魂のワークブック

何だろう?私と世界にプレゼントしたいもの♪

 
enosima-06_20110128184227.jpg














 江ノ島の洞窟前、欄干の上部。宝珠になっています。
 地にどっしりと!芯は天を目指している・・・形ですね。



noyaki-07_20110128184800.jpg














 粘土で作って焼いてみました。
 一緒にいたKさんは、周りにモヤモヤが見えるって言っていました。
 焼きあがった瞬間は、熱で空気を巻き上げて蜃気楼のように見えるかも知れませんが、もう手に持てる状態だったので、彼女は気が見えるのでしょう♪^ ^



houju-07.jpg














 Kさん、多分こんなような、目に見えるような見えないような渦が見えたのではないでしょうか?



houju-04.jpg












 この気の流れは水煙とも呼ばれています。お寺の屋根の宝珠や、九輪(宝輪)の周りにみられます。



enosima-65_20110128184305.jpg














 江ノ島の洞窟の中にあった蛇です。蛇もまた龍と同じくサラスヴァティの使いです。形が宝珠です。洞窟の中での修行、今にも動き出しそうな “気の渦” をイメージさせるのに使われたのでしょうね。



houju-08.jpg












 宝珠は龍の好物と言われています。よく玉を手に握っている龍が描かれています。まあ玉には玉の意味があるのでしょうが、好きなのは宝珠!時間をかけて漁ってみましたが、殆んどはこの絵のように玉でした。宝珠を握っている龍は本当に少ない!


houju-09.jpg





 宝珠はこの龍の右上の渦巻く雲の形や、となりのお皿に描かれた形になります。
 球だと安定した形ですので、変化をもたらす力にはなりません。芯が天に伸びていることで上昇のエネルギーが生まれる。この形を空間に置くだけで空間に
エネルギーの歪(ひず)みが生じる。宝珠の形そのものが宇宙に気の渦を生み出している。昔の人はそれを方便として、「龍は宝珠が好き」と言ったのでしょう。

 ピラミッドも同じようなアイテムですが、宝珠は全方位型です。ピラミッドは方角を固定することで、特殊なエネルギーを生むことができます。




houjyu-01.jpg














 女性の乳房も宝珠の働きをしていると思われます。下のと合わせて「陰陽師」岡野玲子さんの絵です。




seimei-02_20110128185232.jpg














 ↑印で作る宝珠。
 他に、両手の親指の先(の腹の側を)を合わせて上に向ける。残った指と手の平で宝珠の下部を作る方法もあります。



haru-01_20110128185034.jpg















 “気の流れ” は “命の流れ” そのもの。“気の流れ” は中々見えませんが、植物が勢いを持って伸びるさまを “気の流れ” と思っても間違いありません。
 “息吹” とも言います。この大きな木、ケヤキでしょうか?地中に深く・・・深く・・・根を張るほどに、“息吹” は伸びやかに天に向かいます。“気” と “木” 同じなのも面白い。

 宝珠・・・地にどっしりと、中心は天を目指す形。
 実際にこの形を手にしたり、この形を心の中にイメージしたり、この形の中に入る(モスクの礼拝堂など)ことで、上昇するエネルギーとハーモナイズが起きる。宝珠はそんな波動上昇の形(それは宇宙のもつ基本的なエネルギーだと思います)シェンロンのエネルギーに繋がるアイテムなんだと思います・・・
 
「まつげ越しに見えるの
 見たことあります

 赤血球みたいな形のものが
 瞬きするたびに動くので
 眼球表面を覆う涙の中に漂っている
 ゴミか何かの像かと思ってました 」

  って、hachiさんから頂いたコメント!



 また、目に映るオーブ?のような光の不思議を、覗いてみました・・・

 結論からいうと、よく分かりませんでした!^ ^



 オーブに関する写真、色々見てみると・・・(何枚かお借りしました)

oube-01.jpg















oube-02.jpg















oube-03.jpg















oube-05.jpg

















oube-06.jpg

















 C、D、E、はオーブではありません。

 Cもオーブの写真の所にありました。でもCは「こうすればオーブそっくりの写真が撮れますよ」と投稿された方でした。この丸い光の向こうには、光に輝く水滴があって、その水滴をピントを合わせないで撮ったものです。

 カメラには被写界深度というものがあって、その深度の範囲内の被写体には、おおむねピントが合うようになっています。範囲外のものはボケる。カメラのレンズは丸いので、ピントの合わない光源はこんな円形の光になります。

 D、E、は同じ方法で僕が撮影したものです。

 A、B、の写真はどうでしょう・・・?ずっと見ていくと、技術的には不可能では?と思われるものがあります。それがきっとオーブなのでしょうね!


oube-08.jpg














F、払沢(ほっさわ)の滝の近くで。



oube-09.jpg














G、由羽の回りに流れる光。

 F、G、はA?Eまでのとは違った球体が撮れています。




oube-04.jpg












C、のUpです。


oube-07.jpg














E、のUpです。


 ところがC、E、をUpしてみると・・・分かりますか? F、G、と同じ光の粒が現れています!

 この光の粒なんです!僕がまつ毛で作る虹の中に見えるのは・・・

 この光の粒なんですか?(光のヒモのようなのも見えます!)


 

 ピントが合わないときに見える丸い光も見れます。メガネを掛けて電球に近づいてみてください(スイッチ入れてねェ!^ ^)。メガネのフレームの光っているところを見てください。両目で見れないので、このフレームの光は左右どちらかの目でだけ見ています。だからピントが合いません。そのときに見えるのが、ただのボケた丸い光です。(ごめんなさい!片目でも距離があればピント合います。3Dにはならないけど・・・)

 ボケた丸い光を見たまま、電球にもっと近づくと、丸い光が強く輝きます!キレイですよ♪

 このただのボケた丸い光の玉を、さらに観察すると、F、G、や、C、E、をUpしたときに見える“光の粒”が見えてきます。なぜ携帯の写真に現れる“光の粒”とまったく同じものが目の中に見えるのでしょう・・・

 さらに観察すると、ボケた丸い光の玉と“光の粒”は同じ平面にはありません。それぞれ違うレイヤーに乗っています。丸い光の玉の上を“光の粒”は動きます。“光の粒”同士の位置関係は変わりません。

 “光の粒”は微細な粒子の世界を感じます。hachiさんが、「赤血球みたいな・・・眼球表面を覆う涙の中に漂っている ゴミか何かのような・・・」と表現されたとうりです。顕微鏡を覗いているようです。

 遠近感でいうと、“光の粒”が一番自分に近い。すごく近い!遮るものは何もない。ただし光の中にしか見えない。その向こうにオーブのような丸い光。その背景がいつも見慣れた、部屋や外の風景。




 僕・・・ちょっと幸せです。子どもの頃から、自分が自然に感じたり、見えるものを人に伝えようとしても、理解してもらえないことが多かったからです。自分はこの世界のものではないような疎外感がいつもありました。hachiさんの目にも同じものが見えている(たぶん)と思えるとホッとします♪
 
 20日の「奇跡体験!アンビリバボー」を見ていて、番組で紹介されていた絵本を是非読んでみたくなりました!

 確か「??ちゃん きいて」・・・



 “??”がうろ覚えで、ググッていたら、そう!「りなちゃん きいて」でした。
 『たけひろの雑記帳2』というブログに絵本の題名があり、番組の内容も詳しく書かれていて、たけひろさんも僕と同じように泣いた!って書かれていてとても嬉しくなりました!



rinacyan.jpg













 このブログでご紹介をお願いしたところ、快諾をいただけました!ありがとうございます♪




 りなちゃんのお母さん、山本順子さんは離婚後、生活もやっと軌道に乗り始めたころ末期がんが見つかり、余命3カ月を宣告されます。

 人は命をかけるところまで追い詰められ、“本当に大切なこと”が見えてくるのかも知れません。その“本当に大切なこと”は、命のあった人は自分の生きるその中で、命と引き換えに知った人は、何とか人に伝えたいと思うのではないでしょうか。この「りなちゃん きいて」は、そんなお母さんの愛を、この世に一人残すことになる6歳のわが子に伝えたい気持ちから、命がけで生まれました。

 順子さんの切なる気持ちは、15枚のバースデェーカードに込められます。順子さんが身体を失った後も、りなちゃんの誕生日が来るたびに20歳になるまで届けられるのです。りなちゃんがお母さんから生まれたその日に・・・

 絵本には、私たちは身体を神さまから借りて生まれてくること。役目を終えたとき、その身体は神さまに返すこと。次に誕生するとき、また新しい身体を借りること。順子さんが次に生まれてくるとき・・・ あっ!それは、たけひろさんのブログ 『たけひろの雑記帳2』 を読んでみてくださいね!
 
 
 今日は、お仕事も入らなかったし、個人的には横浜に行って見たいものもあるのですが、一日のんびりと過ごすことにしました。

 朝、3度寝してグダグダと♪ 心の赴くままに過ごす一日♪

 お昼も近づいてきたので起きてトイレに・・・





yubi-01.jpg














 すると、通りの向こうのワンちゃんが「キャン!キャン!」なきはじめました。




yubi-02.jpg














 なき止みません。祝福をはじめます。「わたしは太陽!」「あなたは光!輝いている!」
 ものの10秒!泣き止んでしまいました。




 面白いですよ!不思議ですよ・・・
 これは考えることではないですよ。やってみて体験することです。
 皆さんできます。

 コツは、「わたしは太陽!」に成りきる。

 「あなたは光!輝いている!」光輝いているさまを、マザマザと描く。

 やる人は少ないでしょうが、あなたがその一人になることです。
 そして、一人々々増え始めた人が臨界に達したとき(多くは必要ありません)、今まで「出来ない、出来ない」と回っていたテープが「出来る!出来る!」と回り始めます。それに続く人が次々に現れ、世界が変わります。

 生き物の進化は、適者が長い自然淘汰の結果、成し遂げられると考えられていますが(それもあります)、以外に短期間に次に移行します。飛べないのに、あんな邪魔な羽を引きずりながら、何10万年も地上で生活していたら、今頃コウモリたちは絶滅していたと言われています。





yubi-03.jpg














太陽の光を、指の間に透かして見る。


 起きだして、今日も光がキレイだったので、窓際で光と遊びました!
 ↑上の写真がそうです。
 hachiさんのコメントで、まつ毛で作る虹の中を、さらに探求してみたくなったのもあります。結果は出ず、途中経過になりますが、別の記事でUpしますね。






 今日は神さまも午後でいいや!^ ^;
 と言うことで、お風呂でノビノビすることに♪

sweetie-07.jpg

















 半身浴になるに違いないと思い、お水を用意します。ペットボトルの中身はブルー・ソーラー・ウォーターです。スウィーティーも一つ持ち込んで食べることに・・・剥いた皮はお湯に浮かべて♪

 本当にノビノビ!寒さがしみ込んだ身体から汗がドンドン出てきます。歯茎のマッサージも忘れずに・・・ スウィーティーを剥くと良い香りが広がります・・・ 甘く爽やかなスウィーティーを、お湯に浸かりながら食べる幸せ♪

 幸せな僕と一緒に、ウニヒピリ(潜在意識)のヒカルや、神さまも一緒にスウィーティーを食べているんだろうなあ・・・彼らは身体がないので体験はできない。僕を通して体験を共有している・・・
 
 “必要なものは全て与えられている。それに気づく” を思い出しました。本当だ!全て与えられてる!足りないもののない豊かな時間です・・・



 今日はあとで買い物だけします。石鹸と、新ラクトーンA(乳酸菌・酵母・ビタミンB1・B2。殆んどの人のお腹に良いのでは)、灯油、神さまのお花を買ってきます。それが済んだらもう出かける用事はない!そしたら今日はアルコールを少し呑もうかな♪
 
 16日の瞑想会のおまけです。



am2-01.jpg














今夜20日は満月♪




 午前2時(大体でいいんです) 東に向かって瞑想すると、何かが現れるそうです。

 午前2時に目覚まし掛けておいて、鳴ったらガバっと起きて、そのまま東に向いて座る。僕は何度かやってみましたが、眠くって、お布団が恋しくて、バタってすぐに倒れこんでしまいます。^ ^

 体験することは、一人々々違うそうです。福田せんせい、自分の見たものを言ってしまうと、皆さんの体験に影響してしまうので言わない、って。

 午前2時は一年でいえば冬至、最も陰の強いときですね。冬至も瞑想日なんです。
 また午前2時は、方角でいえば、うしとら(東北)、スリリングな方位です。でもその時向かうのは東??
 やってみるしかないですね!




am2-02.jpg














 
  
 
 
 寒い日が続きますねえ!
 寒い日は、温かいお風呂にかぎります。


sweetie-04.jpg














 浮いているのは、スウィーティーの皮です。
 お風呂に、甘く爽やかな柑橘系の香りが広がります・・・



sweetie-05.jpg














 一月に入って寒さだけでなく、雨が本当に降りません!洗濯には助かりますが、お肌にはね!

 乾燥は肌の潤いのピンチです。アロマ・オイルなどをお風呂に数滴落とすと、風呂上りの肌を保護し、潤いを保ったり、乾燥からくる痒みを防いでくれます。

 スウィーティーの皮は爽やかな香りとともに、オイル成分がたっぷり含まれています。食べた後は、お風呂に浮かべますと、アロマ・オイルの働きをしてくれます。





sweetie-06.jpg














 ただ皮には、精油成分が豊富に含まれていますので、お肌の弱い方(ゆず湯などで、肌がピリピリした経験のある方など)はお湯の中で皮を揉まないでください。精油成分で肌がピリピリしてしまいます。
 しばらくお湯に浸けたら、お湯から上げて香りを楽しんだらよいと思います。



 僕はお風呂に浸かっているとき、歯茎のマッサージを行います。のんびりと行えていいです。

 歯茎には多くのツボがあり、本来の歯茎の血行(本来の綺麗なピンク色を取り戻す効果)、腫れの改善。さらに、唾液腺の刺激による唾液の分泌の活性化、唾液の働きによる、自浄作用、消化作用、潤滑作用だけでなく、身体の免疫力のUp、さらには爽快感とリラックス効果もあります。お勧めですよ!
 
 
ami-05.jpg











“笑顔が太陽” の村上佳菜子ちゃん。You Tube より





 わたしが、太陽だ!

 あなたが 光っている!

 それが、治療です。




 太陽に、こちらから光をあげる。

 神をほめたたえ、愛してあげる。

 神社、仏閣、教会に行ったら、愛をさしあげる。

 空をみたら、空をほめたたえる。

 自分をほめたたえる これが一番!

 自分が素晴らしいから 何かくださいという感じ(不足感)ではなくなる。

 いっぱい 差しあげます あげます! あげます! あげます!




 喜ぶときは 全身で喜ぶ!

 ニワトリがコッケコッコーと言っているときは、首を伸ばしている。

 喜びを全身で表現している。

 首を伸ばす、ゆすっている。

 神と一体で嬉しい! 嬉しい! 嬉しい! 嬉しい! と言っている。

 首を縮めては 喜べない。

 喜んでいるときは、宇宙と一体って感じ。

 自分は生命、 光、 愛、 それを観じている意識と共にある。







ami-03.jpg











ジブリ、キキ・バッジ



 老人を見ている看護婦さん、(あ!今は看護士さんですね)が来られていて、

 「MRSA(耐性黄色ブドウ球菌)に光を当てると消えます」っておっしゃってました。

 物理的に光を当てたのではなく、意識で行ったそうです。

 「MRSAは 輝いている!」って!☆"

 その後、検査してもMRSAは発見されないそうです。

 お医者さんは、誰も信じないって!^ ^

 誰か一人でも、その手の研究を真剣に始めれば、医学に新しい分野が生まれるのにね・・・




 このような事(「MRSAは 輝いている!」)を、ドンドン皆さん始めて欲しい。

 起きたことを発信してください。

 光にお願いしたら、結果は疑わない。

 ありがとうございました!と感謝してしまう。

 感謝は、何べんもする必要はない。

 一辺したらおしまい。

 うまく行かなかったら「うまく行かなかったねえ!」

 って、神さまと一緒に大いに笑ってしまう。

 その後、工夫とチャンスがやって来る。

 このような事は大勢が出来なくてもよい。

 ある一定の人が出来るようになると、あっと言う間に世界に拡がる。

 「タイガー・マスク現象」はその走り・・・

 愛の表現の仕方がわかると、次々と続く人が現れる。




 わたし達は、一体感になってしまったら、みんなが一緒♪

 自分が太陽になってしまったらいい!

 太陽になって、辛いところに触れる。

 願わくば、世の中全ての人が、太陽と一緒になりますように・・・☆"

 

 
ami-02.jpg











さくら ももこさん 絵 「アミ 小さな宇宙人」より



 

 

 
 去年、12月5日に撮影です。


jyami-16.jpg














 瞑想会のあと寄り道してみました。代々木上原から徒歩3分くらい。



jyami-13.jpg














 モスクの尖塔キレイ!柱上部のアーチの模様もキレイ!
 でもこの日の目的は、この写真では良く見えないんですが、屋根のドームなんです。


jyami-15.jpg














 ちょうどバザーをやっていました!美味しそうな物も色々あって、知っていたらここでランチしたのにィ・・・



jyami-03.jpg














 ここは礼拝堂。バザーをやっていたのは1F、礼拝堂は階段を上がって2F。
靴を脱いで入ります。心を奪われるほどキレイ!!!



jyami-01.jpg














 ふつう女性は、髪を隠すために布を頭部に巻きますが、この時はOKでした!
 女性専用の礼拝ルームがあり、この後、彼女はそちらに案内されましたが、
ドームの直下に立てたのはラッキーでした。



j-2.jpg














 イスラムには偶像がありません。この礼拝堂そのものが神の体内とみなされているのでしょう。優れたシステムです。偶像がある場合、きちんと意識しないと、神(偶像)と自分が対峙してしまうんです。(対峙とは、神を自分の外側の対象物にしてしまうこと)

 ドームの内部は思ったとおり、特殊なエネルギー・フィールドでした。
 敏感な方は、この写真の前にいても感じると思います。
 画面クリックしてみてください。大きくなります。
 どうですか・・・?



houju-06.jpg














 これは東京ジャーミイではありませんが、モスク特有のドームがよく分かる一枚です。

 このドーム、宝珠なんですよ。
 宝珠は龍の好物です。宝珠の外側にも “気の渦” が出来ますが、内部にも “気のフィールド” が出来ます。
 
 12月31日。

 楽しみにしている、『きまぐれや』 さんのピザの届く日です♪
 シェフ、吉田さんの一年を締めくくる大イベント!
 これ以上は、イベントが中止に追い込まれても困りますので、詳しくは、ひ・み・つ・・・

 「今年は、ニコッと嬉しくなるような?トイレに?」が付いて来るのだそうです。 




kimag-13.jpg














 それが、これ!
 カレンダー! 『きまぐれや』 歳時記になっていました。


kimag-12.jpg














 これも、カレンダーの一部。





 「ダメもとで・・・ 今夜は無理ですかね?」
 という事で、シェフが見えたのが、6日の9時ころでした。
 その日が、『きまぐれや』 さんの大晦日だったのですね。

 身体を触ると、さすがにシェフ!!アルデンテにして来てくれました。

 吉田さんは、当然、素晴らしい身体感覚の持ち主。
 味覚だけではなく五感すべての高性能なアンテナが、素材や季節の持ち味を引き出して、あのような美味しい々々お料理になるんでしょうね!

 施療していても、「今、おとうさん(吉田さんにはそう呼ばれています)の右手からエネルギーが流れていて、左手を当てているところに集まってきてます!」
 なんて、自分の身体を流れる “気” を細かく観察、伝えてくれます。
 僕は “だろう” でやっていますので、そこまで判りません^ ^;

 “気” をキャッチするアンテナのレベルは、僕の触れる人の中でも1位か2位。
 因みにもう一人の1位か2位は息子のお嫁さんの桃ちゃん。吉田さんは僕の友だちですが、本当は息子の友だち、桃ちゃんは息子と一緒になる前から吉田さんと友だち。面白いですね♪ あ!そんな事、どうでもいいですか?

 

 「明日(7日)はゆっくり大鍋で出しを取って、お客さんがあっても無くても、七草リゾットを作ります」 七草リゾットが、『きまぐれや』 さんの年明けなんだそうです・・・

 8日に都合がついたので伺ってみました♪

 



kimag-14.jpg














 お米が!アルデンテですよーー!! 3年物の古米だそうです。古米というより3年寝かして・・・ってことですよね。
 茨城軍鶏と季節の白身魚を、Wスープで煮込んだ濃厚なスープに七草 (九草位入っているって) の少し苦味のある、春野菜らしい優しさが合います。



kimag-15.jpg














 最後にアイスクリーム。
 レーズンのように見えるのはレンズ豆をあんこのように煮込んだんだって!!
 リンゴを苦ーーい!キャラメルで煮たのと、苦ーーい!キャラメルのアイス?・&・ナチュラルなバニラが大人の味でした・・・♪

 お米のアルデンテ! レンズ豆のあんこ!
 生きているうちに食えて良かった!ありがたやー☆"
 
katen-06.jpg














 前回Upした、カーテン越しに写した太陽の一枚です。
 光線の中に、オーブのような球が見えます。




katen-09.jpg














 拡大したものです。
 オーブには余り興味がないので、これがオーブなのかどうか分かりません。
  



katen-10.jpg














 単に光学的に、レンズと光の関係で映っているのかも知れません。
 逆光で現れることが殆んどですが、光を撮れば(逆光になります)現れるとも
限りません。



katen-11.jpg














 下の2枚はシェンロンに宝珠を届けに、払沢(ほっさわ)の滝に行った時のもの。



 他の方の撮られたオーブを見てみると・・・ 撮られた写真のどこにでも、空中にプカプカ浮かんでいるのですが、僕のは光の中にしか現われません。
 同心円構造をしていますが、これは他の方のオーブにも良く見られるようです。

 「あ!またオーブが映った!」って思っていました。
 思っていましたが、事実は “?” です。




 それがですね、昨日の朝、カーテンと太陽で遊んでいて・・・
 カーテンの代わりに、自分のまつ毛に光を通して現れる虹を見ていたら、その虹の中に、見慣れたものが見えたんです!

 そう、上の写真に写っているオーブ(のようなもの)が・・・!
 “全く同じ同心円の光の球”
 ??? なんで ???
 虹の光の中に、そんなに多くはないんですが、一番上の写真と同じくらいでした。(残念ながら、これは僕の目の中の出来事なのでお伝えできません。テレパス同士なら可能なんでしょうね。^ ^)

 携帯の本体をはさんで、カメラのレンズと僕の目は反対側にあるので、僕の目の中にあるオーブが映る訳もなく・・・なんて、馬鹿なことを考えてみたり・・・

 不思議だなあ・・・


 

 ・・・・・・・・・?
 ・・・・・・・・・☆"

 一夜明けて・・・

 肉眼に見えているものは、物ではないのに気づきました!
 物ではなく、光を見ている。

 カメラに映っているものも、物ではなく光です!

 カメラにしろ、肉眼にしろ、光そのものを見つめてみる・・・
 自分の意識を “光” にフォーカスした時、
 物の次元では現れない、“光の次元の仕組み” が見え始めるのかも知れません。





 ふと、40年も昔の記憶がよみがえりました・・・☆"
 そのころ僕は、密教の団体にお世話になっていました。
 そこの先生の言葉

 「信仰をやっていると、“お陰(ありがとうございます。おかげさまで!)” があるのは当たり前。でも “みんな、お陰に囚われてしまうけれど” “お陰はあくまでも影” “光があって影がある” “本体である光” を求めて行ってください」

 オーブもそうですね。光から派生したものです。意識をオーブから離すと、光の本体はオーブも包み込んで燦然と輝いています。まつ毛を通して現れた虹はとても綺麗ですが、虹に囚われていると、太陽のことは忘れている自分がいます。





 
はちと神さま       金子 みすゞ


  はちはお花のなかに、

  お花はお庭のなかに、

  お庭は土べいのなかに、

  土べいは町のなかに、

  町は日本のなかに、

  日本は世界のなかに、

  世界は神さまのなかに。


  そうして、そうして、神さまは、

  小ちゃなはちのなかに。


 金子 みすゞ の詩にはしびれるような感覚があります。
 この詩は、神と世界と私たちの関係をフラクタルの中に見事に表現しています。




 宇宙という尺度でものを見ると、高々百年?数百年の価値観に囚われているのがアホらしく思えたりします。
 夜の宇宙(そら)を見上げると、星たちの脈動が自分の中にも流れているように思えます。
 宇宙と僕たちの材料は同じであり、その意味においては、僕たちは宇宙であるとも、星であるとも言えそうです。




katen-01.jpg


















katen-02.jpg


















katen-03.jpg


















katen-04.jpg


















katen-05.jpg


















katen-06.jpg














 上の6枚の写真は、何枚か重ねたレースのカーテン越しに、太陽を撮ったものです。



katen-07.jpg














 これが、Myハッブル望遠鏡!光がキレイに撮れて気に入っています♪
 カメラや望遠鏡の特徴として、自分自身を撮ったり、見たりすることは出来ません。
 この写真はカガミに写った自分自身です。



katen-08.jpg














 朝、起きて、カーテンを開けると光が本当にキレイです!
 目を瞑って、光を呼吸します。
 年が明けてこれからが寒いのですが、太陽の光は冬至を過ぎて、一日々々と明るさを増していて、肌に当たる光圧が日々強くなっているのを感じます。
 暮れに見た金星もそうなんですが、太陽の光も今まで見なかったように美しくないですか?

 今日は仕事が夕方からだったので、携帯を持ってまたベッドにもぐります。
頭と足を反対にすると、顔に光が当たって凄く気持ちがいい・・・

 さっそくレースのカーテン越しに太陽とコンタクトします。重なったレースのすき間から差し込む光が宇宙の星雲のようで・・・ちょう幸せです♪




 
 一つとても不思議な発見をしました!!!

 まつ毛と光を使って、光を分光、虹を創るのですが、その虹の中に、今までに何度も見てきた、あるものが見えるのです!肉眼で見るのは初めて!!

 なんで、こんな物が見えるんだ?
 
 そのある物のことは今度Upしますね!

 
tuyu-01.jpg


















 Heyさんのチャネルで「恐れないように」と言われましたが、その後、元日、
出発する前に「恐ろしい夢」を見ました。どのくらい恐ろしいかと言うと、怖しくて
叫び声をあげて、自分のその声で目が覚めた位です^ ^;

 夢の内容は、瞬間的に目覚めたので、全く覚えていません。夢の管理人にとっては、とても大切なことを顕在意識に伝えたくて、覚えていて欲しくて、恐ろしい味付けにしたのでしょうが、当人が覚えていなくては、ガッカリでしたね!
 また次の手を打ってくると思いますが・・・

 チャネルで言われた「恐れないように」は、「前進することを、自分が変わって行くことを、恐れないように」という意味だと思いますが、夢の内容はこのことと関連があるのか?ないのか?分かりません。


tuyu-02.jpg


















 その夢を見ていたのは、暮れから元日にかけての夜。
 その夜、天井から床に何かが落ちるような音が(小さい音ですが)何回か聞こえていました。

 4日に帰って来て、その夜。又その音がします。天井から水っぽい何かが垂れているような音なのです。気配も少し感じます。頭の近くでも聞こえてきたので、気持ち悪くなり、電気をつけました。

 このままではイカンと思っていると、ちいさな魂と神さまの会話を思い出しました。


ちいさな魂 「闇ってなんですか?」

神さま 「闇とはきみでないものだよ。」

ちいさな魂 「闇ってこわいのかな?」

神さま 「こわがろうと思えばね。」


 って、部分でした!
 その後、思いついたことは、そんなこと思いつくなんて、ちっとも思わなかった
ことでした!

 まず、僕の心の中にある、『心の庭』をイメージしました。
 そして、『心の庭』の番人に「僕はこの庭にいるので、僕が静かに眠れるように、僕に害する存在は決して入れないように」と指示、お願いしました。

 そしたら、さっきまでの不安は嘘のように消え去り、とっても安心になり、すぐに寝てしまいました♪


tuyu-03.jpg

















 次の日か、その次の日。音の正体が分かりました♪
 31日に、天井に届くぐらいの “木” を僕の部屋に入れたのです。
 この “子” は “南の島の木”で僕が種から育てたものです。 寒かろうと思い、取り込んだのですが暮れの寒さが応えて、部屋の中で葉っぱを落としていたんですね!どうりで気配がしたわけです。

 僕の中にある「恐れ」それが、意識が作ったイメージによりエネルギーを得て
実体化したんですね。(現実とバーチャルの混合です。僕たちが現実と思っているものの中には、このように決め付けて感じているものが沢山あります)
 同じく、意識で作った、『心の庭の番人』の働きで無害化できました。
 面白い体験でした♪☆"

 あまりに簡単に出来ました。初めてではない感じが・・・ 昔やっていたことを
思い出した気がします。


tuyu-04.jpg














朝、窓ガラスの水滴に光が当たり、キレイ!! 
 
 実写ではありません。合成、加工したイメージです。

hinode-01.jpg
















 去年の暮れ29か30日ころですかね・・・朝5時ころ。
 何か用事でアパートを出たら、月と金星が真正面に!
 月は影の部分にも光が回っていて幻想的でした!
 金星は・・・ あんなに綺麗な金星は生まれて初めて見ました。
 金色に強く輝き、キラキラ光っていました・・・
 とても寒かったけど動けず、茫然と見上げていました・・・






hinode-02.jpg














 5:16 1月1日、アパートの前、これから出発。
 上のイメージのように、金星と三日月が見えます。 



hinode-03.jpg














 6:12 前方が白んできます。ルート16、横浜。




hinode-04.jpg














 6:16 金星と月が、ず??っと正面で導いてくれます。




hinode-05.jpg














 6:28 東の空が明るくなってきました!保土ヶ谷バイパス。




hinode-06.jpg














 7:07 用意されたようなタイミング!実家に向かわず、野比海岸へ♪
 今年、初めて見るお日様・・・
 


hinode-07.jpg














 7:11 強い光でした!直視します。目を瞑っても丸い光が輝いています!
 目の前は浦賀水道。対岸は千葉県。左手の山は鋸(のこぎり)山。





 大晦日はHeyさんと電話でお話しました。

 話の途中で、チャネルしてもらうことになりました。彼らが直で僕にアクセスするのには、僕のアンテナの性能が不足しており、アンテナの大きさと波動のUpが必要なんだそうです。彼らの通信の一人は(彼らは全体で一つなのでしょうが)、金星からで、Heyさんによると「すごい美人!」だそうです。ロード・オブ・ザ・リングで言えばエルフ族ですね。レゴラスにしろ、アルウェンにしろ、いけ面、絶世の美女ですもんね♪^ ^ あ!僕が勝手に、エルフ→金星が起源、って思っているだけです。暮れの明け方に釘付けになった、輝く金星が心の中で脈動しています。

 チャネルの途中で「忘れていることはないか」という問いかけがありました。
 いくつか考えましたが全部外れ!本質的な問いかけだろうし、本質的なことほど、肉体を持っていると気づくのは難しい・・・「あなた方だって肉体を持っていたら、簡単に気づけないくせにィ」とお返ししてみたら、「あなたは子どもだ」と言われました。高次の存在特有の温かさであり、全くその通りなので、僕はすごく嬉しくなってしまいました。^ ^;

 でも存在が僕に伝えたかったのは、「今のままで、満足しているのか?」ということ。それから、娘のお産のとき、ほぼ100%の人が、叡智からのアドバイスに対して行動を起こさなかったはずだが、そのとき、僕が行動したことで色々なことが起こった。
 「そのことを忘れないように」という内容でした。
 もう一つ、「恐れないように」と言われました。

 すべての光の存在たち、ありがとうございます! 
 Heyさん、ありがとうございます!大?い好き!!