魂のワークブック

何だろう?私と世界にプレゼントしたいもの♪

 
nob-03.jpg













 ジブリ美術館の次の日は、娘たちファミリーも合流。





nob-04.jpg













 大人気!生協の “海藻バー” 見かけによらず口に入れると止まりません。




nob-02.jpg













 みんなで近くのアウトレットのフードコートでお昼。

 二日後、娘からメール!「90%男の子とのことです!」って
 由羽ちゃん!弟が来るんだよ♪








nob-01.jpg













 この写真は少し前の娘ファミリー&花蓮です!
 命がふえます♪ どんな子だろう・・・♪

 Tさんが電話でいってたっけ・・・
 「上の子は月の子。今度の子は太陽の子。どちらも面白いね?!」って
 さて、面白いって・・・どんなかな???


 
 マンマユートは美術館内のグッズ販売のショップです。

jibuli-16.jpg














 ショップのキャラクターとロゴ

 MAMMA AIUTO と書いてマンマユートです。「虹の豚」に登場する空賊の悪漢の名前ですが、「MAMMA AIUTO!」ってイタリア語で「ママ助けて!」ってことだそうです。





 常設展示室「映画の生まれる場所(ところ)」もすごい混雑でしたが、このショップ内は朝のラッシュ並みで行きたいところに中々いけませんでした。





 土星座で観た映画 「メイとこねこバス」のサウンド・トラック発見!

jibuli-20.jpg














 “こねこバス”のぬいぐるみも勿論あります。足が6本、窓は左右に1つづつ、
1人乗りです。可愛いですね!

jibuli-21.jpg













写真おかりしました。 http://www.flickr.com/photos/librarymooks/2751291317/ 






 ショップでは “もんもん” の下敷きと、KIKI のピン・バッチを購入♪

jibuli-19.jpg



















jibuli-18.jpg















jibuli-17.jpg


















 釘付けになってしまったのは、「ナウシカ」 に出てくるガンシップと腐海の森に住む蟲のフィギュア・・・ ガンシップは元々空想だとしても飛行機なので作るのはそこそこだと思うのですが、腐海の蟲は生き物です・・・もう?そのリアルさ!
さぞかし創るのは大変だったでしょう!でも大変さを越える楽しさだったでしょうね♪

 お値段もガンシップをはるかに越える¥210,000- ガンシップが3機買えてお釣りがきます!お店の人に撮影させて!とお願いしたんですが、断られました。笑顔でやんわりと♪

 で、フィギュアの元になった宮崎 駿さんの絵で勘弁してくださいね!

jibuli-15.jpg












下がガンシップ。ナウシカがつかまっているのが有名なメーヴェ。



jibuli-14.jpg













このフィギュアに出会えて幸せでした♪
 
 先週の土曜日、息子、ももちゃん、かれん、Nちゃんと5人で三鷹の森ジブリ美術館に行ってきました。ジブリ美術館は井の頭公園の中にあります。あいにくの雨と寒さで外では遊べませんでした。美術館の周りの新緑の中も歩きたかったのですが、次の機会のお楽しみということになりました。


jibuli-12.jpg













写真かりました! http://wwwwayanwww.blog100.fc2.com/blog-entry-476.html

 ここは受付。でもトトロの受付はニセの受付でした!本当の受付は別にありました。雨でしたが花蓮のさす傘がトトロにはお似合い♪





jibuli-01.jpg



















 受付で尋ねますと、館内は撮影禁止! ・・・もう心がワクワク、キラキラ、ウ?トリするようなフォーカスポイントだらけなのにぃ? でザンネンながら、撮影許可範囲での写真です。





jibuli-05.jpg















jibuli-06.jpg














すぐ上の写真は KIKI のお母さんが薬草で薬を作る工房風です。





jibuli-11.jpg














晴れていれば、肩に小鳥がとまっていそうな・・・




 常設展示室「映画の生まれる場所(ところ)」 は、天才、宮崎 駿のアニメーションにかけた才能と情熱が数多くの原画から立ちのぼり、部屋全体が濃密なエネルギー場になっていて、彼の体内に入ったようで、彼が放つ思念に同じだけ真っすぐに向き合うことを求められているようで、長時間はいられませんでした。

 一枚一枚の絵は凄かった!!!一枚一枚の絵に宮崎 駿の命が張り付いていた・・・ 凄いなあ・・・




 館内には土星座という小さな映画館があり、その日は15分くらいの映画「めいとこねこバス」が上映されていました。短いながらジブリらしいきちんとした創りの楽しい作品で、すっかりさっきの緊張がほぐれました!^ ^



 
 その後ショップで買い物などをしていたら、みんなお腹がすき、カフェ『麦わらぼうし』に食事に・・・でも30分待ちなのであきらめたのですが、息子が隣接するホットドッグ屋さんを発見!ちゃんとした食事までのつなぎにみんなでホットドッグを食べました。


jibuli-02.jpg














 このホットドッグが旨い!ハーブが程よく効いているソーセージに負けない、ざっくりした粉で焼き上げた強さのあるパンの取り合わせがなんとも感動でした!


jibuli-03.jpg














 ホットドッグの食べ方のレクチャーを受ける花蓮。心はもうホットドッグに伸びているという手と指♪


 又、きっと行くでしょう・・・


 
 久しぶりにストーン・マーケットに行ってきました。

keesyo-02.jpg
















 買ってきたのは


 水晶の原石クラスター

 玉子型のゴールド・ストーン

 ハート型のチェリー・クォーツ
 
keesyo-03.jpg













光のせいでちょっとオレンジ色っぽい・・・



 愛はピンク?

 愛はハートの形?

 って誰が決めた?



  愛・・・ で連想するのは、ハート・チャクラ

 第4チャクラの位置は胸の中心部。人間の気系の力の中心。真ん中にあるチャクラとして身体と霊の仲介役をはたす。第4チャクラの気は本質的に感情的であり、感情面での成長を促す。このチャクラでの霊的な学びは、愛と慈しみの心をもってふるまうというのはどういうことかを教え、私たちのもつ最も強大なエネルギーは愛であることを教えてくれるものだ。(「7つのチャクラ」より)

 “命への絶対的な信頼の宿る場所” であり、肉体をもたなければ感じることのできない、さまざまな感情を通じて僕たちの人生を導いてくれる。

 最も純粋なかたちの愛 ―無条件の愛― は、神なる存在の本質であり、私たちを許し、祈りに応える無限の力を有している。私たちの心は、美と慈しみ、許し、そして愛を表現するようにできているのだ。人生で出会う困難は、それぞれが愛のある一面についてのレッスンだ。この困難にどういう態度でのぞんだかは、私たちの細胞組織に記録される。人生の選択の結果が、身体に現れるという人生を私たちは生きているのである。(「7つのチャクラ」より)




 
 水晶は波動の受信、増幅、発信装置として使えます。


keesyo.jpg















 「グレース(天恵)」へのアクセス装置として、車のお守りとして下げました。
別に水晶がなくても送受信は可能なんですが、何か楽しいじゃないですか☆!


keesyo-04.jpg













ピントが車外に・・・



 水晶をにぎり 「 I Love You ! Grace・・・ 今日もお願いっ!」 って!
 水晶は波動を強めてもくれますし・・・


 「グレース」は明るい空を見たとき、視覚と意識の焦点を少しずらすと目を開けたまま見ることができます。「グレース」はシルバー光線のエネルギーで、きらきら輝く真珠色の雪にように、フェアリー・ダストのように見えます。

 もしあなたのまわりにそうしたものが見えるときは「グレース」があなたと共にいるのです。
 「グレース」の聖なる力は、現在という一瞬一瞬から過去を完全に切り離すように働きます。

 
 
 最後の一つ、ゴールド・ストーンは結晶体の中に入ります。


keesyo-01.jpg




















 ピラミッドを上下に合わせたような、正八面体。
 この正八面体の中空にゴールド・ストーンは入ります。



keesyo-05.jpg















 置かれた場所はベッド・ルームの棚の上。整体道場。職場です。
 職場の気場を整えます。呼吸が楽になったと好評!



 


 もう一つ、後から追加。

keesyo-06.jpg















 今度は、正二十面体。こちらは控え室の天井付近。
 中には、全員に働きかけるエネルギーになるようにと五行に合わせて五色の石が・・・
 あと、Mさんが作ったお守りが入りました♪
 ∞ c e e p o r t ∞
 
love-01.jpg

















 神とは連続性・・・ 一体感・・・

 手で何かに触れてみる・・・ 一体感・・・

 I LOVE YOU と云って つながってみる

 自分と対象の境界面が融けて エネルギーが流れあう

 愛を 流れを 止めない

 愛に エネルギーに 任せてしまう

 一緒・・・ 一つ・・・

 連続性に近づくほど 楽 幸せ 自由





 境界をつくる

 境界面のあっち と こっち の意味づけをする

 流れを止める

 拒否する

 受け止めない

 愛さない

 連続性から離れるほど 対立 孤独 自分を守らねばならなくなる




 どちらかが良くて どちらかが悪いわけじゃなく

 どちらも 等しく体験させられる

 どちらも 選択することが許されている
 
love-02.jpg

















 朝 窓を開けて

 外の光と空気を吸い込む

 ふっと手が 横にあるベコニアの葉に触れる

 このベコニアさんに I  LOVE YOU

 光と空気に I  LOVE YOU

 そして 吸い込み一つになる

 椅子に手を触れて 椅子に I  LOVE YOU

 テーブルにタッチ テーブルに I  LOVE YOU

 パソコンに I  LOVE YOU

 花瓶のお花たちに I  LOVE YOU

 水槽の魚たちに I  LOVE YOU

 足の触れている床に I  LOVE YOU

 この部屋に I  LOVE YOU

 道を歩く人に I  LOVE YOU

 運転している このジムニーに I  LOVE YOU

 すれ違う一台一台の車に I  LOVE YOU

 信号機に I  LOVE YOU

 新緑の山に I  LOVE YOU

 この空に I  LOVE YOU

 僕の住むこの世界に I  LOVE YOU

 神様に I  LOVE YOU

 愛を通して 全てがつながっていく

 すると とても安心 幸せな時間が 僕の中に流れている・・・
 
 出張先で流れてきたのは、徳永英明のVOCALIST。
 発売されたのは結構昔ですよね。いいなあ・・・って思っていたのですが、じっくり聴いてみたことはなかったのです。

 仕事しながら、じっくりと聴くはめになってしまって・・・ 泣かされました!

  会いたい 



aitai.jpg
















 You Tube より
 
 葉山時代に逗子の園芸店で購入したセロームのお子さま♪
 だから、息子大楠小学校、娘ドレミ幼稚園のころかなあ・・・

 セロームはとてもゆっくりと成長する観葉植物です。もう25年位になるんだ・・・ 家族と共にいろんな体験をしてきました。僕が落ち込んでいたときの茎は細くなっています。僕に元気を与えてくれたからだと思います。僕が元気になってまた茎は太くなりました。大きく立派に成長しました。

 娘が観葉植物が欲しいというので、上下に分けて上半分をあげました。


sero-01.jpg















これが下半分です。

 しかし、あげてから冬を越し、春になっても新芽が出てきません!夏を過ぎても出てきません!死んでいるようには見えなかったので引きあげて様子を見ることにしました。温室に入れて管理したのですが、いっこうに芽が出てくる様子がありません。さすがにこの冬にはもう駄目なのかと思いました。

 それが1年半かけて新芽が出てきたときには、本当に嬉しかった!!!


sero-02.jpg




















 この写真がその時のものです♪ もう、心が弾んでしまいました♪
 
 最近、自称スポンサーのサービスが勝手に始まり、うざかったのをワヤンさんに助けてもらいました!
 このスポンサーサービスでお困りの皆さん。広告を表示させない方法がワヤンさんのコメントにありますので、やってみてね!



cicak.jpg


















ワヤンさんのコメント

ゆうちゃんかわいい!しばらく会ってないな?。
ところで、変な広告が入ってしまっていますね。
管理者ページの環境設定の変更→ブログの設定→アカマイの設定→高速表示設定(アカマイ利用設定)→利用しない&広告を表示しない
で広告無しにできますよ。
機能の導入とそれに伴う広告表示はともかく、それがいきなりデフォルトでイネーブルされるなんてFC2の運営にはガッカリです。
2009/04/10(金) 18:41:04 | URL | WwwワヤンwwW #nRo/Jcog[ 編集]
 
u.jpg













 

 
 孫の由羽(ゆう) 最近、G(僕)の豆乳にはまってしまいました。

 かなり美味しいようす♪

 帰るときには泣いてくれます。これがかなり嬉しい!

 
suisen_20090409232353.jpg













○ 水仙 本当にいい香り・・・



 肉体があれば悲しみも怒りも感じるけど、天国では体験できない。
 肉体がないと感情は体験できない。

 怒り、悲しみを体験するのは良いことです。悪いことではない。(愛ではないという体験を通して、愛を知っていく・・・)

 感じて体験してしまえば、それで終わり!
 感じ切る。持ち越さない。ため込まない。
 念のため、喜びも同じ。

 感じ切らないと、来世まで持ち越しますよ。
 しまった! あそこで体験しなかった。
 体験をさぼると、次はもっときつい体験になる。

 私たちは地球座の旅芸人。一人一人が自分で決めた役を体験するために地球にきている。

 体験のアウトラインはあるけど、台本はない。私たちはみんな完璧な存在。
完璧な俳優が完璧ではないという役回りを演じに地球にきている。そして自分が完璧であることを思い出し自在になる。

 俳優である自分を演じきってみる。

 四六時中、愛を表現する。

 忘れる。

 まだ、だめだ! と、何とかしない。

 責めない。

 行かす。

 全くこだわらない。

 こだわると、また同じことを体験してしまう。

 ごめんなさい!したら、もう振り返らない。

 前!

 前!

 前!

 いつも前!

 そのまんまを感じてしまうのが愛・・・

 愛にまかせてしまう・・・

 自分の人生を大事にする。

 大切にしない人は、目の前の体験をやり過ごしてしまう。

 さぼってる。

 自分の人生から逃避している。

 許せない自分を許す。

 じゃないと何にも許せない。

 あの人も許せない。この人も許せない。許せない人がいっぱい!

 いっぱいいて・・・ それで・・・ いいんだ・・・ とくり返す。

 それをくり返し・・・

 くり返し・・・

 くり返し・・・

 くり返す・・・

 すると、人生は何でもよくなってしまう。

 このままで充分・・・・・・

 このままで充分になると、

 次のステップが観えてくる。

 
 
sakura-01.jpg















近くの稲荷山公園に行ってきました。






sakura-03.jpg















夕飯食べてなかったので、花よりタコ焼き屋さんに直行!






sakura-02.jpg















さくらは満開でした♪花もきれい!月もきれい!
夜、さくらの木の下で花を見上げていると、この世ではない世界につれて行かれる気持ちになります。
 
haru-01.jpg
















私を愛する

 私をちゃんと愛するようになると

 私は愛でいっぱいになります。

 いっぱいになった愛が、私からあふれ出ていきます。

 すると、私を通して世界は幸せになります。





実は、世界はすでに愛でいっぱいなのです

 私たちは制限のマスターです。

 いろんな部分で制限しているので、愛が見えなくなっています。

 その制限を止めるだけで、愛が流れ込んできます。

 世界は愛でいっぱいだったと気づくことができます。

 そこにも、ここにも、愛しかありません。
 
haru-02_20090404225941.jpg
















 愛は連続性の中に流れています。
 命は連続性の中に流れています。
 光は連続性の中に流れています。
 神は連続性の中に流れています。

 連続性とは途切れないということ。

 僕たちは、すぐに考えてしまう癖があります。
 ああでもない・・・ こうでもない・・・ と、自分の中にある物差しで出会ったものを推し量ろうとしてしまいます。

 推し量って、批判、批評、正しいとか、間違っているとか、判断をし続けるのですが、この判断をすることで世界の流れを止めてしまいます。分析する、判断する。これが、あるがまま、生かされるままにある全ての連続性の流れを制限してしまうのです。

 制限された部分では、命、愛、光、神、といった働きが流れなくなってしまうのです。

 批判、ねたみ、憎しみ、孤独性・・・ などマイナスの感情エネルギーは、この連続性の流れの止まるところに発生しています。

 “連続性” を “共に” という言葉に置き換えてみると分かりやすいかも知れません。自分の周りの全てと “共にある” という感覚・・・ 世界中の色々なもの・・・ ソファ、空、風、光、国、父親、母親、兄弟、お子さん、お孫さん、会社のあの人・・・ いろんな物、人を選んで、自分と “共にある” というイメージを味わってみてください。

 あなたが、そのものと “共にある” という感覚を幸せに感じるなら、そこに愛は流れています。あなたが 、そのものと “共にある” という感覚を拒否したくなるのなら、その対象に対して連続性がブロックされています。そこで愛や命が流れなくなっています。

 その対象は(ものでも人でも、何でも) あなたに大切なことを教えようとしているのだけれど・・・
 みんな流れが止まるのは相手のせい、誰かのせい、何かのせい、その対象のせいだと勘違いしやすいんだけど、止めているのは誰なのか?自分の中に深く入って味わってみてくださいね・・・



 別の言い方をしましょう。僕たちは、すぐに考えてしまう癖があり、考えから考えをつむぎ出し、連想ゲームのように考えることを止めることが出来ません。この考えの流れを止められない限り、世界を止める(一枚の絵のように)ことは出来ません。連綿と終わることなく考えが作り出す世界が止まったとき、あるがまま、生かされるままにある世界が現れます。