魂のワークブック

何だろう?私と世界にプレゼントしたいもの♪

 
c0119160_1752822.jpg













 出雲の国譲りは、神殿を建て神霊として祀ることを条件に行われたそうです。

 大宰府に左遷された菅原道真公の祟りが怖くて、天神として祀ったのに似て
ますね!

 国譲りを迫ったほうに負い目があったのか?

 今も天皇家と言えども、出雲大社本殿に入ることが許されていないのです。

 でもこれはどんな事でも、人間臭いレベルでお話したい私たちの癖なのかな・・・

 僕は古代に霊的なシステムの切り替えがあったのだと思っています。(極ジャンプと関連してるかもしれませんね・・・)



CA398888.jpg












 僕が出雲に興味を持ったのは、祀り方の特殊性です。



CA398912.jpg




















 ちょっとマニアックになりますので、興味のない方はスルーしてください。

 僕のポラリティー(極性)は珍しく東西。

 西に頭を向けている時が一番安定します。

 地球の地軸が南北のように、殆んどの方のポラリティーは南北。

 神霊の世界も宇宙の中心を北極紫微宮として運行しているのが普通のよう
です。

 それが出雲大社は西向きなのです。

 おう!僕とおんなじじゃん!!



 普通神社はお社の真ん中にお賽銭箱があって、そこでパンパンってします
よね。

 神さまもお顔をこちらに向けておられます。

 それが出雲は古い祀りかたで、9本の柱を建てて壁で4つの部屋に仕切り
ます。

 その右奥の部屋に神さまは居られて、顔は横 (西) を向いている。

 多分正面を入り口として、入って右回り、4つめの部屋が一番奥で最上位
ということでしょう。

 ですから正面でのパンパンもお社の中心より右側からになります。


 
 それにこのパンパンなのですが、神社では2拝2拍手1拝 (国津神) が一般的。

 ところが出雲大社は2拝4拍手1拝 (天津神) 。パンパンパンパンです。

 僕は事情がない限りどこでも2拝4拍手1拝です (国津神の神社でも意識を
国津神を通して天津神に向けます)。



CA398911-b.jpg




















 「陰陽師」 の中の安部晴明の言葉を拾い集めると・・・

 ↑ こんな図が浮かんできます。

 大穴持命(オオナムチノミコト)は、タケミカヅチ、タケミナカタ、タヂカラオ、スサノウ、4神の造るピラミッドの頂点に現れます。

 出雲大社の祭神、大国主大神とはオオナムチのことです。

 ピラミッドの黄金の頂上のクレドールは、出雲では大国主大神とか大穴持命とか呼ばれていた。

 4つの音階から成るバリのジェゴグ。東西南北の4つの方位を示す4音階(4神)。この4つの音(神)が協力することで、ピラミッドの頂上に現れる5番目の
シバァ神。

 クレドールは時代や地域により色々な呼び方で呼ばれていたようです。

 同じ神霊界に属している分霊とも言えるかな・・・



CA398910-b.jpg



















 この5というのが数霊 (カズダマ) の中央に現れます。

 縦、横、斜め、どこを結んでも同じ数 (15) になります。

 数霊の一次元展開では5以外の数には中央を治める力はありません。

 平面では5は外側に出ることはありません。

 立体ではサイコロの中央に位置し、目で見ることが出来ません。

 大切なものは目には見えないんですね・・・



CA398908_convert_20130925174335.jpg















 目に見えない世界と交信している月の魔女・・・

 背景とは違うレイヤー (次元) に居るように僕には見えます。

 おみくじ引いたら、そこでも西が示されてて・・・

 「国譲り」 の文字を何度も見たのですが、二日目に気づいた! 譲って僕の
ファーストネームでした。



CA398911.jpg














○ 
 彼岸花が咲き始めていました。

 僕は子どものころからこの世にとっても馴染めないできたけど・・・

 国を譲った太古のシーラーカンスだったのでしょうか?

 でもクレドールもシーラーカンスだったのだ!

 背中からのパワーを信じて、歩んでいきます!




 
 
 前日飛行機に乗り遅れ、次の便に神さまがリザーブしてくれていた窓際の
2シート!

 トイレはすぐ横だし、椅子の後ろに非常口、非常口の横には可愛いスチュワーデスさん!笑

 若くて気さくなスチュワーデスさんで出雲空港で降りる少し前、世間話のような会話の中・・・

 「降りられたら “冷やしぜんざい” 食べてくださ~い!」

 「美味しいですよ!ハートの形のお餅が入っていて!食べると結ばれるんですよ!」



imagesCA7XELOU.jpg









 写真はお借りしました。


 僕らが食べたのはハートの形ではなく、紅白のお餅でした。

 場所は、大社入り口の信号のところにあるご縁横丁。

 〇〇〇〇〇〇も食べてみたかったのですが、これからホテルの夕食だったので軽いものにしたのです。

 かき氷が乗ってて、スチュワーデスさんの言うとおりトテモ美味しい “冷やし
ぜんざい” でした! お漬物も美味しかった!

 可愛いスチュワーデスさん! きっと優しい彼が現れますよーー!❤ ^ ^

 〇〇〇〇〇〇 ← が前日目を付けていた食べ物です。










































 このお写真もネットからお借りしました。目の前に美味しいものがあるとガッツイテ、つい撮るの忘れてしまいます。笑

yaki_-110112_11.jpg
















 ↑ 〇〇〇〇〇〇は、“焼きサバ寿司” でした!

 メチャ旨でしたよ~~!!

 帰ってきて検索してたら若狭の名物のようです。

 また食べたいなあ・・・って思っていたら、お客さまの一人が、

 「美味しいバッテラ寿司を買ってきて、焼けばいいんだよ~」 って。

 高知にも “焼きサバ寿司” はあるんだって!

 やってみよう!笑






 出雲から帰ってきて・・・

 何が違うのか・・・

 嬉しいのっ!

 訳もなく嬉しい!!

 時々異常に嬉しくなってしまう!!!

 馬鹿みたいに、理由もないのにニタニタしていて・・・

 気をつけないと本当に馬鹿だと思われるなあ・・・笑





 
CA398894_convert_20130925092642.jpg















 レトロな一畑電鉄出雲大社前駅の待合室、いい感じ!



CA398898.jpg















 わーーーっ!!何年ぶりでしょう、キップ切ってもらったの



CA398895_convert_20130924112116.jpg















 ボロいけど、カッチョイイ電車。

 ワンマンなのに・・・



CA398899.jpg















 車掌さんがいるんだよ! 笑

 この “車掌さんバッグ” !! もう絶滅していると思っていました!

 何年前から使っているのか?聞いてみましたら・・・

 前の方から受け継いでいるけど、前の車掌さんも知らなかったそうです。

 新人さんでしたが、手書きのマニュアル手帳を持って奮闘、気持ちのよい対応でした!



CA398897_20130924111126f85.jpg















 メモしておけば良かったのですが、車内にはユニークな表示が色々ありました。

 ¥300- で自転車が持ち込めたり、 面白かったのが、

 「あぶないので、 運賃箱に座らないでください。」

 一つ上の写真、車掌さんの右側にあるのが運賃箱。



CA398896.jpg



















 子どもが遊んだり、学生がふざけて座って壊されたんでしょうね・・・

 運賃箱の上部、確かにお金を入れる横が少し空いていますね~

 子ども達はこういうところは見逃しません。




 ホテルにチェックインするため、電車で電鉄出雲駅に向います。

 ホテルも偶然一畑グループのホテルで、電鉄出雲駅改札口のまん前!

 出雲大社行や、空港行のバスもホテル前のロータリーから乗れるし、電車、
バス、ホテル、今回の旅は一畑グループさんに大変お世話になりました。

 とっても楽ちんでした!

 ありがとうございました!^ ^



CA398905_convert_20130924110622.jpg
















 翌日の朝はバイキング。

 レストランの席がいっぱいなので、ロビーというかエントランスに持ち出して
食べました。

 ここだと煙草も吸えるしねェ~ 笑

 みんな美味しかったのですが、シジミのみそ汁が旨くて旨くてお代わりしました。

 この後チェックアウトしたら又出雲大社に向うんですが、昨日目を付けておいた食べ物があるのです。

 楽しみです。^ ^;







 
 日本海が見え、中海が見え、宍道湖が見え、いよいよ出雲空港が視界に入ってくると・・・

 大地がとても美しいのに気づきました!

 お米が実ってキレイなのもあるんだけど、何というか大地から光りが・・・ 祝福された土地の波動が伝わってくるのです。

 土地だけではなく、人にも優しさや豊かさを感じました。

 空港からは出雲大社行きのバスに乗りました。

 手荷物に混ざっていたハサミを受け取りカウンターでYちゃんにお願いしてトイレに駆け込むと、、、

 「出雲大社行きバスもうすぐ発車しますよ~!お客さんいらっしゃいませんか~!」

 ってトイレの中まで声をかけていただきました!^ ^;

 バス一台では座りきれないと見ると、次の臨時のバスを出す。

 翌日、ホテルから出雲大社行きバスの時も、お客さんが多いとすぐにバスもう一台手配していました。

 僕らの知っている運行では、普通こういう場合は本部へ連絡して許可をもらうのですが、現場に任されているようでした。

 バス停にも係りの人が常駐していて、不慣れな旅行者に親切に説明が行われていました。



CA398892.jpg















 大社の結界に入ると、受ける感じも始めての感じでした。

 今まで神社に入ると、スーーっとした清められる感じ、襟を正し天を奉る感じがしたのですが、

 出雲大社は、優しく、暖かく、たおやかで、清々しい風が吹き抜ける・・・そんな感じでした。



CA398887.jpg















 国譲り。つまり今の日本の霊界のひとつ前の霊界、その波動がここにはあるようです。

 神社というと杉の木がよく植えられていますが、ここでは松の木がとても多かったです。

 暑くも寒くもない日和、爽やかな風・・・

 松の樹液の香りが混じる優しいそよ風に包まれてしまいました・・・



CA398890.jpg















 僕自身は出雲へ来るつもりは全くなかったのですが、Yちゃんに連れて行くと
言われてお参りさせていただきました。

 出雲には気になることもあるので調べてみると面白い符合があり、嬉しかったです・・・




 
 5:30所沢発の高速バスに乗ったときは、これでもう大丈夫だと思っていて・・・

 朝早いから首都高も空いているし、7:35の出雲行きは余裕だと・・・

 それが停車とノロノロのくり返し・・・

 まさかの事故渋滞!! 誰だよ事故起こしたの~



CA398872_convert_20130920122829.jpg















 空港近く。手に汗握りましたが、

 第1ターミナルの前に、ああ・・・第2ターミナルに停車・・・

 JALは第1ターミナル南ウイングなのに(降りて知った!)、おお・・・北ウイングへバスは停車・・・



CA398873_convert_20130920122849.jpg















 走って5分前にカウンターへ滑り込み!

 飛行機に連絡、待ってもらって滑走路までダッシュ!!

 とは行かず、、、 涙; 

 予約の便が飛び立ってしまったのは、始めての経験。。。。。



CA398877_convert_20130920123003.jpg















 旅行は断念・・・か?と覚悟しつつ、

 次の出雲行きを調べてもらうと、二席だけ空席ありました!!窓際に・・・

 新たな料金が発生しても文句は言えないのに、

 優しいお姉さんが 「今回限りですよ!」 ってチェンジしてくれたんです・・・

 出ちゃった便では前日のマッサージ支援から帰って座席指定したので、少し
離れた席しか予約できなかったのです。

 ありがたいです!!

 乗れたのは10:45発。 ↑ パンナムではありません。



CA398880_convert_20130920123039.jpg















 3時間ものんびり出来るんだ~~~笑

 本屋さんで、出雲の情報誌をゲット。

 スタバは行列の混みようで・・・



CA398882_convert_20130920123116.jpg















 離れた静かなテーブルを見つけて休憩 & 作戦会議・・・



CA398874_convert_20130920123258.jpg















 展望台まで行って空港の様子を・・・

 飛行機の発着を見るのは好きです。^ ^

 昨日の台風で空がキレイ!富士山も良く見えていました。



CA398883+-+b_convert_20130925141707.jpg
















 出発ロビーで、ヨコハマ名物、中華街豚饅を発見!

 僕は冷やしかき揚げ蕎麦で腹ごしらえ。美味しかった~~

 これでフライト準備O~K~です。



 離陸すると日本上空はキレイで・・・

 三浦半島、江ノ島、伊豆諸島、真鶴半島、富士山、渥美半島、伊勢湾、琵琶湖、淡路島、宍道湖、ets、日本が箱庭のようです!

 誰だよ事故起こしたの~ 感謝します~

 飛行機で寝ようと思っていたのですが、すぐに出雲空港に着いてしまいました。