魂のワークブック

何だろう?私と世界にプレゼントしたいもの♪

 
CA392022_convert_20170519204423.jpg
















 スイートフェンネル・・・ と、




CA392031.jpg
















 カモミール・・・ と、

 アップルミントも入れました。

 ハーブティー.。。

 珈琲も持って、、




CA392028_convert_20170519204348.jpg
















 朝カフェ しました!

 草の香りや、甘いお花の香りも・・・

 爽やかな風に乗って来ます。

 鳥たちの鳴き声が聞こえています。

 あぁ ・・・

 リゾートだよ ・・・

 後ろの国道の、車の音を除いてはね!




CA392036_convert_20170519204215.jpg

















 午後は女影に行って、冒険小屋を作りました。

 違いま~す。 ^ ^

 ほんとは、、

 女影は日陰がないので、ここに蔓をからめて涼もう、というお話し。

 とりあえず天井にはシートを張らないとね。

 3日間、ウッドデッキに掛かりっ切りだったのですが、、

 里芋、ジャガイモ、は芽が出ていましたし、ミニトマト、安納芋、レモングラス、は根づいていました。

 落花生の芽はまだでした。

 もう少しですね。





 
CA391720_convert_20170228155456.jpg
















 午前中、お散歩に出ました。

 足の向くまま歩いているうちに、巾着田のわきの古民家で雛祭りの飾りつけをやっているのを思い出したので見に行きました。




CA391717_convert_20170228155328.jpg
















 吊るし雛もたくさん下がっています。




CA391718_convert_20170228155422.jpg















 写真ではお伝えできないのですが、これは宇宙です・・・

 吊るし雛には、金魚や、蕪、大根、イカ、タコ、デンデン太鼓、椿のお花、童、
唐辛子、鳥、朝顔、手毬、ヒラメ、不明なものも色々・・・




CA391716_(2)_convert_20170228155251.jpg
















 人間国宝の方の展示も一室あり、10点近くありました。

 写真のような艶っぽいのはなく、素朴ではあるものの、表情が驚くほど活き
活きしていて感心してしまいました!



 3月5日までの展示です。無料です。

 飯能まで御用のある方は、ちょっと(乗車すれば6分ほど)足を伸ばせば高麗駅。

 巾着田まで徒歩15分。巾着田の天神橋の横です。

 是非お散歩して、春を楽しんでみては如何でしょうか。






 
CA391713_convert_20170227105849.jpg


















 お気に入り、の中にある音楽をフォルダーにまとめようと移動させていたら、、

 ポインタから途中で落ちてしまい、、

 つぎの瞬間、「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない」 が立ちあがって
しまいました。

 このテーマソング好きなので聴いていました・・・

 そしたら ラストシーン があるのが右側に見えて、、

 ポチって、、

 見てしまって・・・

 去年の秩父映画祭で偶然見たのですが、、

 また、いっぱい泣いてしまいました。

 今日は午前中から、グショグショです・・・

 メンマは旅立たなければならなかったけど、僕はまだ肉体を持っています。

 やりたいこと、、

 出来ることが、、

 嬉しいです!笑





 
CA391679_convert_20170119182747.jpg


















 「背中なら、押してあげるわよー!」

 「押して、崖から落としちゃうかも!」

 「また、この人のジジイっぷりもいいね!」

 「生きてきた人生の重みがある。 同じように歌っても若い人には無理ねェ。」

 ジジイっぷり・・・

 ハゲっぷり・・・

 私にも、希望の光がさしてまいりました。^ ^




 
 最近、僕の性格が悪くなったとパートナーは言います。

 「嫌味ぃ~なことを言ったり、人の揚げ足を取ったり、思いっきりの誉め言葉に棘が潜んでいたり。」

 まるで、「これでは一緒に暮らしている人のようではないか!」と。笑

 「一緒にいるうちに私の性格がうつったに違いない。前はあんなにいい人だったのに見る影もない。私の悪口は言うし、私のおやつも食べるし。」

 ダースベイダーと合体したからに違いがないと僕は思っています。

 でもそのお蔭で、シャドーに含まれる豊かさが取り出せるようになったはず?

 まだ慣れていないのです。ゴメンネ!

 今のところは、ひねくれ坊主だけど、明日の僕を見てね!

 目覚めている意識の境界面が海面とすれば、氷山が海の上で見えるところが表面意識。

 海の中に隠れていて見えない氷山が潜在意識。いやそれより遥かに上回る
領域になります。

 そのシャドーの中の豊かさ? って何ですか~?

 この前、うまい例えを思いついたのですが、忘れてしまいました。^ ^

 思い付いたらすぐにメモらないといけません。

 思い出したらUpしますね~。





CA391648_(2)_convert_20170115141518.jpg
















綺麗な空でしょ!鹿台橋(ろくだいばし)から撮りました。






CA391648_convert_20170115135234.jpg
















こちらが元絵です。やっぱり性格悪いかな?







 
 
 僧侶になるために必要な資格はありませんが、仏教の世界には仏門に入る
ことを許可してもらうための「得度」と呼ばれる儀式があります。

 ふむふむ・・・

 得度(とくど)は仏教における僧侶となるための出家の儀式。

 ふむふむ・・・

 剃髪し戒を守ることを誓約し、戒名(僧名)を与えて頂きます。この儀式を受けることで僧侶の仲間入りをします。

 ふむふむ・・・ 戒名(僧名)は頂いています。

 以前、古神道 と 真言密教 の修行?を10年ほどしたことがあります。
  
 その時の仏界、不二山海山寺(今はありません。)より 浄円という戒名(僧名)を与えて頂いています。

 なあ~んだ。 もう僕はお坊さんだったんだ~

 でも、お釈迦様の弟子になったということで、僧侶の卵だということです。

 ふつう、各宗派の僧になるには、それぞれの宗派で3年ほどの修行や、大学で学ぶ道や、通信教育もあるようです。

 そうかぁ・・・

 僧であることを宣言すれば、スタートできるんだ。

 僕はお寺を持って、延々とつづいている葬式仏教をしたいわけではありません。

 ここが、みんな仲良く幸せに暮らせる星になるように、お役に立ちたいだけです。

 本来一つである世界に裂け目ができて、二つに分かれていれば、そこに橋をかけるのが夢です。

 大学に学びには行かないだろうし、免状を頂きにお寺にも(必要がなければ)
行かないでしょう。

 空海に興味をもって調べたように、一休さんや、良寛さんや、本を読んだりしたいですね。

 昨日、在日韓民族の無縁仏の魂に愛を送ったように、目に見えるもの、見えないものの区別なく祝福を続けていきたいです。

 そして何よりも、全ての答えは問と一緒にあると思いますので、自分自身に
興味をもって生きていきたいです。

 浄円さん、 三日坊主じゃ駄目なの知ってるよね~ 笑




CA391600_convert_20170103131446.jpg

















 
CA391599_convert_20170102194013.jpg
















 初詣に 聖天院 と 高麗神社 に行ってきました。

 高麗神社さんはまだ混んでいるので、お参りは後日に。

 高麗神社さんでは、屋台の韓国のお菓子 “ホットック” てのを初めてたべました。

 ホットケーキ風の小麦粉に、さつま芋のあんと、ナッツと、シナモンと、黒砂糖が入っていて。で、鉄板で焼いたもの。黒砂糖ならOK!僕の食べられるの本当に少ないんです。メチャ美味しかった!!^ ^

 家から目的地まで歩いたのは初めて。。

 やはり初めて付けた歩数計。 1500歩?というのは考えられず、ひと回りしたんでしょう。

 すると11500歩。こんなに歩いたお散歩、今までで最長でしょう。






CA391594_convert_20170102193828.jpg
















 聖天院は、高句麗から渡来した高麗王若光の菩提寺です。






CA391595_convert_20170102193904.jpg














〇  

 昔は帰化した大陸の方々から多くを学んだ我が国です。

 彼らの風水で、ここは日本の中心で最高の場所なんですね~






CA391596_convert_20170102193934.jpg
















 在日韓民族無縁仏の慰霊塔に初めてお参りしました。

 第二次世界大戦の不幸な歴史の中、日本人でさえ大変な思いをしてきたのに、在日の方がどんな思いで無縁仏となったのか・・・

 小さな鐘を突いてみました。

 その音(ね)は、いつまでも、いつまでも、いつまでも、いつまでも、いつまでも・・・・・・・・・

 心に響き渡る、素晴らしい音でした!

 彼らの魂を弔うとともに、僕に力を貸してくださいと自然にお願いしていました。

 



20150129181323cf8s.jpg















 帰りに甘酒をいただき、山門の横にでます。

 山門の右側には若光のお墓があります。

 石を積み重ねた、質素なお墓です。

 手を合わせましたら、「先ほどは ありがとう!」 って!!

 思いもかけず、心が繋がっていることに自然に涙が溢れました。




 本当に良い地に住むことができました。

 本当に良いパートナーと出会えました。

 折々に季節を感じ、季節の中を一緒に歩くことができます。

 昔の大変だった日々が夢のようです。

 暖かい知人が次々と出来ます。

 今日もいい日でした。

 まだ終わってないけど。

 この世は夢なのかもしれません。

 いい夢を生きましょう。

 いい人生を生きました。

 まだ終わってないけどね。笑







 
 
CA391592_convert_20170101130207.jpg














 30日、朝におじいちゃんが97歳で旅立ちました。

 栄養を摂らなかったことで、ほとんど苦しむことなく逝ったと思います。

 最後の1ヶ月ほど入院してましたが、それまでは一人で生活していました。

 最期は病院の食事を拒み、点滴も抜いてしまい、本当に最後まで好きに生きた人でした。

 かつては自分勝手な父が嫌いで許せなかったのですが、ここ2、3年、母の
自宅看護と看取りの時期に和解ができたのは本当に良かったです。

 僕も父にやれることは全てしたと思います。

 寂しさも少しはありましたが、すぐに去り、スッキリとしています。

 両親を見送って(葬儀これからですが)、気持ちがとても軽くなっていて、不思議な感じです。

 存命中から、「何~~んにも心配いらないからね~ 一番強い光に向かって、真っすぐに進むんだよ!」と伝えてありました。

 これはね・・・ 肉体を去る魂にだけでなく、肉体を持つ魂にも同じことが言えるんですよ!

 昨日、預かっていただいている斎場で枕経を上げることもでき、もう一度、念を押して伝えました。

 あ~ まだ耳は聞こえてるんですよ!

 ばあばにも、「しばらくすると、おじいちゃんが行くよ~」って言ってあります。

 もう戻れない人に 行かないで欲しい気持ちで涙する人は多いですが、背中を押してあげて見送る人は必要なのですよ。

 おじいちゃん、今日は何処まで行ったやら・・・









 さて元日です。

 凄~~~くいい新年を迎えました。

 年末、こちらの世界に生まれた目的を思い出したのですが、、

 具体的にどんなことをしたらいいのか???

 色々 あるんですよ~・・・

 しかし、具体的にピタッとすることが思いつかなかったのです。

 それが、起きる前にパートナーが 「お坊さんになったら~」って言ったのです。

 ベッドの中で、しばらく、、ん・・・・・・・・・ん、、んって・・・、、

 これ!いいんじゃない!

 別にお坊さんにならなくってもいいんだけどね!

 結構、自分の目的を実現するのには、好都合だと思えたのです。

 お坊さんになる。 これ かなり はまりました。

 具体的にお坊さんになるには? 調べなきゃ!

 なると決意、宣言すれば、宇宙のエネルギーがそこに向かって動き始めるし、、

 そうすれば具体的な出会い(人、モノ、世界)が始まるんです。

 ちょっと面白くなってきましたよ。^ ^

 病気なんてやってる場合じゃね~よなぁ。








 
 
 散歩に出たのは3時ころ・・・

 行先は巾着田。

 今朝はとっても寒くて庭のバケツの水など、ガチガチに凍っていました。

 麦畑もかなりの霜柱だったことでしょう。

 麦の苗を踏んで歩数を稼ぎましょう。^ ^

 


CA391577_(1)_convert_20161229195928.jpg
















 呼吸に合わせて、ゆっくりと踏んでいきます。

 息を吸って~

 息を吐いて~

 呼吸を意識しながら・・・

 吸っている自分を意識しながら・・・

 吐いている自分を意識しながら・・・

 呼吸をしている自分を意識しながら・・・

 瞑想状態に入ると、普段は聞いていない音が聴こえてきます。

 鼻をかすめる風の微かな音など・・・




CA391578_(1)_convert_20161229200005.jpg
















 畑より、岩場のほうが集中しやすい。

 やっぱり平なところを歩くほうが、あらぬ考えが浮かびやすいなぁ。

 麦踏みが終わるころには、陽がずいぶん傾きました。

 お隣の一段高い田んぼには水が引いてあります。

 来年、サポーターズクラブの方がマコモタケを植えるようです。

 麦畑との間の畔がけっこう広いので、大豆を蒔いてみようかな!

 大豆は水が好きなのです。

 夏には甘くて美味しい枝豆が・・・ なんて捕らぬ狸の。。 ですね~ 笑

 河原にまわって、クレソンを摘んで帰ります。

 明日のお客様のサラダに使うんですよ!





 
 冬至をすぎて、体調が上向きです。

 「よし!登るぞ。」

 しかも選んだのは岩場を登る 男坂。




CA391555_convert_20161225181820.jpg
















 こんな感じ。






CA391556_convert_20161225181840.jpg
















 目印の黄色の丸に向かって進みます。






CA391557_convert_20161225182642.jpg




















 しばらく振りなので息が切れます。

 岩の凸凹を確認しながら・・・

 両手両足で岩を確保して・・・

 全身を感じながら、体と力をコントロールしていきます。

 平坦な道を歩くときなどには、いろんな考えが芋づる式に浮かんできますよね。(世界と自分を見つめてない。)

 岩場に取り付いていると、この考えが頭に浮かぶような隙間がありません。

 動く瞑想になります。

 この集中観が好きです。





 
CA391564_convert_20161225182239.jpg















 家からも見える、金比羅山神社の鳥居に到着。

 昨日も今日もここまで、、日和田山の頂上はもう少し先です。

 昨日は古かったしめ縄も 新しくなりました。

 今日は、何て言うんですか?飾り(ではないよな・・・)の紙がヒラヒラしていました。

 鳥居の中に見える巾着田。

 その中央に芽の出た麦畑が見えます。

 来年、、緑色になるのが・・・

 そして麦秋の黄色になったのを見にくるのが楽しみです。

 腰を降ろし、

 しばし、

 ぼんやりして・・・

 金比羅さんにご挨拶して帰りました。




CA391565_convert_20161225182415.jpg
















 帰りは 女坂でした。