魂のワークブック

何だろう?私と世界にプレゼントしたいもの♪

 
 急きょ、ひろみさんの個人セッションが昨日に前倒しになった。

 僕の体を考えて、電話でのワークを勧めてくれたんです。

 いいチャンスなのでスカイプの開設を息子に頼んでみたら、、

 「いいよ~」って!

 初めてのスカイプ、最初はマイクのスイッチが押してなくて声が届かなかったりしましたが、無事初スカイプを利用することができました。




 ワークは90分行われましたが、一番嬉しかったことをUpしますね。

 それは父親とのこと・・・

 シータヒーリングはスプーン曲げもやってしまうほど用途が広いのですが、

 今回は亡くなった父親の呼び出しが行われました。

 僕の人生形成に大きな役目を果たしてくれた父。

 それはいつも優しく思いやりがあったというのではなく、背中を向けて、僕の
気持ちになんて関心を示さなかった父の存在のことです。

 ひろみさんの質問、「もしお父さんが優しく思いやりがあってGさんに触れていてくれたら、どうなっていたと思いますか?」

 「う~ん、多分もっと弱くて開き直ることは出来なかったかな・・・」

 「幼少期の影響で、人間関係力が育たなく、学生時代僕は赤面対人恐怖でした。これは大人になっても引きづり大勢の集まりの時など自分の意見を言えない状態でした。」

 「子供が投げてくる問題を受け取りたくなくって、背中を向けている。子供が
高校生になっているのにまだ父親になれてない子供でした。」

 「でもこの時期、子どもたちの気持ちに寄り添おうと決意し、ここから開き直ったというか皆さんと心を開いてお話し出来るようになっていったと思います。」

 「つまり冷たい父の背中のえいきょうが、20数年を経て花開いたわけです。」



CA392682_convert_20171106083519.jpg

















 こちらに来ている父は「すきに出来ない時代だった。」と。

 「Gは縛られずに生きていい。」 と

 「Gは自由にしていい。」 と

 父は反省をしているのか(顔が下を向いているとひろみさん)。

 「伝えようがなかった・・・」

 「植木の話もビックリした(台風の時、いくら流されると泣いて頼んでも聞いてくれず、その植物は流されていった話)。」

 「それも含めて、Gを傷付けてきたのも知らずにきた。」

 「申し訳なさを感じている。」




 この後、僕の体の話になったのかな~・・・

 父親の声が急に変わったそうです。

 「元気にしろ!」

 「元気になれ!」

 「負けるな!」

 「お前の力を信じている。」

 「お前なら大丈夫だ。」

 「いつでも声を掛けてくれ。」

 「一人じゃないぞ。」

 「一人だと勘違いするんじゃないぞ。」

 「いつも傍にいる。」

 「わかったな!」

 これが父親からの暖かい愛に触れたメッセージでした。

 父が旅だって11ヶ月。なんか今まで埋まらなかった部分が埋まりましたね。

 これからは安心して甘えられます。笑







 
Trackback [x]
Comment:0
 
 8日はTBSの隣のホテルに泊まりました。

 先週も宿泊したところで、簡易な設備ですが、とてもくつろげる好きなホテルです。

 浮上していた、どうしても背を向けてしまう課題が残り二日間のテーマになったのは言うまでもありません。

 三つの分子を(松果体、ハート、背骨の基底部)回してアライメントを調整します。

 意識を拡大して、無条件の愛のエネルギーの一部であり、光の一部である自身を感じます。

 仲間たちのワークと、先生の配慮、創造のエネルギーの働きのお蔭で、自分の問題の核心に運ばれていきます。

 頑強にある自分の思いこみが少しづつ、剥がれ落ちていきました。

 そして、とうとう・・・

 子供の自分が自分に掛けた魔法が見えてきます。




 素直に自分を出せないなんて、こんな辛いことないじゃないですか!

 それを僕は小さい自分にさせた・・・

 すごーーーい辛いことを自分にさせてきた。

 素直な自分を封印してきていた。

 恐ろしいもの・・・

 見たくないもの・・・

 どうしても逃げ回りたいもの・・・

 それは、在りのままの自分だった。

 素直な在りのままの自分が心底から恐ろしかったのだ。

 それが分かって、二つの自分の統合が行われて行きました。

 それに60年を費やしたのだ・・・




 みんな重く、大きな塊が、掘り起こしで浮上していました。

 でもそれ以外は、まさにホグワーツ魔法学院を連想させる、ワークが続きます。

 もう必要なくなった浮遊記憶を創造主に返したり、、

 自分の未来を見に行ったり、、

 自分の分身を作って、まだ行ったことのない場所に行き、見たものがほんとうかどうか?確認に行ったり、、

 自分の属するエレメントは何(火・水・土・風)なのか?

 考えや、口にする言葉に気を付けること。

 Ets・・・

 そして最後はスプーン曲げ!





CA392674_convert_20171009220913.jpg















 A子さんのはもう飴みたいになっていました。




CA392675_convert_20171009220940.jpg















 結び目が出来そうな勢いで、、

 触ると熱いの!




CA392673_(2)_convert_20171009220752.jpg




















 どうしても曲がらなかったTさんのスプーンもご覧のように!

 もう只々、泣いていました。




CA392671_(2)_convert_20171009220824.jpg













 Tさんと、一番奥のKさんは演習のとき曲がらなかったのですが、、

 最後の最後で、全員曲がりました!

 もうみんな幸せで、泣いて、笑っていました。




CA392678_convert_20171009230656.jpg
















 ちなみにこれ僕のヤツです。

 ワークでは90度くらいでしたが、、

 家に帰ってやってみたら、また曲がりました。

 スプーン曲げたってそれ自体は、それってどう?って僕も思うんですよ。

 ただね、ここに至るには、頭の中や潜在意識の中にある、『曲がらない』 という意識を手放さないといけないのです。

 金属が柔らかくなるはずがない。

 やっぱり曲がらない。

 自分には出来ない。

 曲がりっこない。

 これらの思いこみが浮上する度に、繰り返し繰り返し、その意識を取り除いていきます。

 曲がらないと、

 やっぱりなぁ・・・ って思ってしまいます。

 なんで曲がるの?

 でも諦めないで、不可能という意識を外し、、

 この世界には可能性しかないのを信じます。




 で、あっ! という瞬間が来ます。

 手の中で、金属だったものが、緩むのを感じるのです。

 その瞬間、少し、力を加えてあげると、えぇ!!と思いつつ、、

 手の中で楽~に曲がるのです。

 自分が、さっきまでの自分とは違うのを知る。

 不思議な感覚でした。

 ほんと~~に素晴らしい五日間でした。

 素晴らしい仲間でした。

 卒業証書の授与があり、、みんな一人づつ先生のHさんと写真をとりました。

 でもこれから100日間、続けなければならないことがあります。

 途中で止めると、今世では同じことは叶わなくなるのです。

 僕は体の回復と繋がっているので、やることしか残されていません。






 

 
Trackback [x]
Comment:0
 
 自分のやりたいこと、、どうしたら見つけられるのか?

 それは自分のハートに聞いてみるしかないのですが、、

 自己の中心を、頭からハートに移す、ことに関してステキなエクササイズと
出会うことができました。

 “5日間の無料のステップメール”

 こちらをご紹介いたします。

 『まるごと私を愛するレッスン♡ 』 のヒーリングハートさん に飛んでください。

 ページを少しスクロールすると “無料メール講座をぜひご購読ください♡”
があります。

 そのすぐ下、、

 「ハートの扉を開く5つのレッスン」
 ♡こちらをクリック♡

 で、ダイアログが表示されますので、登録をすると “5日間の無料のステップメール” がはじまります。




 そのままの自分を生きたいのに、正直な自分が分からない・・・

 あなたの “ハートの扉を開くキーワード” がきっと見つかると思います。





CA391719 (2)













 お雛様だって、ずーーーっとこんな姿勢でいたら辛いと思うなぁ。

 ゴロン、って後ろにころがって、手足を伸ばしたら気持ちがいいんだよね~^ ^








 
OSK201211200007.jpg



















http://www.asahi.com/special/art/OSK201211190160.html




 3日位前から、空海の情報を見ています。

 虚空蔵求聞持法とは偉い大変な行、だと言うことは知っていました。

 虚空蔵菩薩の真言を百日間かけて百万回唱えるというものです。

 空海がこの行を修した室戸岬の洞窟の奥からは、空と海しか見えなかったそうです。

 そして百日目の朝、空に浮かぶ金星が、空海の口の中に飛び込んだお話しは有名です。

 なうぼう、あきゃしゃ、ぎゃらばや、おんあり、きゃまり、ぼり、そわか

 銭湯につかりながら唱えてみましたら・・・

 1分で、27回唱えられました。

 1時間で、1620回。

 6時間半で、1日分の10.000回を越えるんですね!

 これを100日繰り返せば、1.000.000回。

 誰にでも可能だということが分かりました。





 
 自分自身を癒すことができるのは自分であり、それ以外の誰でもない。

 あなたにもできる。

 自己の病気を癒す過程は、自己に力を与える過程でもある。

 これはとても個人的な旅であり、「成人の儀式」であり、また最高の学習教材
として自分自身が設計したものである。

 自己を癒すための旅路にはもちろん、近代医学がもたらすあらゆる最新の
技術を活用すべきだ。

 同時にホリズムに基づく医療[訳注:漢方、鍼灸、ホメオパシーなど、西洋医
学以外の療法で人間を全体的視野から扱うもの]がもたらす最高の技術も活用すべきである。

 さらに高い視点からみれば、病気が引き起こされるのは自己の憧憬が満た
されないのが原因だ。

 病気が重いほどその憧憬は深い。

 それはいつのまにかどこかで自分の姿を忘れ、人生の目的を忘れてしまっているというメッセージである。

 自己の存在の奥深くにある創造エネルギーの目的を忘れ、それから切れ離されてしまっている。

 病気はその兆候であり、病は満たされない憧憬のあらわれだ。

 だからなにより大切なのは病気になったらそれを機に自分を解放することで、
いつもやってみたかったことをやり、いつも心の中でなりたかったものになり、
そして最も深く、広く、高い真実から見た「真の自己」を表現するのを始めよう。

 人はすでに「真の自己」なのだ。

 病気であることに気づいたら、自分をかえる準備をしよう。

 最も深いところに秘められた憧憬が表に出て実るのを待とう。

 走るのをやめて振り向き、内面の「虎」に直面する準備をする時がようやくきたのだ。

 ―― この「虎」はなんであれ非常に個人的なものである。

 病気の意味するものをつきとめるのに最もよい出発点はこう自分に問うこと
だろう。

 「自分がずっと望んでいながら、人生に創りだすことができないでいるものとはなんだろう」。

 満たされない憧憬と病気の間の直接のつながりがやがてみつかるだろう。

 この健康と癒しの基本的な図式を理解することによって、健康をとりもどすことができる。

 これは肉体の健康についてだけ当てはまるものではない。肉体の健康は二次的なもので、ここではむしろ精神の健康、魂の健康について語っている。

 この枠組み、あるいは真実のメタファー(譬喩)の中においてこそ、すべての
生命と健康の問題を取り扱うことができる。

 肉体レベルでの生の目的は、愛を持って生き、自己のより高い本質をあらわし、神聖なるものと一体になることで、現在の環境がどのようなものであろうと
人生の目的はこれなのだ。

 どのような痛みも問題も愛について教えてくれる教師、自己の神聖さについて思いださせてくれる教師だ。

 そして自分の光が顕れる。

 『 癒しの光(上) 』 p30~32 
 

CA391467_(1)_convert_20161207121704.jpg





















 
 
 人は皆「傷ついたヒーラー」だ。

 自分を「無防備」にすること、自分を表に出して内面にあるものを見せることは、それがポジティブなものであろうとネガティブなものであろうと、ためらわれる。

 自己の抱える痛みや傷を見せることをためらい、恥じて隠そうとする。

 そのような痛みや傷を抱えているのは自分一人だと、あるいは自分の痛みはほかの誰のものより恥ずべきものだと考える。

 ごく安全だと感じられない限り、自己を見せるのは難しい。これが人の現状だ。

 誰でも、自己の傷を外部に対して認めるまでには時間を要する。

 また大量の愛も要する。

 たがいに充分、余裕と時間とそして愛に満ちた励ましを与えあおう。

 この傷を通してこそ我々は皆愛することを学ぶ。

 すべての人が抱えるこの内面の傷は誰にとっても最大の教師だ。

 自分の内面の姿をたがいに認めあおう。

 我々は美しいコアエッセンスだ。

 たとえ痛みや怒りに幾重にもとり巻かれていても。

 人は誰もそれぞれかけがえのない存在であり、これはすばらしいことだ。

 「傷ついたヒーラー」として自己を認めよう。そして自己の内面の存在の真実をたがいに分かちあえるよう助けあおう。

 人は善意に満ちて豊かな宇宙、神聖な宇宙の内に自らをみいだす。我々は
宇宙の腕の中に抱かれている。

 宇宙のユニバーサル健康フィールドに包まれており、これは生命を支え、維持してくれる。手を差しのべてこれとつながりを持とう。

 それによって育まれることができるし、事実、人はつねに育まれてきている。

 自分は神聖な宇宙であり、宇宙は自分である。

 生の神聖な神秘は自己の内にあり、それはまた自己のまわりをとり囲んで
いる。

 『 癒しの光(上) 』 p29~30 


CA391487_convert_20161202194645.jpg
















 今日の越生の畑。

 お天気の状態でなかなか出来なかったお米の脱穀も火曜日に終わり、稲わらの片付けも本日終わり今日は充実した一日でした!

 ホッ、 ニッコリ!^ ^





 
 人は皆、真の自分自身になり、それを理解し、そして表現したいという憧憬を抱く。

 この憧憬は人を進化の道に沿って導いてくれる内面の光である。

 個人レベルでは、すべての人が「自己の存在のコアにふたたびつながりを
確立する」という目的を持って生まれている。

 これを全うするには、自己の意識とコアの間にある障壁をとり除かなければ
ならない。これは「個人的な人生の目的」と呼ばれる。

 これを達成すると、内奥の創造エネルギーが解放され、自己の存在のコアから「贈り物」、すなわち「ある特別な才能」がもたらされる。

 この「贈り物」はまず自分自身が受け取り、次に世界もこれを分かちあう。

 「贈り物」、つまり自己の才能を世界にもたらすことで、人はこの世界における自己の使命を果たすことができる。

 この世界レベルの使命が形をあらわすのは創造エネルギーが自己のコアから解放された時だけだ。

 このように、我々がこの世界で達成したいと望むことは自己のトランスフォーメーション(変容)プロセスに取り組むことによってのみ実現可能となる。


 『 癒しの光(上) 』 p29 


CA393964.jpg





















 
 原初の傷の原因あるいは目的はなんだろう。

 原初の傷が創られるのは、生まれたての赤ん坊とその赤ん坊のコアに内在
する深いスピリチュアルな知恵との関係が薄れてゆくせいだ。

 人類の進化という視点からみて、なぜこうしたことが起こるのだろう。

 その答えは、人生の初期におけるコアとのつながりと人生経験を通して獲得
されたつながりの違いにある。

 赤ん坊の時のつながりは無意識のものである。

 これに対して人生経験を経て築かれたつながりは意識的なものだ。

 大人としての自己のコアとのつながりは人生経験を通してもたらされるが、
それは自己の内なる神聖さについての意識的な認識を生みだす。

 大人は人生を通して、自らが宇宙の神聖な光の一つであることを発見する。

 それは個人の内に顕現された神聖だ。これは進化の過程であり、人類にさらに意識的な目覚めをもたらす。

 肉体を持って生まれることの目的は、自分が神聖な宇宙の共同創造主であるという認識を得ることにある。


 『 癒しの光(上) 』 p28~29 


CA392616_convert_20161028205656.jpg




















 
CA391011_(2)_convert_20160905090920.jpg





















 ♫ 誰が風を見たでしょう・・・♬ って歌がありました。

 風そのものは見えませんが、、

 風が作用している物を見ることで、エネルギーが働いていることを知ることが
できます。




CA391012_convert_20160905093036.jpg

















 エネルギーは身の回りでも働いていますし、分子や原子、素粒子といった全てのレベルで働いています。

 当然、体の中でも働いているわけです。



 
CA391013_(2)_convert_20160905093133.jpg





















 感情もまたエネルギーです。

 関節の痛みは、怒りとストレスの抑圧、とケイシーは言っています。

 怒りとストレスをちゃんと感じて手放してあげないと、このエネルギーいつまでも体内に残って開放される日を待つことになります。

 実は開放を待つだけでなく、色々と悪さをすんですよ。

 僕の感覚では、巻き上げたゼンマイのような渦巻のエネルギーです。

 ヒーリングのワークの途中で、この抑圧されたエネルギーを感じるようになり
ました。

 その時は体に不愉快な感じがあります。

 動きたいのに、じっと我慢している自分を感じるんです。

 そして、じっとしていられなくなって、体を捻り、関節を動かす、、

 と言うより、自分の意志ではなく勝手に動く感じかな~

 よく分かりません。そのどっちも感じているのかな?

 お客様で顔面神経痛の方がおいでで、ピクピクするのを止めて欲しいと
おっしゃるのですが、

 僕は止めないで出してください、とアドバイスします。

 本当は嫌な顔をしたいところ、無理して笑顔を作ってきた筋肉に溜った、抑圧されたエネルギーです。出口を求めているんです。

 素直に “嫌な顔” でいたなら溜らなかったのに、いい人ほど “良い顔” をして
しまいます。

 ピクピクは大切な、そのエネルギーの開放といえます。

 そうアドバイスしますとピクピクしても安心できるし、しばらくすると忘れてしま
われるようです。

 僕も基本、良い人で、“困った僕” は限られた人にしか出せません。

 そして良い人を続けて溜ったエネルギーを、呼吸と一緒に出すのは・・・

 この気持の表現が難しい・・・ 気持ち悪さをちゃんと感じている(痛みとかも)んだけど、気持ちいい・・・

 ちょっと自虐的? すこし、、M! いや違うんですが・・・

 地球の中心から吸い上げたエネルギーを、尾骨から背骨を通して頭部に
集め、体内の不愉快な感じを力を込めて吐き出します。

 嫌な感じを味わって出すので、顔も、思いっきり、悪魔、怨霊、妖怪のような
顔(どんな顔よ!^ ^)で、体を震わせて吐き出すのがコツかな~ 笑

 5~6回の大きく、深い呼吸で心身が軽くなるから不思議です。

 『我慢して、我慢して、我慢して、それが人生の行く手を阻んでいる。』

 以前、瞑想会でうかがったことです。





 
 
CA390923_(2)_convert_20160810102236_201608151639164dd.jpg
















 ヒーリングの学習始めました。

 体操、瞑想、呼吸法、チャクラの回転、色彩のイメージ法、意識の持ち方・・・

 完璧からはほど遠く。。

 出来ることをやって、テキストを読みながら、毎回できることを増やしています。

 


CA390830b_convert_20160815163425.jpg
















 二人ともマイ・ヨガマットなんて買ってきて、やる気だけは満々!笑




CA390832_(2)_convert_20160815161917.jpg
















 写真、ボケボケ・・・

 色々と、やることは多義にわたっています。

 朝起きたら、呼吸法と体操を中心に、、

 夕ご飯のあとに、二人でお互いをヒーリングしています。




CA390831_(2)_convert_20160815161843.jpg

















 ヒーリングを始めると一時的に悪くなる。 って書いてあります。

 これは整体でも同じですが、体とその感覚が正常に近づくので、普段意識下に抑え込んでいる痛みなどを感じやすくなるからです。

 僕の腰痛も一時的に辛かった時のレベルになりましたが、二日くらいで楽に
なりました。

 体操では普段しない動作をしますので、縮んで流れをブロックしているところ、左右のバランスを崩している部分などが分かります。

 ヒーリングは怪しいですよ!

 指を8cmくらい伸ばし、両手を青色の光で満たし、相手から取り除きたい部分のエネルギーをつかんで(8cm伸びている手を相手の体の中に入れます。)
引き出します。

 そのまま、手を頭の上に持っていき、白い色の光に変えます。

 怪しいけど、楽しいです!^ ^

 僕も今までは仕事を優先して、自分のことは後回しでしたね・・・ 癌になって
追い詰められたお蔭で、変容することができました。

 体を動かしてみると分かるんですが・・・

 正常でないところを、体は痛みや、違和感として教えてくれます。

 普段から、それをちゃん感じて、動かしてあげることが、健康である秘訣です。

 業界用語では、“痛みを少しずつ食べる” ように行う、という表現になります。

 自分の体と対話をすれば、答えはすぐに返ってきます。

 それを日ごろから、小まめに、小まめに、行うことで体は健康に向かって動いていきます。

 体操(体のエネルギーワーク)だけでも、ネガティブな意識の開放の役にたち
ますが、、

 この先、面白いワークが色々と待っているようです。