魂のワークブック

何だろう?私と世界にプレゼントしたいもの♪

 
 おととい、スギ花粉茶を届けに娘のところに・・・

 「報道には否定的なニュースが多くって・・・」と話すと、娘は
 「いや、勇気をもらえるニュースが多いよ・・・」って!

 何て前向きなんだ!僕は自分を振り返ると共に、感心して嬉しくなりました!

 同じ世界に居ながら、住んでいる人の数だけ世界の見方があるのだと思います。同じ世界にどのように意識を向けているかで、僕たち、まんざら捨てたもんじゃないね!って未来の希望が見えてきたりします・・・



 嬉しいニュース色々あります。

 被災地に無料のカレーを届けたイスラムの人たち。

 秋田県知事、宮城県民2万4千人移住受け入れ提案。

 ジーコ氏「日本は第二の故郷」…慈善試合開催へ。 

 自治体の支援の輪広がる…職員派遣も活発に。

 鉄鋼メーカー 東電に電力供給。

 イスラエルから医療チーム出発。

 がれき撤去費用「ほぼ全額国庫負担に」…防災相。

 東北の子に未来を あしなが育英会。 


 などなど・・・
 全て、自分に富を集積したり、人から奪うのとは真逆・・・
 分け、与え、人の苦しみを自分の苦しみとして助ける行為ですね!
 僕たちは助けあえる!と言うことが、人々に勇気と喜びを与えています。 


 地震発生後、インターネットに投稿された心温まるつぶやき。

 言葉って凄いですね!勇気が与えられます。
 ハートをギューッ!!って掴まれます。
 嬉しいと涙が出るって不思議です・・・




senn.jpg













 粉々に壊されたカガミにも、新しい景色が映される! 



 
 今回、自衛隊の初動がすごく早かったですね!各地での目覚しい活躍は頼もしく、頭が下がります。アメリカ軍も洋上からヘリを飛ばして、道路の寸断された先を探しながら、水や燃料を届けてくれています。胸と目頭が熱くなります。

 人々を助けようと活動している彼らを見ていると、天使のように見えます!
 男達は通常モードでは、戦争で最も力を発揮するようにセッティングされているようですが、時代の潮目に変化が起こっているようにも見えます・・・

 その自衛隊の皆さんなんですが、避難所に簡易のお風呂を作ってくれています。簡易といっても小さなプール位あるんですね。入っている人たちがTVに映っていましたが、皆さん笑顔で、安堵した表情で喜ばれていました。
 そして、皆さん口をそろえて、「あ?!生き返った!」 とか 「命が延びた!」 って、おっしゃっていました。

 日本人のイメージする天国や極楽には、温泉の施設があるそうです。
 そのぐらい日本人は温泉、お風呂が大好きですよね!
 お風呂に入ると、体も気持ちもゆるみます。地震、津波、寒さ、食料不足と、命が掛かっているストレスに耐えられていた方々にとって、お風呂は本当に天国だったと思います。

 “お風呂に入ると、体も気持ちもゆるむ” のは命にとって、とても大切なことです。ゆるむことによって、自律神経系が、副交感神経に切り替わるからです。
 副交感神経は、消化や睡眠、身体で働く各種酵素の生産、戦うことで壊れた細胞の修復などを担当し、また元気に頑張れる状態に戻してくれています。
 僕のおこなう施療の多くは、お客さんの自律神経系を、副交感神経に切り替えることです。

 もう一方の交感神経は闘うための神経です。昔であれば、マンモスを狩りに行く時など、危険や不安を乗りこえて、力を発揮して狩りを成功させるための神経といえます。体も気持ちもゆるんでいては上手くいく訳ないですよね!

 ただし闘う神経、交感神経が働いている間、副交感神経は働きません。
 振り子のように右に振れている間は、左には振れないのです。
 交感神経が働いている間は、身体や心を癒し、復元させる機能の一切を停止して私たちは闘うのです。
 緊張して集中し力を発揮するためにアドレナリンが分泌され、筋肉が収縮し、血圧が上がり、呼吸や心拍が速くなります。交感神経は頑張るための大変大切な神経なのですが、こちらばかり働いていると、心も身体もボロボロになってしまいます。

 交感神経は危機に対処するシステムなので、不安や恐れがあると、自動的にスイッチが入ってしまいます。今、ガソリン不足への不安や、食品の不足への不安、放射能への恐れなどで、社会全体が交感神経へバランスしています。

 福島原発の近くはさておき、日常の生活においては、食品にしても、水道水にしても、気に病む放射能レベルには感じていません。(危険と思わないか、危険と思うかは最後は個人の判断ですが)

 全く同じ放射能レベルの環境であっても、交感神経が優位であるか、副交感神経が優位であるかで、身体への影響はまったく違ってきます。

 体も心もゆるんでいると、呼吸が深くゆっくりになります。すると精神と身体の機能が安定します。身体を元の元気な状態に戻そうとする副交感神経が働き、免役や自然治癒力も高まります。
 お風呂に入って 「命が延びた!」 体はいつも正直です!

 逆の交感神経にスイッチが入っていると危機に対応しようと、未来の安全のために次々に対策に走ります。ある程度は必要ですが、不安を手放せない人は、不安を探し出すようになります。危機だと想うと、未来に危機の体験を創りだしてしまうのです。
 同じ放射能レベルであっても、不安や恐れに振り回されると、回復力、免役、自然治癒力が低下してしまうため、身体はとても影響を受けてしまいます。

 今、ここに、ゆったりと呼吸を意識していられるのは、愛の働きです。
 “愛が守ってくれる” とはそういうことです。



a-090.jpg











グレゴリー・コルベール写真、「 Ashes and Snow」 より


 
005 のコピー


















 “愛でいっぱい” でいる

 その(“愛でいっぱい” という)選択をしないでいると

 人は災難を受けてしまう

 一つの愛の体験(災難)をして

 私たちは受けた愛の体験を 活発化させる選択をしている

 現地に愛を送ろうとしなくても良い

 ただ その人たち その場所を想えばよい

 愛は場所に限定されないから

 想っただけで活性化する




 “愛でいっぱい” でいると被曝しない

 ペストが流行った時なども

 看護婦さんや お医者さんには あまりうつる事がなかった

 彼らは人を助けることに集中していて “愛でいっぱい” でいたから

 不安だけが増幅するとうつる

 自分に不安があるのは ちゃんと感じる

 不安を認めた上で (例えば原発で作業する人など)防護服はちゃんと着る

 防護服の内側を  “愛でいっぱい” にする

 愛が守ってくれる

 “愛でいっぱい” なら裸でいいんじゃないんですよ

 お医者さんなら ゴム手したり消毒したり 対策はちゃんとするんですよ

 不安は感じていい 不安は楽しむ

 不安に踊らされると 現象化してしまう




 (知り合いに人を許せないでいる人がいる。人を許せないで自分は幸せになりたい。と言うことは出来ますか?という質問)

 難しいですね

 自分を許していない

 あの人たち(許せない人たち)はいい体験をしているんだ

 大丈夫なんだ(と思えるとクリアされる)




 みなさんが 真にきれいな(我欲のない)祈りをすると

 10万人ぐらいかな・・・

 世界は変わりますよ

 昔から予言されていました

 世界はガラガラと かなり速く変わることになっています

 多分 学者たちが 愛や祈りには力がある と言うようになるのかな・・・

 するとインターネットを通して伝えられ

 世界はそれを知る

 中国が変わると 世界が変わる

 中国は世界の救世主ですよ

 アラブの世界のようにはならないかな

 若い人たちがネットを通して変える

 日本が中国に影響を与える

 中国を嫌わない

 中国を “愛でいっぱい” にする




 言っておきますが

 愛って “どんな感じかな・・・” ですよ

 自分の呼吸は “どんな感じかな・・・”

 何も考えずに 世界を “どんな感じかな・・・” と観じる

 自分が “いかに愛を観じるかだけ” が求められている

 そして愛を世界に

 世界に愛を届けようとしなくても

 自分が “愛でいっぱい” になったら

 世界は “愛でいっぱい” になっています



006 のコピー














バリ、アグン・ラ・カ・バンガロウ 朝食の後片付け



追記

 福田せんせい 買い物にいったら棚がガラガラで 「マヨネーズが残り3本!赤ブタのマヨネーズは必需品で、無くなると困るなと思い、全部買っちゃいました」ってちょっとお茶目なテレ顔で話してくれました。せんせのこういう所、凄く好きですね♪(全員、大笑いでした!)

 でも「足りないと思うと、不足を体験するんですよ?」とも・・・

 
 
 あ?みんさんから「次の満月20日は、スーパー・ムーン・・・」のメールが来ました。
 18年に一度の最接近で、14%も大きく見えるそうですよ!楽しみですね♪


supa.jpg














今さっき(18:21)、スーパー・ムーン2日前・・・ほんと大きい!




 そこで提案なんですが、ガイアを癒す祈りをやってみませんか?
 一人でも、二人でも、心を合わせてくださる方だけで結構ですよ♪
 ガイアとムーンは仲よしのツインです。最接近で月からのエネルギーがとても強く流れ込むと思います。ちなみに月のエネルギーは浄化のエネルギーです。

 今回の地震をはじめ、地殻変動や気象には私たちの感情エネルギーが根底では関わっています。千年に一度ということが度々起こるのは、危ないレベルに達していることを示しています。

 個人のレベルでも人は追い詰められると、自殺(自分を破壊して終わりにしたい)したり、誰でもいいから殺したり(もう住んでいる世界を終わりにしたい)したくなります。

 そう言ったマイナスの感情エネルギーが地球の集合意識(本当は一つの意識)に蓄積されますと、“小部屋”では、マイナスの感情エネルギーを材料にした設計図が多く創られます。地球レベルでも、この設計図通りに現実は創造されることになります。

 ガイアは出来るだけ被害が少なくなる形でエネルギーを解放していますが、限度があります。では私たちに出来ることはないのか?と言うと、あります。この星(ガイア)に自分たちが溜め込んできたエネルギーを、自分自身で解放することです。

 前置きが長くなりましたが、20日のスーパー・ムーンに行いたい祈りは、ガイアと心を合わせることで、もう終わりにしたいと言うエネルギーを解放し、私たちは大丈夫だよ!私たちは一つだよ!という想いに書き換える。そういう祈りです。

 やり方はいたって簡単です。参加する人は自分がヒーラーになった積もりになります。「わたしは暖かい太陽!わたしには宇宙を癒す力がある・・・ この星は光輝いている!」と自分の両手を、そっとガイアに触れるように胸に合わせてください。母のように自分の両腕で、優しく、優しく、ガイアをそっと抱きしめてください。」あとは神さまに「力を貸してください・・・」「ありがとう!」かな。

 気持ちよければ長くやってもいいですが、短くてもその間、わたし(自分)の愛が感じられることが大事です。どんな感じ方でも、ガイアからの反射を感じたら(感じられる方は)、そこまでで大丈夫です。意識を一つの祈りに束ねるのは以外に疲れますので、無理なさらずに何度でも祈ってみてもらえたら、嬉しいです!

 あ!あと、ガイアを癒す祈りだけではなく、地震がもたらした多くの苦しみを光に変えるために、祝福を送っても、結果は同じです。一つの方法に限らずに、私たちとガイアが共に気持ちよく生きていける祈りをお願いいたします。

 ありがとうございます♪

 
 
 避難所に少しづつ救援物資が届き始めています。作業に携わっている方々、ボランティアの方々の献身的な努力に感謝いたします!本当にありがとうございます!!!

 只まだまだ、食料、飲料水、燃料の足らない悲痛な叫びがTVから届いています。未だ避難所にたどり着けない、孤立した場所に居られる方々の命はギリギリだと思われます。

 TVでえのさんが言われていたのですが、日本はヘリコプターの保有が大変多い国だそうです。孤立している場所は大体掴めているわけですから、「ヘリコプターで空から投下すればいい」と言うお話でした。

 これ凄くいいんじゃない!!と思いませんか?輸送の本流は陸送でいいんですが、道が寸断されている場所は見殺しになります。
 各テレビ局、報道のためヘリコプター毎日飛ばしていますよね!ダンボール
1箱位積めますよね?その箱におにぎり入れて、孤立している場所に、着陸する必要はないですから、投下できませんか?

 まず、えのさんの局どうですか?やってもらえませんか?
 他の局もどうですか?社員のポケット・マネーでおにぎり位買えますよね。
 ジャーナリストは目の前で溺れている人がいても、それを報道するのが仕事。というジャーナリストも居ますが、それ違うと思いませんか?人として、目の前で溺れている人を助けるほうが優先されないと、とても可笑しなことになりませんか?

 投下されるおにぎりに、局のロゴを入れるくらいはいいですよ・・・
 凄い、局の宣伝になりますよ!
 それが社員のポケット・マネーで、報道の仕事のついでにできるんですよ!
 こんなこと上にお伺いを立てていたら、没にされますよ。
 未来は自分の意志で創るんです!

 どうですか?ヘリコプターのある局の方。局でお父さん(お母さん)が、夫(妻)が働いているご家族のみなさん。局に伝えられる立場にある方。局に伝えられる立場にある方を知っている方。あなたの決意で助かる命があります。

 ゲリラ!ワクワクしますよー♪ 少しゲームの感覚が必要です。ゲーマーのみなさん!あなたのインスピレーション、リアルに使ってみては?エンディング最高!保障します。 ^ ^v


 お願いしますよ!!!

onigiri.jpg














 ロゴは入れる必要はありません。



 今、世界は日本に注目しています。
 世界中の人がこのことを知ることになります♪誰もがやらない事をやる人がいて、世界の目は覚めます!
 みんな何をしていいか分からないだけ・・・ 分かれば続く人が次々に現れます。

 シンドラーは自らの良心に従った、不良ですよ!
 そして、ヒーローです!
 決意した数だけ、未来の扉は開きます!
 
 あなたの胸に両手を当ててみてください。
 目を瞑って、胸の奥に “わたし” を感じてみてください。
 あなたが “自分のことを私と感じる場所” それが “ハートの中の小さな小部屋” です。
 この “小部屋” で未来が創られています。

 身体の中に魂が入っている。と、一般に考えられていますが、魂には大きさ、形、境界はありません。宇宙と同じ大きさ(大きさと言っていいか・・・)があります。身体が魂の入れ物ではありません。でも魂には重要なポイントがあって、
それがこの “ハートの小部屋” です。この “ハートの小部屋” を通して全ての世界、全ての次元、全ての時間(過去・現在・未来)、そして自分と思っている身体とも繋がっています。

 この “ハートの小部屋” で祈ります。この “ハートの小部屋” で愛は生まれます。この “ハートの小部屋” は命に対する絶対的な信頼の場所です。





 world.jpg













「We Are The World」  ←ポチって下さい。





  私たちの愛や祈りを世界に届ける、やり方の一つです。

 目を瞑って、両手を胸に当てて、 “ハートの中の小さな小部屋” でこの曲を聴いてみて下さい。命に対する絶対的な信頼の生まれる小部屋で、あなたの愛と祈りと重ねます。

 この “小部屋” は全ての世界と繋がっていますから、あなたの想いは一瞬で
どの世界にも届きます。

 震災の空の天候が優しくありますように・・・ その空の下で助けを待つ人々に光がありますように・・・ 原発で作業する人たちが放射線から守られますように・・・ 旅立った多くの分霊が癒されますように・・・ 努力するガイアに祝福がありますように・・・ 世界中の善意に明るい未来がありますように・・・ あなたの決めた場所と時間に届いている・・・ 「We Are The World」をイメージしながら届いているのを観じます・・・

 届ける前に僕は、神さまにお願いします。助けて下さい!届けて下さい!
 お願いしたら、ありがとう♪も忘れずに!
 (イエスでも、観音でも、アラーでも)お願いする!これは結構大切なんですよ。
 自分の気持ちを定めたら、あとは愛に任せてしまう方法もあります。
 震災で苦しむ人たち、助ける人たちのTVの画像に向かって送ってもいいし。
過去の画像でもOKです! “小部屋”は過去にも繋がっているからです。
 具体的なほうが分かりやすいと思い、音楽を使いましたが、使わなくてもいいし、あなたの好みの曲でいいし♪
 みなさんのイメージを自在に使って、自分にぴったりのいい方法を作ってください。

 創造の設計図が作られる “小部屋”。今世界中から、日本を助けたい、日本は一人ではないとのメッセージ、救助隊、義援金、物資、が数多く届いています。 “小部屋”でそのような未来を創った人たちがいたからです。世界は一つの家族だという、この星では手の届かなかった想いが、この星の潜在意識に根づき始めています!





 「We Are The World」 (和訳)

  今こそあの声に耳を傾けるとき
  今こそ世界がひとつとなるとき
  人々が死んでゆく
  いのちのために手を貸すとき
  それはあらゆるものの中ですばらしい贈り物

  これ以上知らない振りはできない
  誰かがどこかで変化を起こさなければ
  僕らはすべて神のもと、大きな家族の一員 本当さ
  愛はすべての人に必要

  僕らは仲間 僕らは地球の子供たち
  明るい明日を作るのは僕らの仕事
  さあ始めよう
  選ぶのは君だ
  それは僕らのいのちを救うこと
  本当さ よりすばらしい世界を作るのさ
  君と僕で

  心が届けば支えになってあげられる
  そうすれば彼らも強さと自由が手に入る
  神が石をパンに変えて示したように
  そう僕らも救いの手をさしのべるべきなんだ

  僕らは仲間 僕らは地球の子供たち
  明るい明日を作るのは僕らの仕事
  さあ始めよう
  選ぶのは君だ
  それは僕らのいのちを救うこと
  本当さ よりすばらしい世界を作るのさ
  君と僕で

  見放されたら何の希望もない
  負けたりしないと信じることが大切
  変化はきっと起きると確信しよう
  僕らがひとつになって一緒に立ちあがるとき

  僕らは仲間 僕らは地球の子供たち
  明るい明日を作るのは僕らの仕事
  さあ始めよう
  選ぶのは君だ
  それは僕らのいのちを救うこと
  本当さ よりすばらしい世界を作るのさ
  君と僕で



 
 
nai.jpg














 見事に創造しました!



 一人が足りなくなると想う・・・
 二人目が足りなくなると想う・・・
 三人目も足りなくなると想う・・・
              
 そして、ある一定の人数が足りなくなると想うと!
 私たちは一つの意識なので(表面意識は、生きている人の数だけあるけど)
 足りなくなるという想いが、潜在意識に書き込まれます。
 すると何となく、みんなが(瞬く間に)足りなくなると想うようになります。

 一人目の人、
 二人目の人、
 三人目の人、が買いに走り。
 大勢の人が、買いに走り。
 そして実際に足りなくなります。
 世界はこのように創造されています。



 世界は足りるだけ与えられているんですよ。
 まあ・・・想いと創造は自由ですが・・・
 “三人で祈れば山も動く” って、聖書にあるんですか?
 その当時、この秘密を知っていたのは三人位だったということでしょうか?

 このことを知る人が一人、二人、三人・・・
 あともう少しで、その一定の数になります。
 そうすれば “山が動く” 訳です♪
 “山が動く” と “アセンション” って近いかも?
 ↑上の写真のような現実を、創造しなくなるんです!
 
 
 
【Pray For Japan】 海外からの応援メッセージ

japan.jpg













 一人じゃないよ!大丈夫だよ!
 あなたを、助けようと、
 たくさんのみんなが、動いているよ!


 胸が熱くなりました・・・


 冬の夜空の下、家を失い、食べものや飲み水が不足し、大切な人と連絡が取れず、言葉にならない想いの中にいる方々に・・・
 原子炉の暴走を止めようと、現場で闘っている方々に・・・
 祈りが力になると思える人は、全ての非難を止めて、祈りを送ってください!
 僕たちは大丈夫だよ!って・・・
 明日は来るよ!って・・・


 義援金もぜひ送ってくださいね!
 
 
戦争と・・・
bom2_20110314105330.jpg















平和と・・・
sato-02_20110314105638.jpg














僕たちは、両方選べる・・・






あの素晴らしい愛をもう一度


 桑田さんが、宇宙で一番好きだという「あの素晴らしい愛をもう一度」
 嬉しく!楽しく!幸せで!笑顔でいられる♪ のが好き! ^ ^
 私たちの愛が 世界中に余すところなく 届けられますように!
 あまり真面目だと、神さまは来てくれないよ!
 みんなで、世界中の氷を溶かしてみない!♪



 
 今日(3/13)のニュースで、間一髪で津波から助かった、お母さんと赤ちゃんの話しがありました。

 気づくのが遅れて、家を飛び出したら道路は川になっていたそうです。
 「高台に逃げようとしたけれど、間に合わないと思い、近くの歩道橋に登りました」 瓦礫と一緒に流れる黒い水は、歩道橋の1m下まで達していました。

 同じく歩道橋の上に逃げていた人たちが、水に濡れていた5ヶ月の彼女の赤ちゃんを取り囲んで暖めてくれたんだそうです!そしてみんなで暖め合ったって・・・
 「この子は風邪を引かないで済んだんですよ!皆さんに助けられて・・・」って
そのお母さん、後は胸が詰まって言葉になりませんでした。 

 切羽詰ったときに思わずできる行動。ホームから落ちた人を助けた人は、「自分のことなど考えなかった」と言います。この何も考えず思わず生まれる行動には、行う魂の実力があります。今回の震災のように、最悪の現場に立たされて、人はためらわずに愛を行使するチャンスを得ます。霊性の時代、愛の時代とは人類がそこまで追い込まれるということだそうです。

 寒い夜に震える人に、食べものが届かず孤立する人に、消息の分からない
家族を探す人に、それらの人々を必死に助ける人に、あなたの愛を送ってください。救援の募金でも、ボランティア活動でも、どちらも無理な方は愛を送るだけでも大丈夫です。

 愛を送るのは、あなたの両手の間の空間に氷があって、あなたの手の平からは光が出ている。暖かい愛のエネルギーが出ていて氷が融けていく!そのイメージでいいんですよ。ドラゴンボールやナルトで気の出し方、使い方は分かりますよね?ただそれを敵を倒すために使うのではなく、人を助けるために使うということです。

 世界中から日本を助けようという気持ちが届いています。本来、敵と戦うための組織である自衛隊(殆んど災害のときの頼もしい存在ですが)やアメリカ軍が人を助けるために働くのはとても嬉しいことです。最近ギクシャクしている中国でも、マスコミによる援助の呼びかけが行われており、救援のチームも早くも日本に到着しています。これは四川大地震のとき、いち早く日本のチームが中国へ入り、人々を懸命に助けたことが下地になっています。助け合えると幸せな気もちになります♪

 霊的には日本は世界の雛形とも言われています。レイライン(龍脈・地球の経絡)の基点なのだそうです。日本の女性が変わることで世界が変わる、とも言われています。今回の地震で太平洋沿岸が少しですが沈下しました。太古の大陸も一気に沈んだわけではありません。初めは少しづつだったそうで、そこには今と変わらぬ人々の生活があった・・・もう僕たちの世界はそのくらいの危機にある・・・みんな心の底では知っているのでは・・・

 今、未曾有の日本の震災に対して、世界70ヶ国ほどから助けたいという善意が届けられています。私たち一人々々にも愛を行使するチャンスが与えられています。今、この国でどれだけ人類の愛が表現されるかに、この星の未来がかかっています。

 私たちは一つの大きな命です。この一つの命に愛を送ってください!



balie-09.jpg














 この世界に調和がもたらされますように・・・

 
 
 昨日(3/12)朝4時ころ、池袋で足止めになっていたお客さんから、電車が動き始めたので帰れるというメール(発信は前夜11時ころ)が届きました。朝起きると弟から、久里浜の両親が無事だというメールと電話が。仲よしの一人からも無事のメールが。夕方には、Heyさんからも電話がありました!

 足止め状態や、安否の分からなかった全員の無事が確認できて良かったです。
 大規模災害のとき、電話は使えませんね!メールが役に立ちました。届くのにかなり時間(1?2時間位が多かったです)が掛かりますが連絡手段になりました。




bali-52_20110313063813.jpg



















◆ガイアを癒す 基本編

 大地(ガイア)に両手(手の平)を着けます。

 ガイアと一つに(成ったつもりに)成る。

 ガイアと自分の接点である手の平を意識する。

 手の平の脈動を感じる。この脈動は自分のものですが、ガイアと一つに成っているのでガイアの脈動でもあります。

 手の平の脈動を感じながら、全ての生物の揺りかごであるガイアを称え、感謝し、愛を送ります。

 この時一心に、手の平の脈動を感じているだけでも。あなたはガイアを深く癒しています。

 脈動では分かりにくい方は、呼吸に合わせて、手の平が呼吸していると思ってください。ガイアも一緒に呼吸しているのを感じます。



◆治療とともにガイアを癒す方法

 ガイアに手の平を置くように、お客さんの身体に置きます。つまりお客さんの身体をガイアとのアースにするのです。これであなたと、お客さんと、ガイアとの三位一体が出来上がります。この方法は治療師向きです。お客さんの身体をガイアだと思って(僕はお客さんの身体を、この星の小さな突起だと思って施療します)、優しく、心を込めて、治癒していきます。

 お客さんのコリ、緊張、ゆがみは、ガイアのコリ、緊張、ゆがみです。意識が重要です。
 僕は目を瞑って意識するほうが良くエネルギーが流れます。力を込める必要はありません。きちんとガイアの存在を意識します。「ガイア♪」 と優しく声を掛けるとより親密になれます。意識することが全てです。

 この方法は超意識により、どなたが為さってもガイアは癒しとして受けとってくれる事を確認してあります。もちろんお客さんのコリ、緊張、ゆがみにも効果的ですよ!工夫すれば、あなたにぴったりのやり方が出来上がると思います♪

 

 

 ガイアが、新しいバランスに向かって波動を上昇させていくと、この星の全ての分野、気象、地殻、政治、社会などに長い間に蓄積した、人類の感情エネルギーなどが解放されていきます。僕の身体の毒素が、痒みなどで解放されているのと基本的に同じです。破壊と創造はワンセットのものです。ガイアも被害を最小限に食い止めているだろうし、こまごまとしたセッティングに携わっている天使たちは大勢います。

 僕たち治療師の仕事は、お客さんの過去の記憶の改ざんです。身体の使いすぎによるコリ、ストレスから来る緊張。そんな身体に刻み込まれた過去のデータを書き換える(使っていないかのように筋肉のデータを改ざんする)仕事をしているんですよ。それで、フレッシュな生活がまた出来る!

 ガイア自身も、自らの記憶の改ざんを行っていると考えてみたら分かり易いかな?人類の記憶を変えられない(手放せない価値観を持っている)人たちが抵抗している。ガイアと共に進もうと決意する人は、ガイアにその意志を伝え、是非、大地に手を添えて癒し、応援してください。ガイアにとって一番の助けになりますから!




bali-46.jpg













 
 
 今日は午前中の出張から帰って、お昼を食べてゆっくりしていました。

 のんびり過ごしていたら、グラっときました。最初そうでもないかな!っと感じたのですが横揺れが始まると、強い!!なかなか終わらない! 室内に閉じ込められないように玄関のドアを開けて固定!こんなことをしたのは初めてです。






 ずーーーっと、TV見ています。今でも時々揺れます。最初と同じくらいの揺れも何度もありました。

 子供たちファミリーの無事は確認できました。仲よしも一人を除いては無事が分かりました。お客さんの一人が池袋で帰れないでいます。室内にいるのか?ホテルに泊まれるのか?外で寒さにふるえているのか?メールの返事が返ってきません。久里浜の両親と岩手、二戸のHeyさんとの電話連絡がとれません。
二戸では地すべりも起こっているとの情報もあり、電話のつながるのを待っています。

 明日になると被災の規模が判明してくると思われますが、大変な被害が予想されます。
 ただこれでもガイアは、できるだけ被災を少なくしてくれたと思っています。
 今回マグニチュード8、8の本震の後に、M7クラスの地震が3回ありました。
2日前にも震度5の揺れがありました。地震のエネルギーが何回かに分散されて解放されました。この5回の地震のエネルギーを1度に解放していたら、と思うと・・・僕も死者の数に入っていたかも知れないからです。

 いま現在も寒い夜の中、家へ向かって歩いている方が大勢おられます。被災された方、被災された方を助けようとされている方々のご苦労に、愛を送ります。無事だった僕たちは、出来るだけ募金などで助けあえたらと思います。カンパなどに関わらず各自で工夫してみたらよいと思います。

 不幸にしてこちらの世界を離れることになった方々の、ご冥福をお祈り致します。
 魂の傷の記憶が癒えますように、光として魂の古里に帰れますように、それぞれの魂の旅に豊かな光がありますように祈りたいと思います。一緒に祝福を送ってもらえる方が居られれば、とても嬉しく大変力強いです。








 何でしょう・・・この地震に関係しているのでしょうか?頭がクラクラして、意識が遠くなるようです。幽体が離れたがっているような感じです。
 
yuki-02_20110311011237.jpg
















 だいぶ慣れましたが、実家に行くとかなり疲れます。
 以前は、実家を離れるときには、イライラで一杯々々になっていました。
 高速を走って久里浜が遠くなっていくと、気持ちがスーっと楽になったものです。 

 原因は、父と母の言い合いです。orz
 父も90を、母も80を越えています。
 父は訛りが強くなっていて、息子の僕が聞いても何を言っているのか???の事がよくあります。
 母は目もだいぶ見えなくなっているのですが、耳も良く聞こえません。

 そんな二人ですから、話しがまったくかみ合っていないことも良くあります。
 お互いの足らないところを補足して助けようとしなければ、コミュニケーションが上手くいく訳がありません。なのにその反対!ちょっと想像力を働かせれば、何を言いたいか分かるところを、相手の一言足りない部分を意地悪く責めています。
 1年ほど前までは、母の包容力が上手く働いていたのですが、今では母もこらえられなくなっていて、言い返すので益々困った状態になってしまいます・・・

 父が○○と言うと、母は「お父さんそうじゃないよ」と。父は「お前のように頑固な女はいない」と・・・
 何十年も前の、誰がどうしたか?なんてどうでも良い話まで・・・! バトルの材料にはこと欠きません。
 仲よしというか・・・ お互い、相手とずーーっと一緒に居られると思っているのでしょうか。


 今回、Heyさんからちょうど電話がありました。
 「(目に見えない存在が)お父さんを心配してる・・・」って言ってくれて・・・ そう言われれば、その通りなのです。

 母は、「お父さん新聞まとめてくれたの?」 「ゴミは出してくれたの?」 「二階のカギは掛けたの?」って一回言えばいいのに、認知の問題も始まっている上、不安も強いほうなので、忘れては何度も何度もくり返します。

 父はプレッシャーに弱いので、くり返されるとじきに余裕がなくなります。以前、父に振り向けられていた気遣いが、母自身に使われているため、父はこのままではエネルギーが不足するはずです。

 父はピントが外れていることも多いのですが、正義感の強い人です。正義感の強い人は、自分は正しいと思っています。自分は正しいと思っている人は、悪いところ、人の間違い、社会の不正にこだわります。その結果、自分の意識を気持ちの悪い部分に向けがちです。これでは人生が楽しく、幸せになるはずがありません。

 このことを父に話しました。もうそんなに長くこちらに居られる訳じゃないんだから、その短い間を楽しく、嬉しい、幸せな日々にしない。嫌なことを捜して嫌な気持ちでいるのは、つまんないよ!人や社会の中の認められるところ、良いところ、気分が良くなるところを捜そうよ!すると気持ちの良い人生になるんだよ。
 バアバが居なくなって一人になったら、本当に寂しいよ。それから、ああしたかった、こうして挙げたかった、っていっても出来ないんだよ!

 母のことを嫌いな訳ではなく、昔の男で気持ちを上手に伝えたり、具体的にどうすれば良いのか分からないのです。母が弱ってきて、今まで当たり前にしてもらっていたことが出来なくなってきて、あせっている様子も見えます。当たり前でなくなって行くということは、自分がどのように支えられていたかも、気づけるということです。

 近くのスーパーでヘルパーさんに車椅子を押してもらいながら、スーパーのかごをひざの乗せ、「○○さん、コロッケは一つでいい?」ってコロッケを取ってもらっている、おばあちゃんがいたよ。って話しをしました。介護ヘルパーさんの話しは二人とも抵抗があるようですが、このスーパーの話しは具体的で飲み込みやすかったようでした。

 実の息子だから言えることですね。でも取りあえず、父は頭では分かったようです。死んでも肉体から離れるだけで、本当は生き通しだということ、とても楽になること、何の心配もいらないこと。また生まれてきて、また多分出会うこと。そんなことは何度もくり返し伝えてあるし、もう親はそうだと思っている。だから今回の話しはし易かったし、聞く方も受けとり易かったようです。

 よく二人で頑張ってくれています。身体の様子を見に月一で行っていますが、行く回数が増えるだろうなあと思っています。




yuki-06_20110311011326.jpg














 2/14 実家に向かったときは大雪でした!写真は相模原あたり。




 
 昨日の朝は、雨だれの音をベッドの中で聴いていました・・・

 ところが!! 起きてカーテンを開けてみて、ビックリ!
 車の上が真っ白でした♪

 きれい・・・


haru-03_20110308142048.jpg














 昼頃に、山王峠を越えたところで仕事がありました。
 アパートを出ると、側溝に少しだけ芽を出した雑草にも雪が積もっていました♪

 きれい・・・



haru-04_20110308142130.jpg














 山王峠の杉の木に降る雪。入間市内より雪は少なく助かりました。

 関東地方は、春が近づいてくると良く降りますね。
 入試の時期にも、決まったように降ります。
 僕の高校の入試の日も、かなり積もったのを覚えています。



haru-05.jpg



















 年末寒さをよけて部屋に取り込んでおいた南の島の植物は、芽を出しました♪



haru-06.jpg














 チーズケーキを買いに行って、いただいてきたホット・ポットさんのミモザ・・・

 花粉症の方には申し訳ないですが、木の芽時が大好きです♪ ^ ^



 
 花粉茶を煮詰めるときは、金属の器は使わないでください。

 ホウロウや土鍋、ガラスのお鍋を使ってください。


kafun-11.jpg










kafun-12.jpg










kafun-13.jpg













 
 上の子が中学校に入った年ですから20年も前でしょうか・・・
 埼玉に住んで初めて、杉の木が茶色になるのを知りました。


kafun-01.jpg














 初めは酸性雨の影響で枯れ始めているのかな?って思いました。



kafun-02.jpg














 でも近づいて見ると・・・それは杉の雌花でした!茶色い雌花が鈴なりになっているんで、杉の木全体が茶色に見えたのです!! 杉の葉が白っぽいのは、花粉が積もっているから。


kafun-03.jpg














 この写真がスギ花粉茶の原料です。木にお願いして分けてもらいます。ハサミを入れると花粉がきな粉のように舞います。取り扱い厳重注意です!僕は大きなレジ袋に入れ、花粉が飛ばないように口を閉じて運びます。スギ花粉茶が必要な人は、花粉症でない人に、原料の確保から製造をお願いする必要があります。 



kafun-04.jpg














 出来るだけ山奥の杉の木が良いです。きれいな水に何度か浸けて浄化、ゴミを取り除いたあと煎じます。

kafun-05.jpg














 出来れば水道水はやめたほうが良いと思います。浄水器か市販の天然水の使用がお勧めです。



kafun-06.jpg














 杉の葉にヒタヒタほどの水で、沸騰してきたら弱火にします。煎じていると杉の精油成分が湯気とともに蒸発し、部屋がいい香りです♪アロマの効果があり、詰まった鼻の通りが良くなるようです。

 水が半分とか減ってきたら、また水を足して煎じます。←この辺、適当です。僕の場合、ブルー・ソーラー・ウォーターも足して、最初のヒタヒタ位になるように火を通して完成です。



kafun-09.jpg














 上戸と茶漉しを用意して、ボトルに詰めます。 



kafun-10.jpg














 約1L出来上がりました♪ 冷蔵庫で保管、1週間くらいで飲んだほうが良いでしょうが、飲み終わるのがもっと遅い人は、時々再沸騰させてください。沸騰時の蒸気で、鼻の通りが良くなるアロマ効果も期待できます。飲む量は分かりません。僕も適当ですが、僕の周りの花粉症の人たちも適当な人たちなので、「どのくらい飲むの?」って聞かれたことがありません。適当に飲んでくれています。多分、1日コップ半分とかコップ1杯とか、だと思います???




kafun-07.jpg














 「スムース」、ユーカリのエッセンスです。エドガー・ケイシーの健康グッズの
一つ。肺がんの治療に作られたそうです。呼吸器系のデトックスに強い効果があり、呼吸器系全般に良く効きます。

 何年か前の僕の皮膚炎では、左肺にも問題があると福田先生から指摘を受けていました。その時の職場の定期検診でも左肺の癒着、再検査の指示が出たのですが、「スムース」の吸入(1日10回以上)で治ってしまいました。



kafun-08.jpg














 この時期になると特に必要になるので、先月8本購入しておいたのですが、もう1本しか残っていません。吸入がきつくて咳き込む人は、マスクに1滴垂らしたり、寝るときにティッシュに少し含ませて胸元に挟んでおくと花粉症の人も楽なようです。写真で読めますかね?「スムース」は、福田高規治療院から取り寄せることができます。1本 ¥1260- です。