魂のワークブック

何だろう?私と世界にプレゼントしたいもの♪

 
 今日は何も用事のない日曜日。。。

 久しぶりです!

 ゆっくり11時近くに起きて、洗濯して、お風呂入って、お風呂も洗えたし、
お風呂上りには美味しい白熊くん!^ ^

 遅~~~いブランチ・夏野菜のカレーをさっき16時ころにたべました。





 僕の内面に大きな影響を与えた「フナ」をチェックし直そうと思い、バラバラになっていたのを一つにまとめてみました。


funa-01_20080323010418_20130728172436.jpg


















 フナの七原則

 以前あった、アロハインターナショナル・ジャパンのサイトからお借りしたもの
です。

 管理者の方が作られたのだと思います。

 色合い、デザイン、囲みの中の言葉、僕の宝物!!




 当時 ⑦ がよく分からなかったのですが?

 例えば、わたしの言う事は真実です。と言っても伝わらなければ真実もなにも無いし。

 今言ったことは全~~~んぶ冗談だよ。と言ってもその中の大切なことを相手が理解してくれれば、それは真実を語ったことになります。

 それが効力かな?今はそんなふうに理解しています。




 内容はサージ・カヒリ・キングの著書 「癒しのイメージ・トレーニング」 と、ヒューレン博士のホ・オポノポノに関するものです。

  ネイティブ・アメリカンにインディアンの呪術師の流れがあるように、ポリネシアにもポリネシアン・シャーマンの流れがあります。

 フナは「秘密」を意味しています。ハワイのシャーマン、カヒリ家に伝承されてきた「秘密の教え・フナ」。

 地球にとって、人類にとって、とても重大な今という時代にサージ・カヒリ・キングは門外不出「秘密の教え・フナ」の公開に踏み切りました。



 治療やヒーリングをされる方にとって大切なことの宝庫だと思います。勿論データは一部に限られたものです。さらに知りたい方はどうぞ本を手に取ってご覧下さい。

 頭から通読できるように、時間を逆にアップしてあります。





 

 
 ・・・
 未来について言えば、確定していることは一つもありません。未来は現在の思考から育ちます。
 その中にはあたりまえすぎてほとんど意識されないものもあります。あなたは今この瞬間に、未来への種を蒔いているのです。思考を変えるというあなたの能力が、未来を定まった運命ではなく、一連の可能性にします。

 ・・・
 あなたの限界は、それが何であろうと、自分でこれが限界と思ったときにだけ限界になるのです。自分にはこれこれのハンデがあるから、やりたいことができない。と考え続けるかぎり、実際そのとおりになってしまうでしょう。

 ・・・
 ハンディキャップは人生の道筋に置かれた障害物ではなく、単なる道のコンディションになります。
 例えば岩だらけ、すべりやすい、くねくねしている、険しいなど、あなたの行く道の状態は、目的地に着くまでに何をしなければいけないかを教えているだけで、目的地に着くのを防げはしません。

 旅の防げになるのは、前進をやめてすわりこみ、道が悪いと文句を言うことです。しかし、あなたは道をなだらかにする力があるのです。

 ・・・
 経験は信念に従います。自分の望む経験をなかなか与えてくれない信念や意見があれば、それが何であろうと、人は自力でそれを変えられるのです。

 すぐに結果が出るという約束はできません。そうなることもありますが、そうでない場合のほうが多いのです。

 それは私が「経験の勢い」と呼んでいるもののせいです。これは、思考の産物である経験は元になっている思考を変えてもしばらくは持続するということを、ちょっと気取って言ってみたものですが。

 言葉を換えると、私たちは一定期間、過去の意見・見方から実った果実を食べ続けなければならないことが多いのです。

 その果実がどれだけもつかは、それをどれだけ長く持っていたか、それにどれだけ感情移入していたか、古い意見をどれほど完璧に変えたか、新しい意見にどれだけ感情と希望をこめたかによります。

 このことを知っておけば、結果が得られる前に気落ちしないよう用心することができるでしょう。経験は見方を変えれば変わるのですが、そこまで行き着くには忍耐とねばり強さが必要です。しかし、努力に値する報酬が必ず得られます。信じて下さい。

 上手に生きることは技能なのです。そして他の技能と同様、その道の達人になるには訓練が必要なのです。



 「癒しのイメージ・トレーニング」 サージ・キング著 春秋社より






tanpopo.jpg

羽村堰のタンポポ 3月29日。











 ◆ フナの七原則

 I k e 世界はあなたが思う通りにある。

 これがフナの土台になる原則であり、あなたの信念、期待、態度、願い、恐れ、判断、感情、そして一貫して継続する考え方と行動によって、あなた自身の現実経験を創造するのを意味します。

 ですからこの原則は、自分の考え方を変えると自分の世界が変わる、という見方なのです。







wax-02.jpg

ワックスフラワーとパンジー。





 
 心の道具・1   【想像力】イマジネーション

 イマジニアリング(想像工学・著者の造語)で使用する心の道具の中でもっとも重要なのが、イマジネーション(想像、想像力)です。他の道具も重要ではありますが、これが第一であることに疑いの余地はありません。

 イマジネーションが非常に大切なのは、それが人の感じ方や行動の仕方の大部分を支配するからです。イマジネーションは、学習や経験から得られるほとんどすべてのことに、何らかの形で先行しています。

 例えばもう覚えていないかもしれませんが、赤ちゃんだったときのあなたは、ハイハイしたり、歩いたり、走ったりすることを、自分がそうする姿を想像し、それをまねることで学習したはずです。


isi-15.jpg

トルマリンを透した光。





 自動的イマジネーションと意図的イマジネーション

 心の活動に慣れっこになって気にもかけていない人は、イマジネーションにいくつか種類があると聞いて驚くのではないでしょうか。

 イマジネーションには自動的なものと意図的なものの二種類があります。この二つが異なるのは、それぞれが心の別の面、または部分に根差しているためです。

 ・・・・
 ここではとりあえず「意識」と「潜在意識」と呼んでおきましょう。

 自動的イマジネーションは潜在意識から生まれ、記憶とテレパシー入力から形成されます。その主な特徴は、イマジネーション(少なくともその詳しい内容)がひとりでに沸いてくるように思えることです。

 意識して記憶を呼び起こそうとすることはできますが、記憶の中身は潜在意識の産物です。テレパシーが入って来るのを感じようと意図することはできますが、テレパシーそれ自体は潜在意識から自動的に出てくるのです。

 テレパシー入力について説明するにあたって触れておかなければいけないことはそれが人との精神的コミュニケーションのみならず、体を含めた自分の内部とのコミュニケーションも意味していることです。

 いずれにせよ自動的イマジネーションの大部分は、自分や生き方についての意見や、その結果ともいえる考え方の癖に大きく左右されます。

 自動的イマジネーションは独創的にもなりえますが、その独創性は手元にある要素を混ぜあわせるという類のものにすぎません。新しい組み合わせは作れても、新しい概念を生み出すことはできないのです。

 まさにそれをするのが意図的イマジネーションです。

 意図的イマジネーションは意図するという意識的行為の産物です。これは、記憶を呼び戻そうと意図したり、テレパシーで送り込まれたデータに気づこうと意図するのとは違うことに注意して下さい。

 ここで関わるのは記憶の内容自体を意図すること、つまり中身がどうなるかを意識的に決めることです。

 自動的イマジネーションと意図的イマジネーションの違いは、単に記憶を呼び起こすことと、未経験でかつ将来もありそうにない素晴らしい体験を、白昼夢として作り出すことの違いに似ています。

 意図的イマジネーションによって人は新しい概念を作り、新しい経験を引きつけるのです。

 人間と動物を隔てるものの一つは、存在しないものを想像する能力です。イマジネーションはその内容によって重荷にも冒険にもなりうるのです。

 自動的イマジネーションは、意思を用いるイマジネーションのほとんどにある程度含まれ、イメージの「細部を補う」役割を演じます。「純粋な」自動的イマジネーションは、意図的イマジネーションを加味することで、修正や操作が可能です。

 ・・・・
 次の実験でこの二つのイマジネーションを体験してみてください。




「癒しのイメージ・トレーニング」 サージ・キング著 春秋社より





isi-11.jpg

トルマリンを透した光。







 ◆ フナの七原則

 Kala 限りというものはない。

 あなたとあなたの身体、あなたと他の人、あなたと世界、あなたと神の間には本来、境はありません。

 論ずる為に用いられるあらゆる分離は、機能性と便宜性ゆえなのです。言い換えると分離は役立つ幻想なのです。

 この原則のもう一つの意味は、創造は無限の可能性がある、という事です。
あなたが想像できる事は何でも、何らかの形で創り出せるのです。



isi-02.jpg

トルマリンを透した光。






 
 
 心の道具・1   【想像力】イマジネーション


 自動的イマジネーションと意図的イマジネーション

 ◆ 実験

 まず小さな村を頭に思い浮かべて下さい。

 そこに大きな道が一本、その道の端には他に抜きんでて高い建物があります

 必ずこの想像をしてから先に進んで下さい。風景がはっきりしてくるまで、三十秒か一分おいてください。








 さて、どんな風景が見えてきましたか?

 建物は藁葺屋根でしたか?日干し煉瓦造りでしたか?それとも木造?道は舗装されていましたか?それとも泥道でしたか?人はいましたか?道の端の建物は何でしたか?

どこの村だったでしょう?インド?南アメリカ?ヨーロッパ?それ以外のところですか?
それはあなたが行ったり写真で見たことのある村のイメージでしたか?全く新しい場所に思えましたか?

 この実験の目的は、この風景が実在の村の記憶であったとしても、その細部はすべて潜在意識の自動的イマジネーションの産物であることをお見せすることでした。

 この村はたぶん頭に瞬時に、完璧な形で浮かび上がってきたのではないでしょうか?細かい内容を意識的に入れこむ必要はなかったはずです。

 それが自動性の証拠です。





 さて今度は意思を使って自分や友達にこの村の道を歩かせ、まわりの風景を見せてやって下さい。

 よく似た道路を実際にその友達と歩いたことがあったなら、別の友達と別のことをしているのを想像して下さい。少し時間をかけてやってみてください。

 この実験は、自動的イマジネーションの作った風景へ、意図的イマジネーションを投影することでした。同じ様なことを白昼夢で何度も経験している方もあるでしょう。

 しかし私はこれをみなさんに“技術 ”として再確認していただきたいのです。この技術は、意識レベルで自分の現実を作る練習に大いに役立つからです。




「癒しのイメージ・トレーニング」 サージ・キング著 春秋社より





isi-06.jpg

トルマリンを透した光。







 ◆ フナの七原則

 Makia エネルギーは意識が向かう方に流れる。

 全てを意識していてもしていなくても、より所にしている考え方や感じ方は、人生において同じ様な考え方や感じ方を経験するのに最も手近で可能性の高い青写真になります。

 意識が向かう方に、宇宙エネルギーと同様に生体エネルギーも流れるからです。






isi-10.jpg

トルマリンを透した光。






 
 心の道具・1   【想像力】イマジネーション


 二つのイマジネーション  
 映像(ピクチャー)と身ぶり(マイム)



 ◆ 実験

 一辺十五センチくらいの箱に真っ赤なリボンがかかっているのを想像して下さい。

 その箱を開けると綿の上にブレスレットが乗っています。

 次に自分がそのブレスレットをつける姿を想像して下さい。

 男性の方は重くてがっしりとしたデザインのものを想像してみるのもいいでしょう。

 さて、そこで止めて下さい。

 今度は同じような箱があなたのひざの上に実際に乗っていると想像してみましょう。

 箱は、縦、横、奥行きのある実体です。

 あなたのその手が目の前の箱を実際に開け、ブレスレットを取り出し、その腕につけるのを想像して下さい。

 はい、そこで止めて下さい。

 この二つの経験の違いがわかりますか?

 たいていの人は最初のイメージを、スクリーンに写し出された映画のように受け取り、箱を開けてブレスレットを取り出す自分を別の人のように眺めていたに違いありません。

 二番目のイメージはもっと現実的で、経験も鮮やかだったはずです。同じイメージが、自分のいる物理的環境の一部として想像されたからです。


a-080_20080406012535.jpg
マイム型イマジネーション(Photo by グレゴリー・コルベール)




 その意味で最初のものとは経験の質が大きく異なります。この種のイマジネーションは生理学的にも大きな影響を持ちます。

 最初の例で私が、「箱の中にクモがいるのを想像さなさい」言ったとしても、あなたはそれほど抵抗なく想像できたはずです。二番目の例だったら、アドレナリン分泌の急増が避けられなかったでしょう。

 大切なのはイマジネーションには二種類あり、それぞれに独自の特徴と用途があることです。

 体は二番目のイマジネーションにより大きく反応します。暗いところに一人でいるとき、他人または「別世界」の何ものかが襲いかかってくると感じたときには、このタイプのイマジネーションが働いていたに違いありません。

 これは舞台でパントマイムが呼び起こすイマジネーションに似ているため(例えば顔を真っ白に塗った道化師が階段を降りる動作をすると、あまり上手なので階段がそこに実在するように思えてきます)、「マイム型イマジネーション」と名付けたいと思います。

 最初のものは映画のようなので、「ピクチャー型イマジネーション」と呼ぶことにします。


a-037_20080406012316.jpg
ピクチャー型イマジネーション(Photo by グレゴリー・コルベール)



 ピクチャー型イマジネーションは記憶の呼び戻し、独創的な劇(またの名を白昼夢)、発案、プロジェクトの企画、各種の瞑想のためのすぐれた道具になります。

 一方マイム型イマジネーションは、自分の性格や技能、人間関係、環境、健康などを実際に改善するのにより適しています。

 スポーツ選手は、この方法を使って、大きな試合に向けて心と体の準備をします。優れた俳優は役作りに使い、ひらめきのあるビジネスマンや政治家は会議や講演の下準備に使います。
 
 私はマイム型イマジネーションを用いて、二人の若者をスケートのチャンピオンに育てたことがあります。私は完璧に滑るための心の準備と事前の肉体トレーンイグを手伝っただけでなく、二人に勝利のプロセス全体を体験させたのです。

 私はより役に立ったのは後者だと信じています。この訓練が、勝つことへの期待と自信を彼らに植え付け、トップの座に向かわせたわけです。




「癒しのイメージ・トレーニング」 サージ・キング著 春秋社より













 ◆ フナの七原則

 Manawa 今が力の時である。

 過去のいかなる経験や未来のいかなる予感にも、束縛される必要はありません。

 制限された考え方を変え、あなたが選ぶ未来の種を蒔くのが可能です。

 意識を変えると経験が変わります。

 あなたの外には、いかなる力もありません。なぜなら神は、あなたの内に居るのです。この事に気づいて行動するほど、あなたは自由自在になります。



kazu-02.jpg
ベルナー 絵 「数の悪魔」より 晶文社 。







 
 心の道具・1   【想像力】イマジネーション


 多感覚イマジネーション


 初めて「イマジネーション」という言葉を聞いた人は、たいてい視覚的なイメージを思い浮かべるものです。しかしイマジネーションの道具は、想像上の味覚、触覚、嗅覚、聴覚が加わって初めて一式揃うのです。


 ◆ 実験

 小雨がやんだあとにバラのつぼみを見ている自分を想像して下さい。木の一番上には大きなバラが、一杯に開いています。

 次にそっと手を伸ばして茎をつかみ、チクチクするトゲを皮膚で感じて下さい。今度はバラを鼻に近づけて香りを深く吸い込んで下さい。花びらに露が乗っているのを想像し、そのいくつかを舌で舐め、甘くさわやかな水滴を味わいます。


tuyu.jpg




 さてバラはそこまでにして、今度は花に留まりにきたハチを思い浮かべましょう。

 羽音が聞こえますね。

 おわかりのように、上の実験は想像上の風景にすべての感覚を呼び込むためのものです。

 このように多数の感覚を駆使したイマジネーションを使うと、あなた自身やあなたの思考、感情、特に行動へのインパクトが強まります。

 それは、潜在意識は「現実の」経験と「想像の」経験を区別ができないからなのです

 潜在意識は筋肉、分泌線、細胞、そして記憶のレベルでどちらの経験にも同様に反応します。複数の感覚が関わっているときはなおさらです。

 最初は信じにくいかもしれませんが、次の実験でそれが納得できるはずです。




 ◆ 実験

 宇宙船に乗って地球を回っているつもりになって下さい。

 窓から下界を見下ろすと、陸や海が様々な形の雲にところどころ覆われているのが見えます。茶色や緑の部分も見え、青い海の上には雲の輪が渦巻き、ハリケーンのように見えます。

 今度は分厚い窓ガラスに注意を向け、指で触れてみて下さい。椅子のふかふかした感じや、自分の着ている宇宙服、手の近くにある操縦桿の金属的感触も意識します。

 船内の空気はわずかにオゾン臭を帯び、さまざまな機械音も聞こえます。あなたはまた、地球からこんなに遠く離れた場所を冒険できて、うきうきしています。

 少し時間をかけてこの体験を真に自分のものにして下さい。

 できましたか?

 さてこの想像の体験は脇に置き、こうして本を読んでいるあなたがいる現実の環境(家具や周囲にあるもの) に一、二分注意を向けて下さい。

 次に先週の出来事をいくつか思い出して下さい。例えば何を食べ、誰と会い、どこに行ったかなどです。

 それが終わったらそのことは忘れて、宇宙船の旅に戻って下さい。経験を新たに作り出そうとせず、先週の出来事と同じように気楽に思い出して下さい。

 それが終わったらまた先週の出来事に戻り、そのあともう一度宇宙船に戻ります。

 もう気がつきましたね。“記憶という意味では”、宇宙船も先週の出来事もほとんど違いはないのです。

 心に映る鮮やかさに差はあるかもしれませんが、質の上では二つは同一です。

 この宇宙船体験はあなたの記憶装置に永久的に書き込まれ、他の出来事と同じにいつでも読み出すことができます。


ff.jpg
FFいくつですか?





 潜在意識に言わせると、あなたは確かに宇宙船に乗り、それはしっかり人生体験の一部になったわけです。あなたの潜在意識はきっと、宇宙体験のほうが他の取るに足らない経験よりずっと「現実的だ」と思っているのではないでしょうか。




「癒しのイメージ・トレーニング」 サージ・キング著 春秋社より













 ◆ フナの七原則

 Aloha 愛とは共に幸せであること。


 存在と生成の二つの側面で宇宙は、愛ゆえに存在します。

 その事を知らなくても、人は愛ゆえに存在しています。

 愛を知ると人はあるがままで幸せで、さらに愛を知る様になるのでより幸せになります。

 フナでは愛が、幸福を創り出す起因です。

 愛は、幸福の副作用ではありません。意識的にこの原則を用いると、全てが一段と良くなります。それで実践的な理由で、愛がフナにおける唯一の倫理なのです。





a-045.jpg








 
 心の道具・1   【想像力】イマジネーション


 エクササイズ

 イマジネーションは自分独自の現実を作るのに重要な道具なので、これを鍛えることはあなたのためになるでしょう。

 筋肉が誰にもあるように、イマジネーションも誰にもあるものです。筋肉と同様に、イマジネーションも発達させることで、もっと上手に使えるようになります。

 以下のエクササイズでイマジネーションを鍛えて下さい。


ly52.jpg






◆ エクササイズ1

 床でも地面でも机でもかまいません。目の前の何も置いていない空間に、長さ60CMくらいの太いロープがあると想像して下さい。

 ロープは真ん中で一回結んであります。本物のロープが目の前にころがっていると思えるような、三次元の完全なイメージを作って下さい。

 今度はイマジネーションを使ってロープに手を伸ばし、触ったときの重さと手触りをしっかり感じて下さい。そのあと自分の想像の手で結び目を解きます。

 この過程を始めから終わりまで、はっきり見て感じるようにして下さい。これが簡単にできた人はかなり発達したマイム型イマジネーションの持ち主で、もっと複雑な結び目に挑戦したいに違いありません。

 このエクササイズが難しいと思った人もあわてる必要はありません。難しいから練習しているのです。簡単にできるようになるまで辛抱強く練習して下さい。

 結び目がはっきり見えない人は、本物のロープを持ってきて参考に結んでみてもいいでしょう。そのあとで想像のロープに戻って下さい。         



「癒しのイメージ・トレーニング」 サージ・キング著 春秋社より




woven1.jpg












 ◆ フナの七原則

 Mana 全ての力は内から出る。

 今まで述べた様に、神または宇宙の力は人生においてあなたの内から出ますから、あなたの外には力はありません。

 あなたが神または宇宙の力が働き出る通り道なので、あなたの選択と決定によってこれらの力を方向づけられます。

 外に委譲すると決めない限り、あなた以外にあなた自身やあなたの運命に力を及ぼすのは、誰もいません。





154c1b.jpg







  
 
 心の道具・1   【想像力】イマジネーション


◆ エクササイズ2

 これは体がイマジネーションにどれだけ反応するかを見るためのものです。

 朝起きてすぐ、睡眠で筋肉がまだ固いうちに試して下さい。

 まず膝を伸ばして立ち、その位置から上半身を前屈させ、指先で足の指に触れます。簡単にできた人は指関節を床につけてみてください。

 それでも簡単にできたら、手のひら全体を床につけて下さい。“これを” 朝一番にできた人はそのままエクササイズ3に進んで下さい。

 できなかった人は、最初の試みが楽にできるように努めて下さい。脚を痛めずにどこまでいけるか注目しましょう。

 今度は背筋を伸ばして想像だけしてみます。自分の上半身が曲がり、手は足の指に触れています。(もっと遠くまで行かせてもかまいません)。この想像の動作を三回繰り返します。

 それが終わったら、上半身を本当に曲げてみて下さい。最後まで行けないまでも、楽にずっと先まで行けたはずです。もっと上手になりたかったら、またイマジネーションを使って下さい。




 ◆ エクササイズ3

 家、職場、または他の場所で自由な時間が少しあったら、環境にものを「付け加える」練習をしてみましょう。

 言葉を換えれば、マイム型イマジネーションを使って実際には存在しないものを創り出し、それを楽しむことです。次のように始めてみてはどうでしょう。

 ◇ 誰かの頭に角をつける。

 ◇ クマを木にくっつける。

 ◇ 観葉植物に花をつける。

 ◇ 車の後部にフィンを、前部に飾り用のフードをつける。

 ◇ (ここまでのエクササイズが易しすぎると思えたら)誰かを着せ替え人形にしてみる。



「癒しのイメージ・トレーニング」 サージ・キング著 春秋社より






home-2.jpg

新宿駅ホームより。











 ◆ フナの七原則

 Pono 効力が真実の尺度である。

 フナが仮定する無限の宇宙には、絶対的真実は存在しません。

 代わりに、個人の意識レベルに応じた効果的な真実が存在するでしょう。

 この原則はとても実際的で、目の前にある「事実」の効力を防げないで人生の目標を達成する為に最も相応しい方法で組織したり、情報に基づいて行動するのを可能にします。

 同じ知識でも異なる組織では別の人生目標を達成する為に用いられますから、どの様な組織や知識のシステムも絶対的ではなく、便宜的とフナでは見なされます。言い換えると、全ての仕組みは恣意的であって、効力がある限り用いられるはずなのです。






home.jpg

新宿駅ホームより。夜の風景。







 
 
 心の道具・1   【想像力】イマジネーション


◆ エクササイズ4

 ピクチャー型イマジネーションを発達させることも大切です。このエクササイズはその手助けになるでしょう。

 これは目をつぶるか、または何も書かれていない壁などを見ながら行います。

 野原に生えた一本の木を思い浮かべ、詳細を好きなだけ盛り込んで下さい。

 気に入ったイメージがはっきり見えてきたら、それをただちに変更します。

 例えば木から枝を切り落とす。

 別の場所に植え替える。

 葉の色を変える。

 芝生を長めに育てる。

 花を咲かせたり摘んだりする。

 まわりに人や動物がいなかったら書き加え、いたら消します。

 どんな変更も思いのままになるまで練習を続けて下さい。

 驚いたことには、こうしたイメージの変更を難しく思う人がずいぶんいるのです。

 それはたぶん、頭の中の画像を意識的にコントロールするのに慣れていないせいでしょう。このエクササイズはそういう人たちのためのものです。


kazu-05_20080419215630.jpg
ベルナー 絵 「数の悪魔」より 晶文社 。





◆ エクササイズ5

 「イメージを使って考えることはしない」とか、「頭の中でも外でも絵は描けない」という人に時々出会います。

 しかし私がその方法を伝授できなかった人は、これまでにいません。

 「イメージ作りは誰にでもできる。できないという人は理由を見つけ、できないことを習慣にしている」と私が主張するのはそのためです。

 夢を思い出すことから入るのが初心者には一番効果的でした。

 次に子供時代の経験を思い出させ、色鮮やかに描写してもらいます。

 前述の四つのエクササイズができるようにします。もしこれがあなたにあてはまるなら、この線にそった独自の練習方法を作るといいでしょう。


kazu-17.jpg
ベルナー 絵 「数の悪魔」より 晶文社 。





「癒しのイメージ・トレーニング」 サージ・キング著 春秋社より














 ◆ フナの七原則

funa-01_20080323010418.jpg


 フナの全ての技術は、これらの七原則の応用です。

 自己啓発にフナが非常に役に立つのは、技術ではなく原則に基盤を置いているからで、目標を達成するのに最も簡単な技術を常に探します。

 一旦原則を知ったら全ての技術の働きが分かり、あなたも自分自身で技術を生み出したり出来ます。

 自己啓発はあなた自身の内の働きですから、この本はあなたが自己を発展させる道具の一つです。





 【申し遅れましたが、この本は サージ・カヒリ・キング著 「The Road to Self-Mastery ”Mastering Your Hidden Self: A Guide to the Huna Way”」「隠れた自己を習得する・フナ道案内(仮邦題)」です。まだ(2008年当時)邦訳はありません。】





 
 心の道具・2   【動機づけ】エモーション

 意識的に感情を方向づける能力を、私は「エモチベーション」(エモーション・感情 + モチベーション・動機づけ?訳注)と呼んでいます。

 私があえて感情を「統制する」とか「抑圧する」と言わなかったことに注意して下さい。統制するや抑圧は必ずトラブルを起こすからです。

 不要な感情を害にならない形で放出し、代わりに好きな感情を随時選ぶことができるとき、人は感情を“方向づけ”できるのです

 そのやり方を覚えていただくために、この章の最後にエクササイズを設けました。まずその前に、あまり知られていない感情の側面を見てみましょう。


isi-08.jpg

トルマリンを透した光。





 動きとメッセージ

 感情は体内を巡るエネルギーの動きです。その意味から感情を生命エネルギー、生物学的エネルギーなどと呼ぶこともできます。

 ここで重要なのは、感情が流れだということです。

 このことは、強い感情が常に発熱や体温の上昇を伴うことから簡単に説明できます。

 感情エネルギーの一部は、みなさんお馴染みの物理法則にのっとって熱に換わります。実際には感情エネルギーのうち電気に換わるものもありますが、ここではあまり関わらないことにします。

 熱に関していうなら、「怒りで煮え繰りかえる」とか「暖かな愛情」などの表現が無意味な比喩でないことを理解して下さい。

 感情はエネルギーの動き以上のものです。エネルギーの流れを体感することは誰にもよくありますが、そのような感覚と感情の違いは、感情がメッセージを運ぶという点にあります。

 感情はちょうど電波や電話線内のエネルギーと同様に、メッセージを運ぶのです。

 恐れ、怒り、嫉妬、喜び、愛情など、私たちが感情につけた名前は、メッセージの中身を描写したものです。

 “感情それ自体は刺激にすぎません”。私たちは刺激についてくる考えに応じて、それぞれ名札をつけていきます。

 さてこの種のメッセージはどこから来るのでしょう?考えとイメージからです。

 これらは体内の細胞に記憶として貯えられるか、他の考えや外部の状況に反応してその場で生み出されます。

 自分自身や他人の考え、イメージ、態度、行動、感情などが引き金となってメッセージは生まれるのです。






「癒しのイメージ・トレーニング」 サージ・キング著 春秋社より


isi-23.jpg

トルマリンを透した光。









 ◆ フナ

 自分を変える魔法の 「口ぐせ」 のことを アファメーション(確信の言葉)とも言います。

 アファメーションは「癒しのイメージ・トレーニング」でも取り上げられますが、フナのテキストに素適なアファメーションになる言葉があります!

  ◇ 今を祝福する!

  ◇ 自分自身を信頼する!

  ◇ 最高を期待する!

 【これら三つの簡単な文章の裏にある力を理解し体験すると、あなたが自分自身の幸福を創り、自分の運命を方向付けられます】

 と、あります。この三つの文章を言葉にしたり、書いて・見たり、心に思ったりすることで、実際にこの文章と出会って行きます。


isi-17.jpg

トルマリンを透した光。