魂のワークブック

何だろう?私と世界にプレゼントしたいもの♪

 
友人のKさんから絵本をいただきました!
yuno-05.jpg














お話の登場人物は、お姉ちゃんと、弟と、お母さんの3人。
yuno-06.jpg




















 生まれて5ヶ月の心、2歳ちょっとのお姉ちゃんの由羽、子育てに奮闘する娘。
 弟が生まれたことで、親の愛を独り占め出来なくなった由羽。一つのケーキを半分に分けなくてはならなくなりました。それが分かっていても下の子の世話をしなくてはならない娘。そんなちょっと辛い気持ちのお姉ちゃん(お母さんもだよね・・・)を主人公にした絵本です。

 ちょうど僕の娘のところ、そのままの絵本を見つけて、「娘さんにあげて!」っていただきました。ありがとうございます。Kさんの優しい心遣い・・・嬉しいです♪
 娘も、「ありがとうございます!」って、「伝えてね!」って。




yuno-07.jpg














昨日(23日)娘に渡せました。さっそく、「読んで!」ってせがむ由羽。





yuno-04.jpg











本日お昼寝中?の由羽と心。娘から送られてきました。絵本の絵の写真も・・・



 
ワンドの9
 ワンドは火に属する(エネルギー、生命力、意志)
 本質・自立、個であること、自分自身のエネルギーに立つことからくる強さ

ta-15.jpg
















 月は存在の内部部分・無意識のシンボル。太陽は外面的・意識部分。それが合一している状態。背景の8本の矢は4本づつに分かれ中央の1本をサポートしている。存在の4つの部分・精神、肉体、感情、魂が一体になったとき、内なる強さが生まれる。矢の先端の月はこの強さが内面のスペースからのものを暗示。外部から何も必要としない、あるがままの個人でいられる強さ。

 ネガティブな意味、繊細さに対する防御。反依存のスペースからの自立の状態を表すこともある。
 
waseda-04_20100221235739.jpg















 地上は虫たちや、草木、動物たちに返して 地下で人類は暮らす 

 すでに科学の力で、太陽光線は引き込める

 トレーラー・ハウスで野菜も作れるし

 ノウハウを人類が共有して 明治製菓とかが野菜を作ってる(未来)





 愛は無条件 無条件は自在 自在は自由とは違う

 自在とは 一つの目的に対して ねばならないが無いこと

 瞑想 生きていることが瞑想

 ここで教えているのは 一つのパターン 一つの条件

 瞑想は自分との一体感 生きていることが瞑想

 こうしなければならないという瞑想は無い 

 無条件 瞑想はしなくても良い

 積極的に感じるのが 瞑想

 考えるのを止めるのが 瞑想

 感じ切ってしまう

 自分の呼吸って どんな感じかな・・・

 自分を感じる・・・

 カウンセリングも相手ではなく 自分を感じる

 悲しみを抑えている人の悲しみを 自分の中に感じる

 取り乱さないで 悲しみを感じる 身体で感じる

waseda-05.jpg



















 「不安は エキサイティングです!」と言い切ってみてきださい

 皆さん なさらない やったもん勝ちです

 不安がなければ 人生生きていけない





 災難は 自分で引き寄せている

 災難は 素晴らしい体験ですよ

 私は 学生のころ 身体に焼けどの跡がいっぱいありました

 突然 継母がやってきたんです

 出逢う人は全て 自分で選んでいます

 働けるようになって 少しづつお金をためて送りました

 まず自分を祝福してください 私は素晴らしい人だ

 相手も祝福してください あなたも素晴らしい人だ

 

 
 瞑想は 一体感ですよ 

 自分との 一体感ですよ 

 神との 一体感ですよ 

 宇宙との 一体感ですよ 

 どんな感じかな・・・

 青空って どんな感じかな・・・

 って 神に聞くんですよ

 その時 自分自身と出会うんです




 意識には知恵があるから

 慣れてくると 気配を察知するようになる

 予感がある 無意識が対応するようになる

waseda-06.jpg


















 反省は うまく行かなかったことを 追体験する

 失敗したことを 失敗したなってことにして(インプットして)しまうと

 条件付けが行われ また同じ体験をする

 追体験をしたら それでおしまい

 あー そうだったんだ それでおしまい




 怒りには凄いエネルギーがあるんです

 「次は 金メダルを取るぞー!」って3回も、4回もオリンピックに参加している選手がいる

 それは怒りなんです だからそういった選手には腰痛はないですよ

 皆さんは本当は自分が素晴らしい存在だって知っています

 それを体験として知りたいので 素晴らしくない人生を選択してこっちに生まれてきます

 前回メダルが取れなかったので 今度こそはと又生まれてきます

 金メダルは理想の人生です 金メダルを取るまで何度も、何度も生まれてきます




 私は、夜、山によく行きます

 「福田先生 どうして夜、山に行くんですか?」って尋ねられます

 山を 祝福しに行くんです

 (昼間、山に向かって)「待ってろよ!」

 そうして、山を待たせておく

 だから行くと、喜んでくれます

 (夜、行くのは昔の体験の癖らしいですよ)

waseda-07.jpg





















 写真は早稲田通りにあるカレー屋さん「マラバール」 夕食にナンとタンドリー・チキンを買って帰りました。一人だとろくな料理を作りません。まあエサ・レベルになります。今日はサラダだけ作って人間並みの食事になったかな?

waseda-08.jpg













 
 外はまだまだ寒いですが、光はすっかり春!


 施設6Fからの夕暮れ・・・

2-20-01.jpg














 正面黄色いのが、パチンコやさん「The Chance」後が「西多摩運輸」右が「コストコ」。





2-20-02.jpg














 青梅、奥多摩方面の夕焼け・・・
 
 この時間、少し前はもう暗かったんですが、まだ明るさが残っています。
 4:30? 5:30位? ああん!昨日のことが不明!
 今、4:40で全然明るいから5:30・・・多分!
 
 
 時間もないのに、思わず!雪の写真など撮っていたので、本日のカードは
仕事場で!

 出たのは、『スター』・信頼
 本質は、信頼、自己信頼、存在を信頼すること

ta-12.jpg



















描かれている意味
 このカードは、真の信頼を体験した時にやってくる、内なる美と確信を象徴しています。これは、願望の実現を期待するという信頼ではなく、物事がどうなろうと、それは適切に違いない、なぜならシンプルに、それが起こっていることなのだからという、高次の信頼です。こうした信頼は、個人的な意見や、善悪の概念を超えたところへと私たちを連れていきます。それは、私たちの人生は偉大なもの、彼岸のものと分離してはいないという体験的な理解とともに明らかになる境地です。

 これは善や高次の力への信頼からやってくるものでもあるし、あるいは私たちが自らの本性とつながっているとき、存在に波長が合って一つになっているというシンプルな気づきでもあります。ここから私たちは、生の旅に起こるあらゆることは、エゴや人格よりも偉大なところから現れると知るのです。自分だけで頑張る必要はありません。これは物事のリアルな姿に対するクリアな知覚だけでなく、内面への大きな信頼と、人生におけるくつろぎの感覚を与えます。この『星』のカードはこのレベルでは、私たちが個人的な欲望や恐怖を脇に置き、人生の出来事に対し、存在が自分を通ってこの地上で形になっていくにまかせることのできる、純粋な信頼の状態を表しています。

 一般的なリーディングでは、このカードはあらゆる次元における信頼を表します。そこには、にせものの信頼というネガティブな側面も含まれます。それは真に責任を取ることを避ける破壊的な希望、世間知らずという側面です。また、不信という課題に対処するという意味もあります。

シンボル(占星術のシンボル:水瓶座)
 この人物は空の女神ヌイトであり、また占星術の水瓶座、水を運ぶ人です。彼女は神聖なエネルギーがこの地上で形となるための通路(チャネル)の役割を演じ、両手に感情のシンボルであるカップを手にしています。そこから螺旋状に渦のようなエネルギーが天から大地に注いでいますが、彼女はカップの中に映し出されている星が表す神聖なインスピレーションに焦点を合わせ、トータルな信頼とともに、地上を一瞥もすることなく、そのエネルギーが地上でおのずから形になっていくにまかせているのです。そのエネルギーは地上に届くにつれてクリスタルを形づくっていますが、それはこうした信頼によって生まれる明晰さを表しています。

 カードの脇に描かれた花と蝶は、このプロセスからやってくる開花と、変容(蝶)の象徴でです。興味深いことに、このカードのエネルギーはすべて、アインシュタインが計算によって導き出した宇宙の基本的な運動の形である螺旋を描いています。このカードの色彩は、ヒンドゥ教のエネルギー・システムで高いチャクラを示すために通常使われているものです。

 直感のタロット、162?163p



ta-14.jpg















 「『ジョジョの奇妙な冒険-1』のスタンドってタロットのカードなんだよ」って聞いて、昨夜 You Tube を見てみると!確かに・・・登場人物や登場人物の操るスタンドには、タロットのカードの名前が。ポルナレフのスタンドはチャリオット(戦車)だし、フール(愚者)もいる。ディオ側のスタンド使いには、ハングドマン(吊るされた人)も登場。そして嬉しいことに、ジョジョのスタンドは何と☆スターでした!スター・プラチナ!

ta-13.jpg















 見だしたら面白くて、長時間見てしまいました。教えてくれたお母さんによれば、今の子ども達にも『ジョジョの奇妙な冒険』はとても人気があるんだって♪
 
 今朝、カーテンをあけたら!車の屋根には!♪

18yuki-03.jpg














 明け方から降ったようで、路面は大丈夫のようです。この時も降っていました。



 
18yuki-01.jpg














 雪が降ると、綺麗な世界が出現します☆ ここは普通の住宅街なので、この位の雪では風情は出ません。落葉した林などは、枝に雪が積もると凄っごく綺麗♪


 

18yuki-02.jpg














 おとといの事件のムートンの上にもウッスラ・・・



 
本日のカード

 2/16日のカードは『ワンドの3』・美徳
 本質は、誠実、真正、自然、普通、リアル。

ta-11.jpg














 

 ちなみに昨日、2/15日のカードは『カップの5』・失望。
 本質は、満たされなかった期待、不満足、不満、ハートの切望。

 魚の缶詰をこぼした上に座ってしまい、散々な夜になってしまいましたが、失望のカードが出た時点で、どんな失望、不満と出逢うのかと興味もありました。

 『ワンドの3』の意味とシンボルは、カードに描かれた三本のワンドが調和の中で一つになり、一緒の動く身体、精神、感情を表しています。内なる合一から起こる深い開花は、交差する中心の炎の花やワンドの頭の蓮の花で表されています。いかなる理由があろうとも、自分自身の内なる真実に対して妥協することはありえません。自然に起こることを許すだけです。これが基本的には、誠実であること、正直であることです。オレンジ色は普通さ、新鮮な活力。

 ネガティブには、うぶさを表すこともあります。

 だそうです。




左から、『デビル』、『カップの5』、『ワンドの3』

ta-10.jpg














 


前日のカード、『カップの5』・失望には、この失望の状態からの変容もしめされています。満たされないハートの切望は、スピリチュアルな探求の始まりにもなりうるからで、しおれた蓮の花の根っこは蝶の形に結ばれています。2/15日の失望というエネルギーを上手に受け止められたことが、2/16日の『ワンドの3』に繋がったのかも・・・

 あと、「ええ???っ!悪いカードが出てしまった!」って思いがちですが、そんなことはありません。少し前に出たカード、『デビル』(左のカード)には、基本的な現実という意味があります。自分に都合の良いことも、都合の悪いことも、嬉しい思いも、不愉快な気持ちも、みんな基本的な現実として受け止めて味わうことが出来れば、その体験は終わり、手放せます。デス(死)のカードも同じです。デス(死)は新たな出発(再生)も意味します。

 誰にでも人には言えない内緒のことってありますよね・・・恥ずかしくって自分を認めることが難しくなります。僕も今日の前半にあったんですよ・・・内緒だから言いませんよ。で自分を認められなくなって・・・

 あ・・・っ! “恥ずかしい”も“基本的な現実”だよな!って思えたんです。そして「ああ!恥ずかしい!やだ!やだ!」ってその感情エネルギーをしっかり感じてみたんです。凄い効果ですね!!スッキリ!その体験はおしまい。後に何も残りませんね!

 


 そして2/17、本日の16時ころ引いたのカードは『スウォードのクイーン』
 本質は、偏見のない、明晰、客観的思考、マスク・カッター(仮面を剥ぐ人)

ta-09.jpg














 


 『スウォードのクイーン』は、成熟した陰の(女性的な)思考を表します。彼女は空中で雲の玉座に座り、片手に剣を、もう一方の手には仮面を手にしています。外面的な見せかけや人格の層という仮面を切り捨てて、背後にあるリアリティを見るために剣を使うことができるのです。頭上の巨大なクリスタルの王冠は、こうしたマインドの状態が持つ明晰力と洞察力を、そしてその上にある子どもの頭は、みずみずしく純真な子どものマインドへの回帰を表しています。子どもは往々にして大人よりクリアに物を見ることができますが、本当にそこにあるものを見るためには、自分の持っている観念や信念体系という雲を切り払う必要があるのです。
 
 このカードは、カウンセラーの役割を連想させる思考の質を表しています。
防御することなしに起こっていることを受け入れる無垢さとオープンさ、感情的に巻き込まれない客観性があるのです。ここから見せかけを切り払う明晰さと、リアルなものを見て、ともにあるための真正さがやってきます。

 ネガティブなスペースでは、このエネルギーは辛らつで、意地悪くもなりえます。

 とあります。
 
 
 昨日、筍ごはんが食べたくて仏子のスーパーに行ったら!

mimoza-02.jpg














 花屋さんでミモザを見つけました♪




mimoza-01.jpg














 大好きな春の花です!☆

 花のついている一房一房が、妖精が通ったあとのフェアリー・ダストのように見えます・・・




 今日はどんより雲っててお日様も顔を出しません。さっきは雪が降ってきましたよ!夜は雪って予報です!でも皆さん春ですよ♪浮かれているのは僕?だけですか☆☆☆


 「I only wanna be with you」 

 すっごく昔の、Bay City Rollers の曲!歌っているのは Samantha fox

 
直感のタロット・・・意識のためのツール・・・マンガラ・ビルソン p17

 私の経験によれば、どんな時でも、カードに映し出されるものは、無意識のもっとも表面に近い層にあるもので、ほとんど意識されようとはしているけれど、まだしっかりと意識されてはいないものです。だからこそ、そうだと認めることができ、「もちろんそのことは分かっていたけど、分かっているとは意識してなかった」という感じがあるのです。カードはあなた(あるいはあなたがリーディングしている人)に聞く準備ができていないものを映し出すことは決してありません。それは見たいものではないかもしれませんが、見る準備ができているものです。

 ですからタロットは、あなた自身を、カードを用いない場合よりもさらに深く見つめることを可能にしてくれるツールにもなるのです。そしてあなたの生において、このことがもたらすポジティブな成果はとても大きいでしょう。それはちょうど、パワフルなサーチライトを内面へと向けるようなもので、無意識の暗い領域に、気づきの光が投げかけられ、この意識、理解を通して、必要な変化が起こるのです。



 数日、カードを使ってみましたが確かにマンガラのいう通りでした!

◇意識的なマインド
 【自分の望みは何か?考えている。ということは、おそらくあなたは分かっていなく夢の中にいる】
◇そのことに対するアドバイス
 【気づきを持ってあるがままに感じてみる。感情に徹底的に入っていく】
◇スピリチュアル・メッセージ
 【起こっていることをクリアに客観的に見る。古い判断を脇に置く】

 次の日、ふとした体験(それは今までなら何気なく過ぎていた)から自分の本当の望みを知ることになりました。僕の望みは『世界と共に幸せにある』ことです。でもこれはマインド(知性)のたどり着いた結論です。僕はこのマインドのたどり着いた望みをこれからも大切にしていきますが、もっと自分に近いところにある望み、あまりにも近くなのでリアルに意識に登ることがなかったのですが、それは『大切にされたい、見つめて欲しい、認めて欲しい』というハートの望みだったのです。

 ハートのエネルギー・感情(水)に入っていないと、受け止められていないハートのエネルギーはマインド(知性)に引き上げられ願望や欲望としてマインドから投影されるようです。

 スウォードのプリンスは、【みずみずしく創造的に考える自由を制限する、過去の思考パターンや態度を攻撃する】【人生を制限している古い限定的な観念を認識し、それを切り払う】意味があります。僕の中はカードが示すとおりスウォードのプリンスが住んでいます。でもそれは、他人の物の見方や観念、制限の感覚にいら立ち、我慢できない、批判的なとげとげしいマインドでもあります。

 僕はこのいら立ちを、あまり外に出さないようにしてきました。いちいち出していると厄介だからです。この出さないで溜め込んだエネルギーがハートに身体に溜まったんですね!不愉快なエネルギーは不愉快は痒みとして、押さえ込んだ怒りは腰痛として・・・
 ワンドの5が身体のブロックを表していました。【体のブロック・ブロックを体験して解放する必要があります。湧き上がってくる感情を表現するスペースを与える】


ta-07.jpg














左からワンドの5、カップの2・LOVE 【あるがままに感じてみる】、ディスクの10【コントロールを手放し、起きることと共にただある】




 翌日のカードにカップの5が出ました。【失望・不満】ですね。マイナスのイメージも大切なことがハートで分かりつつあるみたいで、しっかり感じようとしています。失望・不満・いら立ち・怒り、みんな【基本的な現実】です。

 当日はカップの5が示すような日でした!中々うまく行かないことが起こり、これで今日も無事に終わるかな?って思った遅い夕食時、魚の缶詰がムートンの上にひっくり返っているのを知らずに座ってしまいました。仕方がないのでお風呂に入り、洋服やムートンは洗濯しました。天気が悪いので室内でファンヒーターで乾燥しました。が・・・部屋が生臭い!ああ・・・一緒に洗ったのもみ?んなお魚の臭いに!ムートンは二度洗いしましたがダメでした・・・明日、再挑戦ですねえ!

 起きるあるがままを、マイナスの気持ちも、基本的な現実として感じてみると、それはそれで気持ちいいなあって思います。カップの5には【この状態から変容が可能になる】という意味もあります。



ta-08.jpg













左がスウォードのプリンス、右がカップの5



 
 
 トート・タロットが昨夜届きました。

ta-06.jpg


















 カレントライフ・リーディングの並べ方です。

ta-05.jpg














 初心者です!ワクワク♪

 特定の質問に答えるものではありません。より気づかせ、意識的にするもの。人生で何が起きているのか?を映し出す鏡の役割を果たしてくれるそうです。
深い読み取りはできませんが、面白い!刺激的です!



 全体としては、人生でどこへ向かっているか分かっている。ポジティブで断固とした感じ。
 内面の自己、微妙な内面の統合、料理が起こっている。おそらく自分という
存在の純化へと導かれる。
 主となる関係性で、人生の中で最も大切な人を信頼している。
 身体、にはブロックがある。湧き上がってくる感情を表現する。
 仕事に、何か新しいことが起こってきています。
 ピーク・エクスペリエンス(今できる最高のこと)、気づきを持ってあるがままに感じてみる。理性的であろうとせず、何があろうとも感じるままに徹底的に入っていく。
 スピリチュアル・メッセージは、客観的、非個人的な見方で人生を分析する。
古い意見や判断ではなく、クリアに。
 瞑想、コントロールを手放し、一度に一歩、起きていることと共にただ在る。
あせらない。
 
 などなど・・・
 冷静に自己を観察しつつ、アニマルになれ!ってことか・・^ ^;




 最後に今日のカードを1枚。

ta-04.jpg














 またしても、カップの10が・・・
 充足感と退屈の境界・・・
 
 川越です。

kasiya-04














 蔵造りの並ぶ街並みに初めて足を運びました!
 時の鐘も聴いてしまいましたよ!



kasiya-04.jpg














 今日は娘の子供の由羽(ゆう)と心(しん)の注射の日。
 
 銀行と病院の間に時間が取れたので、お散歩することに♪


kasiya-01.jpg














 お散歩の先は、菓子屋横丁☆



kasiya-03.jpg














 小江戸というに相応しい、昔からの建物が連なる情緒ある通りと楽しいお店!タコせんべいの食べ歩きしましたよ♪
 こちらのタコせんべいは江ノ島のと違って、たこ焼きを煎餅(カッパ海老せん風の丸いの)2枚で挟んでありました。平日なのに人通りの多い活気のある街ですね!この魅力に納得しました。



kasiya-02.jpg














 お昼になりお腹も空きました。パスタとケーキと甘みとコーヒーの揃っているお店発見!スパゲティーと、コーヒー・ゼリー、さつま芋パフェ・デラックスで全員ご機嫌になりました♪☆
 
 節分も過ぎてこれで本当に新年!明るい光が入ってきます。

asa-02.jpg

















 ニャンコも気持ちよさそう♪

asa-03.jpg

















 ブルーソーラー・ウォーターを作っています。

asa-01.jpg


















 今日は瞑想会だったんですが、一緒に行く方のご都合で延期。
 
 確定申告でも始めましょ!
 
 2月2日2時ころは、R134の海岸線を走っていました。

 昨日の雪は上がったものの、横横は小雨。逗子の渚橋を過ぎたあたりから
上がり始め、雲の切れ間からも光が射しはじめました。

2-2-08.jpg


















 小坪から鎌倉に抜けるトンネルは下り坂。短いトンネルで、入るとき出口には海しか見えません。車ごとトンネルの先の海に飛び込んでいくように見えます。若いころから大好きなポイント!☆♪

2-2-07.jpg














 トンネルをちょうど抜けたあたり。鎌倉の海が眼下に広がります。車は左手に海を見つつ、右にカーブを切りながら材木座の海岸に下りていきます。




2-2-06.jpg














 鎌倉海岸の先、稲村ヶ崎が前方に見えます。




2-2-05.jpg














 稲村ヶ崎を過ぎると、開けた視界に江ノ島が飛び込んできます。




2-2-02.jpg














2-2-04.jpg














2-2-03.jpg














 真冬ですよ!!!冷え性で寒がりの僕は脱帽・・・これだけ好きになれたら
幸せですね♪




2-2-09.jpg















 今日は久里浜を早く出発できたので、長年入院している従兄妹の面会に行けました。長い間行けなかったのです。とても喜んでくれました!
 今までは重い症状だったのですが、今回、目に光が入り、いい表情でした。色々なことを彼女から進んで話してくれました!良かったです!ここでも未来への希望を感じました♪
 
 最近、僕の本当の治療院は天空にあるのでは・・・?って感じるようになっています。

bed.jpg
















 そっちが本店、こっちは出張所。こっちは物質世界なので、それにあわせて肉体を持って治療に携わっている・・・

 本店には、この地上と同じベッドがあり、僕がいて、お客様がいます。でも本店は光の存在たちが周りを取り囲んでいて、必要な援助をいつもしています。
 ベッドも、僕も、お客様も光で出来ていて、波動が落ちていて暗くなっているところが、また明るく輝くように波動を上げるのが本店の施療。

 この天空の治療院。それは、どこか上のほう、空の果て、孫悟空がお釈迦様の手の平をけって宇宙の果てを目指したのとは違う、自分の中にあるのです。



 日本のお家芸、巨大ロボット!その中に、アムロが、シャーが、しんじ君がいるでしょう!ロボットたちは戦ってしまう。中にいる、操る魂が、自分を弱く感じ、不安で、傷ついているから・・・敵(自分)に勝利し、強くありたい、その想いがロボットという攻殻をまとう。このまとっている攻殻が活動している世界が、僕たちがリアルと信じている世界。このモビル・スーツの中の魂が不安を手放してしまえば、巨大ロボットはもう戦わない。

robo-02.jpg














robo-01.jpg














2枚ともネットからお借りしました。




 元々、魂は不安なんてない、豊かな光の存在なんですが・・・過去の色々な記憶が光をブロックして、影をこちらの物質世界に投影してしまう。
 僕らのする治療はこのブロックを取り除き、みなさん一人一人を光の存在に
リセットすることなんだと思います。


 こんどの水曜、2Dで一度観たアバターを3Dで観に行きます。アバターも天空の本店に戻るお話です。
 僕たちが現実と思っているのは、目覚めぬ深???い夢・・・ この現実の世界を、ああ・・・っ、永いあいだ寝てたなあ・・・ 悪い夢見てたよ・・・って目覚めるお話です。あっちがフィルム、こっちがスクリーンに投影された映像です。フィルムに、みんなが幸せになる好きな絵を描くのが、魔法ですよ!

 3D!ワクワク!ドキドキ!