魂のワークブック

何だろう?私と世界にプレゼントしたいもの♪

 
人見 
 ヒューレン先生は、
 「これからは女性が輝く時代だ」
とおっしゃっていますが、いまなぜ女性なのでしょうか。

ヒューレン
 私には、いまの質問の本当の声が聞こえました。この質問の奥にある本当の意図は、ご本人はまだ気づいていないかもしれませんが、
 「女性はどうやって本当の自由を獲得できるのでしょうか」
という質問です。

 どんな生き物も、自由がほしいのです。どうして自由がほしいかといえば、自由の中にこそ悟りがあるからです。

 人類の長い歴史の中で、男性は女性の尊厳を認めてきませんでした。
 「女性は黙って従っていればいい」
という男性優位の考え方です。収入の面でも大きな違いがありますし、一般に女性は家事労働や育児にも時間をとられてしまいます。

 このような男性優位の歴史の中で、男性は女性を物を所有するように扱ってきました。
 しかし、女性たちが家事や育児や老親の世話など、忍耐の必要なことを黙々としてきてくれたからこそ、世界が成り立ってきたということを忘れてはなりません。本当に時代が変化したり、大きく歴史が動くときには、その陰には必ず女性の存在があったのです。

 たとえばギリシャ神話ではヘラ、アテナ、アフロディーテの争いが戦争を引き起こしています。日本の歴史でも、表面に出ていなくても、歴史的な大事件や大変化の背景には、なんらかのかたちで女性が絡んでいたと思います。

 実は、女性が実権を握っているのです。表面的には所有されているようであっても、実質的に世の中は女性によって動かされているのです。世の中を支配しているのは女性かもしれないのです。

 女性の存在、女性の働きに、男性はもっと感謝しなければなりません。それなのに、これまで多くの女性たちが、まるでお手伝いさんみたいに扱われてきたのです。

 ・・・略・・・

 女性をもっと解放して意見を取れ上げるようにしたら、素晴らしい結果を出すことができます。

 しかし女性は、本来もっている尊厳を十分に表現したり、発揮する場所が少ないので、時としてその怒りが乳がんとなって表れます。女性の乳がんの原因の多くは、怒りの記憶なのです。また女性の怒りは、男性には前立腺がんとなって表れます。前立腺がんは、女性の怒りの記憶が原因である場合が多いのです。

 このように、女性の尊厳を認めず、欲望の対象や所有物としか見ない考え方が、男性も女性も幸せになれない世の中にしてしまっているのです。


mumin-09.jpg






















ムーミン屋敷にて
 
 リンクしてあるのはアセンション情報です。

 2000年12月、「アネモネ」に掲載された「時代の分水嶺」の最終回の記事です。僕たちの常識では信じ難い内容ですが、地球とそこに暮す多くの生命を応援する人が、たった一人でも増えたらいいと思いリンクしました。

 どのように判断されるかは自由ですが、実は判断しないで読んで欲しいのです。
 
tetyo.jpg











 


 新年を迎えるのに、2009年の手帳に更新した。

 もう開かないかもしれない2008年の手帳。そのメモの一部を書き写すことにした。



 希望を失っても、やれることはいっぱいある。

 答えはない。ただ感じ続ける。

 目的があったとき考える。それ以外は考えない。

 考えると、制限してしまう。
 制限は、これからの人生に大きな力を与えてしまう。

 首の体操や呼吸法を始めたら、ただちに、いつでも瞑想に入ってしまう(極意)。

 起きることは全部、自分で決めている。人生は自分で選択している。それを体験している。
 素晴らしいことが起きているんだ!嬉しいなあ!

 “愛がいっぱい”を、いつもやっていると、一番いいことが起きる。

 うまくやろうとすることは一切しない。

 すでに持っている。みんなにあげる。豊かさをあげる。

 どんな感じかな?と意識の上に現れたものを味わう。

 意識はエネルギー、エネルギーを弾ませる、あふれ出させる。
 それを、どんな感じか?感じる。
 そのまんまを感じるのがコツ。

 最高のものを人にあげる。すると残り物でちまちましない。



 話が飛びます。

 高畠導宏さん。七つのプロ球団を渡り歩き、落合、イチロー、小久保、田口を始め、30人以上のタイトルホルダーを育てた伝説の打撃コーチ。59歳で一念発起!高校の一教師に。感動の実話ドラマの再放送が今日終わりました。ドラマのタイトルが「フルスイング」。

 フルスイング!いい響きです。ホームランでも三振でもフルスイング♪

 高畠さんの言葉。

 「あきらめない。逃げない。気力がしっかりしていれば、自分を守ることもない」



 で、ドラマのエンディングの曲。の言葉が心の中に流れてきました。

 「?あなたがつまづいて立ち止まる時、
 そばに寄りそう花になろう?」 (歌詞ちょっと違うかも・・)

 僕に足りないの、これかなって・・・
 

 
bali-01.jpg












 
 「霊性の時代の夜明け」に新しい記事 【天使の歌】 のUPがありました。

 リンクしてあります。

 
 
 
 役1ヶ月半。少しづつ描いていた絵が完成しました♪
 ちょっと恥ずかしいけどUpします。




niwa_20081216231715.jpg


















 この絵は僕の心の庭の風景です。僕を妨害するものはこの風景の中に立ち入ることができません。

 僕は治療中よくこの庭にいます。この庭からエネルギーをもらっています。
真ん中の人物はクレドールさん。肉体を持たず、常に僕と一緒にいて治療を助けてくれているハイヤーセルフ。僕の相棒です。

 クレドールとは黄金の頂上のこと。ピラミッドの一番上には黄金で出来た小さなピラミッドが載っていたそうです。聖なる山アグンはピラミッド。その上空に黄金の小さなピラミッドを浮かべて、そこから流れてくるエネルギーをイメージします。
 クレドールとは黄金の小さなピラミッドその物ではなく、その頂上の一点、0ポイントのことです。

 この絵の題名は「治療中のクレドール」。最初に出会ったとき白い上着を着ていたので、そんなふうに描いてみました。

 彼は肉体的な存在ではないので便宜上の姿です。彼はアグンの上空にも、僕の背後にも、僕の両手の中にもいて助けてくれています。働いてほしい場所を指定して、彼のエネルギーに同調して自分の通路を開いたとき、治療は一瞬で完了します。へえー!って感心してしまいます♪お願いするのと、お願いしたら任せきるのが大切です!たまにうまく行きます・・・まだそんなレベルです。^ ^ゞ
 
hikou-02.jpg













 こんなに大きくなりました!




hikou.jpg



 これが飛行種♪(写真は別の植物ですが)フワフワで薄い。
中にある丸いのが発芽するところ。このフワフワで風と一緒にお散歩ができる。


tane.jpg














mado_20081214195746.jpg













 これがそのバンガロウの2Fの窓。種は窓の外の屋根に落ちていました。この写真には写っていませんが、飛んできた種の親木は正面の田んぼの少し上、ちょっと右手にあります。



hikou-01.jpg













 種を蒔いて1年半。胸の高さくらいになりました。
 
ho.jpg



















 最近仲のいい仕事仲間、Hさんから借りている本「みんなが幸せになる ホ・オポノポノ」にもありました!
 
 “誰でも”と、“誰か”と、“誰も”と、“みんな”の4種類の人が登場する短いお話は知っていましたが、“ホ・オポノポノ”の中のお話とは知りませんでした。




 その短いお話とは(本文より)・・・

 この世の中には、4種類の人がいます。エニバディ(anybody)、エブリバディ(everybody)、サムバディ(somebody)、ノーバディ(nobody)の4種類です。

 必ずやらなくてはならない大切な仕事があったとしましょう。
 その仕事は誰でも(エニバディ)できるものでしたから、誰か(サムバディ)がやるだろうと思って誰も(ノーバディ)しませんでした。みんな(エブリバディ)誰かがやってくれるだろうと思っていたのです。
 誰でもできることを誰もやらなかった結果、みんなが人を責めるだけで終わってしまいました。

 このように、みんな自分の問題と考えないで、そのままにしてしまうのです。どこかで、100パーセント自分の責任だと考える人がいなければ、問題は何ひとつ解決しないのです。






 わたくし事で恐縮ですが、2週間ぐらい前のこと、ちょうどそんな体験をしたのです!

 僕の暮らしているアパートの目の前はゴミの集積場になっています。仕事に出かけるとき、ゴミ屋さんの回収の後だったのですが、大きなゴミの袋が2つ残っていました。仕事から帰ると2つのゴミ袋はアパートの階段の下に移されていました。忙しく手を出せずにいましたが気になっていました。腹は立ちますが、これは僕が片付けることになる、と感じていました。

 数日後、少し時間が空きチャンスがやってきました。分別できるように袋とゴム手を持って階段下に!書かなくても分かりますよね!生活で出るゴミ一切でした!日数がたっているわりには臭くなっかたです♪

 いやー!こんなゴミの出し方ができる人です。なるほどと納得のできるゴミの内容でした。

 誰だよ!ったく!迷惑な!
 と、初めは思っていたのですが、分別を始めると楽しくなってきました♪
まー、30分位ですよ、終わったの♪後は自分のゴミと一緒に決められた曜日に出すだけ!

 終わってみると、すがすがしく、さわやかな気持ち!それに何だろう・・・すっごく楽しかった♪

 初め、「誰だよ!こんな出し方するやつは!」って犯人探しだったのが、この「誰だよ」の人がゴミをごちゃ混ぜで出してくれたおかげで、「こんな貴重な体験ができた!ありがとう!」に変わっていた!不思議・・・

 自分のしていることに、自分で100%参加している。言葉にすると何か変ですね。自分の手の中に自分の人生があるんだ!って感じ。

 人のせいにしないという体験。豊かなエネルギーが自分の中で流れました♪
 

 
sora-02.jpg














 すべての生命にとって神と一つであるということは、一番ベーシックなことなのだと思う。

 人間だけが、自己を神から分離させることが出来る。
 
 神を忘れ、愛を忘れ、わざわざ愛ではないという体験をするために、地球にやってきている。

 これから地球人類は神を思い出し、愛を思い出し、愛がいっぱいという体験をするクライマックスの時を向かえている。



 ここで、一つの矛盾がある。

 【愛ではないという体験をしている】僕たちは、
 【すでに愛がいっぱいの存在】だということ。
 これをどう飛び越えるのか・・・?

 これまで久遠という言葉で表されてきた彼岸。
 数多くの同胞達が彼岸を目指してきた。

 【すでに自分にあるもの】を、【無い】と思い込む。自分の中に在るものを無いと思い込み、見つけるために彷徨い出る。
 これほどの遠さは、どこにも無い。

 此岸と彼岸のあいだには越えられない河がある。そそり立つ岸壁がある。決して開かれない扉がある。


 じつは、扉は無い。
 扉の向こう側に行きたくて、なんとか開こうとする限り、そこに閉じられた扉が在る。
 【愛ではない、という体験】あるいは【自分には何々が不足している】を意識しているときに、扉は創られている。
 自分はもはや扉の中にいるのだという確信があれば、扉はもう自分の背後にある。

 
sora-01.jpg














 どんな瞬間も、僕たちが神から離れていることなどないのだけれど・・・

 僕たちは無条件に愛され、完全に自由なので、自分の意識が選択している世界を100%体験しているだけなのだけれど・・・

 だから僕たちは自分の意識が選択している世界に100%の責任がある。

 自分の幸せや不幸せを、人のせいに、また人に依存しているのなら、その人の幸不幸は他動的なものなのです。他動的な選択をしている限り、自分の力では幸せにはなれない人生の体験になります。

 自分の幸不幸を人のせいにしない。自分を信頼する。自分は守られているという確信。愛や神と、中継する者なしに直でつながり、そこからくるインスピレーションを大切にする。それと楽観主義と、美しい笑顔かな!

 自分の人生に100%の責任を取ったとき、自分の人生が本当に自分のものになります。
 

 

 
 
tamura-01.jpg













 最近伺うようになった福生の造り酒屋さん。





tamura-02.jpg













 今日は紅葉がきれいでした。





tamura-03.jpg













 このお宅、家の中にいて小川の流れる音が聞えてくるのです!
 僕の憧れの家♪





tamura-04.jpg













 玉川上水から取水しています。

 僕には【せせらぎを聞きながら小川の側に暮らしたい願望】があります。
 が、現実の流れでは難しく、とうとう家の中で水の流れる音が聞えるようにしてしまいました。水の流れる音を聞いているととても気持ちが安らぐからです。

 はるか太古の地球人たちも同じ音を聞いていた。鳥たちも、恐竜たちも聞いていた音です。魚たちにはどんな風に聞えるのでしょう?聞いていると♪太古の自然に抱かれている気持ちがしてきます・・・





tamura-05.jpg