魂のワークブック

何だろう?私と世界にプレゼントしたいもの♪

 
 寝ぼけて朝が昼になってのブランチでした。 ^ ^


CA390558_convert_20160704121616.jpg















 ふれあいマルシェで売っていた “ルバーブ” 。

 名前は聞いていましたが、リアルさんとは初めての出会い。

 お店の方がジャムにする。 って・・・

 してみました。(してくれました。笑)




CA390561_convert_20160704121647.jpg















 パン・・・ というか、、クズの新芽から採取した酵素で発酵させたパン?
 (下のマフィンは買ってきたもの。)

 美味しいですが、いわゆるフックラしたパンではありません。

 ナイフでやっと切れます!笑

 エルフがフロドたちの旅に持たせたレンバス?(だったかな~)

 一枚で相当もちます!




CA390563_convert_20160704121712.jpg















 バターが駄目なのでクリームチーズをぬって、、

 ルバーブのジャム乗っけて、、

 けっこう酸味があって美味しい、、

 甘味は甜菜糖です。夏向きのジャムですね~




CA390564_convert_20160704121735.jpg















 完食!!

 横の畑の野菜たち、収穫できるようになってきました・・・

 キウリ、トマト、サラダ菜各種、人参、オクラ、大葉、バジル、

 もうすぐ取れるのが、茄子、インゲン、おかワカメ、ラディッシュ、空芯菜
など・・・

 嬉しいな!






 
CA392068_convert_20150921221248.jpg















 仕事が終わった、、

 今日の夕方の空・・・

 もう、 秋、 っぽいですね~

 やーだ! なに言ってんだ。 もう、 秋だよ!



CA392074_convert_20150921220436.jpg















 帰ると、パクチーがこんなに元気になっていました!

 昨晩、植物たち、大きい鉢に植え替えたんです。



CA392070_convert_20150921220412.jpg















 晩御飯は生春巻にしました。

 2本、夜食用に、取っておいたんです。

 あっ!

 と、パクチーを思い出しました。

 これを添えると・・・

 やっぱり、本場の味にステージアップ、しましたよ。^ ^v






 
CA391429_convert_20150704215217.jpg















 今年は残念ながら、田んぼの横の、みんなでランチタイムを過す梅林の梅が手に入らず、、

 越生の産直のお店で手に入れました。

 完熟梅2K!

 ビニール袋に入っていても、甘酸っぱい香りが漂います。^ ^



CA391431_convert_20150704215259.jpg















 農薬を使っているので、回帰水にしばらく浸けておきます。



CA391436_convert_20150704215353.jpg















 18%のお塩と一緒にジップロックの中へ。

 あっ、ホワイトリカーを振り掛けるのを忘れた!



CA391438_convert_20150704215448.jpg















 これが振りかけて混ぜまぜしたもの。

 あまり分かりませんか・・・



CA391441_convert_20150704215513.jpg















 お塩が濡れているのが分かりますか?



CA391445_convert_20150704215602.jpg















 そのまま重しを載せて、梅酢の出るのを待ちます。

 寝る前に気がついて良かった!

 ジップロックに穴が開いていて、梅酢が洩れていました。


 
CA391447_convert_20150704215648.jpg















 急きょ、ホーローの鍋に入れ直して、再び重しをしました。



CA391489_convert_20150704215723.jpg















 翌朝には、しっかり梅酢が上がっていて、、

 フルーティーな香りを、何度も、何度も、嗅いでしまいます。笑



CA391492_convert_20150704215802.jpg















 ホーローの鍋から、瓶に移しかえて・・・

 このまま天日に干すのが瓶干し!

 梅雨開けの夏の日差しをいっぱい浴びて (僕はベランダに毎日出しておき
ます。)、瓶干し梅干は瓶の中で出来上がります。

 赤紫蘇はあとで入れても、入れなくとも・・・

 完成した梅干を食べる分 (10個とか) 瓶から出して、一日天日干しすると、
更に美味しくなります。

 僕みたいに、面倒くさがり屋さん向きの梅干の作り方でした。






 
CA391126_convert_20150528132140.jpg















 今朝のブランチ。



CA391130_convert_20150528132224.jpg















 畑のラディッシュ、テーブル栽培のレタス、キウリ、大根、大葉。

 塩少しとマヨで薄味に・・・



CA391128_convert_20150528132204.jpg















 玄米のお粥、昨年漬けた梅干、ココナッツミルク。

 どうかな? って思ったのですが・・・

 以外に、酸っぱ~い梅干に、ほの甘いココナッツミルクは合います。

 浮かんでいるのは、ラディッシュの葉を刻んだもの。



CA391131_convert_20150528132242.jpg















 これ、畑から移植したレタスさん。

 その右側のは、スウィーティー君。



CA391136_convert_20150528135816.jpg















 大好きなスウィーティー!

 使えそうな種は余り入ってないのですが、たまたま入っていた一粒が芽を
出しました。笑

 可愛いいでしょ!^ ^



CA391133_convert_20150528132415.jpg















 これさっき買ってきたマンゴー。。

 勿論、、種を蒔くのですよォ!^ ^

 もともと種から芽の出てくるのを見るのは趣味なんです。

 宇宙の神秘を見ているようですもの・・・

 昨日これ見てワクワクしたのもあります。





 
CA391085_convert_20150506092819.jpg















烏のエンドウが食べられると聞いていたので、収穫してみました。



CA391086_convert_20150506092836.jpg















 キヌサヤみたいですね!

 取りあえず汚れを落として、種の出来てるのも、根元の硬いところも入れて
みましょう。



CA391088_convert_20150506095439.jpg















 出来上がった“烏のエンドウのお吸い物”

 種のほとんど出来てない若いサヤは食べられました。

 あとはスジっぽくって無理!

 そしてキヌサヤのような香りもなくて・・・

 まずいっす!!

 飢きんのとき以外に食べるものではないですね。

 失敗、失敗、笑

 まぁ、、若い部分を、、天婦羅なら、かろうじてかな・・・? ? ?








 
 今日の夕方、用事の帰りに仏子のヤオコーに寄りました。

 魚売り場に “ホウボウ” って魚の切り身があって・・・

 名前は知っていましたが、食べたことないなぁ~

 “カサゴ” みたいな魚でちょっと綺麗な・・・

 調べてみました。

 こんな子でした!



houbou.jpg














http://www.onsenmaru.com/monthly/M-2003/M-0301-houbou.htm さんより
お借りしました。ありがとうございます。




 洋風料理にけっこう使われているんですね。

 揚げ物が美味しいみたい・・・

 お刺身から、煮付け、焼き物までどんな料理にもなるそうです。

 旬は12月~2月。 ちょっと過ぎてますねぇ。



CA390983_convert_20150416211415.jpg

















 出しが取ってあったので、煮付けにしてみました。

 濃い味付けが美味しいんだって!

 確かに、途中の薄味よりも、なべ底に煮汁が煮詰まってからが旨い!!

 何とも色気のない写真で申し訳ありませんが、、

 生まれて初めての “ホウボウ” 美味しかったです。^ ^





 
 昨日は “つぼ猫” さんでサンバル作りをしました。

CA390525_convert_20141003063804.jpg















  「3時半過ぎればお客さんいないから!」 と・・・

 

CA390526_convert_20141003063838.jpg















 最初の写真はパクチーを摘んでいます。

 自家製のパクチーです。



CA390522_convert_20141003063543.jpg















 作ったのはサンバル・マタと、トマト・サンバル。



CA390528_convert_20141003063940.jpg















 サンバル・マタは火を通さない生のサンバル。

 日本では手にはいらないトーチジンジャーの花の蕾みの代わりにに茗荷、
バワンメラの変わりにエシャロットを使います。

 茗荷、エシャ、ニンニク、生唐辛子、レモングラス(根元の部分)を細かく刻み
塩をなじませて・・・

 唐辛子は石臼で潰しました。生唐辛子、辛いっ?て聞いて買ったのにシシトウが赤くなったのか、まったく辛くない!

 しかたがないので乾燥したの足しました。

 売ってなかったレモングラスは “つぼ猫” さんの庭に生えていました。^ ^

 焼いたテラシ(Terasi:エビの発酵ペースト)と、ココナッツオイル、ライム汁を加え、さらに手でよ~くマゼマゼします。

 それで完成。

 久しぶりのサンバル・マタ、美味しかったけど、バリ人の作るようにはどうしてもならないな~



CA390527_convert_20141003063904.jpg















 あと火を通したトマトベースのサンバル。

 やはり手に入らないタマリンドの代わりに梅干。

 トマト、玉ねぎ、唐辛子、ニンニク、梅干、焼いたテラシをココナッツオイルで
炒め、塩とお砂糖で味付けします。

 なんちゃってサンバルです。本当はソースのようにトロトロになります。

 でも家庭の数だけあるサンバルなので、良いってことで。笑

 マスターのてっちゃんにはいいツマミになったようです。

 いつも厨房に入っていて話できないアキコさんとはゆっくりお話できました。

 お土産にマスターお手製のナンプラーをいただき、お店を出たときはすっかり暗くなっていました。





 
CA390228_convert_20140709195206.jpg















 ビーフン食べちゃったので近くの業務スーパーへ。

 いつものタイ産のは品切れなのか無く、しょうがないので中国産で・・・



CA390235_convert_20140709200147.jpg















 横には美味しそうなタイ産のトムヤム・ヌードルが積んであったので、買って
みました。

 日本向けに作られたものです。



CA390233_convert_20140709195234.jpg















 辛味も、酸味も、OK! かなりハイレベルのトムヤム味。

 休耕田に生えていたセリ、そのままではアクが強かったのです。

 それがトムヤムの味の強さとは丁度いいバランス!

 畑で採れた野菜と、たっぷりの薬味のネギを乗せて、いただきました。

 和・洋・中華を問わず麺類が大好き!! ^ ^




 
 カレーを作ると二日くらいは朝・昼・晩とカレーになるのですが、、

 最後は大抵 + だし汁 + しょう油 + 片栗粉 + うどん 〓 カレーうどん
になります。

 今朝の朝も何もなくて・・・

 お鍋の底に少~~~し残ったカレーにお水と、お塩と、ココナツミルクを足して、カレースープにしました。

 お鍋を洗うのが楽チンになります。 ^ ^

 昨日半分残してあった茹でたビーフンに、千切りの胡瓜を乗せて、カレースープを掛ければ完成。




CA390162_convert_20140703182257.jpg















CA390164_convert_20140703182321.jpg















 インドネシア産です。近くの業務スーパーにあります。お風呂上りの冷たい
ココナツジュース最高!笑




 美味しかったけど、ガラムマサラと、カレールーを少し足して、パクチーがあれば乗せて食べたかった!

 出張の時間が迫っていたので、味もそこそこに出かけました。







P.S.
CA390160_convert_20140703181839.jpg















 梅ジュースの発酵が始まりました。

 以前は発酵させちゃうと、失敗作だったみたいですが、、

 昨今、発酵酵素ジュースって流行ってるみたいですね。





 
CA390159_convert_20140702105832.jpg

















 畑で取れた野菜をたっぷり入れたカレー。

 昨晩はカレーうどんだった。

 その残り。

 ご飯も、うどんも、パンも無いし、素麺とか茹でるのも面倒だし、、

 白いのはお餅。

 初めての共演!

 味的には問題なし・・・

 でも食感が今一でした。

 お餅とカレーは、僕的にはお勧め出来ませんね~ ^ ^;