魂のワークブック

何だろう?私と世界にプレゼントしたいもの♪

 
 僕がスプーンを始めて曲げたのが、10月9日。

 モモちゃんが僕のスプーン曲げを見に来て出来るようになったのが、11日。

 そしてモモちゃんが自分で曲げたスプーンを家に帰って持って家族に見せた
のが、同じ11日。

 それを見て、孫のカレンと息子が同じことが出来たのが、11日か次の12日。

 カレンは普通に出来ちゃったけど、息子は科学的でないことには懐疑的なので
出来たかな? どうなったかな?

 と思ったのですが、ちゃんと出来ていてホッとしました。

 こう言うのって、みんなで出来たほうがいいのです。^ ^



    
 スプーン曲げは、近い将来、誰でも出来るようになっていると思います。

 多分、スプーン曲げ以外にも、今では超常的な人しか行えない時空を超える能力とか、、

 思いが現実を創っていく重要なエネルギーであることを多くの人が知り始め、、

 かなり短期間に、今までの世界はガラガラと音を立てて崩れていき、今まで
とは相当違う世界が生まれる。

 そうなっているそうです。

 ただ一定の期間、混乱があると思われます。

 お金が使えなくなったり、流通が機能しなくなったり、大きな気候変動があったり・・・

 そのためにも、無駄に雑草が生えている休耕地で食物を生産することは大切だと考えています。

 その期間を乗り越え、その後につなげるためです。

 基本は分かち合うこと。



CA392685_convert_20171013145344.jpg

















 ↑  メメント・モリ(藤原 新也)、にあるように、太陽があれば国家は不要。






Trackback [x]
Comment:0
 
 今、この世界を最もよく表しているのは、量子力学かもしれません。

 よくこのブログに登場している、シータヒーリングの根底にも流れている
ものです。

 今日は、以前Upしたことがあるんですが、『地球に生まれた宇宙人へ』 を
シェアしたいと思います。

 今回はその量子力学がお話しの中心になります。




CA392684.jpg












 「これからの世界」


 よろしかったら、見てみてください。
                                浄円





Trackback [x]
Comment:0
 
 昨夜も体は、眠れない辛い状態に陥りました。

 朝になったら回復していて、四谷さんに体を施療してもらいに行くことが出来たんです。

 これから始めようとしていたら・・・

 モモちゃんからメールが入りました。

 「・・・ ブログ読んだの。スプーン曲げ見せてね。・・・」

 「多分大丈夫とは思うけど、今日できるかはやってみないと分かんないよ!」



CA392678_convert_20171009230656.jpg
















 昨日の状態です。

 お茶入れたり、🍙 を作って食べたり、

 お話ししながら、既にこんなに曲がってんじゃどう曲げんのよ!な感じなので、

 取りあえず、真っすぐに戻してみました。

 以外にすぐにできました。

 それを目の前で見てたら、モモちゃんも曲げたくなりました。^ ^




CA392679_(2)_convert_20171011152258.jpg















 しばらく色々とお話しが続きます。

 あれ!

 もう曲げてましたよ。

 僕には出来なかった、ねじりまで!



 
CA392680_(2)_convert_20171011152326.jpg















 モモちゃん、嬉しかったね~

 自分の中にある不可能という想いから、自分を解放できた瞬間でした。

 ユミの掘り下げや、ワークを受けてみたいって・・・

 うん、きっといいよ!

 僕も今朝、重要な想いから自分を解き放ち、今までの学びを完了してもらうワークを受けたところです。

 魔女を職業として開業したいようです。

 ぜひおいで、待ってるからね。

 今なら、料金は発生しないと思うし。笑

 ネジネジの記念のスプーンはお持ち帰りいただきました。





Trackback [x]
Comment:0
 
 8日はTBSの隣のホテルに泊まりました。

 先週も宿泊したところで、簡易な設備ですが、とてもくつろげる好きなホテルです。

 浮上していた、どうしても背を向けてしまう課題が残り二日間のテーマになったのは言うまでもありません。

 三つの分子を(松果体、ハート、背骨の基底部)回してアライメントを調整します。

 意識を拡大して、無条件の愛のエネルギーの一部であり、光の一部である自身を感じます。

 仲間たちのワークと、先生の配慮、創造のエネルギーの働きのお蔭で、自分の問題の核心に運ばれていきます。

 頑強にある自分の思いこみが少しづつ、剥がれ落ちていきました。

 そして、とうとう・・・

 子供の自分が自分に掛けた魔法が見えてきます。




 素直に自分を出せないなんて、こんな辛いことないじゃないですか!

 それを僕は小さい自分にさせた・・・

 すごーーーい辛いことを自分にさせてきた。

 素直な自分を封印してきていた。

 恐ろしいもの・・・

 見たくないもの・・・

 どうしても逃げ回りたいもの・・・

 それは、在りのままの自分だった。

 素直な在りのままの自分が心底から恐ろしかったのだ。

 それが分かって、二つの自分の統合が行われて行きました。

 それに60年を費やしたのだ・・・




 みんな重く、大きな塊が、掘り起こしで浮上していました。

 でもそれ以外は、まさにホグワーツ魔法学院を連想させる、ワークが続きます。

 もう必要なくなった浮遊記憶を創造主に返したり、、

 自分の未来を見に行ったり、、

 自分の分身を作って、まだ行ったことのない場所に行き、見たものがほんとうかどうか?確認に行ったり、、

 自分の属するエレメントは何(火・水・土・風)なのか?

 考えや、口にする言葉に気を付けること。

 Ets・・・

 そして最後はスプーン曲げ!





CA392674_convert_20171009220913.jpg















 A子さんのはもう飴みたいになっていました。




CA392675_convert_20171009220940.jpg















 結び目が出来そうな勢いで、、

 触ると熱いの!




CA392673_(2)_convert_20171009220752.jpg




















 どうしても曲がらなかったTさんのスプーンもご覧のように!

 もう只々、泣いていました。




CA392671_(2)_convert_20171009220824.jpg













 Tさんと、一番奥のKさんは演習のとき曲がらなかったのですが、、

 最後の最後で、全員曲がりました!

 もうみんな幸せで、泣いて、笑っていました。




CA392678_convert_20171009230656.jpg
















 ちなみにこれ僕のヤツです。

 ワークでは90度くらいでしたが、、

 家に帰ってやってみたら、また曲がりました。

 スプーン曲げたってそれ自体は、それってどう?って僕も思うんですよ。

 ただね、ここに至るには、頭の中や潜在意識の中にある、『曲がらない』 という意識を手放さないといけないのです。

 金属が柔らかくなるはずがない。

 やっぱり曲がらない。

 自分には出来ない。

 曲がりっこない。

 これらの思いこみが浮上する度に、繰り返し繰り返し、その意識を取り除いていきます。

 曲がらないと、

 やっぱりなぁ・・・ って思ってしまいます。

 なんで曲がるの?

 でも諦めないで、不可能という意識を外し、、

 この世界には可能性しかないのを信じます。




 で、あっ! という瞬間が来ます。

 手の中で、金属だったものが、緩むのを感じるのです。

 その瞬間、少し、力を加えてあげると、えぇ!!と思いつつ、、

 手の中で楽~に曲がるのです。

 自分が、さっきまでの自分とは違うのを知る。

 不思議な感覚でした。

 ほんと~~に素晴らしい五日間でした。

 素晴らしい仲間でした。

 卒業証書の授与があり、、みんな一人づつ先生のHさんと写真をとりました。

 でもこれから100日間、続けなければならないことがあります。

 途中で止めると、今世では同じことは叶わなくなるのです。

 僕は体の回復と繋がっているので、やることしか残されていません。






 

 
Trackback [x]
Comment:0
 
 昨晩・・・

 参りました。

 昨日はDNA3から帰ってけっこう疲れていました。

 晩御飯のあと寝ちゃったんです。

 でも夜は夜で寝れちゃうほうです。

 痛みと消化不良でムカムカするので、薬を使ったのですが、ウトウトしだすと、、

 ハッ!っとして見ざめます。

 それを何度も、何度も、繰り返すんです。

 普段は、ウトウトし出すとそのままスーットなんですが、、

 何しろ眠りに落ちる瞬間、ハッ!っとして見ざめてしまいます。

 意識が潜在意識に沈み始めると、不安で怖いものが奥から湧いてきて、触れるのが嫌で思わず、こちらの意識に帰って来てしまう・・・

 浮き上がってくるものは、とてつもなく恐ろしい・・・

 何度、眠ろうとしても、分からない恐ろしいものが必ず出て来て、眠れなくなってしまいました。

 こんなの初めてです。


 

 体を動かしたり、起きて瞑想したり、お湯を飲んだり、心の中のことを紙に書き出したり・・・

 どうも、その恐ろしいと感じているものは、自分が向き合うのが嫌で背中を向けて見ないようにしているもの、出会うのが嫌で逃げ回っているもの、多分忘れるために意識下に押し込んで蓋をしたもの・・・

 それがワークをやっているので、とうとう僕と出合うために浮上してきたものだと感じました。

 でも不安で、怖くて、怖くて、見えそうになると逃げちゃう・・・

 こんな状態で、これからずーーっと寝れなくなったらどうしよ・・・

 紙に書いた最初のは、「はなし聞いてよ!」

 二番目は、「甘えたい!」、でした。

 何か諦めなきゃならない、我慢しなければならないという感じも強く、、

 ほんとは自分ではしたくないことを選んでいる感じでもありました。

 凄く不安になった僕は、パートナーに甘えると決め、寝ている彼女のところに
行き、、

 子供が母親にするようにペタッとくっつきました。

 「どうしたの?」、と目を開けた彼女は、

 まず、「浮き上がってくるものを、安心、安全に思い出すことができる。」という感覚、感情を僕にダウンロードしてくれました。

 不安のレベルがスーっと下がっていきます。

 先ほどまでのことを、彼女は良く聞いてくれました。

 僕が逃げているものはまだ分かりませんが、、さっきまであんなに寝れなかったのが、その後は寝れました。

 


 今朝、彼女が、「男の人ってわがままじゃないと長生き出来ないんだな~、って思った。」 と、言うんです。

 今日、明日と後二日DNA3があります。

 今日は午前中は植物園で、植物たちとお話しするようです。

 僕は体調を考えて、午後のルームワークから参加です。

 浮き上がってこようとする、僕がどうしても会いたくない、逃げ回っているものって、何なんでしょうか?

 君をちゃんと見ることが出来れば、僕の人生の大半が新しい意味を持つようになると思います。

 今までの人生は逃げ回るためのもの?病気も一生懸命そこに気づくように教えてくれていたの?

 君って僕なんだけどね~ 

 なんでそんなに怖いの?不思議・・・





CA392502_convert_20171008102927.jpg
















You Tube 、ピンクフロイド グレイテスト・ヒッツ より





Trackback [x]
Comment:0
 
 さっきモモちゃんが届けてくれました。

 ❤ ありがとうね!

 こんなに高価なものを・・・

 すんご~~~っく嬉しいです。^ ^





 それは乳香(にゅうこう)です。

無題







学  名 Boswellia Carterii

乳香とはムクロジ目カンラン科ボスウェリア属の樹木から分泌される樹脂のこと。





imagesLIC24OPP.jpg




ソマリアなど紅海沿岸の植物の生育には適さない非常に暑く乾燥した場所に育つ植物だそうです。




imagesORTS8K9V.jpg







可愛いお花ですね~!

会ってみたくなりました・・・





imagesIOII1LBG.jpg








樹木に傷をつけて・・・





imagesTXNL29XQ.jpg







樹液を採収します。




imagesQ8QOFZXX.jpg





フランキンセンスの歴史は、香料の中でも最も古く、紀元前4000年前には既に使われていたとされています。




imagesB3H2B0BA.jpg




イエス・キリストが誕生したときに、東方の三賢者が黄金、ミルラ(没薬) と共にフランキンセンスを贈り物として捧げられたとして有名なアロマオイルです。




 当時は同じ重さの金と同じ値段がついていたと言われています。

 いまでも最高のエッセンスであることに変わりはありません。

 モモちゃん、ありがとうね!

 今夜、お風呂あがり、言ってたように足の裏に塗ってみるね。^ ^





(スイマセン!画像のデータ取り忘れました。再度検索したんだけど同じのが
見つかりませんでした・・・ 許してください。)






 
Trackback [x]
Comment:0
 
 10月6日(水)03:40から🌕 満月です。

 牡羊座座の満月を迎えます。

 今日、「満月」って言う人が多くって、6日と思っていた僕は日にちを間違えた
かな?

 と調べてみました。

 中秋の名月とは旧暦8月15日の月のこと。いわゆる「十五夜」のことです。

 ここにあるようです。

 中秋の名月も先月だと思っていましたが、月は新暦、旧暦の影響があって、色々な解釈で月や日にちが一定ではないようです。

 今日4日も見た目は満月ではないのですが、中秋の名月は満月の少し前とも書いてありました。

 まぁ、お空のお月さまは一つしかないので、僕たちは同じ月を見ればいいのです。

 月々に月見る月は多けれど 月見る月はこの月の月 (小倉百人一首)

 幸せな星の寺院 ☆彡 ではいつもは翌日の深夜に行っていましたが、今回は時間がよいので6日(木)午前2時からこの星に感謝を送る瞑想を行います。

 皆さまからの祈りはこの時間を前後しても、

 【午前2時 幸せな星の寺院 ☆彡】

 へ、意識を向けていただければ大丈夫です。  → 参加の方法







 今回は体調の関係で昼間に行います。

 皆さんは何時でも結構ですので、6日午前2時に当院に、ただ感謝の意識を
向けていただければ幸せです。

                                          浄円



20150928_1355122.jpg















http://annnaiotaru.jugem.jp/?eid=1666 よりお借りしました。ありがとうござい
ます。





Trackback [x]
Comment:0
 
 昨日は四谷さんとこに体の調整に行ってきました。

 四谷さんに僕が、「もうダメだ・・・」と思っていたらもうとっくに死んでいただろうと言われ、、

 「食欲が出てきたのが、一番いいことだよ。」、と喜んでくれました。

 まあ、2年前の夏にリンパへの転移も含めての進行大腸癌の手術、3か月後、夏にはなかった約1cmのが肝臓に見つかり手術。

 主治医から僕の癌は「すばしっこいヤツ」、と言う表現でしたが進行の速い悪性であることが告げられます。

 1年後?(ここあやふやです)十二指腸近くともう一つ何処か(これも思い出せません)に転移。

 もう手術は出来ず、放射線も、抗癌剤も効かず(どちらも最初からしませんでしたが)、

 「手の施しようがないです。」「セカンドオピニオンを探していいですよ。」

 と・・・

 結構ショックでした。

 手術出来たら切っていたと思います。

 でも出来ないのが幸いしましたね。

 もう主治医が諦めたんだから、自分で治そうと決めたんです。

 この前、「しばらくCT撮ってないからGさん撮りましょう。」って言われたんですが、

 「だって先生、手術しないんでしょう。必要ないでよよね。もう随分CT撮りましたよ。安全って勧めるけどあんなの(線量がマイクロじゃなくってミリですよ!)免疫は弱るし、癌は増えるし、体にいい訳ないじゃないですか。」って言うと認めていました。

 手で触っても、腹部左側に新たな転移が分かります。CTで調べればさらに転移が見つかるかもしれませんが、そんなの知る必要はどこにもありません。

 特に、僕の体の中は主治医にはブラックボックスにしておいた方が都合がいいのです。^ ^

 でも正直なところ、「もうダメだ・・・」って何度もありましたね~・・・

 でもその後、必ず回復したし、何かがあったのです。生きる、って。

 彼女も二度は、「もうダメかしら・・・」って思ったって昨日聞きました。笑

 でも理由はないけど、死なないって思っているそうです。





 さっき夢が・・・

 「同じ存在の層」

 「存在として同じ」

 って言うんです。

 ブログ始める前はもっと覚えていたんだけど、夢の言葉はスーっと、その存在の奥の霧の中へ去っていきました。

 多分、全てのものは一つの源から分裂して出て来ているので、常日頃、固定的に思い込んでいる表面的な違いから意識を解放できれば、全ては同じ存在のエネルギーになれるよ。誰でも同じ故郷に帰れるよ。

 って言っていたと思います。

 ですから、自分は物ではなく、純粋なエネルギー体なんだと感じるところまで
くれば、全ては波動になります。

 この体は殆んど何もない空間になります。

 変わらないと決めている物って、、

 変わらないと決めている意識が無くなれば、、

 意外と造作なく違うものに変化するみたいです。

 電子が軌道を変えるときは時間のロスがないんですよ!

 う~~ん解りやすく言えば、木星が土星の軌道に引っ越しするとします。

 僕らの意識では世界で最も速い光のスピードで移動しても、少しは時間がかかります。

 ところが電子は隣りの軌道に旅して移動するんじゃないんです。

 タイムロスが無いとは、瞬時にテレポートするんです。

 どうやら象さんの一部を触って、それが世界だと思っているのが僕らのようです。

 水の味を変えるみたいに分子の配列をちょっと変えて、癌も健康な細胞に変容させるのは容易だと思えるところまではたどり着いたようです。

 後は出来るかどうか?

 ダケデス!





 今日は18日の子供食堂に備えて、実際の手順とか確認するため、プレで公民館に集まってお料理とかします。

 メニューは、栗ごはん、味噌汁、肉じゃがなど。

 大人の参加者全員一人米1合持参。

 栗手配、栗むき、みそ提供、だし提供、野菜、豆腐、あぶらあげ提供、肉じゃがの調理と調味料とか役割も決めてあります。

 さてどうなるか?

 楽しみです。

 8日(僕は残念ながらDNA3があって不参加・・・)は高麗川団地で、同じメンバーの一人(とっても若い子ですよ。) が中心になって、フリースーパーが開催されます。

 簡単に説明すると、食品が全て無料のスーパーで、今回はフードバンクのセカンドハーベストジャパンが協力してくれることになり、日本では最大規模のフリースーパーになる予定です(本人の説明によります)。

 この動き、流れ、ウキウキしています。

 行き詰っている文明。

 働いても変わらない貧困。

 その貧困な人たちがいることが生き方に反映しない富裕層。

 大量に廃棄されている食べ物。

 マネーに頼らない生き方。

 フリースーパーはその一角を切り崩す新しい取り組みだと思います。

 僕たちも、野菜やお米の栽培を手伝ってくれる人がいれば、収穫はみんなで売り買いではなく、分かち合いたいと思います。

 経費はまあ少しはありますから、そこは考えないといけないけどね~

 休耕田はいっぱいあります。

 草刈りにシルバーの人たち頼んでもちょっと広いと何万もかかるんですよ。

 国の無策のおかげで、新しい生き方を模索する、今は意外といいチャンスなのです!



CA392445_(2)_convert_20171004060053.jpg



















 


      

 
Trackback [x]
Comment:0
 
 お話しは遡ります。



CA390510_convert_20170120160136_convert_20170120161048_20171002135254d73.jpg












 僕の幼少期から、小学生の時代・・・

 父は今では世間で大変評判の悪い東電に勤めていました。

 社会に融け溶け込むのが下手で、正義感の強かった父は会社で嫌な思いを
していたんでしょうね。

 会社に出かけるときには必ず言っていました。

 「あ~、嫌だ。」

 「あ~、会社に行くのが嫌だ。」

 「あ~、嫌だな~、会社に行きたくないな~」

 この手の嘆きの言葉を吐きながら、カバンを持って扉を開いて出ていくのが、その度に、この言葉を背負って会社へ向かう父の背中がガラス戸を通して見えていました。

 幼年(少年)Gは、どうなったと思います?
 
 僕は大人にはなりたくないと思ったのです。

 あんなにも嫌な思いをして、大人になると家族のために働かないといけない
んだ・・・ と子供心に思ったのです。

 それは毎回毎回(父は夜勤を含む3交代勤務だったので毎日ではないのですが。)繰り返され、呪文の言葉として僕を縛っていきました。

 「僕はそうはならない。」 と、決めたのですが、、

 宇宙の秘は回を重ねることにあります。

 長い時間の中でその呪(しゅ)は魔法の力を持ちました。

 僕の仕事に対する、また生きる土台に影響を与えました。

 僕は仕事を、お金のため、家族を支えるためだけに選びました。

 でも結婚し子供も生まれたころは、僕はそのどちらも出来なかったので、とても自身を許せない気持ちに苛まれていました。

 10年続けた密教の団体を離れて、家庭のために働きましたが、それはそれで常に虚しさを感じる20年でした。

 きっと父も東電で虚しく働いていたんでしょうね~

 仕事は生きがい、自身の成長のために選ぶ。

 そんな事ができるようになったのは子供たちも成長し(二人とも大学には行っておらず、それは僕の負い目になっているんですがね・・・)、整体の仕事を生業に決めてからです。

 整体も仕事という意味では嫌い(仕事と意識したとたん全ての仕事が嫌)だったのですが、人の体に手を置いた瞬間からもうそれは仕事ではなかったのです。

 何というか、その間は何もかもを忘れて、自分のことも忘れて没入していられる世界になったのです。

 お金のために仕事があるんじゃなく、結果としてお金が入ってくる。

 仕事とお金の流れが逆転しましたね。

 幸せなことでした。




 父の僕に与えた、もう一つの側面です。

 それは、「僕は大人にはならない。」 と、決めたこと。

 この問題に直面しなければならなくなりました。

 それは昨日のことです。

 昨日、一昨日とシータヒーリングのDNA3を受講していたのですが、掘り下げというワークがあります。

 その人の生きる土台となっているものを探し出して、もう不必要になったもの、常に人生において邪魔な働きを続けているものは、その人の許可を得て新しいものを探して置き換えていくパワフルなものです。

 昨日の掘り下げで、とうとう 『大人にならない』 が出てきました。

 『大人にならない』 のメリットは甘えて生きていられることです。

 自分を甘やかせる。

 誰かに頼れる。

 誰かのせいに出来る。

 責任から逃げることができる。

 昨日はもう逃げることが出来ないところに来たのが分かってしまいました。

 自分の足で立って歩く覚悟をするしかない!

 う~~ん、僕は我慢して、凄~く頑張って生きてきましたよ。

 ちゃんと生きねばと自分を戒めて、無意識に入っている体の力を抜けませんでしたよ。

 最近やっと、そこに気づいて外したところです。

 それなのに又、自立とかいう重っ苦しい鎧をまとうのかとちょっとおもいますが、上手く説明できないんですが違うんです・・・

 例えば辛いとき、辛いと言ってもいいし、大変なとき人に頼っていいんです。

 自分の中に自立を確認するのは、大人になることを自分に許可する儀式の
ようなもんなんです。

 本当はこれで初めて自由を手に出来るように感じます。

 DNA3、凄いんですよ!

 僕の癌は医学的には助けられないと主治医に言われていまして、このまま
死ぬために生きていても面白くないので、生きるために医学以外の方法を試そうとしています。

 DNA3は実際に分子構造に変化を与えていく領域に入っていきます。

 今、真実に最も近くにいる人たちは量子力学にいる人たちだと言えるそうです。

 自分たちは宇宙創造のエネルギーの一部で、自分たちが関わって、それを
観察することで宇宙は現象として確定する。

 それまでは何も確定していない。

 と言うか、意識下にある今までに蓄積した過去の無意識の領域が勝手に働いて、個人的にも集合意識としても創造を行っている。

 これは深い意味で罪にあたるそうです。

 もともと備え持っている宇宙の働きを使っていないという罪になります。

 シータヒーリングはスピリチュアルな側面も強いのですが・・・

 スピリチュアルは霊的なもの(と言えばおどろおどろしい世界だった少し前)に明るい光を差し込んだ功績もあるんですが、「あなたに天使さんを下しま~す♪」 「降りて来て愛と光を与えてくださいましたぁ!」という軽~いフワフワした感覚というか、それで高額な料金はしっかりと取る。

 そういった能力をうたった人がネットなどでもすぐに見つけることができます。

 本物の方は少ないですよ。





 昨日は水の味を変える。

 物(ティッシュペーパーと鉛筆でしたが)を動かす。

 物を動かすは念力とは違うんです(念力は個の力を使いますが この場合の
動かすは創造のエネルギーです)。

 水の味を変えるのは(甘くとか、しょっぱくとか、ワインの味にとか)少しですが感覚をつかむことができました。

 動かすのは難しかったです。

 物が動く(動かない)という自分にすり込まれた観念自体を変える必要があるそうです。

 呼吸とともに 3っつの分子(松果体、ハート、背骨の基底部)を調整します。

 自分が大きくなっていって意識を宇宙と一体化させる。

 エネルギーとして宇宙と私は全く同じである。

 自分と他者は同じ光のエネルギーである。

 というのが基本。

 宇宙の光、エネルギーの一部になり切るのがコツ。

 物を動かす前に、フォースフィールド(力場)を外す。

 純粋なエネルギーとして対象に入っていく。

 膨らんだり、曲がって見えたり、震えているようだったり、最初は錯覚に見えるように始まるみたい。

 対象に自由に動いてもいいことを許す。

 簡単なものから始める。

 あまり真剣にやらない。

 長い時間やらないで、休憩する。

 動かなくっても落ち込まない。
  
 自分にはその力がないと言葉にしない、思ってもいけない。

 ここまでくると否定形のエネルギーが現実の力を持ってしまうので決してしないこと!

 みんな元から持っていたもので、思い出すだけだそうです。

 「とうとう夢だと思っていた、ホグワーツに来てるんだ・・・私!」ってパートナーは思ったそうです。

 魔法学院のマスターヨーダの元で、フォースを学んでいるみたいでした。

 疲れたけど、楽しかったです!^ ^

 

CA394675 (2)

















 実はDNA3行く前は体調が最悪で、彼女は僕を引きずっていくことを覚悟していました。

 そして初日は午後、椅子に座っているのが無理で横になっていたんです。

 でもなぜか食欲だけは戻り、ある程度食べても消化不良に至らなかった。

 赤坂のホテルを取って宿泊したのも、ゆっくりした時間が取れてよかったです。

 2日目は体調が凄く上向きました。

 食欲もあって、今日もそれを維持しているのが嬉しいです。

 来週も、連チャンで3日あります。







 

 
Trackback [x]
Comment:0
 
 今日は朝から調子が悪く、、

 明日からのDNA3のセミナーに備えて、呼び覚ましのダウンロードを彼女に
してもらっていたのですが、途中から辛くて聞くのも難しくなり、砂袋の上に
寝ました。

 内容はよく思い出せないのですが、またいつもの現実とも夢とも判然としない
状態になります。

 痛み止めを追加しますが、とても辛く、こんな辛いんなら向こうに戻ったほうがいいと思ってしまいます。

 あっ!いけね~ 生きる!って決めたんだっけ。

 と、生きることに意識をフォーカスします。

 そこがグラついていると僕の中で龍くんが働けなくなります。

 自分が肉体ではなく、エネルギー体である意識を出来るだけ保持します。

 龍くん、働いてくれたのでしょう。

 ちょうど12時ころ、普通の意識状態に戻ったとき、体が嘘のように楽になっていました(多分薬のお蔭もあります)。

 少~ししか食べられなく、いつも空腹と胃もたれを感じているのが、胃の辺りも珍しくスッキリ!

 ポテトサラダが食べたくなり、起きて作って、今、食べ終わったところです。




 昨日は古い友人の四谷さんの治療を受けてきました。

 帰るときいただきました。ありがとうございます。



CA392660_convert_20170929141710.jpg
















 ヘンプオイルです。

 大麻油、食用になる麻の実を絞ったもの。

 これは大麻とインカインチを低温圧縮ブレンドしたものです。

 麻は今は冷遇されていますが、世界と一体化するため宗教的な儀式等なくてはならないものでした。

 タバコよりも常用による害がないと、一部では解禁されている地域もあります。

 麻薬としてのみ知られていますが、それはそう知らしめられてきたからです。

 自分は本来不足していない事に気づき不安などから解き放たれるため、国が恐れます。

 だって未来の不安を高めれば、国民は働かくし、外国との戦闘に備えるからです。

 北朝鮮ですか?喜ぶのは阿部政権ですよ。一番お金が流れ込むのはアメリカ。横田基地から北に飛行機が飛んでるみたいですね。なんでミサイルが飛んでくるときだけ首相は官邸に泊まっていたんですか?

 マスコミは核心に触れる情報なんて流しませんよ。 ・・・もう止めましょね。^ ^




 大麻油、自宅に持ち帰ったら、彼女が喜びました。

 「国内では手に入らないと思っていたんだよ。」

 彼女によれば、皮膚癌の人が大麻油でマッサージしたらすぐに治ったそうです。

 四谷さんも、「昔は病の治療、かなりの部分を大麻でやってたんだよ。」

 その効果、本当は密かに認められているんです。

 でも、それ使われ出したら、世界中の製薬会社の薬はかなりが要らなくなってしまうでしょうね。

 世界中の病は密かに造られています。本当は健康に悪いものが法律のお墨付きを得て堂々と売られています。国とは国を運営する人たちへ利益を吸い上げるシステムですからね。

 いまや癌産業は15兆円!国の防衛費の3倍ですよ。お金持ちほど自分の命欲しさに大金を支払います。癌を作り出すシステムは莫大な利益を生むのです。

 老後に預けている年金。投機に失敗して大損を出したことだけ国民には知らされていますが、あれはある国に吸い取られたんですよ。まさか本当のことは言えないので投機に失敗したことになっています。

 「ハイ」といい返事をしなかったので東日本に震災を起こされ、のち懺悔のためか四国遍路をした首相がいましたよね。

 あの地震もあの程度ですんで幸い、、とは言えないけど。日本は二つに分断され東側は人の全く住めない不毛の大地になるところでした。

 スイマセン、グチばっかしで!どうも年寄りはグチが多くていけません。




 生育の速い麻を使えば、繊維やパルプの原料にとっても適しているんですが、これは繊維メーカー、それに製紙メーカーの猛反発で実現しないそうです。

 原生林の伐採にも歯止めがかかり、温暖化対策にもなるのにね~

 いったい何時までこの星の人たちは椅子取りゲームに明け暮ているんでしょうね?

 本気でみんなで幸せになろうと決意すれば、実はそんなに難しくはないんですよ。^ ^








 
Trackback [x]
Comment:0
 
 目刺しって、丸ごと食べるんですよね。

 知ってました。

 でも、どうしても出来なかったのです。

 子供のころから、小骨のあるお魚はダメで、、

 小骨がちょっとでも口の中で感じられると、呑み込めない・・・

 生理的に体の感覚が受け付けないのです。

 だから小さい骨のあるお魚は丁寧に、ていねいに取って食べていました。

 目刺しを食べているのは貧血のためです。

 1日、2匹食べるように言われました。

 動物のレバーとか食べればいいんですが、この病、動物性たんぱく質できる
だけNGなのです。

 だからお魚の目刺しは、ギリギリの選択。

 あの苦い内臓がいいんだと思います。

 出来るだけ大きいのを買ってきて、小骨を外していました。

 昨晩です・・・




CA392651_convert_20170928112935.jpg
















 小さめの目刺しだったので、思い切って・・・

 がぶっ! 

 炙ったくらいの半生だと、頭、内臓は無理かな~




CA392652_convert_20170928113005.jpg
















 よく火が通っていて、お腹の部分も噛めました。




CA392653_convert_20170928113031.jpg
















 尻尾まで完食!

 小さい目刺しをしっかり焼いたのなら、OKです。

 中骨、小骨も出さないでいただけました。

 昨日と違う僕がいます(偉そうに言うことじゃないですよねぇ^ ^)。

 66年、かかりました・・・

 幾つになっても、今まで出来なかったことが出来るのは嬉しいことです。

 ただ食べたの夜10時ころ。

 2匹は多すぎました。

 朝になっても消化できずに胃の辺りがもたれて、消化できたのは11時半ころ。

 これからは1匹にします。

 自分の体に少しづつ教えてもらっている毎日です。笑






Trackback [x]
Comment:0
 
 今朝の朝食はグレープフルーツと温州みかん1ケづつ。

 昨晩から左腹部にひまし油の湿布をしています。効果を高めるために肌には枇杷の葉を挟んであります。

 数日前から、彼女が砂浴と同じ効果のある砂袋を5個作ってくれました。

 来月もまた、ライアーの治療に行きますが、前回、ライアーを背骨にあてて
演奏してもらったのですが、ある低い音が背骨を通して全身に響くのが分かり
ました。

 それは ♪ド の音でした。

 「♪ド の音は大地へのグラウンディングなんですよ。」

 確かに高麗川での砂浴は効果のあるものでした。

 でも、もう寒くなってきたので来年まで出来ないと思っていたのです。

 それが砂袋、一つを首の下、一つを胃の後ろ、一つを腰から仙骨、一つを足の下に敷きます。

 そして最後のを腸の上に乗せます。

 基本的にデトックスです。

 凄いですね、信じられないくらい寝れます。

 (ただし体調が悪すぎるときには波動が濃密すぎて、僕には無理)

 今、優れた体調とは決して言えず、横になることがしばしば・・・

 昨日もお昼の後、夕方まで寝てしまいました。

 夕食、お風呂入って、ひまし油のセットをして、このままでは寝れないと 「ゲド
戦記 外伝」 を読んで、でも寝たの12時過ぎでしたね。

 トイレで何度か(回数も減ったし楽に・・・)起きましたが、8時半まで寝てました。

 9時に朝食が終わり、お風呂入って、ひまし油を洗い落としてと思ったのですが、貧血です。

 動けず椅子でウトウトしていると龍がやってきました。

 「龍さん、寝たほうがいい?お風呂入ったほうがいい?」って聞いたら、、

 「寝たほうがいい。」って言われました。

 でベッドの砂浴場に横になると、またお昼前まで寝てしまいました。

 砂浴、ま、砂袋ですが、なんで?と言うくらい寝れます。

 温かいベッドで寝たままグラウンディングなんて、幸せの限りです。

 作ってくれてありがとうね!




CA392650.jpg


















 ここから、寝ているのか?起きているのか?意味不明の意識状態になります。

 25日に生前お世話になったN先生んとこへお線香を上げにいきました(これはリアル)。

 「治りたい。」、と思っているうちは治りません。

 朝食を食べてるとき、彼女と話していたんですよ。

 「あ~!風邪は抜けたみたいだね~」

 「って言うふうになりたいね。」

 「あ、なりたいねェ、って言っているうちは治らないんだよ。」 笑

 なんて話してベッドで横になったのです。

 横になって、龍さんに乗って軽々と山並みを越えているイメージで目を瞑りました。

 昨夜から、左の患部にひまし油 & 枇杷の葉をあてて寝ていたので左は痛みが消えていました。

 右の主訴に 「龍さんここの痛み取って。」 とお願いすると、、

 龍さん自分の鱗を一枚取って、僕の患部に入れてくれ、痛みとその原因を、
神さまの元へ運んでくれています。

 僕はすぐさま、龍の鱗が再生する魔法を掛けました。

 N先生にも 「力を貸して!」ってお願いします。

 先生のお母さん涙ながらに、「ふみとし、Gさんにあんなに甘えとって、いま力
貸さんでどうする!」

 実はN先生との出逢い。

 生きて来てこの人は? 宇宙人?・・・ と感じた唯一の人なんです。

 見れる人には銀色の龍体に見えたそうです。

 「力を貸して!」ってお願いすると間もなく、股関節が勝手に動き始まります。

 八ヶ岳のセミナーで習った膜宇宙療法のエネルギーが働いています。

 設定を省いても起こるってハリーさんが言っていたのはこれか・・・

 セミナーのときみたいに膜宇宙のエネルギーに協力しないで、されるがままに感じてみました。

 股関節以外にも、手首の関節とか何ケ所かでそれは働いてくれました。

 自分では取れない、無意識の中の緊張を解放してくれているのだと感じました。

 N先生、ありがとうございます。

 お線香上げに行ってよかったです。お母さんともお話しできたし・・・

 お母さんに聞けばタバコの銘柄が分かると思ったのですが、分からず。

 「わたしはタバコの煙は反対なの。」っておっしゃるので、お酒にたい焼きというお摘まみで大変失礼いたしました。^ ^

 お線香上げに伺ったのは、力を借りにです。

 扉を自分で開けに行ったのです。

 行かんでも出来ることなのですが、体を動かして体のない人に逢いにいくのが大事と思ったからです。

 生きる!治す!は自分で決める。

 「力は幾らでも貸す。でも何に使う?それを自分で決めんでは、本人がグラついていて、どうやって貸せる!」

 それは神さまでも、N先生でも同じことです。

 夢の中では、誰の問いかけかは分からなかったのですが、、

 「龍になってみるか?」

 との、投げかけが有りました。

 僕は若いとき交通事故で臨死体験までして、死にかけています。

 50の頃にも、絶対に正面衝突で死ぬと覚悟を決め、目を瞑った事故が起こらず助かっています。

 未だになぜ助かったのかは分かりません。

 助けられたのです。

 龍になるのは面白いと思いました。




CA392649.jpg

















写真二枚とも 「陰陽師」 岡野 玲子 (原作・夢枕 獏)より。







 
Trackback [x]
Comment:0
 
 ちょっとお届けする本があって お散歩と ランチをかねて “日月堂” さんへ伺いました。

 車は巾着田に止めて、暑からず寒からずの中、息が上がらないようにユックリと歩きます。

 今日は貧血で立ってられないこともありませんでした。




CA392627_convert_20170924145705.jpg
















 シーズンだし日曜だし、さぞかし混んでいると思ったのですが、テーブルが2ヶ所予約で抑えられていましたが、駐車場には車は1台だけ・・・

 まあ30分ほど早めに着いたのと、彼岸花の頃は皆さん行先は巾着田になり
ますので、“日月堂” さんは逆に穴場になるのに気づきました!

 久しぶりで美味しくいただけました。

 鶏ひきと玉ねぎのカレー、セットのサラダは ラスクの切ったのと クルミなどのナッツ、バルサミコのドレッシングが合います。

 これでも足りたのですが、パンが食べたくて、イチジクの入ったのと、刻んだ
ココナツとアーモンドの入ったマフィンを追加(チットづつ食べた)。

 凄く美味しかった!^ ^

 ちょっと食べ過ぎたと思ったのですが、胃もたれせずに済みました。

 でも往復の歩きは無理で、彼女にお迎えをお願いしました。

 ありがとうね!





CA392631_convert_20170924150321.jpg
















 一人でテーブルをふさいでいるのは申し訳ないと思い、2Fをお借りして彼女を待つことにしました。

 ここは2階が図書館になっています。





CA392628_convert_20170924145813.jpg
















 窓からは下のテラス席が見えます。





CA392633_convert_20170924152134.jpg
















 気になる本を発見!





CA392634_convert_20170924150352.jpg
















 「粗食のすすめ」・・・





CA392635_convert_20170924150634.jpg















 実は、今、本当に信じられないくらい小食になっています。

 消化能力が落ちてしまって、その範囲以上に食べると苦しむことになります。

 このままだと不食の人になるのでは、と思うことさえあります。

 主食は大匙1杯の玄米をお粥にしたのを1日かけて食べます。

 昨日と今日の朝食はグレープフルーツ1個。

 副食は野菜サラダや、野菜 根菜の煮たもの、お芋や、お豆腐、味噌汁。

 タンパク質は目刺しや小女子。

 それに甘味の少ないフルーツ。

 その一定の分量を超えない量を食べます。

 買い物に行くと、目にも体にも毒なものがアッチにもコッチにも積まれています。

 これはお砂糖が入っているからダメ(これだけで甘い飲料、甘いお菓子パン、味付けに砂糖の入っている全ての食材がはねられます)。

 肉卵はダメ。チーズ牛乳ヨーグルト乳製品ダメ。揚げ物(揚げせん、ポテチ
なども)ダメ。インスタント類は基本ダメ。アルコールダメ。

 スーパーの売り場は、さながら地獄めぐり・・・

 一般に売られているものは本当に健康を損ねるものが多いと思います。

 自社のは食べない経営者さん多いそうですね。

 買えるのは出来るだけ安全な食材、それに自分で栽培したもの、それを
出来るだけ安全な調味料で味付けして食べる。

 これが基本です。




 
CA392645_convert_20170924151031.jpg















 昔もお祝いのときには美味しいものを食べていたけれど、普段は質素だったということが書かれていました。





CA392644_convert_20170924151217.jpg















 今は、毎日がお祝いのときの食事になっていると・・・

 味は濃いし、肉類が多く、甘くって、刺激的で、油分が多い。

 毎回そうなので、味に麻痺してますます濃いものが欲しくなる悪循環。

 それをよく噛まないで、飲み下している。って・・・





 今の僕は、この本のレシピよりも粗食です。

 でも限られた分量から、自分に必要な食べ物を選択するヒントはアチコチに
見つけられました。

 後はね・・・

 今日もメールで届いたアドバイスなんですが、空中から必要なエネルギーを
取り入れることを意識しなさい。ってことなんですよ。

 やれやれだぜ~

 ジタバタ!







 
Trackback [x]
Comment:0
 
CA392616_convert_20170922093024.jpg
















 ちょうど一週間前に撮影したものです。







 それは時間にして3秒ほどでした。

 僕はフラフラって玄関を出て、1人歩道にいました(これは1分程)。

 両陛下の車がゆっくりと近づき、、

 美智子妃殿下と目が合い、、

 優しい微笑みと、自然な会釈・・・

 その奥の陛下の手が自然に上がって、、

 手が振られていました・・・

 全て、僕に対して行われたことでした。

 僕は本当に胸がいっぱいになりました。

 僕は小さいころ、自分の気持ちを訴えても、いつも背中を向けて、僕の気持ちになんて全く興味を示さない父親がいました。

 最近知ったのですが、これは暴力を振るわれるよりも強力な虐待にあたるそうです。

 僕のこと見て!

 僕の気持ちを受け止めて!

 僕の気持ちは行くところがなく、空中を彷徨っていました。

 それが、、

 お二人は、、

 僕を見て、、

 在りのままの僕を受け入れて、、

 受け取ったことを体で表してくださったのです。

 僕の気持ちはどうなるの・・・

 と言う、子どものころからの孤独が受け止められ、一瞬で融けていきました。

 本当にありがとうございました。

 美智子さまは民間から嫁がれた方です。

 平たく言えばお公家さまの世界へです。

 サラリーマンでさえ宮使いと言いますが、その本家本元。

 どれだけ悪意のある嫌がらせを体験なさったのかは計り知れません。

 なのに、あんなにも、お優しい・・・

 僕が整体で伺っていた福生の造り酒屋さんにも、両陛下がお見えになったことがありました。

 お婆ちゃんが、お二人に触れたときのことを一生懸命話してくれたのですが、、

 何か特別なことをなさる訳ではないのに、本当に心が洗われたと・・・

 お婆ちゃんの、お二人をお迎えされたときに感じた熱い思いを、僕も体で知ることができました。

 昨日、渋滞する巾着田周辺を避けるのに迂回しているうちにお参りすることになった高麗神社さん。

 ちょっとしたことがあり、今回の出逢いは 若光(じゃっこう)さん の計らいだと
気付かされました。

 本当に大切に思っていただいて言葉もありません。

 また伺 いますね・・・





CA392623_convert_20170922103533.jpg
















 武器を捨て戦わぬことを誓った高麗家。

 違いを超えて繋がろうとするとき、霊性は向上します。







 

 
Trackback [x]
Comment:0