魂のワークブック

何だろう?私と世界にプレゼントしたいもの♪

 
 『霊性の時代の夜明け』 にリンクしています。

  ライトワーカー 
 
 今日、仕事しながら
 お客様の体を、モグラ塚(スミマセン)だと思ってみた。

 
 なかなかいい!
 モグラ塚に手を触れて・・・
 一体になる・・・

 
 モグラ塚(お客さまの体)を通して地球にグラウンディングしてみる・・・
 日の光に当たりながら(イメージ)、天と地のエネルギーにつながっている・・・
 その中心で仕事をしている・・・



bali-12.jpg



















 ここは南の島・・・
 木漏れ日とそよ風に当たりながら・・・
 目の前にはライステラス・・・
 そのずっと向こうにはアグン山・・・
 アグン山上空の黄金のピラミッド・クレドール。
 クレドールは両手のあいだにもいて仕事を手伝ってくれる。


agun-02_20090305003329.jpg

  













 ああ・・・
 一体感・・・


 
 
 2月22日、モグラ塚にグラウンディングしたときの話をしました。
 とっても気持ちよかった!って。


hatake-04.jpg



















福田先生から帰ってきた答えは・・・

 土に手をおいて、

 一体になる。

 一体感!

 実はそのとき、すごい仕事をしているんです。

 そのとき、地球を癒していたんです。

 そのときの、手の感じ。

 そのままを感じる・・・

 人生はそういうもの。

 一体感・・・

 それを場所を指定すると使える。

 神とは連続性・・・

 一体感・・・ですよ。

 人生はそういうものです。




 瞑想中、考えが浮かんだら、

 その考えを、どんな感じかな・・・って、

 ただ感じる・・・

 その考えに手を当てて・・・

 ただそのままを感じる・・・

 その考えが、モグラ塚ですよ!




hatake-03.jpg













 
 今日、仕事に向かう車のラジオから、谷川俊太郎さんの朗読が聴こえてきました。 胸を打たれました・・・
 谷川さんの朗読、探したんですが、見つかりませんでした。
 詩を載せました。 ゆ?っくり と 読んでみてください。


a-038_20090302234533.jpg



















   生きている ということ
   いま生きている ということ
   それはのどがかわく ということ
   木漏れ日がまぶしい ということ
   ふっと 或るメロディを 思い出す ということ
   くしゃみをすること
   あなたと手を つなぐこと



   生きている ということ
   いま 生きている ということ



   それは ミニスカート
   それは プラネタリウム
   それは ヨハン・シュトラウス
   それは ピカソ
   それは アルプス



   すべての美しいものに 出会うということ



   そして
   かくされた悪を 注意深くこばむこと



   生きている ということ
   いま 生きている ということ
   泣ける ということ
   笑える ということ
   怒れる ということ
   自由 と いうこと




   生きている ということ
   いま 生きている ということ



   いま 遠くで犬が吠えるということ
   いま 地球が廻っているということ
   いま どこかで産声があがるということ
   いま どこかで兵士が傷つく ということ
   いま ぶらんこがゆれている ということ



   いま いまが すぎてゆくこと



   生きている ということ



   いま 生きてる ということ



   鳥ははばたく ということ
   海はとどろく ということ
   かたつむりは はう ということ



   人は愛する ということ



   あなたの手の ぬくみ



   いのち ということ




谷川俊太郎 「生きる」  より



nobnti-04_20090302234425.jpg













 
 花粉症のお客様に杉花粉茶をさし上げたところ、再度のリクエストがありました!

 今日、山に材料を取りに行ってきました。
 代車でお借りしている可愛い、ど・ピンク!の軽で。

sugi-03.jpg

















 これが材料。

sugi-01.jpg

















 花粉のついた杉の枝です。雨上がりでないと枝を折るときに花粉が黄色い煙になって飛びますので、花粉症でない方でないと採取は無謀です。

 できるだけ空気のきれいな山奥の杉が材料としてはベストです。

 これを水で洗い。ぼくは一晩、回帰水という水に漬けておきます。これで毒成分が抜けます。

 この前処理をした杉の葉を、ホウロウかガラスのお鍋、土鍋でも結構です。水を杉の葉が隠れるくらい入れて煮出します。水が半分になるくらい。このへんは適当です。僕は煮るときも回帰水を使います。それにブルーソーラー・ウォーターもいれます。ブルーソーラー・ウォーターは青いガラスの瓶に水をいれて、コルクかラップで蓋をして(金属の蓋はだめ)、太陽光に30分?1時間当てて作った水のことです。太陽が出てないときは白熱電球でも代用になります。

sugi-04.jpg




















 ブルーソーラー・ウォーターは生命の水といってもよく、クリーニング作用があり、そのまま飲んだり、料理やお風呂に入れたり、化粧水にしたり、植物やペットにあげたりします。また洗濯水に混ぜると洗濯機が喜んでその日の嫌な記憶を全部クリーニングしてくれるそうです。コップに3/4くらい入れてパソコンのデスクに置くのもよいようです(みんなが幸せになる ホ・オポノポノより)。

 杉花粉茶はお砂糖を入れて作るのもありますが、ぼくは最近はずっと上記の方法です。
 また、煮出していますと、杉の香油のいい香りが部屋いっぱいに漂います。これを呼吸していますと鼻の通りもよくなってきます。出来上がったものは冷蔵庫で保管して飲みます。鼻の通りの悪いときはお鍋に取って蒸気を出すのもいいと思います。

 効果は人によります。とても楽になる人もいれば、効果の見られない人もおられます。僕の経験では2/3くらいの人になんらかの効果があるようです。僕の勝手な推測ですが、アレルゲンに杉花粉だけを持っている方には良く効くのだと思います。