魂のワークブック

何だろう?私と世界にプレゼントしたいもの♪

 
Enya - Avrils Dance


dance_20100531111356.jpg














dance-02.jpg














 一緒に踊ってみましたら・・・

 とても☆、気持ちがいいです・・・♪

 曲も、いい感じ♪

 静かにくり返される、落ち着いたリズム?§?

 ・・・?§?・・・?§?・・・?§?・・・?§?・・・?§?・・・

 モヤモヤが取れて、明るくなる感じ?☆?

 ・・・?☆?・・・?☆?・・・?☆?・・・?☆?・・・

 時々したくて、リンクしてしまいました。

 あなたも、どうですか?

 彼女とダンスしてみては♪
 
seimei-02.jpg
















 悪鬼、悪霊、鬼神に向かう時には、敵であっても味方であってもいかんのだ

 こちらの心の動揺は、向こうの原動力となる、祭文を読む時も同じよ

 必ず我が願いかなえたしとか、必ず調伏せむなどと、力こめるのはかえって危険なのだ

 まして情なぞかけたら、向こうの思うツボよ

 相手(オニ)の力が施者(コチラ)に勝れば、相手に引き込まれ利用される

 逆に相手(オニ)が弱ければ、施者(コチラ)自身の生み出す妄想にふり回されかねん

 こちらの思いどおりに、事を運びたいなら

 神も含め、鬼神、悪鬼、悪霊、に対するとき

 この身は常にニュートラルにしておかねばならん
 
 可でもなく、不可でもなければ

 たとえ周囲で、どのような事象が起ころうとも 

 わが身は、風のように自由でいられる

 これはな、鬼神を使役し、闇を掌握せむとする陰陽師の鉄則というものぞ

 おれはハト派だ パンクじゃない

    「陰陽師」5 岡野玲子 原作・夢枕 獏 より(絵も)




 これは、物語の中の晴明自身の言葉です。

 「敵であっても味方であってもいかん」のは、人の場合も同じだと思いました。人は何かと人を裁くのが好きです。争いごとなど皆さん自分の立場に固執しますが、自分の立場から離れて、相手の立場にも立てるとこじれないで済むんです・・・相手が自分の事ばっかりだと、まあ難しいかも知れませんね。

 ニュートラルの人は、相手そのままを鏡のように映し出せる人です。立ち位置としては僕の理想です。僕は思い入れが熱いので難しいかも知れません。クールな人には上げた足を簡単に取られてしまいそうです!いろんな事に拘らずに風のように自由でいられたらと思います。


seimei-01.jpg















 知らんのか、優しい言葉ほどよく効く呪はないぞ

 悪霊に対するのに必要なことは、恐れでも敬いでもなく理解だよ

 優しさや、素朴さは鬼にとっては恐ろしいものなのだ

 鬼との約束を守ることもだ

 優しくされたり、約束を守られたら、相手を怨むことができなくなるだろ




 人の心の中に住む鬼も、約束を守られ、優しくされ、祝福されて、光の国に帰るんですね♪
 
 午前中の仕事が終わり、今日は娘と高麗川を走りました。


koma-03.jpg














 「見て欲しい家がある☆」ということで・・・
 高麗川辺りに住んでくれると、結構近くなので僕としては嬉しい!


koma-01.jpg














 まだ住むと決めた訳ではありません。



koma-02.jpg














 ポーチに生えていた、タンポポの綿毛で遊ぶ由羽。



koma-05.jpg














 幼稚園を見てみたいと娘が言うので、行くことにしました。
 名前は「フレンド幼稚園」 何か知ってる名前・・・高麗駅の向こう側?場所が
さっぱり思い出せません・・・??
 でも潜在意識は知っている、と言うので、任せて車を走らせてみました。
 すれ違い出来ない曲がった道を進んで行くと「フレンド幼稚園」の真裏に出ました!


koma-04.jpg














 特定できない目的地に向かって、潜在意識に任せてみたのは初めてでした。

 

koma-06.jpg














 入園すると決めた訳ではありません。


 未来は創るものです。自分にとって気持ちの良いことを自分に許していく。
 自分に愛される価値を認め、周りの人々を祝福する。自分の体験を人のせいにしない。
 そして、出来ないことを数えるのではなく、出来ることを少しづつ積み重ねる。すると、幸せな体験が増えていきます。
 
 タロットの仕事のカードに“ディスクの2”が出ていました。

 『仕事のエリアにおいて、ある変化をくぐり抜けています。仕事が変わってきているか、あるいは、あなたの仕事のやり方が変わってきているのでしょう』

 そうです。表向きの仕事そのものは見ていても変化は判らないでしょう。
 やっている事もあまり変わらないのですが、意識の持ち方が変化してきています。
 何とかしようとしないで施術している時間が多くなりました。すると、相手の身体に触っている、こちらも気持ちがいいんです♪一つのエネルギーの中にお客様も僕も一緒に入っている・・・そんな感じです。その時は相手の身体を良くしようなんてことも考えていませんね。でも結果を求めないで無心で出来たときが、目に見えない部分ではとてもいいことが起きているように思えます。

 近々、中々出来ない面白い体験ができる仕事が増えそうです!



yurino-21.jpg














 今日の天気は目まぐるしく変化しました!朝起きたらスッゴク寒く、ファンヒーターつけました。晴れてきたら暑くなりましたが、お昼ごろは雨。午後雨が上がるとまた暑くなり、窓の外には積乱雲が!夏です。


yurino-20.jpg














 冬と夏の間にあった春があまり感じられません。



yurino-19.jpg














 今日は夕焼け、綺麗でした!仕事終わって日が落ちるまで見てました・・・
 ハレーションの周りにオーブが写りました。



yurino-18.jpg














 日が落ちてからも、何ていうんですか、普通の光ではない、オーラやグレースのような三次元的ではない瑞光という光が見られました。

 
「霊性の時代の夜明け」の新着情報。


g-06_20100522012453.jpg

















 奇しくも、“くらやみ祭り”の「大國魂(おおくにたま)神社」に参拝することになった、5/5にUpされていました。

ookuni-01.jpg













 
 あ?みんさんお勧めの“0磁場ベッド”体験に、市ヶ谷にある「宇宙エネルギー研究所」に行ってきました。
 「宇宙∝エネルギー∽研究所」ですよ!怪しい・・・

 “0磁場ベッド”は暖かく、とても気持ちが良かったです♪ヘッドホンの音が大きすぎて、余りリラックスできませんでしたが、体験後トイレ20回(含む大2回♪)くらい行きましたよ!“0磁場ベッド”効果 &、研究所で波動水を大きなコップに3杯も飲んだの &、来るとき冷房の効いた電車で冷えたののトリプル効果かと思います。

 宇宙エネルギーを集積させる、ちょっと特殊な形のマカバが頭上に来たときが一番≫∞≪共鳴してしまいました・・・危険らしいので頭上にあったのは0.5秒位でしょうか。あとマニ宝珠の形をしたセラミックスをハートの前に持ってくると、ハートチャクラが輝きだしたのは楽しかったですね!




 色々お話をお聞きしました。終わって研究所を出ると、駅付近の日テレ通りは昼飯どきのサラリーマンがあふれていました。外堀を渡ったところのモスバーガーでお昼に♪

 天気もいいし!帰るのも何だし・・・小石川植物園に行くことにしました。

 水道橋で降りました。

 日差しは強いし・・・小石川植物園まで遠そうだし・・・近くに小石川後楽園があるので行き先変更!




kouraku-18.jpg














 ドームの下を歩いて行きます。どこにあるの?と捜していたラクーアがありました!ジェットコースターとラクーアのビルが合体してるんだ!
 すっげーーーっ!!急勾配!!乗るの無理!!元仲間がここ(ラクーア)で働いているんです。


kouraku-02.jpg














 小石川後楽園、知ってたけど入るの初めて!後楽園球場(東京ドーム)が有名ですが、名前、こちらの庭園が先なんですね。右からトーキョー・ドーム・ホテル、ドーム、ジェットコースターの軌道が見えます。ドームの白さが不思議な空間を作っています。


kouraku-15.jpg














 この庭園は黄門さまで有名な水戸光圀が完成させたそうです。
 「後楽園」という名前は、中国の教え「(士はまさに)天下の憂いに先だって憂い、天下の楽しみに後れて楽しむ」から取られたんだって。へえ?・・・ 
水戸光圀が先生と仰ぐ、明の儒学者である朱舜水(写真)の意見をとり入れ造園したと書いてありました。

 仙人かな・・・爪!長っげえーー!!!ネイルのし甲斐ありです。^ ^


kouraku-04.jpg














 周りの建築物や、このようにビルが池に写っていないなら、ここが都心なのを忘れてしまいます。



kouraku-03.jpg














 昔、仕事が合わなくて辛かったとき、小石川植物園に避難したものです。^ ^;
 まさしく都市という砂漠のオアシス・・・



kouraku-05.jpg














 僕にとっては、緑、光、水、土、風、は基本!
 「宇宙エネルギー研究所」も同じでした♪



kouraku-08.jpg














 緑、光、水、土、風、←が不足していると命が干からびて行きます。
 ここを通り抜ける風は、ビルの間を吹き抜ける風とは明らかに違います。



kouraku-06.jpg














 とても良い香りがして、捜してみたらこの子でした♪何て言う名前でしょう?
ちょっとアジサイみたいな・・・アジサイの原種でしょうか?気品のある香りが周りに漂っていましたよ!


kouraku-07.jpg














 仲良しらしい3人。園内は比較的に年配の方が多かったです。



kouraku-01.jpg














 園内の入り口付近にお休み処・涵徳亭(かんとくてい)が、中は昭和初期みたいな超レトロ!ランチは後楽園弁当,刺身定食,煮魚定食など数種類、どれも¥630円、安いっす!


kouraku-19_20100613180606.jpg














 頼んだのは白玉ぜんざい。でもお弁当も食べたい!
 後楽園弁当はしっかりと作られた幕の内。海老、ホタテ、椎茸、レンコン、鶏肉、牛蒡、蒟蒻、魚、かまぼこ、里芋、厚焼き玉子、茄子、ヒジキ、青菜、漬物2種、ゆかりご飯、お味噌汁。

 ほんと美味しかった!のんびり楽しめました♪
 
 娘がこの部屋から巣立ってから、僕ひとりの生活が始まった・・・
 その時からの、ベッド・ルームのブラインドを換えることにしました。


 
mado-06.jpg














 障子のような和風でしたが、最近よごれや染みが気になっていたのです。




waseda-13.jpg














 瞑想会の帰り、むげん堂さんで中々気に入ったカーテン見つけました♪
カーテンと言ってもベッドカバーですがね!



mado-07.jpg














 銀ラメの入ったインド綿。カーテン一つで部屋はすごく変わります☆




mado-05.jpg














 ぞうさんと、宇宙の法輪と、蓮の花の絵柄♪ 銀ラメがキラキラ☆キラキラ☆
グレイス☆みたい!

 本日(5/18)まで見る度に幸せで、ニコニコです♪^ ^v
 
 「人生が、いっぺんに好転した人がいるんですが」

 完全に後を向いて歩いていた人が前を向いて歩くと、いっぺんに変わりますよ 一般には、少しずつ変わります


waseda-16.jpg














 早稲田通りに面する福田治療院。その向かい側スーパーサントク。午後の
セミナーを続けて受講する時、よくお弁当を買いにいきます。






 瞑想(神に聞く)と、祈り(神に語る)はセットです

 (瞑想は)静けさ・一体感ですよ

 瞑想はきちんと座ってやらなければ、と言うことはない

 慣れてきますと、年がら年中、瞑想している、祈っている、と言うことになります




 座っていて、どこか痛くなってきたら、その痛みを感じてみる

 どんな感じかな・・・ ですよ

 身体や腰をゆっくり揺らしたり、体重をそ?っと移動して、一番楽な位置を捜し

 また座り続ける


waseda-14.jpg













○ 
 タイ料理ティーヌン・・・値段以上に☆惹かれるものがあります!






 静けさの中で、人の名前を言うと、その人を健康にしてくれます

 ありがたい世の中に住んでいますね?

 自分から愛があふれているのを、ただ許してしまう

 全てのことに、まず感謝してしまう 人生のこつですね




 祈るとは、自分の一番好きな言葉を生活の中で、言い続ける

 「愛で一杯」「愛で一杯」「愛で一杯」「愛で一杯」「愛で一杯」・・・


waseda-15.jpg














 ☆鶏肉バジル炒めのせご飯(目玉焼き付き)・・・飛びつきたい好みの組み合わせ♪でも今日は身体に少し痒みがあるので止めました;


 



 「カンボジアの子ども達を見ていると可愛そうで、胸が痛むんですが」

 彼らは幸せですよ 不幸だなんて思っていませんよ

 素晴らしい人生を送っているんだ

 見た目はどうでもいい

 自分は素晴らしい人生を送っている

 この人もそうだ!

 そう思って、そう感じる・・・

 凄いねー! 嬉しいねー!

 何とかしようとしない

 あとは 忘れてしまう・・・

 可愛そうだ

 可愛そう そんな問題じゃない

 それが祝福です!

 最終的に、いかに自分が素晴らしいかを感じるだけですね!

 
 
 昨夜は仲よし3人で集まってワイワイ賑やかでした!

 来月22日にお泊り飲み会をする話が進行中ですが、「23日にセミナーがあるから無理なんじゃない?」 セミナーとは、れい華さんのセラフィム・ブループリント。すっかり忘れてた!Kさんありがと!助かりました。

 ネットで調べてみると27日でした!良かった!手帳見てみると27日に赤い線が引いてありました?「とりあえず他の予定を入れるな」って印でした!

 自分で書いておいて・・・何だろう?この線は???
 “???”が分かって良かったです。^ ^;

 その、れい華さんのブログにエジプトの写真があって、そこから「エジプト行ってみない?」ってことになって・・・




tabi-02.jpg












 来てしまいました!



tabi-04_20100514204950.jpg














 観光スポットを随分回りました!(と言ってもピラミッド周辺)ロバ(馬?)ちゃん!可愛い?♪
 やはりピラミッドの辺りは埃っぽくて、次は、しっとりとしたバリ島に行くことに
なりました。





tabi-09.jpg














 バリ島ウブドです。どうです!みずみずしいでしょう♪



tabi-08.jpg














 ウブドのライス・テラス。アフリカじゃない、アジアの風景です!
 お米は、年2?3回収穫されるんですよ。


tabi-17.jpg












 ジャラン(通り)・モンキー・フォレスト。坂を下った先に見える森がモンキー・フォレスト。


tabi-05_20100514210039.jpg














 ウブドは今日(5/14)まで知り合いの子が滞在していました。今頃は成田に向かっている飛行機の中でしょうか?

 上空から見えるウブドの村です。Ubud Palace はウブドの王宮です。真っすぐ下に向かう道はジャラン・モンキー・フォレスト。途中右側の空き地はサッカー場。多分、この辺りを彼女はジャラン・ジャラン(散歩)したことでしょう・・・

 あちらこちら見て歩き、今度はマチュピチュに行くことになりました!




tabi-12.jpg














 マチュピチュ、イキトス、クスコ、キト、「聖なる予言」の舞台です。



tabi-11.jpg












 ラピュタの庭園みたいです・・・

 地球のクンダリニー、サーペント・オブ・ライトはインド、チベットを出て、今はこの地をねぐらにしているそうです!これからの1万3000年、地球の霊的な中心となる場所・・・




tabi-13.jpg













 ツインソールの実家のある長野市、家のある場所の特定は出来ませんでした。日本に戻る前に北朝鮮にも寄ってみたんですが、あの北朝鮮でも絵葉書みたいな写真があったのに、この山の中は何にもない!UFOの基地ぐらいあってもよさそうなんですが・・・



tabi-15.jpg












 埼玉に戻ると、入間基地がこんなに丸見え!コントロール・タワーの位置まで表示されています!


tabi-14.jpg













 基地のすぐ側の、狭山経済高校。爆撃しないでね!って屋根に学校の名前が書いてあるんでしょうか?


tabi-16.jpg












 旅の出発点です。このアパートからネットでお出かけしていました。3人で深夜まで盛り上がりましたよ♪


tabi-01.jpg












 Google Earth 楽しいです♪

 地球儀を回してまずは行きたいところの上空へ、ポイントが特定できたらズーミングしていきます。情報量の多いところでは車1台まで確認できます。主なスポット(観光地など)には世界中の皆さんの撮影した写真がUpされていますので、過去に旅した場所などは思い出して、じ?んとしてしまいますよ?♪

 旅の写真、Google Earth よりお借りしました。
 
 神さまは、ひとり一人を無条件に愛していますから、僕たちが意識している
通りに働く存在です。
 僕たちが決意したことや、決意しないことや、常日頃、心で想っていることを
創造する力です。
 引き寄せの法則とも言います。

 そこに取り引きはありません。
 「■■したから、●●してやろう」
 なんてケチなことを神さまは言いません。


yurino-16.jpg














 カップリング成立前の微妙な距離感・・・人も鳩も同じですね♪少しずつ近づきましたが、メスに逃げられていました。オスに逃げられたのかな?^ ^
 施設の隣のコンビニで。





 気持ちの良い、命が喜ぶことに意識を合わせていますと、命が喜ぶような体験が起こります。

 嫌な、気分の悪い、人を批判したり、世界の否定的な部分に意識を合わせていると、嫌な体験が起こります。

 多分、何気なく発している言葉も大切で、言葉の背後には神の創る力があり、また同じ言葉を発したくなるような体験を創造していきます。

 「うまく行かない・・・」「嫌だ!」「許せない!」と言っていると愚痴どおりの出来事が待っていて、結局「うまく行かない・・・」「嫌だ!」「許せない!」を言い続ける人生になります。

 「ありがとう♪」「大好き♪」「嬉しい♪」「幸せ♪」と言っている人は、また「ありがとう♪」「大好き♪」「嬉しい♪」「幸せ♪」と言いたいことが天から降ってきます。

 人の想い、行動にはウニヒピリ(潜在意識)がとても大きな力を持っていますので、ウニヒピリと仲よくなるのは重要です。仲よくなるとウニヒピリはウハネ(意識)を一生懸命助けてくれます。存在の各方面にパイプラインを持つウニヒピリはウハネ(意識)とアウマクア(超意識)の絆を再びつなごうと働いてくれます。(どうしても否定的な意識に焦点が合ってしまう場合は、潜在意識が傷ついていると思われます。アダルト・チルドレンであるウニヒピリをケアして不安や恐れから解き放つことが必要です)

 宇宙に存在するすべての力にアクセスできるのはアウマクアです。アウマクアは祈りや決意や想いを創造する力の源です。




yurino-15.jpg














 久しぶりに綺麗に見えた富士山・・・まだ真っ白ですね! 





 神さまは無条件の意識ですから、ひとり一人の意識を無条件に助けています。

 光を望む意識には、光となり、

 世の中うまく行かないよ・・・という意識には、ちゃんとうまく行かないように・・・

 死にたいという人にだって、「止めなさい」なんて言いません。「どうぞ、どうぞ」と無条件に背中を押してくれます。無条件とはそういう事です。

 そこに社会に対する責任とは違う、自分自身に対する責任があります。すべて自分が体験していることは、自分が創造の源であることを理解すると、人や社会のせいにすることは出来なくなります。これは、とても楽になる体験です。

 “汝の欲することをなせ”

 「ネバー・エンディング・ストーリー」のアトレーユ、そしてバスチアンの首に掛けられたアウリンに刻まれた言葉です・・・ 自分が真に望むものは“何”なのか?

 神さまと一緒♪神がいつでも一緒にいて創造してくれていることを知ると、
力を感じます!思わず笑顔になり、ワクワクします♪感謝せずにはいられなくなります。クレドール、ありがとう!



yurino-14.jpg














 6Fの窓、(写真3枚とも5/13)キラキラ輝くグレイスが良く見えていました。
 グレイスを見るときの焦点を少し変えると、オーラが見えるそうです。
 
 ほぼ月一で、久里浜の両親の波動調整に行っています。
 母親のがんマーカーが下がって、ほっとしていたのですが、
 今回、やはり母親の緑内障の眼圧が下がっていて良かったです♪


 511-07.jpg















 帰りの横横、三浦半島の新緑!


511-06.jpg














 保土ヶ谷バイパス。隣の車線の車にカモメが・・・!


511-09.jpg














 湘南物流というトラック、東名の分岐でお別れするまで一緒に走ります。


511-04.jpg














 このインカ風の壁画が見えると、もうすぐ国道246越え。


511-08.jpg














 相模原を過ぎて、八王子を抜けて、福生あたりでは疲れが出ますが、横田
ベースを右手に見るとホットします。後はもうすぐなのです♪

511-02.jpg














 茶畑を見ると帰って来たって・・・いつも思います!


511-01.jpg














 カレーの大好きな仲よしのKさんにお土産。味見してないよ?^ ^;
 
 この「千年プリズム」、今バリに行っている子のお母さんからのプレゼント!
 二人でゆっくり話すのも、最後の治療の2008年1月以来久しぶりです。

 昨日は気持ちのよい晴天でした。モッコウバラがきっと綺麗に咲いているだろうなあ、って思って「HOT・POT」にお昼しに行きました。

keesyo-07.jpg

















 強い日差しでパラソルに蔓の影がはっきり!

keesyo-18.jpg



















keesyo-17.jpg



















 席に戻ってみると、お料理が来ていました。
 「随分赤いロゼだね!」って言うと、
 「ロゼがなくって、じゃ白って言うと白もなくて、これになったの」
 ですよね、どこから見ても赤ワイン!





 光を分光しています。

keesyo-09.jpg


















今朝(5/10)アパートの駐車場で遊んでみました☆

keesyo-15.jpg















keesyo-14.jpg














 
keesyo-10.jpg














 昨日(5/8)仕事先のパーキングに車止めたら!虹が現れたんです♪
 お守り、And、通信用として水晶をルームミラーに下げているんですが、その
結晶に朝日があたっていました。


keesyo-11.jpg














 水晶の結晶で分光された光! きれい・・・☆♪
 普通、イエローとグリーンの間にピンクは入らないのですが・・・?



keesyo-12.jpg














 そしたら!! 今日、光学ガラスで出来たプリズムを頂ました!
 ありがとうございます!「千年プリズム」ネーミングもいいですねぇ。



keesyo-13.jpg














 こうゆうの好きです!非日常的空間・・・アリスに逢えそうな♪

 
yurino-11.jpg














 前日にブルー・ソーラー・ウォーターが作れず、出勤して6Fテラスで作っています。
 夏のように暑い一日でした。強い日差しで、ランチには良質のB・S・ウォーターが飲めました。



yurino-12.jpg














 ボトルの横には、小さな命が! 命にはいつも感動させられます♪この子はこの場所に誕生し、根を張り、小さな花を付け、次の世代を創ろうとしています・・・

 それが出来るかどうかなんて気にもせず、この場所に不平も言わず、誰のせいにもせずに・・・ う??ん、僕の先生です!ありがとうね♪


yurino-09.jpg














 6時過ぎ、今日のお仕事終了です♪窓の外がこんなに明るい!この時間、
西の空にいつも飛行機雲が見えます。





yurino-13.jpg














 西の空に向かう飛行機です。右側の窓から夕日が見えていることでしょう。
明日の(7日)夕方、知り合いのお嬢さんがBALIに向かいます。この時間、この窓から見える飛行機雲は彼女の乗る飛行機かも知れないなあ・・・いいなあ♪
 
 5日は府中の病院にお見舞いに行きました。

 府中といえば、友だちの猫仙人こと遠藤さんの「やすらぎ健康庵」があります。ここのところ長く話もしていないので逢うことにしました♪本当に1年以上逢ってませんでした。美味しいお店に連れていってもらいご馳走になりました。運転があるので呑めなかったので、「次回はお泊り飲み会しようね?!」の計画が動き出しました♪

 ご馳走さまでした!次回が楽しみです♪


ookuni-03.jpg














 『当日は大國魂(おおくにたま)神社の「くらやみ祭り」でごった返すので車止めるのは至難の業』と聞いて、隣の北府中のパーキングに止め電車で府中本町に向かいました。


ookuni-01.jpg














 大國魂神社は、景行天皇41年(西暦111年)5月5日に創立され、来年、
1900年祭が行われる由緒ある神社です。
 創立された5月5日に府中を訪れた・・・足を運ばされたといった方が良さそうです!

ookuni-05.jpg














 関東三大奇祭の一つ「くらやみ祭り」。5日の神輿渡御が深夜に町中の灯を消して闇の中で行われたため、「くらやみ祭り」と呼ばれるようになったそうです。



ookuni-06.jpg














 祭日の夜に10代半ばから20代の男女が集会し、互いに求愛歌を掛け合いながら、対になり恋愛関係になる歌垣という風習の色合いが強く、明治時代になってその風習は改められたようです。


ookuni-04.jpg














 境内には屋台がたくさん出ていました!暗闇ではなかったです。
 
 今朝は朝まで起きていました。

 芽吹きの前に行ったトトロの森、今頃は緑いっぱいだろうな!って想うと行きたくなってしまい・・・
 来てしまいました♪


totro-19.jpg














 着いたのは5時半位。日は出ているんですが、小高い森が光をさえぎっています。


totro-17.jpg














 案内標識の奥の木々もこんなに茂っています。



totro-16.jpg














 隣の森のこずえから日が昇ります。5時45分位。



totro-09.jpg














 ゼンマイの葉がこんなに広がっていました。



totro-15.jpg














 展望広場の地面にも日が射してきました。



totro-14.jpg














 「さいたま緑の森博物館」の施設のすぐ横にある池。



totro-13.jpg














 カワセミが朝ごはんを狙っていたんですよ♪写真撮れませんでしたが。



totro-10.jpg














 ウグイスや野鳥がさえずり、蛙が鳴いていました。中国から渡ってきて日本で増えているガビチョウの、ひときわ大きくメロディアスな声が谷間に響いていました。綺麗な鳴き声ですよ♪

 6時半位。朝日に輝く新緑が池に映ります!
 
sanpo-23.jpg














 飯能駅から間野黒指(まのくろざす)行きのバスで終点で降ります。
 バス停近く、村の鎮守の神さま。登り口には大きな杉のご神木、怖いくらい急な階段!!太古からのエネルギーが住んでいそうな異空間を感じます。



sanpo-22.jpg














 バス停からちょっと歩いたお寺、薬王山(やくおういん)にお散歩マーケットの受付があります。

 4月8日は過ぎましたが、お釈迦様の誕生を祝う、花祭りにつき物の甘茶が飲めました♪タライの中のお釈迦様にも甘茶を♪世界中に祝福が届きますように・・・と甘茶をかけます。

 最初の写真の神社と薬王山 (トップページ →掲示板の神社仏閣をポチってください)



sanpo-20.jpg














 順番に歩くと最後の21番目にある、「どうでいら」さん(同じ高さという意味らしい?)の庭先に並ぶ、京菓子、きれいです!



sanpo-19.jpg














 17番「かえるのおやつ」さん、チャパティ風の何やら美味しそうな焼き物に興味をそそられます!



sanpo-18.jpg














 なぜ順番を逆に回ったか?15番「あかね屋」さんのカレーが目当てだったから!午後には売り切れてしまいます。カレーは何とかセーフでしたが、ケーキは最後の1ヶでした!ここのカレーはインドレストランよりもスパイシー!スパイスのバランスが絶妙!大好きです♪



sanpo-16.jpg














 「あかね屋」さんでは千葉に引っ越してしまった旧友と、まるで待ち合わせしたように再会できました!なぜか花蓮が初対面のこのHさんにベタベタ。

 「あかね屋」さんでのんびりして、逆コースを尾根伝いにしばらく歩きますと、急な傾斜地の下に、最初に受付を済ませた黒指地区が見えてきます。

 晴天の空の下、草むらに転がります。とても懐かしい草の匂いが・・・



sanpo-14.jpg














 12番「O-NE」さんは縁側の急な階段を登ると、多分昔は養蚕をしていたんでしょうね、2Fがアトリエで絵の展示が行われていました。

 息子と僕はアトリエに入るなり、記憶の中の臭いのサンプルの一つに同時に
反応!「カメムシの臭いだ!」明かり取りの布の窓に4?5匹発見。↓印がカメちゃん。

sanpo-13.jpg














 「突っ込むところが違うでしょう!」って失笑を受けます。

sanpo-12.jpg














 「O-NE」さんには焼き物の釜がありました。奥様が陶芸をされているそうです。
 「あかね屋」の旦那さんは仏像彫刻、あかねさんは絵かきさん。10番「ひがし」さんでは西欧の住人(アメリカ人?)のパンやクッキーが。7番「ひなた」さんは中国か台湾の方でしょうか?息子たちファミリーは焼きビーフンを旨いうまいと食べていました。

 元々この里で暮らす家々は山菜や、掘りたての竹の子、焼き竹の子、竹の子ごはん、けんちん汁、赤飯、草もち、ウコッケイの卵、手造りママレード、手打ちうどん、おはぎ、などを庭先に並べて待っていてくれます。

 創作楽器でのミニコンサートあり、琴の生演奏にのせての昔話あり、この里山では異文化、異人種の人たちが上手に暮らし、お散歩マーケットという、美味しい、身体にいい、気持ちいい、何とも楽しい未来の可能性を感じさせてくれています!



sanpo-15.jpg














 山歩きでお疲れの僕たちは、13番「かねみず屋」さんで休憩。
 ちょいと季節外れのおしるこ。甘いおしること、漬物、お茶が疲れを癒します。強い日差しに木陰の涼しい風が気持ちよかったです♪敷き物にゴロンと横になるとウトウトしてしまいました。

 その時に見えていた空です・・・
 
a-071_20100503004514.jpg














グレゴリー・コルベール、Ashes and Snowより





 生まれてくる前の話です。

 次に生まれたら、僕は魂の勉強がしたいと思った。
 もう一つ、女たらしの人生を選ぶ道もあった。
 でも、女たらしの人生よりも、なにしろ魂のことが重要だった。
 女たらしの人生では、魂の勉強がうまく行かないのでは、と考えた。
 そこで、恋愛向きじゃない顔を持って生まれることにした。 

 そう、ツインソールに話したら、
 「女たらしの人生も楽しいんじゃない♪」と言われた。
 「もうちょっと良ければ(顔が)、私のとこに回ってこなかったね」(笑)
 
 この魂の勉強の邪魔になる(と思い込んだ)恋愛・・・
 その恋愛から自分を遠ざけるために選んだ顔・・・
 これが今生、自分の人生に掛けた緊箍児(きんこじ)ではあるまいか?

 だからこの緊箍児(きんこじ)を外すのがとても怖い。
 花蓮や由羽は僕と会ったとき、素直に(一種、自分勝手な)愛を示す。
 恋愛は本来、このように無邪気なものではないのかな・・・?
 そして、魂の勉強のため、これほど必要なものもないと・・・



注・緊箍児(きんこじ) 孫悟空の頭に付いている環のこと。そして、三蔵法師が、
 孫悟空の頭に付いている環を絞めるときに使う呪文が、緊箍呪(きんこじゅ)
   




 「顔」 カマクラより
 
ta-23.jpg
















 1 物の見方 ワンド3

 2 コミュニケーション ワンドのナイト

 3 仕事 ディスク2

 4 内面の自己 ディスク8

 5 性エネルギー カップのプリンセス

 6 身体 ハイエレファント

 7 主な関係性 アイオーン

 8 新しい見方 カップの6

 9 マインド チャリオット

10 ピーク・エクスペリエンス アート

11 スピリチュアル・メッセージ スウォードのプリンセス

12 瞑想 タワー

13 概観 カップのA



真ん中の概観を除き、最後のカードにタワー(崩壊)が!又しても。

 物事をうまくまとめようとする傾向に、屈してしまわないように。困難なことでしょうが、今のあなたの瞑想はコントロールを落とし、人生のある側面が混沌とすることにまかせることです。
 
 自分の在り方が変わってきて、カードを引く気持ちになっていました。
 カレントライフ・リーディングで何が起こっているのか?新たに13枚を起こす
必要も感じていました。

 ゆっくりカードに向かう時間が取れずにいましたが、1枚引くことにしました。


 
示されたカードはエンペラー 課題は責任

ta-24.jpg






















●描かれている意味

 女帝が母親の象徴であるように、彼女の伴侶である『皇帝』は父親の役割を
象徴しています。彼は成熟した陽のエネルギーであり、決断を下し、責任を取る者です。このカードのキーワードは責任です。責任が、外側のものと捉えれば
?何かへの責任、正しいことをするという責任というように?束縛や、コントロールしたりされること、重荷を負わせる力になるでしょう。

 真の責任は、自分自身に対するもの、自分という存在の真実に対するもので
あり、この自己責任から真の権威が生まれます。これは無責任ではありません。どんな状況にあっても、自分の決断とその結果にトータルに責任を取ることなのです。これによって、人への非難や罪悪感や期待、社会や他人の期待に捕まるといった概念全体が無効になります。この理解から、私たちのすることすべて、他人への期待のない、クリーンなものになります。私たちが私たち自身になる?これこそまさに真の権威が持つリアルな質です。

 一般的なリーディングでは、このカードは、責任という課題のあらゆる側面を表します。


●シンボル(占星術のシンボル:牡羊座)

 『皇帝』は、世界を表す球体を手にした力強いパワフルな男性として描かれています。球体の上にあるマルタの十字は女帝の王冠にあるものと同じで、王室の威厳を象徴しています。法律と秩序にかなった伝統的な正しい姿勢で足を組み、このカードの数である4の字形を成しています。

 彼の脇と、手にした杓(しゃく)の先にある雄羊の頭は、動物界・物質界との結びつきと、リーダー、個人主義者である牡羊座を表しています。足元にうずくまっている子羊が降伏の印である白旗を掲げているのは、彼の強さがコントロールや支配からでなく、存在の高次の宇宙的な法則への安らぎに満ちた服従からやってきていることを示しています。

 別のレベルでは、羊は勇猛な野生の雄羊が飼い慣らされたものであり、社会によって外から押し付けられる責任に常に耳を傾けている人々の、従順な愚かさを示しています。

 このカードの赤は、牡羊座の火の質であると同時に物質界との結びつきを示しています。

 ユリ紋と、盾に描かれた二羽のワシのシンボルは、『女帝』のカードと同じものです。

 『皇帝』と『女帝』は夫婦であり、お互いを見つめていますが、それは、成熟した男性性と女性性という両極を表しています。

 直感のタロット (p110?111)



 ちなみに、『女帝』は慈悲・・・ クールで共感に満ち、受容的であるがままの状態にスペースを与えることで、ただあるがままを養い育てる慈悲。自分に対する慈悲とは基本的に、異なる色合いや味わいすべてにおいて、自分自身の人間
らしさを許していくという質です。