魂のワークブック

何だろう?私と世界にプレゼントしたいもの♪

 
   「発現遺伝子」を ON にする

 ヒトの場合は、ある個体の脳が発達して高い知能を獲得すると、その遺伝情報を受け継いだ次世代の個体の脳は、記憶領域などをさらに増幅させて誕生します。これこそ「発現遺伝子」ともいうべき遺伝子のはたらきによるもので、他の動物にはみられない、人類だけの特徴です。

 たとえば、誰もが生まれながらに得意なことを何かしら持っているものです。先祖の誰かが獲得した高い能力が発現遺伝子を介して受け継がれ、その人の世代で現れたのです。

 発現遺伝子のスイッチが ON になるか、ならないかで、潜在的な能力や才能が現実に開花するかどうかが決まってきます。その引き金となるのは意識です。そして、その意識をつくり、意識に最も強く影響を与えるものが言葉です。

 もう、おわかりでしょう。

 あなたの言葉の使い方次第で、潜在的に秘められているすぐれた能力をはじめ、健康や長寿に至るまで、ありとあらゆる望ましい資質を引き出すことが可能です。
 
 「私は健康だし、能力も全開だ」 とおっしゃる方には、もっと欲ばることをお勧めします。何故なら、人間の遺伝子DNAに組み込まれている遺伝情報は、私たちの想像をはるかに超える膨大な量だからです。潜在的な能力に限りはなく、その可能性は人間一代ではとても発現しきれぬほど無尽蔵です。

       自分を変える魔法の 「口ぐせ」・夢がかなう言葉の法則
               佐藤 富雄 かんき出版より



dna.jpg



 
 「アクア・タイムズいいよ?!」って聞いていたんですが

 いいです!!!




 あなたに送る・・・

 そして、やはり不器用な僕自身におくる・・・

 応援歌!!!

 なりたい自分に近づいていける

 自分の力を信じよう!!!





misu_20080227013914.jpg

え??ん!シャッターが勝手に・・・ だが撮ろうとしても撮れない傑作!!
でもないな・・


 
 
 ガラ・ルファ

 うわさには聞いていたんですが、職場に登場するとは!
 極楽湯・入間店で今、体感できます。ただし有料ですよ!(10分500円)

gara-02.jpg






 
 『特にトルコの温泉地にいる系統は特異な生態をしており、37度くらいの水温でも平気で活動することができます。
 この魚は、人間の皮膚をかじる習性を持っており、魚が肌をつつく際、古い角質を除去したり、不思議なマッサージを体感することができます。
 アトピーや皮膚炎が治ったという事例も知られることから、ドクターフィッシュという異名も持っています。このガラ・ルファを使用した処置は、ドイツでは医療行為として認められているようです。
 成魚のサイズは、約10cmにもなります。人に大変慣れ、飼育者が近づくと寄ってきます。
 飼っていてなかなか楽しい魚です。』


 資料・写真、有限会社ピクタさんより。
 販売もしていますので興味のある方はリンクに飛んでみてください。






gara.jpg

 見ていると、こちらがくすぐったく感じます。聞いてみたら、くすぐったいのは始めだけで、気持ちいいそうです!
 
 
 自律神経系は現実と想像の区別がつかない。 後編

 どうです、ちょっとしたミラクルだと思いませんか。

 想像力と自律神経系のはたらきのおかげで、時間も空間もひとっ飛び。過去・現在・未来のいずれであっても、心のあるところがあなたのいる場所となるのです。美容や健康に細胞レベルではたらきかけるホルモン物質を、自在につくり出すこともできてしまいます。

 また、「ほめ言葉のご利益」というものがあります。きれいだとほめられた人ではなく、ほめた人のほうが美しくきれいになるという摩訶不思議な現象です。

 自律神経系は、人称の区別がつきません。主語を解さず、すべて言葉を発した当事者のこととして読み取ります。ですから、自分を美人だとほめ、まわりにいる人をほめまくっていると、ほめ言葉の影響により自分自身がどんどん美人になっていけるのです。

 人間と言葉との関係は、実にシンプルな原理に則っています。それは、私たちの現在の姿は過去の口ぐせの産物であり、未来もまた、現在の口ぐせによって導かれる当然の結果であるという、とても明快なものです。

       自分を変える魔法の 「口ぐせ」・夢がかなう言葉の法則
               佐藤 富雄 かんき出版より






jibunn.jpg
サリー・ガーデン イギリスの愛の歌のCDジャケット
 
baisroi.jpg

バリ、バイスロイ・バリの朝。





 癒しのα波オルゴール

 YouTube より
 
nou-01.jpg
アンリ・ルソー 絵








 自律神経系は現実と想像の区別がつかない。 前編

 ・・・このような体内生化学反応・・・の調整機能を司っているのが自律神経系で、その中枢は脳の大脳辺縁系というところにあります。「原始的な古い脳」とも「動物脳」とも呼ばれるところです。

 脳のいちばん外側にあるのが、大脳新皮質です。これは、生物のなかで唯一人間だけが持ち、発達させた「新しい脳」で、思考・判断・記憶などを司っています。

 新旧ふたつの脳を結びつけるのは、新しい脳による想像の力です。

 新しい脳が抱いた想像イメージは、古い脳である自律神経系にはたらきかけ、体内の生化学反応系に影響を及ぼします。つまり、人間は誰しも、たとえ想像上のことであっても、現実のことと同じように体が反応してしまうのです。

 心配事があると顔色がすぐれないという現象も、みなさんご存知の通りです。不安な意識が誘引となって脳内にアドレナリンというホルモン物質がつくられて、毛細血管を縮小させ、血液の多くを筋肉系に運んでいくために起こる化学反応の結果です。

 それが三年先や五年先という未来の先取りであっても、心配した時点で、今まさに現実の出来事のように、体は反応してしまいます。過去のことでも、頭のなかでそれを再現すると、今それを体験しているかのような反応を体の随所に引き起こします。

 素敵な初恋の思い出、楽しかったデートのこと、ロマンチックなささやきなどを回想していると、誰でも胸がときめくものです。こうゆう時は、血行が良くなり皮膚温度も上昇します。さらに、ベータエンドルフィンなどの快楽ホルモンが分泌されるに伴い、気分はますますうっとりとしてきて、肌にいきいきとしたハリやツヤが出てきます。

       自分を変える魔法の 「口ぐせ」・夢がかなう言葉の法則
               佐藤 富雄 かんき出版より
 
 たとえば、いつも怒ったり強いストレスを感じたりしていると、ノルアドレナリンというホルモン物質の毒性により、病気を招いたり、老化を早める結果となることがわかっています。

 反対に、いつも笑いながら楽しく過ごしていると、ベータエンドルフィンをはじめとする快楽ホルモンが盛んに分泌され、その薬理作用によって免疫力がアップし、心身ともに壮快に生きていくことが可能になります。

 心と体は不可分の関係にあり、相互作用があるという化学的な見解です。

 人生において何か重大なことを選択したり、決断する際も、どのような意識で臨むかによって先々の結果が大きく違ってきます。・・・
 ・・・幸せになろうと本気で思い続けていると、願った通りの幸せを手に入れることができます。

 なぜそういうことが起きるかというと、それが脳という仕組みのミステリアスな点なのですが、大脳が思い描いた想像イメージと自律神経系の連動により、現実を動かしていくことができるからです。

 良い考えを選択して脳にインプットすることの重要性は、まさにここにあります。考え方が変わると人生のすべてが変わる、というのは本当のことです。

       自分を変える魔法の 「口ぐせ」・夢がかなう言葉の法則
               佐藤 富雄 かんき出版より 









tabi-04.jpg
カレーショップ、MALABARのタペストリー。(高田馬場)
 
g-03.jpg






 テラ♪ 地球をこんなふうに見れるようになったのは、僕たちの知る歴史ではつい最近のことです。

 自分の住んでいる星を、もう一人の自分が見ている・・・

 これは過去画ですが、ライブなら正に、同時に、二つの視点を持ったわけです!

 この瞬間、○○人、□□人、△△人でありながら、同時に地球人という意識体験をしています♪

 NHKのテロップのように、この映像を見る前と後では同じ地球人ではない!!

 人類の意識の次元上昇が始まっています♪

 はじめこそ、その数は少ないですが、その人たちの波動は惑星全体の人びとに伝わっていきます。∞∴






g-05.jpg









g-01.jpg
 
       自分を変える魔法の 「口ぐせ」
          <夢がかなう言葉の法則>   
 
                 佐藤 富雄  かんき出版


 この本、ところどころ紹介してみますね・・・



 僕は自分の魂の奥深くにあるエネルギーと、繋がることで知る体験、の一部をこのブロブで扱っています。ただ、その情報は論理的ではなく、証明などとても出来る代物ではありません。高い意識世界からのチャネルかもしれませんが、たとえそうであっても、それは受けての能力内でしか表現することはできません。また熱病にうなされている時の世迷言だと云われても、反論はしません。

 さて反対に論理的で証明されたものしか、認め、受け入れられないのだとしたら、この世界は動物園の檻の中に入るぐらいの大きさになってしまうような気がします。
 愛や命は理論で知ることはできないし、論理から生まれる正しさや、正しさから発生する対立を溶かしていく力を持っているのが愛や命だと思います。



 この “自分を変える魔法の 「口ぐせ」” は僕と少し近い、いや結構近いと思いました。

 またこの本の内容は “YouTube” に The Secret シリーズとして流れている “引き寄せ” と同じでもあります。

 “7つのチャクラ” キャロライン・メイス著 (サンマーク出版)
 「あらゆる選択は、信頼、あるいは恐れによって動機づけられ、霊にひとつの方向性を与える。
 ある人の霊が恐れによって動かされているとしたら、恐れが気場と身体に戻ってくるのだ。
 逆に、信頼によって霊を方向づけてやれば、慈しみが気場に戻り、生体系は嬉々として健康な状態を続けられる」 これもまた同じ内容なのです。

 そして、この本の著者、佐藤 富雄さんは自然と遊び戯れることを知っておられる科学者であり、そんな科学者が同じ法則を世に問うている・・・心や体や精神と云った言葉は出てきますよ。
 でも神や霊的世界は出てこない!だから多くの方にとって解りやすく受け入れやすいのでは?と云うのが紹介の理由です♪





tuwabuki.jpg

ツワブキの種。次の自分を託している。(藤沢市大庭にて)
 
 
mahou-01.jpg
アンリ・ルソー絵






 無意識の習慣が行動を決定している

 ・・・数ある習慣のなかでも最も自覚しにくく、最も強く人生に影響を及ぼすものが、思考習慣、いわば考え方の癖です。

 何事も悲観的に受けとめたり、考えたりする癖を持つ人は、たえず不安や心配を抱えながら生きています。
 いっぽう、物事を楽観的に受けとめ、考えていける人は、いつ見ても楽しそうで明るいものです。たとえ逆境にある時でも 「何とかなるさ」 と楽天的にかまえ、実際に何とか乗り切ってしまう力があります。

 悲観的に受けとめるか、楽観的に受けとめるかの違いは、その後の人生をまったく逆の方向へ進めていきます。何故なら、「人間の体には、自らの夢を実現させる仕組みが本来的に備わっていて、それが上手に活用できるかどうかで人生の質が大きく左右される」 という、驚くような法則がはたらくからです。


     
     自分を変える魔法の 「口ぐせ」
       <夢がかなう言葉の法則>   より
 
                 佐藤 富雄  かんき出版
     
 
 
 ルート16、“橋本駅南入口” という信号の横にあります。あこがれです♪




koya-02.jpg







koya-01.jpg







koya-03.jpg
 
tynk-02.jpg








 「わたし達はもともと、愛でできているの。愛を通して世界を見るとき、あなたの見つめる場所は輝いて見えるわ」

 「あなたが制限をもって世界を見つめたとき、それは、あなたの不安を通して世界を見ているとき。そのとき世界はヘビになって、あなたに襲いかかるでしょう」

 「ほんとうは、あなたは同じものを見ているのよ。わたしも、ヘビも同じものなの・・・」

 「あなた自身の心にあるものなの」

 「ほんとうは、心の内と外はないのよ。あなたが心の外に追い出したと思った敵も、心の内なの。その敵を攻撃したとき、あなたの心は、自分が知らない深いところで傷ついているのよ」

 「頭で判断しようとすると、ただちに制限は起こるわ。ただ愛は溢れているの・・・」

 「ティンクだね?」

 「そうよ!わたしはいつも、あなたと一緒にいるわ。呼びかけてさえくれれば、いつでも応えるわ!」


 2008/02/18 10AMころ
 
 
hook.jpg
「フック」 テリー・ブルックス著 ソニー・マガジンズ








 ピーターはまばたきをして、

 「ティンク?」

 彼女はほほえんだ。

 「あれをいって、ピーター。あれをいってみて、ほんとうにそのつもりで」

 ピーターも微笑した。

 「ぼくは妖精の存在を信じるよ」

 体内で灯がともったように、ティンクの全身がぽっと明るくなった。顔が輝きを発した。

 「眠りと目ざめの中間の場所ってわかる?いま見ている夢がまだ記憶に残っている場所よ?そこであたし、これからもずっとあなたのこと想ってるわ、ピーター・パン。
 あなたが帰ってくる日をそこで待っているわ」

 そのとき、曙光の一条がピーター・パンの像の肩、ちょうどティンクがいるあたりに射しこみ、
妖精は消えた。
 「フック」 P334?335




 このティンカーベルのいる狭間の世界は、意識と無意識が情報を交換する、とても大切な場所です。昔からシャーマンたちが出はいりしていた夢見の場所です。
 
ha-to.jpg

Nちゃんから今送られてきたメールの添付。








 このハート達。今は形を持っていますが。

 少し前までは、この世界にありませんでした。

 形あるもの達は、形のないところで作られているの知ってました?

 その場所は心の中です。

 形あるものの設計図は、みな心の中にあります。

 心を通さずして、現れ出るものはありません。

 心の奥には生命エネルギーが溢れています。





iTunes-04.jpg
iTunesより。





 心が作る設計図=プログラム、が生命エネルギーに働きかけると、生命エネルギーはプログラム通りの現実を作ります。この働きに善悪や、正しい、間違ってるはないですよ。

 心が恐れていると、恐れが作る設計図=プログラムが作動して、恐れを土台とした世界が創造されますし、

 祝福の心がプログラムしたのであれば、祝福された世界が出現します。

 世界はとても簡単な仕組みで作られています☆
 
 このハート達の設計図はどんな創造の心だったのかな?

 きっと、夢のある、楽しい、こころ・・・♪

 
 
 いじわるな人はみんなから嫌われます。戦争を仕掛ける人たちが嫌われるのは当たり前。憎しみを生みます。大きな悲しみを生みます。
 で、平和を求めるあなたには憎しみが生まれます。いつも犠牲になるのは弱い者たちだからです。悲しみが癒えるには長い時間がかかります。

 憎しみから平和は生まれません。憎しみからは憎しみの連鎖が始まります。
 そんなことは、判っています!どうにもならないのです・・・

 こんどのアカデミー賞(何賞か忘れました)にノミネートされているポーランドのワイダ監督の作品は“カティンの森”を扱っています。
 1940年の春、ソ連のスモレンスク近郊にあるカティンの森でポーランド兵捕虜数千人がソ連当局により射殺されました。これはその前年、ドイツとともにポーランドを侵略したソ連が、その占領地域から連れ去った人々です。戦後もソ連当局は虐殺はナチスが行ったとゴルバチョフの時代まで嘘をついていました。
 ワイダ監督のお父さんは連れ去られ殺害されたポーランドの軍人でした。ワイダ監督のお母さんはソ連の嘘の中で夫の帰りを待ち続けました。
 ワイダ監督は
 「この作品を作って初めて、忘れることができる、先に進むことができる」
 と語っています。

 ぜひ観たい作品です・・・




 みんな自分が正しいと思っています。
 みんな自分を優先させようとします。
 それが対立の元で、戦争の元です。
 みなさんそんなこと知ってますよね?
 私たちがそうですから・・・
 “カティンの森”も同じことです・・・

 多くのヒトラー達にしても自分は正しいと思っていたのではないですか?同胞を守り、幸せに導こうと・・・
 自分(たち)の幸せを脅かす者が敵になります。ヒトラーは敵を排除したのです。自分が正しいと思うと人は何でもします!何ということをしたのでしょう・・・
 (多くのヒトラー達は国民の集団意識の頂点だということをお忘れなく・・・)


 あなたが、そして僕が戦時下のドイツにいたら、奴隷制度下のアメリカにいたら、太平洋戦争下の日本人だったら、今独裁国家の国民だったら・・・何ができるのでしょう・・・





mado.jpg

アグンラ・カバンガローはライス・テラスの中にあります。






 自分が正しいと思っている人たちは同じことをします。


 心の扉の外側に敵を作ってしまうと、“自分は正しく、相手は誤っている” が生まれます。
 順番が逆かもしれません。自分を正しいと思ったとたん、相手は心の外の敵になる。
 敵は心の外にいるから、どんなに痛めつけても心は痛まないのです。

 【本当はね・・僕たちは心が痛むのが大嫌い!!だから心が痛まないように、これから痛めつける相手を心の外に出すんですよ!】



 僕たちははるかな過去から、ずう???????っと!そうしています。
 【敵を前にしたとき、あなたたちの愛は生き続けることが出来ない。】



 「じゃあ、お前はできるの?」って云われると、
 「できません!」
 頭でできるのと、心でできるの、行動で示せるの、違いますよね・・・




bali 196

バリ アルマの庭。





 でも自分の奥深くにあるエネルギーと繋がっているとき、みんなは一つに繋がっていると感じられます。すると、そのときは難しい問題ではなくなるのです。
 まだ日常的にそのエネルギーと繋がっていないので、今の僕にはできません。でも、それは僕の魂の旅の課題です。楽しんで取り組んでいきます☆

 

 僕たちの意識は強力な力を持っています。まだあまり知られていませんが、発信機として。また、受信機としての機能を持っています。

 また、僕たちは一人ではありません。深いところでみんな繋がっていて、その深い場所からいつもエネルギーが流れて来ています。でもその流れが切れてしまうと、僕たちは自分たちを弱い個として感じます。不安になります。自分を守ることに懸命になります。



 人類はまだエゴ体なので個を基本としています。個人としても国家としてもです。エゴ体が間違っているわけではないですよ。一つの段階ですから。
 魂はある段階までは、痛みや、孤独や、悲しみという体験から多くを学び、一歩一歩階段を登っていきます。魂の旅の達成はどのレベルを抜いてもありえないからです。


 むかつく相手も仲良しのひとも、同じ旅の仲間だと思えるとき、相手の持つ孤独や恐れを理解しアドバイスしたり、助けたり、支えてあげられる部分も見えてきます。すばらしい旅の先輩から便利な旅のアイテムをプレゼントされたりもします♪
 

 理解されたり、助けられたり、支えてもらった魂の体験が、傷や孤独を乗り越えて次の魂にも同じ体験を与えようとします。そこからしか平和は生まれないと思います。そのように愛は伝わっていきます♪∞

 ここは、戦時下のドイツでもないし、奴隷制度下のアメリカでもないし、太平洋戦争下の日本でもないし、独裁国家でもないし、比べるのも何ですが・・・僕らのできること、はるかに多いですよ!





PS ワリダ監督はワイダ監督の間違いでした!お詫びして訂正します。m(_ _)m
Trackback:入れてくださった方!ありがとうございます。また遊びに来てくださいね♪
 
g-02.jpg
“かぐや”からの映像。もう有名ですね・・・







 僕たちのたった一つの星・・テラ・・


 この星の調和なしには僕たちは生きていくことはできません。


 もう争いは止めにしませんか♪


 あなたの持てる力の一部で、苦しんでいる人を支えませんか♪


 この星は、あなたの力で少し幸せになります!
 
 最初の緊張もとれてきました。
 由羽(ゆう)の面倒を一生懸命にする花蓮(かれん)。
 今は、埼玉と静岡で離れてるけど、近くで住めたらいいなぁ・・・∞



 



nobnti-06.jpg

 自分の遊んだおもちゃを由羽にあげてる花蓮。






nobnti-02.jpg

 アフラックのお人形の声?を何とか聞かせようと・・・由羽も嬉しそう!






nobnti-04.jpg

 ゆりかごを揺らしてあげてるところ・・・






nobnti-03.jpg

 すっかり、“おねえさん”をしています。

 
piglet.jpg

 花蓮が大好きな ピグレット は娘があげたもの。 ピグレット も今日は里帰り☆






nobnti-07.jpg

 ニャンコも遊びに来てました!






nobnti-05.jpg

 お昼ごはんはケーキ。みんなでケーキのまわし喰い!みんなで幸せ♪

 後がちょっと心配・・・





nobnti-08.jpg

 この辺では、まだ少し緊張ぎみ・・・

 
 PM 23:23 ももちゃんからメールが
 「高速通行止、今20号大垂水。まだまだかかりそう(T_T)」


 今は圏央道も通行止・・・



 「がんばれ?!無理すんなよ?!」

















yokujitu-05.jpg

雪の中、お疲れ様でした!玄関がにぎやかになりました♪






yokujitu-06.jpg

翌朝。大のお気に入りのピグレットと!






yokujitu-04.jpg

息子の車でお出かけ。行き先は福生のケーキ屋さん♪






yokujitu-03.jpg

このケーキ屋さん、気に入ってます!






yokujitu-01.jpg

ケーキを買って、みんなでこんどは娘のとこへ。
 
 今、雪が降っています。今年はよく降ります。





kaeri-01.jpg

本日のお仕事。終了?♪ 6Fの部屋からの眺め!




kaeri-02.jpg

下の駐車場に降りました。 奇麗ーっ♪♪




kaeri-03.jpg

ルート16の車の流れもいつもより、ゆっくりです。




 子供たちファミリーがこの雪の中、富士からこの家へ向かって走っています。
 旅の道中に安全と祝福がありますように・・・!祈り∝†
 
hasumusi.jpg

バリ、蓮の花と虫。





 注意しなければならない虫はわずかです。そのわずかな虫のために他の虫たちを皆殺しにする必要はありません。
 細菌たちとも長年にわたって良好な関係を作ってきましたので、神経質にならなくて大丈夫です。熱帯雨林を開墾して未知の細菌や、人が宿主になっていないウイルスなどを引き出すことのほうが危険と云えます。

tanboasa.jpg

バリ、アグンラカ・バンガロウの朝。





 人も赤ちゃんのころは四本足です。地面をはいはいします。病院やトイレ付近の床でなければさほど気にすることはありません。
 この時期に赤ちゃんは、はいはいした手を舐めることで、外の世界を自分の内側に取り込みます。母乳をあげるとき乳首を消毒しますが、これも必要ないと思います。人類の長い子育ての歴史の中の、せいぜい最近100年ほどの習慣です。
 これをしっかりやらないと、外の世界とのトラブルを常に抱え込むことになります。細菌に関しては、体内にできる免疫力は弱まり、細菌に弱い体質が作られます。




 神経質に手を洗うのも考えもの。清潔好きも程々にしないと厄介なことになったりします。
 私たちの手 (じつは体中!) には当たり前に住んでいる菌類がいっぱいです。これらの菌類が手の表面のバランスを取り、逆にバリアーとして私たちを守っていてくれます。

 私たちは地球規模でもオゾン層を破壊して大切なバリアーを失いつつありますが、きちんと殺菌された手には、このバリアーが無くなることを知っていてください。無防備になった手に、まずい細菌が付着すると、元々そこに住んでいる菌がいないので、我が物顔で増殖することになります。




 免役に話は戻りますが、免疫系には Th-1と Th-2の二つの働きがあります。

 ◆Th-1は細菌やウイルスに対し働きます。

 ◆Th-2は異物の進入に対して働きます。

 人が健康でいるには、Th-1を高め、Th-2を抑えることが大切なんですが、子供のころの環境が除菌!除菌!で細菌に触れる機会が少ないと、Th-1は増えずに (当然ですね!)、Th-2が増えてしまいます。これでは子供のころに病気を生み出しやすい体質を作っている。と云うことになります。

kamado_20080209014605.jpg

バリ、友人デナの家の炊事場。




 コマーシャルは、きれい!清潔!可愛い!を流しつづけます。私たちはそれが、まるで文明の高い国で暮らしているように錯覚していますが、落とし穴があることに気づいていません。
 世界と私たちの関係は、コマーシャルのように軽いものではありません。



     つづく

 
 2月3日、節分のつづきです。

 対象になる世界が、自分の内側にあると感じられる時、世界と自分の関係は平和になります。

 逆に、対象になる世界が、自分の外側にあると感じられる時、世界と自分の関係は緊張を生むことにになります。

mado.jpg

バリ、アグンラカ・バンガロウ。周りは田んぼ。





 上の状態は平たく云うと、「目の中に入れても、痛くない」 状態。
 「目の中に入れても、痛くない子や孫」は、自分の心のテリトリーの内側にいます。
 これが、福は内。

 下の例は、「虫やバイキンはどんどん殺す」 若いお母さんたちに多いですよね。大事な子どもたちを守る。虫やバイキンは敵!敵は心のテリトリーの内側には入れません。嫌って外に追い出したものたちとは当然、悪い関係が生まれます。
 これが、鬼は外。

tobira_20080209013915.jpg

バリ、バイスロイ・バリ。




 虫や菌類や僕たちは、同じこの世界が産み出したものです。何千万年も前から共に生きています。共に生きることが出来ないと対立がうまれます。

 この前、ある集まりで、子どもたちが公園で、
 「バイキン!バイキン!」といって鳩に石をぶつけていた。って話がでました。

 子どもを守ろうとするお母さんの過剰な恐れは、幼い子どもの潜在意識に簡単にコピーされ、長く子どもの生きかたを方向づけます。

balikko.jpg

バリ、友人デナの妹さんの結婚式にて。

 つづく 

 
 見付からない!!! orz


































 見つかりました♪♪♪ ^ ^/~

         2月7日、PM6時半ころ
         2月8日、1AM ナンロックまだ解除されていません・・・
         2月8日、2:40PM 通常通信再開できました!
 
 AUショップのおねえさんも、遠隔ロックの解除は初めてでした!二人の共同作業で回線を復帰させるのは楽しかったですよ。機能がよみがえる最後のキーを押すときの彼女の顔、輝いていました!僕も幸せでした。♪この相棒がいないとブログに写真貼れないからね・・・



au.jpg


 
saitou-02.jpg

 今日、蕎麦きり さいとう さんに、Mさんと Nちゃんと三人で行ってきました。もう?すご?く旨い!!

 Mさんが元いた “大地の会” の仲間が、ほそ川(埼玉の吉川にあった有名なそば屋。今は両国にあります。)で修行して開いたお店です。






saitou-05.jpg

 意地きたない僕は、いつも写真を撮るタイミングをはずします・・・
 穴子の天ぷらせいろ。ふわ?っと柔らかい穴子。蕎麦は十割。
 僕は色々なお店で食べてないのですが、僕が食べた蕎麦では一番美味しかったです♪






saitou-04.jpg

 生ゆばの天ぷらと大根おろしが乗っています。だしが絶品!!やばっ!!
 玉子焼き、穴子の煮こごり、変わったところでは、蕎麦クレープ。こちらはレバーペーストをはさんでいただきます。甘いデザートの蕎麦豆腐もおいしい・・・
 上尾で遠い・・・近ければ間違いなくしょっちゅう行くお店です。
 
 




saitou-03.jpg

 お蕎麦に合わせたお酒が並んでいます。「昼間から昼酒呑みにくるお客さんも多い」とご主人。






benten.jpg

 みんな旨かったのですが、「弁天娘」 これが気に入りました♪
 純米酒、鳥取、太田酒造場。
 杜氏の方が一人で米造り、酒造りをされているとのこと!口の中で華やかな花がパアーッと開きました。♪♪
 
 
kakutei.jpg






 来た!来た!来た!来てしまいました!
 確定申告の季節が・・・・・ T_T


 感じる、感じる、この毎回感じる、いや?なプレッシャーには理由が・・・


 始めてしまえば、それなりに終わるのに、

 
 申告が終わると、
 「あー!毎月ちゃんとやっておこう!そうすりゃ楽だもん! ^ ^v 」
 と、毎年思うのは何故?


 子供のとき、夏休みの宿題がそうだった・・・
 いつまでもやらないで、最後の3日位でなんとかする。

 
 同じだ・・・・・


 要するに、やなことは、やらない。
 やなことは、追い詰められるまで、やらない。50年もそうしてる。


 でも、追い詰められていく感じ、やな感じなんだ・・・
 その、やな感じが実は好きなのか?
 だから変わらないのか?


 今年は、今月の8日に始めることに決めた!!
 
 ドキッ!っとしたり、プレッシャーを感じる方も多い・・・ かな?
 そんな、タイトルでしょうか?


 ◆ 多肉 ◆
 でも僕は大好きです♪^ ^





taniku-02.jpg

お水切らしめで、しわよってますね。暖かくなったら少し多めにあげます。





taniku-03.jpg

葉のふちがピンクで揺らいでます。おんな心を感じてしまいます・・・





taniku-01.jpg

かなり好きな 十二の巻 (ジュウニノマキ) ユリ科 ハウォルチア属 小さな観葉植物風。





taniku-05.jpg

宇宙の花のような。★♪
 
yuki-02.jpg

 朝、目が覚めてカーテンを開けたら!!!
 「よしっ!今日は四駆に切りかえてっ!」
 仏子までドライブ!外の景色には “冬の魔法∝†” が♪♪♪
 仏子からは、西武線に乗ります。






e-c.jpg

 たいてい第一日曜日は高田馬場で瞑想会。ひとり¥500-の会費はアメリカの A・R・E へ送金されます。
 Edgar Cayce’s A・R・E から送られてきたステキな書類♪







setubun.jpg

 途中で見たポスター。鬼を追い出して、福の神を招く節分。「福は内!鬼は外!」
 これは自分を外側にさまよい出させても、答えは出ないということ。一見、外にあると見えるものも実は自分の内側にある。心の内を見つめることで外を理解する。心の奥では内と外が融合している。

 瞑想は内と外の境界線を取り払って、自分が世界の一部になることのようです。
 でも次々に煩悩が・・・・ ^ ^ ; 鬼的なもの、ちゃんと自分の中にあるぞ・・・その鬼を追い出すなんて!直感的にそれは一番まずいと思う。まず、そのままの自分を認めて、鬼と充分に格闘し、互角になって、その存在が違和感を生まなくなったら・・・

 福田先生からは 「何も考えないこと」 って・・・「みなさん服(福)いっぱい着てますよ」


 
 現実に僕が知っている方では二人だけです。
 神とともに暮らしている (いるように見える) 方は!!
 十牛図の最終ボスキャラですよ。こんな人いるんですねえ♪
 “自己の行くところに神がついてくる。神を使い、仏を使う人”


jiinn_20080201034012.jpg

バリ、タナロット寺院







 ほとんどの方は、神は自分の外にある存在で (神はいないと云う方は除いて) それも、ひれ伏す対象のようにもみえます。
 
 しかし、高田馬場の先生は
 「私たちは神のしもべだと思っていますが、神が私たちのしもべです」
 「まあ、同じものなんですがね」
 と。

 自由が丘の変な先生は
 「あっちは自分たち (あっちは一つであり 同時に多でもあるようです) の力を使って欲しくてうずうずしている」
 と。

 高田馬場の福田先生にいたっては、
 「大きなお父さんのあぐらの上に乗る子どものように、神様のひざに座ってね」
 僕は、聞いてしまいました!
 「 いくぞ!相棒 ^ ^♪」
 って!!!





 こんな二人の話。何とか伝えたいんですが、できるだけやってみますね ^ ^ ;


hasu-zu_20080201034033.jpg
安斎令子さん絵







 神も、愛も、光も、(神も、愛も、光も、同じものの別名なんですが・・) 皆さんの中に生きていて、あなたが声をかけてくれるのを今か今かと待っているんです。
 神も、愛も、光も、あなたがお願いしないかぎり、自ら働いて、あなたを助けることは決してありません。
 なんで・・・でしょうか?
 神も、愛も、光も、あなたをとても大事にしているからです。だから、あなたが望まないことは決してしません。あなたの本心の望みを創造、体験させます。
 あなたの意志によって初めて動く。だから神が私たちのしもべ!!

 あなたが声をかけてくれるのを今か今かと待っている存在・・・
 「わたしの神よ!お願い、力かして!」
 「わたしの愛よ!お願い、働いて!」
 「わたしの光よ!お願い、導いて!」
 その瞬間にあなたをまっていた存在は、神として、愛として、光として働き始めます。

 それを福田先生は 『神の片思い』 って表現されます。
 「神を振り向かせるなんて簡単!だって神は、ず???っとあなたに片思いだから」
 だそうです。





 まあ、神はあると云う人。ないと云う人。さまざまです。
 宇宙最大の謎のようですからね・・・
 こうした答えって、あっと!驚くほどシンプルで、絶対!認めたくないほど自分の価値観をひっくり返す!
 たぶんね・・・


welcome_20080201034047.jpg