魂のワークブック

何だろう?私と世界にプレゼントしたいもの♪

 
 今夜、『幸せな星の寺院 ☆彡』 は 🌑 新月の祈りです。

 どうぞよろしくお願い致します。 → 参加の方法






 昨夜、芽や根の出ていたお米の籾。

CA391974_convert_20170426145648.jpg
















 今朝、苗箱に蒔きました。




CA391975_convert_20170426145719.jpg
















 表面に用土を少し掛けて完成。

 去年までは、苗に成長するまで家で管理していたのですが、、

 直接、苗代で成長させることにしました。




CA391976_convert_20170426145750.jpg
















 苗代です。

 すっごく適当。




CA391977_convert_20170426145812.jpg
















 取り合えず、置きます。

 田んぼ入口の取水口を開き、箱の下部が水に浸かるくらいまで水位を上げていきます。




CA391980_convert_20170426150100.jpg
















 暇なので休憩。

 休憩、大~い好き!^ ^




CA391978_convert_20170426150037.jpg
















 それでも暇なので、ネットや、しの竹を切ったり・・・

 防虫ネットは鳥さん避け。

 発芽玄米は鳥たちの好物なんです。




CA391985_convert_20170426150147.jpg
















 このくらい水が上がれば大丈夫でしょう。




CA391987_convert_20170426150211.jpg
















 ネットを掛けて、本日の作業は終了。

 あとは、苗が育つまでに田んぼの準備です。




CA391984_convert_20170426150123.jpg
















 しばらく前から、カスミソウのような小さな白い花が一面に咲いています。

 可愛いでしょう♪





 
CA391972_(2)_convert_20170425202648.jpg


















 数日前、一緒にお風呂に入った子です。笑

 根が生えているのが見えます(拡大してみてください)。

 気の早い子は芽も出しています。

 明日、苗箱に籾振り(種まき)です。

 女影のマコモタケを植え付けたところに、小さな、小さな、苗代を作りました。

 明日、苗箱を苗代に下せるかなぁ・・・





 
CA391969_convert_20170423182517.jpg
















 今日の女影です。

 ご覧の通り、少し早めの五月晴れ!

 最近、毎日!

 楽しくって、止められません。




CA391970_convert_20170423182544.jpg
















 面白いものを立てました。

 先端が尖っていて、アルミを巻いてあります。

 潜象エネルギーを、現象界に呼び込む仕掛けです。

 以前は女影・・・

 美しい風景ですが、静かで、澱んでいて、少し寂しい感じでした。

 パートナーが 「最近、エネルギーが女影に流れ込んでキラキラ明るくなった。」 と発言。

 僕も、空間のパワーの質の変化を感じています。




CA391942_convert_20170412155650_20170423182718834.jpg
















 さて、これは前回の写真。




CA391967_convert_20170423182440.jpg
















 ほぼ同じところから撮ったものです。

 左上、変化してるの分かりますか?

 これが毎日通っている “泥遊び” の現場。^ ^




CA391952_convert_20170423182130.jpg
















 「田んぼの中に田んぼ作って、どうすんの。」

 って、笑われました。(笑)




CA391961_convert_20170423182315.jpg
















 卵から出てきたオタマジャクシが、あっちこっちで泳いでいるんです。




CA391956_convert_20170423182208.jpg
















 ちょっと分かりずらいんですが・・・

 中央、小っちゃい子・・・ イチョウウキゴケ

 レッドデータブックで 「準絶滅危惧(NT)」 にランクされ、日本では、絶滅が心配されている植物。

 この田んぼ、上流のゴルフ場からの水と、小畔川の水源の湧き水が混じって流れ込みます。

 ゴルフ場からの水路には生き物は殆んど住んでいません。

 小畔川の湧き水には天然のシジミが住んでいます。

 木炭と、もみ殻燻炭で、いやしろち化を進めていたのですが、イチョウウキゴケは水が安全になった目明日。

 良かったです。 ^ ^v




CA391963_convert_20170423182345.jpg
















 体に負担にならない位、少しづつ進めます。

 ただ、田植えには時期もあるし・・・

 こんなに、田んぼの土を掘り返せるなんて!!

 以前は、力を出すとすぐに息切れしたり、しゃがんで立ち上がると立眩みが
したり、食欲がなく余り食べられなかったのですが、、

 今はお腹がへって、満腹になるまで食べられます。

 癌マーカーは1800と凄い数値ですが、痛みも殆んど出なくなりました。

 脱線しましたね。^ ^;

 この田んぼ、陸上と、水中植え(普通の田植え)と、交互植えを予定しています。

 今日は里芋も一部植え付けました。

 作った畔には、枝豆を蒔きます。

 自分で作ったものを、自分で食べる。

 食べるのも、育てるのも幸せなんですよ。







 
 
 本日の午前2時~の、🌕 満月の祈り・・・

 ご参加ありがとうございました。




CA391948_convert_20170412155454.jpg
















 昨日の花散らしの雨風にも耐えて、見事に満開のサクラちゃん!

 女影の田んぼの入口で咲いています。




CA391937_convert_20170412155551.jpg
















 花びらが水面に浮いているの・・・ 見えますか?

 雨の良く降った後こそ、高い場所、低い場所が分かります。

 取り合えず作った畔、漏れ出すヶ所も分かります。

 一応、補強しました。

 水位が下がって晴天が続きそうなとき、水の溜る側にちゃんと泥を塗ります。




CA391942_convert_20170412155650.jpg
















 これ以上、水位が上がらないように手前から排水していますが、ご覧のような状態になっています。

 「オタマジャクシが泳ぐようになったらいいなぁ!」 って思っていたら・・・



 
CA391936_convert_20170412155530.jpg
















 カエルたちが、ここを選んでくれました。

 嬉しいですね~ ^ ^




CA391946_convert_20170412155730.jpg
















 畔にパイプを 2ヶ所 通しました。

 今日は主に、水路の管理。




CA391947_convert_20170412155752.jpg
















 畑にする場所にはあまり水が入らないように。 又、水が抜けるように。

 田んぼは、去年までのように水を入れないんですが、ある程度水を溜めます。

 この前、頑張り過ぎて体調不良になったので、今日は程々にしました。

 もう少しやれば切りが良かったのですが、そのもう少しを今度に残して・・・^ ^

 作業が終わってからも嬉しくって、手を入れた所を何度も何度も見て回りました。






 
 女影のマコモタケの植え付けもほぼ終わって、、

 セブン-11で、おにぎり、ポテトサラダ、菓子パン、コーヒーを買って、巾着田へ
向かいました。

 昼前から晴天になって暑い。

 作業は腕まくり。

 あちこちで桜が満開、綺麗!!

 草取りの前に、お花見をすることにしました。^ ^



CA391910_convert_20170407170025.jpg
















 パノラマで見える桜・・・




CA391911_convert_20170407170111.jpg














 草刈りって、この麦と麦の間のホトケノザとか・・・




CA391912_convert_20170407170134.jpg
















 ほんとは雑草をうまく利用したほうが、フカフカした土になります。

 土の保湿にもなります。

 泣く泣く、草むしり・・・

 取らないと、土地借りられなくなるだろうからね~




CA391913_convert_20170407170159.jpg














 ホトケノザ。 

 ほら綺麗でしょ!




CA391916_convert_20170407170226.jpg
















 明日、明後日と、巾着田は“ 菜の花祭り”。

 でも菜の花が寂しい・・・

 ほとんど咲いてないね~

 桜がちょうど咲いていて良かったよね!

 週末、天気も怪しいし、どうなるでしょうか?




CA391918_convert_20170407170253.jpg

















 新しい微生物資材、「アスカマン21」 です。

 じつは長野の皆神山近くのホテル。朝食のとき・・・

 少し離れて食事されていた男の人が、近づいてきて隣の椅子に座られました。

 ん、?

 不思議なんですが、知らない方が、よく話しかけてくださいます。

 「アスカマン21」 は、彼のいる会社の開発した微生物資材です。

 彼は、化成肥料や、農薬を、全国にばらまいているJAの元職員でした。

 でも日本中を見て回って、このままでは日本の田畑はダメになると思って、
新しい会社を立ち上げたそうです。

 彼、Nさんという方ですが、長い時間、熱く、お話しになられました。




CA391919_convert_20170407170314.jpg















 今まで 「カルス」 を使っていたのですが、

 Nさんのお話しを聞いて、発注してみました。

 菌の性質が女影のドブ田にピッタリだったし、単価的には同じくらいかな?
「カルス」 は微粒子で風があると周りに飛び散ってしまいますが、「アスカマン
21」 はこのように顆粒状で扱いやすい。

 など・・・

 まあ結果が出るのは、1ヶ月ほど後になりますが・・・




 畑や田んぼは僕たちにとっては 遊び場です。

 ここに立つと、夢が膨らみます。

 ここにいると頭は働かない!^ ^

 (結果の出ることだけ考えます。)

 この前無理して最悪の体調になった経験から、ここでは来る度に、少しづつ
進めます。

 少しづつですが、夢が形になっていくのを見るのは本当に楽しいです。






 
CA391895_convert_20170405223416.jpg
















 今日は女影で燻炭作りをしました。

 後ろはマコモタケを植え付けた場所。




CA391896_convert_20170405223443.jpg















 成長を待つ、マコモタケ。




CA391898_convert_20170405223512.jpg
















 手前の畑は、里芋を植えるのに用意しました。

 水の抜けない女影の畑は、水の好きな里芋と言えど高うねにする必要が
あります。




CA391900_convert_20170405223628.jpg
















 籾、米ぬか、馬糞の堆肥、稲わら、微生物資材を投入してあります。

 微生物で耕す作戦。

 微生物が耕すのに、1ケ月ほど待ちます。

 里芋の植え付けは、5月になったらね!




CA391905_convert_20170405223929.jpg
















 入口の桜は、二分咲きと言ったところです。




CA391902_convert_20170405223958.jpg
















 ここ数日、僕は体の調子が良くって頑張り過ぎました。

 体の中からドンドン力が湧いてきましたから。^ ^

 結果、今日は体に力が入らず、燻炭作りの見守りで・・・

 あとはここで寝ていました。

 横になると、すご~く楽!

 大地のエネルギーと、太陽の暖かさ・・・

 少し前、下手くそだったウグイスが上手に鳴いていました。

 今日も暇さえあれば、さえずっていました。

 命に囲まれて、のどかな春・・・




 ところが家に帰っても、体調は最悪で、、

 こういう時は、何とかしようとあがいても、上手くいきません。

 呼吸を整えて、自分の調子の悪いのを感じる・・・

 痛みも、光も、出会うものは自分です。

 自分と出会うのは喜びです。

 静かに、意識の中で自分を感じます。

 すると不思議に辛さは消えているのに気づきます。

 






 
 昨日になるんですが、、

CA391882_convert_20170330155946.jpg
















 マコモタケの植え付けのために掘りました。
 
 女影の田んぼはドブ田で、越生では水不足で苦労したんですが、

 ここでは掘ると水が湧いてきます。

 それはそれで苦労の元なんですよ。

 そこで水の好きなマコモタケを植えてみようと思いました。




CA391886_convert_20170330160114.jpg
















 ただ女影の田んぼでは、自然農でお米を作ろうとしています。

 田起こしや、代かきは、しません。

 つまり田んぼに水は引きません。

 マコモタケは深水の管理なのですが、田んぼに水が流れないように、水路に
植えようと思って掘りました。




CA391884_convert_20170330160146.jpg
















 田んぼ(右上)への水の侵入を防ぐため、畔を作りました。

 植える穴は40ヶ所ほど、去年、分けていただいた苗が20本くらい・・・

 後、20本必要ですね~

 「必要なぶん持ってきな~」って言われています。^ ^

 苗の様子を見てみたら、小さな芽が生えてきていました。

 移植、もう少しですね~




CA391889_convert_20170330155848.jpg

















 入り口の桜の木。

 1ケ咲いていましたよ!




CA390695_convert_20160720232750_20170331191907fd4.jpg
















 マコモタケが、こんなに茂るのを夢見ています。 





 
 昨日の風景です。

CA391705_convert_20170223122128.jpg
















 巾着田の麦畑のすぐ近くの畑に、使ってなさそうなドラム缶がず~~~と置いてあるので・・・

 「もし要らなかったら貰えませんか?」 って畑の方にお声をかけてみました。

 図々しいでしょ!! 笑

 「いいですよ。」 って。

 その方が中のゴミを出してくださったら、底が抜けてましてねぇ。

 「こりゃあ使えませんね~ 家にもう使わない米びつがあるので、それで良ければ差し上げますよ。」

 って、わざわざ運んできてくださったのがこれです。

 すご~く親切な方ですね!ありがとうございました。

 ドラム缶よりひと回り大きいんですよ。

 


CA391704_convert_20170223122107.jpg
















 今まで畑の地べたで焼いていたのが、この中で出来ます。

 場所は借家の駐車場です。

 もち、消防署には連絡しましたよ。

 途中でクルクル光るのを屋根につけた赤い車がやって来て注意された人が
周りに2名おります。




CA391706_convert_20170223122206.jpg
















 でも、ここでは続けては出来ないな~って思いました。

 4時間はかかります。

 家が離れているとはいっても、洗濯物が燻製の香りになります。

 この日はいい塩梅に、周りに洗濯物は下がっていませんでしたが・・・




CA391708_convert_20170223122238.jpg
















 そして翌日の今日です。

 地べたのときは消すのに大量の水をかけるのですが、全く水を入れていま
せん。

 熱で溶けるのではと思われたビニールシートも全く無事!




CA391709_convert_20170223122305.jpg
















 カバーを外してみます。




CA391710_convert_20170223122444.jpg
















 蓋も外してみると・・・

 湿っていない、そして土の混じっていない良質の燻炭が完成していました。

 ヤッターー!!

 ニッコ ニコです。^ ^v




CA391712_convert_20170223122508.jpg
















 玄関の陽だまりでは、ワイルドストロベリーが!

 完熟前にはチョット・・・

 完熟過ぎてもダメでェ。

 完熟の時だけ美味しんいです。^ ^






 
CA390998_(2)_convert_20160830192254.jpg
















 二日酔いでないと良いのですが・・・

 昨夜から枝先で酔いつぶれた “酔芙蓉” のお花さん。

 このすぐ裏がビオトープで、越えて歩いていくと、お蕎麦の畑があります。




CA390989_(2)_convert_20160830191858.jpg
















 ビオトープに咲いていたお花、、

 調べてみたら、センニンソウって名前なんですね。

 綺麗でしょう!

 いい香りなんですよ。

 クレマチスの日本種のようです。

 来年は温室に絡めてみたいです。




CA390993_(2)_convert_20160830191945.jpg
















 いや~~~

 ビックリしました。 マジックのようです!!

 一日違うだけで、こんなにも違うんですね・・・

 自分の手で蒔いた種が、蒔いたところで、そろって芽を出しているのを見る
だけで、、

 ほんとに嬉しくなってしまいます!^ ^




CA390995_(2)_convert_20160830192041.jpg
















 昨日出ていた芽は、蕎麦の芽だったようです。




CA390997_(2)_convert_20160830192124.jpg
















 しっかり芽生えている子供たち用の畑を確認して、女影に向かいました。












CA391003_(2)_convert_20160830192425.jpg
















 やはり川沿いに生えていたのはハトムギ(数珠草)で、、

 実が付き始めました。




CA391000_(2)_convert_20160830192340.jpg
















 昨日、移植した “カラー”。

 イナゴが止まっているの、分かるでしょうか?




CA391004_(2)_convert_20160830192502.jpg
















 ヒョロンと、背の高いのが “マコモタケ”。

 水中では、もう来年伸びる芽が出来ています。

 後ろに見える茶色の三角形は、この前の台風で流されてきた枯草。




CA391005_(2)_convert_20160830192547.jpg
















 稲穂のすぐ下まで、水位があったのが分かります。

 膝よりも高い水かさだったんだ・・・

 ここの谷間は完全に水没して、湖になっていたんですね~ ・・・

 今後の水抜きの水路のことや、来年の作付けの話などして、越生に向かい
ました。












CA391008_(2)_convert_20160830192627.jpg
















 越生も順調です。

 あの日照りのときは、何度か、今年は無理かも・・・

 って思ったりしましたが、ありがたいです。

 自然農の場合、稲穂はバラバラにでます。

 近代的な農法ですと、人為的なコントロールで同時に成長させ、一気に収穫
します。

 コントロールが上手くいくといいのですが・・・

 自然は成長の時期を少しづつずらすことで、異変が起きたとき全滅するのを
防いでいるのだと思います。





 
 「蕎麦は3日で芽が出る。」 って聞きました。

 今日が3日目なのです。

 雨交じりでしたが、お散歩をかねて巾着田に出かけました。


CA390971_(2)_convert_20160829234309.jpg
















 巾着田入口、鹿台(ろくだい)橋の下は降り続く雨で、ご覧の水かさです。

 種が流されていないかな~




CA390974_(1)_convert_20160829234353.jpg
















 3日前にみんなで種まきした畑に到着です。

 見たところ・・・

 それらしき発芽はなし・・・




CA390975_(2)_convert_20160829234426.jpg
















 あっ! 

 ちょっと、まとまって、小さい芽が出ていました!

 これ? 蕎麦の芽でしょうか?




CA390977_(1)_convert_20160829234501.jpg
















 帰ろうとすると、サポーターズクラブの方がジャーマンアイリスの手入れを
なさっていました。

 しばらく色々と話しになります。

 まあ、二度お会いしているのもありますが、この辺りの方は心が開いている
のに感心します。

 1300年も前から、朝鮮の方々を受け入れていたんですものね・・・

 たぶん、豊かだということもあると思います。

 「良かったらジャーマンアイリス、あげるよ。」 って。。

 思い切って、カラーの根を少し分けていただけないか?伺うと・・・

 「いいよ~持ってきなぁ!」

 って、ビオトープまで案内してくださいました。




CA390978_convert_20160829234526.jpg
















 掘ってくださって・・・




CA390979_convert_20160829234606.jpg
















 前から欲しかった、カラーをいただきました!

 ありがとうございます!




CA390980_convert_20160829234628.jpg
















 「これ知ってるか?」 って?




CA390981_convert_20160829234655.jpg
















 それは前々から欲しくて、国華園で見つけたけど、、

 今もって届かない “マコモタケ” でした。

 へ~~ こんな近くに生えていたなんて!

 「ここに生えていて欲しいものがあったら、自分で掘って持っていきなさい。」
ですって!




CA390982_convert_20160829234737.jpg
















 “マコモタケ” もゲットでした。^ ^

 欲しいものが、ちゃんと与えられます。

 ありがとうございます!

 帰り道には栗林で作業していた方から “栗” をいただきました!

 そんなに、物欲しそうな顔は、してないと思うんだけどな~~?



 どちらも水生植物です。

 水が抜けなくて苦労している、女影の田んぼに植えてきました。