魂のワークブック

何だろう?私と世界にプレゼントしたいもの♪

 
 今日(4/24)は久しぶりに何も入っていない日曜日!
 やっと春らしさを実感していますが、アパートのベランダにはまだ春が来ていない。
 冬支度のままの植物や、冬の間に枯れかけていた子の救出、何年も植え替えしていないので根づまりしている子たち(ゴメンネ!)、Kさんにあげることになっているベゴニアの挿し芽、それに念願のチュベローズの球根を植え付けました!

 昨日から降ったり、晴れたり、昨夜は大風!今日は午前から晴れあがり、気持ちがいい~~♪ポカポカの日差しに汗がジットリ滲みました。

 土いじりしている時に、N先生から面白過ぎるお話の電話あり♪それはまた別の機会に・・・

 夕飯にツインが何か持ってきてくれると言うので、急いでむすめとモモちゃん(息子のお嫁さん)にスギ花粉茶を届けに。二人(息子はヒノキ持っているのかな?)とも反応が出てしまう、ヒノキを今回はブレンドしてあります。むすめの夫の目(まぶた)からは凄いタイミングで出血が!点眼に良いと超意識で出ますので、ヒマシ油も届けます。

 入間から飯能へ向かいますが、バケツをひっくり返したような土砂降り!
 入間川を越えたあたりから、道路はもう濡れていませんでした!息子のとこに近づくと、正面の飯能の山並みは雲の切れ間に黄金色の光が射していました!美しい・・・

 部屋に入ると、いい感じにサロンに変身!オープンのお祝いのエプロンも見れてご機嫌♪
 余りゆっくりと話ができず、sou-sou に退場。

 帰り道、元加治の上橋では虹が掛かっていました!
 天からのプレゼント・・・
 ありがとう♪




niji.jpg














 いろいろな天体ショーが体験できた週末でした♪



 
 本日お昼ころ、手紙を書きましたリバース東京の渡邉社長からお電話がありました!
 嬉しかったです♪
 渡邉社長は震災後、自らドラム缶を車に積んで社員と共に被災地に行かれ、サービスを提供された方です。


 「社内でも被災地に何か出来ないかという考えはあり、行きたいというトレーナーが出て来て具体的な動きが出てくれば、是非協力していただきたい・・・」
 という事でした。

 
 午後の仕事の少し前、6F→1Fへ移動してベッドのセッティングなど忙しい時間だったので、5分程しかお話出来ませんでしたが、手紙を書いたことで直接お話が出来た!

 具体的な動きが出てくるといいなあ♪ ^ ^
 
 ツインがやって来て「日本の復興計画が出来たよ!」って?

daiit-02i.jpg














 ピンク色が福島第一から50K圏内




 「原発から50K圏内は、30年東電が借り上げる。直径40Kの太陽光パネルを設置。他に使いようがない。作物は作れない。売れない。一次産業は全滅。(スミマセン勝手に決めまして・・・)50K圏内の周辺にはドーナツ状にエネルギー産業の会社を誘致して、仕事のなくなった方(強制ではありません)に働いてもらう。

 あらゆる家の屋根、工場の屋根に太陽光発電のパネルを乗せる。京セラなどのメーカーで大量に作ることで日本の産業の復興を図る。パネルは東電がレンタルする。パネルのレンタル料は発電することで東電に払うので電気代はほぼ無料になる。

 さらに電気自動車を普及させ(三菱から170万くらいの廉価版が発売になるらしい)、電気を車に蓄電する。夜間の電力はこの車のバッテリーと既存の火力などを使う。

 このシステム全体を国策として国が強力に推し進める。

 復興の資金は増税に頼らずにお札を刷る。国債発行してもお札を刷ることとあまり違いはない。だいたい津波で多くのお金は流されてしまった。被災者に新札をどんどん渡す。インクと紙さえあればお札などいくらでも作れる。必ず円安になり日本に有利に働く。震災で窮地にたっている日本を円高にして、利ざやを稼ごうとしている国外、国内の金融投機筋にギャフンと言わせる。円が安くなったところで買い戻せば日本の利益になる。」



 細かい詰めは必要として、いいアイディアだと思いました!
 みんな元の生活に戻りたいのですが、変わらないものは何もないのが真理です。

 世界が大きく変わろうとしている今。今回の災難を逆手にとって日本がお手本を示せることになりませんか?それが新しい世界標準になる。 宇宙からもこの太陽光パネルはキラキラ輝いて見えるでしょうね♪

 今回の原発がらみの地震と津波は、原発や石油エネルギーから自然エネルギーへ移行せよというメッセージでしょうね。

 太陽光発電だけではなく、風力(補助金ねらいの風力は失敗に終わったところも多いようですが)、きちんと場所を調査すれば有望ですし、地熱発電が多いアイスランドの発電機は日本製だそうです。日本の周りは海流だらけです。この海流上の二点間(海流に対して直角)に回転軸を設置して水車を取り付ければ、無尽蔵ともいえるエネルギーが取り出せます。風が吹かなかったり、雨で太陽が出なかったりという不安定さがない利点があります。風の谷のナウシカの海洋版と言ったところです。今のところどこにも無いと思いますが、小規模なものなら10年もあれば実用化できるでしょう。

 この海流発電、上手に魚網をセッティングすればお魚も捕れます! ^ ^;

 津波で海水が混じって(地盤沈下で海水になってしまった場所は無理ですが)しまった水田などは蓮を植えるといいでしょう。蓮はものすごい浄化能力があります。海水がある程度混じったところでも、蓮が自分で根をはっていく力に任せることが大切です。一定期間必要でしょうが、いずれお米の作付けが出来るようになることでしょう。

 海に没してしまった海岸には、日本に自生するハイビスカスであるハマボウを植えてみたらどうでしょうか?とてもキレイな花ですよ!蓮にしろハマボウにしろ旅立った魂の慰霊にもなると思います。



hamabou.jpg













 ハマボウの花、キレイでしょう♪暖地のものですが、埼玉では露地OKです。
雪にも耐えてくれました。温暖化してくれば東北でも大丈夫だと思うのですが?



 
daiiti.jpg

















 瞑想会でよくご一緒するクリスチャンの方からメールがきました。

 「・・・先日、感謝念仏の会に参加して・・・ある方が念仏終えてから、私は福島原発にいままで電気をありがとう~もう大丈夫だよ・・・と念仏されたそうです。
胸打たれました。」

 昨日、ランチを食べに行った “きまぐれや”さんのシェフも同じことを
 「原発で作られた電気で生活している。原発は我々の一部だということを思い起こす必要が・・・」

 原発が悪いわけではありません。石油と電気に頼り、エネルギーを考えもなく使いまくっていた我々が文明病だったという事です。

 原子力発電は安全!安全!といって世界中に作られ原発の数・・・どの位あると思いますか?
 IAEAによると、2010年1月現在で世界で稼働中の原子炉は437基にのぼるそうです。原発は安全!100年に一回しか事故は起きない。と建設当初は言われていました。みんなこのトリックに騙されてしまうのですが、100基可動していれば毎年一回はどこかで事故が起きることに成ります。

 実は安全ではない事が日本でも証明されてしまった訳です。イスカンダルに行く宇宙船があるわけでもなく、一度でも事故が起きれば、コスト的にもまったく割に合わないことを僕たちは今、身体で体験しています。

 原子力発電は完成された技術ではありません。六ヶ所村で最終処理される高濃度廃棄物は、ガラスの中に溶け込ませて容器に密封したうえで地下深く埋められることになっているのですが、実は密封できないのが現実です。密封すると発熱してしまうため、空気を循環させ、その空気は地上に廃棄されます。どの位の放射線になるかは分かりませんが、周辺に住む人たちは補助金相応の見返りは受けることになると思います。

 あと原発はそれに群がる人にとっては甘~い蜜です。補助金が半端ではない・・・建設に掛かる費用が高額になればなるほど、湯水のごとく補助金が下りる仕組みがあります。簡単ですよ、出来るだけ高く作ればいいんですから。現代の錬金術です。
  ですからその財源となる国民には、日本には資源がないから原子力を!原発を作らないと電力需要をまかなえない!電気を出来るだけ使わないように、なんて言ったら自分たちの首を絞めますから決して言わない。それが日本の実情だったわけです。

 都合の悪いことは黙っていますが、そんな仕組みを作ったのは前の政権の自民党の人たちですよ。民主党がいいなんて思っていませんが、なんであの人たちあんなに子どもなんですかね~?国民のことを真剣に考えるのであれば、お互いに足の引っ張り合いしていないで、知恵を出し合って国難に当たるのが誰が考えても真っ当ですよね!

 今回は民間の働きが凄く光っていました。ローソンの社長えらい!あんた!本当にカッコイイ!そして今も名前の出ることのない地上の星たちがライトワーカーとして働いています。




 この原発の実情に関するサイトにリンクしてありますので、興味のある方はポチってみてください。
 僕はお二人のおっしゃることと全く同じ想いではありませんが、原発だけではなく、この国がどのような裏側の実情で動いているか?はよく分かる内容だと思います。


 がんばれ東北! ★ 原発建設で儲けた人々。

 本音いいまっせー!


 石油を握っている一部の人に、コントロールされる世界は変えないとね!
 
 
minal-01.jpg














 ミナールのランチ(3時まで) 電力事情のため食べ放題のランチバイキングは
しばらく中止とのことでした。ここのカレー、インド赴任経験のある方に教えてもらいました。それだけに美味しいです♪(カレーはね!)






 先週は月曜の朝から胃透視、午後には全体的な検診。検診後に出張。と、
いろいろ盛り沢山の週が始まりました。火曜日はカレーランチを食べにミナールへ。その後はバラの苗を探しにジョイフル・ホンダへ。モールでおつまみを漁って夜は呑み会に突入!水曜はアパートの更新手続きと出張。木曜と土曜は老健でお仕事。その間の金曜は父の腰痛で実家へ日帰り。

 最近は過去がクリーニングされてどんどん忘れてしまうので、よく想い出せませんが、CDプレーヤーの修理が上がって取りにいったり、水道の水漏れ工事があったり、HeyさんやN先生から電話があったのも先週でした。

 水曜?青年の家に被災者の方々が来られているとの話を聞いたので、伺ってみました。会えませんでしたが確かに15名ほどが避難されていました。みなさんの疲れを取るお手伝いをしたいことを伝えました。職員の方が、要望があれば僕へ電話してくださることになりました。どうなるか分かりませんが空振りっぽい感触でした・・・

 あと、東北へ整体師仲間と癒しに行く計画がありますが、多くの仲間が参加すればより良いと考え、元働いていたリバース東京に働きかけてみることにしました。避難所でのベッドの設置と、全国で働く癒しの軍団へのボランティアの依頼のお願いです。現在もリバース東京に在籍のあ~みんさんとUさんの協力で、
依頼の手紙が社長(リバース東京とボディケアの二人の社長です)へ届くことになりました。

 リバース東京の渡邉社長は、自らドラム缶を積んで被災地へおもむき、社員と共にサービスを提供された方なので、脈があるかな!って期待しています。
 決意したら何しろ体を動かしてみることですね!結果は分かりませんが、やってみて結果を待つ。それしか出来ませんから。






mina-05.jpg














 店内のサラスヴァティ(創造神ブラフマーの妻) 日本では弁財天。川の化身。白蛇などでも表される。





 神さまは直接こちらには来れない。変わりに天使たちがやって来て神の働きをするのですが、UFOに乗ってやって来るとしたらその乗り物がサラスヴァティ。
 サラスヴァティの使いが蛇や龍だとしたら、蛇や龍は天使。神からの流れ(川の化身)サラスヴァティを介してこちらに来ることができる。
 三つ(神・流れ・使徒)は本当は一つなんですが、方便として分かりやすいように働きを三つに分けているだけです。



 
 瞑想会の日は早起きです。リュウビンタイに当たる朝日がキレイ!

ryuubin-01.jpg














4/17 6:33






 いいことが起きたら ワーー!凄いね!

 悪いことが起きても ワーー!凄いね!

 何も起きなくても ワーー!凄いね!

 みんな受け入れる

 起きて体験することは 全て自分で決めている

 偶然はない 子どものころや過去生で自分で決めている

 津波で亡くなられた方も みんな自分で決めている

 (津波で亡くなられた方も) ずーーっと生きている

 肉体を失うと 素晴らしい自分と出会う 

 悲壮な体験をしているということから (悲壮な体験をしているという意識から) 出れないと その体験を続けてしまう (素晴らしい自分と出会えない)

 (だから) 悲しいことだけど 祝福してさしあげる

 いろんな事が起きちゃうけど 起きちゃう




 わたしは癌で死ぬと思っています

 本当は若いころに癌で死んでいたはずです

 それをずーーっと引き伸ばしている

 わたしは元気だ! パワフルである!

 福田 高規は素晴らしい存在である!

 といつも言い聞かせている

 悪い体験を選択していない




 あなたは愛をいっぱいで生きていくか・・・

 いっぱいの愛を人に伝えるか・・・

 イエスはそれしか言っていない

 それを いつもいつも継続するのが大事




 苦しんでいる人の苦しみはほっておく 

 魂が何かを学ぼうと苦しい体験を選択しているので 取ってはいけない

 その人が選んでいるので 神の栄光がありますようにと言って ほっておく

 「苦しいので どうしたらいいですか?」

 そしたら応える




 私は足が萎えていて良かった

 神の栄光が顕われるために 足が萎えるという素晴らしくない体験を選択している

 少しでもずれていたら こんな体験は出来なかった




 心は うろうろしちゃう

 わたしの心はうろうろしてる ←のをただ見ている (観察する)

 うろうろに入ってしまわないようにする

 人生は楽しむ 面白がる それだけ

 心をうろうろさせなければ わたし達は聖 (静) なるもの 神といっしょ

 自分といっしょにいるのが瞑想


 

ryuubin-02.jpg














6:35 リュウビンタイの葉影が・・・♪ 






P.S
 瞑想会に参加されているクリスチャンの方が、福田せんせいのことを神父さまに話されたそうです。そしたら、「ここに連れて来なさい!化けの皮を剥がしてあげます」っておっしゃったんですって!
 福田せんせい、「剥がされてみたいもんだねえ~♪」 って
 話しているうちに、神父さまの皮が剥がれ落ちていくでしょうね! ^ ^;



 
 ちょっと時間が空いたので6Fの窓を開けて、世界を祝福する首の体操をしました。

  私を通して、愛がいっぱい溢れている♪
  周りのみんなも、愛がいっぱい溢れている♪
  世界中、愛がいっぱい溢れている♪

 そして目を開けると・・・!!!

 いつもの6Fの景色なんですが・・・全く違う世界!!!
 見え方が全く違う。極楽浄土に見えました。
 その間、ほんの10秒くらい・・・
 又いつもの日常見えている風景に戻りました。




yurino-31.jpg














4/16 10:39 6Fからの風景。




 今週は本当に、いろいろいろいろいろいろ・・・ あって! 
 金曜日にまとめてブログしようと思っていました。午後の出張がキャンセルに
なったからです。
 ところが、実家の母親から電話が、
 「お父さん(夫)が腰が痛くて起き上がれなくなったので、近いうちに来て欲しい」
 スケジュール調べると、しばらく無理!今日日帰りなら出来るか・・・
 このために午後の出張がキャンセルになったのか!


 水道の水漏れ工事が終わって、出れたのが2時過ぎ。
 行ってみると、かなり重症!
 本人はまず 「医者には俺は行かない!」 と発言・・・
 まあ多分、お医者さんには治せない。痛み止め打たれて、車椅子に乗せられ、脊椎の手術を勧められる可能性あり。
 現在は痛みのため自力では起き上がれないけど、炎症が治まったら徐々に
回復するかな?腰椎下部が結構ずれているのを戻す必要はあり。

 お互いに(両親のこと)自力では満足に動けなくなって、話の噛みあわない口論は下火になりました。協力無しには生活が成り立たないですから! ^ ^
 「動けるようになったら、またこんな事になった時ヘルパーさんにどんな風に助けてもらえるのか?話を聞いてみようね」って言ってみました。その意味ではいい体験になったようです。

 人に迷惑は掛けたくない。という気持ちは分かりますが、家族の言うことをもう少し聞こうとしてくれると、有り難いのですが・・・




yamabuki.jpg














4/15 15:30 往路。もうすぐルート246。ふと見るともう山吹が!



 
 
 ごめんなさい!

 「あさっての日曜(3/20)は、スーパー・ムーン」に頂いたコメントを最後にコメが表示されなくなってしまいました!昨日までは大丈夫だったのに・・・


 「妄想」でいただいたTatsumy さんと、むすめのコメント!管理者ページには反映されているんですが、記事のコメント表示は→Comment:0 になっています。

 多分?、「 勇気づけられるニュース」で頂いていた、Tatsumy さんからのコメントは管理者ページからも無くなってしまいました・・・(T T)



 また誤作動が起こったのでしょうか?怪電波出してるつもりはないのですが?
 管理者自身の返信のコメントも表示されません!

 困った・・・(´_`)

 今のところ管理者ページでは確認できるので、お返事はできる見込みです!





 むすめへ、

 コメントありがとう!嬉しいです!
 いろんな人と話すと、チャンスもやって来るんだね。
 「入間青年の家」に家に帰れない方々が避難されている、って情報が!
 取りあえず、事実の確認もかねて行ってみることにしたよ。
 ここから10分ほどで行ける「青年の家」でお役に立てれば良いよね♪


 
 
hasu-01_20110410223206.jpg














 去年、ベランダで咲いた蓮の花です。
 1年で(実際には半年で)泥の中は、蓮の根っこで一杯になってしまいます。



hasu-16.jpg














 今日(4/10)、仕事帰りの入間川堤防のサクラ。6時少し前です。
 サクラの咲くころ、蓮根の新芽が動き出します。植え替えの時期です。



hasu-17.jpg














 (4/8)、掘り上げた根の一部です。
 蓮の花のお話をしたところ、福田せんせいが咲かせてみたいとおっしゃるので、貰っていただける事になりました♪ 



hasu-18.jpg














 昨夜(4/9)お届けに伺いました。お宅の近くまで来てお電話すると、分からないだろうからと灯りを持って、車通りへ出て待っていてくださいました!灯りが揺れていたので、遠くからでもすぐに分かりました!感激です!



hasu-19.jpg



















 なんと!赤茶のブーツ(魚釣りに行くときのような!)にカンテラを下げて!!車の前を自宅まで先導してもらいました。夜の11時頃から近くの公園(公園というより山です!)を歩くそうで、その時の井出たちのようです。光の先導があって楽でした!先導がなければ迷っていたでしょう。

 車を先導して歩く福田せんせいを見て、この方は明るい光となって、人々の前を歩く方なんだなあ・・・☆"
 って、つくづく思いました・・・

 「僕も77歳になりました。まだ若いのでやりたい事が一杯あります。是からが楽しみ♪」って!!
 お元気なはずです!!
 
 老健で夕食後、おばあさんからお呼びがありまして施療に行ってきました。
 終わって・・・
 夜の公園に行ってみました。
 いつもの公園です。




koen-65.jpg














夜の公園管理事務所です。



 9時すこし前でしたが、以外に人影が多くて驚きました!
 走っている人。自転車に乗っている人。散歩している人。ベンチに座っている人。友だち同士で来ているんでしょうか?若い女性たちの楽しそうな弾んでいる声も響いていました。



koen-68.jpg














 夜桜・・・ キレイでしたよ・・・
 甘~~~い香りが漂っています・・・



koen-67.jpg














 甘い香りはコブシでした。
 携帯なので街路灯の近くしか写りません。



koen-69.jpg














 水面に映る灯り。



koen-70.jpg














 は!は!ぶれてます ^ ^
 春霞の三日月・・・ちゃんとした一眼レフで撮りたいところです。
 暖かな・・・春の・・・宵・・・
 春のざわめきに、命がムクムクと反応しています!
 季節の確かな変化を感じて、その中に居るのは幸せです。
 何気ない日常が嬉しくて!幸せになります!
 目の前の小さな幸せは逃せません!
 明日、生きているかどうか?分かりませんからね! ^ ^v
 
 (震災が発生して間もないころ)

 途方もない被害に復興は長期戦になるだろうなあ・・・

 被災に遭われた方は元より、役場の皆さんのように、現場処理が背中の重しとなって降ろせない方々の疲労は蓄積していくなあ・・・

 しばらく経ったら、疲れた方を癒しに行けたらいいだろうなあ・・・

 そしたら、Heyさんとも逢えるかな・・・

 なんて心の中で妄想(つぶやいて)いました。





 何日か後、Nせんせいからお電話がありました。

「頑張れても三ヶ月が限界!そのころに治療師の軍団で被災地に行けないかな?」

 長いあいだお話していたんですが、凄んごく短くするとこんな内容のお話でした。




 心の小部屋で渦を巻いていた妄想のエネルギーが、形を持ち始めました。

 この形を持ち始めたエネルギーを、心の外へ出そう!

 「疲れ果てた人たちの、お役にたちに行きたいと思っているんです」
 「被災地に行けたらいいなあ!って思っているんです」

 僕らの仕事はそれですから!取りあえず気持ちを言葉にして色々な人に言ってみる。どうなるか分からないけど、言葉には力があります。

 未来に自分を役立てたいです! ^ ^


 
 
 ブログの管理者ページに入るパスワードを認識してくれなくなり・・・
 何度やっても入れない・・・ アパートのカギでなくて良かった!

 仕方なくパスワードを変更したところ、今度は利用者が集中しているため時間をおいてリトライしてに・・・
 何度やっても利用者が集中している・・・ 明け方5時とかも利用者が集中??? 
 やれやれ・・・



 と言う事で、やっと管理者ページに入れましたが、保存しておいた記事が無い・・・!
 やれやれ・・・ 消えたのは追わない。
 新しいパスワードは使えるようでっす!

 まあ、原因はデジタル情報を今一信用していない僕自身です。多分・・・
 安定している “物” と違って、(無)意識の配線により変化を起こすと思っていますから・・・
 銀行で順番のカードを持って、「あっ次」 って待っていて順番飛ばされたり、
 自販機のつり銭が、多かったり、少なかったり、
 ソフト制作の会社にいたころは、「Gさんマシンに近づかないでください。誤作動起こすので」 って言われてました。

 いつも笑える範囲で起きるのですが、不便です。




bluse.jpg














「ブルースへようこそ」



 ため息が溜まった時など、こう言ったトボケタ曲調は気持ち、呼吸をリセットしてくれます。
 決して歌詞のような趣味はありませんが、ゆったり・・・まったり・・・眠くなるようなテンポが拘りを遠くに運んでいってくれます。