魂のワークブック

何だろう?私と世界にプレゼントしたいもの♪

 
 昨日の風景です。

CA391705_convert_20170223122128.jpg
















 巾着田の麦畑のすぐ近くの畑に、使ってなさそうなドラム缶がず~~~と置いてあるので・・・

 「もし要らなかったら貰えませんか?」 って畑の方にお声をかけてみました。

 図々しいでしょ!! 笑

 「いいですよ。」 って。

 その方が中のゴミを出してくださったら、底が抜けてましてねぇ。

 「こりゃあ使えませんね~ 家にもう使わない米びつがあるので、それで良ければ差し上げますよ。」

 って、わざわざ運んできてくださったのがこれです。

 すご~く親切な方ですね!ありがとうございました。

 ドラム缶よりひと回り大きいんですよ。

 


CA391704_convert_20170223122107.jpg
















 今まで畑の地べたで焼いていたのが、この中で出来ます。

 場所は借家の駐車場です。

 もち、消防署には連絡しましたよ。

 途中でクルクル光るのを屋根につけた赤い車がやって来て注意された人が
周りに2名おります。




CA391706_convert_20170223122206.jpg
















 でも、ここでは続けては出来ないな~って思いました。

 4時間はかかります。

 家が離れているとはいっても、洗濯物が燻製の香りになります。

 この日はいい塩梅に、周りに洗濯物は下がっていませんでしたが・・・




CA391708_convert_20170223122238.jpg
















 そして翌日の今日です。

 地べたのときは消すのに大量の水をかけるのですが、全く水を入れていま
せん。

 熱で溶けるのではと思われたビニールシートも全く無事!




CA391709_convert_20170223122305.jpg
















 カバーを外してみます。




CA391710_convert_20170223122444.jpg
















 蓋も外してみると・・・

 湿っていない、そして土の混じっていない良質の燻炭が完成していました。

 ヤッターー!!

 ニッコ ニコです。^ ^v




CA391712_convert_20170223122508.jpg
















 玄関の陽だまりでは、ワイルドストロベリーが!

 完熟前にはチョット・・・

 完熟過ぎてもダメでェ。

 完熟の時だけ美味しんいです。^ ^






 
CA390998_(2)_convert_20160830192254.jpg
















 二日酔いでないと良いのですが・・・

 昨夜から枝先で酔いつぶれた “酔芙蓉” のお花さん。

 このすぐ裏がビオトープで、越えて歩いていくと、お蕎麦の畑があります。




CA390989_(2)_convert_20160830191858.jpg
















 ビオトープに咲いていたお花、、

 調べてみたら、センニンソウって名前なんですね。

 綺麗でしょう!

 いい香りなんですよ。

 クレマチスの日本種のようです。

 来年は温室に絡めてみたいです。




CA390993_(2)_convert_20160830191945.jpg
















 いや~~~

 ビックリしました。 マジックのようです!!

 一日違うだけで、こんなにも違うんですね・・・

 自分の手で蒔いた種が、蒔いたところで、そろって芽を出しているのを見る
だけで、、

 ほんとに嬉しくなってしまいます!^ ^




CA390995_(2)_convert_20160830192041.jpg
















 昨日出ていた芽は、蕎麦の芽だったようです。




CA390997_(2)_convert_20160830192124.jpg
















 しっかり芽生えている子供たち用の畑を確認して、女影に向かいました。












CA391003_(2)_convert_20160830192425.jpg
















 やはり川沿いに生えていたのはハトムギ(数珠草)で、、

 実が付き始めました。




CA391000_(2)_convert_20160830192340.jpg
















 昨日、移植した “カラー”。

 イナゴが止まっているの、分かるでしょうか?




CA391004_(2)_convert_20160830192502.jpg
















 ヒョロンと、背の高いのが “マコモタケ”。

 水中では、もう来年伸びる芽が出来ています。

 後ろに見える茶色の三角形は、この前の台風で流されてきた枯草。




CA391005_(2)_convert_20160830192547.jpg
















 稲穂のすぐ下まで、水位があったのが分かります。

 膝よりも高い水かさだったんだ・・・

 ここの谷間は完全に水没して、湖になっていたんですね~ ・・・

 今後の水抜きの水路のことや、来年の作付けの話などして、越生に向かい
ました。












CA391008_(2)_convert_20160830192627.jpg
















 越生も順調です。

 あの日照りのときは、何度か、今年は無理かも・・・

 って思ったりしましたが、ありがたいです。

 自然農の場合、稲穂はバラバラにでます。

 近代的な農法ですと、人為的なコントロールで同時に成長させ、一気に収穫
します。

 コントロールが上手くいくといいのですが・・・

 自然は成長の時期を少しづつずらすことで、異変が起きたとき全滅するのを
防いでいるのだと思います。





 
 「蕎麦は3日で芽が出る。」 って聞きました。

 今日が3日目なのです。

 雨交じりでしたが、お散歩をかねて巾着田に出かけました。


CA390971_(2)_convert_20160829234309.jpg
















 巾着田入口、鹿台(ろくだい)橋の下は降り続く雨で、ご覧の水かさです。

 種が流されていないかな~




CA390974_(1)_convert_20160829234353.jpg
















 3日前にみんなで種まきした畑に到着です。

 見たところ・・・

 それらしき発芽はなし・・・




CA390975_(2)_convert_20160829234426.jpg
















 あっ! 

 ちょっと、まとまって、小さい芽が出ていました!

 これ? 蕎麦の芽でしょうか?




CA390977_(1)_convert_20160829234501.jpg
















 帰ろうとすると、サポーターズクラブの方がジャーマンアイリスの手入れを
なさっていました。

 しばらく色々と話しになります。

 まあ、二度お会いしているのもありますが、この辺りの方は心が開いている
のに感心します。

 1300年も前から、朝鮮の方々を受け入れていたんですものね・・・

 たぶん、豊かだということもあると思います。

 「良かったらジャーマンアイリス、あげるよ。」 って。。

 思い切って、カラーの根を少し分けていただけないか?伺うと・・・

 「いいよ~持ってきなぁ!」

 って、ビオトープまで案内してくださいました。




CA390978_convert_20160829234526.jpg
















 掘ってくださって・・・




CA390979_convert_20160829234606.jpg
















 前から欲しかった、カラーをいただきました!

 ありがとうございます!




CA390980_convert_20160829234628.jpg
















 「これ知ってるか?」 って?




CA390981_convert_20160829234655.jpg
















 それは前々から欲しくて、国華園で見つけたけど、、

 今もって届かない “マコモタケ” でした。

 へ~~ こんな近くに生えていたなんて!

 「ここに生えていて欲しいものがあったら、自分で掘って持っていきなさい。」
ですって!




CA390982_convert_20160829234737.jpg
















 “マコモタケ” もゲットでした。^ ^

 欲しいものが、ちゃんと与えられます。

 ありがとうございます!

 帰り道には栗林で作業していた方から “栗” をいただきました!

 そんなに、物欲しそうな顔は、してないと思うんだけどな~~?



 どちらも水生植物です。

 水が抜けなくて苦労している、女影の田んぼに植えてきました。






 
CA390928_(3)_convert_20160828052428.jpg
















 巾着田の現場に9時集合。

 説明が行われています。




CA390930_(3)_convert_20160828052504.jpg
















 これから蒔かれるお蕎麦の実。




CA390943_(2)_convert_20160828052831.jpg
















 まずは、トラクターで耕うん。




CA390937_(2)_convert_20160828052743.jpg
















 蒔くところが分かるように、筋目をつけて・・・

 映っていませんが、右側、ホウ(三角鎌)で筋目を深くしています。




CA390932_(2)_convert_20160828052550.jpg
















 見本のデモンストレーション。

 蕎麦の種が入っているペットボトルの口を、親指で調節しながら蒔いて
います。




CA390933_(3)_convert_20160828052624.jpg
















 蒔いたあと、足で土をかける作業です。

 これでお仕舞!^ ^




CA390934_(2)_convert_20160828052704.jpg
















 朝から暑い日でした。

 25名くらいの参加がありました。

 多くて良かった!

 このくらいの畑を、5~6枚やりましたよ。

 かなり広い面積でしたが、トラクターを追い立てるように作業は進んでいき
ました。




CA390947_(2)_convert_20160828053104.jpg
















 本当は、トラクターの耕うんは前日までに終わる予定だったのですが・・・

 危険なので、お子様連れのための、小さな畑が別に用意されていました。

 優しいですね~




CA390946_(2)_convert_20160828052925.jpg
















 二度ほどの休憩タイムがあって、11時には終了。

 畑で採れたばかりのお野菜が、欲しい方に配られて!

 お暑い中、、皆さま、、お疲れさまでした~

 その後の台風の豪雨で、種が流されるのが心配なのですが、、

 三日で発芽するんですって!




CA390954_(2)_convert_20160828053226.jpg
















 酔芙蓉・・・

 同じサポーターズクラブの方々が丹精されています。




CA390956_(2)_convert_20160828053253.jpg
















 お酒に酔って、少しづつピンクになって、、

 夕方には酔いつぶれてしまう・・・

 酔いどれの、粋なお姉さんです。^ ^






 
CA390924_(1)_convert_20160825152957.jpg















 まずは、田んぼへ・・・




CA390923_(3)_convert_20160825152919.jpg
















 ホッ・・・

 黒米は、全く倒れていませんでした。

 周りの田んぼも無事のようです。

 それがですね・・・

 台風の後なのに、田んぼに水が一滴もありません??

 しばらく、お隣のSさんとお話ししていると、、

 流れていなかった畔の横に、流れが戻りました。




CA390918_(2)_convert_20160825152719.jpg
















 師匠のTさん登場です。

 多分、取水口を調節してくださったのでしょう。

 雨量は相当だったらしく、水はTさんの立っている畔を超えて田んぼに流れ
込んでいたんですって!

 「流れ込んで、田んぼから溢れていました。水を減らせませんでした。」

 そして、、 半日で抜けちゃったんだ!




CA390919_(2)_convert_20160825152757.jpg
















 再び、水を入れ始めます。

 深くヒビが入ると、田んぼはザルのようになるんですね~

 水量の多い所は入れれば補えるんでしょうが、ここは難しいようです。




CA390922_(3)_convert_20160825154648.jpg
















 ヒビを踏んで埋めると、少しは違うというので、、

 踏んでいます。

 4時間ちかく踏んでいましたが、補修できたのは半分以下でしたね・・・

 疲れた~~~ぁ












 畑に来ると、、

CA390901_(2)_convert_20160825153120.jpg
















 ウイニーのトウモロコシが・・・




CA390926_(2)_convert_20160825153152.jpg
















 バタバタと倒れていました。

 もう実が入っているようなので、このままで大丈夫だと思いますが・・・




CA390925_(2)_convert_20160825153243.jpg
















 うちのヒウナも、根元からバッタリ。。

 まあ、ヒウナは飢饉のときの食べ物なのですが、、

 大きくなるので、下に植えてあるステビアを日陰にして守るために植えてあるのです。




CA390927_(3)_convert_20160825153335.jpg
















 日照りでしな垂れてたアマランサス、雨で折角しゃんとしたと思ったら、、

 今度は、風でご覧のとおりです。

 強い子なので、実は取れるでしょう。

 


 この翌日、僕は体が動かなくて、一日死んでいました。

 「今度、水が抜けたら又ヒビが入るんだから、楽しめる範囲でやろうね。」

 「実っただけ取れればいいのよ。なければ食べなきゃいいんだから。」

 って連れ合いが言ってくれました。

 そうだねe ・・・  ^ ^;





 
CA390888_(2)_convert_20160821174839.jpg
















 田んぼの様子、気になって・・・

 稲穂の出る時期に、間一髪、雨が降ってくれました。

 感謝です!!

 黒米の穂も前回より、だいぶ増えました。




CA390896_(5)_convert_20160821175153.jpg
















 コシヒカリの穂も順調のようです。

 今日は良い天気で、ミツバチの羽音が周りじゅうから聞こえてきます。



CA390893_(1)_convert_20160821175052.jpg
















 稲の花の花粉を、せっせと運んでいるマーヤちゃん!




CA390889_(2)_convert_20160821174907.jpg
















 7号はたいして降らなかったのですが、その後の雨が多かったので、田んぼに水が溜っていました。

 底のヒビはそのままですが、水のある風景、久しぶりに見ました。




CA390898_(3)_convert_20160821175223.jpg
















 師匠のTさんと取水口に行ってみました。

 このくらい降れば、一週間くらいはこの程度の水量は見込めるそうです。

 それよりも、9号が直撃のようなので、今日仕事の帰りに堰の板を外す予定
だそうです。

 以前、水が増えてから外しに行って、流されたことがあるって!!

 水の管理、いつもありがとうございます。





CA390908_(3)_convert_20160821180109.jpg
















 畑に行ってみました。

 右側のアマランサス、前回はしな垂れていましたが、元気復活でした。

 左奥のこん盛りしてるのはウイニーのトウモロコシ、、4mは優に超えています。凄い!!




CA390905_(2)_convert_20160821175405.jpg
















 これはハブソウ。

 漢方のハブ茶になります。

 細い豆の鞘が出ていました。 初めて見ました!




CA390902_(3)_convert_20160821175325.jpg
















 又、いろいろ収穫して・・・

 束ねてあるのは、レモングラス。




CA390906_(3)_convert_20160821175437.jpg
















 アップルミントも・・・

 濃いミントのエッセンスで、ローションを作るつもりです。

 冷蔵庫で冷やしておけば、暑いとき気持ちいいじゃないですか。^ ^







 
CA390825 (2)
















 コシヒカリ、遅植えの田んぼにも穂が出てきました。




CA390823 (2)
















 黒米にも、穂が・・・

 穂が出るときには、水が必要です。




CA390827_(2)_convert_20160815161718.jpg
















 しかしながら、雨が降らず、田んぼのひび割れは芸術的・・・

 と言ってもいいレベルです。




CA390833_(2)_convert_20160816141757.jpg
















 8月になって植えた黒米(手前)も、こんな感じ・・・

 水不足で、分けつもここまで!




CA390835_(2)_convert_20160816141951.jpg
















 今夜、台風7号が接近するようです。

 恵みの雨。。 待ってるよ~~

 でも当然ながら、強風も予想されます。

 で、背が高く、風に倒されやすい黒米には、稲の倒れ防止のロープを張り
ました。




CA390839_(2)_convert_20160816142127.jpg
















 去年も、一昨年も、一部ですが黒米が倒れました。

 倒れると、起こすのが大変だし、泥は着くし、籾は落ちるし、せっかく起こしても余り収穫につながりません。

 株と株の間に張ったロープが、果たして役に立つかどうか不明ですが、、

 まぁ、やんないよりは、やった方が一安心といったところですかね~




CA390840_(2)_convert_20160816142032.jpg
















 こちらはコシヒカリの田んぼ。。




CA390841_(2)_convert_20160816142258.jpg
















 この写真はお昼ころ・・・

 7号接近の雲行きなのか?どうか?

 お願い!! 降らしてちょうだいね!!




 4時50分。

 現在、結構強い雨が降ってきました!

 越生でも降ってね。







 
 市報に蕎麦の栽培から、収穫、脱穀、粉挽き、蕎麦打ちまでの体験講座の
案内がありました。

 しかも、場所は巾着田!

 しかも、参加費は、¥1500-



CA390907_(1)_convert_20160814204840.jpg
















 8月8日、巾着田の管理事務所で説明会がありました。

 ↑ 事務所にあった巾着田の航空写真。

 白く光っているのは天井の蛍光灯と窓の明かりです。




CA390906_(2)_convert_20160814204808.jpg
















 説明のあと、蕎麦を栽培する畑にむかいます。

 この地の祝福してる魔女さん??

 多分・・・




CA390909_convert_20160814204905.jpg
















 途中に水車小屋があります。

 ここで小麦とか挽いてみたかった。

 ちょっと望みに近づいたかも?




CA390910_(2)_convert_20160814204936.jpg
















 日和田山の見える、、

 ここが蕎麦の畑になる予定地。




CA390912_(2)_convert_20160814205007.jpg
















 みんなで説明を聞いているところ・・・

 もう何年か参加しているベテランから、子供連れで参加の若いファミリー
まで・・・




CA390914_(2)_convert_20160814205058.jpg
















 スイカと、南瓜が下がっていました!

 これいいですね~

 人の畑を見るのは、勉強になります。

 来年はやってみよう!




CA390916_(2)_convert_20160814205151.jpg
















 「蕎麦の種をまく畑が欲しい。」

 彼女の夢が、また現象化しました。

 すぐ横には、越生まで堆肥を運んでくださった、ホース・ファームがあります。

 隣りの畑ではジャーマンアイリスの栽培、その向こうにあるのはビオトープ。

 水と植物のある風景、、ホッとします。






 
 近くの乗馬クラブでは、馬糞の堆肥が無料でいただけます。

 ただし、ユンボで積むので、ユンボの操作ができなければ積み込みができま
せん。

 彼女の下の子がユンボの運転ができるようになったと言うので、、

 早速、手伝ってもらいました。



CA390928_(2)_convert_20160812152136.jpg
















 「お母さん! これユンボじゃないじゃない!フォークリフトだよ。」

 「ぼく、フォークリフト、やったことないよ・・・」

 と言いつつも積んでくれた、やさしい子でした。笑




CA390929_(2)_convert_20160812152212.jpg
















 夏休みで帰っていた下の子と、いつも手伝ってくれる上の子が助っ人で来て
くれました。

 ありがとうね!

 越生の畑に山盛り2トン入れた堆肥も、あと僅かになっていました。

 これで一安心!^ ^

 僕もフォークリフト、動かせるようになろうっと!



 
CA390930_(2)_convert_20160812152249.jpg
















 畑のお野菜を収穫して、持っていってもらいました。




CA390931_(2)_convert_20160812161332.jpg
















 水不足で 「スイカは枯れた。」 って言っていましたが、、

 可愛いのが一つ!

 食べれたらいいねェ!

 いいとこ漬物くらいかな~




CA390933_(1)_convert_20160812161257.jpg
















 空になった荷台にバーク堆肥を積んで帰ろうという作戦だったのですが、、

 いつもの所がお盆休みで!

 そのまま女影の畑へ・・・

 水の取り入れ口から100mくらいの水路を二人で完成させてくれました。

 この水路の水が、畑と、田んぼ(普通の田んぼではないんですが・・・)に流れていきます。

 この水路に、八ヶ岳の自然の家でいただいた炭を投入して、水を浄化しようと思っています。






 
CA390809_(1)_convert_20160805110003.jpg















こんなに、、
CA390859_convert_20160805110408.jpg















お野菜を、、
CA390858_convert_20160805110333.jpg















食べる日が、、
CA390857_convert_20160805110033.jpg















来るとは、、
CA390862_convert_20160805111206.jpg















思っても、、
CA390863_convert_20160805110626.jpg















見ません、、
CA390803_convert_20160805105818.jpg















でした。。
CA390854_convert_20160805110258.jpg















今日も、、
CA390861_convert_20160805110558.jpg















ミニトマトが、、
CA390868_convert_20160805110723.jpg















ドライトマトに、、
CA390867_convert_20160805110701.jpg















なろうとしています。

盛夏の陽射しでも、、

完成に3日ほどかかります。