへ行って、カントリー風のこんなお店を作りたくなったので、お二人の好みでしょうか?

 鉱山(隣で石炭掘ってるんですよ)の持ち物で、宿舎のアパートも一緒が条件で、こんなバラック?のようなところで大丈夫?って思ったそうです。

 ハートに描いた未来を決意したことで、今のこんなにステキなHOT・POTさんがあるんですから。やはり凄いと思います。

 大枠だけ決めたら(そこはグラグラさせないで)、楽観して進んでいくと、人生は不思議な力が働いて変わるようです。
 


hot-10g.jpg














 親戚から毎朝届けられる、無農薬の野菜を使ったランチと、新鮮な地卵のチーズ・ケーキ。フレッシュで美味しく大満足でした♪




 むすめから連絡があり、3時ころアパートで合流することになりました。

nob-06.jpg
















 3日前(今日からだと)孫のゆうがおでこを切って4針縫ったそうです!
 痛かったね!まあ大事に至らなくて良かった・・・
 隣の印刷所のFさんからは差し入れがあり、テーブルには山盛りのお菓子が♪ありがとうございます!

 写真には写っていませんが、しんとゆうと3人でネコ語で遊びました♪

 ウンニャア~~ ニャゴニャゴ~ フゴ~フゴ ニャニャニャ~

 凄く、孫たちは楽しかったらしく、しんは疲れて寝てしまいました!






 
 御嶽神社の「嶽」の字

mitake-23_20111127204019.jpg







 の間に言葉。 上に
 犭は犬の変化したもの。けもの+犬→狼
 神使の白狼の言申す山・・・

mitake-14.jpg














 為るほど、ちゃんと文字の中に意味が込められているんですね。



mitake-16c.jpg









 そしてお社の前の二匹の山犬。
 お参りする前に「言葉」を唱えてくれている。




mitake-08b.jpg












 山門の“あ形”と“ん形”の山犬の唱える言葉は、二匹合わせて“聖音”の「オーム」です。

 「オーム」という言葉はある宗教団体によって誤解が生じてしまいましたが、鎮魂帰神の重要なマントラです。

 神社にお参りにいくと皆さんお願いをされるのですが、殆んどの方は、自分の外側にいる神に対してお願いをなさっていると思います。

 本来、神社のお社は自分の身体を意味しています。
 祭られている神を、自身の中にある存在として意識しないと、どこまで求めたとしても神と出合うことはありません。

 神と出合うには魂を鎮め(リラックスし)、自身の心の扉を開き(不安を手放し、素直になり)、中に入っていく必要があります。参拝とは古来からこのことを示している大切なシステムといえます。

 山門の狛犬が、これから神に向かう前の魂を鎮めるマントラ、を教えてくれています。

 “あ形”は口を開けて発する音。
 “ん形”は口を閉じて発する、というか発しない音です。

 神社に参拝するとは、さまよった心を聖音でリセットして、自らの神に聴くという行為です。

 A~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~m~~~

 U~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~m~~~

 O~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~m~~~

 Wa~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~m~~~

 A~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~Um~~~

 O~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~Um~~~

 色々な聖音。どれでも可。

 しっくりくればワンワンでもいいし、ニャンニャンでも良いわけです。

 神の言葉を聴く。これは瞑想と呼ばれているものです。
 神様は普通「〇〇さん、実はね!」なんて言葉はかけてくれませんので。
念のため♪ 
 神様は余り真面目なのは好きではなく、結構とぼけているそうですよ!
 
 以上のことは、お寺と仏様に関しても全く同じです。
 お寺には狛犬はいませんが、仁王様がおいでになります。




 
mitake-00.jpg














 足腰が弱っているのを実感してから、意識して歩くことにしています。今日は選んだ三つのコースの中から御岳を歩くことになりました!



mitake-01.jpg














 僕は朝から何も食べてなかったので、まずは腹ごしらえ!
 御嶽の一つ手前、沢井の澤乃井酒造で1時近いブランチ。

 食事は、つり橋の川べり(最初の写真)のガーデンで。オープン・スペースで気持ちがいいです!売店は駅蕎麦風ですが、ここの湯葉入り蕎麦は侮れない美味しさです!おでん、味噌田楽、甘酒も忘れずに♪



mitake-04.jpg














 このケーブルカーで標高差400mを一気に登ります。約6分で中腹の御岳山駅(831m)到着。頂上(929m)へ向かいます。ケーブルカーはPASMO、可でした。ペット同乗もOK!



mitake-06.jpg














 入間から御嶽に着いたら寒かったのが、ケーブルカー降りたらもっともっと寒い!!手袋やマフラーが欲しかった・・・ 山歩きの人たちは冬仕様でした!

 中央のピラミッド風の山は何山か不明?その左のこんもりしている所を目指します。



mitake-10.jpg














 最後のほうの登りはキツイ!キツイ!!撮影を理由にすぐに休憩♪
 でも天気は良く、紅葉が綺麗・・・


mitake-12.jpg














 いよいよ御嶽神社のすぐ下。奥殿の屋根から日の光が射します。
 ハレーションの中に見えるのは、オーブ??



mitake-14.jpg














 社殿に到着!参拝しました。



mitake-15.jpg














 迫力の狛犬!かっこよくないですか?
 どうやら犬ではなく、狼のようです。

 東征のおり、道に迷った日本武尊(やまとたけるのみこと) を、白狼が現れて助けたのだそうです。この白狼を神使として祭ってあります。




mitake-18.jpg














 空が近い・・・
 誰かのブログに「日本のマチュピチュ」って書いてあったっけ・・・




mitake-07.jpg














 中腹のあちこちに宿坊があります。場所によっては滝行の指導も!ちょっと興味アリ♪




mitake-08.jpg














 ウインドウには、こんな狛犬が・・・と思ったんですが、これも狼だったんだ!
 参道にはみやげ物や兼、お食事処が並び、江ノ島そっくりで嬉しかったです♪

 寒くておしるこを頂きました。亀屋さんというお店。「家はあずきから煮てる」って本当に美味しかったです!色々お話したら帰りにお杓文字、「ご縁だから持って帰りなさい」って。ありがたいです!^ ^



mitake-21.jpg














 抱っこされて参拝のワンちゃんや、この真っ白の美人の子がお参りするのも、この神社だからなのですね。そう言えば、口と手を清めるところには、犬用のひしゃくが置いてありましたよ♪^ ^



mitake-22.jpg














 関東平野が望めます。すぐ近くに埼玉副都心や大宮などが見えました。



 
 “妖精の粉”は物ではないので、僕らが普通に暮らしている世界にはありません。

 “妖精の粉”がある妖精の谷「ピクシー・ホロウ」はネバーランドにあるので、ネバーランドに行かなければ“妖精の粉”は手に入らないのです。

 ではネバーランドにはどのように行けばいいのでしょう?




 ピーターはまばたきをして、

 「ティンク?」

 彼女はほほえんだ。

 「あれをいって、ピーター。あれをいってみて、ほんとうにそのつもりで」

 ピーターも微笑んだ。

 「ぼくは妖精の存在を信じるよ」

 体内で灯がともったように、ティンクの全身がぽっと明るくなった。顔が輝きを発した。

 「眠りと目ざめの中間の場所ってわかる?いま見ている夢がまだ記憶に残っている場所よ?そこであたし、これからもずっとあなたのこと想ってるわ、ピーター・パン。

 あなたが帰ってくる日をそこで待っているわ」



tink-09.jpg



















 ネバーランドの入り口は「眠りと目ざめの中間の場所」です

 このティンカーベルと出合える狭間の世界は、意識と無意識が情報を交換する、とても大切な場所です。昔からシャーマンたちが出はいりしていた夢見の場所です。

 その場所はこちらの次元の性質はありません。時間、大きさ、形がない。あるように感じても実際にはありません。そこで見たり感じたりするものに、取りあえず合わせるか、こちらで勝手に決め込んで世界を作るかです。

 “妖精の粉”を使う最も簡単な方法は、ティンカーベルを呼んで、使いたい場所を指定して撒いてもらうことです。別にティンクでなくとも、あなたの信じるあなたと縁の深い妖精で大丈夫です。

 現実ではない現実を、現実のように使う現実には慣れとイメージ力が大切になります。

 僕たちが慣れ親しんでいる現実とは、レイヤーが少しずれていますので、そのレイヤーでの作業になります。

 (僕は肉体派なので遠隔はあまり好みません)身体に触れ、肉体を「透して」行うときは、A.T.フィールドを中和するような、力は使いません。

 そして治療などで使うときには、現実のお客さんの身体ではなく、そのお客さんから少しずれたレイヤーの身体(上手く説明できませんが、同じ?空間?に位相の違う別の身体がある感じ・・・そこも現実なのですが・・・)に対しての作業(“妖精の粉”の他、アイテムは色々あります)になる訳です。

 全く違う表現ですが、お客さんを眠りと目ざめの中間の場所に連れていく。と言ったら分かりやすいですか?

 勿論、肉体に対しての普通のアプローチもしますが、“妖精の粉”(他)で、肉体に対する普通のアプローチでは考えられない結果が起こることがあります。

 仕組みはよく分かりませんが、多分ものすごく単純で、考えの及ばないことなのだと思っています。楽しく遊ぶ♪歓ぶ♪に近いようです。

 楽しく遊ぶ♪歓ぶ♪って、考えて、仕組みが分かってしますか?
 楽しく遊ぶ♪歓ぶ♪は命の特性そのものではないのかな?





 
 
 
 前回、飯能発8時台のバスに乗ろうとしたところ、満員で乗れませんでした。
 そこで今回は6時台(始発です。7時近くですが)のバスにしてみました♪
 さすがに5~6人の乗車。でも千葉からだという青年もいてビックリ!
 やはり前回遅くなって失敗したとのことでした!


hosoda-13.jpg














 「かえるのおやつ」さん。

 お散歩マーケットのコース最終地点、細田地区には8時ころ到着!
 (お散歩マーケット関連サイト「うらーほうは 上分 だ!」) 



hosoda-30.jpg














 楽しみにしている、「あかね屋」さんのカレーやケーキ、それにベーコンがのんびりしてると無くなってしまうからです。到着したとき、ご主人のしげちゃんはスタート地点の受付に出かけるところでした。



hosoda-14.jpg














 「あかね屋」さんは仕込みの最中でした。お手伝いの皆さんも集まってきます。



hosoda-16.jpg














 忙しいみんなを尻目にのんびりと・・・
 ギンジ、大切にされて色艶がよいです!



hosoda-17.jpg














 ポコも登場。富士で拾われた二匹を育てていただいた「あかね屋」さん、感謝!!



hosoda-21.jpg














 あかねさんの絵や・・・



hosoda-31.jpg














 しげちゃんの彫刻も販売。このピアノの下には・・・



hosoda-32.jpg














 前回、最後のワンピースだったケーキが、手付かずで♪^ ^



hosoda-20.jpg














 輝く朝日が差し込んできました・・・



hosoda-25.jpg














 アッと言う間に、山の上の日差しは夏のようになりました! 



hosoda-29.jpg














 僕たちが最初のお客さん♪





 早起きしたのと、お腹が一杯になったので、このままでは寝てしまいそう・・・



hosoda-35.jpg














 寝ないうちに、スタート地点へ向けて逆向きに山道を歩きます。



hosoda-37.jpg














 石神様のいる穴の作。下から次々に登ってくる人たち。



hosoda-38.jpg














 この谷をあちこち見ながら下っていきます・・・
 全コースで4キロほどの山道です。


hosoda-40.jpg














 午後のお茶のケーキなどのお買い物もすみ、最後にバス停近くのゆず茶をいただいて、マノクロザス(間野・黒指)を後にしたのはお昼ころでした。

 しあわせ! 本当に気持ちがいい・・・♪


 



 
 「赤ちゃんが最初に笑ったとき、妖精が一人生まれるのよ!」

tink-01.jpg















 そうか・・・ すごく分かるなあ!



 ティンカー・ベルと繋がりがある話だったので、調べてみました。
 
 人間の赤ちゃんが初めて笑う時に、妖精は生まれる。
 その妖精の「種」がネバーランドの奥にある、妖精の谷「ピクシー・ホロウ」に辿り着き、新しく産まれた妖精の名前がティンカー・ベルだったということです。

tink-05.jpg














 今日、仕事の帰りにTSUTAYAに寄り、

tink-06.jpg














 レンタルしてしまいました♪

tink-07.jpg














 写真は5枚とも「ティンカー・ベル と月の石」(本編ではなく)からお借りしたものです。 

tink-08.jpg















 大切なものは心の中にあるんだよ!

 自然は、どうやって輝きを手に入れているのでしょう。

 妖精の粉(光の粉)がないと、妖精は飛べません。

 「ピクシー・ホロウ」には“妖精の粉の木”があり、そこで妖精の粉は作られます。

 今年も霜の降りる前にきらめく青い月が昇る。この光は失くしたものを捜す道を照らしてくれるかも知れません。

 青い満月が一番高く昇ったとき、光が月の石を通り、青い妖精の粉になる。

 青い妖精の粉は妖精の粉より力があり、これが“妖精の粉の木”に新たな命を吹き込みます。

 以上、セリフより。



 人間の赤ちゃんが最初に笑ったとき、妖精は生まれ、「妖精なんていない!」と言われる度に、妖精が一人づつ消えていきます。

 妖精たちを元気にしたい人は、「君達の存在を信じるよ!」って拍手を送ってください。

 本気でね!!!


 
 毎朝、寝坊をしない限り、窓を開けて世界を祝福する呼吸と体操をしています。

 今朝はとても嬉しいことがありました!

 体操と呼吸をしていたら、近所で赤ちゃんが笑ったのです!

 赤ちゃん独特の笑い声 (ちょうど聞こえてきたのは、こんな声。お借りしました)なんですが、これは祝福そのもの!

 札束を積んでも買えない物の一つです。

 今日は、祝福がすぐに返ってきました♪

 ありがと!❤




kensin-01_20111111214906.jpg
















 笑っている子どもは天使そのもの♪ 悪魔にもすぐに変身しますが!^ ^
 天使と悪魔は同じものなので、仕方ないねえ・・・

 現象的には同じとは言えませんが、天使のおしりから先が槍になった尻尾が生えたのが、悪魔ちゃんです!




 
 (具合が悪いときなど)本人が治る(治すではなく)という選択をすると

 (その人を中心に)宇宙はそのように動いていく

 (わたし福田は)皆さんの健康のために生きるぞーー!!!

 という選択をしているので わたしは健康になる

 人生面白い 悩まない




瞑想

 自分はいったい何だ・・・ という体験をする

 瞑想は一体感

 宇宙との一体感ですよ

 神との一体感ですよ

 もう一つ言うと 自分との一体感ですよ

 一体感?

 どんな感じかな・・・ ですよ

 静けさ・・・

 聖なるの聖(せい)は 静(せい)のことですよ

 サーイレン(t)ナーィ ホーリィナーィ

 (実際に歌ってみて)あれ~! 歌では静けさのほうが先ですね~

 神はじぶんと共に仕事をしている




座り方
  
yumi-75.jpg














手、写ってるし・・・



 座布団を二枚

 一枚は畳んだり 丸めたりして お尻に当てる(写真では赤い座布団) 

 座布団には恥骨を当てる

 お尻を突き出す

 座布団を当ててお尻を上げるのは 膝を守るため

 悟りを啓いても 膝を痛めたお坊さんは大勢います

 座る場所を讃える 座布団を誉めている

 素晴しい座布団!

 座っているときに この座布団の上で素晴しいことが起きているんだ!

 誉める人は 誉められる



 (身体が)浮いている

 自分で自分を浮かせている感じ

 目は瞑っていても 半眼でもよい

 (瞑っていても 眼球・視線を少し上に向けておく)

 このとき目の前に光を感じる(チャクラの光)



 心がさまよったら唱音(聖音)を唱える

 A~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~m~~~

 U~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~m~~~

 O~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~m~~~

 Wa~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~m~~~

 A~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~Um~~~

 O~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~Um~~~

 と言いながら(どれでも可)

 どんな感じかな・・・ と音と一つになって

 さまよった心を元に戻す




 (福田式の瞑想では)呼吸を意識する

 自分の自然な呼吸を 速くても 浅くても 考えずに意識する

 考えているときは どんな感じかな・・・ になっていない 



 人生は素晴しい!

 素晴しい体験をしているんだ!

 神に頼むとき 愛に頼むときは さっさと感謝してしまう



PS

 (瞑想時)自分の自然な呼吸を意識しているのだが 吸ったあと次の吐くまでの間 息をしていない時間が少し出来る

 吐いて次に吸うまでの間 息をしていない時間が少し出来る

 息を吸う 間 息を吐く 間 息を吸う 間 息を吐く 間 息を吸う 

 この間がだんだん長くなっていく

 吸う  吐く   吸う     吐く      吸う        吐く

 吸う         吐く           吸う            吐く

 吸う                吐く                  吸う

 吸う                         吐く

 吸う                                      吐く 

 呼吸を殆んどしなくなる